友々素敵

人はなぜ生きるのか。それは生きているから。生きていることは素敵なことなのです。

卒業旅行

2017年02月25日 15時06分22秒 | Weblog

 国家試験を終えた孫娘は翌日から次女の住む仙台に行き、帰ってきた翌日の昨日、大学の友だちとハワイへ卒業旅行に旅立った。看護師の先輩である長女から「遊べるのは今しかないから」とでも言われたのだろう。「よくお金があるねー」と聞くと、「ママバンクから無償で借りた。看護師になれたらお金を使う時間はないから、返せるとママが言ってくれた」と正直に話す。大学は卒業できても看護師の国家試験に合格できない人もいるのに孫娘は本当に楽天家だ。

 卒業旅行でハワイか、私たちの頃は卒業旅行という言葉もなかった。新婚旅行でハワイに行くようになったのは昭和40年代の後半ではないかと思う。私は大学で美術を専攻したが、油彩・彫刻・デザインのコースがあり、恩師がデザインの先生だったこともあって、デザインコースに籍を置いていた。恩師の家で書生をしていた3年生の時、先生の提案で4年生は横浜から船でマカオへの旅に出かけた。

 私は横浜まで見送りにでかけたが、来年もマカオだったらどうしようかと密かに悩んだ。旅行代を工面できる目安がなかったからだ。翌年、私たちの卒業になっても先生から何の話もなかった。先生は私のことを思って何も言われなかったのだろう。卒業制作展が終ってからだと思うが、デザインの仲間で京都へ1泊の旅に出かけた。四条河原町辺りの小さな旅館だった以外は余り覚えていない。

 高校3年の夏にぶらり旅と称して京都へ来た時は、どこへ泊まろうかとウロウロしていたら若いアンちゃんに声かけられ、案内してもらったのは駅前のひどい安宿だった。その時に比べれば雲泥の差で、お酒も飲めて料理も美味しかった。何年か前にマカオへ出かけてみて、先輩たちはこの石段を登って天主堂を眺めたのだと思った。先輩の卒業作品の中にあった天主堂がそこにあったから。

 もっと若い時にいろいろ見ていたら、人生も少し変わったのかも知れない。「遊んでばかりいて」と長女は孫娘を叱るけれど、いろんなところを知っていることは知らないことより宝ではないだろうか。さて、今晩は演劇鑑賞。どんな演劇なのか楽しみだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

女子大生刺傷事件の裁判

2017年02月24日 18時39分16秒 | Weblog

 酷い男がいる。音楽活動をしていた女子大生を一方的に好きになり、プレゼントした物が送り返されてきたことに逆上し、待ち伏せしてナイフで34カ所を刺した。女子大生は命こそ失わなかったが、顔にも心にも深く傷が残る重体で今も後遺症に悩まされている。その裁判で、刺された女子大生は震えながら被害者として陳述した。直接目を合わせないように、ついたてで囲まれていたとはいえ、絶対にいつか殺しに来るだろう男が怖かったと思う。

 男は初め、黙って聞いていたようだが、次第に小刻みに身体を震わせ、時に咳払いして威嚇する仕草までした。女子大生が「この間も、きっと心の中では笑っていて、反省はひとつもしていないと思います。こんな人を絶対に許してはいけない」と述べると、突然、「じゃあ殺せよ」と大声で叫んだという。裁判官の命令で被告の男は途中退席させられたが、ついたてで囲まれた女子大生の前を通った時も「殺すわけねえだろう」と声を上げていた。

 女子大生は死の恐怖が蘇り、最後まで陳述することが出来なかったようだ。「世の中に出てきてほしくない。今すぐに消えてほしい」と思うのも当然だろう。検察の求刑は懲役17年とあるから男は45歳で出所することになる。減刑があればもっと早く出てくることもある。その時、裁判が求めたように罪を償うことの出来る「普通の人」になっていればいいのだが‥。

 「可愛さ余って憎さ百倍」という言葉があるが、それでも殺すことは信じられない。考えてみれば人間ほど恐ろしい動物はいない。テロなら相手が憎いという感情があるだろう。1970年代のセクト同士の内ゲバも相手が「革命の邪魔をしている」と信じていただろうし、連合赤軍の虐殺は自分が生き残りたいために仲間を殺している。戦争で爆撃機から大量の爆弾を投下している兵士は何を考えているのだろう。

