そりゃおかしいぜ第三章

北海道根室台地、乳牛の獣医師として、この国の食料の在り方、自然保護、日本の政治、世界政治を問う

・・・ということは2020年まで安倍は辞めないということか

2017-05-05 | 平和憲法
安倍晋三は、2020年のオリンピックの年に、新たな憲法を施行すると述べてが、そこまでこの職権乱用の暴走首相は辞めないということを宣言したことにもなる。厚かましいにもほどがある。
メディアは、「安倍一強」という表現をするが、これは余りにも政治の現状を表現するには不適切な言葉と言える。日本は三権分立が、政治の根幹と中学時代に教わった。安倍晋三はそのことも理解できないほどの低学力の男であるが、これは日本の民主主義の根幹のシステムである。
行政の行き過ぎや間違いなどを、立法の議会がチェックする。その機能がないという言葉が、「安倍一強」という言葉なのである。議会は政権に従順に従い、おこぼれ(大臣の席)が貰えるのを待つ議員たちが集まる烏合の集団と化している。
もっと哀れなのは、司法である。私は反原発と安倍の靖国参拝違憲訴訟と安保関連法の違憲訴訟の原告の末席を穢している。それらの裁判の勝訴はは極めて悲観的である。独立した権限を持つはずの判事たちは、時の政権に従順なのである。上級裁判所になるにつれてその傾向が強くなる。
自衛隊の存在は違憲と判決を出した地方裁判所の判事は、決して中央に呼ばれることなく定年を迎えた。イラクはに自衛隊派兵は違憲と判決した判事は、定年直前であった。殆どの国政への訴訟は、「高度に政治的な問題は判断をしない」いう形で、行政のチェックを拒否しているのである。
つまり「安倍一強」という言葉は、民主主義の根幹を破壊していると言い換えるべきなのである。少なくともこれが民主主義とはとてもじゃないが思うことができない。三権分立が機能していない。こうした現状を憂うことなく、安倍の主張を垂れ流すメディも哀れにも、政権の補完作用しかやっていないといえる。
国民はコケにされている実感すらなく、政治に無関心になっている。野党は国会で遠吠えする姿しか見えてこない。何でもいいから、この暴走・ほぼ独裁の安倍晋三を退陣させるべきなのである。その一つが、アッキード森友事件である。安倍晋三の連れ合いの昭惠は、森友学園設立に向けて主導的立場にあり、積極的に行政に働きかけ、籠池氏を支援していたことがはっきりしてきた。国会で、「関係していれば議員も辞任する」と言った安倍晋三は、今日も辞めないどころか、2020年まで辞めないと宣言したのである。あきれるばかりである。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中朝にくさびを打ち込んだト... | トップ | 高等教育の無償化ほどバカげ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (きなこ)
2017-05-06 05:03:44
理解不能ですね。

結局、良き志しのある人を、国民が育てなければいけないのに、
しょうもないあら探しして、小事の理由で、潰してしまっているのでしょうか?

良い馬を育てることに例えると。
(オグリキャップも「自分よりもキャップのほうがずっと賢かった!」と惚れ込んでベタ褒めする最初の調教師さんが結局、育てたのだと思いますー)
Unknown (タンケ)
2017-05-06 12:00:24
日本の権力制度は表面では民主主義と三権分立の看板掲げているが、事実は全くそうではなく嘘だ。アベシンゾやジミンコーメが日本政治を支配している現状は、事実「独裁専制」そのものだ。司法も独立などしておらず、事実は不正悪徳政治の提灯持ちに過ぎず、彼らの仲間である。

政治がNHK含む商売マスメデイアを利用し煽って、多くの有権者を愚民に保ち続けながら、当事者の有権者もそれを知ることも思うことも疑うこともなく能天気のまま「3S騙し政策」にのめり込んでいるのだから、もうどうしようもない。

一体いつまで希代の屑アベシンゾ、ジミンコーメ、同類項政党政治屋らが存続するのかと思うと、ただただ気持ちが滅入ってならない。

コメントを投稿

平和憲法」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL