ブルーシャムロック

此処はtomohiroのオリジナル小説サイトです。
小説主体ですので、小説に興味の無い
人は、退出下さい。

一人にとっての大好物は他の人の普通かもしれない。

2016-06-24 11:11:24 | 信・どんど晴れ
私、松本佳奈の友人の一人、井手盈健一郎(ideura_kennichirou)
という男がいる。
彼は調布出身で、自分のルーツである岩手に誇りを持っているが、
しかし、彼の出身と同じ県である下町とは岩手・東北感は
考えは一線を画している。
「僕の、生まれ育った調布のマンションでは、隣の部屋が雲伯地方出身の
夫婦がデザインの個人事務所を開いていた。
え、雲伯地方ってどこにあるか知らないの?松江や大山、米子あたりがある
鳥取県と島根県にまたがる地域さ。」
私が馬鹿だからわからないという感じで愛想笑いをすると、それなりに
怒ることが多かった。
「自分のルーツが岩手にあって、隣の部屋の夫婦が大井川より西にある。
お互いがお互いバランスを取らなければいけないと思うことが
大学に入学した今年までずっと思っている。」
彼の口癖である。
「私は、関東は東北の人間が沢山住んでいると思っていたから・・。」
井手盈氏は一旦考え、
「そうだねぇ。でも、調布のような状況がある一方で
浅草・深川・上野のように、元々の成立した状況を忘れて、
ある一定の時期に起きた出来事に陶酔している場所だってある。
そこは、僕のルーツである岩手にやさしいけれども、他の場所に対しては
冷徹に徹している。彼らが敵視する存在が避けるのも言うに不及、
岩手を含めた地域を意地になって守ろうとしているようにも思える。」
という。
「私は奄美から上京するまで誰も言わなかった。あそこは安らぎの場所
だと言われいたから。」
私は言う。
「君も進学で上京してわかっただろう。誰も話したくないことがどの場所、
どの地域にもあるんだ。裏で大好物を押し付けてのうのうとしている
奴らがいるんだ。」
私は、意見を飲み込んだ。自分の周りにはここにくるひとがいないから
関東の姿は、誰もわからないのだ。
「確か、私が在籍している大学のある場所は、それほど東北出身者が、
浅草・深川・上野ほど多くなくて、彼らに足元を見られていると
地元出身の人たちが言うよね。それは、井手盈君はどう思うの。」
私は言う。
「ああ。だから、浅草・深川・上野に反抗するんだ。」
井手盈君はまるで、あめ玉と苦いものを一緒に食べたような表情で
笑っていた。
「下町と神奈川県のこの場所はいろいろなことで違うんだな。」
と口を尖らせた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

野望の、一歩手前

2016-06-13 16:47:04 | 信・どんど晴れ
「環(女将の本名)、加計呂麻島から一人女性を引っ張ってきた というじゃないか。そ
れにしても旅館の仕事をしたいわけじゃないのに
こういった娘を連れてくるのはいけないんじゃないか。」
社長と名乗る女将の夫が女将のしたことに眉をひそめた。
「そうですねぇ。あの子は使える。今君
臨している大女将は 長男の息子である、柾樹に拘っている。何ができるわけじゃない。」
「そうだなぁ。本来ならば加賀美屋は兄夫婦が継ぐ予定だったのだ。 でも、兄貴は大阪に失踪し
たっきり帰ってこない。で、残された 義姉さんも兄貴がいなくなったらすぐ亡くなったし・・。 それに残され
た義姉さんも柾樹くんを加賀美屋から遠ざけたい 感じだった。よく彼を怒っていたな。全く関係ないとき
に 柾樹君がミスをしたら、気になることをいちいち怒っていた。」
社長はためいきをついた。「そうです
ねぇ。柾樹さんだけれども、東京の大学を卒業して、今 横浜のホテルに就職しているのですよねぇ。」
社長はニヤニヤしていた。それを見ていた女将はいささか表情を曇らせつつ
「ああ。俺のスマホにメールが来たけれども付き合っていた女性に プロポーズしたんだって
さ。」
それを見ていた女将はいささか表情を曇らせつつ
「まあ、幸せそうでなり
より。横浜でこの写真の女の子と幸せな家庭を 過ごせたらいいのにね。」
女将は心配した。
「そういえ
ば、この前言っていたよね新一の嫁さんの恵美子さん、 実家に返したほうがいいって。」
社長はショッキ
ングな事を言った妻を見た。彼女は自分の珠盤のためには
誰かを犠牲にすることを厭わない人だからだ。
「彼女は、徳之島にいるよりは
小田原にいたほうが羽ばたける人だと 思うのです。なにも加賀美屋の
仕事を手伝わず専業主婦みたいなことをしている彼女は、
島ではあまり評判のいい人ではない。 彼女には帰ってもらう代わりに、
佳奈をここで働くことを許してもらえませんか。」
いつも気丈な妻が自分にそ
う懇願するのは、何かあってのことだろうと 社長は思った。
「分かった。私は見てみぬふりをしよう。」
社長はそういった。 運命の歯車は回りだしていた。
おわり
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小禄さんの言葉

