ねこ庭の独り言

ちいさな猫庭で、風にそよぐ雑草の繰り言

愛国無罪

2012-08-31 22:36:27 | 徒然の記
 丹羽日本大使の車を止め、日本の国旗を奪った数人の男女が中国当局に特定された。

 軽微な犯罪なので、行政処分と言うことらしい。主たる根拠は、「愛国無罪」。こんなことを戯言を恥らいも無く言ったりしたりするから、中国は日本国民の神経を逆撫でするのだ。立場を変えて、日本駐在の中国大使の車を止め、同じことをしたら、いったい彼らは何を言い募るのか。

 歴史認識が足りないだの、軍国主義が台頭しているだの、およそ我々が思いつきもしない材料を並べ立て、説教めいた決まり文句で大騒ぎする。自分の場合だけ都合の良いことを述べたがる人間を、わが国では下衆と呼ぶ。日本国民の憎しみを掻き立て、厭わしい挑発をしているのは自分たちだと、そろそろ反省して良い頃ではないのか。愛国無罪というのなら、そんな暴論を振り回すのなら、過去の日本の行為だって、すべては国への愛からやったこと。

 戦争だって、殺人だって、盗みだって・・・・・・と、そういう極論にもなる訳だろうに。訳の分からない話ではないか。中国政府と国民の日本に対する怨念は、まるで黄河のように「百年河清を待つ」ということしかないのか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中国のこと

2012-08-27 23:46:40 | 徒然の記
 「日本と中国 永遠の誤解」(文芸春秋社刊 稲垣武・加地伸幸著)、 「現代中国を知るための60章」(明石書店刊 高井潔司・遊川和郎著)、 「こちら北京探題」(新潮社刊 邱永漢著)、 「中国人の日本観」(岩波書店刊 アレン・ホワイティング著)。


「 われわれは覇権を求めない」「他国の内政に干渉しない」国連加盟を果たし国際社会に復帰して以来、中国は常にそれを声高く表明してきた。米ソの二大陣営が対立していた時でもあり、私は中国の姿勢に凛としたものを感じた。ところがどうだろう、今になっても同じ言葉を発しつつ、中国は自らが覇権を求め他国の内政に干渉するやっかいな大国になってしまった。

 何度詫びを入れても日本を許さず、ことある毎に侮蔑と憎しみの言葉を投げ返し、韓国や北朝鮮に劣らない嫌な国となり果てた。過去のことがあるからと最初は受容していても、ここまで執拗に繰り返されるといったいどうしろと言うのだと私の我慢も限界に達する。日本にも中国にも愚かな人間がいて、武力で戦えとわめいているが、こんな時にこそ先日読んだ井上成美の言葉を噛み締めるべきなのだ。

 徒労に終わるかも知れないと思いつつ、自分なりに不毛な対立の原因を掴みたいと、図書館からせっせと本を借りて読んでいる。西暦607年に聖徳太子が、小野妹子を随に派遣したのが正式な国交の開始で、菅原道真の建議で遣唐使が廃されたのが西暦894 年。当時の中国は文明の先進国で、日本は熱心な生徒として教えを乞う立場にあった。この間、およそ230年。その後鎌倉、室町、江戸時代と、貿易を通じて互いの国交が続き、日本は中国の文物を尊重し敬意を払って来た。

 この間がおよそ1030余年。中国との平穏な関係は、通算して1260余年となる。大国中国と日本が決定的に対立するようになったのは、西暦1915年の「対華21か条要求」から、1945年に日本がポツダム宣言」を受諾し敗戦となるまでの30年間だ。この30年間に、中国の言ういわゆる「南京事件」があり、満州帝国の設立があり、軍国主義日本が中国を蹂躙したすべての事件が集約されている。1978年に田中首相が日中平和友好条約を取り交わし、中国が北京オリンピックを開催する2008年までの30年間。

 わが国は、円借款,無償援助、技術援助等の名目で約6兆円の資金援助を行った。中国の近代化と経済の改革は、日本の援助で可能なったと言われるほどの金額だった。中国の指導者たちはこの事実を国民に知らせず、日本政府も又日本国民にこの事実を伝えて来なかった。利益を出すと言う観念の無い中国人に、企業経営の根本を教えたのは無数の日本人たちだった。奇しくもこの期間は、日本が中国を踏み荒らした忌まわしい30年間と同じ長さになる。

 アレンの著書で私は初めてこの事実に気づいた。この30年間、わが国には好景気も不景気もあったけれど、政府は一貫して中国への支援を続け、それなのに中国は、片手で日本からの貴重な資金を受け取りながら他方の手でわが国を弾劾するプラカードを掲げ、「侵略の歴史を忘れるな」「日本の軍国主義の残虐さを許すな」と叫んでいたと言うこと。

 これが三千年の歴史を有するという、礼節の大国のすることなのか。私には、もう言葉も出ない。


 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

井上成美の伝記

2012-08-15 12:34:46 | 徒然の記
 本書は、米内光正,山本五十六とともに阿川弘之氏が書いた三部作の伝記の一つだ。

 伝記と言えば本人を賞賛する読み物と相場が決まっていて、先に読んだ石原莞爾や大川周明、北一輝もそうだったが、作者が力んでいる分だけ読書への興味を削がれるようになっている。だが、阿川氏の伝記はどれも主人公を通常の人間として描いているところに特色があり、本人の長所と短所が公平に叙述され、他人に知られたくないであろう私事も遠慮なく書かれている。

 三人の共通項は対英米戦への反対姿勢であり、陸軍と海軍の違いがこんなに大きかったのかとこの本で初めて知った。阿川氏はかって海軍士官だったから海軍に評価が甘いと言う傾きはあるのだろうが、それにしても陸軍の下克上、神懸かりな精神主義の過激さはそのまま日本の弱点だったとよく分かった。先日山本五十六を読み、今度は井上成美を手にしたが、この本は理屈抜きに面白かった。当人が真面目であるほど傍目には愉快でならないと言う、あの面白さだ。

 戦争へと突き進む日本で英米との戦争に異を唱えるのは、今日で考える以上に勇気のいることで、いつ殺されても良いという覚悟で生きていた彼を単に面白がっていてはいけないという躊躇いもある。
本には沢山の逸話があるが、海軍兵学校の校長として学生たちに行った講義が、当時の彼のすべてを語っている気がするので記述しておきたい。武田信玄の遺訓の中から引用した、人が陥り易い三つの過ちというものだ。

   1. 分別ある者を悪人とみること。  2. 遠慮ある者を臆病とみること。
 
   3. 軽躁なる者を勇剛とみること。
 
 これはそのまま、当時の日本人への警鐘であり、自らの正しさを確信する根拠でもあったと私は理解している。つまり、

1. 段違いの国力の差がある米国との戦争はやがて日本を破滅させると言う分別を持つ自分を、悪人とののしるのは間違っている。

2. 破滅の戦争へと国を導くことを躊躇する者を、臆病者と非難するのはとんでもないこと。

  3. 陸軍みたいに根拠無しに威勢の良いことをやたら公言し、無謀な闘いへと国民を駆り立てるのは剛勇であるはずがない。

 こうして書き出してみると、三点の戒めは現在の我々にも尚強い警鐘を鳴らしている思いがする。米国や中国・ロシアへの対応、原発への向き合い方、憲法改正への舵取り、政党政治への取り組み方法、こうした重要課題への心構えを真剣に語りかけられているような気がしてならない。

 何時ものことながら自分のことは棚に上げ、勝手なことを言わせてもらえば、テレビや新聞というマスコミ、そこに従事する人間たちは、特にこの三点を反芻してもらいたいものだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なでしこの汚点

2012-08-03 11:27:02 | 徒然の記
 なでしこジャパンが日本中の目を惹きつけたのは、選手たちのひたむきさと爽やかなプレーだった。

 懸命にボールを追う彼女たちの姿は、どこへ消えたのか。南アフリカとの試合は、信じられない展開になった。攻め込む時間があるにもかかわらず、ボールを横に流し後方へ戻しと、無意味なパスを続けて私をうんざりとさせた。試合後の佐々木監督の会見で、無気力な試合が彼の指示だと知った。

 勝てば今後の試合の条件が日本に不利になるからと、得意らしく説明する彼に深く失望した。バトミントンで無気力な試合をしたと中国や韓国などが失格になったが、なでしこジャパンも同じ状況だと思う。金メダル獲得のためなら手段を選ばないと言うやり方は、なでしこジャパンには似つかわしくない。

 女子サッカーが五輪にある限り、私の心の中には今日の試合がなでしこの汚点として刻まれるだろう。輝く金は魅力ある賞だが、日本国民と外国からの失望を受けてまで手に入れる価値があるのだろうか。新聞もテレビも日本に都合が良いことなら黙っていると言うのでは、情けない限りだ。キラリと光る爽やかな正論で佐々木監督の愚行を批判して欲しかったが、どうやらこれも無いものねだりだった。

 無様な試合をしたくなかったはずの選手たちに、私は強く同情する。会社で働いていた頃、私も上司の指示に逆らえなかったから、組織の中の歯車の気持ちが分かる。和を尊ぶ縦社会の日本では、正論が何であれ上には異を立てられない。せめて組織外の私が彼女たちに代わって、監督への苦言を呈してやりたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加