薙空間

悪魔城とかメタルマックスとかロマサガやってる薙さんが綴る日記。ゲームばっかやってます。時々運動もします。きつねかわいい。

ちょwwwこれ無理wwwwwwwww

2006-06-30 13:07:13 | ゲームいろいろ
グラⅢ9面の悪夢再び。

詳しくは↓のサイトからどうぞ。

キューブなのです。(ぐらにどっとこむ)


グラディウスⅢを史上最強難易度のゲームと云わしめた理由その‥‥‥えーっと、いくつぐらい?
飛来する99個のキューブを回避しなければならない言う凶悪な難易度を誇る、通称「キューブラッシュ」。それのゲームが置いてあります。
薙はPS2の最低難易度で到達し、ボロボロになりながらも突破したのですが(難易度が低い状態だと、キューブの数が50個に減るので少し楽になります)。残り残機2ぐらいで。今思えば、突破出来た事自体が奇跡だったような気がします。多分、99個突破する前に99機爆散するに違いない(笑)

で。

それのゲーム。原作よりも圧倒的に難易度が上がっています。キーボードやりづらいね。
というか、途中でおかしな物が飛んで来るんですけど(汗)


‥‥‥これ、クリア出来る人っているんですかね?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

聞く前にはお茶を用意しましょう

2006-06-29 21:18:05 | 雑記
UiloUさんとこで乗っけてたのを、ここにも転載ーーー。
薙空間には珍しい、癒し系フラッシュ。

時の流れを忘れさせる時計






和むーーー。
織姫さん可愛いーーー。
と言うか、下で歩いてるネギがもっと可愛いーーー。

流れてるBGM、詳細とかは良く分かりませんが、聞いてる内に不思議と気に入って来ます。気が付けば数十分、なんて事もあるかも(ちなみに薙もそうなりました)。
時の流れを忘れさせる時計の名前は伊達じゃないですねーーー。

世の中、こう言う癒し系もいいもんですなあ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

頭痛いよー‥‥‥

2006-06-29 09:13:23 | 雑記
相変わらず頭痛は治まりません。
半分がやさしさで構成されているバファリンもまったく持って効き目無し。
加えて、熱はまったく無いので、休むに休めないと言うこの現実。
本当に死んでしまいそうです‥‥‥

このまま行くと、

うほっいい死体じゃ
(for 砂塵の鎖)

と言われかねん。どうした物か。

とりあえず、午前中の授業は熟睡して体力回復を図る事にします。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

まんたーんドリンク!(何)

2006-06-28 08:29:48 | ゲームいろいろ
最近、DSでメタルマックスの新作「メタルサーガ~鋼の季節」が発売されましたね。薙はDS持ってないので未プレイなのですが、METAL MAniaXの掲示板や大辞典の話を見る限りでは、かなり粗が多そうです。
やはり、「全ての操作をタッチペンで行う」と言うシステムが大不評で、一般のプレイヤーは口を揃えて「操作しづらい」と。他にも、途中で地形に引っかかって動けなくなったり、戦車改造をしまくるとフリーズを起こしたりと、プレイする上で致命的なバグも多数報告されているようで、完成度は決して高いとは言えないのかも知れません。たとえ面白いソフトであっても、ここまで粗が多いと購買意欲を削がれますね‥‥‥
前作の「メタルサーガ~砂塵の鎖」は、今まで頑なにPS2購入を拒否してきた薙にPS2購入を決意させたと言う罪作りなソフトだったのですが(笑)今作は‥‥‥さすがに納得が行く内容じゃない。後々、バグ取りや操作方法の変更(タッチペンだけじゃなくボタン操作も可能と言った具合に)が行われた修正版が発売されるのであれば、本体と同時購入も検討するのですが。そこん所どーなんですかね?
サクセスさん

ところで。

薙は、「砂塵の鎖は戦車カスタマイズが面白くない」と友達に愚痴りながらプレイしているのですが。
前までのシリーズは、「登場時期の割りに強い武器」とか、「一個しか入手できないが強力な武器」とか、「性能がアレだが惹かれる武器」と言うのが多くて、戦車にどんなパーツを付けさせるのかが楽しかったのですが。砂塵の鎖は後半になればなるほどパーツが強力になると言う、
RPGのお約束そのまんまの武器がほとんどなんですよね‥‥‥なので、最終的には装備するパーツのレパートリーがどうしても少なくなってしまうのです。
一方で、重量バランスに関しては、旧作と比較して非常に良く出来ていると思います。

と、分からん人の為に簡単に解説を。

メタルマックスシリーズは、主人公達は戦車に乗って戦うRPGです。
人間+犬は、敵を倒す事で経験値を貯めてレベルを上げ、強い装備を付ける事によって強くなっていきます。ここら辺は、普通のRPGと同じですね。
で、シリーズの代名詞である戦車。戦車は、人間の装備に当たる「パーツ」を装備し、それを積み替えたり改造する事で強化していく事が出来ます。
パーツは大きく分けて、
・シャシー(いわゆる戦車の本体)
・エンジン(そのまんま)
・Cユニット(戦車の頭脳)
・主砲(大砲)
・副砲(マシンガンとか)
・SE(ミサイルとかの特殊砲)
の六つに分かれていて、それぞれのパーツに重量(単位はt)が設定されています。
戦車に積む事が出来るパーツの重量はエンジンの積載量によって決まり、これをオーバーすると戦車は自走する事が出来なくなってしまいます。逆に、残りの重量に余裕があるならば、その分の「装甲タイル(SP)」を戦車に貼り付けて戦車を守る事が可能になります。
なので、戦車のカスタマイズでは、パーツの重量とエンジンの積載量、財布の中身と常に相談する事になります。
この戦車パーツに関してなのですが、たまに異常な重量の物が存在します。
例を挙げるなら。

鬼のように威力があるのにわずか100Kgのバルカン砲だったり、

物凄く強いけど最大重量27tと言う超怪物主砲があったり。

こう言った重量に特徴のあるものや、グラフィックが秀逸なものの中からのパーツのチョイスを考えるのがまた楽しい。
BGMや独特な台詞回しなどにも人気がありますが、やっぱりこのゲームの魅力は戦車の強化ですね。

解説終わり。


砂塵の鎖の戦車パーツは、全体的に重量が重く、無計画に強いパーツを積みまくったり改造しまくると、最強のエンジンでも簡単に重量オーバーで動けなくなります。特に、後半で入手出来る「パーツを複数個装備できる」戦車の場合は、よくそうなります。
そこで、パーツの改造度を減らしてみたり、パーツを少し弱めのものに取り替えてみたり、戦車の穴(装備を付けるとこ)を塞いで見たりと、あれこれ悩むわけです。ここら辺は、シリーズの中でも特に面白い部分に仕上がってました。
例えば。

最強クラスの主砲を3門装備しているのに、
バルカン砲は最弱クラスのドイツの試作戦車。

Wikiで「マウス」って入れれば、どんな戦車なのかは分かると思います。
ある意味、一番サーガらしい戦車ですが。

あとは。

男子中学生が乗ると
即座に重量オーバーになるSタンク。

残り積載可能重量は40Kg(実話)。装甲タイル4枚しか貼れません(笑)

出来上がった時は、ある意味感動しました。

不満な面も多い砂塵の鎖ですが、ちょっと見方を変えれば良い面もたくさんあると言う事を改めて教えてくれた一本ですね。現在、Best版を購入しなおして再プレイしてます。


結構長くなったなーーー。せっかくだし、レビュー書こうかなー‥‥‥
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年初

2006-06-27 19:33:28 | 雑記
なんか、微妙に風邪っぽいです。
今年初と言うか、二年ぶりという感じなのですが
なんで今まで風邪引かなかったのでしょうかね?

あれか。いわゆる、
馬鹿は風邪引かないって奴でしょうか。

そう言えば、夏風邪は馬鹿が引くって噂を聞いた事があるな。

馬鹿確定って事でしょうか、自分。


ああいかん。
調子悪いといつも以上に執筆能力が低下しまくる。
とりあえず、今日はさっさと寝て体調の回復に専念する事にします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

しかしどう動けばこんな事態になるんですかね

2006-06-26 13:31:31 | 雑記
史上最多4人退場 オランダ監督「主審が試合台無しに」

今朝のニュースでも触れてた話題でしたけど。試合と言うより乱闘じゃないのか?これ。
ただ単に主審がカード出したかったんじゃなかったのかなーーー。と言うのが個人的な見解。別に出しまくった所で、主審にとってメリットになる事は何も無いような気がするのですが。現に、オランダの監督やFIFAの会長が物凄い苦言を呈しているようですし。

それにしても。
イエローカード16枚+退場者4人になるほどラフな試合って、あんま想像できないなあ‥‥‥
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゲーマーの定義って何だろう

2006-06-25 09:09:17 | 雑記
薙は以前、自己紹介の欄で「重度のゲーマー」って書いていたのはご存知かと。
自分は、4歳の頃からゲームと言うものをやってました。確か、初めてやったのは「ゼビウス」でした。その当時は、兄がゲームをやるのを後ろから見ているのが好きで、むしろ、自分からプレイする事はあまりなかったんですね。
それが今や、○ミュにメタルマックス全部入れる程のゲーム狂いに(汗)
多分、初めてプレイしたRPGがSFCのリターンズだったのが一番の原因だと思います。DQ?竜退治はもう飽きてますよ?

