暁庵の茶事クロスロード

茶事が好きです。茶事の持つ無限の可能性に魅了されて楽しんでいます。2015年2月に京都から終の棲家の横浜へ戻りました。

病院のミニ・コンサート

2018年02月25日 | 暮らし

       近くの公園の紅梅と白梅がまっ盛りです


2月に2週間ほどツレが神奈川県ガンセンターに入院しました。
11月に2回目の精密検査を受けて初期の癌が見つかったのです。
N先生から治療方法について丁寧な説明を受け、年明けに手術の選択をしました。
手術の選択は本人にとって大変なことだったと推察しますが、早期の段階で手術に踏み切った方が転移や癒着などの心配もなく、体力があるうちにした方が良いのでは・・・と思いました。

N先生から手術の具体的な方法とその後の処置、手術に伴うリスクの説明を受け、ツレも私も納得し、手術をお願いしました。
今は開腹ではなく腹腔鏡手術を行い、万が一の場合(血管炸裂、癒着がひどいなど)には開腹して対処すること、24時間はICU(集中治療室)で術後のケアをし、その後は病室へ戻り、管を付けたまま自力でトイレへ行く事など・・・・いろいろ変わっているようです。

一番驚いたのは静脈血栓塞栓症(じょうみゃくけっせんそくせんしょう、エコノミークラス症候群とも)の予防措置でした。
静脈血栓塞栓症は入院患者の主な死因の一つになっているそうです。
手術が長時間に及ぶと、ふくらはぎの血管に血栓が出来やすくなり、術後にその血栓が血流に乗って下大静脈・右心房・右心室を経由し、肺へ流れつき、肺動脈が詰まると肺塞栓症となることがあるそうです。
予防措置としてはタイトな膝下の靴下を履き、手術中にふくらはぎのマッサージ器を導入しています。


    プランターの蕗の薹が顔を出しています

幸いにも手術は順調に終わり、手術後すぐにN先生から経過説明を受けました。
「これが摘出部位です。ほらっ!癒着もなく、とてもきれいに摘出手術ができました」
N先生には見慣れている臓器でしょうが、私には初めての事でちょっとひるみました。
手術がよほどうまくいったのでしょうね。それを見せて説明するN先生の顔が嬉しそうでした。
「ありがとうございました・・・」
私も先生にお願いしてヨカッタ!と心から思いながら、その部位の詳しい説明を伺いました・・・

その後、短時間の面会が許されICUへ行くと、ツレの顔がしっかりしていて元気そうに見え、安堵しました。
それでも吐き気がするとのことで、あとは看護婦さんへお願いして引き上げました。
あとでその時のことを聞くと、私が来て「タコがどうとか・・・」とおしゃべりしたことをぼんやりと覚えているだけでした。


  梅  (季節の花300)
(「好文木」「木の花」「春告草」「風待草」という別名も大好きです)

経過は順調で、身体に3本付けられていた管が徐々に取れていきました。
退院も2日ほど早まって、いよいよ退院も間近い木曜日、2階のラウンジで毎週開催されている「木曜 ミニ・コンサート」へ二人で出かけました。
ボランティアさんに渡されたプログラムを見ると、第799回とあり、びっくり!

第799回 木曜 ミニ・コンサート    2018.2.15

     シャンソン独唱 美山容子(みやま ようこ)
     ピアノ伴奏   大本公広(おおもと きみひろ)

 1.再会
 2.バラ色の人生
 3.小雨降る径
 4.私の心はヴァイオリン
 5.ラストダンスは私と
 6.愛愁(美山容子オリジナル曲)
 7.なつかしの歌メドレー(皆さまとご一緒に)
 8.浜千鳥(皆さまとご一緒に)


美山容子さんは80代とのことですが、シャンソンを情感たっぷりに謳いあげてくださいました。
ピアノの大本公広さんとのデュエット「ラストダンスは私と」は息がぴったりで、もっと聴いていたい・・・と思いました。
美山さんのお話によると、美山さんも癌を患っていらして、落ち込んでいた時に、こちらのドクターにミニ・コンサート出演を勧められたそうです。
毎年1回のミニ・コンサートが励みになり19回目になるそうですが、20回目は体力のこともあり考慮中だとか。


  我が家の水墨画風「春告草」(はるつげぐさ)
 
そんな美山さんの歌と癌と戦い立ち向かっていく姿が多くの患者さんや家族を慰め、元気づけているのを感じます。
ツレと私も「なつかしの歌メドレー」を大声で熱唱して、なんか元気をいっぱい頂いた気がします。
長年のファンの方でしょうか・・・コンサート後に花束をいくつも受け取って、美山さんも嬉しそうに輝いていました。
ぜひ来年の20周年ミニ・コンサートをめざし、元気に頑張ってくださいね・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

