新宿少数民族の声

国際ビジネスに長年携わった経験を活かして世相を論じる。

5月31日 その2 都内バスの旅

2016-05-31 17:36:58 | コラム
四谷から新宿駅西口までを見物した:

去る29日(日)に上智大学のソフィアンズフェステイバルを2年振りで見に行った。その帰り道に何気なくイグナチオ教会の前のバス停で時刻表を見ると、1時間に1本か2本しかないバスが丁度来る時刻だったので、シルバーパスを活用すべく乗ってみることにした。そのバスの路線がまさかまさか今まで行ったことがなかったというか知らなかった新宿の街を走るとは知らなかったので、大いに東京見物が出来た次第だった。言うなれば"pleasant surprise"だった。

実は、在学中にはこの通りを晴海通りに向かっているバス路線を利用して三越の銀座支店にアルバイトに通っていたので、一寸した懐かしさもあり、それとは反対方向である新宿駅西口に向かってみたのだった。

バスが如何なる経路か順序で走ったかの記憶もないが、初めての経験でもあり好奇心から窓の外の景色の変化を楽しんでいた次第。バスは新宿通を三丁目の前で右折して薬王寺を過ぎたと思ったら、目の前に大きな茶色の建物が出てきた。それに近付けば中央大学の法科大学院だったのは意外だった。というのは、中央大学は元はお茶の水にあったが八王子に移転していたので、新宿区内に大学院とは予想外で一寸唐突すぎるのではと感じたからだった。

それから先には余丁町だの抜け弁天だの東京女子医科大学の前を通って以前から何処にあるのかと思っていた韓国人学校を右に見て、新宿区役所に行くのに便利だとアナウンスがある新宿五丁目を通ってから青梅街道(?)から新宿駅西口で目出度く降ろされたのだった。女子医大以外は全く初めてで、寧ろ通って貰って有り難かったと感謝したい思いだった。正直なところ、新宿は広いのだなと感心させられたのだった。

シルバーパス族になってからは、都内の移動には極力都バスと私鉄か私営のバスを利用するよう心がけている。それでは同じ都営の地下鉄やJRの路線や私鉄を利用するよりも時間がかかるが、最早一刻を争うような移動をすることもないので、ゆっくり座れて冷暖房が完備したバスの旅の快適さを楽しむと同時に都内を悠々と見物出来るのが有り難いと思っている。

特に頻繁に利用するのが、小滝橋から新大久保駅前を通って国立国際医療研究センター病院や昭和32年(1957年)から1993年まで日米の会社で担当した市ヶ谷は納戸町の大日本印刷から市ヶ谷駅前を通って麹町、平河町を経て国会議事堂前から霞ヶ関の官庁街を通り、新橋駅に向かう路線である。これを利用すると桜の季節では官庁街が素晴らしく、国会議事堂も命がある間に一度は見学出来れば良いがななどと思わせてくれる結構な路線である。この路線を利用するお陰で旧赤坂プリンスホテルの跡地に新たなビルだかホテルだったかが建ってしまったのも知ることが出来た。

また、我が家から15分以上も歩くが、明治通りまで出て渋谷駅行きの都バスに乗れば、そのまま原宿を通ってくれるので、毎日がお祭りかと思わせてくれるあの界隈の賑わいと林立するブランド品の店を眺めることが出来るのもまた楽しいものだ。この路線はそのまま渋谷のスクランブル交差点に行ってくれるので、バスを降りることなく手軽な観光旅行まで手出来てしまう。この路線は池袋駅東口から出発するので、大久保通りから逆方向に行けば池袋観光まで出来るようになっていて便利だ。

畏友YM氏は代官山に住んでいるが、彼に会いに行く際にはこのバスで渋谷駅前まで行ってから東急が運行させている代官山駅前循環のバス路線もシルバーパスで利用出来るので重宝に使っている。この路線は女性の運転手さんが多いので楽しめる。即ち、女性独特の気配りが聞いたアナウンスと丁寧な運転で一寸豪華な住宅街の観光も楽しめるのも一興だ。

都内にはもっと多くの都バスや市営の路線があるとは承知しているが、高齢化するにつれて未知の場所に出て行く機会も減ったので、なかなか新たな路線を開拓も叶わなくなってしまったのは残念だ。しかし、年間20,000円以上も支払って購入するシルバーパスであるから、今後ともより積極的に利用していかねばなるまいとは考えているのだが。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国語力の低下を嘆く

2016-05-31 07:37:28 | コラム
しつけ(躾)ではなくしおき(仕置き)だろう:

北海道の山中で7歳の男児が親に山中で置き去りにされ行方不明となり、早くも3日目に入ったと報じられている。痛ましくも悲しく残念な事案である。総動員態勢で捜索されているようだから、一刻も早く救出出来れば良いがと遠くから願っている。父親は置き去りを「躾」だと言ったそうだ。

この件の報道で気になっている事がある。それはこの親御さんもそうだったし、マスコミの報道にもおかしな言葉の使い方がある点だ。この種の事案で子供を育てる過程で何らかの誤った行動なり言動なりを正そうとする場合に、その親御さんが過剰であるか、やり過ぎとしか思えない罰を自分の子供に科す事が多いのだ。その際のほとんどの言い訳が「躾」だとなる。これは明らかな言葉の誤用乃至は国語を正しく教えられていない事に起因していると思う。

「躾」乃至は「仕付」は広辞苑には”礼儀作法を身につけさせること。また、身についた礼儀作法“とあり、例文に「ーのきびしい家庭」が出ている。そうであれば、山中に子供を置き去ることは躾ではあるまい。私は幼少の頃に明治38年生まれの母親には屡々きびしい「お仕置き」にあったものあった。広辞苑には「仕置き」は“江戸時代、法にてらして処罰すること”と”みせしめのため、こらしめること”、”おしおき”とある。これと「躾」が明らかに混同されているようだ。

今回のあの親御さんが採った処置は躾でも何でもなく単なる体罰だ。それを「躾」とその人が言ったままを訂正もせずに報じるテレビも新聞も、学校で正常に国語を学んでこなかったことは明らかだ。いや、教えていなかった教師たちも責められて然るべきだ。同時に「自分の子供だから体罰を科しても良い」と思うような未熟な親が増えてことこそ、所管の官庁である文科省は恥じ入るべきだ。何かと言えば男女間の”DV”とやらを採り上げて騒ぐマスコミは親子間の体罰を厳しく批判する報道をして貰いたいもの。

何れにせよ、あの子供さんを早く救出して貰いたいと願うものだ。先ほど、テレ朝で中尾彬がその父親が車の中に座ったままでインタビューに答えている姿勢を彼一流の表現で非難していた。尤もである。その程度の親だからあのような事態を招いたのだ。そうであれば、「親になるための教育」から必要になるのではないか。誠に嘆かわしい事態であり時代だ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月30日 その3 アベノミクスは失敗したのか

2016-05-30 16:10:38 | コラム
失敗したと言うのは早計だ:

今回の消費税率引き上げの2年半先送り報道で岡田克也は待ってましたとばかりに「アベノミクスは失敗だったし、公約不履行で総辞職を」と鬼の首でも取ったように語った。私はある程度は当たっているかと疑っている。しかし「アベノミクス」などと固有名詞にしたから揚げ足が取りやすいだけの事で、安倍内閣の景気回復政策が未だに道半ばとすれば、失敗だの引責総辞職とはなるまいと考えている。私は政治だけの責任にしてはならないと考えている。

私はこれまでに何度か「安倍内閣は三本の矢を放って円安に誘導し、デフレ傾向を食い止め、景気の低迷傾向を救い、有効求人倍率を挙げ、一部の大企業の業績改善に大きく貢献したが、内閣が景気振興の具体的な手段を講じる事は不可能で、三本の矢を民間の企業が如何に有効活用するかにかかっているのだ。故に三本の矢に具体性が乏しいとの批判は当たらない」と言ってきた。

即ち、政治が民間企業の具体的な売上高増進と純利益増加の政策や手段等を細部まで指示する事などあり得ず、そういう事柄は経営者の実力如何に懸かっているということ。だが、長年の不況の間に萎縮した経営者たちはその手腕というか質まで劣化して、消費拡大の基礎となる給与を増やす勇気もなく、ただただ安全運転というか過剰な設備を抱え込んだ現状を如何にしてこれ以上悪化させないかに腐心してきたと言えるだろう。しかしながら、大方のマスコミや外国からも批判された内部留保だけは増やしてきた。

給与だけは安倍総理の再三の要請に応えて、余裕があるトヨタや利益を確保している優良会社では上がってきたが、とても中小企業にまでは回りきっておらず、GDPの過半数を占める個人消費は一向に進まなかった。私はこの状況には確かに具体性を欠くアベノミクスも責任が皆無とはしないが、劣化した経営者たちの責任は重大であると思う。例えば、東芝、シャープ、一時期のソニー等の不振はアベノミクスの責には帰せられまい。

そこに、安倍内閣の揚げ足取りだけは上手い一部のマスコミは「消費税が10%に引き上げられれば生活が苦しくなる」などと、キチンとした服装をしたご婦人たちに新橋駅の裏の広場で語らせたりする。生活に困っている人が着飾って新橋までわざわざインタビューを受けに出て来るのか。彼らに言わせるべき事は「手前どもの主人が雇って頂いている会社の経営者がヘボで一向に給与が上がらないで困っているので」が先であるべきだ。

それと忘れでゃならない事は「我が国の人口の25%を高齢者が占めている」という事実だ。高齢者には確かに老後の不安と安全を考えて蓄えている者が多い層があるのは確かだ。そして、その高齢者たちは今更何になけなしの貯金から投資するべきかと思っているのではないか。投資したい使い道を思い付かないのだ。非耐久消費財は買うが、スマホ如きを買ってゲームなどに没頭する気はないし、現職の頃のようにビジネスやファーストクラスに社費で乗って海外に出て行けたような人がどれほどいるのか。この行き詰まりを打開するのが経営者たちの手腕だと思うが、彼らは失われた20年に育ったので、慎ましやかな暮らししか知らないのが欠陥ではないのか。

「良い時代に育ち、良い目を見てきたお前に何が解るか」という声も聞こえてきそうだが、好況ではない時こそ好機だと捉えて伸びている会社だってあるではないか。経営者たちにも奮起を求めたいのだ。勿論政治家にもだ。安倍総理は「リーマンショック前状態」をサミットで強調されすぎた恨みは残るが、世界でも景気が良い方なのは我が国だけだという説が依然として海外にはある。その状況の中にあっても延ばして行く政策を打ち出して実行するのが社内で最もも高額な給与を得ている経営担当者の責務だと彼らに自覚して貰いたい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月30日 その2 トランプ氏に言っておくべき事

2016-05-30 10:47:50 | コラム
日本国憲法はアメリカ製である事:

私は何度かトランプ氏に向かって我が国から「論争と対立などを恐れずに言うべき事が多々ある」と論じてきた。特にアメリカ駐留軍の総引き上げの如き暴言は何を差し置いても是正しておく必要があると思っている。それは憲法第九条を含む現行憲法は最早改正する以外の道がない事を、彼とその参謀たちに明らかにして、彼の誤解と誤認識は正しておくべきだ。

現行憲法が我が国が自発的に作成し、自主的に第九条を設けたのではない事を彼トランプ氏に知らしめるか確認しておくべきなのである。これまで、彼の暴言的な核を保有せよとか、駐留の経費を全額負担せねば等々の議論に対して我が国が外交ルートを通じて抗議したとか、その誤りを指摘したとの報道はない。アメリカ人の思考体系では「反論も抗議もなかったという事、即ち、相手側が承認した」となってしまうのである。これでは駄目だ。

私はトランプ氏の掲げた暴言的政策の誤りをキャンペーン中に抗議し是正を求める事がアメリカの法律で許されるか否かは知らない。しかし、彼がその政策を打ち出して共和党の候補者として指名を受けてしまえば、それらが共和党の政策となってしまい、彼が正式に大統領に選出されてしまえばアメリカの対日政策になってしまうと懸念している。

