ブルーシャムロック

此処はtomohiroのオリジナル小説サイトです。
小説主体ですので、小説に興味の無い
人は、退出下さい。

たいようとせんりつ_6

2016-07-28 19:09:26 | 逆襲の藤隆
「ぷりぷり県農業中央研究所が県内産の大麻成分の無い麻、
県内産の木綿、他にレーヨンを使って水着用の布の開発に成功。」
私が、横須賀での打ち上げから羽田で飛び乗るようにのったlccの飛行機の
機内で読んだスマホからの記事で、そんなものを目にした。
私の出身は東京都は八王子なのだが、各地の放浪で今はぷりぷり市に
住んでいる。
「水着用の布か。」
私はつぶやいた。
飛行機の中でニュース専門チャンネルのニュース映像を流していた。
「これは出来杉英才博士の研究の賜です。そういえばこの基礎研究の
理論を残してくれた、出来杉博士は奥さんを亡くされたようですが、
私達の研究を知って元気になってほしい。」
とニュース映像の研究所の偉い人は述べていた。
私と接近した劇団のメンバーは
「また、脚本を執筆してくれ」
と言ってくれた。
少し怖いような気もする。でも、今しがた水着用の布を作った人間のように
頑張ってみるか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

たいようとせんりつ_5

2016-07-25 19:36:26 | 逆襲の藤隆
私は、高輪のホテルから劇団が最初に公演を行った場所に向かっている。
ここは、私、ぷりぷり市在住の私が、脚本を執筆した劇団の打ち上げ
がある場所である。なんと横須賀である。
自分自身、追い出されるようにしてぷりぷり市に辿り着き様々な文章を
執筆してきた。くうや食わずの生活で、ずっと端末のキーボードを
叩いてきたのだけれども、まさか、私が住んでいるのとは遠くの
いわき市の劇団が自分の脚本を採用してくれるとは思わなんだ。
劇団の代表が言うには、
「必ずしもあなたの脚本だけが自分の劇団に使うわけではない。」
とは言っていたけれども、自分の仕事を認めてくれたというのは
すごく嬉しい。
「上大岡、上大岡・・。」
そろそろ横須賀に近くなっているかな。横浜駅も通り過ぎたようだ。
打ち上げの時に、私は何を話そうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

たいようとせんりつ_4

2016-07-20 19:51:59 | 逆襲の藤隆
朝岡蓮次は、東横線の横浜方面に行く電車に乗っていた。
中吊り広告が風に揺れている。
現在は、そこまで車が混んでいるわけではない。
ゆらゆら揺れている中で、渋谷のファッションビルの広告に混じって
ある小説アンソロジーの広告が見受けられた。
「ふーん。ゴジラ・ウルトラマン・東映特撮のアンソロジーか・・・。」
こういうアニメ方面では、ベタな定番の演目だ。
「僕も、こういうの嫌いじゃないけれども、ある面ではこういう世界観を
作って、興味ない人への壁になるのはすごく嫌いだ。
一番好きなのはプリキュアと東映特撮だけれどもね。」
蓮次は、歯を食いしばった。
この前何気なしに見ていた映画かドラマでこういうセリフを耳にした。
「プリキュアとか東映特撮みたいな音楽ばかり聞いていると恥ずかしい。
いろいろ聞かないと、面白くないよ。誰もがバランスを取らなければいけない。」
セリフの主は、チャラ男として知られる俳優だったから笑える。
でも、彼の本音だったんじゃないかな。
電車は、武蔵小杉をまだ過ぎたばかりだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

