言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

こぐま弁護士を怒鳴りつけたのは誰か

2010-08-11 | 日記
 こぐま弁護士さんを怒鳴りつけたのが誰なのか、ご存知のかたがおられましたら、教えてください。

 といっても、読者のかたには、状況がわからないかもしれないので、概要を記します。



 私は以前、

   湯山孝弘弁護士に確認したうえで、湯山孝弘弁護士の実名を出し、
   こぐま弁護士のブログに、
   こぐま弁護士を思いやった内容の、親切なコメントを書いた

のですが、ブログ開設者のこぐま弁護士さんは、

   「す、すみません」と書き、
   「特定の方」 について書くのは非常識である、と私を非難したうえで、
   私のコメントを削除された

のです。状況を考えるに、こぐま弁護士が誰かに、「怒鳴りつけられた」 としか考えられません。



 しかしながら、私としては、

   なぜ、「特定の方」、
   すなわち湯山孝弘弁護士の実名を出すことが非常識なのか、
   まったくわからない

わけです。



 常識的に考えれば、こぐま弁護士を怒鳴りつけたのは、湯山孝弘弁護士 (または湯山孝弘弁護士より依頼を受けた暴力団等) のほかには、考えられないのですが、

   当の湯山孝弘弁護士は、実名を出すことを「承諾していた」はず

であり、「こぐま弁護士を怒鳴りつけたのは、いったい誰なのか、わからない」わけです。



 もっとも、私が、湯山孝弘弁護士が実名を出すことを承諾していた、と述べているのは、「弁護士による「詭弁・とぼけ」かもしれない実例」などに書いた「やりとり」などが根拠になっています ( まだブログには書いていない「やりとり」もあります ) 。



 かりに、こぐま弁護士を怒鳴りつけたのが、湯山孝弘弁護士であるとすれば、湯山孝弘弁護士は、「詭弁を弄し、とぼけている」ということになり、話のつじつまが合うのですが、

 ひょっとすると、こぐま弁護士を怒鳴りつけたのは、湯山孝弘弁護士以外の人 (たとえば暴力団等) かもしれません。

 かりに暴力団等であった場合、湯山孝弘弁護士が「詭弁を弄し、とぼけている」という「誤解」を読者に与えることは、問題である、ということになるかもしれません (ならないかもしれません) 。



 そこで、こぐま弁護士に直接、誰に怒鳴りつけられたのか、尋ねるのが一番、ということにもなるのですが、

  1. 弁護士自治を弱めてもよいかもしれない」に記載したとおり、こぐま弁護士さんは、ブログの内容を「こっそり」書き換えておられますし、
  2. 弁護士業界は病んでいるのかもしれない」に記載したとおり、こぐま弁護士さんは、他の弁護士に媚びている (こびている) とも考えられるうえに、
  3. 「こぐま弁護士」 さんの主張について」に記載したとおり、こぐま弁護士さんは、私が何度か、こぐま弁護士さんの主張の根拠を尋ねようとしたにもかかわらず、まったく答えてくださらないばかりか、ブログの設定を、トラックバックを受け付けない設定に変えられた

ので、こぐま弁護士さんに尋ねる、という方法は、事実上、不可能だと考えられます。



 しかし、だからといって、湯山孝弘弁護士に尋ねることも、「弁護士による「詭弁・とぼけ」かもしれない実例」で明らかなとおり、期待できないと考えられます。



 そこで、どなたか、こぐま弁護士を怒鳴りつけたのが誰なのか、ご存知のかたがおられましたら、教えてください。



 かりに湯山孝弘弁護士の「承諾がなかった」とした場合、このブログに、湯山孝弘弁護士について、実名を挙げて記載することは、問題である、ということになるかもしれません (ならないかもしれません) 。

 ですので、ご存知のかたがおられましたら、ぜひともよろしくお願いいたします。



 なお、かりに湯山孝弘弁護士の「承諾がなかった」場合であっても、実名を記載することが法的に (および倫理的に) 許容されると考えられる場合にかぎって、湯山孝弘弁護士の実名を出していますので、問題はないだろうとは思いますが、

 「承諾があるに越したことはない」ですし、「承諾があれば、はっきりと、わかりやすく書ける」ので、ブログを書きやすくなります。

 ですので、こぐま弁護士を怒鳴りつけたのが誰なのか、ご存知のかたがおられましたら、教えてください。よろしくお願いいたします。



■追記
 なお、このブログの内容に対して、いまのところ、どちらの弁護士さんからも苦情等は、まったくありません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (95)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ガソリン税の使途と、高速道... | トップ | 揮発油税・石油ガス税の使途... »

95 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
弁護士は実名で抗議可能でしょう。 (海外)
2010-12-29 09:33:54
私は今日本の現役弁護士から異常なまでのストーカー行為の被害に遭っています。男は私のインターネットにGPSをつけ私が開くサイトにまで執拗に付回し、通常では出ることの無い絵図やカラーを出し自分の存在を示す変質者行為を繰り返しています。また個人情報であるe-MAILNI不正入力をし、メールの全てを読み、もはやこれが法を守るべき弁護士がすることかとおぞましい限りです。

これは立派な犯罪ですので男が事務所を開く千代田区麹町署には通報していますが、日本では刑事事件の場合被害届は直接出向いて提出しないと刑事は動けないといわれてます。ならば後は訪日をし、男の弁護士資格剥奪と逮捕に向けてうごくのみです。

男は世間的には人権派、消費者の味方などと称し自分もその気になり大型詐欺事件がおきればお金目的と有名税目的ですぐさま弁護団を買って出てますが、本来本当の人権派とは裏で犯罪行為を犯さないひとのことです。またtvにて人様の犯罪をたしなめているそうですが自分もその犯罪者ですよ、せけんにばれなければ何をしてもかまわないなんて思う人が弁護士資格W取れるとは日本国も甘いのですかね?

偽善者を隠して人権派ですか、笑い話ですかね?犯罪者名東京都千代田区麹町4丁目、電話番号03-03515-6681.紀藤正樹、50歳独身、50過ぎて独身だと守るべき家族が居ないために執拗なストーカー行為も簡単なのですかね。弁護士は資格保持者ですから犯罪を犯すような悪質な弁護士は世間に公表してこそ社会のためですよ。タダ有名と言うだけで信用する消費者もいるでしょうから、こんな男に犯罪を語る資格はありません。どの顔をさげてえらそうなコメントをするのかその神経がわかりませんけど。二枚舌、偽善者、卑怯者弁護士紀藤正樹。
Unknown (memo26)
2010-12-29 18:36:15
 「インターネットにGPSをつけ」る、という部分がわかりません。これはどういう意味でしょうか?

> 本来本当の人権派とは裏で犯罪行為を犯さないひとのことです。

 これは私も同意見です。紀藤弁護士は「名前だけ」知っています。紀藤弁護士がどうかは知りませんが、知名度を上げるために弁護団に参加する弁護士がいるという話は聞いたことがあります。

> 弁護士は資格保持者ですから犯罪を犯すような悪質な弁護士は世間に公表してこそ社会のためですよ。タダ有名と言うだけで信用する消費者もいるでしょうから

 私も同じことを考えています。つまり、「弁護士の質」を考えれば、「弁護士の淘汰」ないしは「消費者による弁護士選択」が必要であり、そのために「弁護士については消費者ないし国民に対する情報提供の観点から、本来であれば名誉毀損になりうる内容であっても公表してよい。すくなくとも名誉毀損が成立する範囲を絞る方向(名誉毀損にならない方向)で考えるべきである」と考えています。
弁護士の犯罪 (海外)
2010-12-30 09:59:22
ご返信をありがとうございます。GPSをつけているというのも100%事実です。証人もいますしね。というかGPSがつけられていると教えてくれた方が居て始めてGPSが設置されたことを知ったのですが。

まずインターネットを立ち上げますと、通常では出ることの無い真っ黒いカラーを出し自分の存在を示しますしね。もはや変質者そのものですよ、無言で嫌がらせ行為をしているわけですから、なんでも証拠ですからその真っ黒いカラーは写真に収めました。

Tvやマスコミに弁護士力より名前が先に広まったような男ですから、実力も無いまま弁護士として一流とおもいこんでますからね。しかしながら男には簡単な矛盾も理解できないことも判明しています。ですから私がこのような公言をしても手も足もでませんしね。動けば自分の犯罪を自分で公にするようなものですから。日本ではこのような公言はじじつであってもなくても名誉毀損になるのですよね?私は男からそれで訴えられても構わないのでどこでも男の犯罪を公表しますよ。

男は大型詐欺事件が起きればすでに警察も動きますでしょ、相手側の矛盾なども改めて考える必要も無い事件にだけ弁護団の名乗りでて、いかにも消費者の味方を演じ、マスコミが動けば自分の名前も一躍さらに有名になりますしね。

「大型詐欺事件に紀藤弁護士あり」みたいな、だいたいこの男の目的はお金ですから、被害者が多ければ多いほど依頼費用も高額になり、小さな事件には見向きもしないのがその証拠、こういう偽善者が弁護士資格を保持していられる日本国もおかしなもの。同業者の皆さんは男の裏の顔などは知りませんからね、一緒に弁護団としてご活動しているんでしょうけど、最低な弁護士であるのは事実です。

こんな男より社会的に名も無い弁護士さんのほうが人権派ですし、消費者の味方ですよ。タレント気取りもうざく、どういう神経だと社会を騙し堂々と弁護士をしていられるのか、そのずぶとい神経を疑いますね。
弁護士のストーカー犯罪 (海外)
2010-12-30 10:49:45
偽善者弁護士紀藤正樹について私が更に驚いたのは、日本の男性歌手Tがカルト宗教にはまり、それを救いたいと公言したこと。要は宗教問題を借りて自分の弁護士名を更に高めたいという表れでしかなく、そしてそれに群がった男の活動仲間と称する男女達を見れば男の素顔もみえましたしね。

歌手Tのために必死で動いてきたという山本ゆかりなる女性も紀藤に群がるだけあって同じような人間性も判明してます。山本ゆかりはT歌手の大ファンだったとかで、スタッフにもなりT歌手を支えてきたとか、それがカルトにはまり言動がおかしくなり、Tを救いたいと、しかし自分ひとりの力ではTがカルトから目覚めないからと紀藤を訪ねたと、、。

ここにも不自然な点がありますしね。宗教問題の強い味方みたいな社会的立場がある紀藤ですから、(名前だけが先行した事実は隠され)紀藤が動けばマスコミも動くそれに便乗して山本ゆかりはTを助けられるかもなんていう演技を堂々としたわけですから。

なぜ紀藤なのか?と質問したことに対して、弁護士会から推薦されたといいましたが、紀藤だけが宗教問題に詳しいわけではないですよね?紀藤のほかにも弁護士さんのお名前を紹介されたはず、しかし山本ゆかりは紀藤をチョイスしたということは山本ゆかりも紀藤が動けばマスコミもというように利用できるものならなんでも、話題になることを重々承知だったこと。

本来友達を救いたいと本気で考える人はマスコミを動きは極力避け、自分達の手でとのが本当の友人知人思い。紀藤に集まる仲間とは大体悪用利用のたぐい。どこが歌手Tを本気で救いたいのよ系の、ずるがしこい弁護士には同じような仲間が、、ですかね。紀藤のような偽善者弁護士が弁護士会にのさばると、紀藤の名前だけがどんどん高まり広まり、日本の弁護士の質にも影響してきますでしょ・

本当に助けたいのなら事案の大小には関係なく相手が有名であろうかなうかそれも関係が無く手を差し伸べるもの。歌手Tもとうとう紀藤宗教の手の中に、自分の躍進のためならあるものすべて悪用利用は朝飯前の弁護士。さらにストーカー行為にのめりこむのですから、、おぞましい限り。私は紀藤のストーカー行為を絶対に許しません。逮捕されて当然。
Unknown (memo26)
2010-12-30 18:06:34
> まずインターネットを立ち上げますと、通常では出ることの無い真っ黒いカラーを出し自分の存在を示しますしね。もはや変質者そのものですよ、無言で嫌がらせ行為をしているわけですから、なんでも証拠ですからその真っ黒いカラーは写真に収めました。

 GPS とは、カーナビなどについている Global Positioning System だと思いますが、それとは違う意味でしょうか? それがなぜ、インターネットと関連するのかがわかりません。

> 本来友達を救いたいと本気で考える人はマスコミを動きは極力避け、自分達の手でとのが本当の友人知人思い。

 これはその通りだと思います。


 ところで、あなたが書いているとおりだとすると、紀藤弁護士は当然、このブログへのあなたの書き込み(コメント)を知っていることになります。削除依頼等があった場合、当ブログ上において(一定期間)あなたの意見を待ったうえで、私の一存で対処するつもりです。つまりあなたが意見を述べる機会は提供しますが、削除することもあり得ます。この点はご理解ください。
弁護士によるストーカー行為 (海外)
2010-12-31 04:39:26
引き続きのご返信をありがとうごうざいます。紀藤は私が開くサイトにまで執拗に付回していますから、当然ここも見ているでしょうしね。
自分の不都合な公表は即刻削除するでしょうし、またそちらさまも削除が必要と思われるのでしたら、お構いなくなさってくださいませ。事実である以上は法律家とはとうてい思えない言動をするような弁護士の実態は公表すべきと思います。

紀藤はカルト宗教にはまっていた歌手のTに関して自分のHPではぼろくそに批判してましたからね。自分の公言は可能で、私が紀藤の悪事を公表したら削除要請などをするようでは、それでも弁護士としての次元がかいまみれますしね。

ストーカー行為については紀藤が営業しているリンク総合事務所にも何度も伝えて即刻辞めるようにと伝えていますが、また直接紀藤に電話に出るように伝えても紀藤は対等に私とは話せず居留守を使う始末で逃げるだけです。また事務所員も見てむぬふり、紀藤の偽の有名税に集まったような所員ばかりですし、所属している弁護士らも同じく紀藤という有名税にのっかり自分達の弁護士名を、、系ですからね。

本当に消費者のために活動したい弁護士なら別に紀藤の事務所ではなくても良いわけですから、なぜリンク総合法律事務所に群がるのか?と言う根拠を見ても所員全員も紀藤に右にならう偽善者の集まりと言うことも判明してますしね。実際に山口貴士弁護士などは紀藤と本をだしたり、歌手Tを救いたいなどと寝ぼけたことを公言した山本ゆかりも紀藤経由で本を出版してますしね、消費者を救いたい、歌手Tを救いたいなどは、本来の目的(自らからの野心)の手段でしかないということです。

紀藤は自身でインターネットの達人と称していますから、私の私生活を見たさにどんな手でも使いGPSもつけるのも簡単なのでしょう。今朝もインターネットをする際、紀藤の変質的な妨害に遭い、一度インターネットを切るはめにさせられています。しかし電話には出られず、私には一言も何も言えず異常な執念で嫌がらせをするだけの最低次元それが社会的には人権派などといわれている現役弁護士の実態ですよ。

弁護士によるストーカー言動 (海外)
2010-12-31 05:19:00
大型詐欺事件に群がる名誉欲の塊である紀藤正樹。詐欺事件の本当の加害者とは紀藤率いる弁護団ですよ。そもそも消費者が自分の意思で投資を考え実行するわけですよね? また霊感商法などといわれている事件でも、宗教にはまる最初の時点は各個人が自分の意思でその宗教を信じ入信し教祖を信頼し、壷や絵画を自分の意思購入しという経路。

紀藤などはオウム事件から急にTVに出始めたそうで、紀藤自身も宗教問題に紀藤ありみたいな偽の名誉に酔いしれていますから、その紀藤がそんな安物の壷に何百万円も払ったのならそれは霊感商法だ、あなたは被害者だと言えば? 深い読みが出来ない一般人なら自分は騙されていたのか?とおもって然りでしょうし。、そもそも人の美的感覚は異なるもの。たとえ一般的にみて安物でも自分も納得して購入したのなら、その人自身の価値観の責任でもありますしね。

なんでも被害者を作り出す、そしてその弁護団を買って出る、マスコミがニュースとして流す、被害者が大勢集まれば高額弁護費用を得る、弁護団長の名前も広まりと紀藤にとっては一石二鳥及び三鳥にもなるという計算が常に頭がありますから、被害者でもない立場も簡単に被害者にしてしまいという紀藤による催眠術にかけられた人も少なくないということです。

例えば一般社会にてバックを購入した人がいて、使ううちに徐々に興味が薄れたとその人は購入先に返金要求をしますかね? それを知った紀藤はその人にあなたは被害者ですよなんていいますかね。この場合は消費者の100%の個人的範囲で事件にはならないことを紀藤は重々承知。 それに詐欺事件の被害者のことを本気で考えられる弁護士なら、毎年豪華な忘年会などは開きませんしね、金銭的に大きな被害を負っている立場を見ている以上はその弁護団長がそれらの人のことを後回しにして大騒ぎなんでしませんでしょ、普通の常識人なら。

大型詐欺事件の弁護団を引き受けました、後は暖かい事務所(今の季節なら)に居て動かずしらんふり、、それが紀藤の本当の人間性です。見栄と欲望だけに命を掛ける男ということです。

なんでも被害者にするのが紀藤のやり方、そ
偽善者弁護士の正体 (海外)
2011-01-03 09:13:54
Hello guys Happy New Year. 私が思うに大型詐欺事件の被害者を名乗る人々は確かに同情する点はありますけど、投資とは個人の意思で初めますでしょ、私もアメリカ企業の株を買う立場ですけど、騙されたという投資家達自身で投資する会社の実態を調べもしないで買い、大損をさせられた、これは騙されたと後から騒ぐにはどうかとおもいますけどね。

例えば車や家を購入する際に下見をし何度も足を運んでこれならと思ってから始めて契約をしというように大きなお金が動く際には自分自身でそれなりの調査をしますでしょ。それがマスコミや政治家たちまでが一丸となり堀えもんを英雄化し、それに便乗して投資し騙されたなんていうようではあまりにも身勝手、ですから私は大型詐欺事件の被害者にはすべて投資会社が悪いとはおもってはいません。人の意見に惑わされがちな人が起こした被害なのも事実。

この偽善者弁護士紀藤正樹が同じく弁護団を名乗り出ているライブドアケース。日本中が堀えもんなどと祭り上げ、まるで英雄であるかのような大騒ぎ。海外から見ていると話題にすべきニュースはほかにあるだろうとおもうほどに堀えもん一色だった時代がありますけど。この偽善者弁護士紀藤正樹も堀えもんを英雄にし政治家にまで抜擢しようとした時点では、自身のBlogにて英雄のように取り上げ、弁護士自体が堀えもんの財産に目くらみ接触を図りたいとみえみえでしたが、いざ実は詐欺会社のTopだとわかるとすぐさま堀えもんに手のひらを返したようにライブドア被害弁護団Blogを作り攻撃を始めましたから。

つまり紀藤にとってこれは自身の名誉欲と高額な依頼費用、マスコミの動き、そして警察が関われば、こんなおいしいケースに接触しないでどうするというわけです。紀藤が他にも弁護団長や事務局長を名乗り出ている大型詐欺事件は近未来通信被害弁護団、L&G円天など率先して名乗り出ているのがその証拠。しかしながらどれも依頼費用を支払い、説明会を開いてもその先には何の進展もなく、裏ではストーカー言動で私に多大な被害を。世間にバレなければ何でも実行するというとずるがしこい男。紀藤が大きなケースばかり狙うのは本当に被害者を助けたいわけではない。紀藤の公言していることと行動がかみ合わず、以前紀藤には「あなたの発想は矛盾だらけですけど」と根拠を持ってつたえたことがあるのですが、紀藤は苦しい言い訳に「本来弁護士の業務自体が矛盾していて当然なのです」と、根拠がない分あとはダンマリ、自身の都合の悪いことには答えられない程度の弁護士力。