ただね。
今日はシリーズとかはあまり関係ない話。
他のサイトを見ると、たまーに自分の事を「ゲーマー」とか「超一流」とか言う人って結構いるんですよね。自分も「重度のゲーマー」って言ってましたが。けど、それって何を基準にして言っているのかが今一つ良く分からないんですよね。物凄く曖昧な基準。

と言う訳で、その基準みたいなものを作ってみることに。


一見さん

ライトユーザー

上手い人

ヌルゲーマー

ゲーマー

マニア(重度のゲーマーも含む)

オタク

廃人

超廃人

・一見さん
 一回しかゲームをプレイしない人。ほとんどの場合、一見さんになる人はゲームをやる機会が非常に少ない。理由としては、自分がゲーム嫌いであるか、親にゲームをやる事を断固拒否されているか。

・ライトユーザー
 ゲームを「楽しく」プレイしている人。大抵の人はこの位置に入る。ある意味、一番健全なプレイヤー。

・上手い人
 クラスの中によくいる「ゲームが凄く上手な人」の事。ここに入る人は、大抵はクラスの人気者になる(特に同性の間で)。健全と言えば健全だが、一回のプレイ時間はライトユーザーと比較すると結構長くなる。

・ヌルゲーマー
 ある日突然、「俺はゲームを極める!」と宣言しちゃう人(何)分かりやすく言えば、ゲームが上手くなる為だけにゲームをプレイし始める人の事。けど、実際の所、腕自体は上手い人とそう変わらなかったりする。
 この辺りから、ゲームが生活リズムに大きな影響を及ぼし始めてきます。

・ゲーマー
 物凄く上手い人。ゲームを生活の糧とし始めるようになる。はっきり言って、このレベルからだんだん世界が変わってきちゃいます。
 上手いけど、他人からの共感を得づらくなって来るのが最大のネック。出来れば、この辺りのレベルで打ち止めにしたほうが無難かと。

・マニア(重度のゲーマーも含む)
 この2つの区別はちょっと難しいのですが、薙的な観点から言えばマニアは「ゲームに関して専門的な知識の持ち主」で、重度のゲーマーは「あり得ないほど上手い人」だと思います。どちらにしても、そろそろ人間としてやばくなります。ゲーム関連のコミュニティの中心人物でも、この辺でレベルの上限にしている人は多いはずです。

・オタク
 マニアの一歩上。マニアと大きく違うのは、一日の大半をそれに費やす事。部屋から一歩の出てこない場合まであるほど。出来ればこの枠には入りたくは無い。
 それにしても、あんま聞こえの良い言葉じゃないよなあ‥‥‥

・廃人
 生活の全てがゲームになりかけの人。「もうゲームがないと生きていけない」と言う状態。オンラインゲームをやっている人は、たまにこのレベルにまで入ってしまう事も。早急な生活改善を求めます。

・超廃人
 廃人を超えた廃人。ここまで来ると、もうやばいとかの問題じゃなくなります。全国を見ても、数人いるかどうかの稀有な存在で、大抵は特定のゲームに対し異常なやり込みをしている場合が多い。
 あえて代表的な人物を挙げるなら、声優の「緑川光」とか。某SRPGの主役が超廃人だってのはあまり想像したくは無いなあ(笑)


もの凄い適当な解説(汗)

