友々素敵

人はなぜ生きるのか。それは生きているから。生きていることは素敵なことなのです。

名古屋市長選挙は河村氏が当選

2017年04月24日 17時15分28秒 | Weblog

 名古屋市長選挙で河村たかし氏が4回目の当選を果たした。河村氏は454,937票を獲得したが、それは有権者の4分の1に過ぎない。棄権した人が1,158,298人もいる。地方の首長選挙ではよくあることだが、なぜか虚しい。棄権した人たちの言い分は、「誰が市長になっても変わらない」「声を上げても、期待通りにはならない」が圧倒的だった。

 河村氏は「庶民革命」を旗印に、市民税5%減税や市長給与の削減、市長の退職金廃止、議員報酬の削減を訴えて市長の座に就いたが、自らが率いた地域政党の不祥事や離反で、議員報酬の削減や地域委員会の創設などの「革命的政策」が議会の反対で実現していない。今回の選挙では、名古屋城天守閣の木造化を前面に、1千メートルタワーの建設、東山動物園に世界的に珍しい動物を、SL列車を走らせるなど、およそ「庶民革命」の政策とは考えられないことを掲げていた。

 対立した岩城氏は市議会の主要会派の議員の支援を受けたので、明確な政策を掲げることが出来なかった。「河村市政からチェンジ」「名古屋を変えよう」と声を上げるが、具体性に欠け説得力がなかった。むしろ名古屋城天守閣の木造化反対を掲げた太田氏の方がすっきりしていたが、有権者には木造化も建設反対も関心はなかった。市長を選ぶための重要な要素ではなかったのだ。

 出口調査で投票する上で重要視したことを聞くと、減税や福祉が圧倒的だった。投票した有権者は目先の利益を重んじ、棄権した有権者は政治に期待していない。これは世界的にも同じで、フランスの大統領選挙でも、4人の候補が過半数に達せず、右派と中道の上位2人の決選投票となった。左派が強かったフランスでも理想よりも現実が求められているようだ。

 共謀罪が成立するかも知れないのに、人々の関心は薄い。森友学園問題や安倍首相夫妻の古くからの友人による加計学園問題など、闇は閉じられたままだ。中国や北朝鮮を取り上げ、「日本人は平和ボケしている」と非難する人がいるが、政治の闇はどうとらえているのだろう。何もかもボケてしまっている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花の命は短くて

2017年04月23日 17時35分40秒 | Weblog

 とうとうチューリップも終わりに近づいた。「花の命は短くて、苦しきことのみ多かりき」(林芙美子)と母はよく口にしていた。時には「苦しき」が「悲しき」となったり、「多かりき」が「多かれど」に変わったりしていた。高校の時だったかに調べてみたら、「花の命は短くて 苦しきことのみ多かれど 風も吹くなり 雲も光るなり」と『浮雲』にあった。

 母がどんな気持ちで口にしていたのか分からないが、花に自分を例えていたのだろう。輝くような時期はわずかしかなく、苦しくて悲しい思いばかりだったのかも知れない。母と父は当時としては珍しく恋愛結婚だった。しかも父は母よりも2歳年下の代用教員で、小説家を夢見る色白の痩せた青年だった。父の夢をかなえさせるために母は尽くしたと姉が話してくれた。小説家にはなれなかったが、今も私の手元に父がノートに書いた童話がある。

 父が職場の女性教師に恋していたと思われるノートもある。校長室の卓上に置かれた花を見て「貴女が活けてくれた」と賛美し、「運動場から貴女の美しい声が聞こえてくる」とある。ふたりがどうなったのか私は知らないが、父の浪漫を見るようでちょっと嬉しい。54歳で母が亡くなり、2年後に父も後を追った。完全無欠な夫婦はいないから、きっとあの世でも母が一方的に怒り、父は黙ってうなずいているのだろう。

