ねこ庭の独り言

ちいさな猫庭で、風にそよぐ雑草の繰り言

東日本各地の放射線量

2012-01-20 14:01:18 | 徒然の記
 テレビでニュースの時間に、毎日アナウンサーが東日本の放射線量を報道する。

 「各地の放射線量は、ほぼ標準値以内でした。」と国民が安心する有り難い内容だ。ニュースソースは文部科学省のものだから、新聞もテレビも同様の数値を地図上で示している。それにしてもこの数値は何とかならないのかと、私は日々癇癪が起こりそうになる。

 私の住む千葉県は市原市が観測地となっており、0.043マイクロシーベルトということで、千葉県全体の数値として安全宣言されている。しかしわが家の数値は、単位が違う。庭を何カ所か計測したら、低いところで0.27、高いところで0.51マイクロシーベルトだ。止せばいいのに、元旦に気分一新のつもりでたまたま居た息子と計測したら、低い場所で2.22、高い地点でで9.07マイクロシーベルトの値が出て言葉を失ってしまった。

 翌日再び計測したら、0.27から0.51というわが家の通常の数値に戻ったが、今もなぜあんな数値が計測されたのかと不安を覚える。国民を安心させたい気持ちは十分に分かるが、新聞もNHKももっと実態に即した数値を報道してくれないと困ると、私が言いたいのはここである。毎日こんないい加減な数値を聞かされていると、報道のすべてに不信感が生じてくる。他の地域の数値も、そうではないのか。

 低い数値の市を選んで県の代表値とし、(それはそれで嘘ではないから)おおっぴらに報道し、関東地区の安全を全国に報道、あるいは世界に発信しているのではないかと下司の勘ぐりもしたくなる。だいたい原発の発生以来、私は政府や東電の言うことがそのまま信じられなくなっている。こうして今も政府がNHKや新聞を使って発表させているのだと思うと、我慢のならないものがある。「民には知らしめず、寄らしむべし」と、何時の時代も為政者は居丈高に庶民を統治してきたが、自民党から民主党に代わっても政府の姿勢は変わらないということか。

 文部科学省は他の場所だって観測しているはずなのだから、毎日同じ都市の数値を報道するのでなく、週ごとに違う地点の数値を伝えるのが正しいやり方ではないのか。この報道と実態の乖離につき、何時か誰かが苦情を言うだろうと期待をしていたが、誰も言わない。重箱の隅をつつくような異見を声高に述べることの好きな団体も、口をつぐんだままなのはどうしたことなのか。「もの言わぬは、腹ふくるる技なり」。ということで、それで、結局、私がブログに書いてしまうことになる。

 書いてどうなるものでなく、どうしようという当ても無いから、これこそまさに「気まぐれ手帳」というものだ。
彼方の千葉の地で、たかだかこんな数値で不安になっている自分に比較すれば,福島の人たちの不安や悲しみややり場の無い怒りがよく分かる。国民がこんなにつらい思いをしている時だというのに、肝心の政治家たちは相も変わらず、政争をしている。そしてその土台には、この政治家たちを支持している愚かな国民たちがいるということ。
 
 自分もまたその愚かな国民の一人だということ、それも事実か。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加