また紀藤正樹という有名税に見せられた日本人男女が沢山いますしね。何々弁護団の活動仲間というわけですけど。それらを使い紀藤自身の存在感をさらにUpさせるために。なぜならば仲間の悪事を追及したら紀藤は彼らをかばうしか脳がなく、真実をしるべき弁護士が自分の仲間が自分の伝言で去ることを恐れ何も言えず、その中に紀藤を崇拝している仲間の一人に山形大学準教授の天羽優子なる人物がいるのですが、この女性も紀藤同様に簡単な矛盾も理解できず、天羽の悪事を紀藤に伝えると、自身の名誉欲の操り人形達である仲間が去ることが紀藤にとっては避けがたいですから必死で庇いしかし根拠もなにもあったものではなくその次元の低さにももはや紀藤正樹程度の弁護士と議論する事態無駄な時間と判明しています。

次元が低い弁護士なら私からもはや接触する必要はないですからいいわけですけど、ストーカー言動で私の私生活をのぞき見する行為は犯罪ですからね。こういう裏表の差が激しい人は仮面の下を社会に公表してこそ、日弁連では私の通報もまさか紀藤弁護士がといった具合に処罰対象にしないのなら目には目を。日本中の弁護士を探しても紀藤のような汚い弁護士は一人でしょうしね。
Unknown (memo26)
2011-01-05 18:34:48
 こんにちは。GPS の部分以外については、あなたの話はわかります。しかし GPS の部分がわかりません。その部分がわからないために、あなたの話の信憑性をどう考えるべきか、(私には)わからないわけです。私が場合によっては削除云々と書いたのは、あなたの話が本当かどうか(私には)わからないからです。

 汚い弁護士は一人ではありませんよ。私の記事の本文を読まれましたか? 弁護士二人について書いていますが、彼らはおそらく世間一般の基準では、「汚い」と言ってよいのではないかと思います。しかし、私は(紀藤弁護士についてはともかく)彼ら弁護士の立場もわかるわけです。そこでどう考えるか、ですね。

 これ(どう考えるか)もブログ上で考えてみます。

 倫理問題にも関心をもっています。
現役弁護士のストーカー行為 (海外)
2011-01-06 08:47:47
Hello GPSの件は証人がいます。私は日記をつけていますし、私がインターネットをする時間に紀藤も起き妨害をしているのも事実、紀藤のパソコンを押収すれば私の日記にあるインターネット時間と紀藤が付回すためにパソコンが動いていることは瞬時に判明するでしょう。私はインターネットにはうといのですが、紀藤が私を付回しているのは事実ですし、このような公開をしても紀藤は反論すら出来ないことがなによりの証拠ですよ。私はツイッターもしているのですが、そこにも紀藤が執拗につけまわし、通常では出ることのない書き込み妨害枠を設置し、たとえばここで書き込みをさせていただいている間向かって右側に縦の書き込み枠が表示されますでしょ。紀藤はここにも私をつけてきていますからその棒ラインにその気色悪い絵図を出し自分の存在を知らしという変質者言動を行いますしね。

私が以前他の人のパソコンから英語ページに書き込みをした際はそのようなライン妨害はありませんでしたかつまり紀藤は私のパソコンをそれこそ猫の鈴状態に年がら年中ストーカー行為が出来るような設置をしているという意味でしょう。私に興味があるのなら正々堂々と向き合えば私はなにもいいませんし言う必要がありません。紀藤の弁護士力の低さを指摘してからなにかにとりつかれたように私の私生活を盗みする言動に走りました。

紀藤はカルト宗教といわれている統一教会やワールドメイトなる教団の教祖を批判していますが、実は紀藤も同じですよ、教団とは裏では信者に魔物がついていると不安にさせ多額の寄付金をすればその魔物から救うみたいな、、、そして表向きには慈善事業者として貧困国に学校だの病院だの、と。二枚舌は紀藤も同じ、本当に被害者を救いたいのであれば人の被害に敏感に反応できますでしょ、紀藤は? 私の被害には無関心、何度も迷惑だと伝えても何も感じない男に他の被害者などは救えませんけど。自身の名誉欲のために消費者を利用、これは宗教挙措と同じ、自身の社会的名誉を得るためには信者を操る、紀藤のHPには宗教教祖につて建物が立派だからと信用してはいけませんと紀藤にもいえること。

宗教被害に対しても何が何でも被害者の数を作りたいと例えば、歌手の桜田淳子さん、彼女は統一教会信者だとか、紀藤は自身のHPにてなぜ桜田さんは気がつかないのか?と自分に相談にきてくれたらいつでも助けるみたいな、もう何様なのよといいたいですね、なぜ彼女が気がつかないのかとは彼女はその宗教に魅了され続けて自身が被害者などとは考えてもいないだけのこと。広告塔が有名人だと接触することで紀藤の名誉もUpすると、、これが汚い男という意味の一つでもあります。なぜ普通の被害者を救わないのか? 名もない立場なら自身の名誉欲には何の利点もないですからね。相手が有名人だから燃え自身だけのために。X-JapanのToshiとの合同記者会見時、紀藤の裏の顔がみえてますし、もし書き込み可能であればその様子などをうぬぼれもここまで来ると、、系でしたけど。
被害者に詰め寄った言葉から被害者を救いたいという言動とはかみ合わず、、そこでも矛盾だらけでした。
紀藤正樹の犯罪行為 (海外)
2011-01-06 09:15:59
PS 誤字が多くてすみません。X-JapanのToshiを救いたいと紀藤は98年からHOHはカルト集団だと唱えてきたそうですが被害者と名乗る数名には裁判でHOHに払い戻し判決が出たとのこと、しかし私はこの判決にも疑問がありましてね。そもそも集団に入る時点では自身の意思のもと。そしてその集団で幸せだとおもった時期もあるわけですから、それらの時期を経て不幸せとおもった時点に行き着く、そして被害者だと経路になりますよね。では不幸せだとおもった時点でそれらの信者なる立場はなぜそこを離れなかったのか? オウム宗教のように信者を辞めたいといえば殺されるという凶悪な集団なら別ですけど、HOHはToshiという一応有名な立場がいる以上は信者を殺すなどという凶悪な脅しはあるわけもなく。

不幸せだとおもった時点で抜け出せなかったのは個人の責任でしょう。それを紀藤や被害者を名乗ってきた山本ゆかり等が被害者の数を増やせばより裁判に有利とばかり。要は紀藤にとっては宗教被害者も宗教被害者も事件の質ではなく量が最優先。大体宗教にはまる方とは人の意見が最優先ですよね。一応宗教被害では紀藤はその道の第1人者などと呼ばれているようですから、その弁護士があなたは騙されているといえば? 宗教に依存する人のほとんどが自身の思想では動けない立場ですから、教祖み見せられたように今度は被害弁護団を名乗る紀藤が一言言えば? 今度は紀藤にすがる、宗教被害者もある種ずるがしこい面もあるということです。

そして紀藤が子供達やToshiを助けたいとHpにて、しかしながら紀藤が発したことは?マスコミを使えば事件が更に明白になると、本気で子供達を救いたいのであればマスコミに協力要請はしませんけどね。子供とはちょったした大人同士のいざこざにも不安になりますよね。それを弁護士自らマスコミをかつようしないでどうする発言をし子供達の精神状態を逆に利用した言動にはあきれましたね。どこが子供目線なのか、そしてToshiにあなたは被害者だを洗脳させ
合同記者会見、被害者だと言い切る山本ゆかりとToshiそして紀藤、紀藤は山本に、なぜ自分を差所に信用しなかったのか?と詰問したシーン、宗教被害を唱える人とは到底思えないその思い上がった言葉、それを見て紀藤の汚い部分を再確認しました。その矛盾とは、、長くなりますので次回へ。
現役弁護士紀藤正樹のストーカー言動 (海外)
2011-01-06 10:19:42
Hello
X-JapanのToshi「最初になぜ自分のことを信用しなかったのか?」と合同記者会見時に紀藤が山本ゆかりに詰問。何故こんな愚問をわざわざなせあの記者会見でしたのか? 自身の読みが正しかったことを世に知らせたい、そして自身の弁護士力を世間に知らせるための滑稽さ。

彼女らは合同記者会見で宗教被害者を名乗っていたわけですから、山本が最初に出会った人が紀藤ではなくToshiだったからこそToshiに魅了させられそして、そのToshiは山本の伝言に見向きもしなかったので山本はその悔しさを含めて紀藤ともども子供達をマスコミに登場させ利用しカルト宗教だと強調、。と矛盾だらけの発想で被害者を名乗り、紀藤の名誉欲と被害者を名乗る売名行為の山本等の利用悪用の世界。

ToshiもMasayaという教祖なる人物に最初に出会ってその思想に魅せられたように。そもそも本来記者会見にて被害弁護団のメンバーとして言うべきことは、「なぜ自身を信用しなかったのか?」と攻めるような言葉は使用しませんけど、普通常識ある本当に被害者目線であれば「よくここまで頑張って生きてきてくれましたね。そして最後には私を信用してくれてありがとう。」というように。名誉欲もなにもない本当の手前弁当弁護士であれば、、。これも紀藤が名誉欲の塊弁護士という根拠のひとつです。

紀藤正樹という弁護士の手口、
●自身の有名税をフル活用、
●被害者獲得のためには子供だろうが老人だろうがマスコミを最大限に利用し自身でも利用を公言。
●有名人が関わるケースは見逃さない
●子供の心理がまったく理解できてない立場が子供のケースに関わりたがる。
●高額消費者被害ケースに接触したがる。
●公言と行動がかみ合わず。
二枚舌、裏表のある偽善者弁護士の実態。


Unknown (memo26)
2011-01-06 16:02:49
 それは GPS ではなく、コンピュータウイルス感染でしょう。ウイルスチェックをなさってはいかがですか。ウイルス対策ソフトが自動でウイルスを駆除してくれますよ。
弁護士紀藤正樹の犯罪 (海外)
2011-01-07 06:36:26
Hello
あなたさまのおしゃるように普通に考えればそうおもわれるでしょうが、紀藤の犯罪行為であるのは100%事実です。ウイルスなどという単純なものではありません。というのも私は紀藤のHpの読者であった時代があります。その以前にも紀藤とは97年にあるケースをきっかけに知り合いになり、HPを拝見しているうちに、紀藤の矛盾点を指摘した時期、苦しい言い訳をするしかない時点で、紀藤自身も、私とは対等に議論できるだけの頭脳は無いと察知し、その仕返しの様に私が開くと自分の存在を示しピンクのカラーを出し自分の存在を示したりつまりその当時から私の私生活をのぞき見していたわけですけど。

ここでも紀藤の裏の顔を公表してからはストーカー行為は収まりました。ウイルスであるならば公表後ぴたっと薄気味悪いカラー表示が無くなるなんてことはありませんから。紀藤が意図的にインターネットの達人と自身で言うくらいですから、GPSをつけていたことも事実ですし、それで私に嫌がらせをしていたことは明白です。私はアメリカ在住ですから日本とは時差がありますよね。私が開くと紀藤も深夜だろうが早朝だろうが起きてきて嫌がらせをする、これは立派な変質者ですよ。それが表向きには人権派などといわれその実力もないのに本人もそれを武器にって利用できるものは何でもとどこまで汚い精神者なんですかね。私が知る中で汚い弁護士とは紀藤のみという意味でもあります。他にも懲戒免職になる弁護士もいるわけですから紀藤同様の悪質な弁護士もいるのも事実なんでしょうけど。

昨日の書き込みにも言いましたように本当に被害者を助ける側であれば、本来自分を信じてくれてありがとうなんていう言葉自体不要なのですよ。「よくここまで頑張ってこれましたね」とまずはいたわりを言葉を発し、カルトから目覚められたことは立派でしたよ」と弁護団を信じるかどうかなんて、自身の名誉に箔を付けたい表れがしっかりと紀藤の言葉で示してますからね。大体紀藤だけがHOH組織に関わっていたわけではありませんから、30人くらいの弁護団が居る以上は、これで僕達弁護団も救われましたとか本当に被害者目線の弁護士なら活動仲間もさえねぎらいますけど、紀藤はそれすらしませんでしたから。つまり言い換えれば自分のことしか考えてないということ。

また被害者を名乗る山本ゆかりも同じく本当の意味の被害者ではありませんから、紀藤になぜ最初に自分を信じなかったのだと詰問されても、それが不自然だとも思わず。つまり紀藤と山本はそれぞれが利用悪用した仲ですからね。また紀藤はまるで自分ひとりの手柄を世間に示したいと意思があったことは事実。ですから私はあなたは何様なのよと指摘するわけです。被害者を助けたいなんていうのは紀藤の名誉を得るための道具でしかないのも100%の事実。

本来被害者を救けられたらとおもう方には自身の野心はありませんから、自分の唱えることが正しかったなどと敢えて公言する必要は無いのです。被害者が自立し始めたことにその勇気を誉めと常に被害者がこれからの生活できるのか?としかしか考えてませんからね。紀藤のような偽の弁護活動者とは野心満載ですからそれが自然に言葉として発してもそれすら気がついてませんから。いわば紀藤正樹という教祖だからこそ「自分を信じなさい」なんてえらそうにいえるわけです。

弁護士業及び法律事務所とは奉仕活動者ではなく営業ですから、事務所を維持していくためには弁護士業としての成績は不可欠ではありますけど初心を忘れ弁護士名だけが先行しマスコミにもたびたび登場すると自身もそれが自分の実力と勘違いをしじぶんがいれば消費者は救えると思い込み、図太い神経だけが育ち、、。もはや弁護士を名乗るのが見ているだけで恥ずかしい。

紀藤としては私が被害届を出したところで警察はおろか日弁連も自分の実績を見たら資格剥奪なんてありえるわけが無いとおもってますからね。人権派弁護士の器もない今それこそカルト宗教教祖や大型詐欺事件会社のように建物だけは立派、中身はうつぺらい野心だけ、紀藤も中身は薄く、簡単な矛盾も理解できない程度の弁護士。また紀藤は自身でハンサムだとおもいこんでもいますし、紀藤の社会的地位や外見にむらがる女性ファンもいますからね。外見だけは立派なのは紀藤も同じ。紀藤には他人の犯罪を語る器はないということです。

そして世間にバレなければ私へのストーカーや不正入力を堂々と継続できる事態軽蔑もの。本当の弁護士とはこんなものではないでしょう。あなたさまも弁護士をされているのならお分かりになるとおもいますが。リンク総合法律事務所スタッフ及び後輩弁護士達も紀藤に群がる種類の人間なのも事実、本気で消費者目線の弁護士になりたければなにも紀藤の事務所でなくても出来るわけですしね。なぜ紀藤なのか? Topが利用悪用の世界に生きる男だとそれに続くスタッフも後輩も上に習えとばかり、、。





弁護士紀藤正樹の犯罪 (海外)
2011-01-07 07:23:55
Hi again.
カルト宗教から数名を救い出したと自慢げに公言した紀藤正樹らのHPにHOHの関連会社を名指しして批判していますが、その中に癒しの空間なるアロママッサージのお店があり、いかにもその関連会社からも被害者を生み出していると、しかしながらそのお店で癒されて満足された方も居ることを忘れてます。

紀藤の目的は被害者の数を増やせればそれにこしたことがないという目的がありますから、関連会社からもカルト組織の資金源に繋がるといいたいのもみえみえ。だれがどこで何を囲うが個人の自由、紀藤は自分の名誉欲のために意識的に関連会社も同じ穴のむじなにむすびつけ自身の野望の正当化を図る。これは癒しの空間で癒され満足していった一般人も利用するあくどさ。また被害者を名乗る山本ゆかりの被害者HPでは「残る人へ」と題して、誰がどこでどんな宗教を選ぼうがそれも個人の自由、山本も一般人の思想まで奪いたい表れがそのHPでも見てとれますしね。

残る人々は成人しているのですから、自分の生き方は自分達で決めてこそ、いくらHOH側に支払い払い戻しが確定したからあなた達も騙されていると今から必死で暗示にかける必要は無く、山本も自分達の被害者立場を有利に測りたいのも見えてます。そのまま「残りたい人」のことまで自分達の仲間になにがなんでも入れる必要もありそういう内容になっているわけですけど。どっちがカルト宗教なのかしら?という次元。 

本気でHOHから人々を救済したいとおもう側とは、何がんなんでも被害者にすべきではなく、それぞれが自分で気がついてくれた時点で、お手伝いしましょうといえるもの。紀藤らは裁判に勝ちました。、だからそこはカルトなんだよとだからそこに残るなと、自分が正しかったことの強調でしかなく、しかし個人の意思まで獲得したい理由は? 紀藤とその仲間のやることとは常に公言は全くかみ合わず、だから偽善行為なのですよ。

紀藤のHPには矛盾点が沢山あり、よく平然とそんな内容が公開できるのかとおもうほどです。
子供達を助けたいという弁護士が自身のHPやBLOGで裁判に勝ちましたと堂々と、、。人へのおもいやりもなにもない非常な人間性、どこが人権派なんですかね?

私は紀藤正樹クラスの弁護士には絶対に依頼はしません、「あなたそんな事も理解できないのかしら?」とおもうことがこれまでにたくさんありましたから。それに一般常識にも欠けていすしね。どんな親に育てられると人に被害を与えても何も感じない卑怯な人間性に育つのか?親の顔が見てみたい。

弁護士紀藤正樹によるハラスメント (海外)
2011-01-08 08:38:02
Hi there.
紀藤の行動と公言がかみ合わないという事実はh他にも沢山ありましてね。例えば紀藤と日本テレビ局は密接な関係、一時期「イマイさん」なる報道記者が詐欺集団と戦う番組があり、私も見たことがあるのですが、紀藤が見栄の塊がそこでも映し出されていました。紀藤は「イマイさんは最初自分に相談しに来た」番組内で。つまり消費者問題では自分を差し置いて他の弁護士よりもという意識があればこそ。本来それが必要であれば番組内で司会者が言うべきことですけど、どこまでの自分が一番主義が見てとれて、寒気を覚えましたね。番組の主役はあくまでもイマイさんによる詐欺集団の戦いであるはず。

また紀藤はインターネットと戦って21年などと公言していますが、紀藤にそれを言う資格はありません。自身でインターネット上でストーカー行為に私の私生活部分のE-mailに不正入力をしメールを盗み読むという弁護士としては考えられない卑怯な言動をしているわけですから、。ですから偽善者なのですよ。世間にバレなければどんな犯罪行為をしても平気なんていう人が弁護士の資格を保持するほうがおかしいことですよね。また昨日の書き込みにてこちらで紀藤の犯罪を公開してから変質者言動は辞めたと書きましたよね。普通常識ある精神者であれば、それに逆切れしてさらに卑劣な言動に走るでしょうか?紀藤はここの書き込み先にも付回していますから当然私の書き込みもしっかりと読んでいます。一時は確かにストーカー行為は収まったのですが、紀藤とは弁護士でありながら他人の意見に惑わされがちなので、誰かが紀藤へ悪知恵を与えると紀藤としても私の書き込みに当然のことながら良い思いはしてない分、その通報者の知恵に便乗でもしたんでしょうね。再度さらに卑怯なハラスメントを仕掛けてきましたから、そのハラスメントとは、私のE-mailに不正入力をし、私がメールを出すために相手先のアドレスを打ち込む時、紀藤はその妨害のために文字を書き込ませないような設置をしました。

紀藤はインターネットの達人と自称するのなら良い言動を優先してこそですよね。本来「なになにの達人」とは人間性としての良い行いの上にをしてさらにその道の専門家のことを刺していますから、紀藤は達人の意味すら理解してない弁護士と自分で公言しているのと同じですよ。弁護士でありながら犯罪を犯しその事実を指摘されたらただ逆切れをするだけの次元の低さ。

人の注意を聞いて損することはありません。損をするのは逆切れをすればするほど自分の人間性の低さを自分でさらに公表しているようなもの。ですから私は紀藤とは一般常識もないと断言でするわけです。紀藤も弁護士になった当初は弱いひとのためにという意識はあったのでしょうが、オウム宗教ケース以来、マスコミに出始めて、紀藤弁護士に相談すればと言う声に自身も魅了され、徐々になにか大きな勘違いをし、自身の法律事務所を大きくすることや自身の弁護士力や名誉欲だけのために、消費者被害者、宗教被害者や同業者をさえも利用悪用し、さらにストーカーで私のインターネット時間を妨害しても何も感じない紀藤宗教の教祖と成り下がりました。 昨日などは再度逆切れにのめりこみましたから、私の画面上に真っ黒いカラーを出し暴走してました。その行為はいわば自身の存在を示しているわけですから、それはいわば紀藤自身の精液を見せ付けているのとまったく同じ卑劣きわまる言動ですよ。どこまでの軽蔑次元。

現在の紀藤正樹はまともな弁護士ではないことだけは事実です。弁護士は有名かどうかではなくどれだけ依頼人のために動けるか? 実績をつくるために何が何でも被害者立場を確保することではありませんし弁護士事務所としての信用を得るために、所長自らが意図的に芸能人や著名人と接触し自身の弁護士名をひけらかし前に出ることではありませんしね。私は一時でもこんな程度の低い男と知り合いだったのが今ではとても恥ずかしいです。 

弁護士紀藤正樹の犯罪とその手口 (海外)
2011-01-09 01:30:50
Hi there
紀藤こそカルト宗教教祖のようなものですよ。紀藤が公言する統一教会、HOH、ワールドメイトなる組織、実はカルトではないのです。カルト宗教とはオウムの麻原ような独裁国を望みそれに反発する者が出れば暴行&殺人まで犯すたぐいのもの。

紀藤は宗教被害弁護団として名をあげるためにカルトでもない組織を意図的にカルトに仕上げた張本人でしかありません。ですからX-JapanのToshiも紀藤宗教の外見重視の思想に洗脳されたようなもの。ですからあの合同記者会見時に紀藤は、被害者救済側と名乗るのであれば出すべき言葉を「なぜ最初に自分を信用しなかったのか?」というおぞましい言葉が、、。

紀藤の公言する宗教組織がカルトではないという根拠は数時間後に、、書き込み可能であれば書かせていただきたいですが、、。当地のLocalニュースに、身体障害者の車椅子使用の女性を数名の介護人が犯しそれをビデオにとってインターネットに流れていたという事件があり、それと紀藤のストーカー言動に重なる部分がありますのでそれも含めて紀藤の姑息な手口の全貌を、、。

Unknown (memo26)
2011-01-09 17:57:18
 あなたはホーム・オブ・ハートの関係者ですか?