 風邪薬やがん治療薬よりも、本当は心をきれいにする薬の開発が不可欠だが、そんな恐ろしい薬が生まれたら人類が消滅する時だろう。訳の分からない生き物だから人間は生存できるのかも知れない。それにしても恐ろしい事件が続いている。治らないなあー。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

刺身と野菜を買う

2017年02月23日 18時50分32秒 | Weblog

 少し元気になったので、病院に行って来た。診断の結果はインフルエンザA型だった。インフルエンザに罹ったことは無かったから、ただの風邪だろうと思っていたが、そう甘くはなかった。医者は「カミさんがインフルエンザに罹ったなら、一緒にいる人は当然なりますよ」と言う。看護婦さんが傍から「仲がよろしいですね」と冷やかす。仲がいいか悪いかの問題ではなく、生活を共にしているから感染するというだけのこと。

 「あとは他人に移さないことですよ」と医者から言われた。しかし、今日は同年者の集い(シクラメンの会)の幹事会を喫茶店で行う。今更、変更は出来ないし、私を抜きにしてやってくれとも言いにくい。皆さんには「移してはいけないのでマスクしてるけど、ごめんね」と断っておいた。先日行った結婚式場は、来年は使えない。早急に次の会場を探さなくてはならない。「三河のホテルでバス送迎付きで7000円のところがある」と、「湯の山にも送迎付きでやってくれるところがある」と、2案が出た。

 遠くまで出かけたことはなかったけれど、それもいいじゃないかというので、2案から詰めることにした。会議を終えて車に乗り込み、せっかく出てきたのだから何か美味しいものを買って帰ろうと思った。インフルエンザのためなのか、食欲が全くない。元気もなかったから、食べなくてもどうってことなかったが、美味しいものを食べれば少しは食欲も湧くだろう。料理しなくてもいいもので美味しいと思えるものは刺身がいいか、そう思ってスーパーに寄った。

 刺身だけでは物足りない。ブロッコリーとオクラと菜の花を買う。料理とは言えないかも知れないが、野菜は茹でて刺身のつまにしよう。そう考えただけでもかなりの進歩だ。「食べなければ人間は生きていけない。だから早く死のうと思ったら、食べなければいいのだ」と物知りの先輩の言葉を思い出した。逆もまた真なり、食欲がないなら食欲を増すようにすればいい。ちょっと、頭も冴えてきたような気がする。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

地域でつながる

2017年02月22日 17時03分54秒 | Weblog

 自分のブログを見て、「おかしいな」と思った。どうして19日がアップされていないのか、書いたつもりでいたけれど思っていただけだったのか。ワードの下書きを見ると確かにある。下書きが完成するともうそれで出来たような気になってしまう。いつもなら、もう一度見返すのに残念だ。今日も体調不良だから丁度いい。ちょっと古いネタだけど、今日はこれにしておこう。

 昭和19年4月から20年3月に生まれた同学年の集いを結婚式場で行ったが、やはり賛否に分かれた。女性たちは「たまにはこういうところもいいわね」と言うが、男性たちは「バイキングの食事は食べた気がしない」と不評だ。食べ放題という割には並んだ料理の数が少なかった。従業員の教育も出来ていない感じがした。ただ、結婚式場だけあって、宴会場から南国風の美しい庭が見え、「雰囲気がいい」と言ってもらうことは出来た。

 「こんなところで結婚式を挙げたい」と言う女性がいれば、ダンナのいない女性は「それが出来るのは私だけね」と微笑む。「オレなんかこの先は南無阿弥陀仏しかない」と手を合わせる男もいて、大笑いになった。「こんな風な結婚式場はなかった」と昔の話になる。結婚したのは昭和40年代で神前結婚が多かった。私たちは団塊の世代よりも若干年上の世代、子どもの頃の貧しさは体験しているが、みんな似たようなものだったから不満はなかった。それが「もうすぐ金婚式」という年代になった。

 私は結婚するまでテレビも冷蔵庫も洗濯機もなかった。洗濯機は下宿にあった共同の物を使っていた。毎日必要な物を買って食べていたから冷蔵庫は必要なかった。テレビもなく、新聞も購読していなかった。教員採用試験の他に新聞社の試験を受けた。試験が一般教養だけというので、それならチャンスがあると思ったのだ。ところが新聞を読んでいれば答えられただろうが、詳しく知らない時事問題ばかりで完敗だった。

