ブルーシャムロック

此処はtomohiroのオリジナル小説サイトです。
小説主体ですので、小説に興味の無い
人は、退出下さい。

初めての朝は

2016-09-23 19:30:16 | 信・どんど晴れ
大学に入学直前。
私は、ひょんな事から神奈川県にある大学に進学し、その神奈川県の釜利谷駅近くの
シェアハウスに他学の女子学生と住むことになった。
一人は秋田出身の人と、もう一人は石川出身の人だ。
聞くところによると、雪国の人は、冬雪が降っていたとしても、時間厳守することが
多いらしい。だから、南国だから時間を守らないって思われたくない。
関東に多い、沖縄の人のやり方だろう。どうも奄美の人は関東には多くないからな。
奄美が雪国の人に違うところを見せてやろうかなと思っている。
基本的に、奄美の人は勉強熱心で、炎天下でも時間を守る傾向があるが、なんでそれが関東では理解されないのか。
秋田出身のROOMMATEが言うように、東北に優しい場所が関東にあるからなのでは。
或いは鹿児島の本土の人や、沖縄の人が器用なのか。
關東について思うけれどもやたらそれが目立つ。大学の近くの酒屋さんには鹿児島の本土の芋焼酎、
パチンコ屋のポスターにはやたらとシーサーが目立つ。
でも、東北の人が関東に多いって、父が出入りしている料理屋で読んだ週刊誌で読んだけれども、
この土地ではそれをあまり感じてはいないようだ。
でも、父が大好きで歌っていた曲が「ああ、上野駅」と言う曲がある。なんで上野駅なんだろう。
ここは、私が個人的に憧れている下町の一部だ。
私はよくわからないけれども、あの曲の内容東北から関東に来た人の話だった。
私が今度住むことになった秋田出身のROOMMATEに関連があるような。
今度彼女に話してみよう。
目覚しをセットして、私はROOMMATEたちより早く起きる。
「ねぇ。明日は八景島シーパラダイスに行くんだっけ。」
そういったメールをROOMMATEたちに送る。
八景島シーパラダイスはどちらかといえば釜利谷駅より泥龜駅のほうが近いという。
「泥亀駅近くに、三浦金沢市立図書館がある。」
石川出身のROOMMATEに秋田出身のROOMMATEに画面を見せていた。
「ふーん。」
秋田出身の女性はそっけないことを言う。
「いろいろ借りたら、面白いからね。」
石川出身の女性は嬉しそうだった。
彼女が上京した時手にしていたのは可児才蔵という武将の本だった。
「この小説の主人公って、確か高校時代のクラスメートが好きだった漫画に出てきた人だったね。」
うろ覚えだが、こういうことを秋田出身の女性がいたのを覚えていた。
次の朝、みんなより30分早く起きた。
「おはよう。」
二人に挨拶した。
「えっ。」
二人はびっくりしていた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一路,名古屋へ

2016-09-20 18:29:02 | 逆襲の藤隆
私、作家のガリベンと言われている生物である。小説の取材においてぷりぷり県から、一路帰路につこうと思って
飛行機を探していた。行き当りばったりの旅なので帰る飛行機を決めずにlccで東京・関東に帰ろうと
考えていた。空港の手続きの場所では、「今日の羽田行きも成田行きも出てしまいました。」
と言う。関東で行き当りばったりに電車やバスに乗って移動するとき、何回か這這の体で東京の自宅に
帰ったことがある。ポーン。私のスマホのメールのチャイムがなった。
スマホで読めるようにしたpcのアドレスのほうだ。
「?!画伯が、名古屋で個展を開きます。名古屋を中心とした地域でタウン誌などのイラストを描いている方です。」
そういう説明がなされている。
彼?!は仕事を見つける前は関東に住んでいて、主にインターネットの大規模サイトで著名な画家のパロディとも
パクリともつかないイラストをよく描いていた。ベラスケスをベースにしたパロディ、岸田劉生のベースのパロディ
大丈夫なのかわからない作品紛いがあった。
いつの頃からか、インターネットに作品を投稿しなくなってから、不思議と彼にまともな仕事が来るようになった。
「名古屋で仕事が見つかった。」
オフラインで彼と出会った時ファミレスで人眼にはばからず大声を上げたのを思い出す。
彼のインターネットで最後に見たイラストは国吉康雄の道化師の絵を土台にした絵だった。
何とも不思議な絵だった。壁には両津勘吉と寅さんのラバー素材の仮面がかけられ、
逆の壁には徳川家康と徳川秀忠の
大仰な額縁に入れられた複製画が掲げられている。
道化師は、原作の絵みたいな服を着用し、プロレスのマスクをかぶり、そのマスクには北の玄関口と書かれていた。
「一体どういう意味だ。」
私は彼にメールを送って意見を求めた。
彼はこうレスをした。
「これは私と同じ関東の下町のイメージを描いたものだ。同じ関東でありながら、私が住んでいた厚木の
ことを何も考えずに、みんなが知っている下町のイメージや過去の下町のイメージを客を寄せる
道具に使って、自分たちは目の前の風景に血道を上げていることへの皮肉だ。」
とだ。
ああ、だから両津勘吉と寅さん、徳川家康と徳川秀忠なのだな。と当時の私は理解した。
彼がメールやオフラインで話していたが、両親は福岡の人だと言っていたことも思い出した。
このイラストを描いてから彼はイラストを停止した。
そして数カ月後、
「名古屋で仕事が見つかった。」
と、私のプライベートのメルアドにメッセージが来たのだった。
彼の名古屋に足を運んでからの作品はわからない。
「名古屋に行く、飛行機はありますか。」
インフォメーションセンターの女性が、
「韓国か香港資本のlccがここから中部空港に飛んでいます。」
と言う。
行こう。名古屋に。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うるま市と垂水(tarumizu)

2016-08-30 20:01:01 | 信・どんど晴れ
横手淡雪は、高田馬場にいた。
秋田の高校時代の男友達が早稲田に進学し、現在高田馬場方面に居を構えている。
彼の誘いで、高田馬場の一角にあるビリヤード場で、ビリヤードをやることになった。
男友達が
「そろそろ、慶応の聯中もやってくると思うんだ。」
と携帯の時計を見た。
「慶応?!ビリヤードで早慶戦か。」
淡雪はにやりと笑った。
「でも、頭痛そうだ。何かあったの。」
男友達が言う。
「うん。先日大酒飲みの高知出身の女の子が余りにも酒癖悪くてね、川面漆器のカレー皿ぐらいの皿に
酒を満たして、ビビらせるために飲んだ。」
と淡雪は言う。彼女とて酒豪の域に入るのだが、余りにも無謀だった。それでもコイツは脅かさないとね
とその時思ったのだ。
「そんなことをするなんて・・・。」
男友達は呆れていた。
「おう。来てやったぞ。」
縦横大きいのと痩せた男が現れた。
多分この痩せた男と縦横大きいのが慶応の学生だろうと淡雪は思った。
「xx、oo,紹介するよ。高校時代の友人の横手さんだ。」
淡雪は男友達の紹介に合わせて、
「現在は大船の女子大に在籍している秋田出身の横手淡雪です。」
と会釈をした。
で、慶応の学生の自己紹介になっていったのだが、痩せた男が沖縄のうるま市出身、縦横大きいのが
鹿児島の垂水出身らしい。
「私のクラスメートもちょうど沖縄と鹿児島の人なんですよ。」
慶応の二人もびっくりしていた。
どこなんだと二人共聞く、
「鹿児島の市内と浦添市とか聞いています。」
慶応の二人はうんうんと聞いているが、そこまで興味はなかった。
「素人なんてよろしくお願いします。」
淡雪は言う。
まず慶応の二人から。
やはり二人共、なれたカンジ。
次は男友達と淡雪の番だった。
やはり素人は素人だった。
何回かやりこんでいてだいたいコツを掴んで来た淡雪。
その時よろっと来た。この前の酒が回ってきた。
それでもキューを打つ。
打った球は、勢いを上げながらスポ根のBOWLINGのピンを薙ぎ倒す技みたく球が
ホールに入っていく。
「すいません。もしかしたら酒が残っていて、それの勢いかもしれません。」
淡雪は慶応生に言う。
「これがジャッキー・チェンの映画でしか見た事の無い、酔拳か。」
慶応生は目を丸くしていた。
試合は引き分けに終わった。
帰り際に
「実は私ルームシェアをしてまして、一人は石川県、もう一人は奄美なんですよ。」
とみんなに話したのだが、
垂水出身は、
「大島って言えば種子屋久のずっと先の離島か・・・。」
と言った。
うるま市は
「奄美といえば、自分のイメージからしたら宮古や八重山みたいなイメージがする。」
とぼそっと言った。
沖縄や鹿児島の本土の人間にはわからないのかなと後年淡雪は振り返った。
数日後、淡雪はクラスメートに話したのだけれども、
慶応の学生の出身地に土地勘のある 鹿児島出身の永薗幾は、
「垂水出身の人がいたんだ。垂水といえば鴨池からフェリーがあるけれども あのフェリーは桜島フェリーより便数が無いんだ。」
とか、
沖縄出身の小禄(假名)は、
「うるま市って、沖縄の県央にあるんだよね。昔石川って言われていたけれども・・・ 彼はうるま市のどの集落出身なんだろう。」
とか言う・・・。
それにしても関東においては鹿児島の本土と沖縄の人が南日本は多いのかなと 淡雪は思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

凄い車

2016-08-19 11:41:45 | 逆襲の藤隆
僕の恋人の愛車はかなりすごい。
外見は恐ろしく古いアメ車。エンジンはプジョー製。足まわりとトランスミッションはロシア車から
ふんだくって、マニュアルだ。
「こいつは固い。」
とは彼女は不満を漏らしていたけれども。難無くギア変換をしている。
「本当ならば、アメ車って昔からオートマだったっけ。」
フロントガラス方面を見ながら助手席の僕を見る。
bgmはケルト音楽。
これに最新式のカーナビや音楽を聞くシステムが積まれているから凄い車。
ケルト音楽が終わったと思ったら、レンタル屋で借りて、ダビングしただろう日本人歌手のcdを入れた。
三浦半島の知り合いの軽トラックが羨ましくも可愛く見える。
尾張
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雷門の下で

2016-08-09 19:24:26 | 信・どんど晴れ
中学の修学旅行で浅草の雷門の下に来た時、横手淡雪はぞっとした。
「進学や就職のために東京に来たら、ここにすまざるを得ないのかな。」
偏見かもしれないけれども、雷門のある東京下町は、東北の人間と
相性がよく、彼らに都合のいい東北感を皆に振りまいているようだ。
上野駅が秋田を含めた東北にすぐ行ける状況もあってここにとどまってしまう
ようだ。
居心地の良さを誰かに利用されるぐらいならば、こんなところには住むものか。
みんな嬉しそうに雷門を見るのを見て、淡雪は悲しくなった。
やがて淡雪は高校進学、そして高校を卒業して大学を受験する事になった。
 秋田市内の予備校、
「横手、大船のxx女子大でいいんだな。併願は仙台と札幌の学校か。
まあ、ここがいいなら頑張りなさい。」
と予備校の教師は言う。
「そうですね。自分なりの決意があってここにしましたから悔いもありません。
そして、合格もありそうな気がしてなりません。」
淡雪はそう言い放った。
試験会場は、大船だった。
「ここに入ってやる。」
そして、見事合格。
秋田から神奈川県に行く事になった。
何故かROOMMATEといい、クラスメートに上方訛りともいう言葉が飛び交っている。
カラオケでPerfumeと、浜田省吾とポルノグラフィティが流れて、沖縄出身の
歌手の歌も繰り出す。これが現実なんだ。だが、それがいい。
クラスメートがそういった地域の出身だからだ。
「平松愛理って横手さんだよね。」
さっき広島出身の歌手を歌いまくっていた松山出身の女性だ。
母方が広島市出身で、いつも京都出身の女性とお好み焼きのことで喧嘩している。
いいことなのか、横手淡雪にはいつも難しく考えるけれども。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

たいようとせんりつ_7

2016-07-30 06:28:21 | 逆襲の藤隆
「{ペロペロキャンディ・キャンディ_rebon}ですか。かなりやばいのでは。」
私、ガリベンはまた最近企画を共同展開することが多い女流漫画家
クリスチーネ剛田先生の最新企画のROUGHを拝見することになった。
「ふざけた題名なのに、なぜだかこういうグルメマンガの調理シーンみたいでね。」
画面から、調理器具や煮えたぎる飴が臨場感を醸し出している。ふざけた題名にしては
なんだかすごい。例えるならば仮面ノリダーをやるといって、元ネタ風の東映特撮をやっている
感じだ。
「私は同人時代のふざけた作風と向き合ってどのように数ある真剣なグルメマンガみたいな
企画を展開できるのか。やってみたい。」
私は一瞬考えて
「先生ならば出来る。」
と一言言った。
「私は若い頃、苦しんだ時があったけれども、もしかしたら歴史の大局にのっているのでは
と思うと怖い。」
先生は顔が曇った。
「なんでです。」
私はヒット映画の登場人物みたいにおどけて質問した。
「歴史の大局に乗るということは、やはり地位が脅かされて何らか、自分の存在が
消される事が近くなることね。だから、次はストレートに女性誌向きの
スタンダードな企画を執筆したい。」
と顔が普通になった。
先生は自分が得意なところでは悩みが大きいけれども、苦手でなんともないものには
なぜだか、考えが軽やかになる。もっとも小生の考えだけれども。
「先生が執筆する女性誌向きの作品は私にはどう受け取られるのかな。」
もしかしたら、自分が苦手な作品だと思ったのでふと顔が自分なりに曇った。
「あなたには受け入れられなくてももしかしたら、心が安らかになる作品かも。」
と、自分の持っていた{ペロペロキャンディ・キャンディ_rebon}のラフ原稿を
とった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

たいようとせんりつ_6

2016-07-28 19:09:26 | 逆襲の藤隆
「ぷりぷり県農業中央研究所が県内産の大麻成分の無い麻、
県内産の木綿、他にレーヨンを使って水着用の布の開発に成功。」
私が、横須賀での打ち上げから羽田で飛び乗るようにのったlccの飛行機の
機内で読んだスマホからの記事で、そんなものを目にした。
私の出身は東京都は八王子なのだが、各地の放浪で今はぷりぷり市に
住んでいる。
「水着用の布か。」
私はつぶやいた。
飛行機の中でニュース専門チャンネルのニュース映像を流していた。
「これは出来杉英才博士の研究の賜です。そういえばこの基礎研究の
理論を残してくれた、出来杉博士は奥さんを亡くされたようですが、
私達の研究を知って元気になってほしい。」
とニュース映像の研究所の偉い人は述べていた。
私と接近した劇団のメンバーは
「また、脚本を執筆してくれ」
と言ってくれた。
少し怖いような気もする。でも、今しがた水着用の布を作った人間のように
頑張ってみるか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

たいようとせんりつ_5

2016-07-25 19:36:26 | 逆襲の藤隆
私は、高輪のホテルから劇団が最初に公演を行った場所に向かっている。
ここは、私、ぷりぷり市在住の私が、脚本を執筆した劇団の打ち上げ
がある場所である。なんと横須賀である。
自分自身、追い出されるようにしてぷりぷり市に辿り着き様々な文章を
執筆してきた。くうや食わずの生活で、ずっと端末のキーボードを
叩いてきたのだけれども、まさか、私が住んでいるのとは遠くの
いわき市の劇団が自分の脚本を採用してくれるとは思わなんだ。
劇団の代表が言うには、
「必ずしもあなたの脚本だけが自分の劇団に使うわけではない。」
とは言っていたけれども、自分の仕事を認めてくれたというのは
すごく嬉しい。
「上大岡、上大岡・・。」
そろそろ横須賀に近くなっているかな。横浜駅も通り過ぎたようだ。
打ち上げの時に、私は何を話そうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

たいようとせんりつ_4

2016-07-20 19:51:59 | 逆襲の藤隆
朝岡蓮次は、東横線の横浜方面に行く電車に乗っていた。
中吊り広告が風に揺れている。
現在は、そこまで車が混んでいるわけではない。
ゆらゆら揺れている中で、渋谷のファッションビルの広告に混じって
ある小説アンソロジーの広告が見受けられた。
「ふーん。ゴジラ・ウルトラマン・東映特撮のアンソロジーか・・・。」
こういうアニメ方面では、ベタな定番の演目だ。
「僕も、こういうの嫌いじゃないけれども、ある面ではこういう世界観を
作って、興味ない人への壁になるのはすごく嫌いだ。
一番好きなのはプリキュアと東映特撮だけれどもね。」
蓮次は、歯を食いしばった。
この前何気なしに見ていた映画かドラマでこういうセリフを耳にした。
「プリキュアとか東映特撮みたいな音楽ばかり聞いていると恥ずかしい。
いろいろ聞かないと、面白くないよ。誰もがバランスを取らなければいけない。」
セリフの主は、チャラ男として知られる俳優だったから笑える。
でも、彼の本音だったんじゃないかな。
電車は、武蔵小杉をまだ過ぎたばかりだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

たいようとせんりつ_3

2016-07-17 06:30:48 | 逆襲の藤隆
私、ガリベンは、また違う編集部から特撮企画のアンソロジー小説を書くように
言われていた。
「現在は、ゴジラとウルトラマンと東映特撮のアンソロジーを執筆を
作家の方に依頼しています。」
なるほど、こういった企画では鉄板だなと苦笑する。
「なるほど、どんな人が執筆するのですか?」
編集の人は一瞬考えて、
「現在、ぷりぷり縣在住の作家とか、先日ノーベル文学賞を執筆した作家などが
執筆予定です。ガリベンさんはどうします。」
と言う。
「そうですね。時間をください。」
私は言う。
「あんまり、ベタなウルトラマンや東映特撮の企画は執筆したくはないというか。」
私は自室にこもってそうひとりごとを言った。
こんなものはどうだろうか。
「東映ヒーローとして活躍した男が、故郷の街に戻る。そこにはかつてウルトラ怪獣
として生きてきた老人がいた。それを守る妻。あるとき、グルメレポーターとして
人間として生きてくるウルトラマンがやって来る。妻はウルトラマンが来ることを
拒む。男は葛藤する」
私のキーボードは進んでいた。しかしオチが見つからない。
「これはどうだ。東映ヒーローとして生きてきた男に電話がかかってきて、
先輩が言う。自分の娘が結婚するのだけれどもそれが、相手の母親がショッカー幹部
ということだ。お前はウルトラマンがレポーターとして来ているのならば
それを迎えよ。ということだ・・。」
ふと考えて・・。これでいいのかな
コメント
この記事をはてなブックマークに追加