たいようとせんりつ_3

2016-07-17 06:30:48 | 逆襲の藤隆
私、ガリベンは、また違う編集部から特撮企画のアンソロジー小説を書くように
言われていた。
「現在は、ゴジラとウルトラマンと東映特撮のアンソロジーを執筆を
作家の方に依頼しています。」
なるほど、こういった企画では鉄板だなと苦笑する。
「なるほど、どんな人が執筆するのですか?」
編集の人は一瞬考えて、
「現在、ぷりぷり縣在住の作家とか、先日ノーベル文学賞を執筆した作家などが
執筆予定です。ガリベンさんはどうします。」
と言う。
「そうですね。時間をください。」
私は言う。
「あんまり、ベタなウルトラマンや東映特撮の企画は執筆したくはないというか。」
私は自室にこもってそうひとりごとを言った。
こんなものはどうだろうか。
「東映ヒーローとして活躍した男が、故郷の街に戻る。そこにはかつてウルトラ怪獣
として生きてきた老人がいた。それを守る妻。あるとき、グルメレポーターとして
人間として生きてくるウルトラマンがやって来る。妻はウルトラマンが来ることを
拒む。男は葛藤する」
私のキーボードは進んでいた。しかしオチが見つからない。
「これはどうだ。東映ヒーローとして生きてきた男に電話がかかってきて、
先輩が言う。自分の娘が結婚するのだけれどもそれが、相手の母親がショッカー幹部
ということだ。お前はウルトラマンがレポーターとして来ているのならば
それを迎えよ。ということだ・・。」
ふと考えて・・。これでいいのかな
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

たいようとせんりつ _2

2016-07-12 14:42:53 | 逆襲の藤隆
「深草護先生、こんな戯曲を書くなよ。」
私がいつも執筆している文芸誌の編集者と電車で移動している時に
私通称ガリベンは発見してしまった。
「ドイナカダンサーズ」
という題名なのだが、この演劇の脚本を執筆した深草護先生は、
私が大学生時代から私淑する劇作家である。
スマホで「ドイナカダンサーズ」と検索するとこの舞台を見た人は言う。
「自分が住んでいる埼玉を自虐的に描くだけじゃなくてさり気なく茨城を揶揄するネタを入れるなんて。」
と見ていた人は半ば呆れていた。
出演者はアイドル上がりの三枝建と、特撮出身の秋元喜重郎らしい。
キャストよりも、彼らにこんな脚本をあてがう深草先生のほうが恥も外聞も内容に思う。
「私も学生時代色々小説を書いたけれども、中吊りの舞台みたいな内容の物語は書かなかったです。」
一緒に電車に乗り込んだ担当さんも言う。
「ただ、この脚本が深草護が執筆したことが一種の波紋だな。」
私はそういった。クリスチーネ剛田先生然り、その他の人然り、真面目な作品を書かないとなぁ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

たいようとせんりつ_1

2016-07-09 19:56:16 | 逆襲の藤隆
私は、小学生時代ガリベンくんと言われた男である。
自慢ではないが、一流大学をでて、そのまま理系の研究員として
働いていたが、急に小説を書きたくなった。
まぐれだったのだろうか。そのまま小説家デビュー。
で、人気漫画家クリスチーネ剛田氏とコラボをすることになった。
題名が「信・あんころ餠ストーリーズ 」題名はクリスチーネ先生が
同人時代ふざけて執筆した漫画からとった。
「今回の小説はふざけた物語は執筆しない。あんころ餠のなかに
和菓子の真実を見つけた女性職人の話よ。」
と彼女は言う。
「はぁ。」
彼女が同人時代からデビュー間もない頃の漫画は乙女チックだったけれども
近年アッティラや徳川家康と言った人間に取材した作品を上梓して以降
人間のエグさに興味を持ってきたようだ。そして私とコラボ。
「あのー、ガリベンさん。出来杉博士の奥さんだった人ってFemme Fatale
だったのかしら。」
クリスチーネ先生は端末を叩いている自分を見る。
「さぁ。」
私はそう言うしかない。
小学校時代、彼にコンプレックスをもって彼にストーカーまがいの事を
したけれども、彼に出会って諭されてからは傷を追った。
すごく屈辱を受けたが、学問は自らの為に、自らの真実を考えるための
大学進学と思うと軽くなった。
「もしかしたら、幼い日、出来杉博士の奥さんを狙っていた男も
真実や真理を知りたいと思った時、出来杉本人も奥さんも興味を失った
のだ。それは私と同じだ・・・。クリスチーネ剛田先生、エピソードはどうしますか。」
私は涼しい顔で彼女の顔を見た。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝倉夏美の後は誰だ