 自営で今も働いている人もいるが、多くは退職している。子育ては終わり、孫育てで忙しい人もいる。親の介護の人もまだいるが、そろそろ自分が介護される側になってきた。それでもこうして集まれる人は元気で、何かしらボランティア的なことをしている。何かに役立つならと活動することが、自分を元気にしているようだ。核家族化を進めてきてしまった反省からか、地域につながりを持とうとしている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

風邪を引いた

2017年02月21日 17時00分56秒 | Weblog

 風が荒れ狂っている。私の風邪は本格的で、熱はそんなにないが、咳が止まらない。カミさんの方は咳もひどく熱もあり、とうとう病院へ出かけていった。私はただひたすら寝ることにしている。食事の時間以外はフトンの中だ。居間からテレビニュースが聞こえてくる。相変わらず「金正男殺害」を取り上げている。マレーシア警察は「遺体が誰なのか確認できなければ引き渡せない」と、ごく当然のことを言っているのに、北朝鮮は「渡さないのは、韓国と結託して政治問題化しようとしている」と言う。

 金正男殺害がもし、北朝鮮以外の国の仕業であると言うなら、それを証明すればいい。しかし、まだ暗殺がこんなにも簡単に行なわれる時代だったのか。北朝鮮は人権もなければ、言論の自由も、移動の自由もない、まるで封建時代である。そんな国が長く続くはずがない。私は一日中フトンの中にいて、眠っているのか起きているのかはっきりしない夢うつつ状態にいる。すると、なぜなのか、同じような夢(?)ばかり見てしまう。自分が殺されそうになるとか、人を殺したくなるとか、そういう物騒な夢は出てこないが、どうあがいても、肩が寒かったり、胸が痛んだりする。

 そう言えば、子ども頃は熱があったりして眠っていると、急に天井がどんどん遠のいていく夢を見た。今、見る夢はパソコンで検索しているのになぜか辿り着けない。やっぱり熱があるのだろうかと計ってみるが正常値だ。青春時代の夢とか、熱烈に恋していた時の夢とか、どうして楽しい豪華ドラマのような夢を見ないのだろう。今晩は火曜日だから午後10時からのドラマ『カルテット』を見たいけど、録画してもらって体調のいい時に見た方がいいかな。あっと、そういえば月曜日に仙台に出かけた孫娘をみんなで駅まで見送った時、長女が近づいてきて、何か言いたそうだったことが気になる。「順調にいってるか?」となぜ声をかけなかったのかと悔やむ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

孫娘の試験

2017年02月20日 17時14分14秒 | Weblog

 今朝からクシャミと鼻水が止まらない。昨夜、寝ていても背中が寒かったからとうとう風邪を引いたのかも知れない。昨日は看護師を目指す孫娘の国家試験の日。それなのに孫娘から「試験、終わったよ」とも、「まあまあかな」とも、何の連絡もない。「今は友だちと答え合わせしているのだろうから、そのうち連絡が来るよ」とカミさんを慰めるけれど、「こんなに連絡がないから、ダメだったんじゃ―ない」と勝手なことを言う。

 長女にまでメールして「帰ってきたのか?試験はどうだったのか?」と問い合わせている。挙句に「あの子はいつもすごく努力しているのに、ちっとも報われなくて可哀想」とまで言い出す。「ちょっと待てよ。その言い方では合格できなかったみたいじゃーないか。一生懸命にやってダメならしょうがない、その時にどうするか考えればいい」と言っても、心配性のカミさんは「悪いことでも考えなければいいけど」と、ますますマイナス思考になっていく。

 そんなことがあって、私は先に寝てしまったがカミさんは孫娘からの連絡をズ~と待っていたようだ。時々、「ねえ、ヤバイって言ってるよ。どうしよう」とか言って起こされるが、眠い私は「ウン、ウン」と空返事をしていたような気がする。その罰なのか、起きたら咳と鼻水が止まらなくなった。今朝になって孫娘と連絡が取れたようで、「これから一緒に行って」と言う。試験が終わった孫娘は仙台の次女のところに遊びに行くことになっているので、届け物を「持って行く」と言うのだ。

 孫娘に会う。案外元気だ。試験問題を見せてくれて、「ここは出来たけど、ここが出来なかった」と説明してくれるが、何しろ専門的なことばかりなので私たちに分かるハズもない。孫娘から聞いている限りでは何とかなったのではと思うけれど、あくまでジジババの望みでしかない。「これまでの人生で一番勉強した」と自らが言うのだから、きっと神様も認めてくれるだろう。次女のところでゆっくり休むがいい。

