新宿少数民族の声

国際ビジネスに長年携わった経験を活かして世相を論じる。

9月24日 その2 アメリカの元の同僚は心配している

2017-09-24 15:28:26 | コラム
アメリカの元の同僚から:

珍しくも、彼から下記のような心配事があると連絡してきたので、お知らせしようと思う。

>引用開始
先ずは北朝鮮が将来我が国に核弾頭付きミスル(ミサイルは誤り)を撃ってくるかも知れない問題から。日本には核シェルターがどれくらい普及しているのか?次なる問題は「ホワイトハウスと北朝鮮の悪口の言い合い合戦」だ。あんなことをしていれば、何時の日にかは我が国にもホロコーストに近くなるかも知れないかと危惧する。

君は我が国の大統領が北朝鮮を壊滅すると脅かし続けると思うか?こ何故このような馬鹿げたことを言うのかと言葉を失う。こんなことだから、我が国には二極分化が生じるのも不思議ではないと思う。人類にとっては殴り合うとか、銃砲を使うとか、輸送機関を使って、意見が合わない相手を襲う方が常識的だと思うのだが。

君にも解ると思うが、私はこれまでの一連の出来事が非常に非常に心を痛められているのだ。君の意見が聞きたい。
<引用終わる

私からは以下のように答えておいた。

「驚くなかれ、我が国ではいまだに日米安保による核の傘で守られていると信じている者が多いようだ。その証拠に核シェルターの普及質は 0.02%である」と先ず知らせた。更に「私はトランプ様が金正恩とチインレースを展開して相互に悪口雑言の応酬を繰り返すのは賢明だとは思わない」と付け加えた。我が国の軍事や外交の専門家たちは「あの応酬はやらずもがなだ」と非難している。また、ある軍事専門家はDPRKの軍事力では、もしも本当にアメリカが軍事力を行使すれば3日と保つまいと予告している。更に「金正恩はこれを良く認識しているから、言うだけで現実的な行動は起こすまい」と付け加えていた。
.
また、あるエコノミストは「金正恩はスイス等のヨーロッパの何処かに数百万ドルの隠し資産を保持しているので、当分の間は何発でもアメリカ本土でもグアムにでも核弾頭付きミスル(ミサイルは誤ったカタカナ語)を発射し続けるだけの資金力は残されている」と指摘した。

安倍内閣は十分にアメリカとDPRKの対立によって我が国も危機が襲ってくると認識しているので、総理は憲法改正をも視野に入れた衆議院の解散を来たる28日に行う意志を固めた。貴君が承知しているかどうかだが、現行憲法は占領下に、言わばアメリカに仕付けられたもので、戦争の放棄や軍備は持たないと規定されている。即ち、我が国の真の意志で定めたものではないと言えるのだ。

多くの専門家はアメリカとDPRKが本格的な核を使っての戦闘状態には入るまいと見ている。そこで出てくるのが「対話」の必要性であり「圧力」をかけ続けるという話だ。私はアメリカとDPRKの代表者が既に極秘裏にスイス等の第三国で交渉しているとも報じられていると承知している。

私はトランプ大統領の言動が unpredictable であり、後先を考えていないかのように、言わずもがなのことを言ってしまうのは非常に気になるし、我々を恐怖と不安に陥れると考えている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

外来語批判

2017-09-24 08:18:07 | コラム
カタカナ語の氾濫を嫌う:

私がカタカナ語排斥論者として常に憂慮していることは、カタカナ語及びこれらと日本語を組み合わせた表現が余りにも濫用されていることだ。この傾向を助長している大きな要素に、テレビに登場する無知蒙昧なタレント(これだってカタカナ語だ)のみならず、所謂有識者とかに分類される方々までもがシレッとしてこの類いの表現を使っていることがあると思っている。

しかし、事ここに到るや、私は彼らの中には衒ってカタカナ語を使って語るのではなく、あの類いの言葉を日本語だと思い込んで使っている連中が多いのだと見做す方が正解ではないのかと思うに到った。そうでなければ、彼らは十分な初等教育を受けていなかった為に、「漢字」とその熟語を使えるだけの国語の知識がないのではと考えても良いのだとすら考えるようになった。