 ホーム・オブ・ハートがカルト宗教か否かは、あなたが書き込んでおられる記事「こぐま弁護士を怒鳴りつけたのは誰か」の趣旨とは無関係ですので、やめてください。関連記事があれば、そちらに書き込んでいただければと思います。しかし、いまのところ、私は宗教関係の記事を書いていませんので、当ブログにはふさわしいコメント欄(元記事)がありません。

 つまり、いまは、このブログにはホーム・オブ・ハートがカルト宗教か否かについて、書き込むにふさわしいコメント欄はありません。
現役弁護士紀藤正樹の卑劣な犯罪 (海外)
2011-01-10 04:47:56
Hello
カルトかどうかは場違いとおしゃるのも分かりますのでそれは承知しました。同業者としては同業者の犯罪は耳にしたくないという点も分かりますから。しかし「こぐま弁護士を怒鳴りつけたのは誰か」と、、まったく場違いではないこともあるのですが、管理者がこれ以上は書きこみの拒否となれば私はそれに従うしかありませんので、お世話さまでした。
弁護士紀藤正樹の卑劣な犯罪行為 (海外)
2011-01-10 05:12:47
PS
ご質問がございましたのね。私はHOHの味方ではありませんし、紀藤ら霊感商法弁護団の味方でもなく中立な立場です。本来その組織の「真実」を語る立場とは、中立者がふさわしい。どっちかに寄る立場ですと寄る側の主張を鵜呑みにするしかありませんから。(それを一般的にいえば裁判がそうですよね?) HOHが真っ白な組織ではないことも事実ですが、しかしそのすべてが「悪」とでもないのも確かです。私は以前紀藤のHOH問題を考える会にて紀藤の頭脳では理解できないToshiらの言動の矛盾点などで助けてあげた時代もありましたしね。Toshiがなぜ急に組織から抜け出したのか? それには紀藤は私の助言をそのままToshiに伝え続けたことも事実です。紀藤だけのの頭脳ではToshiを助けることなど到底無理。

また他の宗教の統一教会もすべてが悪ではなく、純粋な面もあるのも事実。だからこそその宗教で幸せを得ている人もいるからこそいまだに信者立場を優先しているということ。紀藤のように何が何でも被害者立場の数を、、という野心からHOHの良い面を極力避け、同じく統一教会にもそれらに目を隠し見ようともしなかったのもありますから。 紀藤は自身の野望のためにそれらの幸せ感を持つ人々も被害者意識を持たせることで自分のいわば紀藤宗教へ入信さたようなもの。現在のToshiの音楽活動は? いままではミステリアスなToshiだったからこそそこそこ歌手として活動できてましたよね。しかしながら今のToshiには危ない系集団を出たことで、凡人化し歌手としての活動範囲は狭まったようなもの。Toshiが愛したMasayaにもToshiというアーティストを育てたという事実もありますから、そのHOHは100%すべてが悪だと決め付けた紀藤の本当の目的は? 

最後に紀藤正樹へ (海外)
2011-01-10 07:58:12
この場をお借りして紀藤正樹さんへ。

私は今後あなたへの個人的接触はありません。あなたが私の私生活の盗み見をしなければ今後もあなたのお手伝いをして差し上げることは可能でしたが、表向きには人権派と称され、裏ではこのような卑劣な行為を堂々と続けてきたという仮面をかぶる弁護士に成り下がった以上は接触を持ちたいという気持ちは100%ありません。それは何度もあなたにも伝えましたよね。しかしながらあなたはそれが私の本心ではないと勝手な思いでストーカー行為を繰り返してきましたよね。男女関係でも一度幻滅及び軽蔑次元を受けると元に戻ることはないのです。ましてあなたのようにインターネットと戦って数年なんて公言する人がそのインターネット上で他人の私生活を覗き見のような非常識であればよけいに最初の気持ちは離れていくだけどのこと。

紀藤さん、あなたが弁護士になった当初なにを優先すべきだったのか思い出しなさいませ。今のあなたは自身の弁護士名を世に送るためにという野心しか私には見えません、それはあきらかに誠実な弁護士とかけ離れた方向へ暴走しているということです。そして恋をしなさい、私以上に興味が持てる人ができれば私への不純な感情はもはや不必要でしょう。幸いあなたを異性として意識する女性ファンやお仲間、被害者立場がいるじゃないですか。50歳をすぎて独身だと、誰からもその変質的な生活ぶりを注意してくれる人がそばに居ませんから今回のような人に多大な迷惑を掛けても何も感じない男になってしまうのですよ。

それとご活動仲間の不適切な言動を見たら媚びるのではなく、悪いことは悪いよ、と正しい指摘をなさませ。事実を指摘されたらあなたから離れていく人が居たのならその人達はそれだけの人間性だったというだけ。あなたがカルト宗教を批判するのなら、なおさらあなたのお仲間の不健康な言動も批判できるはずですけど、自身に取り巻く人々の悪事には見てみぬふりで、カルトを批判なんてその行動は誠実な弁護士とはかけ離れています。あなたの本来は素直な面もあると前にも伝えましたよね、人の意見に惑わされてコロコロ行動を変えないこと。紀藤宗教の教祖などといわれないように今後の弁護士業におお取り組みなさいませ。さようなら。

★こぐま弁護士さま
短い間でしたが書き込みをさせていただきありがとうございました。あなたさまも弁護士のようですので一言、間違った意味の弁護士さんに成長されませんように。Thanks a lot.





Unknown (memo26)
2011-01-10 17:14:28
 私は宗教関連の記事は書いていませんが、弁護士に言及した記事は多数あります。したがって、宗教についてではなく、弁護士についてであれば、関連記事にコメントしてくださってもかまいませんよ。

 弁護士が「悪い面」だけを強調し、「良い面」を見ようとしない、という点ですが、それはその通りだと思います。おそらく、弁護士は裁判に「勝つ」ために、相手の「悪い面」を強調しようとするのでしょう。つまり、「公正な解決」を目指すと言いつつ、じつは「有利な解決」を目指している、ということです。

 もっとも、弁護士は「公正な解決」は「互いに」自分に有利な主張(=相手に不利な主張)をすれば、結果的に得られる、と反論するでしょうが、それが「倫理的に正しい」といえるかは、わかりません。おそらく「倫理的には正しくない」でしょう。

 なお、私は「こぐま弁護士」ではありません。誤解しないでくださいね。
現役弁護士紀藤正樹と仲間達の嘘 (海外)
2011-01-11 07:02:10
Hello
あらまあ、こぐま弁護士ではない? そもそも小熊さんなる弁護士は存在していないということでしょうか?ずいぶんとかわいらしいお名前だとはおもっていましたが。そもそも弁護士とは依頼人に利益をもたらすための存在でしょう。その経路のほとんどが依頼人のほうから法律事務所に連絡をいれ依頼契約を結びそして裁判に発展するように。 宗教被害だけではなく、消費者被害弁護団にいえることは、事件が起こりました、警察も動き出し、このケースには弁護団が必要だろうと恩着せがましく依頼人からの連絡も無いうちに、弁護団を立ち上げましたので希望者は僕たちに任せてくださいなんて、被害者獲得のためにはなんでもする系統がここでも判明。弁護団を称する立場が、裁判にいきつくまでの順序が違ってもその行動に出る意味は?

ですから私は何々弁護団と名乗る人はほとんど信用していません。それぞれが法律事務所を維持していくには人件費を含めてお金は不可欠ですからね。なになに弁護団メンバーに名乗りをあげれば必ず法律事務所へ利益がもたらされる。例えば紀藤は近未来通信被害弁護団を名乗りそのメンバーの数は数十人、しかしそのメンバーはどんな役割を与えられているのかまったく依頼人には示されてませんでしょ。

本来ならば弁護団メンバーがそのケースにてどんな役割をこなしているのか公表すべきこと、ほとんどが弁護団長、事務局長名は出されても後のメンバーはその弁護団の中でなにをしているのか知らせれていませんし、となれば高額依頼費用を受け取ることが目的とおもわれても返す言葉はないでしょうね。弁護団を名乗るのであれば全てのメンバー名を公表しそれぞれの役割も知らせてこそ本当の意味の弁護団ですからね。弁護団長と事務局長以外は、弁護団を意味するための小道具に過ぎないともいえますしね。

弁護団と名乗ってきた時点でこれはあらたなる消費者被害をもたらす集団とおもっても過言ではありません。依頼費用を受け取りもっともらしい説明会を開き、弁護団長、事務局長あたりの弁護士名を公表し、裁判に訴える準備をしているなどときやすめで被害者を納得させようとし、その裁判もいつのことやら、依頼を受けた沢山の弁護団メンバーが居るのなら、半年も1年も裁判に行き着くまで時間がかかるなんてことは弁護団の怠慢以外何もでもなく。特に紀藤のような弁護士力より名前の方が先の世に出たため、実力に追いつくためには何が何でも弁護団歴を積むしかない立場もいますしね。何々弁護団=営業マンと考えた方が、、ってことです。





Unknown (memo26)
2011-01-11 19:18:31
 弁護団のメンバーですが、裁判所に出す書類(答弁書など)には、弁護団メンバーの名前がズラズラズラッと書かれていますよ。

 なかには、「自分の勉強のために」参加している弁護士もいるようです。つまり、弁護団のメンバーになることによって、「こういう事件ではどうするのか」を勉強するために参加している弁護士もいるということです。なりたての弁護士などは、「どうすればいいかわからない」こともあるわけで、勉強のために参加する弁護士がいることは、しかたがないと思います。

 しかし、そういう人の分まで、依頼者がお金を払っているとすれば問題ですね (実際に勉強のために参加している弁護士の分まで報酬が請求されているかどうかは、知りません。請求する弁護団もあれば、請求しない弁護団もあるかもしれません) 。


 なお、私がこぐま弁護士ではないことは、次の記事(など)をお読みいただければ、あきらかだと思います。

「こぐま弁護士を怒鳴りつけたのは弁護士ではないか」
http://blog.goo.ne.jp/memo26/e/14f4eca88d02c8d65758f58ccbc8c8f5

「「こぐま弁護士」 さんの主張について」
http://blog.goo.ne.jp/memo26/e/3b307fa81b1d3667bad27bc8985ba11c

「完璧な判断ではなかった時の対処法」
http://blog.goo.ne.jp/memo26/e/b48d327aa2a1703738c11218effad855

「弁護士自治を弱めてもよいかもしれない」
http://blog.goo.ne.jp/memo26/e/9970e313837e90e15133261385945e03
偽善者弁護士紀藤正樹と偽善者弁護士の仲間達 (海外)
2011-01-13 06:22:53
Hello
裁判所への提出用紙ではなく、被害者へのお知らせにて公表すべきという意味でございました。勉強のためというのはどの職場にもありますけど、それを弁護依頼費用から出すのはどうかと、新人弁護士の研修係りを買って出たのならその弁護士の受け取るべき依頼費用の一部をその研修生に与えるべき、被害者とは全ての弁護士が自分達のために動いてくれる実績のある弁護士とおもっていますからね、どの人がほやほやの弁護士なんて知るはずもなく。何も出来ない弁護士にだれが依頼費用を払のか?

また死刑反対派弁護士である安田弁護士、これもかなりの偽善者でしてね。彼らも社会的に弁護士名を広げたいのが目的。所詮死刑になろうがなるまえが他人事なのですよ。私は死刑派でして、人を殺しその人の人生を奪った以上は同じように死んで当然。あの光市の母子殺人男の弁護をした安田弁護士。こういう種類の弁護士はいざ自分の身内が殺されでもしたら、死刑反対なんてのんきに絶対に言わないでしょうしね。だれがどんな目的で死に至らしめたのかなんて関係が無く、殺し2人の人生を奪った事実を覆そうと、、あさましいの一言。偽善者弁護士紀藤正樹も安田派、紀藤などは自分の名誉しか考えてきませんからね。人権派などといわれて大満足し、しかし裏ではストーカー行為を継続しそんな人が本気で死刑について考えるわけもなく。偽善者弁護士には偽善者弁護士が群がるという証明です。

やられたらやり返す、これはいわば法律もおなじこと。殺人を犯したら死刑。窃盗を犯せば刑務所へというように。わが州も死刑制度。被害者家族にはその死刑時希望であれば処刑を見ることが可能なのです。遺族にとって犯人が死刑であることが最大の望み、それは遺族にとってもそのケースが一区切りと言う考え。






近未来通信被害弁護団の嘘 (海外)
2011-01-13 06:49:16
Hello 
こぐま弁護士さんではないというご説明をありがとうございました。弁護士さんが独自のBlogを立ち上げる際、法律事務所関連ではなく独自のBlogと言う方もいますしね。その際どんなお名前にしようかと実在名を出す方もいれば、動物系だのヒーロー系をつけようがその方の自由ですから。

弁護士名を公開すべきという点のつけたしですが、当地の弁護士に依頼すると複数の弁護士が担当した場合に、それらの弁護士が依頼主のために動いた日時を詳細に送ってきます。私などは納得がいかなければどこまでも追求しますから、私の担当弁護士らは、詳細を送らないなんてことは絶対にないです。たとえ紀藤率いる弁護団であろうともどの弁護士が依頼主のために何日動いたか?、近未来通信弁護団メンバーはそれすらしてはいないでしょう。

ただ答弁書に弁護団メンバーを記載するだけで、私がもし被害者であればそこは徹底的に追求しますけどね。弁護団の数だけ多くしかしその動きがまったく見て取れないとなればこれは弁護団による「依頼費用詐欺」にも値しますでしょ。最近の日本はアメリカに習い訴訟大国になりつつあるといいますけど、まだまだ訴訟の流れは理解していない人が多いのでしょうけど。弁護士に依頼したらそこで一安心ではないのです。弁護士には依頼費用を支払う以上は被害者が主導権を握らないと、一般人にはなじみのない法律用語を使い言い逃れされますからね。

ですから私は何々弁護団という立場は全く信用すべきではないというわけです。特に紀藤が弁護団長や弁護団メンバーのケースでは依頼人はさだなる2重被害に遭ったようなものとおもっても過言ではなく。弁護団の数の多さだけは一人前、後は2~3年前のケースが裁判にもなってなく、被害者は弁護士先生と祭りあげ、弁護士業とはいわば町の商店主のようなもの。お客様である依頼人が先生なんて媚る必要は無く、雇い主は依頼主という考えにならない限り、弁護士の怠慢はいつまでも継続され、、。被害者はもはや依頼費用を支払ってさらに進展がなければ泣き寝入りのようなもの。

わが国では弁護士を先生なんて絶対に呼びません。裏の顔は人の道にはずれたことをしてそれそら何も感じず、弁護士紀藤正樹などが先生呼びされて、見ているだけで恥ずかしい限り。まあ日本のマスコミにも責任がありますでしょ、紀藤のような弁護士力もない男をただテレビに出ているというだけで、何とかの第1人者などと祭りあげ、、。鳥肌もの。
偽善者弁護士紀藤正樹の正体 (海外)
2011-01-14 06:32:24
Hello
弁護団として立ち上げた以上は、答弁書にその弁護団メンバーを記載しての提出は当たり前で当然のこと。もし答弁書にメンバー名がなければ存在しないメンバーの依頼費用詐取でしかありませんから。日本の政治家がよくやる手段と同じになってしまうじゃないですか? 社民党の辻本がそれをして逮捕されてますよね。何々弁護団の場合も答弁書には記載し、しかしその弁護団メンバーのどの弁護士が動いたのか?などはまったく公開しないとなれば、各弁護士による依頼費用目的のためでもありその行為は被害者を騙しているのと同じですよ。

その一人々の弁護士の詳細を公開するに不必要だからこそ答弁書どまりなんでしょう。ですから私は何々弁護団なんていう存在などは信用できる立場ではないと言い切れますの。法律事務所とは経営ですから、その経営上で得た金銭の詳細は出して当たり前なのです。例えば、建築会社経営でいえば、経営にて得た金銭の詳細は依頼人であるお客様に逐一報告しますよね。材料費から人件費などを含めたいわば見積もり、そしていくら掛かったのでこの金額になりましたと、、。法律事務所も同じですよ、依頼人と依頼契約をしたのなら、そこで弁護士が得る金銭の詳細をお客様である依頼人に詳細を渡さないほうが不自然でしょう。

わが州の弁護士の詳細はことこまかく報告書に纏めます。いつ何時から何時まで弁護士が動いたのかと電話やガソリン代も含めた金額まで事細かに、私などはその報告書だけでは納得しませんから、自分の日記帳と見比べて、私と弁護士が話した時間を電話代の請求書と念入りに調べその弁護士の電話代は確かにというように。私を依頼人として担当した弁護士は全員、あの女性に嘘の報告などとしたら~とびくびくもののですから。まあそこまでしなくても依頼したから後は弁護士任せなどはもってのほか、主導権は常に依頼人、弁護士などは法律に見合う見解そして訴状のための訴状を作成する役目者、
弁護士のいうことを全て鵜呑みにしてはいけないということ、弁護士業ほど本来詐欺的要素を含む職業はないぐらいにおもっていたらよろしいわけ。すきあらば弁護士に不都合になると逃げ足だけは速いですからね、一般人にはなじみのない法律用語を持ち出して、一目散に逃げ出しますから、そうはさせないわよとあらかじめ、依頼人に不都合な動きがあった場合の保証は依頼時に取っておくなどしないと、依頼費用は取られ、弁護士力もないなのにえらそうに、そして逃げ足だけは、、なんて更に被害に遭わないためにも。依頼時には依頼録音がお薦め、後から聞いてなかったなんて言わせないように。