2016-07-03 21:09:59 | 信・どんど晴れ
朝倉夏美という押しかけ女房を、食中毒事件に託けて追い出したが
はてさてと、松本佳奈は、女将に聞いてみた。
「そうだねぇ。大女将の牽制と、加賀美屋に縛り付けられている
柾樹を自由にするためだ。」
ときっぱり言った。
「生け贄か。」
佳奈は口を歪ませる。
「まぁ、これから私の次男が高校の同窓生を連れてきて、この人を
女将見習いにするというが、こいつも警戒せねばな。」
この女性、撃退に成功するが、徳之島だけではなく
鹿児島の本土、沖縄本島をも巻き込んだ大騒ぎになることは
二人は知らなかった。
おわり
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

續・カラオケボックス

2016-06-29 17:08:21 | 信・どんど晴れ
「人生は、紙飛行機〜。」
高槻胡桃は、またアイドルソングを歌っていた。
ここは、前回のエピソード哀・戦士の裏側で登場した
カラオケBOX。
松本佳奈は歌えそうな歌を探して悩んでいる。
民謡のところに沖縄民謡ばかりなのが悩みの種だ。
横手淡雪の生国の民謡は言うに不及、高槻胡桃の生国の民謡もある
(横手淡雪が秋田出身、高槻胡桃が石川出身。)
「うーん。わからん・・。」
佳奈が好きなのは演歌なのだが、アイドルソングや
ブルース・スプリングスティーンの前ではしらけてしまう。
「うん・・。」
横手淡雪が立った。画面には浜田省吾と書かれている。
「横手さん、趣味しヴい・・。」
高槻胡桃が言う。
「CLASSMATEがなかなかクセ者で母方が広島の人らしいんで、
浜田省吾とかアイドルよりだったらPerfumeとか、ポルノグラフィティとか
歌うやがるんだよ。その影響で浜田省吾とか・・。」
高槻胡桃が、
「Perfumeか・・。」
といっておそらく彼女達の曲の番号を入れる。
「私のクラスメートらしきも広島の出身だったよ・・。」
と深刻な顔をした。
これが関東なのだろうか。親戚が多い関西とは勝手が違うし、
ここに来る人も違う。
佳奈は、カラオケの番号を入れた。
浜田省吾、Perfume、1980年代のアイドルこれらのカードに比較的
対抗できる傾向の歌手ってこいつらだろう・・・。
そんなことを聞いた。
「えっ。Grey?!」
Roommate二人は、目を疑った。
「二人には悪いけれども、こういうのも好きなんだ。」
佳奈は苦笑していた。
「他にどんなのが好きなの?」
淡雪は言う。
「そうだね。ラルクとかSIAM SHADEとか、DIR EN GREYとか・・。」
佳奈は答えた。
「私もそんなに趣味じゃないけれども友達と合わせるならばこっちじゃないの
アニメやドラマのファンもbgmで流れるしね。」
胡桃が言う。
結局佳奈はビジュアル系の歌手を熱唱した・・。
帰り際に胡桃は、
「ねぇ。佳奈ちゃん、GACKTは好きかな?」
と佳奈に質問した。
「うーん。あんまり関心がないなと答えた。高槻さんは
GACKT好きなんだ。」
と佳奈は答えた。
GACKTか・・・。親はj-popやビジュアル系を聞くことを禁止していた
けれども、彼女たちとはこれでやっていけそうだ。
と家路をみんなで急いだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

