ブルーシャムロック

此処はtomohiroのオリジナル小説サイトです。
小説主体ですので、小説に興味の無い
人は、退出下さい。

これから始まる物語_06

2020-06-14 14:00:35 | 逆襲の藤隆
山田守氏が考案した水着用布は、白地に青い蜻蛉が描かれたデザインだった。
リネン、木綿、化學纖維の程よい合成で木綿と水着によく用いる化學纖維の中間という
雰囲気だった。
「なんとなく明るい配食だけれども、自分がでしゃばって発表することじゃないと思った。
出来杉君、君の性格を考えると、また君は怒り出すと思って何も言わなった。」
山田守の表情は暗かった。
「そこまでして・・。」
出来杉は何も言わなった。
「僕はでしゃばるのが怖い。会社を立ち上げたときは、俺の力を見せ付けることを考えていたし、
自分の技術を見せてやろうと思ったから。だけれども、出来杉君、yちゃんが何者かに
殺されたとき、君の命を狙う生き物から守ってともに戦うことを考えた時、君のことを考えて
やりたかったんだ。」
山田守はそう答えた。
「僕はそこまでの男じゃない。なにかをかけられる人間はたくさんいるよ。」
出来杉はそう答えた。
「それだから、君のことを恐れる人は恐れる。僕を信じてくれ。」
山田守は笑顔になった。
「そこまで言うならば・・。」
出来杉の表情は柔和になった。
コメント

これから始まる物語_05

2020-06-12 10:53:48 | 逆襲の藤隆
名古屋市内のホテル。
ここでは山田守氏の記者会見が開かれようとしていた。
「今回は新作水着用布に関して、今朝型、小牧についた出来杉英才博士もいます。
我社のブレーンとして、彼のアイディアにいくつ助けられたか。
彼が出張先のぷりぷり縣で見つけた素材と、我社に入社してから、研究している
ラミーやヘンプをどう、現代的に活かすかを考えた素材です。」
前にも寄って、山田守は、自信滿滿にはなした。
「その、出来杉英才博士はきているのですか。」
日本語に堪能な韓国人ブロガーと臺灣人YouTuberが聞いた。
「うん。良い質問です。来ていますよ。」
山田守は、屏風裏に隠れていた出来杉の方向を記者会見に来ていた人に指示した。
「私が出来杉英才です。」
出来杉は申し訳無さそうに、記者会見の人々の前に出てきた。
「そうですね。今回の水着用布は、ぷりぷり縣の自生する杉の天然素材を使えば、
化學纖維も少しで済みましたし、ラミーやヘンプともうまく融合しました。」
出来杉のサンプルを見た中にはライバルになるぷりぷり縣の業者のスポークスマンもいた。
「耐久性は大丈夫か。」
出来杉に聞いた。
「ラミーやヘンプの要素があるから耐久性は強いと思います。」
出来杉はそう言い切った。
「ウールを化學合成で作ればこうなります。」
シンガポールのフリージャーナリストがそう答えた。
「ああ。そうですね。制作の過程で、化學纖維、ラミー、ヘンプ、ぷりぷり縣の素材を入れましてね。
化學合成のウールみたいだなと思いましたよ。」
出来杉は多少インタビュアーをからかうような表情をした。
山田は、出来杉が困っているようにも思えたので、
「そうですね。私が考えていた、木綿やリネンと化學纖維を合成した水着用布も同時に売り出そうと思っています。」
と、答えたのだった。
「ああ、そうですか。すごいものができそうですね。」
そう答えたのは、愛知県・東海3県地方で伝播力があるプレスセンターのインタビュアーだった。
「僕と山田の合作、楽しみにしてください。」
出来杉はそう締めた。
かくして水着用布は売り出されたのだった。