それに加えて、これも私の年来の持論である「言葉は耳から入るものが最も影響力が高く、普及しやすい」ことがあるので、テレビから流れてくるおかしな仮名交じりの日本語が彼らに強い影響を与えているのも、これまた事実だと思う。しかも、困ったことに、カタカナ語化された外国語は多くの場合意味を取り違えられているので、それでなくとも程度が低い我が国の英語教育に好ましからぬ影響すら与えていると危惧する。

そこで、思いつくままにそういう好ましからぬ外来語(英語としても良いだろう)がカタカナ語化された例を挙げていこう。

「~をスタートさせる」、「~をオープンする」、「~のトラブル」、「~をコンパクトに」、「~のインパクトが」:
これらカタカナ語混じりの表現はウンザリするほど多用されている。私は順番に本当の日本語に直していけば「~を始めた」、「~を開店または開業して」、「~の事故、故障、もめ事、心配、苦労」、「~を圧縮する、凝縮する、固める、簡潔にする」、「~の影響が」とするのが日本語だと考えている。

リベンジ:
これは松坂大輔が使い始めたので、何となく格好が良いカタカナ語として普及してしまった。困ったことは、revengeは目的語を伴うべき動詞なので、「誰に仕返しをするのか」を明らかにすべきなのだ。ここまで言えば、「リベンジ」が誤って使われていると解るだろう。

ベテラン:
スポーツの世界でも何処でも一寸経験がある者は全てこの veteran で括るようだ。この言葉の本来の意味は「古参兵、老練乃至は歴戦の兵士」という意味であるし、アメリカでは「退役軍人」を意味するのだ。私は文語だと思っているし、会話の中でも何でも使った記憶はない。これを「古参の選手、老練乃至は歴戦の選手、練達熟練の選手」の代わりに使うのはおかしいと断じたい。

「コミュニケーションをとる」:
おかしな表現だ。これは思うに「意思の疎通を図る」と言いたくて使われているのだと思う。だが、私の長年の英語の世界暮らしの経験の範囲内では、そう言いたくて(書く時にも)“communicate”という言葉が使われた記憶も経験もない。Oxfordには“to exchange information, news, etc. with ~”が出てくるが、その通りだろう。語り合うのならば“talk to”もあれば“speak to”もあるし「一寸話をしよう」であれば会話体で、“Let’s sit down to have a chat.”等と言って話しかける。

アップするまたはダウンする:
先ず言っておくべきことは up も down も名詞ではないことだ。これらの後に安易に「する」を付けて「上げる、または上がる」か「下げる、または下がる」と言いたくて使うのは邪道だ。これらの言葉は「前置詞」か「副詞」なのだ。カタカナ語の世界では恰も動詞の如き捉え方をしているのは良くない。英語にはそういう使い方がないと知った上で使え。

故に、「イメージアップ」だの「レベルアップ」などは論外なのだ。広辞苑にも「和製語」とされている。プログレッシブ和英には「イメージアップ」は improve the image とでいる。因みに、「レベルアップ」は例文として raise the level of a soccer team とある。私は「もう一つやな」と思う。

未だ未だいくらでもあるが、今回はここまでとする。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トランプ大統領対金正恩委員長の対立

2017-09-23 10:13:03 | コラム
眼前の危機か:

いきなり結論めいたことを言えば、危機を如何に回避するかは、私にはトランプ大統領ので肩に掛かっているように思えてならない。

22日には「解散の大義名分」を論じてお仕舞いに「ここから先は金正恩委員長がどのように反応してくるかだと思う。」と述べた。金正恩委員長からの反応は「史上最高の超強硬措置を慎重に考慮する」だった。一寸怖じ気付かせられるような恐ろしさがあるとは言え、「慎重に考慮」で締めてあるところがミソか。更に李外務大臣はNYで「太平洋上で水爆実験」と言って補強した。彼が単独で何か言える訳がないだろうから、金正恩委員長から指示があったと読むのが常識だろう。

