ねこ庭の独り言

ちいさな猫庭で、風にそよぐ雑草の繰り言

中国・強硬派の世界観

2012-12-28 17:35:38 | 徒然の記

 閻 学通氏のインタビュー記事を、朝日新聞で読んだ。精華大学当代国際関係研究院院長という肩書きだ。

 この地位がどの程度ものか知らないが、全面記事に近い扱いなので中国では大した人物なのだろうと推察する。だがこういう人物が中国の主流というのなら、近隣諸国に好感を持たれる大国になれるはずがないと読む程に不愉快になった。これから中国は軍事、経済、文化にわたる全ての面で米国を抜き世界一になる。中国より弱い日本は早くこの状況を理解し、中国を競争相手と見ることを止めなくてならないなどと、鼻持ちならない論調で終始する。

 インタビューをした朝日の加藤編集員は、この高慢ちきな人物をひたすら賞賛するのだから呆れてしまう。中国の古代思想を現代中国のパワーに結びつけようとする懐の深さがあるとか、大国意識の底の深さを感じさせるとか、何を勘違いしているのか愚かしい記事だ。先日読んだ朝日のコラムでは、別の記者が愛国心について書いていた。

 「自分の国を愛するのは自然なことであるが、隣の中国は嫌いだと言うのでは排他的愛国心であり、そんなものは愛国心ではない。」そういう意味だったと記憶するが、今回のインタビュー記事同様不快な印象を私に与えた。

 ようするに朝日の記者は、中国と日本の記事を書く場合ほとんど中国に寄り添った論調で語り、自分の国はそこいらの石ころみたいに無視した扱いをする。何が彼らをそうさせるのか理解に苦しむが、こんな時はいつも朝日新聞の購読中止を考える。

 愛国心についていえば、自分が自分の国を愛するように他国の人びとも自国を愛するのだという認識から出発する。自分を大切にする個人主義が、他人も同様に自分を大切していると言う認識から出発するのと同じことで、自分だけを愛するというのならそれは個人主義でなく利己主義という。自分の国だけ愛することは真の愛国心と言わない。高校生だって分かっている、イロハでないか。

 それなのに、わざわざ朝日の記者は中国を嫌悪する日本人に対し警告を発する。嫌悪するにはするだけの理由があるというのに、朝日の記者たちはどれだけ自分の国の人間(日本人)を低くみているのか、それとも朝日には日本人の記者がいなくて、どこか別の国の人間が記事を書いているのだろうか。したくなくても邪推してしまう。私は朝日のように石原氏の右傾をすべて否定しないが、彼が「支那、支那」という非礼には不快さを感じているし、石原莞爾が欧米人を「毛唐,毛唐」と言ったことにも強い不快感を持っている。

 こういうものはみんな偏向した「愛国心」のなせる技で、世のためにはならないものだ。ここでわざわざ言わなくとも、日本人はたいていこんなものだ。つまり、なるべく周辺に波風を立てず穏やかに生きようと、中庸を好み和を好む。私たち日本人のDNAみたいになっているのは、聖徳太子以来の心情なのだ。

 暮れの押し詰まった今になって、こんな記事を読むことの不愉快さ。朝日新聞を読みつつ私のように幻滅している人がいるのなら、その人物に会いたい気がする。そして問うてみたい。「なんで貴方は、そんなにしてまで朝日を読むのですか。」と。

 自分のことについては、今日はもう、とてもそんな時間がないから書かない。来年の宿題にすることとし、むしゃくしゃしながら終わる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

憲法改正について

2012-12-23 19:08:44 | 徒然の記
 広い世間には、生まれ故郷を嫌悪し家族を煩わしがり、人間嫌いで一生を終える変人も確かに存在する。

 しかし大多数の人はふる里に愛着を持ち家族を大事にし、人間の絆の中で生きている。そしてふる里と同じように、生まれ育った国をないがしろにしないのが普通の人間だと、私の思考はここから出発する。幕末の志士のように迸る愛国心とか、燃えるような祖国愛とか、私の思いはそんな激しいものでなく、世界の何処の国の人間もが持っているような、自国へのごくありふれた思い入れで、いわばそれが愛国心と呼ばれるものでないかと考えている。

 普段は意識の底に沈んでいても、外国旅行をした時とか、世界で活躍する自分の国のスポーツ選手を見る時とか、あるいは世界的な話題となる素晴らしい日本人をニュースで知った時など、そうした折に突然湧いてくる強い思い。それはどうしたって愛国心としか言いようのない不思議な心の高揚である。だから自分の国が蔑まれたり憎まれたり、謂れのない攻撃をされたりすると無意識のうちに怒りが生まれてくる。これもまたごく普通の話で、世界の誰もが自国に抱いている気持ちだと思う。しかるにこれを右翼的とか軍国主義的などという画一的な言葉で切り捨てようとするところに、偏狭で不自然なものを感じ私は反発せずにおれない。

