ねこ庭の独り言

ちいさな猫庭で、風にそよぐ雑草の繰り言

岡田啓介回顧録 - 2

2017-06-28 16:12:05 | 徒然の記

  張作霖爆殺事件についての叙述は、日本史そのものと言えます。当時の内閣、首相、陸軍、天皇が、どれほど真剣に対応したのか、どうして軍に押し切られたのか、一般庶民の知ることのできない内情が、赤裸々に語られています。

 35から41ページにかけ、7ページにわたり詳細に書かれているのですが、どうしても残しておきたい事実です。重要な部分だけでも抜き出し、転記せずにおれません。

「事件の黒幕は、今ではたれでも知っているとおり、」「関東軍の参謀、河本大作大佐だった。」「張作霖が日本の多年の恩義を忘れて、反抗的態度をとっているのを怒り、」「張を除いて、満州の政治を一新しようと考えていたところ、」「たまたま張が、北京から帰奉するという報があったので、」「張を葬り、混乱に乗じて、意中の人物を擁立し、」「満州の統治を左右しようと図ったわけだ。」

「後で分かったことだが、この事件は、河本大佐だけの所業ではなかった。」「計画を発意したのは、関東軍司令官村岡長太郎中将で、」「河本は始め反対したが、のち単独で全責任を負って決行したというわけだ。」

 当時は蒋介石と張作霖が戦争をしており、政府は戦いが満州に波及することを警戒していました。田中首相は、帰奉する張作霖を待ち、彼を相手に満州問題を解決しようとしていた矢先でした。白川陸将も、当初は日本人がやったこととなかなか信じようとせず、自らが密かに知らべさせ、やっと納得し、田中首相に報告しました。

 「張の爆殺は、政府に大変な衝撃を与えた。」「中国の戦乱に対する、政府のそれまでの方図は水の泡になってしまった。」当時の元老西園寺公望公も、大変心配し、田中首相を呼んで言い含めたそうです。

「事件の真相をいくら日本人にだけ隠したところで、舞台は満州であり、」「満人はもちろん、欧米人にまでこれを秘密にすることは不可能だ。」「今のうちに、責任者を厳罰に処してしまえば、」「息子の学良も、親の仇を日本が討ってくれたと納得するだろうし、」「世界も日本の公正を認めることとなる。」「うやむやにすれば、必ず将来に禍根を残すこととなる。」「どんな反対があっても、実行するように。」

 田中首相はその意を体し、重大事を陛下に奏上するため、参内しました。犯人が日本軍人らしいことと、軍法会議に付することを申し上げると、陛下からは「軍紀は、特に厳重にするように」という、お言葉があったと書かれています。

 「ところが、陸軍の元帥以下の巨頭連までが、猛烈に反対する。」「軍法会議の開催は、とてもできない情勢になってきた。」「閣内でも、ほとんど反対していた。」「与党である政友会も、軍法会議の開催に反対していた。」「それで田中は初めの志と違って、途方に暮れ、」「村岡司令官、河本大佐などを、行政処分にすることで解決し、」「あとは、うやむやにしようというものだった。」

 田中首相は、先に参内した時、厳重に処罰しますと言った手前、陛下にそのことを報告しなければなりませんでした。参内し、拝謁を賜り、上奏文を読み上げていますと、陛下の顔色が変わりました。このあとは、本の叙述を引用します。

「この前の言葉と、矛盾するではないか。」「田中が読み終わるや否や、、陛下がおっしゃった。」「田中は恐れ入って、そのことについては、いろいろご説明申し上げますと、申し上げると、」「説明は聞く必要がないと、奥へお入りになったそうだ。」「田中はうちしおれて帰ってきて、閣議の席で、このことを話した。」

「田中は、政友会の連中に励まされて、あくまでご説明申し上げようと、」「再び参内した。」「その時の侍従長は、鈴木貫太郎だったが、気の毒そうに、」「お取り次ぎはしますが、おそらく無駄でしよう、といった。」「田中は辞職を決意し、内閣総辞職をした。」

