ブルーシャムロック

此処はtomohiroのオリジナル小説サイトです。
小説主体ですので、小説に興味の無い
人は、退出下さい。

新作を発表するのだが

2016-11-29 10:04:49 | 逆襲の藤隆
「どんど晴れthe_origin」という漫画が、ヤングコロコロという漫画雑誌で発表されることに決まった。
それに対して、永遠のライバル「ヤングボンボン」において「まれ改」という漫画が連載が発表された
「どんど晴れ」の側は作画がクリスチーネ剛田氏、「まれ」の方は、脚本に通称ガリベンと言われる
作家が担当することになった。コンセプトとしては、どこまで原作の不評を買ったドラマを改造するかという
ことである。もともと舞台であった横浜をやめて、おそらく原作のスタッフがモチベーションを上げたかもしれない
場所に変更するということなのだが、「どんど晴れ」の側は舞台が、豪徳寺に移し替えられ、
神戸出身で、両親が彦根出身の女性パテシエが原作キャラの分身として振る舞うエピソードまで出来上がっていた。
「それにしても決まらないなぁ。」
紀尾井坂のある喫茶店で、クリスチーネ剛田氏とガリベン氏が、お互いの作品のことを話していたのだが、
「まれ」の方のガリベン氏だった。
「舞台を大森蒲田界隈にするか、国立・聖蹟桜ヶ丘界隈にするかで作画の人と難航している。」
クリスチーネ剛田氏が、
「どうもそうみたいね。展開する展開すると言いながら、なかなか連載が始まらないんだもん。」
と口をとがらせる。
「ああ。」
ガリベン氏はそう言うしかない。
「まあ、自分の脚本もふたとおり使っているから、作画の人が納得すれば・・。」
と分厚いノートを見せた。
「未完の作品になるかもしれないね。」
クリスチーネ剛田氏は非肉を言うのだが、
「まあ、最終回まで自分は書ききってみせる。」
とガリベン氏は言う。
さて、結着は。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

13月のボーラック_2

2016-11-25 12:54:10 | 逆襲の藤隆
「出来杉くん、復は君の奥さんになった人を幸せに出来たかどうも疑問なんだよね。
僕自身ダメ男で、もしかしたら君の奥さんと君に憐れみをもらって生きてきたように思うんだ。
君はyy(奥さんの名前)は、私の母になってくれたかもしれない女性だとは言わないよね。
強い男だから。」
この言葉は、先日の物語で話した男が出来杉の奥さんの葬儀で吐いた言葉らしい。
そして、彼はつづけた。
「君には言わないけれども、君と君の奥さんを乗り越えるに余りある巨大な出来事があって
それで遮二無二に頑張ってきた。ある時、君は僕をほめたよね。僕はそこまで嬉しくもないし、
君を乗り越えたカタルシスも感じなかった。それのために自分は感じない強さを感じたのだろう。
僕は君を乗り越えた。次は義戦を掲げる姿なき挑戦者と戦う時だな。」
彼はそう言って去っていった。
私自身は、彼に絡んで、出来杉英才の力を感じたが、これからどうするのかな。
(また、気が向いたら書くかもしれない。)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

13月のボーラック_1

2016-11-18 15:28:54 | 逆襲の藤隆
著名な科学者出来杉英才博士の奥さんが急逝した時、男は現れた。
かつて、彼のなくなった奥さんとその奥さんを争った男らしい。
彼は、奥さんに花を手向け、表情を變えずに、出来杉本人にこう言った。
「出来杉君、奥さんが亡くなったのはつくづく残念だよ。僕が傷ついているかって。
残念だけれども、僕はそれほどだよ。亡くなった奥さんに関していえば、
まず彼女を、乗り越えなければ君を乗り越えられないと思ったからだ。
君には言わないけれども、君も奥さんも乗り越えなければいけないことに出会って
僕は自分の道を歩むことを余儀なくされたんだ。
僕は気持ちが楽だよ。君の奥さんだった人は僕には必要なかったんだ。
君の奥さんを狙った人は、きっと君と戦いたいんだよ。だから
奥さんに手をつけて、君が出てくるのを待っているんだよ。
その時は、君が自らの力で、彼を叩きのめすことを余儀なくさせるかもね。
そして、正体を表した、挑戦者と決死の鬪爭をすることになる。
それが、君に考える時間を与えるかもしれない。」
と言って、彼は去っていった。
その時出来杉博士の顔は伝わっていない。彼が怒りを表にしたのか
動揺したのかは、わからない。「彼」はそれを狙って出来杉を挑発した可能性もある。
(続くかもしれない。)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