 カミさんのゴルフ仲間が朝の練習を終えて、我が家のチューリップを見に来てくれた。「わあー、凄いわねえ」と言ってくれる。私がコーヒーの用意をしようとしたら、「もう、飲んできたからいいわよ」と言われるので、カメラのシャッター係りを担う。チューリップも咲き揃い始めて1週間が限度で、花の終わったものを切り取っているが、後4.5日もすれば全てを切り取ることになるだろう。

 サクラもチューリップも花の期間が短いのに、ランはずいぶん長く楽しませてくれる。写真のランは正月初めから咲き始め、昨日やっと全部の花が開花した。今年は花のもちがよい。「根気と愛情が無ければ花は咲かないわよ」とゴルフ仲間が言う。「随分お金がかかったんじゃ―ない」と心配してくれる人もいる。一瞬の幸せを求めるのは愚かなのかも知れない。でも、好きなのは仕方ないようだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

悪いことは重なる

2017年04月22日 18時42分51秒 | Weblog

 先日、「右の脇腹が時々痛む」と言ったら、「CTを撮りましょう」と医者が勧める。今朝は検査日で何も食べられなかった。撮影画面を見ながら医者は「特に問題はないようですね」と言う。私自身は神経性のものだと思うけれど、それを説明することは出来ないから、医者の言うことを聞く他ない。「念のため、大腸の内視鏡検査をしてみますか」と言うので、5月に予約することになった。

 嫌なことは続くというか、皆さんにチューリップを見てもらうまでは何もしないでおこうと決めていたので、今日やっと歯医者に電話すると「午後3時30分過ぎに来られますか」と言う。「お願いします」と午後は歯医者に行くことにした。先回、入れてもらった金属冠が高すぎてかみ合わせが悪く、そのうち慣れるだろうと思っていたら歯茎が腫れてしまった。腫れた部分からウミを出し、高さを調節してもらったが痛みがまだ残る。

 それなら、もう1つの問題も一気に解決しておこうと思い、警察署に出かけた。私のケイタイに「通信信用公社のサポート担当」という人から「お客様は1,165,000円の受け取りの権利がございます」とメールが来たので、これはまた新たなメール詐欺と警察署に届けた。警察官は初め「被害を受けたのですか?」と聞いてくれたが、「いや、こんなメールが来たので、お知らせしておいた方がよいかと思い、来ました」と話すと、途端に砕けて「私にもそんなメールはよく来ますよ」と言う。

 「ご苦労さんでした」で終わりだった。被害に遭ったわけではないので、こんなものかと思いながら、こんなメールでどれほどの人がひっかかるのだろうと思った。振り込み詐欺のように金を払うのではなく、逆に金が手に入ると思ってしまうのだろう。人は情けないほど強欲なのだ。福岡の3億8千万円強奪事件も、金に縁のない庶民にはよく分からない。20代の若い男がそんな大金を持ち運ぶことそのものが理解できない。

 トランプ大統領がどのようにして財産を築いたのか知らないが、金の亡者だけに留まらず、世界征服の亡者になろうとしている。悪いことは重なるというが、そんな馬鹿なことにならなければよいがと勝手に心配している。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チューリップを眺めながら

2017年04月21日 17時27分42秒 | Weblog

 曇り空で風もなく、絶好の「チューリップの会」だった。我が家を加えて7家族10人が集まると広いルーフバルコニーも狭く感じる。今朝は趣向を凝らして、まず日本酒を小さな杯で飲んでもらった。先日、カミさんの弟夫婦と妹が来た時、義弟が「これ、飲んでみて」と花見酒を持ってきてくれたのだ。よく冷やしておいたのでワイン感覚で飲めるが、それを敢えて杯でほんの少し味合ってもらう。

 「これ、いいねえ、グイグイ飲めてしまう」と女性たちは言うが、10人で飲むから杯に2杯も飲めればいい方だろう。呑み助の男性にはちょっと物足りないだろうが、あくまでも屋外で花を愛でながら話をするのが目的なので我慢してもらう他ない。気が付く人は気が付くようで、「昨年より花が少なくなっていない?」と聞かれた。その通りで100球近く減らした。鉢の数は変わりないが、チューリップの代わりにビオラを多くした。