私は、この一部に「チキンレース」と捉えているトランプ大統領と金正恩委員長の遣り取りを見ていて感じるのは「金正恩委員長は常にトランプ大統領を見下しているような物言いをして威嚇していること」だ。しかし、一連の威嚇的発言を見ていると、如何にも「オオカミ少年」的なところがあるのだが、現実的には何度何度も繰り返して missile を発射したし、核実験も実行している。そうであれば「史上最高の超強硬措置」如何にもは恐ろしいが「慎重に考慮」するとも言うのだ。

私にはトランプ大統領のUNでの演説では「あそこまで仰ることはないのではないか」と思わせてくれた。そこに金正恩委員長もそれなりに反応してきたので、矢張り我が国は言うまでもなく、人道支援をするなどと調子が外れたことを言っていた文在寅大統領率いる韓国にも危機を感じさせただろうと思う。現に、フランスは平昌オリンピック不参加を匂わせてきたではないか。

事ここに到っても野党連合は「モリとカケの追求を避ける狙い」とまで言い募るのだ。マスコミは多少この点に触れなくはなったが、何分にも加計問題ではあの加戸元愛媛県知事の国会での証言を完全に無視した連中のことだから、未だ未だ何を言い出すか解らない。産経にしたところで、清宮幸太郎のプロ志望発言を受けてあれほど紙面を割くのだから情けない。あんなことはモリとカケより遙か下の小事だろうに。

安倍総理はNYで再三トランプ大統領と会談されて十分にこの緊急事態について打ち合わせされたと思うので、25日以降にどのような発言をされるかに大いなる関心がある。最後になったが、私は事態はそれほど安閑としてはいられないところに近付きつつあると思っている。それは金正恩委員長がするだろうことは読みやすいようではあっても、何れにせよ破壊的且つ破滅的なな要素が余りにも濃厚だから。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月22日 その2 清宮幸太郎がプロ野球志望を表明

2017-09-22 20:12:30 | コラム
読売巨人軍だけには指名されないように:

私はそもそも余り清宮君を評価していないというか、好みの運動選手の型ではないので、彼がプロ野球入りを希望したことについてあらためて感想はない。あれだけマスコミに連日連夜何本ホームランを打ったの新記録だのと持ち上げられ続けば、「俺もプロに行けば満更ではなく、人並み以上の成績を残せるだろう」と思い込んでも何の不思議もないからだ。

それに、私が繰り返して指摘してきたことで、彼らに持ち上げられチヤホヤされて成功した運動選手の数は少ないのだ。卑近な例を挙げれば相撲の琴奨菊、稀勢の里を見よだ。野球では今や日本ハムで二軍暮らしになってしまった斎藤佑樹君にもその気配というか、犠牲者ではないかと言える気がする。

では、何故読売巨人軍だけには行かせたくないと言うのかだが、あの球団で高卒から採って大成した打者が松井秀喜を除いて何人いるのかということだ。王貞治をお忘れかと言われそうだが、あの大成功には故荒川博の尋常ではない個人指導があったではないか。今のあの球団にあれほどの指導者がいるか。坂本勇人があの程度まで育つのに何年かかったかを考えて見ろ。もしあの球団に行けば、折角の?素質に花が咲かない危険性があると危惧するのだ。

もしもくじ運が良くて、ソフトバンクホークスか広島カープに当たれば、清宮君が持っているだろう素質に花が咲く可能性が大いにあるだろう。この二球団で無名だった高校生(や大学生)が何人育っていたか。私は鈴木誠也(二松学舎)などという高校生がいたなんて知りはしなかったし、中村晃(帝京高)や柳田悠岐(広島経済大学)の存在も知らなかった。それだけではない、ここでは育成選手から一軍に大勢上がってきて活躍している。

私が清宮君を余り評価しない理由の一つに「あの足の遅さと、何とも締まりがない走り方」がある。早実ではかかる基本を教えずに打つことだけしか目が行っていなかったらしい。嘗て、立教大学から、南海の勧誘を振り切って、読売巨人軍入りした長嶋茂雄は確かに良く打ったが、気が付けば足も速かったのだ。そういう先例もあることだし、清宮君は今からでも遅くないから、チャンとして運動選手としての基礎をあらためて築き上げるのか大切ではないかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