哀・戦士の裏側

2016-06-28 08:52:26 | 信・どんど晴れ
私は、松本佳奈という名前だ。
Roommateと共にカラオケに赴く。
私のRoommateの片割れの高槻胡桃はアイドルソングを歌っている。
「潮騒のメモリー、私はピアノ〜。」
彼女は女性アイドルになりきっている。
もう一人のRoommateは、横手淡雪という名前だ。
音楽を聞いて、ピアノの爽やかなロックである。
しかし、画面に映っているのはロボットアニメの風景。
「・・。死神の列・・・。」
ノリノリで歌っている彼女には悪いが・・・。
「あのー。横手さん、あんまりあなたらしくないが。」
私はそういうことを言ってしまう。
横手さんは歌い終わり、
「本当はブルース・スプリングスティーンが好きなんだけれどもね、
これはアニソンでもそれっぽいから気に入っているのよ。」
と苦笑した。
「ブルース・スプリングスティーンか・・。結構日本人好きみたいだよね。」
高槻胡桃は、そう言ってみる。
「私の高校時代のCLASSMATEは、彼が長渕剛や尾崎豊、佐野元春
などが色々影響を受けているとか言っていた。彼そこら辺も
ファンだったよ。」
と彼女が遠い目をした。
ウゥーム・・・
私、彼女たちの世界にはあんまりついていけないんだよな・・。
島唄じゃなければ演歌なんだよ・・・。
おわり
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一人にとっての大好物は他の人の普通かもしれない。

2016-06-24 11:11:24 | 信・どんど晴れ
私、松本佳奈の友人の一人、井手盈健一郎(ideura_kennichirou)
という男がいる。
彼は調布出身で、自分のルーツである岩手に誇りを持っているが、
しかし、彼の出身と同じ県である下町とは岩手・東北感は
考えは一線を画している。
「僕の、生まれ育った調布のマンションでは、隣の部屋が雲伯地方出身の
夫婦がデザインの個人事務所を開いていた。
え、雲伯地方ってどこにあるか知らないの?松江や大山、米子あたりがある
鳥取県と島根県にまたがる地域さ。」
私が馬鹿だからわからないという感じで愛想笑いをすると、それなりに
怒ることが多かった。
「自分のルーツが岩手にあって、隣の部屋の夫婦が大井川より西にある。
お互いがお互いバランスを取らなければいけないと思うことが
大学に入学した今年までずっと思っている。」
彼の口癖である。
「私は、関東は東北の人間が沢山住んでいると思っていたから・・。」
井手盈氏は一旦考え、
「そうだねぇ。でも、調布のような状況がある一方で
浅草・深川・上野のように、元々の成立した状況を忘れて、
ある一定の時期に起きた出来事に陶酔している場所だってある。
そこは、僕のルーツである岩手にやさしいけれども、他の場所に対しては
冷徹に徹している。彼らが敵視する存在が避けるのも言うに不及、
岩手を含めた地域を意地になって守ろうとしているようにも思える。」
という。
「私は奄美から上京するまで誰も言わなかった。あそこは安らぎの場所
だと言われいたから。」
私は言う。
「君も進学で上京してわかっただろう。誰も話したくないことがどの場所、
どの地域にもあるんだ。裏で大好物を押し付けてのうのうとしている
奴らがいるんだ。」
私は、意見を飲み込んだ。自分の周りにはここにくるひとがいないから
関東の姿は、誰もわからないのだ。
「確か、私が在籍している大学のある場所は、それほど東北出身者が、
浅草・深川・上野ほど多くなくて、彼らに足元を見られていると
地元出身の人たちが言うよね。それは、井手盈君はどう思うの。」
私は言う。
「ああ。だから、浅草・深川・上野に反抗するんだ。」
井手盈君はまるで、あめ玉と苦いものを一緒に食べたような表情で
笑っていた。
「下町と神奈川県のこの場所はいろいろなことで違うんだな。」
と口を尖らせた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加