 春の嵐の影響を心配したが、何とか皆さんに「きれいねー」と言ってもらえた。折れたものや花弁がないものなどは目立たない場所に移し、眺めた時に見応えがあるように並び替えた。皆さんがそれぞれに手づくりの菓子やつまみを持ってきてくれたので、酒の後はお茶の時間となる。コーヒーを淹れるのは私の役目だ。10人分を一度に淹れることは出来ないから急いで用意しないと、前の人たちのコーヒーが冷めてしまう。

 7家族のうち、ひとり暮らしの人がふたりいるけれど、「こうした機会がないと家から滅多に出ない」と言う。結婚したばかりだったのに1カ月で転勤になったことや、知らない街で寂しかったことなど昔話を語ってくれた。このマンションには日本の高度経済成長を支えてきた転勤族が多い。転勤先の街が共通していたりするとまたその街のことで盛り上がる。そんな転勤族夫婦の話を聞くと、どれほど我武者羅に働いてきたかが分かる。

 出身地も違えば職種も違う、年齢も違うし体験も違う。けれどもなぜかよく分かる。同じ時代を生きてきたからなのだろう。朝10時から始めて正午を過ぎてしまったので、長老が「そろそろ」と言い出した。残ったお菓子を女性たちが手際よく分配する。「チューリップも好きなだけ切って持っていって」と花切りハサミを差し出す。それでも皆さんは遠慮して、まだまだ花は残った。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アメリカ海軍の原子力空母艦隊、北上せず

2017年04月20日 18時53分09秒 | Weblog

 アメリカ海軍の原子力空母カール・ビンソンを中心とする空母打撃群は、実際には北上していなかった。トランプ大統領は北朝鮮の挑発行為を押さえるため、「無敵艦隊を派遣した」と語り、マクマスター大統領補佐官(国家安安全保障問題担当)も「北朝鮮の行為に細心の注意を払うために、艦隊を朝鮮半島へ向かわせた」と述べていた。私の記憶では海軍の広報担当もそのように説明していた。

 ところが、艦隊は北上せずにインド洋へと進んでいた。15日にはインドネシア近海を航行している写真を海軍が公表している。横須賀に停泊中の原子力空母も朝鮮半島へ向けて出港し、半島を東西から挟む戦術とまことしやかに報道されたが、実際はまだ横須賀に停泊している。その原子力空母の艦上でペンス副大統領は19日、「トランプ政権は敵対勢力に断固たる行動をとる」と演説し、北朝鮮への軍事攻撃もあると決意を示した。

 軍事と外交は最大の秘密事項だから、何が本当なのかは定かではない。わざわざ本当のことを漏らしたり、全く違うことを堂々と公表したり、駆け引きが行われる。もし仮に、トランプ政権内で「情報の混乱があった」なら、政権としてはとても危ういし、カール・ビンソン空母打撃群の司令官が戦争になるのを避けるために独自行動をとったことなら、軍と政権とに乖離があることになる。

 アメリカの大統領選挙の時、全く新しい時代に入ったと思った。トランプ氏は「新聞やテレビはウソばかり」とツイッターで情報を発信した。ヨーロッパでも既存のメディアに代わって、ツイッターが重宝されていると言われている。誰でも情報の発信源になることが出来るから、ウソの情報も面白がって一気に拡散していく。「しっかり確かめなくてはいけない」と評論家は言うが、実際には確かめようがない。だから自分で考えることだと思うけれど、多分、難しいだろう。

 名古屋市長選挙の投票日が近づいている。NHKテレビも東海枠でふたりの候補の政策をとりあげているし、新聞もふたりの主張を比べて掲載している。河村さんは議員報酬の削減と減税それに名古屋城の木造化や1千メートルのタワーの建設など、目立つことばかりだ。岩城さんは政党の応援を受けているので地味で迫力はない。新聞社の調査では河村さんが優勢のようだが、庶民の立場を強調する割には「殿様の政策」のように思えて仕方ない。これも情報操作なのだろうか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