Unknown (memo26)
2011-01-14 14:04:56
 一般的に、弁護士さんがブログを立ち上げる際、「弁護士」であると名乗っている場合が多いのではないかと思います。「弁護士」のブログである、と公表したほうが読者の信頼を得やすく、アクセスが集まりやすくなります。「弁護士」であると名乗っていない場合、「弁護士」が開設したブログかどうか、知る方法がないので本当のところはわからないわけですが。

> 当地の弁護士に依頼すると複数の弁護士が担当した場合に、それらの弁護士が依頼主のために動いた日時を詳細に送ってきます。私などは納得がいかなければどこまでも追求しますから、私の担当弁護士らは、詳細を送らないなんてことは絶対にないです

 報酬の定めかたにもよると思います。

 日本では一般に、「この事件はいくら」といった形で報酬が決まります。つまり、弁護士がその事件のために「どれだけ時間をかけたか」は関係ないのです。キツい言いかたをすれば、「弁護士が真剣にやっても、適当にやっても、同じ報酬」なわけです。

> 弁護士に依頼したらそこで一安心ではないのです。弁護士には依頼費用を支払う以上は被害者が主導権を握らないと、一般人にはなじみのない法律用語を使い言い逃れされますからね。
> ですから私は何々弁護団という立場は全く信用すべきではないというわけです。特に紀藤が弁護団長や弁護団メンバーのケースでは依頼人はさだなる2重被害に遭ったようなものとおもっても過言ではなく。弁護団の数の多さだけは一人前、後は2~3年前のケースが裁判にもなってなく、被害者は弁護士先生と祭りあげ、弁護士業とはいわば町の商店主のようなもの。お客様である依頼人が先生なんて媚る必要は無く、雇い主は依頼主という考えにならない限り、弁護士の怠慢はいつまでも継続され、、。被害者はもはや依頼費用を支払ってさらに進展がなければ泣き寝入りのようなもの。
> わが国では弁護士を先生なんて絶対に呼びません。

 日本には、弁護士を「先生」と呼ぶ慣習があります。「慣習」である以上、なかなか変わらないのではないかと思います。弁護士のほうも、日頃、依頼者などから「先生、先生」と呼ばれていると、いつの間にか「オレはエライ」という気分になってくるのではないでしょうか。

   「先生と呼ばれるほどの馬鹿でなし」

なんて川柳もありますが、日本の場合、弁護士同士で互いに「先生」「先生」と呼び合うのが慣習になっています。A弁護士とB弁護士が会話する場合、「A先生はお忙しいでしょう」「いやいや。B先生ほどではありませんよ」てな具合です。端で見ていると「へン」だと思いますが、それが「弁護士業界の慣習」になっています。
Unknown (memo26)
2011-01-14 14:10:03
> 弁護士のいうことを全て鵜呑みにしてはいけないということ、弁護士業ほど本来詐欺的要素を含む職業はないぐらいにおもっていたらよろしいわけ。すきあらば弁護士に不都合になると逃げ足だけは速いですからね、一般人にはなじみのない法律用語を持ち出して、一目散に逃げ出しますから、そうはさせないわよとあらかじめ、依頼人に不都合な動きがあった場合の保証は依頼時に取っておくなどしないと、依頼費用は取られ、弁護士力もないなのにえらそうに、そして逃げ足だけは、、なんて更に被害に遭わないためにも。依頼時には依頼録音がお薦め、後から聞いてなかったなんて言わせないように。

 弁護士は「三百代言」とも言いますよね。日本では弁護士の人数を絞ったために、いつの間にか弁護士は「エリート」だという社会通念ができ上がりましたが、昔は「最低の職業」だったわけです。
 今後、司法制度改革で弁護士の人数が増えてくれば、弁護士が「エリート」であるといった社会通念もなくなっていくのではないかと思います。
 そうすれば、「エリートだから」弁護士を信頼する、といった人も減ってくるのではないでしょうか。


ご存知かとは思いますが、一応、国語辞典を引用しておきます(↓)。

三百代言 意味
詭弁きべんを弄ろうすること。また、その人。また、弁護士をののしっていう語。明治時代の初期に、資格のない代言人(弁護士)をののしった語からいう。▽「三百」は銭ぜに三百文もんの意で、わずかな金額、価値の低いことを表す。「代言」は代言人で弁護士の旧称。
偽善者弁護士紀藤正樹の本心 (海外)
2011-01-16 09:38:43
Hi there.
よく自分の意見に自信がないと、自分は弁護士だという人がいて、ですから私などは「それが何か、今あなたが弁護士かどうかなどとは関係がないですけど、それを言うことでなにかあなたに得することでもありますか?」とすると次元の低い弁護士ほど、その話に無関係な立場を示し黙らせようとしますが、そんなことをすればするほど、その弁護士の力の恥そのものなんですけどね。

私は圧力をかけてきた弁護士には「あなた何年弁護士をされてますか?そんな簡単な矛盾も理解できないなんて、、」と指摘すると後はだんまり、、圧力とはやましい側がする行為ですからね。弁護士力もないものに限り、都合が悪くなると自分の立場を示したがる。私などは「So what?」で終わり。そんな弁護士を当地で沢山みてきましたし、また自分の依頼人に不利がありそれを弁護する側になると、いろんな法律用語を持ち出し相手側を黙らせようとするのもいますが、私などはその持ち出した法律用語がその時の問題に無関係なことも指摘しますから、そうなるとその弁護士は後は「もう自分はあの人の弁護士じゃないから自分にはこれ以上接触をしないでください」、と当地の弁護士の話ですけど。しかしそこで終わらせないのが私流、弁護士のサインがあっての圧力の手紙ですから、その手紙でその弁護士の依頼人の悪事を公表したようなものですから。「あなたの無意味な手紙のおかげで元依頼人のほうに責任があることを100%証明してくだってありがとう」と連絡をすると「もう勘弁してくださいよ」と、となれば相手側はもはや手遅れで、後は話し合いへ、と。弁護士などがいかに信用できないのかは日本もアメリカも同じなのです。

わが州の弁護士の数は約20万人、その中から優秀でかつ誠実な弁護士を見つけるのは至難の業、その弁護士が誠実かどうか見極めるために私は依頼することがあれば必ず彼らに質問をしますの。「もし私のほうに非があった場合あなたはどんな作戦を考えますか?」と、、力のない弁護士は「大丈夫ですよ、僕が相手を黙らせて見せますから、」なんていう弁護士はブ~。非があればそこには必ず矛盾点が生じますでしょ。それすら気がつかないようでは。

片や、「もしあなたに非があるのでしたら、あ相手方には謝罪をし、あなたにも最小限度の利があるよう考えましょう」と言う弁護士はマルということ。依頼費用とは非があるかどうかに関係がなく依頼人に100%有利に動くのではなく、依頼人とともに利に近づけるように作戦が立てられてこそ受け取るものですからね。依頼費用を受け取りました、後は何ヶ月経ってもその動きに見合う進展がなく、これでは依頼人は不満や不安だけが募りますからね。

ですからわが州の弁護士で誠実な立場だと弁護士の個人用携帯電話番号もくれます。いつでも連絡をしてくださいと、事務所の電話番号やE-mailだけでは終わらせないという考え。また不安や不信感を持たせないため。私などは弁護士からの連絡があるのをタダ待つだけなんてことはなく、1週間に一度は連絡をし、進行状態の確認をしますしね。後回しなんぞにしようとおもったら怖~いお仕置きが待っているわよ~と
^^:)、弁護士だから偉いなんて思い込んでいる弁護士が居たのなら、その弁護士には何の力もないということです。肩書きに弱い人なら無能な弁護士とは気がつかず依頼費用を支払い先生なんて持ち上げ、、なんだか日本の政治家のような、、。まあ日本にもほんとうの意味の誠実な弁護士さんもいるのでしょうけど、それらの人の存在はないに等しく、ただ名前だけが先に世にでたため紀藤正樹のような低次元弁護士のほうが優秀だなんて勘違いをされてしまうのでしょうけど、これってTV局やマスコミにも責任がありますよね。

Unknown (memo26)
2011-01-17 16:43:49
 あなたの書く、「弁護士の選びかた」は参考になりますね。私も同意見です。

 あなたのコメントを引用し、いつか記事を書きたいと思います。


 なお、私の実感では、「弁護士はエライ」と思っている弁護士さんは、かなり多いと思います。
現役弁護士紀藤正樹の犯罪行為 (海外)
2011-01-18 03:59:14
Hi there
「弁護士の選び方」の引用はどうぞ。とかく一般人とは弁護士と聞くとすべてが正しい立場などと勘違いをしますからね。TVやマスコミに登場するだけであの弁護士はすばらしいんだと、、。そういう弁護士のほうも自身の有名度をフルに活用し、詐欺や宗教被害事件がおきればすぐさまその有名税で依頼人を確保。しかし中身は寒いくらいの次元。私は以前紀藤の弁護士次元の低さに驚愕していますから、「へ~そんなことも分からない人が弁護士資格を取れるのだ」と。つまり司法試験には受かりました、でもそれがそのままその弁護士力を決めるわけではなく。

ですから有名な弁護士ほど信用しないほうが、、ということ。オウム宗教被害から急に目立ち、しかしあの宗教被害時には紀藤だけひとりが行動をしてきたわけではないですからね。他の弁護士達はTVに出て目立ちたいなんておもわなかったからこそ。私などはよくあんな低次元の弁護士力だけでTVやラジオにて法律解説をするな~とおもっています。それに紀藤の話し方、中、高校生じゃ在るまいし語尾を延ばす話し方、耳障り、成人しているのだからきちんと話せないのかとおもうくらい。

弁護士の選び方はまだまだありますのよ。後日詳細に私の体験談を含めて。
弁護士紀藤正樹&リンク総合法律事務所の犯罪 (海外)
2011-01-18 10:07:13
Hi there
弁護士のたまごが法律事務所を選択する際に何を基準にするのか? 他の職場でもそうですが、お給料、知名度、方針などを考えて自分にあった法律事務所だと思えば面接にいくなりしますよね。紀藤の法律事務所に新人女性弁護士が入所したそうですが、「中村麻由子」、いかにも新人らしい名前ですが、この女性も紀藤が被害者目線の弁護士として確信したからこそ入所とおもうのですが、残念ながら紀藤は彼女のおもうような誠実でかつ優秀な弁護士とはかけはなれた存在でしかありませんしね。

まあ紀藤の法律事務所に入所したら最後、紀藤同様に偽善者のお仲間入りは約束されたようなものでたとえば「山口貴士」なる弁護士にも紀藤のハラスメントを伝えていますが、紀藤同様に見てみぬふりを決め込み、スタッフにも何度も通報をしていますが彼女ら事務員も同じくわが感知せずを決め込む、そういう法律事務所が本気で被害者立場を救いたいなんてまず考えませんからね、表向きは紀藤の有名税のもと依頼を引き受け、消費者の味方を演じ、裏では?

彼女が紀藤の有名税を土台にしたいとおもうような弁護士なら紀藤偽善者の輪に染まればよろしいですけど、リンク=きずなですから、悪の絆が、、。親御さんは彼女の上司の犯罪行為などしることもなく立派な弁護士さんの事務所に入れてよかったなんて手放しの喜びなんでしょうけど。本来有名かどうか弁護士には不必要な要素ですけどね。立派な建物のなかにある法律事務所だから間違えがない? TVに沢山出ている弁護士だから大丈夫? 

裏で人に被害を与えても何も感じない弁護士は
法律を語る資格などはありません、私はTwitterをしているのですが、そこでも紀藤はつけまわし、自身の犯罪が自分の知り合いに知られることの恐怖を感じ、何度も私のアカウントを無断で削除しまわるという卑劣きわまる男。圧力や妨害とは、やましい側がする行為ですから、語るに落ちたわけですけどね。これも弁護士の選び方の例になりますよね。
Unknown (memo26)
2011-01-18 17:45:29
> とかく一般人とは弁護士と聞くとすべてが正しい立場などと勘違いをしますからね。

 弁護士は「正義の味方」だと思っている人は多いと思いますよ。

> 弁護士の選び方はまだまだありますのよ。後日詳細に私の体験談を含めて。

 教えていただければ、その分、充実した内容になると思います。たのしみにしています。

> まあ紀藤の法律事務所に入所したら最後、紀藤同様に偽善者のお仲間入りは約束されたようなものでたとえば「山口貴士」なる弁護士にも紀藤のハラスメントを伝えていますが、紀藤同様に見てみぬふりを決め込み、スタッフにも何度も通報をしていますが彼女ら事務員も同じくわが感知せずを決め込む、そういう法律事務所が本気で被害者立場を救いたいなんてまず考えませんからね、表向きは紀藤の有名税のもと依頼を引き受け、消費者の味方を演じ、裏では?

 「わが身が大事」なのでしょうね。なさけないことですが、世の中、そんなものかもしれませんね。私に対して、「みんな、自分が一番かわいいんじゃない!!」と言った弁護士さんもいましたよ。記事にて言及しています (↓) 。

「不正の傍観者」
http://blog.goo.ne.jp/memo26/e/a7f32f40c6d33daa6a499ec9425a711f
現役弁護士紀藤正樹とその仲間達 (海外)
2011-01-19 07:54:40
Hi there.
私の知っていた白人弁護士が新人のころ、日本語で言うイソ弁とは多少意味は違いますが、事務所を構える際、最初から一人だと心配と先輩弁護士の事務所に自分のオフィスを構え(テナント代は折半)、最初のころは弱気人を助けられたらとおもいと弁護士になったと、、。しかしその先輩弁護士が勝つためならなんでもするという種類だったため徐々に、悪名高き弁護士に成り下がり、私は知り合い関係を解消したのですが、最初に出会う人によって徐々に自分中心目線に成り下がる人も確かにいますよね。つまり彼もお金も受けのための弁護士にということ。

その「自分が一番かわいいでしょ」とおしゃった方は、自身がそうだから誰でもそうに決まっている目線での発言でしょうね。そういう方とは自分に自信がないからこそ周りに合わせていたら安心で損はしないと思い込んでいるのでしょう。私は自分が発言することに自信がありすぎますから(笑)、周りに合わせたいなんてことはいままで全くありません。アメリカで就職するとたとえ上司の意見でも自分には納得がいかないと思うと、部下であろうが自己主張します。日系企業の支社長とは日本人教育をうけていますから上司にたてつくとなれば、もはや出生の道はないものと何千年まえの古臭いしきたりをそのままアメリカでも行うもんなら、アメリカ人社員は黙ってはいませんからね。会社をよくするための意見を妨害したと訴訟になりかねませんから。その自己主張が通らない日本だと、たとえ弁護士事務所でも所長の紀藤が居る限り部下や新人弁護士などは言いたくても言えた義理か? などとおもうも分かりますが、インターネットの達人を自称し、海外に住む女性にハラスメントを堂々と行うような悪質な言動を行うような所長を見てみぬふりをしていたらいづれは自分達の身の振り方に影響していることを考えないられないのは?これも自分が一番可愛いわけでしょうし、紀藤が一応あんな程度でも有名な弁護士で日弁連でも貴重な存在という自信満々の態度がそのまま後輩弁護士達にも感じるからこそ、何があっても紀藤がつぶされるわけがないとおもいもあるでしょうね。

人は一人では生きていかれませんから、だれかしらと関係していくしかなく、しかし生きていくためなら自分の思想とは例え違っていても自分が一番可愛いからついてくだけなんていうのはもはや自己中そのもの。その自己中のために被害が更に増せば? それらの立場の責任にもつながりますけどね。悪いことを悪いといえない弁護士などはその時点で、法律を語る資格は無いのと同じ。リンク総合法律事務所の弁護士がそれ。

さて、私があるケースで交渉したアメリカでももっとも有名な企業、世界にとどろく超大企業ですけど、その際依頼した白人弁護士の情けなかったこと、相手が大企業だとびびり、、詔子も証人も居るのも関わらず、この弁護士も自分が一番可愛い、依頼費用を受け取りながら、というお話しはまた次回へ。


Unknown (memo26)
2011-01-19 16:08:44
> 私の知っていた白人弁護士が新人のころ、日本語で言うイソ弁とは多少意味は違いますが、事務所を構える際、最初から一人だと心配と先輩弁護士の事務所に自分のオフィスを構え(テナント代は折半)、

 日本ではこれを、「ノキ弁」といいます。「軒先を借りる弁護士」という意味です。

> その「自分が一番かわいいでしょ」とおしゃった方は、自身がそうだから誰でもそうに決まっている目線での発言でしょうね。

 その通りです。

 その弁護士さんは私に対して、「私達とは違う」とも言いましたよ。つまり私は、その弁護士さんに「私達とは違って、自分の利益を最優先しない」と言われたわけです。

 つまりあなたの推測通り、「自分がそうだから誰でもそうに決まっている」という目線での発言だったわけです。

> アメリカで就職するとたとえ上司の意見でも自分には納得がいかないと思うと、部下であろうが自己主張します。

 これは日本でも当然だと思います。ただし、「部下が上司に従うべき法律上・契約上の義務がある」場合は別です。


 ところで、「弁護士の選びかた」の話はどうなったのでしょうか?
二枚舌の弁護士紀藤正樹 (海外)
2011-01-20 04:42:23
Hi there.
「弁護士の正しい選び方その①」日本もいまでこそ弁護士が遠い存在ではなくTVをつければどこかの弁護士なる立場が出て、市民も何か問題が起これば法律事務所へいけば助けてもらえると。良心的な弁護士とは自身の有名税に拘りませんからたとえどんな小さな問題でも親身に聞く姿勢を取るでしょう。片や有名税を気にする弁護士とは問題が小さければお金にはならないし事件としてマスコミにも反映しないとおもえば、「この場合のケースでは裁判には出来ない」と、しかし市民にとっては小さな問題ではなく悩みがあればこそ法律事務所へ出向くわけですから。

前にも書いたように弁護士力のよしあしは立派な建物に事務所を構え弁護士の数も多くマスコミにも登場し法律見解を述べるような立場だとおもっていると相談者は後で必ず後悔をするものです。ちょうどここに最悪な弁護士の見本が紀藤正樹、橋爪さんという男性は(カルト宗教に関するケース)紀藤が宗教問題に詳しくTVにも沢山でて有名だから間違えがないと依頼し、しかし見事に判決は? 「前科者」にされただけ。私はこの裁判でも最初から紀藤の弁護の仕方の甘さに異論があり、「あれじゃ最終的には勝つわけがない」と一審では無罪、しかしつかのまの無罪は見えてましたけどね。

なぜ紀藤は判決で勝利を勝ち取れなかったのか?目立つためならなんでもするような弁護士ですから、X-JapanのToshiを助ける真似と同じで自身のあらゆるケースを持ち出しそれを武器にすることしかない次元でしたから。どれも同じケースではないということがまったく見えてない(紀藤が扱った被害者も加害者もすべて同一人物ではないという意味)からこそあの判決。橋爪さんが紀藤から受けたことは名誉既存の罰金に汚名に高い依頼&裁判費用、そして前科者に。

まあ事務所のテナント料も支払えないような経営の仕方の法律事務所では依頼者は不安にはなりますが、外見の「立派」さにその弁護士力が重ならないということ。私は紀藤からの異常なハラスメント被害にて日本の弁護士事務所数名に依頼を引き受けてほしいとコンタクトを取ったのですが、大きな法律事務所からのお返事はなくなぜ大きな法律事務所はお返事が出来ないのか? 、中堅どころの法律事務所からはお返事が来て、「同業者である弁護士を訴えるケースを引き受けるのはなかなか難しいですが、紀藤先生のやり方には私も前から疑問がありましたのでもし日本に来ることがあればお話しは伺いたいのでその時はご連絡ください」と。また紀藤の前住所の建物内に他の法律事務所があったのですがその弁護士さんも、「紀藤先生とはたびたに意見が合わなかったことがありあなたの受けたハラスメントには興味があります」と、