2016-05-30 11:51:08 | 信・どんど晴れ
こんにちは、横手さんはじめまして。
沖縄県出身の小禄と言います。鹿児島の人もいるんだね。
このクラスに東北出身の子って、あなた一人なんだね。
えっ。今ルームシェアしていてRoommateが加計呂麻島出身の他学の子と
住んでいるんだ。加計呂麻島って、どんな島なんだろう。
雰囲気としては両親の出身地の宮古島みたいな場所なんだろうね。
奄美の事はわからないけれども、不思議な子と一緒になったんだね。
今は鎌倉に住んでいるけれども、鶴見に親戚がいるよ。
えっ。島と関西に住むのが嫌いだから関東のココらへんに来たわけ。
関東に出るのも関西に出るのも同じだと思うけれども、そんなに関西って奄美の人って
多いの?なんだかわからないよ。えっ。横手さんも上野駅周辺が嫌いなんだ・・・。
そこには東北の人ばかり住んでいて、なんだか縛り付けられるのが怖いのか。
上野駅周辺の事は漫画でしか知らない。
えっ。その加計呂麻島の女の子、そこに憧れているんだ・・・。
漫画のようには行かないと思うけれどもね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

永薗幾の言葉。

2016-05-29 06:29:12 | 信・どんど晴れ
はじめまして。私は永薗幾という名前である。
お見知りおきを。
鹿児島県出身である。鹿児島の市電の終着駅である
谷山の出身である。私も進学のため上京して来たけれども貴殿の出身地である
秋田など、東北の人間と知り合うのはまあありそうだなと思っている。
これから4年間もしかしたら、一緒だなとか考えていた。
えっ。加計呂麻島出身の女性とルームシェアをしているのか。
たしか種子屋久の更に南か。そういえばクラスに沖縄の人もいるようだが、
そこの中間か。なんでも、島と関西が嫌いで関東の今在学している大学に進学してきたの
か。
なんとも面白いというかなんというか。関東に行くにも関西に行くにも同じか・・。
えっ。横手さんは、下町にとどまるのがいやで神奈川県は大船の学校に来たのか。
まあ、彼女も貴殿も同じようだな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

泣き腫らした夜

2016-05-11 17:44:12 | 逆襲の藤隆
僕、朝岡蓮次が泣いたのは小学校の卒業式前日だった。
好きだった女の子にふられたからだ。
彼女の言葉はあまりにもひどかったので覚えていない。
しかし、うろ覚えながら、
「私は多忙だから、自分のペースじゃないと動けない。」
というのは覚えているんだ。
自分はしつこい性格だから、好きな人になんでもアタックしすぎる。
だから、彼女も自分には辟易していたんだと思う。
だから、自分のことを言われて泣き腫した。
この立ち上がれない態度を持って、なぜだか中学校の入学式に望んだ。
その時、平賀知世、君と出会った。
ねぇ。知世。笑わないでよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