彼に「現行憲法は貴国が連合軍として占領中に押しつけたものであり、その憲法に従えば自衛のための云々と規定されているし、万が一の場合に如何ともしがたくなるのだ」と公式に言ったとしよう。恐らく彼は「それならば憲法を改正すれば良いではないか」と応じてくるだろう。そこで用意した”Contingency plan”を出して「これまでも改正したくても反対勢力が多くて難儀した。そこであなた様から『俺の要求を実践するために先ずは憲法を改正せよ』と我が国に呼びかけて貰いたい。それが出来ないようだったら、我が方にも考えがある」と切り返せばどうだろう。

彼とても、中国に対しての抑止力とその作戦上、沖縄を含む我が国に基地を置く事の必要性を知らないはずがない。グアムやサイパンでは万が一の場合に遠すぎるのだくらいはご承知だろう。また安保条約を破棄する事がアメリカのとって得策か否かくらいは承知していないと困る。前回も述べたが、彼の暴言的政策は当に”You are confusing yourself.”なのだと悟らせねばならない。問題は「誰が猫に首に鈴をつけに行くのか」辺りかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

続・舛添都知事の逃げ切りなるか

2016-05-30 09:48:03 | コラム
舛添都知事は大きなリスクとなる逃げ切りの道を選んだのでは:

私の舛添都知事が目論んでいるだろう逃げ切りに関して畏友尾形美明氏と意見を交換したので、公開する次第。

尾形氏の意見:
舛添が「逃げ切れる」ことは絶対に有り得ません。今日の「報道2001」でしたかで指摘されていましたが、2台の乗用車の代金の報告には、虚偽の疑いが濃厚
になっています。

それにこの車の車種を質問されたら、「その事も第三者の厳格な調査を頂いて」などと答えていました。自分が乗っている車の車種を「第三者の調査」などとは
正気の沙汰ではありません。

もう、舛添氏の遣ることは全てピエロです。日本中で腹を抱えて笑っています。自公だって絶対に庇い切れません。

私の考え:
私も逃げ切らせてはならないと思っています。だが、法的には下ろす根拠がなく、リコールには時間がかかりすぎるし、倫理的ではない事と道徳心がない事では
辞職しないだろうと危惧しております。これまでの詭弁もひたすら逃げ切り策を示していると見ています。魂胆が見え透いていても、それだけの理由で辞職せよ
と都議会が迫れるかでしょう。非常に狡猾です。

再び尾形氏から:
仰せの通りですね。舛添知事は自分から辞職することは無いでしょうね。また、頑張ってくれた方が週刊誌やテレビは大喜びでしょう。TVの出演者も遠慮会釈なく、笑いものにできます。何しろ、都民の98%が舛添知事の態度に呆れているのですから・・・。自公もバカじゃないと思います。辞職の促すと私は思います。

私から:
舛添は野垂れ死にかそうならないかの危険な道を選んだ:

私は渡部亮次郎氏が言われる「私独自の深読み」で、以下のように舛添の第三者作戦を読んでみました。

それは「彼は二人の辞め検弁護士に何を厳しい目で調査を依頼したか」を具体的に述べていません。もしもそれが「支出の各項目が公的な政治目的か私的な出費であるかを仕分けさせ、その結果で『公私混同が御座いました』と詫びて、私的支出であるべきだった費目を返還する措置を採って終わりとする事」を狙いとしていたのだったらどうなるかという事です。

彼の狡猾な知恵ではそれくらいは考えていたと疑います。彼にとって当面の問題はそれだけです。それと、自公都議会員の辞職勧告やリコールや都職員の不信感は別問題でしょう。彼が素直に辞職勧告を受け入れるか否かは大いに疑問でしょう。また、マスコミが言う「今辞職すれば次期都知事の任期切れがオリンピックの時期に重なり、都知事選挙を行うのには不適当」程度は勿論計算に入っている事でしょう。

私は重ねて言えば「倫理観・道徳観の欠如」や「公私混同の政治資金の使い方」で辞職に追い込むのは難しいほど、彼はずる賢いと見ています。最後は設けるとなった途端に猪瀬前知事が辞職した「百条委員会」の設置を自公が受け入れるかだと考えております。ある弁護士は今回の件での設置は難しいと言っていましたので、彼はそこも読んでいるのではと思います。

即ち、彼は野垂れ死にの道を大きなリスクを抱えて選択したのです。野垂れ死にでは己の政治生命が絶たれるとまで承知しているのでしょうか。案外承知していなかったりして・・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加