「それ以来田中は、楽しまない日を送っているようだったが、」「間も無く世を去ってしまった。」「世間の一部では、自殺したんじゃないかと、噂するものもいたが、」「そうではない。」「私は葬儀にも出たが、持病の心臓病が悪くなったためだ。」「こんなわけで、陸軍は、張作霖爆殺事件をもみ消してしまったが、」「真相を知らないものは、そういなかっただろう。」

  田中首相が陛下に詰問され、恐懼して退出したという話は、いろいろな本で書かれていますから、大体は覚えていましたが、ここまで具体的には知りませんでした。まして辞職後、間も無く首相が逝去していたというのは初耳でした。

 ここまでのところだけでも、私が知りたかった戦前の日本があります。陛下と首相の関係が、どんなものであったのか。陛下はほとんどのことは臣下の意見を取り入れられるが、盲従する愚昧な方で無く、納得のいかない案件にはうなづかれないこと。それも明確な言葉のやり取りで無く、互いに気遣いながら、ことが進められている様子が分かりました。こういうところが西洋諸国の合理性と異なり、すべて婉曲的なやりとりが中心です。今の言葉で言いますと、それこそ「忖度(そんたく)」でしょう。

 元老にしても、いつも国政を考えていて、総理を呼びつける力を持っていたのです。私の解釈は、常に偏っているのかもしれませんが、戦後の主流となっている「軍部の独走」「陸軍の横暴」という言葉が、そもそも偏っているのでないかと、そんな気がしてなりません。

 張作霖を爆殺したり、騒乱を自作自演したり、陸軍の謀略には感心しませんが、それでもこの時代は日本だけで無く、それ以上のことを諸外国がやっていました。首謀者である村岡司令官と河本大佐の処罰に反対していたのは、陸軍のトップだけでなく、内閣の諸大臣、与党の政友会だったと、氏が語っています。

 当時の満州は、日本防衛の最前線でもあり、希望の開拓地でもあり、未開の荒野でもありました。満鉄では、右だけでなく、左翼の社会主義者も加わって、未来図を描き、それこそ日本中が沸き返っていました。私は、当時のことを書いた他の本を思い出します。他国の領土であることも忘れ、無数の大陸浪人が、思い思いの夢を語っていました。反対意見をいう者に対し、刀を抜いて脅したり、ひどい時には斬り殺したり、そうした軍人の横暴さは我慢ならないとしましても、なにもかも陸軍だけが悪いと結論づけるのは、正しい見方でないと、そう思えてなりません。

 元老の西園寺公にしましても、第一に考慮したのが諸外国、とりわけ欧米の反応でした。満州統治を目指す日本のやり方が、途方もない暴挙でしたら、公は頭から全てを否定したはずです。しかし公が異を唱えたのは、軍部の拙速な手段であり、満州の統治そのものには言及しておりません。つまり、当時の国際情勢には、何が何でも、日本の満州進出を非難・攻撃する風潮がなかったということでしょう。

 陸軍だけを悪者にし、責任を全て転化して、過去の歴史を済ませようとするのは、敗戦後の日本人の自己保存エゴだと、そう言わずにおれません。善とか悪とか、そのような単純な基準でなく、自分たちの過去を正しく見つめ直さなくてどうするのでしょう。一部の軍人だけを悪者にし安穏としているようでは、日本人としての良心が泣きましょう。

 こうなりますと、先日動画で見た佐藤健志氏の意見が思い浮かびます。五人の出席者の中で孤立していた氏の言葉が、思い出されて来ます。

 「米英を相手に戦った大東亜戦争での大義と、米国との協調路線を進める大義に、」「一貫性がない。」「米国頼りで進むので無く、日本だけででも安全保障はやる、憲法改正もやると、」「私たちには、筋を通した歴史観が必要だ。」

 戦前と戦後の日本を断絶させたのは、占領軍による七年間の統治です。この占領期間の思想、思考、思潮など、日本人自らが再検査し、目をつぶってきたものを、国民の共有認識としなくては、日本の戦後が終わりません。表現が違っていましても、佐藤氏の意見と私の意見は一致しています。やはり氏は、稀有な、正統の保守思想家だと、確信を深めました。

 ひとつ納得できましたところで、本日は終わりとし、続きは、明日にしよう思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« またしても、稲田大臣 | トップ | 岡田啓介回顧録 - 3 »

コメントを投稿

徒然の記」カテゴリの最新記事