ブルーシャムロック

此処はtomohiroのオリジナル小説サイトです。
小説主体ですので、小説に興味の無い
人は、退出下さい。

真冬のひまわり

2022-06-12 11:49:32 | 逆襲の藤隆
「でさぁ、多元宇宙というのがあるんだよ。その多元宇宙に
僕とそっくりそのままの顔の僕がいて、そこでつい先日
亡くなつた出木杉英才博士の奥さんであるyちゃんと僕が結婚しているんだ。
出木杉英才は自らの覇業のために邁進しているってかんじかな。」
山田守は、えっくすしに出資ししているベンチャー企業の社長、
よつもり耕史氏づてにその話題を聞いていた。
他によつもり耕史氏はアニメプロデューサーの辻本慎吾氏の演出作品である
「勇者慎吾の奇妙な冒険」にも出資しているようだった。
「それでね。えっくすしに、君はきみが憎惡している出木杉英才氏に似てきている。
と言ったんだよ。彼は怒るどころか、表情を変えずにそうかもしれないという顔をしていた。」
とよつもり耕史氏は答えた。
「えっくすしの研究はあの真夏の事故だったよな。彼にとってはyちゃんを忘れるほどの
ショックを与えたんだった。そして出木杉英才博士への憎惡も消したんだったよな。」
と山田守はよつもり耕史氏に伝えた。
「僕は出木杉英才の方が好きだけれども、彼の存在も必要なのだろう。
ひょっとしたら、出木杉英才がえっくすしに執着する背景なのだろう。」
と答えた。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

歴史に介入する

2022-06-04 05:32:52 | 逆襲の藤隆
「なんだってえっくすし、自分がそんなに嫌われているのか。」
出木杉英才は感情的な表情を見せた。
実は今、えっくすしという男性に拘束されている。
「君が僕の研究の邪魔をしたからだ。火星ロケットを作るぐらいの男が
なんて情けない。君のことを歴史を動かす怪物だと
いつも小学校時代思っていたよ。yちゃんがこの世に存在しなくなった今、
もしかしたら、自分の歴史に介入する君を倒して新しい歴史を
作ることだって可能だったかもね。」
とえっくすしはいう。
「そんなものか。僕は君の理論體系がまだるっこしいと言ったのだ
そして、改善をしたいと思って・・。」
出木杉英才は辯明をした。
「だから言ったろ。僕の研究は僕の歴史のため、火星ロケットは
君の歴史のためだ。君みたいな存在が僕に介入するとは・・。」
えっくすしは苦蟲を噛み潰したような表情だ。
「だって・・。」
色々と辯明する彼が情けない。命乞いなどする生き物ではない
このまま殺してもいいのだが、自分の歴史に介入しないならば助けてやろう
と考えていた。
「君の無意識の態度が無数の人に君の剥身の刄を恐ろしがっている。
それをわからないです自分の力を見せびらかすのは、とてつもなく恐怖だ。」
とえっくすしは表情を変えずに言う。そして出木杉英才を開放した。
出木杉は開放された安堵の表情と、自分が人を傷つけたとあまり考えてもいない
表情だった。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

錬金術師が作ったもの

2022-05-21 06:16:37 | 逆襲の藤隆
「よしできた。」
錬金術師は、金ダライほどある、丸いものをホスローとシーリーンに
みせた。
「なんですか。」
ホスローとシーリーンはびっくりした。
「これでどの時空にも行ける装置ができた。これを依頼主に見せようかなと。」
と錬金術師は愁いを見せる表情をした。
「うん。私は別な妖精がいる国には行きたくないなぁ。」
シーリーンがいう。
「このどこでも行ける時空に行ける装置は、私が鍛冶で作った金属も使っているようですね
それが、妖しい光を放っていたので、もしかしたら・・。」
とホスローがいう。
「ああ、それだよ。でも、依頼主は安全につかってくれる。」
と錬金術師は述べた。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

えっくすしに近づくな

2022-05-08 05:35:56 | 逆襲の藤隆
「でも、自由に布に印刷できる水着用布が完成してから、
水着を自作する人が増えたな。」
と、山田守は相棒の出木杉英才に答えた。
「ああ。」
と出木杉は力なく答えた。
出会った当初の出木杉英才は、絶対無比の力を心に込め
些か、威壓的でもあった。
「君も不安な顔をするようになったな。君が不安そうな顔を
するのは、えっくすしに接近して、色々攻撃される時だよ。
君はえっくすしがいつもだめで失敗ばかりして、君を楽して
倒そうとしている時の様な気がしてならない。
君の亡くなつた奥さんの、yちゃんが君と結婚した時から、
えっくすしは、君を怖くなくなっているのに、君は彼が早く立ち直ってほしい、
彼の研究を自分の力があれば、なんとかなるって考えすぎなんだ。
結局君は、彼の歴史を妨害するために存在するとしか考えられない。
だから、君のくびきに置かれるよりは、今は世捨て人のような研究をしているのだ。」
と山田守はいった。
山田とて、えっくすしに似た所があり、えっくすしが見たような風景を
体験したからだ。
「なんでこんなことを」
出木杉は激昂した。
「そこがいけないのだ。君のような火星ロケットを研究する男が、
あんな一錢もならない研究をしている男に執拗に介入するとは、
そういえば、えっくすしは今の自分ならば君を追い詰めて滅亡させる
ことができるって言っていたぞ。」
と山田は脅した。
「まさか・・。そんなのはったりだ。彼は・・。」
と出木杉はいうが、
山田は首を振った。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

少しこぼれ話

2022-04-23 16:20:31 | 逆襲の藤隆
ホスローとシーリーンは、自分の家の隣に住む錬金術師が
あらゆる時空を飛べる道具を作っているらしい。
しかし、魔法の発展が、人間を発展させるか疑問だと述べていた。
故郷の街から逃げてきたホスローとシーリーンも同感だった。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

錬金術師が住むとなりに

2022-04-08 16:55:41 | 逆襲の藤隆
ホスローとシーリーンは、故郷の街から逃れるためにある錬金術師
が住む街にやってきた。錬金術師の住栖兼、研究所の部屋のすぐとなりに
家として使える小屋が存在したので、その小屋を使わせてもらった。
ホスローは鍛冶屋を行っていたので、農機具や劔を作り始めた。
シーリーンは、故郷の街でも、錬金術師が住む街でも生えている
雑草を使って布を作っていた。
錬金術師は二人のものの出來映えに目を見張つたが、
こう呟いた。
「この、オリハルコンとミスリルの合金は私の錬金術を使えば簡単に作れる。
雑草を使って作った布は見事なものだ。ひょっとしたら、私の錬金術
の技術を使えば、つきあいのある人のために水着用布ができるかもしれない。
ここ最近考えるのは、魔法の発展が、人類の幸福につながるのかどうか
全くわからない。だから、彼らのためにも、私は目を細めて待っている。」
とである。
錬金術師が手に取つたのは、修理中の異世界に行ける道具だった。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

えっくすしに忠告はできるのだろうか

2022-04-03 05:50:24 | 逆襲の藤隆
ここだけの話、私はタイムリーパーである。
あのえっくすしとyちゃんが結婚を成功させ、出来杉がソレを眺めている
世界から、えっくすしがyちゃんとの結婚を諦め、
出来杉と結婚することを認めた時代にタイムリープに成功した。
私は元いた時代、ピアニストを諦めて、歴史家の道を
歩んだのだけれども、
その中で、科学者として成功した出来杉英才と会談した
ことが多かった。
彼は勝利者の余裕のようなものを感じた。
歴史家である私はなにか怖いと感じた。
ヘラヘラして、出来杉と友達ごっこをしているえっくすしは
悲しかった。
彼の監視のもと、yちゃんと夫婦として、そして生まれた子供のため生きるのは
悲しい。丁度その時、歴史家かピアニストかと思っていた時代にタイムリープし、
えっくすしに忠告したとき・・。
「僕も未来を見る機械で、あの男の軛の下生きるのは悲しいと思っていた。」
と言い始めた・・・。
彼が生き方を変える事故にあったのは私がタイムリープしてすぐだった・・。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ある町に向かう

2022-04-02 05:53:43 | 逆襲の藤隆
「シーリーン、夢見のおばばが言っていたが、僕たちは悲戀に終わった
遠い国の王女と王子の生まれ変わりなのだろうか。」
ホスローというある男性が、ヒトコトのべた。
「ホスロー、そうだったら嫌だな。私達が故郷の町を逃げ出したのは
そういう生まれ変わりとか言うのが嫌で、逃げてきたんでしょう。」
と、シーリーンは言う。
「ああ、僕としてはどこか逃げられる場所ってないのかなぁ・・。」
一週間前、夢見のおばばが述べた言葉は、
「前世の王子と王女は、悲戀の末同じ墓に埋まっている。」
と述べていた。
「同じ墓に埋葬することが、念願だろうか。もしかしたら愛し合っていても
離れ離れになることだってあるじゃないの。」
と、シーリーンは言う。
「確かにそうだね。」
ホスローは自分の親族の一族の墓に入りたくないという言葉を思い出す。
「でしょう。死んでから隣同士の墓に葬られるのは嫌だなぁ。」
と言いつつ二人はある町に向かっていた。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

生まれ変わりの物語

2022-03-25 18:40:56 | 逆襲の藤隆
「実は私たちは、道ならぬ恋に落ちた男女の生まれ変わりなのです。」
その言葉をきいたエルクとガラは絶句していた。
話を聞かせてくれたのは、ホスローとシーリーンであった。
「元々、前世はさる敵対する国の王子と王女でした。」
と男女は答えた。
「でも、どうして私に告げたのですか。」
エルクは質問した。
「私達がなぜ、惹かれ合うかわからなかったからです。」
とホスローとシーリーンは言う。
「私が夢の中での話が、その生まれ変わりの王女と王子の物語を
話したくなったのですね。」
とエルクは言う。
「はい。」
と二人は答えた。
「不思議なことがあるんだな。」
と、ガラは言うのだった。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ガラとエルクの知り合い_じょ

2022-03-25 18:40:56 | 逆襲の藤隆
日下部浩一郎と柿沼萌美が住んでいる街からすぐ行ける異世界に
ガラとエルクというカップルが住んでいるのだが、
そのガラとエルクが住んでいる街に遊びに来る
カップルがいる。ホスローとシーリーンという
名前である。
二人共エルクと同い年の16歳で、熱烈な
恋愛の末、今に至る。
元々ホスローがシーリーンを知ったのは
今から2年ほど前だった。
ホスローは狩に行ったのだが、そこで
水浴びをしているシーリーンを見た。
ホスローにとって一絲まとはぬシーリーン
は色っぽかった。
お互い気づかないまでも、その後
その話をしたときシーリーンは恥ずかしいとは
思っていたようだった。
「ホスロー、多少女性には失礼ではありませんか。」
エルクに言われることがあったが、
ホスローにとっては、大事な人と出会えたし、
自分を認めてくれたのでなんともない。
「こういう出会いもあるよ。」
二人をそうガラは評する。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする