新宿少数民族の声

国際ビジネスに長年携わった経験を活かして世相を論じる。

5月12日 その2 他県の仮設費用を都が負担

2017-05-12 08:04:56 | コラム
どう評価して良いか未だに不明:

これは小池百合子東京都知事のことを指して言っているつもりだ。この度の小池都知事の決断だっただろう費用負担の決定を神奈川・埼玉・千葉の3県の知事はおざなりの評価しかして見せなかったし、神奈川県の黒岩知事に至っては更に苦言を呈する有様だった。

私は小池都知事が鳴り物入りで就任されて以来、未だ一度も真正面から礼賛した記憶がない。色々と派手に政策というか方針を打ち出されたし、就任時の挨拶回りであそこまでやるかと呆れさせた都議会自民党に対しては十分すぎる報復を果たしただけではなく、7月の選挙対策などはおさおさ怠りないのだ。

だが、あれほどの意気込みで打ち出した豊洲への移転延期や、コストの大幅削減を目指したオリンピックの会場の件では、ほとんど結果が出せなかった。だが、未だ未だ長い目で見ていても良いのかなと思ってはいた。恐らく、誰もがアッと言うような腹案を練っておられて、何時の日にか「さー、どうだ」とばかりに打って出られるのかとも疑って。

だが、今回の費用負担の件でも、不手際ばかりが目立つようにしか見えてこないし、豊洲の件にしても徒に選挙目当てで引き延ばしているかのように見えてならない。要するに何処かの県知事が指摘したように「時間のかけ過ぎ」の誹りを免れないだろうというところまで来てしまったのではないか。これでは折角、「東京都大改革」に期待して一票を投じただろう100万を超える都民の期待を満たすことが遅延するばかりだ。

最早出来ない理由を並べている時期を過ぎたので、豊洲問題を可及的速やかに決断をして、オリンピックの運営費問題にも決断を下して見せて欲しいのだ。そうでないと、小池さんは都の予算の無駄遣いをしているだけに終わりかねないのだ。多くの都民の期待通りの成果を上げて欲しいのだが、その決断の時は迫っている。本当の評価はその後だ。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Comeyは「コミー」ではない | トップ | Comey長官の解任に思う »

コメントを投稿

コラム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。