助手席の女性

2016-04-27 18:26:34 | 逆襲の藤隆
「それにしても、ワクワクしています。」
私、平賀知世はある女性を助手席に乗せている。
今日は、{先生}と呼ばれる男性の家にあるものを届けに行った帰りだった。
そのなかで、先生のゼミ生だろうか。一人の女性が横浜の自宅に行く事になった。
「本当にスキタイ人の資料が読めるんでしょうか。」
私は一瞬考えて
「えっ。そうですね。」
と簡単に返した。
わからない人に簡単に話しておくが、スキタイ人というのは古代ギリシャなどの文献に出てくる
騎馬遊牧民族である。元々は{先生}はCeltが専攻で、スキタイ人はそこまで知らないのだ。
「{先生}が少しうんざりするような顔であなたのことを見ていましたが。」
私はハンドルを握りつつ、女性の方を見た。
「私も軽率だと思ったのですが、私も先生の魅力に引かれて先生のゼミ生なったのです。
本来の専攻がスキタイ人なのは私の母方の祖母がウクライナ人の考古学者で、祖母の専攻である
スキタイ人に関心を持ったのです。」
と女性は答える。
「ukraineでしたら、スキタイ人の遺跡も多いですよね。」
私もそう答えた。
私もこういうのは嫌いではないが、考古学・歴史学が専攻ではない私にはなには別なことにこだわっている
人というぐらいに感じる。
「私の養父は{先生}の共同研究者でね。イギリスにいるときに養父と知り合ったんですよ。」
私は女性に、素っ頓狂なのは承知で言う。
「そうか。だからかぁ・・・。」
女性は答えた。
横浜に近づくに連れ朝焼けが綺麗になっていく。
おわり
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

かなりわがままな送り出し

2016-04-11 16:50:26 | 信・どんど晴れ
貴殿らが、小田原に行くようだけれども、私は少々羨ましい。
貴殿らのおばば様の命に従い、ある意味なくなくこの島と加賀美屋にとどまる
私はココだけの話、島も嫌いだったし、島を離れて猫も杓子も行く大阪・関西も嫌いだった。
だから、小田原と同じ神奈川県の学校に進学できると思ったら、そこに進学を決めた。
シェアハウスという形で、住む場所にも恵まれた。
誰も邪魔しない關東にとは思ったけれども、関東は結構厳しかった。
やたらと鹿児島本土と沖縄の人間ばかり幅を利かせて、奄美の人間はそれほどいない。
奄美の情報はあるけれども、南日本というと沖縄や鹿児島の本土の情報が優先されている
感じ。生活していて、芋焼酎や泡盛は多くて、南日本のイメージでは桜島とシーサーばっかり描かれている
関東には東北の人が多いように思うけれども、私が住んでいた神奈川県の街は新潟や石川・富山の人間、
あるいは沖縄出身者の方が多いと、浅草・深川・上野あたりより多いと思われているようだった。
この前みた遠州と深川を合わせた映画があったけれどもあれは出鱈目だ。
深川は誰にでもやさしい訳じゃない。東北の人間に
べたべたしすぎる。
そこら辺の空気が嫌で神奈川県のルームシェアしていた秋田出身の
Roommateがそう言っていた。
それでも小田原に行くんだったら、それはいい。冷静に考えて横浜にも新宿にも電車一本だ。
神奈川県に住んでいた私が言うからお前ら大丈夫だ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