紀藤と意見が合わないほうが「普通の精神者」なのですよ。紀藤のような発想者と意見が合うようではそちらのほうが問題ですからね。目立つためならなんでもするお金儲け優先の弁護士なのですから。また各会社の顧問弁護士も一癖ありましてね。顧問弁護士などとはその会社の社員のようなもの。会社の利益を守るためには悪質な作戦を企てるように命令されたらいやとはいえない立場。これも自分が可愛いとおもえば、被害者が存在しても会社を有利に導くためには法を悪に使用、そして自分の顧問契約も切れることはないというスタイル。特に一応知名度のある会社の顧問ですと自分はそういう大きな会社の顧問弁護士だからさらにえらいと、、。「えらい」とは本来第3者がいうべきことで当事者がいうべきものではありませんから誰からもえらいねといってくれないから自分でいうしかない。自身をえらいといいたがるのは偽善者に多い、また人に良い評価してもらいたい願望者に多く、「あなたは数々の被害者を助けてすばらしいし立派な方ですよね」と。「えらい」の本来の使い方もしらないからこそ自分は弁護士だからえらいんだと、、。また弁護士でも日本語の本来の意味すら使い方が間違っている人もいますしね。「弁護士の正しい選び方その②」にてご紹介しょましょう。
Unknown (memo26)
2011-01-20 19:31:59
 今日は長文の記事 (↓) を書いたために疲れました。私が「詭弁」に詳しくなったのも、弁護士さんの「おかげ(?)」です。弁護士さんの「せい」と言うべきかもしれませんが、今日はコメントする (=返事を書く) 気力がありません。

「中国の嘘と、詭弁の要素」
http://blog.goo.ne.jp/memo26/e/198e8ed906af7c9fae04cdc909d8a847

 あなたの書く「弁護士の選びかた」には、その通り! と思うところが多々あります。「弁護士の正しい選び方その②」、たのしみにしています。
現役弁護士紀藤正樹の犯罪行為 (海外)
2011-01-22 08:59:51
Hi there.
「弁護士の正しい選び方その1」
先日述べたように外見立派なビル内に事務所を構え、弁護士の数も大手企業並み、それらの弁護士の中身もその外見には重ならないということ。

「弁護士の正しい選び方その2」
マスコミや雑誌にたびたび登場する弁護士は極力避ける、副業を持つ弁護士に依頼したら最後、依頼事項は他人任せや後回しにされやすい。TVやラジオの収録、雑誌の締め切りなど日時が決まっているとそれを外すわけには行きませんでしょ。となれば後輩弁護士に自分が受けた依頼事項を譲りまたはさせ、依頼者はその弁護士が当然引き受けてくれたものおもってますからね。それが担当弁護士がいつのまにか違っていたと不満や不信感が募る。大体弁護士でありながら副業を持つほうが。弁護士業だけでは知名度が上がらないというのがそもそもの目的なのでしょうけど。ですから有名税をひたすら狙いTVやラジオ、雑誌などに記事欄を持つ紀藤正樹などはもっとも信頼性がないということ。


「弁護士の正しい選び方その3」
前にも書きましたように、最初にその弁護士の質を知るための質問をする。もし自分に非がある場合あなたはどんな作戦を考えますか?とそれによって弁護士の質の良し悪しが判明。


「弁護士の正しい選び方その4」
日本語の意味を正しく使える弁護士かテストをしてみる。私は今年の9月に全米を対象に私が受けたケースをまとめ出版をしますが、その原稿にも言葉の正しい使用のしかたを知らないアメリカ人の弁護士達が数多く存在している事実を弁護士実在名で公表しますが、日本の弁護士の中にもそんな事も理解できないのかという弁護士もいましたね。

それがX-JapanのToshiの元弁護人伊藤芳朗、HOHケース当時、紀藤ではとうてい理解できない彼らの矛盾点を私がヘルプしてあげていたのですが、被害者代表を自称する山本ゆかりも同じく理解できなかったのを見かねて、当時の元弁護士であった伊藤芳朗宛に。伊藤は私の文面をそのまま断りも無く盗用し、、。

伊藤も紀藤同様にマスコミに名前だけが先に、マスコミになど出たがる弁護士ほど犯罪を平然と犯しやすいもの。伊藤はTV局に頼まれて戸籍謄本を不正入手をしたように。いまや誰からも信用されない弁護士に。紀藤も同じ犯罪者ですけどね。ではここで質問をしましょう。こぐまさんは「脅迫」の意味はご存知ですよね。しかしながら現役弁護士の中にはその正しい使い方も理解できない次元がいます。そしてその矛盾点を指摘するまでそれが不自然な状況だともまったく気がつかない次元の弁護士達。「弁護士のただしい選び方その4後半にてご紹介しましょう。
現役弁護士紀藤正樹の仮面の下 (海外)
2011-01-24 02:13:16
Hi there
「弁護士の正しい選び方その4後半」
例えば、紀藤が扱っていたケース、元X-JapanのToshiが洗脳されているともっともらしいことを申していた紀藤ですが、(それには紀藤の仮面の下の野心もあったのも事実ですが)Toshiが紀藤の言葉に耳を貸さずにひたすらMasayaの意思を優先していた時期のお話しですが、山本ゆかりと紀藤がごぞってToshi側をインターネット上で攻撃したのに対してMasaya率いるToshiも自身のBlogで紀藤等に反撃、ことの起こりは山本ゆかりの野心がHOHで踏みにじられた恨みもありこれまた紀藤同様にその野心はひたすら隠して、いかにも子供達を助けたいなどと気色悪い発想で、、。

まあ、HOHでは当時子供を真夜中に働かせても何ともおもわないようなToshiやMasaya等は確かに虐待ともいえますので、そもそも虐待とは肉体的に暴力を受けたからという視点が日本人にはよく見られますが、精神的虐待にも目を向けることは必要ですからね。子供の精神的虐待面を考えわたくしも海外からお手伝いが出来るのならと、紀藤では理解できない彼らの矛盾点などを指摘してきたわけですが。

そして2004年行政の力で子供達を保護しHOHでは子供を虐待していたとなり、その際も紀藤には個人的に彼らの矛盾点を指摘し紀藤らはそれをインターネットにてさらに攻撃した形になりましたが。Toshiらは当時、自分らは子供を虐待していないといいはり、一時保護からホームに戻れたから行政も虐待はないと認めたことだといいはりましてね。しかしながら子供がホームに返されたはしたが児童相談所指導員が常時HOHに通うという意味は?100%の虐待がないのであれば、これまで道理どうぞ子供達と一緒に生活をしてくださいと拍手喝采を浴びてもおかしくは無い状態ですから、誰もHOHに今後の児童養育の指導に出向く必要はない。

しかしながら虐待の可能性もあると見るからこそ指導員は出向く必要があったという矛盾点をToshiらも理解できなかったのですが、そして紀藤等はいますぐ虐待をやめないと裁判にするぞと、いわば権力を縦にした言動を発したのですが、紀藤などは自分からマスコミを大いに使わないでどうすると堂々と言いましたからす、まさに悪用利用の世界に生きる男。本気で子供のことなどは考えていないという根拠がここに見えてますでしょ。子供の精神状態を一番に考える弁護士であればマスコミは極力使いたくないとおもう側ですから、子供時代に受けた大きな事件などは生涯忘れることはなくトラウマになる可能性も考えてこそ。それが紀藤や山本ゆかりには見られず、、野心のための道具にToshiらの洗脳度と児童達を利用したことが見えてますしね。

そして虐待などは一切ないと言い張ったToshi、しかし紀藤が告発するぞといった言葉にToshiらは「脅迫だ」といいました、さてここで問題ですが、Toshiのいう脅迫は成立しないのがおわかりでしょうか? 脅迫の意味と使用のしかたがアンバランスなんですが、そもそも刑法にもその使用の仕方が間違っていることもあり、、。
長くなりますので、次回に続くとさせていただきますね。
Unknown (memo26)
2011-01-25 17:15:52
> マスコミや雑誌にたびたび登場する弁護士は極力避ける、副業を持つ弁護士に依頼したら最後、依頼事項は他人任せや後回しにされやすい。TVやラジオの収録、雑誌の締め切りなど日時が決まっているとそれを外すわけには行きませんでしょ。となれば後輩弁護士に自分が受けた依頼事項を譲りまたはさせ、依頼者はその弁護士が当然引き受けてくれたものおもってますからね。

 あなたの「弁護士の選びかた」には賛成する部分が多いのですが、この部分については疑問です。

 依頼事件の多い弁護士にも、同じ傾向があります。弁護士の本業である裁判においても、日程は決まっています。「~~月~~日~~時~~分」には裁判所に行かなければならない、と決まっている以上、さらに事件を引き受ければ、「依頼事項は他人任せや後回しにされやすい」です。

> こぐまさんは「脅迫」の意味はご存知ですよね。

 私は「こぐま弁護士」ではありません。

> 矛盾点を指摘するまでそれが不自然な状況だともまったく気がつかない次元の弁護士達。

 これは湯山孝弘弁護士や楓真紀子弁護士にもあてはまりますね。

> そもそも虐待とは肉体的に暴力を受けたからという視点が日本人にはよく見られますが、精神的虐待にも目を向けることは必要ですからね。

 これも湯山孝弘弁護士や楓真紀子弁護士の行為について、いえますね。(私は弁護士批判を目的としてブログを書いているわけではないので)まだブログには書いていませんが、彼ら(弁護士ら)の行為は「モラル・ハラスメント」にあたります。要は弁護士による「嫌がらせ」です。

> 長くなりますので、次回に続くとさせていただきますね。

 わかりました。
犯罪者弁護士紀藤正樹 (海外)
2011-01-26 10:19:18
Hi guys
あなたはそもそも弁護士ではないのですか?
副業を持つ意味は? 色々ありますよね。一般人でも弁護士でもそれは同じですが、例えば本業だけでは食べていかれない、もっと生活にゆとりがほしい、自分を各分野で目立つ存在になりたいとか、その野心は本来あったほうがよろしいのですが、ちなみにアメリカですと履歴書の職種欄が埋まりすぎるほうが転職時には効果覿面なのです。

一つの職場に居るということは、自身の能力を他で試す気力がない人と評価を得てしまいますから、今の職場では自分の力を発揮できなければ他で試してみる精神が必勝なのです。最近の日本は知りませんが私が日本在時代は何度も転職するような落ち着きのない人間はどの職場でも避けたいって感じでしたが、ただし専門職の人が多数の副業を持つのは、依頼事項がおろそかになりやすいのは確かですよ。

依頼事項は他の弁護士がすればいいというのは弁護士としての責任感は無いに等しい。私はマスコミに自身の名前を知り渡りたいという野心は好きではないです。それが紀藤という男のやり方、そもそも弁護士に有名税は不要ですからね。それをやりたがるということは? ですから目に余るマスコミ悪用利用弁護士に成り下がったように。

私が被害者となった世界で始めてのケースを本位。出版社から、原稿内にある内容はたとえ日本でもこれ以上公開禁止だそうです。日本語の盗用だなんていわれてもここの記事と本の作者は同一人物だと根拠を持っていえますが。そんなわけで、Toshiらの「脅迫」言葉は摩訶不思議な言い分というのはご紹介できなくなりました。
犯罪者弁護士紀藤正樹の正体 (海外)
2011-01-26 10:34:20
Hi again
私がおもうところ、あなたはHOHケースでは被害者側に立つ方のようですね。または各被害者救済側に関心がある立場とお見受けしていますが。私も紀藤が私の私生活をのぞき見する犯罪行為だけを公表したくて、書き込みをさせていただいているわけはありません。

弁護士としての質や向上を願ってのこと、その際には弁護士の質の悪さの例題に紀藤があてはまり、、。紀藤はインターネットの達人を称し悪用しここにも私を付回してきてますからいますから自身の犯罪にしっかり目をむけないさよという伝言でもあるのですが、それは紀藤には伝わらず。
Unknown (memo26)
2011-01-26 16:42:42
> あなたはそもそも弁護士ではないのですか?

 私は弁護士ではありませんよ。

> 出版社から、原稿内にある内容はたとえ日本でもこれ以上公開禁止だそうです。日本語の盗用だなんていわれてもここの記事と本の作者は同一人物だと根拠を持っていえますが。

 あなたが書いた本の内容を、あなたがコメント欄で公開する(書く)ことを「禁止」されたということですか? 「ヘン」ですね。(法律ではなく) 契約で禁止されているのかもしれません。

> 私がおもうところ、あなたはHOHケースでは被害者側に立つ方のようですね。または各被害者救済側に関心がある立場とお見受けしていますが。

 私はホームオブハートのケースについて、詳しいことは知りません。したがって「どちらか一方の味方」をするということはあり得ません。どちらに非があるか、わからないからです。

 しかし一般論として言えば、「加害者側に味方する」人はいないでしょう。「加害者側に味方する」のは、利害関係を有する者か、弁護士くらいのものではないでしょうか。
現役弁護士紀藤正樹の犯罪 (海外)
2011-01-27 05:47:20
Hi there

あなたは弁護士ではない、、ふ~む弁護士でないお立場がBlog名に弁護士を名乗るのには問題は無いのですか?

私は去年出版社とは契約済みですので、でもまあ私の日本語のBlogにて「脅迫」の意味は詳しく紹介していますが、改めてこちらでも説明をしてもよろしいですけど。私のBlogにご興味があれば後日ご紹介をしましょう。私が当地で受けたケースには日本側にも加害者がいましてね。その中にToshi関係者も、、。実は紀藤もアメリカで起きた珍しいケースに日本へ逃げ返った加害者経由で加担していました。原稿には紀藤名はありませんが、他の日本人歌手やお笑い&映画監督名、宮崎県知事、大阪府知事名はそのまま実在名で記載しています。アメリカと日本側も加担したすさまじいケースですから、出版後はアメリカ国内だけでなく世界各国向ける可能性もあります。出版後は記者会見も開くと出版社はもうしていますから、もちろん作者名は私の実名がそのまま本に載ります。

>加害者の味方をする人は居ない。
これも加害者が誰なのか? によって違いますよね? 果たしてToshiやMasayaだけが加害者なのか? 紀藤も児童に対してのある種加害者の可能性はあるHOHケースでしたが。私はToshiとは小心者でいつも誰かに頼っていないと自分の存在を確保できない人間性と見ていましてね。実母とも何十年ぶりかに会えたことを洗脳のせいにしていましたし、妻をMasayaに寝取られたという件もそれはたんなる夫としての甲斐性が無かっただけのこと。妻には何もいえないという小心者性格を洗脳のせいに、、。長年にも渡り実母にも心配を掛けても今までは何も感じないとそれも自分の存在を自分で確保できなかっただけのこと。紀藤の野心にうまく操られ紀藤宗教の信者に鞍替えしただけのことも一理あり。

>加害者の味方になるのは? 
利害関係者の弁護士、たしかに、紀藤も自分の活動仲間の悪事には注意できずひたすら彼らに媚びるだけの弁護士ですからそれは確かなことですわね。同感です。 

 
Unknown (memo26)
2011-01-27 09:07:02
> あなたは弁護士ではない、、ふ~む弁護士でないお立場がBlog名に弁護士を名乗るのには問題は無いのですか?

私は弁護士を名乗っていません。
このブログのブログ名は「言語空間+備忘録」です。

> >加害者の味方をする人は居ない。
> これも加害者が誰なのか? によって違いますよね?

その通りです。

私は弁護士さんから「絶対、絶対、絶対、絶対、絶対に許されないことをした」と加害者呼ばわりされましたが、私の「どういう行為が、どういう意味で」絶対、絶対、絶対、絶対、絶対に許されないのか、弁護士さんは教えてくれませんでしたね。

その弁護士さんは私に嫌がらせをし続けましたので、じつは、「その弁護士が加害者」で「私は被害者」だと考えるのが普通だと思いますが。奇妙な話です。

下記をご覧ください。

「南京大虐殺記念館にみる中国の態度と、日本のとるべき態度」
http://blog.goo.ne.jp/memo26/e/a19ddbaf56cee58957861b5e9b0be86d

「弁護士による「詭弁・とぼけ」かもしれない実例」
http://blog.goo.ne.jp/memo26/e/b5163df3c7148d5b76ee9f59fb1ac3d2
弁護士紀藤正樹の犯罪行為 (海外)
2011-01-28 06:36:41
Hi there
「こぐま弁護士」と検索するとあなたのここのBlogに行き着きますから、てっきりこぐま弁護士さん本人とばかりにおもっていました。その弁護士の絶対に許されないことをしたという理由が無い以上、あなたは加害者ではないでしょうね。どこの弁護士なのです?、私がその意味不明の絶対にを主張する内容を徹底的に追求することは可能ですけど。

ところで私に異常な執念で付きまといGPSまでつけ、私が開くサイトに自身の存在を知らせるために通常では出ること無いカラーを出しまくったお馬鹿弁護士のその行動は修まりました。しかし私が紀藤の犯罪行為を公表するまで自身の犯罪に目を向けなかった次元の低さには軽蔑ですが、私の前から完全に消えたことが確認できましたので、いますぐの訪日はないです。

ある弁護士に紀藤の犯罪行為を相談したところ、「あなたの嫌な思いはわかりますが、紀藤先生のような大物弁護士になると日弁連は紀藤先生に助けてもらうことのほうが多いし、警視庁にもコネがあり弁護士の逮捕はまず行われないでしょうからそのための訪日ならやめたほうが無難ですよ、費用と時間の無駄になるだけですから」と、、どれを刺して大物なのか? まるでやくざの世界ですよね。弁護士会にとっては役に立つ人物だから、政治家や警察関係者にコネをつけて紀藤の犯罪そのものを無いものにするのはいとも簡単だとは、、。

そして紀藤も自身の弁護士業績を持って言えば逮捕資格剥奪などは無いと確信があるのも見えてましたから、ですから何度警告してもストーカー行為を辞める気がなく、しかし目には目をですからインターネットで公開し恥をかき、そして徐々に私から離れ始め、、。日本の弁護士会の汚い部分を見た感じです。名誉と野心のためならなんでもする紀藤正樹、もはや私にとっては過去の人物ですから、後は好きなように生きればよろしい、2度と関わりたくない立場であるのは間違えがないですしね。





現役弁護士紀藤正樹の犯罪言動 (海外)
2011-01-29 02:29:14
Hi there
湯山孝弘弁護士で検索するとあまり良い評価は見れず、反対に好ましくない評価のある弁護士ですのね。弁護士とは根拠が示すことが出来ないと大体逃げますしね。紀藤がそうでしたから、根拠を追求すると後はだんまり、その程度の弁護士多いでしょうからその湯山弁護士も根拠を示すことが出来ないとなると自分は弁護士だからという立場上で圧力を加えた次元ですわね。

弁護士がお金を振り込むとはもしそれが事実ならばお金の圧力で黙らせようと試みたがあなたがお受け取りを拒否するわけがないと、ということは今までにも湯山弁護士がお金を振り込むことで黙ってしました人も居るということでしょうね。通常、最初にことを始めそれが成功すると今度もお金さえあげれば、、となりますから。でもあなたはそんな圧力には負けないという姿勢は立派ですよ。

湯山孝弘ですか、まあ誠実&優秀な種類の弁護士ではないことは確かですね。どんな人物なのかもっと私なりに調査をしてみます。ではまた。
弁護士紀藤正樹とその仲間達 (海外)
2011-01-29 07:32:14
Hi there
湯山孝弘弁護士とは光市母子殺害事件の犯人側を弁護した安田弁護士の仲間でしたのね。安田は紀藤と懇意にありますから、この関係だけを見ても湯山弁護士もその種類というのはわかりますね。以前書き込みをしたとおもうのですが、何の落ち度も無い母子を自身の欲望のためだけに殺害した犯人などは即刻死刑が相当するとおもっていますから、その残忍な犯人を弁護する弁護団などは問題外で即刻弁護士資格剥奪すべきと主張しますけどね。

