ねこ庭の独り言

ちいさな猫庭で、風にそよぐ雑草の繰り言

向井さんのエッセー

2010-10-22 21:27:24 | 随筆
こういう言い方を本人はきっと喜ばないと思うが、向井万起男氏は、宇宙飛行士向井千秋さんの夫である。

 慶応大学を卒業したレッキとした医者なので、余分な言葉で修飾しなくてもいいのに、世間はどうしても紹介したい人間を少しでも著名な人物との関係で述べたがる。私も彼にとっては無縁な他人、いわば世間の一員なので、有名な女性宇宙飛行士の夫として語ってしまう。が、これから書こうとしているのは、彼のエッセーが私の文章と、とても違っていると言いたいだけなのである。しかも「きまぐれ手帳」に書くのだし、生真面目に詳しく紹介する必要もないのだ。

・・・・・と、ここまで書いて中断し、およそひと月半が経過してしまった。

 確かに九月は忙しかった。家内と一緒に、八日間の格安イタリア観光旅行に行き、OB会の案内状が来て神戸まで足を伸ばし、更に病院の定期検診にも行った。中国が尖閣諸島で自国船が拿捕されたことに異を唱え、無理難題をエスカレートさせるという不愉快な出来事も起きた。だからもう、向井氏のエッセーにかまっておれなくなり、中国という国がますます嫌いになってしまった。中学や高校では中国は礼節の国であるとか、気宇宏大な民族であるとか、素晴らしい文明国として教えられたものだが、成人してからというもの、嫌悪感が強まる面ばかり目につくようになっている。

 北朝鮮も厄介な国で、荒唐無稽としか思えない理屈を並べ立て、世界に向い我がままを主張するが、軍事大国、経済大国となりつつある中国となると、その影響力の点で数十倍も始末におえない。
だが待てよと、いつものように反省する。このままでいったら、向井氏はどうなるのだ。表題を向井氏のエッセーにして、中国のことなど書いていたら、向井氏に失礼ではないか。いやそれより、支離滅裂のまま終了したら、いくら「気まぐれ手帳」とは言え、自己嫌悪に陥りそうではないか。

 よし、ここで方向転換し、正しい軌道に戻って、向井氏のエッセーについて書こう。主題は私の書くものと彼のものとの違いだ。ひと言で言えば、「毒にも薬にもならないお喋り」を、よくもこれだけ書けるものだと言う驚きだったのだ。軽妙な笑いを誘うので、いくらでも楽しく読めるが、余韻が何も残らない。楽しく読めたのなら、それでいいじゃないか。ひと時の楽しみを提供したではないかと、氏は言いそうだけれど、せっかく本にして世に出したというのに、もったいないでないかと思ってしまう。

 氏と違い私の書くものには毒があり、読む相手に楽しいひと時を提供していないのだが、言わば文章とはエゴの主張なのだから、どこかに毒も無ければ何のために書いているのかとそんな疑問にとらわれてしまう。・・・・・と、こういうことが書きたかったのだ。向井氏にとっては、中断のままでよかったのかという気がするが、自分が安堵するためにはこうするしかなかった。要するに、これがエゴの主張ということなのだろう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加