城ヶ島に写真を撮影に行くぞ

2016-03-23 06:06:49 | 逆襲の藤隆
「ここの崖は危ないけれども鳥が沢山いるね。」
朝岡蓮次はそれほど鳥に詳しくない。
だけれども、三浦半島の先にある城ヶ島の風景は個性的で気に入っている。
「あんまり突っ伏して落ちないで。」
朝岡蓮次の恋人平賀知世は言う。
「まぁ。大丈夫だよ。それよりも君の取りたい写真は見つかったかい ? 」
浩一郎は知世に聞いてみる。
「まぁね。」
蓮次はあまり彼女が風景とか動物に関心がないことを知っている。
「まあ、私が関心があるのは本土と結ぶ橋の袂の漁師さんとか雑貨屋のおばさんかな。」
知世が言う。
「それだったら君の考える人物写真が撮れるね。」
蓮次は、崖の海鳥を凝視していた。鳥達は群がり人間なんてバカにするように岩に張り付き飛び立つ。
「蓮次君、シャッターチャンス。」
知世が声を上げる。蓮次は重い一眼レフを手に取りシャッターを着る。
デジカメだったので、撮影されている状況を確認した。海鳥は魚を捕食していた。
「よし。次は私かな。」
蓮次と知世は城ヶ島の漁港に来ていた。漁船が港に帰ってきたようだった。船長が誇らしげに
いる。
「よしっ。」
知世もシャッターを押した。
隠れたところから船長の表情が撮れていた。
「次も行くか。」
蓮次と知世は二人で写真を撮りまくる。
するとその時、
「わかりました。海水浴場に行きます。」
知世のスマホに電話が入ってきた。
「そろそろ海水浴場に赴きますか。」
蓮次がそれを促す。
知世が
「運転、今回は私がするね。」
と車のキーを蓮次から取り上げる。
「さてと、間に合いますかね。」
助手席に座った蓮次はパートナーのハンドルを握り、何か切羽詰まった表情を見た。
「うん。」
蓮次の表情はなんとも言えない感じだった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

料金所待ち

2016-03-22 08:54:36 | 逆襲の藤隆
「もう、料金所だね。」
朝岡蓮次は助手席に座っている平賀知世に話しかけた。
後部座席には、遊びに来た日下部浩一郎と柿沼萌美が座っている。
今日、訪れた場所は横浜から高速を使っていく神奈川県の
県央地域にあるダム湖だった。後部座席に座っている
二人が楽しみにしている水泳場はなかったけれども。
「いい写真が撮れた ? 」
浩一郎君が蓮次に言う。
「どうだろうね。」
蓮次はそう返した。
助手席の知世が苦笑している。
程なくして数分して、 etc の現場までやって来る。
「通過しました。」
機械的な女性の声が聞こえる。
ゲートを通過したあとラジオからは桜の開花情報が聞こえてきた。
「まだ桜には早かったみたいね。」
萌美も少し残念そうにつぶやいた。
「また、来ればいいじゃない。」
知世もそう言う。
「三人を下ろしたら、僕は東横沿線の場所に歸るとしよう。」
と、蓮次はハンドルを握った。
おわり
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

相模原から、吉野町。

2016-02-26 12:59:06 | 逆襲の藤隆
「ふぅ。」
私は相模原から、吉野町に向かう保土ヶ谷バイパスを通りながら、
考えていた。
「それにしても、この車のおかしなことと言ったら。」
外見は、恐ろしく古い、アメ車である。キューバから輸入されたと言う。
エンジンがプジョーだかRenault、Citronのエンジンを積んでいるらしく、
アメ車より日本車に近い感じである。
トランスミッションが、ロシアのそれを流用しているらしく、マニュアルだ。
「アメ車でマニュアル」
というのは、聞いたことがないが、キューバのセンスなのだろう。
私の名前は、平賀知世と言う。
大学の友人をその人の自宅まで送り返したあと、自宅まで運転してきて
なんだか知らないけれども、恥ずかしい。外車だったら最新鋭の
プジョーだかRenault、Citronのほうがいいなとか思っていた。
車が吉野町近くまで差し掛かった時、自分の車のそばに近づく車が。
なんと、恋人朝岡蓮次の愛車Volvo。クラクションを鳴らしてくる。
お互いの車が停車したらどうなるのだろうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加