要はこれらの弁護団とは安田ともども、死刑反対を唱えれば人権派と評価を得たいだけのこと。湯山弁護士がこれらのお仲間で、あなたが希望したわけでもないのにお金を振り込むとなれば私なら、紀藤ともども湯山弁護士という種類の弁護士には絶対に依頼はしませんね。お金を振り込むということはそこに必ず意味がありますから、その意味も根拠を元に説明できないとなれば、やましい側のする言動ということ。

あなたは同じ日本国なのですから、湯山弁護士に警察へ行って良いか?と質問する必要はなく、それこそ湯山弁護士には自分が警察へ行くことに対してあなた側には何か不都合があるのか?と言うほうが、。私があなたと同じ立場で同じ日本なら意味の無いお金を振る困れて困っているとすぐさま警察へ行きますけどね。

湯山弁護士、、なるほど安田弁護士のお仲間だったとは、まあどんなケースでも容疑者側の弁護を担当する弁護士はいるものではありますが、この湯山弁護士達を見ても弁護士の「質」がわかるじゃないですか? もし依頼人に最大の非があるのであれば、計画的な殺害ではなかったなどを主張せず、人の命を奪ったことの事実を知らせ罪に服させることに専念するでしょう。ストーカー犯罪者の紀藤、殺人者を必要以上に庇う安田に、あなたが迷惑をしたという湯山もその弁護団とは、つながりましたわね。類が類を呼ぶ、同じような悪質な弁護士には同じような種類の弁護士が、、。
犯罪弁護士紀藤正樹の関係深い弁護士達 (海外)
2011-01-29 08:08:28
Hi again
日本の方はすでにご存知の弁護団名でしょうね
残忍な犯人を庇い続けるしかない脳がない弁護士達名を改めて。

安田好弘、
足立修一、
村上満宏、
新谷桂、
今枝仁
新川登茂宣
山崎吉男
大河内善明
舟木友比古
中道基元
小林修
河合国秀
本田兆司
山田述廣
村上明彦
北湯谷仁
田上剛
湯山孝弘
等と出ていましたが、全員弁護士資格剥奪または懲戒処分に相当。こうしてみると女性と女性が身ごもる乳児の命が奪われたケースですから、女性弁護士名派当然のことながら存在してませんね。これらの弁護士達はいざ自分らの妻や子供が同じような目にあえばのんきに死刑反対などとは絶対にいわないでしょう。所詮は他人事、紀藤と同じで事件であれば警察が動きマスコミのニュースになることをいち早く計算して、弁護団を名乗り出た軽蔑という言葉がぴったりの弁護士達でしょう。私はこれらの弁護士達に恥をしりなさいといいたいですね。これらの弁護士の資格剥奪を唱えた橋下弁護士ももともと嫌いですが、彼の弁護士としての発想は橋下弁護士に賛同するところが沢山あります。

自身の欲望という最低な次元で人の命を奪ったという犯罪を犯したら、自分も死をもつことは当たり前のこと。それを必死で庇うなんて、何かの目的がなければしないでしょうから。これらの弁護士の本当の目的が他にあるということ。 
犯罪者弁護士紀藤と安田の関係 (海外)
2011-01-29 09:28:54
Hi guys
安田好弘は麻原の弁護側だったとは、しかしそこで紀藤の死刑反対派論はマスコミ受けを狙ったことがそこで判明しましたけど。安田と岩井信弁護士、他のケースにもご一緒、、つまり彼らは光市母子ケースで知り合った仲ではないということですわね。つまり同類は以前からということ。

後、死刑反対運動派や冤罪事件に関してにも関与って、コロコロ換わる弁護士活動=一環していないのが何よりの偽善者弁護士紀藤と仲良しこよしである安田の正体。明日からカナダへ2泊3日で出かけますので、後日その根拠などを。Have a wonderful day.
Unknown (memo26)
2011-01-30 11:38:31
> 「こぐま弁護士」と検索するとあなたのここのBlogに行き着きますから、てっきりこぐま弁護士さん本人とばかりにおもっていました。

「こぐま弁護士」という語句が含まれている以上、検索するとこのブログも出てくるでしょうね。

> その弁護士の絶対に許されないことをしたという理由が無い以上、あなたは加害者ではないでしょうね。

 そうだと思いたいのですが、湯山弁護士の態度は「理由はあるが教えない」という態度ですからね。この弁護士さんは、裁判などの際にも、「(依頼者が)正しいことはあきらかだが、その根拠については主張しない」という態度なのでしょうかね? 「被告は無罪である。根拠は教えない」だとか、そんな主張を法廷ですれば、「爆笑もの」だと思いますが。

 日本では弁護士増員政策がとられているのですが、弁護士増員に反対している弁護士さん達は、「弁護士の数を増やすと弁護士の質が落ちる」と主張されています。しかし、湯山孝弘弁護士は弁護士増員「前」に弁護士になった弁護士なので、「弁護士の数を増やさなくても弁護士の質は落ちている」ことがわかります。

 とすれば、弁護士増員「中止」によって弁護士の質を上げることは不可能で、逆に、弁護士増員「継続」をしてこそ、(競争によって) 弁護士の質が上がる、と考えるべきではないかと思います。

「弁護士増員と、弁護士の質の関係」
http://blog.goo.ne.jp/memo26/e/833bc6b491b77347b7aacd02965a7f29


> どこの弁護士なのです?、私がその意味不明の絶対にを主張する内容を徹底的に追求することは可能ですけど。

 一弁(第一東京弁護士会)の湯山孝弘弁護士ですが、とりあえず、徹底的に追及することを依頼するのはやめておきます。私は私なりに、湯山弁護士に配慮しています。湯山弁護士に対して「警察に行ってもかまいませんか?」と尋ねたりしていますし、このブログに書くときにも、

「行政指導は明確でなければならない」
http://blog.goo.ne.jp/memo26/e/71402e5b0b324fca452fec5de421647c

のように、湯山弁護士の立場に配慮した書きかたをしています。「いままで築き上げてきたものを失いたくないんだ!!」などと言われてしまうと、「かわいそう」になってきますよね。
Unknown (memo26)
2011-01-30 11:40:41
GPSについてはよくわかりませんが、問題がなくなったのであれば、よかったですね。

> ある弁護士に紀藤の犯罪行為を相談したところ、「あなたの嫌な思いはわかりますが、紀藤先生のような大物弁護士になると日弁連は紀藤先生に助けてもらうことのほうが多いし、警視庁にもコネがあり弁護士の逮捕はまず行われないでしょうからそのための訪日ならやめたほうが無難ですよ、費用と時間の無駄になるだけですから」と

 この弁護士さんの言っていることは、わかります。難しい問題ですね。


> 湯山孝弘弁護士で検索するとあまり良い評価は見れず、反対に好ましくない評価のある弁護士ですのね。弁護士とは根拠が示すことが出来ないと大体逃げますしね。紀藤がそうでしたから、根拠を追求すると後はだんまり、その程度の弁護士多いでしょうからその湯山弁護士も根拠を示すことが出来ないとなると自分は弁護士だからという立場上で圧力を加えた次元ですわね。

 弁護士にかぎらず、都合が悪くなると「だんまり」を決めこむ人は多いですよ。

> 弁護士がお金を振り込むとはもしそれが事実ならばお金の圧力で黙らせようと試みたがあなたがお受け取りを拒否するわけがないと、ということは今までにも湯山弁護士がお金を振り込むことで黙ってしました人も居るということでしょうね。通常、最初にことを始めそれが成功すると今度もお金さえあげれば、、となりますから。でもあなたはそんな圧力には負けないという姿勢は立派ですよ。

 常識的に考えれば、「カネで黙らせようとしたが、うまくいかなかったので脅して黙らせようとした」ということでしょう。このように考えれば、湯山弁護士が「絶対、絶対、絶対、絶対、絶対に許されないことをした」ので「誰にも言わないほうがいいと思う」と「アドバイス」してきた理由がわかります。要するに、表沙汰になって罪に問われるのが嫌なら、「誰にも言うな」ということですよね。

 「露骨に脅すと犯罪(脅迫罪)になるので、湯山弁護士はアドバイスを装って、私を脅した」と考えて、まず間違いないでしょう。
Unknown (memo26)
2011-01-30 11:42:11
> 残忍な犯人を弁護する弁護団などは問題外で即刻弁護士資格剥奪すべきと主張しますけどね

 この部分には同意しかねます。私はどんな人であれ、弁護士が弁護しなければならないと思うのです。そうでなければ、無実の者が罪に問われかねないと思います。

 私は光市母子殺害事件については詳しくないのですが、この裁判で問題なのは、弁護団がとった「作戦」ではないでしょうか? 要は弁護士達が「姑息な」方法で弁護しようとした、と批判されているのだと思います。


> 明日からカナダへ2泊3日で出かけますので

 カナダで反日教育が行われている、という情報があります。背後に中国系団体がいるらしいのですが、もしわかれば、(本当に) 反日教育が行われているかどうか、調べていただけませんか? (カナダの官庁に問い合わせるなどではなく) 出会ったカナダ人に(それとなく)聞いてみてくださいませんか?
弁護士紀藤正樹の正体 (海外)
2011-02-01 10:13:44
Hi there
カナダへ行ってからインターネットをしていませんのであなたの返信は今日当地で拝見しました反日感情ですか、私は日本国籍ではないのでそれに外見も日本人には見られたことが無い容貌なので(^^:)、私に関して言えば恐ろしいことは無かったです。そのような情報があるのならカナダ在住の日本人の皆さんの中には、怖い体験をしたかたもいるのかも。

ちなみに数十年前、当地で鯨を食用とする日本国に対して捕鯨反対団体が日本人を狙う事件がありました。日本人だとわかると車のタイヤをナイフで切ったり、家の前に大量の小動物の糞を置いたり、、しかしアメリカ人も魚を食用とし、チキンも好きで鶏を食用としてますよね。「鯨は海の神様、それを捕獲し食べる
なんて、、、」と矛盾してますが。

アメリカの小学校低学年では韓国と日本の戦争についてお勉強をします。その際教師はありのままを子供達に伝えますから、日本は韓国を占領し市民を奴隷の様に扱い、特に女性は性奴隷にした酷い戦争だったと、、しかし今は両国はとても良い関係と、、人種の国アメリカですから韓国系アメリカ人教師などは、ご家族からもその実体験を聞いている人もいますしね。しかし韓国系とはいえアメリカで教育を受けた教師達ですから一つの事実として子供達に伝えますので、批判感情をもったまま日本人児童には接しませんが。

アメリカ人とは憎き日本国があれば同じような貌の東洋人が狙われたりしますよね。911では犯人と同じアラブ系というだけでマーケットに火をつけ全焼させたとか、、群集心理の怖さでしょうか。では弁護士の質について後ほど、カナダからの荷物の整理などがありますので、(^^:) Later
ご返事ありがとうございます (memo26)
2011-02-01 16:58:55
> 外見も日本人には見られたことが無い容貌なので(^^:)、私に関して言えば恐ろしいことは無かったです。

 よかったですね。(^^)

 「ありのままを」伝える教育であればよいのですが、「虚偽」を教えるように中国系団体が誘導している、という話があり、気になっています。
弁護士安田と紀藤正樹の関係 (海外)
2011-02-02 05:53:49
Hi guys.
昨日は同乗者と交代での運転とは言え長時間だったので疲れてしまいまして。さて弁護士は容疑者の弁護もするのが仕事範囲というのは分かりますけど。弁護士自ら弁護を志願してくることに不信感があるという意味です。

刑事事件、特に殺人を犯し相手を死亡させた場合場合弁護を引き受けたがる弁護士が存在しないほうが自然ですよね、ところが光市母子殺人事件の場合は、安田弁護士が進んで望んだこと、そして安田の弁護士仲間が続々と集まり弁護団を結成と、安田はオウム事件の麻原を弁護したとか、これを見ても安田とは紀藤と同じでマスコミが取り上げる事件ばかりを狙う傾向が、そこには彼らの野心と名誉欲があればこそ。

わが州の場合、去年のケースで11歳当時の白人の女の子を誘拐し14歳で子供を産ませ29歳で発見されるまで裏庭に隠していた犯人夫婦が逮捕された際、裁判にて犯人側の弁護士が写っていましたが、そのやる気の無さは、しょうがなく引き受けるしかないという感じで弁護をするというよりは、一刻も早く犯人夫婦に刑を与えてほしいといわんばかりの姿でしたが)。ちなみにわが州では刑事事件の裁判はTVにて放映されます。

(さらに余談ですが、麻原が逮捕された当時、当地の高校卒業アルバムに、麻原は日本でもっとも危険な犯罪者と顔写真入りで載せられています、しかしカルト教祖という記載分はなかったですが、つまりカルト教祖かどうかが問題ではなく人としての評価を重視)犯罪者弁護士紀藤ならすぐカルトだなんて騒ぎマスコミを使う作戦をねるところでしょうが。

私が安田弁護士が大嫌いなところは、人の不幸をネタに名誉欲と野心むき出しそれを隠して人権派を語るからです。紀藤そっくりですからねその体制は。紀藤は本来小心者ですから刑事事件特に殺人ケースには関わる度胸はないです。子供の気持ちも心理も分からずに、やたら子供ケースに名乗りたがるそれは? 名誉と野心しか興味が無いからですよ。犯人側の弁護は誰からが引き受けなくてはいけないのはわかりますが、自分から率先したがる弁護士は不信だらけ、、。
偽善者弁護士安田&紀藤 (海外)
2011-02-03 05:12:51
Hi there
本来各弁護団とは被害を受けた側に名乗り出るもの。ところが安田率いる21人の弁護団は残忍きわまる犯人のために弁護団を結成、その時点からすでにこれらの偽善者弁護士達の本当の目的が見えてますしね。紀藤正樹は偽善者ではありますが、加害者側の弁護団を名乗り立てことはありませんから、紀藤は安田ほど悪質な弁護士ではないことは多少ありますけどね。

安田を慕って弁護を買ってでたとしてもそこには無理があり、安田を慕いたいのであれば刑事事件以外の場所で安田を支えていけばよいこと。それは湯山弁護士を含めて彼ら弁護団は公私混同もはなはだしく、また彼らはご遺族の気持ちなどはどうでもよく、人様の痛みを踏み台にし弁護団同士の野心と名誉などの絆を深めるために悪用しているだけのこと。犯人は自分の欲望のために、限りない将来のある子供まで殺害などという残忍な面を持つ男にあるのは死刑のみ。

本来の弁護団の意味すら理解できてない安田等
は即刻弁護士を辞めるべき。彼らの資格剥奪を唱える橋下弁護士のほうがまだ人間的であり人権派といえますけどね。安田弁護士に賛同する弁護士仲間の次元の低いこと。紀藤も同じ弁護士会であり先輩でありという立場からやたら安田弁護士を贔屓目にみていますが、オウムでは麻原の弁護を引き受け、紀藤は被害者側に立ち
それでも安田を慕う意味は?、紀藤も本来の弁護士の意味が全く理解できてないからこそ自分とは違った弁護をする安田を慕いその矛盾にも気がつかない程度の低い男。

安田に紀藤、そして湯山、悪質弁護士なのは事実ですわね。私ならこれらの弁護士には絶対に依頼はしません、依頼費用を捨てるようなもの。
河井&新谷桂両弁護士の寝言次元発想 (海外)
2011-02-03 05:46:32
Hi again.
光市母子殺害事件にて、弁護団等は「無期懲役になるから控訴はしない方がよい」と犯人にと。これだけを見ても彼らのずるがしこさが見えてますね。人を殺したら自分も死を持って責任を晴らことは一般常識ですよ。彼ら弁護団は犯人側の生い立ちを持ち出してますが、たとえ生い立ちに恵まれなかった環境でもそれにまけずに正常な生活をしている人は沢山いますからね。それはだから母子を殺害をしたなんていう理由にはならず。

弁護団は「乳児を頭の上から落としたらそれだけでも死ぬから計画的では無かった」と、どういう神経だとこういう理由付けをし死刑を免れさせようとするのか? 大体乳児を意味もなくして頭まで持ち上げて落とそうとする行動をとる必要があるのか? 鬼の形相で持ち上げた時点で虐待範囲ですからすでに犯罪ですよ。そして河井&新谷弁護士は「我々はあくまでも客観的証拠に基づいた量刑判断を求めるだけ」って、これだけをみても彼ら弁護団は「客観的」の意味すら理解できてないことに気がついてまく、日本人でありながらここでも正しい日本語の使い方が間違っていますしね。それも法律家でありながら。その程度で弁護士資格が取得できるなんて、、。守秘義務、脅迫、客観的などの正しい日本語の意味を知る弁護士ははたして何人居るのかしら日本国って。

安田弁護士と被告弁護団の実態 (海外)
2011-02-04 10:17:20
Hi guys.
「客観的」言葉は残忍な殺害を犯した被告には使用できないその根拠は2日後位に。最近PCの調子がおかしく、変質者弁護士紀藤正樹によるストーカー言動は、完全に終わったのですが、今度はなぜかインターネットを開くと作動が長続きせず。専門家に見てもらいますので。では
Unknown (memo26)
2011-02-06 09:00:17
 私は個々の刑事事件・個々の弁護士については、それほど関心はありません。もちろんまったく関心がないわけではありませんが、それらは一般的に「個別の問題」であり、「全体の問題」に比べれば、重要度が低いと考えられます。

 私も実名を挙げて弁護士について書くときがありますが、それは「その弁護士を非難する」目的ではありません。どちらかといえば、私は、配慮を重ねたうえで書いています。

 なお、レベルの低い弁護士がいることはたしかです。また、マスコミによる「弁護士紹介」は多くの場合、あまり参考にならないとも思います。その意味であなたの書き込みがまったく無価値だとは思いませんが、

 私には、どうご返事してよいか、わかりません。
次元の低い弁護士紀藤正樹 (海外)
2011-02-07 09:08:37
Hi there
私は弁護士紀藤正樹を批判しているのではなく事実に基づいて、こんな卑怯な弁護士もいるというご紹介をしています。

さて客観的とは簡単にいえば「誰もがそう感じる」ことを言いますよね。となれば母子を残忍な方法で殺したとなればどなたが見ても殺害をしたのは事実ですから、弁護団がこの言葉を使う自体不自然なことなのです。そもそも殺人事件の裁判とは白か黒かをハッキリさせる場所ですから、客観的な思想などは無関係であって
事実に基づいての事件解明が前提。容疑者の弁護団がこの言葉を使うとは、もはやあなたがた大丈夫?としかいいようがなく、白か黒かをはっきりさせたくないという弁護団の感情が客観的などということばにすがりつきたいのが目にみえてますしね。

私の書き込みが不要であればこれで終わりにしても全然構いません。Thanks a lot.
Unknown (memo26)
2011-02-08 16:14:13
> 私の書き込みが不要であればこれで終わりにしても全然構いません。

1週間~10日ほど後に、再びお越しくださいませんか? その頃までにはご返事します。
Unknown (memo26)
2011-02-12 11:04:15
 いまのあなたのコメントは記事本文のテーマから離れすぎていると思います。このブログにコメントをつけるのであれば、

 公益性のあるテーマ(例、弁護士の選びかた、弁護士の質)を提示してください。

 あなたが提示したテーマについて、記事を書ければ書きますので、その記事にコメントをつけてください。

 あなたにとっても、このブログの読者(閲覧者)にとっても、私にとっても、これが一番だと思います。
弁護士紀藤正樹の正体 (海外)
2011-02-22 10:09:43
Hi there,
確かにテーマに別れている以上は関係深い書き込みが優先でしょうしね。他の方の書き込みにありました弁護士会はどんど懲戒免職の要望を出してほしいと、、ですけどあの弁護士会というのも、弁護士会にとって都合の良い弁護士なら必死で庇い隠しってありますよね。