 すると、次女のところの5月で3歳になる孫娘から「あかふくかってきてください」と動画が届く。仙台の孫娘はどんどんオチャマになっている。長女のところの小1の孫娘は、看護師になれたら姉が家を出ていくことに抵抗があったけれど、今では「私、この部屋で一人で寝る」と言っている。いろんな夢が描けるなんて、いいなーと羨ましく思う。クシャミと鼻水は止まらなくて、鼻の周りが真っ赤になってきた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

同じ時代を生きた

2017年02月18日 14時08分15秒 | Weblog

 NHKの朝ドラ『べっぴんさん』は子どもたちが巣立ちをする時期だった。昭和38年の春だから、私の高校卒業と同じだ。そうか、このドラマの子たちは私と同じ年の生まれか。日本が朝鮮動乱で一気に景気が良くなり、活気に溢れ、都会に出ればアイビールックの兄ちゃんを見かけるようになった。私の街は田舎だったから、朝ドラのように高校生の男女ふたりが喫茶店に行くなら、たちまち不良扱いだった。

 それでも校門の外で待ち合わせて、一緒に帰宅する男女もいたようだから、世の中は少しずつ変わっていた。高校の時に見た映画『ウエストサイド物語』に触発されて、我が街版の脚本を書いた。工場が建ち、新しい家が増え、地元の若者との間に軋轢が生まれる物語だ。しかし、映画以上に展開できなかった。それに、どこで誰が演じるのかと現実を考えると何も思いつかなかった。こんなものを書いて何になるのかという気持ちになって破棄した。

 今晩は、昭和19年4月から昭和20年3月に生まれた人が集まる懇親会を行う。もともとは社会福祉協議会の呼びかけで発足した会で、私たちがその第1期生である。中心になってやっていた人が何年か前に亡くなり、役員を選挙で決めることになった。マズイなと思ったが会長に選ばれてしまった以上とことんやるしかない。初めは地元の人たちが多かったけれど、今では私のようなヨソ者が増えた。引き受けた当初は会の目的を考えたけれど、毎年こうして集まりおしゃべりして酒を酌み交わす、それでいいのだと今は納得している。

 60歳から始まったから今年で一回りしたことになる。そこで会場を結婚式場に変え、遠い昔を思い出し、懐かしんでもらうことにした。それが吉と出るか凶と出るかは分からない。御膳立てする側は文句を言われて当たり前、次回に活かせばいい。同窓会もそうだけど、亡くなる人はあっても増えることはないから、同じ時代を生きてきた者同士、「次回も元気に会いましょう」が合言葉である。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

子どもの自殺と殺人

2017年02月17日 17時06分18秒 | Weblog

 最近、悲惨な事件が続いている。一宮市の中学3年生が飛び降り自殺したり、四日市市の高校3年生が母親を殺害したり、どうしてこんなに命が粗末にされてしまうか。私も教師だったので、「先生の言葉の重さ」は感じる。教師自身は何気なく口にした言葉でも、言われた本人は傷つく場合がいくらもある。教師も人間だから絶対ではない、間違いもする。子どもたちがそう受け止めてくれればいが、子どもは意外に大人を絶対視している。

 だから、大人である教師の方が、自分のやっていることが正しいかと検証しなくてはならないのに、相手は子どもだからと上から目線で見てしまう。自殺した中学生の担任は「絶対いじめていない」と断言しているが、きっと深く後悔しているだろう。もし、後悔していないなら教師としては失格だ。自殺した子どもは担任に「全てを否定された」と書いているのは事実だから、どういうことなのか考える必要があるし、それが出来ないようなら教師をやめた方がいい。

 四日市市の高校生は大学受験のことで母親から何度も小言を聞かされていたようだ。母親はきっと、「あなたのために言っている」つもりだろうが、半分はそうでも半分は見栄やエゴ、つまりは自分のためだ。同級生から「真面目で大人しい子」と言われている高校生が、母親の小言ごときにどうして殺意まで抱いてしまったのだろう。真実はわからないが、子どもを思いやる自分の気持ちがどういうものか、見つめられる母親だったらこうした惨事には至らなかっただろう。

 思いを伝えることは難しいけれど、伝えなければ遠のくばかりだ。求め過ぎれば傷つけることにもなりかねないが、求めなければ自分が虚しくなるだろう。人の世は悲しみの連続なのかも知れないが、喜びもまた人の世にしか生まれない。不満や文句を言う前に、「愛しているよ」と伝える心の余裕が欲しい。キリストが「受けるより与えるほうが幸福である」と言ったけれど、そんな風にみんなが思うならもう少し優しい世の中になるだろうに。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