 戦争そのものは知らないが、私にはマッカーサーの統治についての記憶がかすかにある。軍歌を聞いていたら捕まえられると大人たちに脅され、親戚のうちにあったレコード盤をそっと眺めていた思い出の断片がある。子供だったため大した疑問も抱かなかったが、中学、高校と進むうちに私は頭が混乱した。社会科の授業で日本を激しく蔑む教師たちの姿を見た時の衝撃が、今も心に残っている。中学や高校生なら多少とも世界の歴史など自分なりに知っているのだから、教師が個人的な気持ちを生徒に伝えるとか、自分の苦しい思いを交えて反省を語るとか、そういう真摯さがあれば多感な心に響いたであろうに、まるで大道商人がヤクザな品物を叩き売りでもするように、決まり文句を立て板に水と熱弁されるのでは、たまったものでない。

 教師たちの資質や指導方法がいかにお粗末だったのかと、今では想像できる。天皇崇拝による誤った全体主義、横暴な軍国主義、他国への侵略、残虐な戦争、これでもかと語られた悪行の数々だったが、欧米列強が同じようなことをしていた帝国主義の時代だというのに、どうして日本だけがそんなに言われるのだろうと、私には単なる悪口にしか聞こえなかった。それどころか、これほどおおっぴらに自国を蔑視する国が世界には日本以外にあるのか、正式な国の教育でここまで一方的に、大胆に、歴史を否定する授業が行われていいのかと、政治家でもないのに政治への疑問が拭えなくなった。これが私の思考の第二の出発点だ。

 愛国心を悪しきものとして隔離し、日本人に自己反省と懺悔を強要し、今で言う自虐史観を浸透させたのは第二次世界大戦の戦勝国だ。もっと言えばアメリカだったということ。日本が二度と戦争をしないようにと、マッカーサーが強権で日本を変革し、その最も重要事項の一つが憲法の制定だった。このあたりになると嫌になるほど沢山の本が書かれており、諸説紛々なので結局本当のことが分からなくなっているが、米国による押しつけであれ政府が自主的に作ったものであれ、憲法の平和主義、民主主義、主権在民という理念が、戦争に倦んでいた日本人に新しい希望を与えたのは否定できない事実だったと思う。

 だから私は、憲法が果たした今日まで役割や意義を全て否定しているのではない。敗戦と言う厳しい現実が憲法を通して、有頂天になっていた日本を自問自答させたのであるから、この歴史的な役割の大きさを忘れてはならないと思っている。しかし時は流れ、あらゆる状況は変動する。現行憲法のままでは、日本人としての心の問題が解決されないということ。戦後70余年が経過したのだからアメリカにもらった憲法を見直し、自分たちに相応しい憲法を作るべきと私は考える。

 気負いやてらいもなく、愛国心の語れる国。反日と憎悪の歴史観を離れ、日本の姿や歴史を世界史の流れの中で眺められる寛容な心の育つ国。いったい、私のどこが右翼と言われるのか。それを言う安倍総裁がなぜ危険な右傾政治家と言われるのか。偏向したマスコミや学識経験者と呼ばれる人びとに問いたいものだ。

「赤信号、皆で渡れば怖くない。」日本人は私を含め、素晴らしいと思うけれど、一方ではこの標語にあるごとく、軽薄で短慮な熱狂をする傾向もある。左翼系の人びとは、きっとそんなおのれを含め「憲法改正」を恐れ警戒しているのだろうが、それもまた矛盾の最たるもの。米帝国主義の手先と散々貶しているが、アメリカに逆らってでも自主憲法を作ろうとしている自民党の方が反米的ではないのか。

 日本の心を駄目にしている押しつけ憲法を、何が何でも押し頂いている左翼政党はアメリカべったりの手下ではないのか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本の主人公

2012-12-21 12:21:08 | 徒然の記
 表現が適切かどうか自信はないが、国の「主人公」は国民である。

 主権在民を素直に解釈すれば、そうなる。だから選挙で議員諸氏が、できもしない公約を国民である我々に訴え、ひどい候補者は土下座までして票を哀願する。今回の衆議院選挙でもその結果は、「国民の意思」や「民意」などと呼ばれ内閣の命運を決した。民主党への決別を宣言し、自民党を復権させた主人公は確かに「国民」だが、ここで浮かれてはいけない。わが日本国にもう一つの「主人公」が、厳然として存在する事実を忘れてはならない。

