ねこ庭の独り言

ちいさな猫庭で、風にそよぐ雑草の繰り言

4月11日の不毛な党首討論

2012-04-15 16:02:36 | 徒然の記
 自民党の野田毅氏の国会討論は、民主党を責める口調の中にも気遣いや暖かさがあり、聞いていて心地良いものがある。

 同じ自民党で、しかも総裁なのに、谷垣氏の言葉には心を動かされるものが何もない。私から見れば野田総理は、言わば手負いの大将である。谷垣氏の言葉を信じ、消費税増税案を閣議決定し国会提出に漕ぎつけたというのに、何の協力も得られないもどかしさが伝わって来た。腰を低くし頼み込む傷だらけの野田総理に対し、谷垣氏は傷口に塩をすり込むような心ない返答をする。

 武士の情けという言葉があるけれど谷垣氏には無縁のもので、彼はまるで足軽のように騒ぎ立てながら総理の弱点をつつき回す。解散か総辞職かと、その言質を得るためにだけ喋っている谷垣氏の人間としての小ささが嫌でも見えてくる。政治というものの非情さなのか、自民党総裁としての彼の非道さなのか、見るに耐えないテレビ画面だった。野田氏が差し出す手を振り払い、時間を稼ぎ、内閣が自滅するのを待つという卑しい了見が見え隠れする。

 その彼が「無礼千万」などというのは、それこそおこがましいというものだ。あんなものは党首討論でも何でもない。言葉の暴力によって、手負いの総理を殺そうとする残酷な口論に過ぎない。野田総理の言葉の中には明日の国民の暮らしへの緊迫した思いがにじみ出ているが、野党第一党の谷垣総裁の言葉には、政治屋としての目先の政局しか感じ取れない。生真面目な氏には心外でならない評価だろうと思うが、野田氏と比較すれば人間のスケールというのか、人間性とでもいうのか、話しにならないお粗末さだ。

 考えても見るがいい。ここで野田内閣を倒し、総選挙をしても、数だけを頼りにする政治屋たちが離合集散を繰り返し、政局は混迷するに決まっている。解決すべき課題が山積している現在だというのに、いったい谷垣氏は何を考えているのだろうか。民主党の鳩山氏がイランでまた余計なことをして日本を混乱させているが、谷垣氏も似たようなものでないのか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

戦後責任論

2012-04-09 19:05:48 | 徒然の記
 高橋哲哉氏の著作を読んだ。

 先の戦争は侵略戦争だったので、戦死した二百万の兵士は侵略者としての責任を明確にしなければならない。自国の兵士だからと庇ったり、弔ったりして責任を曖昧にすべきではない。二百万人の日本の兵士より前に、二千万人の他国の犠牲者に謝罪と弔いをしなければならない。氏の主張を初めて知り、私は言葉を失ってしまった。

 氏の意見が世間でどのくらいの位置を占めているのか、賛同を得ているのか、いないのか、全く知らないが、講談社学術文庫として出版され、市の図書館の蔵書なのだから、そこいらのいい加減な書物ではないのだろう。中国に関しては侵略戦争だと、私も思うが、一足飛びに戦死した兵士をすべて侵略者として責任を問うという考えには頷けないものがある。彼は日本の戦争をドイツのナチと同列に並べ、ドイツは他国に謝罪し、自ら自国兵士の罪と責任を追及したと述べる。これとても、私には素直に賛同できない意見だ。

 確かに当時の日本人は軍人も政治家も一般国民も,中国や朝鮮の人びとを一段下に見て、横柄な対応をしていたのは間違いない。しかしだからと言って、ナチのユダヤ人虐殺と同レベルの話だとは考えられない。ヒトラーの率いるナチは、ユダヤ人をこの世から抹殺すべき劣等民族と断定し、地球上から根絶やしにするという激しい敵意と蔑視をもって虐殺した。だがこれは、もうよそう。私にはドイツ人の勇気と立派さへの敬意があるので、これ以上言うと話が横道にそれることを恐れる。

 それにしても、氏はどこに立っているのか知らないが、元気に、無責任に、自国の過ちや弱点を声高く非難し、不毛な議論を展開している。右でも左でも、こうした極論に安住できる人びとは、幸せ者だとつくづく思う。いずれにしろ私は、暫く先の戦争について考えるのを中断しよう。気まぐれ手帳とは言いながら、時には気まぐれで済まされないことだってあるということだろうから。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本人はなぜ謝り続けるのか

2012-04-05 22:15:00 | 徒然の記
 中尾知代氏の著作を、図書館から借りて来た。

 中国や韓国・北朝鮮との根深い対立を解くヒントがないかと思ったのだが、結果は失望だった。唯一の収穫は、日本を憎みつつ謝罪と補償を求めている国が中国や韓国・北朝鮮だけでなかったと知ったことである。日本軍の捕虜となり極悪非道な処遇を受けたイギリス人たちの怒りと憎しみを、彼女がドキュメントとしてまとめたものだ。英国訪問時に村山首相と橋本首相が合わせて二度謝ったけれど、元捕虜たちが今もって謝られたとは思っていないのは何故かという解説書である。

 ドイツのブラント首相が膝まづいて許しを請うた時、イギリス人が即座にその謝罪を受け入れたのは、相手に謝るよりまず自分の過ちを神に謝る文化を共有し、同じキリスト教を信じて来た2000年の歴史があると説明されるにいたっては、眉をひそめたくなるものがあった。日本政府及び日本人に求める氏の結論は、元捕虜たちが生きている間に、明確な謝罪と補償をすべきだというところにある。確かに日本の謝罪は曖昧で、故意に補償問題を避けている節があるが、イギリスでそれをやれば中国、韓国・朝鮮と次々問題が大きくなるという危惧ががそうさせるのだと理解した。

 死をもって責任を取る者を、潔い人物として日本人は一定の評価をする。「死人を鞭打たず」「死人の墓を暴かず」というのは、日本人の美徳だと私は思うのだが、中尾氏はそんなものはイギリス人には通じないと切り捨てる。私は氏の人間性に疑問を感じると共に、不快感さえ覚えた。自分では偏狭な右翼でないと思い込んでいる私だが、氏の著書を読んでいると本当に彼女は日本人なのかと問いかけたくなった。

 イギリス人の捕虜と和解したいという熱意は認めるが、それほどまで自らを貶めて彼らと和解する必要があるのだろうかと、素朴な疑問が湧いてくる。イギリス人が日本人の精神文化を無視するというのなら、私たちも同じ立場で臨むということになるのではないか。ソ連はシベリアの強制労働に対してひと言でも日本に謝ったか。原爆を投下し、広島・長崎の市民をむごたらしく殺したアメリカは一度でも私たちに謝ったのか。

 終戦間際に日本の都市に無差別爆撃をし、一般市民を殺戮したアメリカは謝罪したかと怒りが込み上げてくるが、中尾氏によると、それはそれで別問題だからイギリスのことを片付けた後に、アメリカやソ連に抗議すれば良いと、他人ごとのように語る。要するに彼女は、日本人としての自分の位置を忘れ、日本人の欠点や悪口をひたすら述べたがる人物でしかなかったということ。こんな無責任な人物の著作をNHK出版が出しているというのだから、二重の驚きだ。

 それともNHK出版というのは、NHKの名前を騙る別団体なのだろうか。幾つになっても世の中には、私の知らないものが存在するということであり、一生勉強でとても老け込んでなどおれないのだと、そんなことが中尾氏の目的ではなかったと思うが、私は教えられた。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

谷垣総裁

2012-04-01 18:15:59 | 徒然の記
 今朝、NHKで谷垣総裁へのインタビューを見た。

 消費税法案を提出する前に、マニュフェストの修正に関し党内の意見をキチンと集約すべきという持論だ。緊迫した事態でも、氏の言葉は何時もと同じだった。つまり彼は、決死の覚悟で消費税法案を提出する野田総理に対し、総辞職か国会解散かのいずれかをせよと相も変わらぬ要求をしている。解散しても総辞職しても、政治の混迷は深まるばかりで、国民のために必要な法案の審議がまた伸ばされるということを何と考えているのだろう。

 予算と消費税法案を成立させた後に、政治屋たちの好きな政局をやれば良いのにと、ほとほと愛想が尽きる。解散したとして谷垣氏が総理になれる保証も無く、なったとしても野田総理以上に党内基盤のない彼にいったい何がやれるというのだろう。私たち国民からで無く、政治屋集団の中では何故か一目置かれる小沢氏と対決し、消費税法案を国会審議にかけようとする野田総理の方がよほど胆力があると私は思う。

 国民の暮らしより、自分の選挙が大切という政治屋たちは誰なのか、この騒動の中でよく分かるから、選挙があったら、志の低い政治家たちには投票をしないと心に決めている。民主主義に時間がかかるとは知っていたが、今後あと何度選挙をやればまともな政党が生まれるのだろうか。国民の選択がそれを決するのだから、私たちの志が低ければ低い政治家が生き延びるということである。こうして試行錯誤しながら、国家財政もどんどん破綻させながら、私たち国民は自ら学習して行くしか道は無いのだろう。

 ため息がもれそうな情けない話だが、言論統制や強権発動や偏向裁判が平気で行われているどこかの国に比べれば、それでもまだ増しなのだと、自らを慰め、谷垣氏のインタビューに耳を傾けた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加