新宿少数民族の声

国際ビジネスに長年携わった経験を活かして世相を論じる。

中国製冷凍餃子の事故を考える

2008-02-28 22:55:30 | 指定なし

この問題について、政府とマスコミの姿勢が全く気に入らないし、不満である。それは長年アメリカの同盟国であるアメリカ製の食品そのものではない容器、その原材料を我が国向けの販売を担当してきた人物が「日本の管理基準は以下に述べるように非常に厳格且つ厳密である。それにも拘わらず何故同様なことを中国には事前に通告して求めなかったのだろうか!不平等ではないか!」と言っているのを聞いたからである。


私に言わせればマスコミは同盟国であるアメリカに何かにつけてもの申し、あるいは要求を突きつけることに安手のヒロイズムでも感じているのではないかとすら疑わせてくれる。中国に対しても対アメリカと同様にもの申すだけの思い切りがないのか?


しかも、冷凍餃子は歴とした輸入という商取引である。事故が発生すれば輸入者ないしは輸入代行業者が準備万端整えて、補償を要求する「クレーム・ノーティス」を出すことから始まるのではなかったか?マスコミがしゃしゃり出て四の五の言う案件ではないはずだ。それが解らないのかと不思議でならない。


中国に対してあの弱気の姿勢では、アメリカに対して失礼ではないか?公平な扱いではないか?総理大臣が媚中派だとこうなるのかな?いや、決してそんなことはあるまい!!


<o:p> </o:p>


マスコミなどは未だに中国から謝罪がないなどと戯れ言を言っている。謝罪の文化は我が国固有のものだと本当に知らないのか?中国が謝罪すると本気で考えているのか?上記の人物は言う、


 「長年アメリカ製の液体容器と食品包装の容器となる原紙を日本に販売してきた。それを加工する大手コンバータの工場と食品会社の工場の衛生管理は、報道されている中国の食品工場どころではなく誠に精密で厳しいものだった。アメリカだって同じだ。
 日本の消費者と食品会社の厳しさは英語にすれば"out of this world"(=この世もものとは思えない)で、原紙に木の皮の直径1mmにも満たないゴミやポリエチレンの焦げたチリ1個、髪の毛1本、虫1匹付着していれば、それこそ天が降ってくるような大問題である。コンバータ側も「虫1匹何十万円」(の補償を請求される)と教えて、従業員にその管理を厳重にするよう厳重に注意を喚起していた。まして出入り業者(=我々であるが)にも、言葉は悪いが、工場見学の際は服装検査と手洗いを強制された。当然だろう。
 ある北欧系の大手コンバータでは“100万分の1”(=”One out of a million”)という標語が工場内の至る所に掲示されていた時期があった。これは『その1枚の不良品があれば納入した100万枚全部が返品されるので、そういう事態にならないように厳重に管理するよう徹底せよ』という意味である。これが外資も従った日本の食品容器の衛生と安全管理の基準である。これを達成できなければ、その得意先を失うこともあると考えよとの指示でもあった」
 ことほど左様に日本の管理は徹底している。JTその他の輸入者は食品輸入であれば、そこまでその厳しい管理基準と方法を中国にも徹底的に伝えてあったのだろうか。
 この問題の餃子の包材を作っているのは日本の加工会社で、外から農薬などが侵入するわけない包材で、厳しい管理基準で作っていると明言していた。だが、マスコミ報道はカバーしていない。
 彼はさらに言う「包材を日本で作っていたとすれば、農薬が何処で混入されたか知らないが、その厳重な管理基準が空しかったことになりはしない。一方、アメリカで原紙を製造する際には、原紙は製造工程で高温のドライヤーで乾燥されてから巻き取られるのだが、そこでも紙の表面にバクテリア(bacteria count等という)が残存していないかを厳重に検査して“基準内”との報告書をつけている。表面にラミネートされるポリエチレンのペレットもそのメーカーから管理基準を取り寄せて日本のコンバータ経由で食品会社に提出される。当時の厚生省にも報告するはずだったと記憶する。さらに原紙の包装にも衛生面での厳しい基準がある。
 海上輸送のコンテイナーに対する管理基準の要求も厳格だった。製紙工場に船社が空の状態で搬入する前に、厳しい基準で内部を洗浄し、臭いが残存するような洗剤の使用すらも許されていない。しかも、工場に到着した空コンテイナーは、工場側が手を触れるまで扉を開けることも許されず、貨物を積み込む前に係員が中に入って臭気等を含め状態を検査する。問題があれば持ち帰らせる。
 コンテイナーは前荷を制限し、その履歴を厳重に規制している。すなわち、直前に食品に悪影響を及ぼす危険がある貨物を搭載した場合は除外されるのである。飼料用の干し草や機械油がついている機器類などの前荷は忌避される。
 中国の天津港に冷凍され段ボール箱に詰め込まれた餃子をコンテイナーに積んで送り出す前に、工場と船社では此処までの検査をしたのだろうか?これらと天洋食品での製品の検査も進めねばなるまい、その成果は別にしても」と。


 マスコミは何を取材してきたのか?政府は何でしゃしゃり出てきて中国に「工場内で農薬が入る余地はない」などと言わせて、ことを複雑にしたのか?理解できない。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ロス市警

2008-02-28 08:39:27 | 指定なし

三浦和義逮捕以来、朝から晩までこの言葉を読まされ且つ聞かされている。それが私にとっては大いに耳障りで、気になって仕方がない。
これまでに何度何度も言ってきたことだが、これは日本語であって英語ではLos Angelesのことにはならない。辞書を引けばLosで始まる地名にLos Alamitos, Los Alamos, Los Altos, Los Banos, Los Gatos, Los Mochisと出てくる。第一、「目玉商品」は"Loss leader"=ロス・リーダーだから、これの略かも知れないじゃないか。
発音記号では「ロスアンジェレス」と「ロスアンジェリーズ」が一般的であり、私は何の根拠もなくロスアンジェリーズ派だった。アクセントは「アン」のところにおく、念のため。彼らもこれを全部言うのは長いと思ったか、屡々LAと言うのを聞いている。因みに、かのロス空港はLAXで表されている。
このロスの表記以外にも私が面白おかしいと思っていることがある。それは「ロサンゼルス」とカタカナ書きされることで、滅多に連結音にしない日本語なのに、ここでは"s""a"が連結されていることなのだが。
私にとっては、単にカリフォルニア州の首都でもない大都市であるだけでロサンゼルスをロスにしてしまった感覚が凄いし、それに戸籍を与えてしまったのも素晴らしいのである。
サンフランシスコだって日本語ではシスコになってしまった。彼らの略語は"Frisco"=フリスコである。空港はSFOである。
このロスとシスコは英語ではないのでご用心等と言うのは野暮かも知れないと危惧する。
だから何だと言われそうだが、これだけのことです。いわば「カタカナ語」の続編のようなものである。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

古紙配合率問題を考える

2008-02-27 11:05:08 | 指定なし
この件が未だに燻っているのは何としたことだろう。北越製紙では社長が辞任を表明し、大王精製氏では会長・顧問以下役員が処分された。未だに「業界は古紙配合率をあの時に受けたではないか」など誹られている。
私はこの問題はただ一つ「問題発生の時点で、グリーン購買法制定以前に、製紙業界が「逆KY」(=空気の読み過ぎ)で何かを怖れて言うべきことを言えなかったか言わなかったことが全てである」と信じている。
確かにあの頃の資源節約、環境保護の澎湃たる世論というかマスコミ論調に抵抗するのは容易な業ではなかったことは解る。過剰設備を抱えて競争が激しい業界が、無理を承知でもあの配合率を受け入れた心情は理解できると思う。だが、一言くらいは言っておいても良かったと思う。「再生紙」等という名称に反対しても良かったと思う。
このような製紙業界の伝統的な温和で奥床しい体質を少しも理解していないかの如き報道には不満を感じるのだが。
ここに思い出すことがある。それは94年に、当時としては斬新ではあったが時期尚早で受け入れられなかったREITを、海外に多くの物件を抱えてその処分に頭を悩ましていたゼネコンや不動産関連の企業に勧めて回っていたアメリカの不動参会社の手伝いをしたことがあったことだ。
その際に数社のゼネコンを回ってその英語力には多大なる感銘を受けた。そのことを当時親しくしていたアメリカ大使館の日本人の商務官と会った際に取り上げた見た。彼は笑いながら言った「それは貴方が彼らがどのような経験を経てきたかを知らないからです。ゼネコンは競争激甚なアメリカに進出し業務面だけではなく英語でも辛酸をなめた結果で、今日のあの英語力となったのです。
製紙業界は未だに国内向きの業界でゼネコンのような激甚な海外での競争や海外のメーカーとの国内でも競争もありません。言うなれば、恵まれた業界なのです」と。
なるほどと納得した。製紙業界もクリントン政権時代には「紙を輸入せよ」と圧力も経験し、その後には過剰設備を抱えるアジアの新興勢力と国内外での競争も経てきた。だが、会社存亡の事態に至る厳しいものではなかった。それに優れた技術で作られた紙は輸入紙の跳梁跋扈卯を許さなかった。
だが、国内外で厳しい競争を経てこなかったためか「これを言うことで失うものはない」というような高飛車ともも思えるような姿勢で交渉することはない。であればこそ、あの古紙配合を要求された時点で「そんな無理を言わないでください。お求めの品質を保証できかねます」とは言い出せなかったのだろう。
それが今日に禍根を残したのだろう。しかも、その奥床しさと伝統を承知していると思っていたマスコミのあの嵩にかかった叩き方は何だろう。世界最高水準を行っている品質の評価などはかけらもない報道振りである。
と、こんなことを言ってみても「引かれ者の小唄」である。何とも残念な事態だ。今後は次の世代がこの経験を活かして言うべきことはその場で言って「品質の日本」として海外をも相手に立派に成長して貰いたい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

英語の嫌らしさ

2008-02-26 08:04:57 | 指定なし
今朝の産経に面白い記事があった。それかの三浦和義関連でサイパンでの法廷での遣り取りだった。裁判官の質問に答えて、彼は妻が3万?の収入があるが自分にはないと言い、裁判官が念を押すように「それでは貴方は収入がない」と尋ねた。
彼は「Yes」と言ったと記事にある。これは不味いだろう。これでは収入があることになってしまうから。
ここに至るまでに通訳に問題があり、三浦は「僕自身何が進行し低いるか解らない」と訴えていたともある。通訳が交替したともある
そこで問題にしたいのは「イエス」だけではない。通訳がこの「Yes」を何と訳したのか、それともそのままにしたかである。まさか"Yes, I don't have any income."とは訳さなかっただろう?途切れ途切れに聞こえた通訳の声は女性だったが、通訳は勝手に誰かが言ったことが誤りであったからといって、訂正して良いとは思わない。
実は、産経にはここから先の審議は掲載されていない。だから、裁判官が矛盾を追及したかどうかは解らない。さて、真相は?
この英語における「イエス」と「ノー」の概念は日本語とは異なっている。いわば反対である。そこには屡々誤りが起きる原因がある。その例を数多く見聞きしてきた。彼らがそこをついてくることはないが、例えば「買う気がないこと」を確認しようとして"You are not going to buy this?"等と言われると、割合素直に(?)"Yes."と答えてしまうものだ。ここで混乱が生ずるのであるが。

別件だが某局でルー大柴だかの妙な英語風の言葉を入れた話し方を取り上げていた。そのこと自体はどうでも良いのだが、彼は「鳥肌が立つ」と言いたくて一瞬考え込んで「チキン・スキン」と言った。すなわち「鳥」=「鶏」で、チキンにしたのだろう。実は、私は未だ嘗て「鳥肌が立つ」を英語にする局面に遭ったことがなくて、何というかも知らなかった。そこで辞書を引いた。それは"gooseflesh"だった。鶏ではなくガチョウだったのである。しかも"flesh"と聞くと先ず思い浮かぶのは「肉」であるが、「肌」や「皮膚」の意味もある。ルー大柴のお陰で思いがけない勉強が出来た。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加