劇団・新感線『シレンとラギ』

2017年04月19日 18時14分26秒 | Weblog

 名演会館で上演される“ゲキシネ”を月に一度のペースで観ている。名演の会員を辞退したのに、会館にだけは通っているから照れ臭くもある。今日の映画『シレンとラギ』は、主演に藤原竜也と永作博美、脇役を古田新太に高橋克実、そしていつものメンバーが揃っていた。高田聖子さんはいつもながらエログロ路線だが、やっぱり彼女がいない劇団・新感線は考えられない。

 中島かずき作、いのうえひでのり演出は新感線の骨頂で、観る者を飽きさせない。3時間に及ぶ長丁場なのに、いったいこの先はどうなるのかと興味をそそる。「シレン」は北の国のテロリストで、南の国の支配者暗殺の命令を受けた女性。「ラギ」はシレンに暗殺を命じた北の国の重臣の息子。ふたりは一度は暗殺した南の支配者が復活したとの情報を受け、南の国へと向かう。ところが物語はここから一気に複雑になる。

 シレンに恋したラギは、「愛は知らない」と言うシレンに、ラギは「ボクが教え、あなたを守る」と迫り、ふたりは結ばれる。ところが20年前、シレンは支配者を殺すために男と女の関係となり身籠るが、その子は取り上げられた。殺される運命の子は密かに助けられ、北の国の重臣の息子として育てられた。「新しい国」を創るために反乱を起こした重臣は、シレンとラギも殺そうとする。ラギが重臣に刀を向けると南の支配者は、「お前が殺したいのは父親である私だ」と言う。

 そこでようやく気が付いた。父を殺し実の母と交わる、ギリシア悲劇の『オイディプス王』ではないか。ギリシア悲劇は悪人はいないのに、運命のいたずらで人は不幸に陥ってしまう。南の支配者も北の国の重臣も、理想の国を創ろうとしたけれど、どうしてもそこには私欲が存在する。北朝鮮と韓国の関係なのか、いや日本も含めた世界中がどこかで私欲の犠牲となっているのかも知れない。

 「中島かずきが『このラストが書きたかった』と言う願いが結実したシーンは、観客の心を強く揺さぶった」とパンフレットにあったので、思わず身を乗り出して観たけれど、ああ、こういう終わり方しかないかも知れないなあーと思った。シレンとラギは男と女であり母と子であるが、ラストは「人として」人のために尽くすということだった。北の国と南の国がどうなったのかって?それはご想像にお任せしますということのようだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

何を信じればいいのか

2017年04月18日 17時36分33秒 | Weblog

 朝からの強風にチューリップは右往左往している。花弁をもぎ取られたものもある。風よ、あと少し穏やかでいてくれ!皆さんが見に来てくれるまで待ってくれ。春はいつもこんな風に無情な風が吹く。ガラス戸から入り込んでくる隙間風が、「ブォー」と異様な音を上げている。私はガラス越しに、揺れ動くチューリップをただ見つめるばかりだ。

 アメリカ軍の最大空母艦が北上している。韓国に続いて日本を訪問したペンス副大統領は、「戦略的忍耐の時代は終わった」と言い、「北朝鮮はアメリカ軍の本気度を甘くみるな」と警告した。まさか、そんなことはないと思うが、何かの拍子にミサイルの飛ばし合いが始まるかも知れない。アメリカ軍は多少の痛手があるかも知れないが、本土まで攻撃されることはないだろう。それに比べて韓国と日本は戦場かそれに近い被害を受けるだろう。

 我が家のチューリップもバラもこれが最後になるかも知れない。そんな危うい時代になってしまった。「何を信じればいいのか?」とテレビでも話題になっていた。姉妹で暮らしている高齢者の姉から「地震が来るから助けなさいと言われているが、そのリストに妹が入っていないのはどういう訳なのか」と電話をもらった。「あなたと一緒に暮らしているのだから、当然あなたが助けられるからでしょう」と答えると、「妹は私の言うことを信じない」と言う。「妹さんがどう言おうと、あなたは妹を助ければいいでしょう」と答える。