とりあえず薙の観点から見れば、「ゲーマー」と自称している人はまだ「ヌルゲーマー」の域じゃないのかな。達人並みの実力者が周りに多いので、そう言う風に考える時がたまにあります。自称「ゲーマー」が作るサイトって、情報が不完全だったりしてあまり参考にならないと言うのが現実です。逆に言えば、あまり自称しない人のサイトは構成が本当に秀逸ですね。とても分かりやすいし、サイト自体も見やすい。「プレイに自信があります!」とか言う人もいると思いますが、もっと上手い人が世の中にいると思いますよ。
けど、その方が健全でいいと自分は思いますね。少なくとも、ゲームを「楽しむための物」として見ているのですから。最近の小学生はゲームが上手い人が妙に多いです。もし、そう言う子がみんなマニアとかだったら、日本の将来が物凄く不安になります。未来の国会議員が「趣味は‥‥‥んーーと‥‥‥ゲームですねーーー。」とか言う日が来そうで、本当に怖い。そんな状況を憂いる時が来るなんて、恐ろしい世の中です。
別に、ゲームをやる事は決して悪い事ではないと思いますが、それの行き過ぎもどうなのかな、と。高校の時はそう言う事を考える事もありませんでしたが、ある程度時間に余裕が出来始めた今になって、考えるようになりましたね。

あ、そうそう。
最初のほうの文章を見て「あんま想像出来ねーなあ」と言う方。1回自分とゲームの話をして見ましょう。


間違いなく引きます。



‥‥‥何で自分の事貶めてんだorz
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うはwwwマジカッコええ

2006-06-24 10:00:21 | ゲームいろいろ
まずは、これをご覧下さい。

魂斗羅 タイムアタック



難しい事で有名な魂斗羅シリーズのファミコン版タイムアタック。ステージ1から殺しにかかっている構成が素敵過ぎます(笑)
プレイも凄いけど、BGMのクオリティがまた凄いです。本当にファミコンのゲームだとは思えない。基地ステージの擬似3Dも職人技。この当時のコナミはこんな凄いゲームも作れたのですが‥‥‥

ですが。
今日の本題はこの下。


魂斗羅 JUNGLE JAM
(あらかじめ上の動画を見ておく事を強くお勧めします)


















( ゜Д゜)












聞いた時、あまりの格好良さに泣きそうになりました。
これぐらいの曲作れるクオリティがあればなー‥‥‥

とりあえず。

GJ!!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

マイアミの奇跡は起きなかったか

2006-06-23 09:31:32 | 雑記
相手はサッカー王国とはいえ、この結果は‥‥‥

日本 1-4 ブラジル

ちょっと無残。いや、ちょっと所じゃない。
あまりにも違いすぎる格の差を見せ付けられた結果になりました。敗因もへったくれも無いでしょう。相手が物凄く上手かった、それだけなんですから。選手は最後まで懸命に戦ったとは思いますが、敵わなかった。
正直言って、日本にとって今回のW杯には何の見せ場もありませんでした。深刻な攻撃力不足に、守備にも甘すぎる面が幾つも。特に、初戦のオーストラリア戦は、最後の最後で逆転されると言う、世界の期待を大きく裏切った形に。大会前は、どの国も日本を注目していただけに、こんな結果になるとは夢にも思っていなかったでしょうね。でも、これが結果ですから。これが事実なんですから。

けれども。
だからと言って、選手達を軽蔑する理由はどこにも無いんです。あの大舞台に立てる人間は、それだけで賞賛される価値があるんです。負けたとしても、本当に上手い人たちばかりなんです。
監督だって、散々叩かれていますが凄い力量を持つ人(のはず)なんです。こんな大舞台で指揮を執るなんて、普通の人じゃ出来る訳がありません。今、ニュースで「ここをこうすれば勝てた」とか、「ジーコの采配はここが駄目だった」とか言っている解説者。あなた方は、あの大舞台に立って今の解説通りの指揮が取れるとでも言うのですか?
いや、ジーコの采配は確かにアレだったかもしれないけど(お)

だから。
我々国民が選手達にしてやるべき事は、彼らを労わる事。大会が終わった後に非難なんて、するべきじゃない。大舞台で戦った彼らを労う事、それが、サポーターの最大の役目ではないのでしょうか。
自分はサポーターって訳ではありませんが。


ともかく、代表選手の皆様方。本当にお疲れ様でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

脱力。

2006-06-22 17:15:28 | 雑記
今日は学校のスポーツ大会だったのですが。

疲れました‥‥‥

なんで疲れたかって?そりゃ決まってるじゃないですか。
一回戦で負けたから、以降はひたすらに暇な時間を過ごしてたからですよ!!
ちなみにバレーボールに出場したのですが、ほとんど出番なし(汗)

昨日の深夜1時頃まで動画漁ってたら死ぬほど眠くなるのも当然ですか。

つー訳で、今日はさっさと寝る事にします。
明日は普通に授業があるわけだし(血涙)
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加