 明治以来150余年にわたり構築されてきた世界に冠たる制度、つまり、官僚組織だ。私もかなり単細胞な人間だが、この問題につき民主党の議員たちほど単純には考えていない。意気込んだ民主党の議員たちは官僚を敵視し、政権から排除しようと身構えたが、できない相談だった。「官僚に任せず、政治主導で日本を変える」「官僚支配を打破する」大見得を切って我々を喜ばせたのに、政権を取った途端主導権を奪われ、簡単な国会答弁すら彼らの助け無しに対応できなかったという現実を見せつけてくれた。


 官僚組織に対する私の認識は、深い信頼と強い不信感、尊敬と憎しみ、賞賛と侮蔑、そうした相矛盾するものがせめぎあう奇怪なもので、とてもひと言では尽くせない。歴史的に見れば、彼らは明治時代の国策「富国強兵」を政治家たちと押し進め欧米列強の侵略から国を守り、第二次大戦後は焦土となった国を懸命に再建し、ついには日本を世界第二の経済大国にまで発展させた功労者たちだ。

 政治家と共に、時には政治家以上に使命感と理想に燃え、国の発展に尽くして来た官僚たち。だが一方で所属する省庁のため、蓄積した知識と持ち前の才を駆使し、自分たちだけの利益共同体を育てると言う巧妙な策も弄した。官僚は政治家を利用し、政治家は官僚を使い、国民を忘れ、相互で利益の配分をしてきたというのも許しがたい事実の一つだ。敗戦による米国統治のお陰で一般庶民が俄に「国の主人公」となり、役人は欧米式に「公僕」などと言われるようになったが、こんなものは建前だけで、未だわが国の社会には根付いていない。明治以来ずっと日本の国は「官尊民卑」だったのだから、「お役人」の方が庶民に比べ数段偉かった。

 マスコミはさも国民が主人公のように報道し、民主主義の日本を喧伝するが、ここに大きなまやかしがあると私は最近考えるようになった。オランダの新聞記者カレル・オルフレンが、日本は民主主義の国でなく官僚とマスコミが支配する国家だと書いていたが、彼が言うのはこのことだったかと、うなづけるものがある。事業の許認可権を持つ省庁に企業が逆らえる訳がなく、マスコミだって例外であるはずがない。監督官庁が総務省か文部科学省なのか知らないが、新聞やテレビだって官僚組織の根底に関することは赤裸に書ける訳がない。

 石原慎太郎氏が「官僚支配を打ち破る」などと民主党みたいなことを言って息巻いているが、明治以来の組織の中に居る官僚から見ればかっての運輸大臣でたかだか都知事をしただけの人間にすぎないと、歯牙にもかけていないのではなかろうか。私からみれば石原氏はとても近づけない雲の上の存在だが、それでも150余年の官僚組織にすれば、やはりたかだかなのだろうと思う。その上何時の時代でも官僚には第一級の人材が全国から集まり、優れた頭脳が切磋琢磨している。その彼らが先輩たちから法律や制度や諸施策の手ほどきを受けているのだから、凡庸なにわか議員が太刀打ちできるはずがない。

 本気で官僚制度に立ち向かうのだとしたら、政治家はもっと謙虚になり官僚以上に勉強をしなくてはバカにされるだけで終わることになる。
戦後総理大臣になった官僚の名前を挙げてみると、吉田茂、岸信介、池田勇人、佐藤栄作、福田赳夫、大平正芳、中曽根康弘、宮澤喜一と、そうそうたる政治家が顔を並べる。私のみならず多くの国民は、彼らを日本を代表する政治家とは理解していても、官僚という視点からは眺めていなかったと思う。だが、一度こうした観点から政界を眺めてみると、違った世界が見えてくるではないか。

 想像でしかないが、彼らは政策遂行に際し官僚組織を活用し更に強化したに違いない。9人の総理の内4人が財務省出身者なのだから、財務官僚が省庁の中の省庁と言われる所以だろう。
残念ながらこうした観点から問題提起する賢い政治家を、私はまだ見かけたことがない。私の抱いている慎ましい願いは、国民が主人公になれる社会づくりを、そろそろ政治家たちに本気で取り組んで欲しいということ。取り組む力がないのだとしたら、せめて官僚組織に関するマスコミの報道の誤りやいい加減さを国民に知らせる努力だけでもしてくれないものか。

 定年後になりにわかに色々な本を読むようになった劣等生みたいな自分なので、もちろんそんなに偉そうなことは言えないと自戒している。だからこうして、結局はみみずの戯言になるという次第である。
12月21日、こうして今年も暮れなんとする。無念と言えば無念の極み。