上京するわけ

2016-11-11 09:27:11 | 信・どんど晴れ
私は、周りの人が東京・都会に憧れ上京する考えがわかなかった。
だって、私の近所の人々がいざ上京してみたものの、夢破れて東北人御用達の
上野駅周辺地方にとどまっている人ばかりだからだ。
「上京するとダメな人間はクラブなんて行けず上野駅周辺地方に閉じ込められる。」
というイメージがたくさんあるからだ。
高校三年の秋のこと。
私が通っている秋田市内の予備校で、クラスメートの郡部出身で今は秋田市内の
私が在籍している高校とは別の高校に進学した女の子が、
「私は都会の大学に在籍して、クラブとかに行くんだ。」
とか言っていた。
「そんな都会に憧れていると、上野駅周辺地方に泣く泣く住む事になる。」
と言ってやったけれども、
「えー。上野とか下町とかダサい。」
とか言ったけれども。
同じクラスの女の子が
「横手さんはどうしたいの。」
とは言う。
「私は高校の同級生にも言っているけれども、中学の修学旅行に行った
横浜か鎌倉に住むために上京する。」
という。
「ふーん。遠くない。」
と女の子は言う。
「私にとって關東は北海道も近畿圏も仙臺も同じだよ。
yy さん ( 女の子の名前 ) 私の第二志望は同志社だよ。」
と女の子に尋ねる。
「ふーん。私の第一志望は日本女子大だよ。」
と女の子は言う。
「 felys はないの。」
私は女の子に返した
女の子は言う言葉がなかった。
その後、彼女は日本女子大に決定し、私は大船の女子大に決まった。
まさか、この日本女子大に、高校時代全国女子高生料理対決で雌雄を決した彦根出身の女も
在籍しているとは思わなんだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

台風の少し前

2016-11-01 10:40:31 | 潮風の櫻
「今日も異常なし・・・。」
私の搭乗するヘリコプターの僚官であるコーパイは言う。
3.11以降、新しく入ってきたHELICOPTERで、海難救助に赴いている。
私は航空自衛隊の松島基地に所属するヘリコプターのパイロットである。
あの時は何もできなかったけれども、私は挽回するつもりで、自分の業務をこなしている
整備の人もそうだろう。
少し前のtvで自分たちが避難する人を救助しなかったことを詰る画面をtvに映すように支持したのは
公報の空井という人だった。
彼も我々現場の人間と同じなんだなと、私は同感した。
3.11も過ぎ、そして岩手県に悪名高い台風10号がやって来た。
我々も出動するかもしれないと思って構えていた。
我々には出動が降りなかった。
「北三陸市の近くだ。」
tvを見ると被害があった岩泉町の隣に海に面した北三陸市という地名がある。
「空井2尉、北三陸市に誰がいるんだ。」
私は空井に聞いてみる。
「私の知り合いが北三陸市にいるんです。彼らが無事か・・。」
私はこう切り返す。
「もし、出動することがあればヘリコプターで様子を見てくるよ。」
私は笑っていた。
2週間したあと、空井2尉は北三陸市に赴いたことが彼のsnsで伝えられていた。
彼の行きつけの店、スナックリアスでらしい。
「この後、空井さんのところが救助に来たらよかったのにと言われました。」
とそこには書かれていた。
まあ、自分や空井が所属している場所がそういうところじゃないからね。
おわり
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

てんくろう

2016-10-28 16:39:51 | ポケモワール學園異聞
「しかし、わからねぇ。この連判状のやつらはなぬをするか。」
通称丹後守、本名石動八郎太は不可解な名前をみて首を傾げた
この岩で出来たもの、いささか頭が足りぬが力がある。
丹後守という名前だからそれなりに貴族様なのだろう。
「まぁ。噂に聞く人間狩りの連中でであろう。」
泥足兵部、通称苦右衛門は、細い足で立ち上がった。
「俺にはそもそも、人間という生き物が分からぬ。」
八郎太は首を傾げる。
「どこぞの国では、エルフやドワーフとは殺し合いをするらしいぞ。」
幼い頃読んだ書物で、わしノンナは、二人を見た。
「エルフやドワーフと言ったら、遠い国のいきのものか。彼らと喧嘩をしているのか。」
苦右衛門は困っているようだった。
「人間狩りをする連中を止めるべきなのだろうか。」
ワシ自身、言葉が出ないのだ。
「俺だったらぶちのめしたいところだけれども、そんなことを言うとまた単細胞と言われる。」
丹後守は苦笑いをしていた。
「果たして遠い国では、人間だけが住んでいるのか。それともワシらみたいな異種族だけなのか。」
兵部は、私に書を読んでいる自らのことを試すように言う。
「別の国では、エルフやドワーフとホビットと人間などが共存して暮らしていて
彼らの国の国王も種族として持ち回りらしいが、種族同士の争いも耐えぬらしいが
それでも、うまくやっているらしい。」
私は書にかかれていることを客観的に述べた。
「その国だけではなかろう。」
兵部がいう。
「まあそうであろうな。わしとて世界の一部だけしか見えないから。」
すると、わしらが住んでいる部屋に大鴉が入って来る。
「ノンナ様、Origa様のかよっているがっこうがたいへんじゃぁー。」
私は声を上げた
「てんくろう。」
兵部が
「なにやつじゃぁ。それしにても空飛ぶ駝鳥というべきか」
という
「うむ。我がナズーリン家に代々仕える大鴉じゃ。離れて暮らす家族の情報を
伝えるのだ。」
とワシが言うと、
「鳩よりカラスのほうが面白いズラ。」
と、丹後守が言う。
「これ、丹後守、言葉を慎め。」
と兵部が目配せをする。
「ポケモワール学園の周辺で人間狩りをする総大将が挙兵したそうだ。」
とてんくろうが言う。
「それにしても各地でなにをしているのか。」
わしに、
二人は落ち着いているようだった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

へそ曲がりとハッタリをカマす。

2016-10-18 11:15:35 | 信・どんど晴れ
「安心してください。私は一級のへそ曲がりゆえ。」
私、横手淡雪は宮城県出身の担当教官に言ってみせた。
自分のクラスの人間が東北の人間がおらず、大井川より西の人間や、
沖縄の人間ばかりなのを心配しているらしい。
「東北の人間がクラスにいないならば、それは仕方がないことです。」
私は教官殿に聞かされたクラスのリストを見せられていった。
「私は上野駅の周りを避けて大船に来たんですよ。上野駅から比べて東北の人が行きたがらないのは
私にとっては願ったりかなったり。」
と自信持って笑っていたのだけれども、教官殿の顔は引きつっていた。
「言い過ぎました。この大船の女子校で面白くやっていくつもりです。」
私と教官殿はクラスまで進んでいった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

傘連判状

2016-10-14 10:14:53 | ポケモワール學園異聞
「これは、傘連判状だな。」
わし、ノンナと名乗るおなごは和紙製の書状を見て思った。
傘連判状には
黄金千貫
ホワイトジンデンファル
ピノ・ノワール
山田錦
ストリチナヤ
オルメカ
グレンフィディック
と書かれていた
「おそらくは、コイツ等が与力か同心だ。」
大柄のROOMMATEが言う。
「枠外のムグザニとツィナンダリが怪しいとは思っているけれども。」
痩せぎすの別なROOMMATEの言葉だ。
「もしかしたらなんとか評議会を揺るがす何かか。」
わしは、二人に言う。
「さあ。」
二人は顔を見合わせたが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