演劇と映画と‥

2017年02月16日 17時39分51秒 | Weblog

 名演小劇場で昔は演劇も行われたが、今は文芸映画の上映に限られている。演劇をするには狭すぎるのかも知れない。名古屋市は3百人から5百人ほどを収容できる文化小劇場が各区にあり、演劇や音楽の発表に適している。使用料がいくらかかるかも知らずに言うのは無責任だが、1千人、2千人収容できる会館よりもこの施設は使いやすいように思う。

 50年くらい前、高校の教員だった時、生徒の中に名演の事務所に出入りしている子がいて、私も誘われて演劇を観に行っていた。映画好きの私には、大きな会館で行う演劇は観客と舞台の間が空き過ぎていて、もの足りなく感じることが多かった。それでも中には演技者の力量や舞台の主題で引き込まれることも度々あり、舞台の力を感じる時があった。

 教員を辞めてからはしばらく演劇を観ることがなかったが、地域新聞を発行するようになって、地域で演劇をしている人に見込まれて演劇上演の実行委員長を引き受けたりしたことから、名演の会員にもなった。私を名演に誘ってくれた人が名演を辞めるまでは続けるつもりでいたが、毎月払う会費に比べ、上演される演劇が見応えに欠ける気が増してきていた。

 事務所にも出入りさせてもらったけれど、会の古参の人たちのように、「民主的な演劇を育てていく」気持ちが欠けていた。そんなスローガンは時代遅れとさえ思っていた。民主的な演劇って何なの?反戦とか政治批判があれば民主的なの?学生演劇でも面白いものはあるし、商業演劇にも時代を鋭く描く作品もある。名演の役割はもう終わったと思うのに、それは言えなかったから、自分が去るより他なかった。

 何がいい演劇なのか、何がいい映画なのか、何がいい音楽なのか、何がいい絵画なのか。鑑賞する人が決めればいいし、時代とともにその価値も変わっていく。だからこそ人々が敏感な感覚を失わないことだと思う。与えられたり押し付けられたりするものではなく、自らが判断できる感覚こそが大切だろう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

劇団・新幹線『蒼の乱』

2017年02月15日 17時52分22秒 | Weblog

 平安京が始まり貴族たちの優雅な生活はますます華やかになっていった。それは農民たちの食うや食わずの生活に支えられたものだった。935年に関東で平将門の乱が、続いて瀬戸内海で藤原純友の乱が起きた。呼応するように起きた乱だったが、通信手段のない平安時代にそんな謀は出来ないだろうと思っていたが、私と同じ様に2つの乱を結び付けて考えるシナリオ作家がいた。

 名演小劇場で上映された劇団・新感線の『蒼の乱』は藤原純友と平将門がともに挙兵し、朝廷を東西から挟み撃ちにして「新しい国」をつくろうというものだった。ここには裏があり、関東で兵をあげた将門を支援した蝦夷の王は、実は太政大臣の弟で、天下を取るための策略だった。どんでん返しは作者の中島かずきの得意のところで、新感線の芝居を観てきてよく分かった。

 主演は将門の妻役の天海祐希さんと将門役の松山ケンイチさん、脇役に早乙女太一さんや平幹二朗さんが、さらにいつもながら脇役ばかりだが存在感のある高田聖子さんもいて、あっという間の3時間だった。新感線の芝居は歌って踊って、見せ場の決闘シーンやチャンバラが何度も出てくるので、ついその迫力に目が向いてテーマ性がぼけてしまうが、『蒼の乱』は将門の苦悩がよく分かった。

 将門は関東に「新しい国」をつくろうとするが、朝廷からの討伐軍と戦う日々が続き、農民たちの離反が生まれる。農民も彼らの土地も愛する妻さえも守ることが出来ないことを知り、最後に自分の首を差し出すことで愛する妻だけは守る決心をする。将門の妻も、夫が愛した関東の平野を守るために戦うが、結局は「新しい国」をつくることが出来ない。侍も農民も蝦夷も異国民も差別のない「新しい国」は次の時代に期待するしかない。

 この「新しい国」つくりは現代にも通じる。どんなに戦いに優れた武将がいても、どんなに人々に人気のある政治家がいても、それだけでは「新しい国」はつくれない。何が必要なのだろう、どうすれば理想に向かって進むことが出来るのだろう。将門の乱から1100年近く経てもまだ何も変わっていないのだろうか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加