コメント

これから始まる物語_04

2020-06-10 10:47:20 | 逆襲の藤隆
愛知県の小牧空港と呼称されている場所。
そこには山田守が出来杉を待っているようだった。
山田は出来杉を待っているときに、ある文面が自分の端末に送られているのを見ていた。
「山田さん、今現在、使用することもできない纖維質の木に着目したのは、もしかしたら
あなたなのではと思った。出来杉氏は自分の考えに固執する部分があるから。」
そんな文言だった。
先日のぷりぷり縣山中の木立の研究所所長だった。
山田守は
「そうですね。あれに着目したのは、僕だったかもしれません。しかしあれの絶妙な配分や
配合は出来杉英才博士にしかできない部分があります。僕がやると全くうまくいかない。」
と自分の端末から所長に返した。
「そうですか。でも、僕も貴殿から見たらライバル企業の人とは取引もあるから、僕が窮地に
追いやられるかもしれない。」
所長の文言だ。
「うん。まさにそうだ。今回の会見にはぷりぷり縣企業のスポークスマンも呼んでいる。
あとは、韓国のブロガーさんと台湾のYouTuberさんだ。」
そういう内容を山田守は文言を所長の端末に送信した。
「只今から、ぷりぷり縣の麓の空港からの最終便が小牧空港につきます。」
空港のアナウンスが、そう伝える。
「出来杉君、うまく行ったね。ぷりぷり縣の杉の纖維質とラミーとヘンプと化學纖維を
合わせて、リネンも木綿も使わない強力な繊維を作ることができたね。」
山田守はそうとぼけてみせた。
「うん。僕のexam systemの扱いが良かったからさ。」
出来杉は希望に満ちた顔をした。

コメント

これから始まる物語_03

2020-06-06 11:24:18 | 逆襲の藤隆
ぷりぷり縣山中。
杉木立に囲まれ、かつての林業を表すような面持ちである。
出来杉英才は、その山中に、来ていた。
「よくきんさったなぁ。」
山を管理している、オヤジがこの山中の研究所に案内していた。
「あんたたしか、うちの縣の繊維業者と水着用布の件で喧嘩している企業の方だろう。
所長さんがインターネットで報道資料を見せてくれた。」
おやじは、鉄筋コンクリートの2階層建ての建物に案内をした。
「ここが、研究所でね。まあ所長さんが出来杉さんが来るのを待っていたんだ。」
と、ドアの近くに案内し、オヤジは消えていった。
「所長さんですよね。私が出来杉英才です。山田守氏の企業に所属しているものです。」
と出来杉は紹介をした。
「説明はいい。出来杉君だっけ。君はこの山の杉の木を見たかね。」
ハイテンションの所長の言葉を聞いて
「はぁ。」
と気のない言葉しか出ない。
「窓の外から見えるこの杉の木はすべて天然でね。戰時中から1960/70年代ぐらいまでは繊維として
考えられていたんだ。光沢があって、撥水加工がするんだ。しかしぷりぷり縣でゴムシルクなどが
1950~70年代ぐらいに開発されてからは、一気に廃れた。」
所長は、恨めしそうにゴムシルクの資料を見た。
「本題に入りましょう。」
出来杉は表情を変えない。
「ああ。そうだね。君が送った水着用布の成分表をみた。ラミーやヘンプの成分が多い。
やはり、どちらもゴワゴワする。木綿やリネンには勝てない。」
所長は言う。
「そうですね。じゃあ、私の水着用布の成分に多少ここの杉の皮の成分を混ぜてみましょう。」
出来杉がそう言うと
成分表を見た時、不思議な布ができていた。
化學纖維とリネンと木綿を合わせたような、そしてラミーやヘンプみたいな・・。
「できたようですね。あなた方と競合している企業ですが、私の知り合いがたくさんいるんで、
多くは言いませんが、すごくいいです。山田守さんの考えているリネン成分とは違う。
これならば、改良版として売り出せると思います。」
所長は言う。
「今日は日帰りでぷりぷり縣に来て、今からこの足で名古屋の方に帰ろうと思います。」
出来杉が言う。
「ああ。それでしたら研究所の麓の空港から小牧行きの最終便のvstol旅客機が出ると思います。
県内ベンチャーが、小牧・伊丹・羽田に飛ばしているみたいなんで、これが速攻で
名古屋の方に行けると思います。」
所長は言う。
「そうですか。今度の僕の仕事がうまく言ったら、所長さんも協力者としてみんなに報告したいです。」
出来杉はそう言って、麓の空港まで急いだ。
コメント

これから始まる物語_02

2020-06-05 17:53:47 | 逆襲の藤隆
「ラミー、ヘンプ・・。どれもゴワゴワしている。だけれども、これを使った水着用布を
作りたい・・。」
出来杉英才はモニター腰に試作で売り出した水着用布の成分を見ていた。
「これで、リネンを使ったら、木綿に似た風合いでいいのかもしれない。
もっとも、リネンと木綿と化學纖維を混紡させた水着用布はおそらく山田守が
考えているだろうな。」
出来杉英才は悩んでいた。
「僕はこの麻を混ぜた水着用布を実行させるんだ。だけれども、木綿や化學纖維を混ぜてしまうと
ライバルのぷりぷり縣の企業に負けたことになる。」
彼は一人で悩んでいた。山田守は彼の仕事の拠点である名古屋に行ったっきりだ。
「かれがいないうちに・・。」
そんな悩んでいた、出来杉英才のスマホにメールがあった。
「山田守だ。我々のライバル企業があるぷりぷり縣に盲点が存在する。」
そんな内容だった。
コメント

これから始まる物語_01

2020-05-29 18:31:08 | 逆襲の藤隆
「現実の歴史を考えてみたまえ。なぜ戰國時代から、江戸時代にかけて麻の着物から
木綿の着物が圧倒したのか。あるいは水着の制作に関して絹から化繊になっていったのか。
麻を新しい水着布に混ぜるなんて、やはり僕は認められない。」
出来杉英才は山田守が売りだした、水着布のゴワゴワする感じが認められないようだった。
「ああ。これまで成功した繊維を使っているのが、ぷりぷり縣の企業連合のやり口だよ。
6尺褌が木綿で、ハイレグ競泳水着が化學纖維を使っているから配合にもそれらをおおくしている。
我々は、それを改める。きっと最適な成分がある。」
山田守は腕を組んだ。
「まさか。」
出来杉英才は目を丸くする。
「知っているが、僕が口を出すとつまらないものができそうなんだ。それよりも
僕が世に出したいのは、ぷりぷり縣のゴムシルクみたいな突拍子も無い代物でね。
ゴムシルクのオンリーワンみたいなものを出して、ぷりぷり縣の連中を驚かせたい。」
山田守は出来杉英才に真顔で答えた。
コメント

俺の器の中身にならぬか_08

2020-05-23 09:53:38 | 逆襲の藤隆
朝岡蓮次は、また40代女性のブログを見ていた。
インターネットで、山田守さんと出来杉英才さんの青森市内で行われた会見を
見聞したと書いてあった。
シンガポール在住の作家武内渉は、いつも出入りしているYouTuberの
スペースで山田守・出来杉英才両氏のもようを話しているのを聞いた。
武内の隣の部屋の男性ははいつも風景写真をInstagramに掲載しているが、
フォローしているインスタグラマーのスペースで山田守・出来杉英才両氏の
模様を話しているのを見ていた。
「なんだか知らないけれども、すごい事になっているなぁ。」
男性は呟いた。
「この、水着用布って誰かさんを思い出すずら。」
朝岡蓮次が端末に張り付いて神妙な顔になっているのを
蓮次の恋人の平賀知世はおどけてみた。
「ああ。ぷりぷり縣の関係者もいるけれどもこの水着用布はどこまで
使えるのかな。」
朝岡蓮次は言う。
「画面を見ていて思うけれども、麻の比率が多い。」
武内渉は自身のsnsで呟いたことを、後年の武内渉研究で名高い評論家磯山雅郎が発見している。
「これで出来杉英才という人間が山田守のブレーンとして印象づけられたな。」
朝岡蓮次は知世の顔を見た。
「面白くなるね。」
平賀知世はそうつぶやいた。
「たしか、この出来杉英才ってワタルがこのアパートに来たときに、話していたけれども、
理念なき強さが嫌われていたよね。」
Instagramのユーザーとして知られるミッキーが武内渉に話していた。
「ああ。」
武内渉はそう話した。
「あの水着用布、ネタとして購入してみるか。」
平賀知世は話した。
「えっ。」
朝岡蓮次は知世の顔を見ていて、難しい表情になっていた。
コメント

俺の器の中身にならぬか_07

2020-05-22 15:44:49 | 逆襲の藤隆
「今回、皆様を呼び出したのは、他でもない。
山田守は、その取材会見を青森市内のほてるでおこなった。
YouTuber、ブロガー、インスタグラマーなどのインフルエンサーやマスコミの他、
ぷりぷり縣の繊維関係の重役などを呼んでいた。
「私が考えたのは、出木杉英才氏の理論であるexamsystemを利用して、
麻と綿、化學纖維をうまく混紡した水着用布を考案したことである。
サンプルはこれです。」
山田が、みせたのは、木綿のようだが、水の速乾性がある素材だった。
「この布が容易にできたのは、examsystem理論によるものです。
まさか、こんな簡単にできるとは・・。」
山田の発言に、ぷりぷり縣の繊維関係の重役は目を丸くしていた。
「我々が何年もかけて、木綿と化學纖維の中間の生地を生み出したのに。」
山田は、
「私は出来杉英才氏の頭脳をこれからは利用させていただく。」
と豪語した。
「我々への宣戦布告だと受け取ってもいいのでしょうな。」
ぷりぷり縣の繊維関係の重役の一人はそういった。
コメント