解散の大義名分

2017-09-22 14:07:03 | コラム
フジテレビのバイキングで「解散の大義名分」を採り上げた:

22日はジムから帰って何気なく8チャンネルにすると解散が話題で、自民党からは片山さつき、民進党からは大塚耕平が出て、政治評論家は鈴木哲夫が座っていた状況。この番組で採り上げるとは少し意外な取り組みだと思って次第。私はこの大塚という人の博士号まで持っている学歴と日本銀行中退という素晴らしい経歴にずっと注目してきた。それは、それほどの学識経験を活かす場として民主党は余りにも不向きだし、彼自身の論理的ではあってもあれほど学者的な弱さを見せては、出ていく場を誤っているとしか思えなかかった。

彼は(未だに総理が解散と宣言していない時点で)安倍総理が解散に持っていく理由として

*支持率の改善、*モリとカケの追求を避ける、*民進党内の混乱、*新党結成のもたつき

を理路整然と挙げていた。確かに解り良かったが、同じ民進党でも前原や何でも貶す一方の山野井等の連中とは一味違う穏やかさで、如何にも迫力不足だった。あれでは解説者然としていた。

私は彼らの論調を聞いているのも興味はあったが、レギュラー出演者である東国原英夫が「北朝鮮問題は来年に現実問題として危機が訪れる」と予告してたのも印象的だった。彼は「解散で政府も国会も空洞化するというのは正しくない。総理他の閣僚はそのまま残っているのだし、参議院で対応できる」と言い、片山さつきもこの点を補強して賛成した。

議論の大勢は私にはDPRK問題は本当に深刻化しており、東国原が推理して見せたように「トランプ大統領と安倍総理の間では既にアメリカが最悪の場合には極端な手を打っていくことを了解済み」なのであれば、自衛隊の存在を憲法に加えることは必要だということは十分に「解散の大義」になると言っていると聞こえた。ここで興味があったのが大塚の発言で「憲法解釈上疑義があるなど言う必要もなく、自衛隊は合憲」となっていたことだった。

大塚は民進党としては「モリとカケ問題は未だに国民が納得していない」と言い出さざるをえなかったようだが、片山は「その点はこれから先に総理があらためて説明されるはず」と、私には大塚の主張を頭から否定しなかったのは不思議に思えた。というのも、「休会中審査で十分に説明済み」程度は言うかと思っていたから。私は納得していないのは国民ではなく、朝日・毎日・東京新聞とTBS他のマスメディア連合で、彼らが自分たちに都合が悪いニュースを流さなかったことこそ真っ向から批判されてしかべきだと思う。

何れにせよ、私は解散に反対する理由に「モリとカケの追求を避けるとは」とするような姿勢こそ国民の目を欺く所業であり、野党とマスメディア連合軍はいざ解散ともなれば、この一点だけにでも執着して安倍政権批判の論陣を展開するものと予測するのだ。私が危惧することは、この戦法は効果が出てくるのではないかという点だ。一部か会う程度以上の数の国民の方々が fake news と見破ってくれるかが心配だ。

私にとって気懸かりなことは「UNにおけるトランプ大統領と安倍総理の演説はDPRKに対して徹底的に対抗する姿勢を示され、最早取り付く島もない状態で、巷間言われているような『対話』や『意思の疎通』(これは最早死語で「コミュニケーションを取る」というカタカナ語が普及しすぎている)などの余地がほとんど残されていない点だ。それはその通りだとは思うが、ここから先は金正恩委員長がどのように反応してくるかだと思う。

私は如何なることがあっても、金正恩委員長がこれまでの方針を変更する可能性はないと見ている。そこには「モリやカケ」などとは比較することすらあり得ない重大な、敢えて危機という表現を使うこと避ければ、アメリカ・日本・韓国にとっての対DPRKの最悪の事態も予測できるのだ。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加