ねこ庭の独り言

ちいさな猫庭で、風にそよぐ雑草の繰り言

後藤田正晴

2017-06-14 17:51:10 | 徒然の記

 保坂正康氏著「後藤田正晴」(平成10年刊 文元春秋社)を、読んでいます。400ページの本の、230ページですから、やっと半分というところです。

右か左か、反日か愛国かと、単純な思考しか出来ない私には、少しやっかいな本なので、途中で一休みせずにおれなくなりました。理由は二つです。一つ目は、著者である保坂氏が、私の嫌悪する獅子身中の虫の一人であること。二つ目は、後藤田正晴氏が、護憲派の政治家であるということです。

 保坂氏については、平成25年の6月と9月、そして平成26年の2月と、批判するブログを書いています。氏の基本的姿勢は、一貫して、憲法改正を語る安倍総理への反対です。本の批評に入る前に、氏が過去に、どんな意見を毎日新聞を舞台にして述べてきたかを再確認します。

 「改憲は、積み重ねてきた歴史への背信である。」として安倍総理を批判し、この主張を援護するように、自民党のハト派と言われる古参議員が、「平和憲法の遵守」を述べました。加藤紘一、古賀誠、河野洋平、野中広務の各氏です。覚えている人もいると思いますが、この中の何人かは、こともあろうに「赤旗」に寄稿して意見を述べていました。

こういう状況下での保坂氏の意見ですから、そのバカバカしい主張を、私は今でも忘れておりません。「もし帝国主義的な乱暴な国があったら、私たちは憲法とともに積み重ねてきた実績をもとに、」「その国を批判することができるのです。」「あなた方がやっているのは、帝国主義的な手法ではないですかと言えるし、言わなくてならない。」「今の憲法を持つことには、そういう意味もあるのです。」

 どうでしょう、この典型的お花畑の主張。これが、尖閣の領海侵犯をする、中国を批判した言葉です。自分ではひとかどの評論家を任じていますが、私には、このような人物がひとかどの評論家とはとても考えられません。念のため、平成25年の9月のブログについても、再確認しましょう。

「ケリー国務長官とヘーゲル国防長官が、千鳥が淵戦没者墓苑を訪れたのは、」「安倍総理が、靖国神社とアーリントン墓地は同じと言ったことに対する、」「米国の怒りの意思表示である。」

「靖国神社は宗教的・政治的であると同時に、何よりもA級戦犯の刑死者が祭礼の対象になっている。」「米国共和党の怒りは、神聖なアーリントンを、異質な靖国と同じにしないで欲しい、」「こんな神社がアーリントンと同じである訳が無い、ということだ。」

 アメリカが何と言おうと、それはそれでしょうに。日本の歴史を知り、日本を大切に思う国民なら、靖国神社を、そんな単純な理解で片づけられるはずがありません。

ですから私は、偏見を持って氏の著書をみ読み始めました。人物であれ、事件であれ、組織であれ、対象としたものを、歯の浮くような賞賛で飾る文を、世間では提灯記事と呼びます。書名が示す通り、この書は後藤田正晴氏の伝記のようなものですから、幼少の頃から書き起こされています。

 いかに後藤田氏が優れた少年だったか、歯の浮くような文言で、見事に綴られていました。四、五十ページまでは、何度か放り出したくなりましたが、著名人の伝記を、三文文士が書けばこうなるのかと、我慢して読みました。氏は議員時代の後藤田氏を議員会館に何度も訪ね、親しく対談した間柄だと言います。鳥肌が立つような、氏の文章を紹介いたしましょう。

「後藤田の顔は、確かに笑顔がいい。」「邪気の無い、爽やかさを絵に描いたような顔になる。」「そのために、相手に与える印象がソフトになる。」「だが、高校時代の同級生たちは、」「その顔と、ひとたび議論になり、自説を主張する時の厳しい顔もみている。」「その二つのコントラストが、かえって同級生たちには、」「人間的な魅力と映った。」

 しかし90ページになり、次の文章を読んだ時から、この本への興味が湧いてきました。「昭和17年、夏のことである。」「後藤田はマニラの司令部に、連絡将校として出張を命じられたことがあった。」

「マニラでは、日本軍の将兵が、わがもの顔で街を歩いていた。」「フイリッピン人は、それに怯えていた。」「後藤田はこの時に、日本軍の横暴さを幾つも目撃した。」「これが大東亜共栄圏の実態かと、日本人でありながら、」「フイリッピン人に同情した。」

「どういう光景に出会ったのかと、問うと、」「そりゃあ、君、ひどいもんだ。そのことは言いたくない。」「とにかく無茶なもんだ。」「軍人には、ひどいことをするものがいるんだ。」「あれでは、戦後になって、アジアの人々に弾劾されるのも、無理はない。」「後藤田は、この話の時には眉をひそめた。」

 戦前の日本人がアジアで何をしたのか、私が知りたいのは、ここにあります。日々に乱読を続けているのは、戦前、戦後の日本が知りたいからです。後藤田氏と、保坂氏の会話には、私の知らない日本があり、それは保守の人々が語る立派な日本とは別の姿です。戦後育ちの日本人として、毀誉褒貶双方の事実を知った上で、自分なりの考えを持ちたいと願っている私です。

 驚きましたのは、後藤田氏が、警察予備隊の創設に実務官僚として関わっていたこと、機動隊の創設者であったこと、浅間山荘事件では、警察のトップとして指揮をしていた事実などを、教えられたことです。自分の無知を啓蒙してくれる本には、何であれ感謝し敬意を表する私は、奇妙な立場にいます。軽蔑する保坂氏の著作に敬意を表したり、感謝したり、忙しくなりました。

 それで、本の途中で一息入れ、忙しい頭を冷やすことにしました。私はまだ若いのですが、それでもこのような書を前にしますと、いささか疲れます。無理をせず、本日はこれまでとし、ねこ庭の雑草でも引くといたします。もしかすると、野良猫タビーが訪ねてくるかも知れません。最近では朝早く餌を貰うと、空腹になった午後にも、忍び足で訪ねて来るようになりました。

 保坂氏と比べましたら、それはもう、言うまでもなくタビーの方が何倍も親しみが湧きます。77才の氏は可愛げがどこにもありませんが、猫年齢で同じ年でも、タビーの方がずっと可愛いのです。二階でパソコンに向かっていますが、これより階下の居間へ移り、猫庭でタビーを待つとしましょう。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 民進党の田嶋氏と、自民党の... | トップ | 後藤田正晴 - 2 »

コメントを投稿

徒然の記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。