俺の器の中身にならぬか_06

2020-05-20 17:48:47 | 逆襲の藤隆
「君の考えている理論である、examsystemだけれども、意外と繊維組織を融合させるのに
役立つのだよ。これはいい理論だと判断出来ます。??以上。」
山田守は、出来杉の研究室に押しかけてそういった。
「君も図々しいね。なんで、僕のところに押しかけるのだ。」
出来杉は表情を変えずに、山田の方を見た。
「そうだねぇ。君の理念のないこぶしを有意義なものに変えるための私流のファイト
と行ったところかな。私は・・。えっくすしよりは、この理論を理解できる。
私がかつて持っていた黄金の腕がなくても、これはこれで応用できる。
それゆえに、今回は君の顔を立てて僕は引っ込んでいたほうがいいなぁ。」
常人ではわからない化學式が書かれたusbに記録されたファイルを見ながら
山田は言う。
「これはもっと、高尚なことに使うべきだ。」
出来杉は反論した。
「どうだろうね。高尚なヒロイズムって、淺ましい錢ゲバと鏡の表と裏みたいなものだ。」
山田は寂しそうな顔をした。
「そんな馬鹿なことは・・。」
出来杉は表情を固くしていた。
「君がそう言うふうに受け取るならば、仕方がないが、今回は僕のアイディアに乗ってもらうよ。」
山田は頬笑んだ。
「ええっ。」
コメント

俺の器の中身にならぬか_05

2020-05-19 18:51:34 | 逆襲の藤隆
山田守は、えっくすしという男性とあっていた。先日亡くなつたyちゃんとの
結婚を出来杉と争った男としてある程度の人は知っている仲である。
「よく来ましたね。わたしはあの大事故にあってから、yちゃんと結婚する事よりも
重要な使命感がありました。あの大事故のあと、私はある方に未来の世界に
連れて行ってもらいましてね。結構ヘビーでしたよ。」
えっくすしはくしょうしていた。あれはかなりヘビーだったからだ。
「まあ、私も察しが付きます。」
山田は、えっくすしが注いだ、グルジア産の紅茶に多少口をつけて答えた。
「なんだか、わかっているようですね。わかっていることを前提條件にものを教えましょう。」
えっくすしは無表情になって答えた。
「私が同行した人と見たのは、私とyちゃんが夫婦になっていて、それなりに仲良く
やっていて、息子も生まれていたようです。しかし、詳しくはわかりませんが、私とyちゃんが
喧嘩したようで、夫婦仲のピンチだったようです。その時カナダのトロントに赴いていた
科学者として大成していた出来杉が間に入って、私とyちゃんの仲を取り持ったようです。
yちゃんは出来杉にとても感謝していて、
同行者もこうつぶやきました。
{もし、えっくすしが首尾良くyちゃんと結婚しても、今のままでは出来杉さんが介入すると
思う。それでもyちゃんにこだわるつもり。}と。でも、私は腹が立ちましたが、その
2-3日後、あの事故が起きた。」
えっくすしは口をとがらせた。
「で、あなたは猛勉強してなんとか事故が起きないような勉強をするようになったのか。
あなたの研究はひょっとしたら・・・。」
山田が答えようとしたとき、
「そうですね。パラレルワールドにいるたくさんのブドリとネリ。正確に言えば私を救うためにです。」
と、えっくすしは急いで答えた。
「その爲に銭(ぜに)にならない研究をし始めたのですね。おっと。失礼。」
山田はバツの悪い顔をしていた。
「いいんですよ。私の研究は出来杉ほど派手ではなくても。でも、出来杉は清貧を旨とする
部分があって、ビジネスとか軍事転用とかになると、妙に感情が昂るところがありますねぇ。
かえって、高潔すぎる、理念のない強さが、yちゃんを死に至らしめたと私見ですが考えています。
高校時代、私が知っている人の中でyちゃんを知っていて、託セル人間だと思っていたのに。
あの死はないなぁ。」
えっくすしは表情を変えなかった。かつてはyちゃんにぞっこんだった男とは思えないと
事前調査をしていた山田は考えた。
「今日は無理言って私にあってくれてありがとうございます。」
山田はそう答えたが、出来杉ほど接触する価値はないだろうなとえっくすしのことを考えていた・・・。
コメント