 地震ではなくて、戦争が始まるということなのだろうかと一瞬思う。姉の言動に悩まされた妹は「私は誰も信じていない」と姉の言葉を否定する。姉は「妹は小さい時から両親に可愛がられたが、私は見向きもされなかった。妹は私を病気だと言う。子どもの頃から人を信じたことはないと言う。おかしいと思いませんか」と言うので、「それでも、たった二人だけの姉妹じゃーないですか。信じるとか信じないとかではなく、助け合って生きていくしかないじゃーないですか」と答える。

 30分近いやり取りが何度も続くと、「選択肢はない」と言いたくもなる。突然に戦争が始まったなら、「何を信じればいいの?」などと言っておられない。でもきっと、「信じる」ものがある人が生き残れるのだろう。私は何を信じればいいのだろう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おかしな大人が多い

2017年04月17日 17時40分48秒 | Weblog

 おかしなことをする大人が多い。本人が黙秘しているので犯人と断定することは出来ないが、千葉県のベトナム国籍の小3の女の子が殺害され遺棄された事件は本当に悲し過ぎる。テレビで見る女の子はとっても可愛くて、それだけに余りにも痛ましい。トランプ大統領はシリアで殺害された子どもたちの写真を見て、「化学兵器を使用したアサドは許さない」と地中海の艦船からミサイルを撃ち込んだ。

 化学兵器は悪だが、通常兵器は善とでも言うのだろうか。なぜ、殺害は許さないと宣言しないのかと思う。殺し合うことそのものが悪であり、政治家は殺戮を地上から無くす責務を負っている。そんな単純なことがどうして理解できないのだろう。大分県の私立中学校は、死亡した生徒の両親が卒業式に参加することを拒否した。死亡した生徒は体育の持久走の最中に倒れ、搬送先の病院で亡くなった。「一緒に卒業したい」と生徒が訴え、空席に遺影を置き、式で名前が呼ばれるとクラスメートが声を揃えて「はい」と答えたという。

 泣かせる話なのに、当日、両親が他の保護者と学校へ赴くと職員が制止した。敷地に入ると警察に通報され、式を見ることは出来なかった。学校側は「式の運営に差し障りがある」と説明している。これが大人の対応なのかと悲しくなる。一強多弱の安倍政権には『おかしな大臣』が多い。今村復興大臣は「自主避難は自己責任」と言い放ったし、稲田防衛大臣は「子ども手当てを防衛費に回せばいい」と恥じらいもなく発言した。昨日は山本幸三・地方創生大臣が「学芸員はガン。連中を一掃する必要がある」と発言している。

 国の大事な分野で責任のある立場の人たちが、これほど無知で無責任とは余りにも情けない。しかし、安倍首相は首相主催の「桜を見る会」で、招いた1万5千人に昭惠夫人とともに満面の笑みで応えていた。そして、「風雪に耐えて5年の八重桜」と俳句を披露し拍手喝采を受けていた。本当にそんなに浮かれていていいの?と思う。トランプ大統領も金正恩委員長も何をするか分からない。偶発事故から戦争にならないとは言い切れない。おかしな大人が多いから。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日は私の誕生日

2017年04月16日 17時01分12秒 | Weblog

 初夏のような陽気の中、カミさんの弟夫妻と妹が我が家へ遊びに来てくれた。靴を持って上がってもらい、応接間を通り抜け、ルーフバルコニーに出てもらう。するとアジサイやバラの若葉が目に入ってくる。足元には山スミレが満開だ。「ワアー、凄いわねぇ」の一言が聞きたいためのコースである。そして南を向くと、チューリップとビオラが咲き誇っている。まだ満開ではないけれど、ちょうどよい具合に咲いてくれた。