私が紀藤の悪事を何度も日弁連に通報していますが、E-mailを読む係りどまりで、他の日弁連メンバーに伝わることは絶対にありませんから。つまり日弁連にとって便利な立場の弁護士の悪事などは踏み潰せられるということでしょう。紀藤なども自分の弁護士歴をもってすれば弁護士会が自分を懲戒対象にするわけがないという構えですから、何年にも渡りすさまじいハラスメント行為を繰り返してきたのでしょうしね。

懲戒免職の対象は日弁連に役に立つ人物かどうかなどとは無関係に公正に行うべきものでしょう。それでは独裁国家と同じで自分達の組織に使える人物であれば、紀藤が弁護士として最低な言動をしてきても見てみぬ振りを決め込むなどという日弁連などはもっとも信用できない組織であるのは事実ですしね。

また紀藤などは政界にも懇意にしている人物がたくさんいますから、表の顔を維持し自分の弁護士としての名声を崩されるわけないとおもいこんでいますからね。偽善者弁護士の仲間には偽善者の政治家が存在するという意味ですけど。

聞いてもないうちから自分は弁護士だなんていう立場は初めから信用できないということです。弁護士の前にある人間性が最初ですから。
そうおもいませんこと?
Unknown (memo26)
2011-02-23 11:57:16
テーマを指定してください。
弁護士紀藤正樹の件にて (海外)
2011-03-04 15:00:47
Hi there.
こちらでも現役弁護士紀藤正樹について述べさせていた件にて紀藤と和解の形になりました。いろいろありがとうございましたお礼まで。
あのストーカー弁護士には慰謝料を請求開始 (海外)
2011-03-25 06:36:28
Hi there,
現役弁護士からストーカー被害と不正入力のハラスメントケースにてわたくしの弁護士さんにあの弁護士に対しての慰謝料を請求をしていただくためにコンタクトを取り始めています。すでにあの弁護士事務所でもわたくしの弁護士名を希望していますので、あの弁護士から受けた壮絶な被害の代償はあの弁護士と事務所にあることを承知しているということです。

刑事民事裁判にしたころで恥の上塗りということは承知ですからね。世間にバレ無ければどんな犯罪も平然とこなすなどとは弁護士資格剥奪に値する怒りですが。わたくし側の弁護士さんも「あのTVに良く出ている弁護士がですか?驚いていました、誰もがまさかとおもう人が裏ではストーカーに不正入力をしていたとなれば、驚いてあたりまえですよね。それがあのずるがしこい卑怯者弁護士の作戦でもあったのですが。

近況報告まで。
Unknown (memo26)
2011-03-26 18:45:03
 和解の運びになったとのこと、よかったですね。

 通常、和解の際には、「この和解をもって紛争は解決したものとする」といった条項を入れると思いますが、「公益のために」弁護士の問題点については、発信していただきたいですね。

 ところで、

> 刑事民事裁判にしたころで恥の上塗りということは承知ですからね。

 こぐま弁護士を怒鳴りつけた弁護士が誰なのかはわかりませんが、私のブログに対して苦情等、まったくないのは、「海外」さんと同じ理由なのでしょうかね? すこし気になります。
実名を出されても黙っているのは? (海外)
2011-03-27 08:51:31
Hi there,
実名を公表されその行動を指摘され、それでも弁護士でありながら何の反論もしないのは? それはしないのではなく「出来ない」。法律家ですから法律家のほうに100%の真実があれば動けますよね? それをしないということは恥の上塗り、自分から動いたら最後、弁護士資格を失う原因を自らで公にする羽目になりますから。黙っていたほうが利口ということでしょう。

こぐま弁護士を怒鳴ったのがもし弁護士であれば、自分からは名乗り出ることはまずないでしょうね。よく弁護士がいうせりふに「私を甘く見ないで下さいよ、弁護士ということを忘れないように」なんていう人がいますから、それをそのままそっくりお返しできるのが真実があるほうの消費者や一般市民。「我々を市民をあまく見なでくださいませね、こちらはあなたから訴えられようが全然かまいませんし、むしろ訴えていただいた方が訴訟を起こす手間暇が省けますから、いつでもどうぞ、ただしあなたが裁判にまけることがあれば、あなたには当方の弁護士費用も支払っていただきますから」と言い返せますしね。

弁護士が怖いなんいおもわせるための脅迫などには屈しないことを主張できますしね。わたくしはあのストーカー弁護士にはわたくしが受け続けた壮絶な被害に対しての慰謝料とわたくし側の弁護士費用も請求しますしね。あの弁護士がわたくしに被害を与えなければわたくしも弁護士費用を支払う状況にはなりえなかったように。

ですから、「自分は弁護士だから、君達よく考えて行動してね」なんていう弁護士には「だから?」といえるのが真実を持つ側の正しい主張ということ。自分の役職を示さないと相手に反論できないなんて、その時点で弁護士を名乗る資格はないでしょうに。よく政治家がいいそうですよね、俺様を誰だとおもっているんだと?不正を行いながらも、、そういうお馬鹿には
人間とはおもってますけど、、それとも人間の皮をもつ偽善者?と、わたくしなら聞き返そう(^^:)) 
Unknown (memo26)
2011-03-29 11:47:18
 そうですよね。

 常識的に考えれば、「こぐま弁護士を怒鳴りつけたのは湯山孝弘弁護士」ですが、もしかすると、湯山弁護士はネットに自分のことを書かれていることに「気がつかない」のかもしれません。気がついていても、「気がつかなかった」と主張する可能性もあります。

 私としては、「配慮」として「検索で上位表示されないように」記事のタイトル欄には湯山弁護士の名前を書いていないのですが、

 かりに湯山弁護士が自分のことを書かれていると気がつかなかったために「反論の機会を失った」ということでは、湯山弁護士が困るでしょうから、「記事のタイトル欄」に湯山弁護士の実名を書いて、「湯山弁護士本人が気がつかなかった」ということのないようにするのが、「配慮」なのかもしれません。

 どちらが「本当の配慮」になるのでしょうか? 判断に迷います。
BBSにありがちな (海外)
2011-03-29 23:58:42
Hi there
湯山弁護士に通報した方は居るんじゃないですか? このようなBlogにて実名で批判をすると状況も知らない人のなかには、直接その方へ「あなたのことを掲示板で痛烈に批判していますよ」と、。わたくしもそうでしたから、また弁護士とはご自分評価を気にする人も結構いて、ご自分で検索する方も居てもおかしくはないですしね。その湯山さんとはインターネット上ではあまりよくない評価がある以上はその方もご自身のことを気にするほうかもしれませんしね。

また全くご存知なくて気がついたらその時はその方の正体もそれで判明しますしね。ご自身の評価がよくなければ、それを改善しようとする弁護士ならまだ見込みはあり、「良くない評価」=「親切心」にも値しますでしょ。こういう面もありますよ、ですから一応気をつけられたらいかがですか? というように。また湯山弁護士のほうに真実があればそれを唱えれば、相手の方にも誤解がとれ納得できますしね。

反対に良くない評価に対して逆切れをするような弁護士であれば? 「評価道理」の方というのも判明しますでしょ。掲示板にて実名公表をするとそのことだけに敏感に反応し反撃してくる心の狭い方のほうが多いのが残念ながら人間社会ですけど。湯山さんの正体はいかに?。

Unknown (memo26)
2011-03-30 15:43:54
 たしかに。

 「こぐま弁護士」さんのブログに湯山孝弘弁護士の実名を出してコメントした際、「数日もしないうちに」ただちに「こぐま弁護士」さんによって私のコメントは削除されましたが、

 その際、「こぐま弁護士」さんは「すっ、すみません」と書きつつ、私を非難していましたので、「誰かがこぐま弁護士を怒鳴りつけた」のは間違いないと思います。

 常識的に考えれば、「こぐま弁護士」さんを怒鳴りつけたのは、湯山弁護士以外には考えられません。そしてまた、湯山弁護士は「オレはエライ」といった態度をとる弁護士さんですから、「オレはエライ」と思っている湯山弁護士が、「なりたて弁護士」の「こぐま弁護士」さんのブログを常時チェックしているとは考えられないところです。

 とすると、「こぐま弁護士」さんのブログを見た誰か(おそらく弁護士)が、湯山弁護士に「知らせた」ことで湯山弁護士は「自分のことが書かれている」と知り、湯山弁護士が「こぐま弁護士」を怒鳴りつけた、と考えるのが常識的判断だと思います。

 湯山弁護士は「ほかの弁護士と比べた自分の年収」を気にしていましたので、「自分の評判」には神経質なのかもしれませんね。
弁護士は違う意味でエライ (海外)
2011-03-30 17:01:46
Hi there.
その湯山弁護士さんとは確かに良質な弁護士像とは違いますよね。普通に考えてみて、良くない評価がインターネット上に載るということはましてそれが「弁護士」である場合は、人は意味もなくその弁護士を批判しまるくことはまず無いですから相手は法律家なのですから。何かしらの問題点が確実にありその上での公表になるように。

アメリカでもそうですが、弁護士歴が長いと、新人弁護士を威圧的に押さえ込もうとする軽蔑に値する弁護士もいます。ただ弁護士歴は長いだけ中身は内に等しい、そういう弁護士を観察すると簡単な矛盾も理解できず。わたくしがあるケースで当地にある大企業の弁護士と接触をもったのですがその弁護士もご自分が大企業の弁護士という立場をひけらかし、「君はそのまま引き下がった方が君のためだ、、」と文章で、、。

つまり大企業の顧問弁護士立場の俺様がいうのだからという意味。わたくしなどは大企業であろうがその顧問であろうとも「So what?」で感想は終了、それをお電話で伝えると相手はとても驚いてましたね。まさかそんなお返事が返ってくるとはおもってもいなかったようで、今まではそのお返事でその企業の苦情を避けてきたんでしょうけど。

その大企業とは日本にも進出してありますが、そしてその顧問弁護士の支離滅裂な文章をひとつひとつ矛盾点を指摘し、「あなた何年弁護士してますの? あなたのお手紙はあなたの会社の従業員が加害者だとあなたのお手紙で証明してますけど、わざわざ認める内容をお手紙にしてくれてお礼を申し上げますわ」と返送したら、あとは大企業の顧問弁護士立場をひけらかした男性弁護士は絶句、、。

弁護士に限らず、自身の立場を示すことで相手を黙らせようとするだけの次元はその方々の正体を見たりということ。つまり優秀とはかけ離れた人間性と職歴の意味。弁護士が偉いなんておもう人ほどその弁護士力はないに等しい、謙虚さもなければ人間性もゼロ近い。他の意味でのえらい(危ない系)は確かに(^^:))

すから自分の弁護士歴をひけらかすことで弁護士歴の短いおまえなんぞに何が分かるか?みたいな圧力を与える卑怯者がいますが、いろんなケースを担当した実績は必要でしょうが、新人弁護士だからお前は黙っとけ系の言葉を出す弁護士ほど弁護士尿力はまずありませんのよ。

良質な弁護士とは、弁護士歴がたとえ長くても相手の弁護士が後輩に当たるとしても、まずは同業者としての立場を尊重し、最初から押さえつける言葉を出さずに、あなたのお考えは?と聞けますよね、弁護士歴だけがただ長い弁護士ですと、力や権力を表に出すだけがとりえ、だいたいそういう弁護士ほど職歴の能力は不確か、大体弁護士が偉いなど思い込む浅はかさ、
弁護士は慈善事業者ではないですから、ビジネスである以上は、依頼人はお客様ですからね。
湯山さんにひとこと (海外)
2011-03-30 17:36:33
湯山さんへ。

わたくし弁護士を「先生」と呼ぶ媚はしませんのであしからず。弁護士もビジネスですから、依頼人とはある種、町の商店主と同じで依頼があれば動きその代金を受け取る職歴ですわよね?例えば、魚屋さんでお刺身用にさばいてと依頼があればそれをし、代金を手にするように。それに日本だけですわよ、お客様である依頼人が弁護士を先生などと媚呼びをするのは。ある弁護士が「資格保持者だから先生と呼ぶだけだ」とおしゃっていましたが、となれば資格を持つクレーン車を動かせる土建業の方に対して先生よ呼びます? そう言われた弁護士も先生と呼ばれることに酔いしれていたんでしょうね、ですがわたくしが「弁護士に先生呼び?」と反論したのが気に障ったのでしょうけど。弁護士はすこしも偉くは無い立場ですのよ。偉いといわれたいのなら依頼人に非がある場合は非を認めさせその依頼人にも最小限度の利益を受けられるように出来る弁護士はすばらしいといえますけど。大体偉いという評価は第3者が言うべき言葉ですけど、ご自分で自分は偉いなんていう弁護士ほどわたくしは信用できませんけどね。また新人弁護士さんを自身の弁護士歴でおさえこもうなんてあまり良い行動ではありませんけど。あなたにも新人弁護士のころがございましたでしょ? ご自分の弁護士新人時代の初心を忘れると思い上がった弁護士像が軽蔑にかわることもありますのよ。

湯山弁護士さん、新人弁護士さんがあなたの良くない面を指摘したのなら、それに対して「ありがとう」といえるのであればわたくしもあなたは偉いすばらしい弁護士といえますけど。後輩、新人弁護士立場には役職などをひけらかす前に納得がいくようなご説明をすべきですわね。そして納得した以後、彼らは湯山弁護士さんはさすが弁護士歴が長いだけある」とあなたをたたえることでしょう。最初から押さえつけて「俺様は~」なんていうようであれば? もしあなたにお子さんが居たら、頭ごなしに俺は弁護士でお前の父親だだから黙って言うことを聞けと怒鳴るだけですの? 良い親とはお子さんの主張も聞いて差し上げてその上で問題解決をされませんかね? それと同じですのよ。

あなたの弁護士姿勢をご自分の悪評をご自分でたてているのと同じですけど。弁護士が表舞台に立ちたがり主役を目指すと墓穴を掘るだけ。わたくしに異常な執念でまとわりつくストーカー弁護士がそれに値するように。TVやマスコミに出すぎたために、今では本物のストーカーに成り下がり湯山さんと紀藤正樹、わたくしなら両者には絶対に依頼はしません。すでに弁護士姿勢が見えちゃって、、あら、、本当のことを言ってごめんなさいませね。 良質な弁護士の姿勢を「偉い」などと履き違えないで下さいませね。
日本の名誉毀損とは (海外)
2011-04-02 09:40:01
Hi there,
管理人さんにお尋ねしたのですが、わたくしがこうして実在名を書き込み公表することに対して、良質ではない弁護士や企業家や宗教家などが名誉毀損だとそれしか言えず反論してくろこともありますでしょ?日本の刑法ですと公表されたことが事実であっても無くても社会的地位を下げた場合は名誉毀損になるのですよね?

この刑法はいったい何年に改正されたものなのでしょうか? それによって今の「名誉毀損」なる刑法が何の役に立たないことの証明になるのです。こちらの管理人さんは法律を詳しそうですので、教えていただけます?
Unknown (memo26)
2011-04-02 16:47:34
> 日本の刑法ですと公表されたことが事実であっても無くても社会的地位を下げた場合は名誉毀損になるのですよね?

 そうです。

 http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=1&H_NAME=%8c%59%96%40&H_NAME_YOMI=%82%a0&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_NO_NO=&H_FILE_NAME=M40HO045&H_RYAKU=1&H_CTG=1&H_YOMI_GUN=1&H_CTG_GUN=1

 刑法「最終改正:平成二二年四月二七日法律第二六号」と書いてあります。しかし、これは「刑法全体」の最終改正時期を示しているにだけです。

 名誉毀損罪(刑法230条~232条)の最終改正時期は手元に六法がないのでわかりません。六法全書を見れば条文ごとに改正時期が書いてあるはずです。
弁護士の名誉毀損 (海外)
2011-04-05 11:54:18
Hi there.
刑法のご紹介をありがとうございます。平成ですか、、わたくしには今年が「平成」何年なのか? がわかりませんが、平成22年となると昭和ではないのであれば最近の改正でしょうかね。そもそも「名誉」とは、それぞれが独自で努力や実績をこなした上で語れる言葉ですよね。だれでも最初から名誉などは持ち合わせてませんでしょ。ですから名誉既存と言う言葉自体不自然。

個人の攻撃されそれによって社会的地位を下げられたと感じたのならそれは個人既存のはず。「名誉市民」や「名誉教授」なる立場は、いきなりその名誉が与えられたわけではないですからね。 それなりの努力を惜しまずこなしてきたからこそ第3者がそれを認めての名誉ですから。ですからその名誉毀損の刑法がいったい何年物なのか伺った次第です。大体「名誉毀損だ~」なんていう人を見かけるとあなたにそもそも名誉なんてあったの? と聞きたくなります。名誉毀損だなんて騒ぐ人はほとんどが、名誉なる行動には無関係な人なのですから。

またインターネット上で実名や実在名を出され被害を受けたと言う側に申したいのは、公開した以外の第3者がその公開を信じた結果ですからね。会社であればその公開によって社としての評判はがた落ちしたとなればそれは公開を実行した人の責任ではなく、(そもそも公開をする側はそれなりの調査をしてのことですから、わたくしのように訴えられても一向に構わないからこそ)

たとえば、ある旅館に宿泊旅行を予定していた人がいてあの旅館にはあんまり良い評価が無いとどこかのだれかさんが公開したとしましょう。自分が行く予定の旅館を予約する時、その旅館の内容を見ずしていきなり予約しますか?ほどんとの方は、いろいろ検索してみて行ってみたいと感じしてから予約しますよね? それがその旅館名を検索するとあんまり良くない評価が多いからとじゃ辞めておこうと、そしてそれを友人なり知人なりに広めていったら? そして旅館の評判はがた落ちし、お客がほとんどこない状態に陥れさせ廃業同然となれば? 