住宅地の中の画廊

2016-09-30 10:03:35 | 逆襲の藤隆
「よく来てきてくれたね。」
画伯は、暖かく迎えてくれた。 lccを降りた私は、インターネットの情報を頼りに、電車を乗り換え乗り換えして 名古屋市内を走行する
インターアーバンの路線を降り、 住宅地の駅で降りた。
私、ガリベンは、かつてインターネットで知り合った人間が、現在名古屋にいる 事を発見。彼は名古屋で発信している雑誌でイラストを掲載していて、その他、自分で 絵を描いている事をスマホで知った。
「インターネットの情報でここに来たんだ。」
私はそういう。
「まあ、見てのとおりだ。」
額縁に入った絵は、名古屋の雑誌に掲載されている絵のほか、犬や猫の絵がたくさんある。
彼に尋ねると、よくわからないマニアックな犬や猫の種類の談義になる。
「はぁ。」
私は半信半疑でそれを聞く。
「パロディ精神が薄い。」
私はひとこという。
「昔のように、東北や台湾のことでごちゃごちゃ言われたくないからね。」
彼は口を歪めた。
「だけれども、ユートピアは求めてはいけないかな。」
私は言う。
「確かにね。」
彼も言う。
彼は現地の人と話しているので、お暇しよう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初めての朝は

2016-09-23 19:30:16 | 信・どんど晴れ
大学に入学直前。
私は、ひょんな事から神奈川県にある大学に進学し、その神奈川県の釜利谷駅近くの
シェアハウスに他学の女子学生と住むことになった。
一人は秋田出身の人と、もう一人は石川出身の人だ。
聞くところによると、雪国の人は、冬雪が降っていたとしても、時間厳守することが
多いらしい。だから、南国だから時間を守らないって思われたくない。
関東に多い、沖縄の人のやり方だろう。どうも奄美の人は関東には多くないからな。
奄美が雪国の人に違うところを見せてやろうかなと思っている。
基本的に、奄美の人は勉強熱心で、炎天下でも時間を守る傾向があるが、なんでそれが関東では理解されないのか。
秋田出身のROOMMATEが言うように、東北に優しい場所が関東にあるからなのでは。
或いは鹿児島の本土の人や、沖縄の人が器用なのか。
關東について思うけれどもやたらそれが目立つ。大学の近くの酒屋さんには鹿児島の本土の芋焼酎、
パチンコ屋のポスターにはやたらとシーサーが目立つ。
でも、東北の人が関東に多いって、父が出入りしている料理屋で読んだ週刊誌で読んだけれども、
この土地ではそれをあまり感じてはいないようだ。
でも、父が大好きで歌っていた曲が「ああ、上野駅」と言う曲がある。なんで上野駅なんだろう。
ここは、私が個人的に憧れている下町の一部だ。
私はよくわからないけれども、あの曲の内容東北から関東に来た人の話だった。
私が今度住むことになった秋田出身のROOMMATEに関連があるような。
今度彼女に話してみよう。
目覚しをセットして、私はROOMMATEたちより早く起きる。
「ねぇ。明日は八景島シーパラダイスに行くんだっけ。」
そういったメールをROOMMATEたちに送る。
八景島シーパラダイスはどちらかといえば釜利谷駅より泥龜駅のほうが近いという。
「泥亀駅近くに、三浦金沢市立図書館がある。」
石川出身のROOMMATEに秋田出身のROOMMATEに画面を見せていた。
「ふーん。」
秋田出身の女性はそっけないことを言う。
「いろいろ借りたら、面白いからね。」
石川出身の女性は嬉しそうだった。
彼女が上京した時手にしていたのは可児才蔵という武将の本だった。
「この小説の主人公って、確か高校時代のクラスメートが好きだった漫画に出てきた人だったね。」
うろ覚えだが、こういうことを秋田出身の女性がいたのを覚えていた。
次の朝、みんなより30分早く起きた。
「おはよう。」
二人に挨拶した。
「えっ。」
二人はびっくりしていた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加