 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

民主党の大敗

2012-12-17 22:39:51 | 徒然の記
 衆議院の選挙が終わった。結果は民主党の大敗で、自民党の復権だった。

 国民の審判と言うか、民意と言うのか、正しい意思表示がなされたと納得する。鳩山総理、小沢幹事長、次の菅総理と、見るに耐えないお粗末さだった。任命された閣僚たちの悲しいまでの未熟さが、幻滅の政権交代だったことをこれでもかと国民に見せつけた。民主党を壊滅させた責任者の筆頭は小沢一郎その人であると私は固く信じる。いつも通り閣僚に加わらず影の実力者としての立場を死守した彼が、政権発足時から民主党の政治を歪めたと認識している。

 お人好しの鳩山総理を謙虚に補佐していたら状況は違っていたはずなのに、有頂天になった彼はそうしなかった。派閥の党首さながらに息のかかった議員たちの数に任せてものを言い、鳩山氏とどちらが総理なのか分からなくなるような横車を押し続けた。各省が受けていた地方の陳情を幹事長室に変更させるなど、利権の集約にも露骨な手法を行使した。違法献金疑惑で躓き政権の中枢から離れざるを得なくなったが、身から出た錆としか言いようがない。

 これ以上彼が辿った道を振り返るのは時間の無駄だから止めるが、こんなことはマスコミの報道で全国民が周知していることで、だからこそ民主党は厳しい審判を受け、新党「未来」は何もしないまま「過去」として片付けられてしまった。私に言わせれば小沢氏のいる「未来」の大敗は予想通りのことで、それが分からなかったのは彼と彼をかつぐ愚かしい人間たちのみだったということだ。

 この大敗の責任を野田総理一人に押しつけようとする人間たちの言動がマスコミを賑わせているが、私は彼を弁護する。党内の少数派でありながら総理の座を掴んだと言うのは、口先上手な単なる口舌の徒だったからではない。評判の悪い消費税の導入だって、覚悟と胆力がなければとてもできるものではない。TPPにしてもそうだし,原発にヘの対応にしても現実論を吐いている。左系の人びとや労組に支えられた民主党に今後二度と投票する気はないが、野田総理にだけは敬意を表したい。

 小沢氏の一派に負けることなく、よくぞ信念を通したと拍手を送りたい。今度こそ野田氏は、「敗軍の将」である。ご苦労様でしたと、心からねぎらう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

品格

2012-12-06 12:44:03 | 徒然の記
 入江相政著「侍従長のひとりごと」(講談社刊)を読み終え、遠藤周作著「ぐうたら人間学」(講談社刊)を手にしている。

 入江氏の本には、花鳥風月、人間模様、時代の流れや人びとの暮らしなど、率直な感想にユーモアあり風刺あり、乱暴な言葉にさえ捨てがたい魅力があった。何度でも読み返したいほどの味わいが私を虜にした。遠藤周作氏の著作は狐狸庵先生閑話という表題で随分宣伝されていたが、私は初めて読んだ。氏がこんなつまらないものを書いていたのかと、10ページほど読んでがっかりした。

 軽妙なユーモア作品と褒めそやされていたけれど、同じ出版社がこんな玉石混交の本を出すのかと改めて知らされた。不本意なことで、書くのも躊躇うのだが、遠藤氏の本は読んだら資源ゴミの回収日に出そうと考えている。
入江氏の本が愉しかったので、遠藤氏にも同じ期待をした。それがそもそもの間違いだった。同様の身辺雑記でありながらこれほどまで読後感に差があるのは、偏に作者の品格が作用していると思うしかない。

 短いタイトルを付け遠藤氏は沢山の小文を書いているが、どれも下品で嫌な気にさせられる。読者に笑いを与えたい頑張りは分かるが、眉をひそめずにおれないお粗末さだ。読み出した本を途中で止める習慣がないので最後まで読んだ。途中で作品の評価が逆転するかも知れない、そうあって欲しいと望んだが、最後まで氏は語り口を変えない信念の作家だった。

私の「みみずの戯言」に品格があるかと自問すれば、他人のコメントをする資格はないのだが、遠藤氏はプロの作家だし無名の年金生活者の批評なんて片腹痛いに決まっている。それに彼は既に故人となられたことだし、ああそうだった、氏は既に黄泉の国の人だった。

死者に鞭打つような後ろめたさにかられるから、これ以上書くのは辞めにしよう。上品さに縁のない者同士で、同病相哀れむというところだってあるのだから。

 衆議院選挙を前に、十一人の党首が一堂に会しテレビで公開討論をした。トップニュースはこれで、早速「みみずの戯言」で思いを述べたくなったが、かってない小党乱立のため、頭の整理がつかなくなった。考えをまとめる前準備に軽い読書でもしようと、入江・遠藤両氏の本を読み出した結果がこれで、予定外の「たわごと」になってしまった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加