活字という一方的な公開だけを信じ、自分達では何の調査もなくよくない評判を広げた側にあり。さらに例えれば「この味すばらしいよ」と公開されて、第3者が試食したら「まずかった、、」と感じれば? それは公開されたおいしさを自分で試した結果、自分はすばらしいなんて感じなかったわよと、なんでも事実確認は必要ですからね。ですから、名誉毀損なる刑法は、本来最初の公開者ではなく、第3者がしでかす言動のはず。

大体名誉毀損だと騒ぐ人は、それを跳ね返すだけのパーワーより、良くない評判を立てられたことに落ち込み、自分に確たる自信があれば、公開されてもびくともしませんけどね。それこそ「あら~わたくしのことを公開してくださってありがとう、世界中の方がわたくしに興味をもってくだされるのならどんどん公開してくださいませよ」とわたくしは言えますしね。誰からも興味をもたれないよりはもたれたほうが生きる張り合いにもなりますでしょ。

弁護士いう業務妨害 (海外)
2011-04-05 12:10:30
弁護士がよくいう業務妨害、これも名誉毀損に平行するほんとど意味の無い根拠があるのです。それはまた明日にでも、もし書き込み可能であればですが、(^^)/
Unknown (memo26)
2011-04-05 17:14:30
 刑法の改正については、wikipedia で「刑法」を検索すると出てきましたよ。「どの条文」が何年に改正されたか、書いてありました。

 なお、名誉毀損については、下記(↓)に書いていますので、よろしければお読みください。

「表現の自由と、個人情報保護・名誉毀損について」
http://blog.goo.ne.jp/memo26/e/fb6351b00aeb1798d673606e4e19171b
名誉毀損の定義 (海外)
2011-04-06 16:52:38
Hi there,
引き続きのご紹介をありがとうございました。その湯山弁護士も不自然だらけですよね。「絶対に絶対に絶対に許せない」とのなら普通は警察沙汰でも裁判にでもなってもとことん戦う姿勢と言う意味でしょうけど。急に態度が360度変わるとなれば、事件になることへの恐怖があればこそですからね。「今までの経歴を失いたくない」といいながらしり込みとなれば湯山弁護士に公になったら困ることがあるという所言う証拠でしょうしね。

また名誉毀損というのも犯罪者にとっては都合の良い法律ですしね。そもそも法律とはあってはならないことをした立場に対しての罰則ですよね。犯罪者に有利な刑法などはあってはならないですけど、日本の刑事事件を見ると加害者側には実に甘く、特に容疑者が青少年だった場合は、被害者の存在は置き去りにされる場合が多いのに驚きますしね。まだ未成年だからやり直せるという具合に、その未成年の殺された側への配慮よりやり直せるほうを優先とは、いったい誰のための法律なのか?、。

アメリカでは州ごとには法律は違いますが、未成年者が殺人を犯したら即刑務所ですよ。それに被害者側も黙ってはいませんしね。ですから日本の刑法ほど加害者優先のような場合が多いのには驚きますが。しかしその湯山弁護士という方も、自分で自分の首を絞めたようなものですね。絶対にを3回もいいながら、、逃げ腰とは、。語るに落ちた方でしかなく。
弁護士のいう業務妨害 (海外)
2011-04-09 03:14:10
Hi there
弁護士事務所名を公にし批判すると業務妨害などと言う弁護士がいますが、これも名誉毀損と同く事実であれば業部妨害どころか、消費者に対しての適切なアドバイスにもなり、その法律事務所内の改善を望む消費者の声ともなるので業務妨害などというだけなら恥の上塗りなのです。つまり公にされたことだけにカーとならずに冷静に考えてみてとれたら公開をした側にはお礼が言える立場なのですけどね。

たとえば、アメリカで起きた実際のケースですが、あるレストランにて人間の指が入ったお皿が運ばれて来たと主張した女性がいたのですが、調理人全員には10本づつの指があり、その場の調子工程ではないとなれば? そのレストランでは調理のほとんどを製造工場で済ませ各レストラン側に運ばれ、人件費の削減もあり
お客様を待たせないという構えも含まれていたわけですけど。

製造工程はすべて自動式ですから指を人為的に混入することは不可能、もし製造中に誤って切断をした工員が居たのなら大騒ぎになりますよね。痛みや出血もあるわけですから。勤務中に指を切断となればその工員も黙っているわけもなく、それなりの保障を主張しますでしょ。指が混入されたという女性は、事前に指に似た物を用意してお金ほしさのための犯行でしたが、この女性は以前にも企業に事実無根の事件を自作自演で起こし賠償金を得ていた過去があかるみになりましたしね。

このように企業名を公にする場合はそれが事実とは異なる場合は? その嘘のために多大な被害を蒙る業績も企業名もとなれば業務妨害は成立し詐欺罪にも当たりますよね。それと同じで弁護士事務所名や弁護士名を公にした場合、それが事実ならば、名誉毀損だの業務妨害などというだけその事務所の程度が判明するのです。わたくしなら「誰が事務所名をさげたのかしら? 最初にあなたの言動がなければわたくしはあなたには何も言いませんわよ」と。「原因」と「結果」を履き違えると自分の言動には振り替えず、ただひたすらされた「結果」だけを目をむけ業部妨害を唱えるだけの次元になりさがり、本当の親切とは嫌な面も指摘してさしあげることですからね。

うわべだけで、媚てその人物に嫌われたくないからと本来言うべきことを言わずにいたらその人物もますます過激な行動へ進むだけでしょ、もし皆さんのお子さんが薬に手をだしていたら? 「いいよいいよ若い子ならだれでもやりたがるから」と放置しますか? 自分の子ならなおさら、薬人生などはと考えて本気でしかり辞めさせますよね。わたくしはそのスタイル派なので、他人に媚たりは絶対にしません。まして自分がその人物から被害を受けていたら、その人物の更正も含めて徹底的に、、。

ですから日本の刑法自体おかしな点が多く、名誉毀損は公にされたことが事実であっても無くても社会的地位を下げたら名誉毀損というくだりは不自然でしかない。業務妨害もことが事実であれば本来その刑法はなりたたず。摩訶不思議な日本の刑法ですわね。


このように事件が起これば、どの会社も調査をしますよね、そして彼女の主張に矛盾点があれば、警察でも裁判所でもどこでも企業の名誉を守るための行動を開始しますから。
Unknown (memo26)
2011-04-09 09:43:48
 名誉毀損というのはもともと、「権力者」を守るためのものだといわれています。法律が「虚名」も保護する、つまり世間が誤解していることによって得られる「偽の名誉」も保護することになっているのは、おそらくそのためです。

 しかし、それでは政治家の不当な行為を「バラした」場合には名誉毀損になって「バラせない」ことになります。もちろん名誉毀損は「バラせない」ようにすることを目的として制定されたものなので「バラせない」ことになるのは当然なのですが、

 さすがにそれは「おかしい」のではないか、ということで法改正がなされています。つまり「バラしてよい」例外的場合が規定されています。



 弁護士についていえば、「消費者保護」の観点もからんできますし、原則として「公表してよい」のではないかと思います。ただしこれは私の「個人的意見」であり、判例などの「公的見解」ではありません。

 私はときおり、このブログで「弁護士の実名を書いている」ことがありますが、それらは「訴えられるかもしれない」ことを承知のうえで書いています。訴えられた場合には、上記、私の「個人的意見」を法廷で主張するつもりです。

 訴えられて裁判になれば、ブログ上で報告します。その場合には、ぜひ、応援よろしくお願いします。
弁護士名は公開が好ましい (海外)
2011-04-11 04:18:33
Hi there,
国家試験または公的資格保持者の悪事はどんどん公表しましょう。政治家、役所関係、警察、法曹関係者などは公表することに意味があり。市民が騙される可能性もあるわけですから。

当地にて日本語放送なるものがあるのですが、日本のドラマを見ていると、政治家や警察官の悪事はそれぞれが闇に葬るために一丸となるシーン、正義感のある警察官も動けなくなるとあらすじ。わたくしなら「政治家、だから?」で感想終了とことん追求しちゃうますわね絶対に。

弁護士も含めて資格保持者の特権とは、犯罪を犯してもそれをかくまってくれる人物が必ず居ますものね。ですからバレなければなんでもあり系で、でもそこで終わりではなく中にはあなたのような方も存在しますから、本当の正義感とは相手がだれであろうともひるまず前に進むことですからね。

弁護士名もどんどん公表しましょう。訴えられようがそんなことを心配していたら、市民が騙されて、その弁護士もますます世間にばれなければをもっとにずるがしこくなるだけ。弁護士なんて資格を除けば、ただのその辺のおっさんやおばさんと同じですから、(^^:)。資格があるとそれだけで自分は偉いなんておもう弁護士もいますが、それでしか自分のよさを証明できない次元がよくする。

自分の資格がほんとうに自分に合っていると感じれば、それは必ず第3者にも感じその人の評価にもつながりますからね。湯山弁護士が自分で偉いなんて言った時点で湯山さんの次元を見れたように、他人が何も評価してくれないから、自分でいうしかない。第3者が湯山さんに関してすばらしい弁護士さんと感じない以上は
自分の弁護士資格に褒め称えるしかないということ。

例えば、町の掃除をひたすらし続けてそれをいちいち湯山さんのように、自慢しないでゴミの無い町にしたいという思いだけで続けていたら? 第3者があの人は自分に姿勢をえばるわけでもなく毎日陰で~と、なれば掃除に賛同し徐々に町掃除の仲間が増えたら、あの人の評価は自然に第3者がするように。自身の資格に酔いしれる人とは「弁護士です」とやたら言いたがりますからね、「で? その弁護士力は?」と、弁護士でもその中身が大事、資格とはそれで公にその仕事が出来るというだけのこと。

湯山弁護士と紀藤正樹の類似点 (海外)
2011-04-11 04:39:12
湯山さんの自身のおもい上がった姿勢で弁護士としての次元もすでに判明、紀藤正樹の場合も湯山弁護士に似た言動がありましてね。紀藤はあんな程度でも消費者問題の第1人者などとマスコミ評価がありますけど、数年前紀藤が地方の役所企画の講演に出かけた時、かなりの遅刻になり、紀藤は会場に来ていた人々に対してどんな態度を取ったと思います?

紀藤も湯山弁護士同様に自分は弁護士で有名だという思い上がった姿勢がありますからね。遅れたことは一切ふれずいきなり講演をスタートされたのですから、「あなたって何様なのよ~」(><) 一般常識にも欠けるのが紀藤なのです。つまり紀藤は自分が弁護士の中でも一目置かれている立場を思い込み、僕がわざわざ地方にまできてあげたんだから待たされても文句は言えた義理ではないという上から目線態度。

一般常識もない弁護士にたとえ専門的資格があったとしてもすでに手遅れ、「資格=人間性」はかけはなれたものではないですからね。常に両方とも付きまとうもの、湯山弁護士の思い上がった姿勢は? 湯山弁護士の人間性もうきぼりのように。まあ紀藤にはその思い上がった姿勢に対してきつくお仕置きをしておきましたからその後は講演に遅れたら、一般人としての常識範囲である謝罪をすることは忘れることはなかったですけど。

資格だけあっても非常識な人間性ならその資格ももはや何の役になたずってこと。
湯山と紀藤正樹の類似点 (海外)
2011-04-11 04:48:17
あらら~コメントが途切れてしまいました。さらに2重書き込みになってしまいごめんなさいませ。同じものは削除しちゃってくださいませ。

「あなたって何様なのよ~」からの続き。紀藤に遅れたことには何も感じなかったのか?とお説教をしたことがあるのですが、紀藤も湯山弁護士同様に資格を誇らしげにおもう立場ですから、自分のような有名な弁護士がわざわざ地方なんぞに講演に言ってあげるんだから、待たされても文句は言うなみたいな人間性でした。

「資格=人間性」はついてまわるもの、例えば看護士の資格がある人が患者の爪をはがしていたという非常識なのがいましたが、介護士の資格がある男性が高齢女性に性的虐待を、実際のケースですがけど資格があってもこれではその資格を持っているほうが恥ずかしいだけのように。資格=人間性は一体化。湯山弁護士も紀藤正樹も資格はあるけど人間性は(><)

Unknown (memo26)
2011-04-11 18:41:44
> さらに2重書き込みになってしまいごめんなさいませ。同じものは削除しちゃってくださいませ。

 削除しました。なお、弁護士の実名公開が名誉毀損になるか、ですが、弁護士は「公務員」ではありません。公務員の実名公開と弁護士の実名公開を同等に考えてよいかどうかは、難しい問題だと思います。

弁護士は国家的資格保持者 (海外)
2011-04-12 00:39:33
Hi there
公務員でないのは事実でしょうけど、弁護士は国家的資格保持者のようなもの。卑怯な弁護士は実名公開をしないとそれこそバレなければという具合に裏ではストーカーなどと表の顔ではとうてい考えられない犯罪を犯す弁護士も実際に居る以上は公表はひとつの情報として。

わたくしの場合は湯山弁護士にしろ、紀藤にしろ、こんなにも見下されちゃって訴えたかったら喜んで受けてたつだけのこと。いつでもどうぞと。大体黙っている方が不自然ですからね。法の専門家の彼らが、「何その次元の低さ)0(」など指摘されても返す言葉や訴えることさえしないとねれば、「しない」ではなく「出来ない立場」と語ったようなもの。

ですが、もしこれが湯山さんが万引きをしたなんていう偽りを公表したら湯山さんは「万引きをしていない」という確かな状況がある以上は湯山さんとて黙ってはいませんよね。紀藤には以前「変態」と名指ししたことがあるのですが変態言動は事実ですから、返す言葉は絶対にありえませんけどね。大体電話しても逃げ回り居留守を使ったり、どこが法律の専門家なのよ。

要は公開したことが事実であれば、一つの情報として名誉毀損には当てはまらないのが原則、日本の名誉毀損自体本来はありえない。わたくしなら海外から見たらそのへんてこりんな日本の名誉毀損法の改正まで戦うでしょうね。

湯山⇒安田⇒紀藤 (海外)
2011-04-12 04:19:10
Hi again.
湯山弁護士と紀藤正樹は似た弁護士意識があるのも事実であるように、安田弁護士経由で紀藤と湯山弁護士もつながりがあり、類は類を呼ぶとは良く申したもので、3者とも誠実とはかけ離れた弁護士姿勢をうけつぐ弁護士同士が仲間になる。

安田は売名行為の天才児ですからね。自分の弁護士名を継続するためには凶悪犯人の弁護を自ら積極的に引きうけたがる、湯山弁護士も安田の弁護士姿勢に賛同する21人の弁護士のひとり、そして名前だけが世に出て本来の弁護士姿勢は無いに等しい紀藤正樹、同じような種類姿勢同士が何を伝えても何の意味もなく、似たもの同士。紀藤⇒安田⇒湯山、ホモかなにかのようにお互いに親しみをこめてきもすぎ。

 
Unknown (memo26)
2011-04-13 09:35:57
> わたくしなら海外から見たらそのへんてこりんな日本の名誉毀損法の改正まで戦うでしょうね。

 私が「訴えられれば」裁判が始まるので、判例が変わるかもしれませんよ。だからこそ、

  「訴えられて裁判になれば、ブログ上で報告します。
    その場合には、ぜひ、応援よろしくお願いします」

と書いたのです。そもそも「訴えられなければ」裁判は始まりません。

 しかし湯山弁護士は「隠そうとしている」と考えられるので、おそらく訴えないだろうとは思います。


 日本の場合、弁護士は国家資格保持者です。たしかアメリカの場合、弁護士資格は州の資格だったと思いますが。
湯山弁護士にはその勇気も無い (海外)
2011-04-13 17:11:15
Hi there,
ご存知のようにアメリカの弁護士登録は州管轄、アメリカで一番難しい弁護士資格修得はNY州なのです。日本人でもNY州の弁護士資格があるとなるとその方は頭脳的には相当良いのは確かなのです。あくまでも頭脳的なので弁護士力とは違いますが。

湯山弁護士はあなたを訴える勇気はないでしょうね。まず自身から動いたら無駄な抵抗になるだけ、絶対にを3回もいいながら、警察沙汰になることへ不安間満載、それに弁護士から訴えを起こすとまずはニュースになるでしょうし、100%の根拠が無ければ、たとえ法律の専門者でも大恥をかくだけですから、反対に訴えられても、裁判は避けることに必死になるでしょう。たたけば誇りだらけの湯山弁護士ですから。

前にも述べたとおもいますが、利口な人間はむやみやたらに自身の存在を誇らしげに言わないもの、湯山弁護士のように自分は偉いなんて口が裂けてもいいませんでしょ。まして自分を甘く見ないで下さいねなんていう弁護士には本来弁護士力はほとんど無いに等しいもの。弁護士としての自信が無いからこそ、その立場で相手を黙らそうとするだけの次元。弁護士と名乗るまえに自身の力で相手をなったくさせるだけの根拠が無い人に限り役職を持ち出す。

まあ湯山弁護士も司法試験に受かるぐらいですから学力的には丸でしょうが、「学力=弁護士力が優秀」とはならず。司法試験には受かり弁護士業もこなしてはいるけど「よくそんな程度で弁護士を名乗れますわよね?」なんて人はわんさかいますしね。湯山弁護士がもし裁判を起こしたら見ものですわね。「湯山さんあなたの弁護士力をとくと拝見しますわ~」と。

湯山弁護士もいくつかの会社の顧問をされているとはおもいますが、わたくしなら弁護士の自分は偉いなんていう恥ずかしい弁護士はパスです。わたくしも湯山弁護士から訴えられる可能性もないわけではないですし、こうして湯山弁護士を名指しして「よくそんな程度で弁護士を名乗れますこと」ときっぱり軽蔑しちゃっていますから(^^:))、湯山さんいつでも訴状をアメリカまで郵送してくださってもよろしいですわよ。名誉毀損だなんて初めから誇れる名誉なんて無いのに。
紀藤正樹も同じ (海外)
2011-04-13 17:40:23
湯山弁護士と紀藤は横のつながりがありますでしょ、となればその弁護士力はおのずと湯山弁護士と同じ姿勢というのが見て取れるのです。誠実で裏表の無い弁護士に売名行為専門の弁護士が親交を深めることなどは100%ありえませんしね。もし仮にあったとしても、人間性が出来たほうが、間違った立場を本気で立ち直らせる努力は欠かせないように。

それが出来ないとなれば本当の親交ではなく、媚で自分を売り込むためのお互いの存在はそのための道具並みのお付き合いというのが判明しますでしょ。安田弁護士経由で湯山弁護士と紀藤は繋がるといいうことは? 湯山を見ればその親交、弁護士ビジネス関係同士の人間性も判明するように。

湯山弁護士は「自分が偉い」と紀藤は「自分は弁護士会からも消費者からも頼りにされている」と自分で言うことで世間にそのイメージを植えつけたいみたいな発想者。紀藤もわたくしを訴えることはできませんのよ、訴えたら最後自分の卑怯な犯罪行為を自分で公表するだけですから、大体紀藤次元の弁護士がわたくしにはむかうだけ無意味、紀藤もそれを十分の承知ですからわたくしには何の反論も出来ず、電話をしても逃げ回り居留守まで使うな避けない男。そんな程度でよく恥ずかしげも無くTVマスコミにて各犯罪を語れますこと、あなたに言えた義理じゃないでしょうが。自分が犯罪者なのに、、どういう神経なのよと、(><)


高笑い (memo26)
2011-04-18 16:33:34
> 湯山弁護士はあなたを訴える勇気はないでしょうね。まず自身から動いたら無駄な抵抗になるだけ、絶対にを3回もいいながら、

5回です。

> 湯山弁護士と紀藤は横のつながりがありますでしょ、となればその弁護士力はおのずと湯山弁護士と同じ姿勢というのが見て取れるのです。誠実で裏表の無い弁護士に売名行為専門の弁護士が親交を深めることなどは100%ありえませんしね。

 そういえば、湯山弁護士には「高笑い」をする癖(クセ)がありますね。「高笑い」はどういうときにするかを考えてみると、普通は「ズルイことやってうまくいった!!」というときではないかと思います。

 私は紀藤弁護士とは面識がありませんが、あなたの分析は「当たっている」かもしれませんね。
笑い方で弁護士の質も (海外)
2011-04-19 00:34:40
Hi there,
高笑いですか、ま、良質な精神者は高笑いのような人を見下した笑いはしないのは事実ですよね。それをする人とは自分が勝ち誇ったと思い込んだ人がよくしますが、実は勝ったとおもってもそれはぬか喜びにすぎないのも理解できない次元ですが、笑い方一つでも弁護士の質は判明しますしね。

わたくしが今抱えるケースでの相手側の弁護士がまさにすでに勝ち誇ったとぬか喜びの笑い方をしてましたね。他の項目で書き込みをさせていただいたケースですが、日本人男性が交際していたアメリカ人女性と入国後、近くのホテルですぐ性行為をしたら、後からアメリカ人女性がレイプされたという件の相手方の弁護人がまさにそれの高笑いに似た感じでそれも威圧するような口調で。ぬか喜びともしらず、相手側の弁護士の次元がその程度とわかればわたくしは容赦しないこともしらず。

高笑いなどという下品な笑い方をする者とは、人間的に見ても誠実さや優秀さはまず無いといえますわね。ところで日本のレイプケースでは禁固刑何年なのですか? 
Unknown (memo26)
2011-04-20 10:31:40
 あなたとは、記事のテーマ(本題)とは関係ない話が延々3か月以上、続いています。

 もともとこのコメント欄は、私の記事と関連性のあるコメントを書き込むために設けられています。

 あなたは紀藤弁護士と和解することになったようですし、そろそろこの記事のコメント欄で、私の記事(本文)と無関係な話を続けるのはやめたいと思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。