 テーブルとイスを並べ、花を眺めながらコーヒーを飲む。初めは日陰でよい具合だったのに、だんだん暑くなってきて、居間の方へ移る。花はあくまでも集まるための口実なのでそれでよい。入院中のカミさんたちの母の妹である叔母から電話が入る。「今日は身体の調子がよい」と言う。カミさんから妹そして弟へと電話が回る。こんなにおしゃべり出来るのは珍しい。春の暖かさと姉の子どもたちと話が出来ることで、かなり気分がよいのだろう。

 義弟は今や地域でなくてはならない人になっている。持ち前の気安さからか、みんなに頼られているのだ。小学校の先生だった義弟は、声はよく通るしパソコンは出来るし司会は適役で、しかも頼まれれたら嫌とは言わないので、仕事が増える一方のようだ。私の中学からの友だちも、「70歳を過ぎたらやたらと忙しくなった」とブログに書いていたが、頼りになる人に仕事が集中するのは申し訳ないが、逆にありがたいことだと思ってもらいたい。

 見向きもされない人より、頼りにされる人の方が、大変だけど幸せ者である。それに、頼られれば頑張ろうという気にもなる。地域のボランティアリーダーとなった義弟は、「家に籠ってしまうのを防ぐためには、外に出す工夫がいる。地域全体で高齢者同士の絆をつくることで、1件でも不幸な事件を減らしていきたい。元気な高齢者は率先して動く必要がある」と熱く語る。「お兄ちゃんもそんなことを考える歳になったのね」と義妹が笑う。

 私は今日、73歳の誕生日を迎えた。ふたりの娘とふたりの孫娘から「誕生日おめでとう」のメールが届く。ありがとう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

18冊の日記に綴られた男の足跡

2017年04月14日 17時56分50秒 | Weblog

 春らしい一日。日差しは強く、風は穏やかで、ルーフバルコニーで作業をするにはもってこいの日和だった。日曜日にはカミさんの弟夫婦と妹が、チューリップを見に我が家に来てくれる。せっかく育てているのだから誰かに見てもらいたい。ところが、今年はなかなか咲き揃わない。日曜日も天気が良くないみたいだ。「チューリップはつまみのようなもので、兄弟がおしゃべり出来ればいいんじゃないの」と私はノー天気だ。

 マンションの友だちを呼んでの「チューリップを愛でる会」が、何日に開けるのかは心配だ。月曜日と火曜日は雨模様だから、水曜日まで花が待ってくれるようにと祈るばかり。この暖かさでルーフバルコニーの鉢植えのバラもよく茂ってきた。5月になれば今度はバラを楽しんでもらえるだろう。アジサイも美しい若葉が大きくなってきた。昨年咲いたサルビアから種を取り、4日に蒔いたがまだ芽は出てこない。もう少し暖かさが必要なのだろう。

 植物は時が来れば、芽を出し花を咲かせる。しかし、人は一生かけてもなかなか花を咲かせることは少ない。押入れを整理していて、出てきたものは父の物ばかりではなかった。中学2年の時から書き続けてきた私の日記もあった。中学2年の4月に初めて書いたものは「自由日記」という立派な日記帳だ。きっと父親が余ったものを私にくれたのだろう。恥ずかしいほど下手な文字である。日記の他に、詩や戯曲まがいのものや雑文がノートやメモ用紙に書きなぐられている。

 中学3年になると文字は多少きれいになり、日記らしくなっている。結婚するまでは比較的しっかりと書き続けているが、次第に飛び飛びになり、62歳からまた根気に書き続けている。花を咲かせるには至らなかったが、この18冊の日記からひとりの男の足跡は見て取ることが出来ると思う。私が持っていても仕方ないので、誰かに渡して何かの役に立てたらと思う。

 父の日記や童話などを書いたものもそうだが、本人は「大事なもの」でも他人が見れば何でもない紙クズでしかない。貰い手が無ければ燃えるゴミで出そう。石川啄木だってそうだったが、日記を家族だけには見て欲しくない。明日は長女のダンナの姉のところの「桜祭り」に出かけるのでブログは休みます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加