如月の五葉会 in 1028

2018年02月23日 | 暁庵の裏千家茶道教室



2月9日(金)は新年を迎え、初めての五葉会でした。

1月に初釜を兼ねて開催する予定でしたが、私の右膝の回復が思わしくなく、休会予定だった2月に変更して頂きました。
それでも花月の「互換機鋒看子細(ごかんきほうしさいにみよ)」についていける自信はなく見学のつもりでした。

前日、宗智さんからメールが入り、風邪のためお休みとのこと・・・・。
皆さまにご迷惑ながら暁庵が参加することに覚悟を決めました。「ヤルッキャナイ・・・



その日は、二人貴人且座、投げ込み花月、香付花月を修練しました。
お茶の神様のご配慮があり、二人貴人且座では三客(炭の役目)、投げ込み花月と香付花月では次客の札を引きました。
比較的動きの少ないお役だったので、何とかついて行く事が出来ました・・・(ふぅ~!

二人貴人且座は「花月風雅集」しか教本がなく、しかも大層わかりにくい記述になっています。
ちょうど2月のS先生の東京教室のお稽古で見学させていただいた後だったので、そのやり方でして頂きました。
(・・・それでも別なやり方もあるそうで、早く七事式の教本がほしいですね)



大好きな香付花月之式は3種の香を用意しました。
香銘は「初音」「梅ごよみ」「春の雪」、その中から「春の雪」が選ばれました。

  香付花月之記

   春の雪 庭に出でたる 愛犬の
       小さき足跡 点々々と       宗厚

   おみやげの 苺届けし 春の雪
       ブレーキきかず 顔青ざめし    宗里

   我が背子が 手術を受けし その夕べ
       春の淡雪 閑々と積めり      宗曉

   余寒とは 云いしものかな そこここに
       残る雪あと 春はいづこや     宗眞

   春の雪 輝きみそらに 舞いたれば
       花びら思い 嬉しくもあり     宗悦

                    出香  宗悦
   香銘 春の雪



新年最初の五葉会だったので、熱々の雑煮をお昼に食べて頂きました。
6つの世界遺産を巡ってきたという宗悦さんのトルコ土産のお菓子と土産話が加わります。
この場は和やかに終了したのですが、勉強熱心な皆様のこと、その後に二人貴人且座についてのメールが賑やかに(?)飛び交いました。
いろいろな質問や議論(?)ができることが有難く、真摯で素敵な五葉会のお仲間に感謝です。

来月(弥生)の科目は廻り炭之式、結び帛紗花月、三友之式、こちらも楽しみです。 


        暁庵の裏千家茶道教室   前へ    次へ     トップへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「枝頭の春の茶会」へ招かれて

2018年02月18日 | 茶会など

      京都左京区吉田山近くにある「東北院」の「軒端の梅」


1月30日、Rさまの「枝頭の春の茶会」へお招きを受け、京都へ戻りました。
「暁庵さまの京都在住中には仕事が忙しく、我が家へお招きできなかったので、この機会に是非いらしてください」と嬉しいお声掛けがありました。
Rさまと御一緒した京都の思い出が懐かしく頭をよぎります。
「道成寺」など観能のお誘いや、吉田兼好ゆかりの吉田神社、茂庵や金戒光明寺(熊谷直実や平敦盛の供養塔がある)を散策したり、灑雪庵へもいらしてくださいました。

京都在住の茶友Yさま
と社中Fさんと3人で、いそいそと北区のお宅を訪ねました。
藤紫の着物に紺の袴姿のRさまにお会いするのは3年ぶりでしょうか、
「ハイカラさんみたいで袴姿がお似合いですね」とFさま。
お会いできて懐かしく、こちらも暁庵がこだわっている家庭茶事でした。
玄関の小上がりが寄付になっていて、玄関土間が待合兼腰掛待合、椅子が3つ並べてありました。
おしぼりで手を清め、温かな生姜湯を頂き、茶室へ席入りしました。

そこは新席みたいにピッカピカの四畳半の茶室、床は台目で下座床です。
床の御軸をお読み上げ頂くと
「梅花 枝頭春」(ばいか しとうのはる)妙心寺弘雲(?)和尚筆だそうです。
「お坊さまが春を探し求めてあっちこっち出歩いて帰ってみたら、我が家の梅の枝先にほころびを見つけた」と伺って、ユーモラスなお話の中に「看脚下」の厳しさを感じました。
本当に心して見ないと、見ているけれども見えないものがたくさんあり、
「いったい私は毎日何を見て、何をしようとしているのか」と時々自分に問いかけています。

     
     神社の水仙 (季節の花300)

水仙が清楚にいけられていました。
竹花入の入船が「京都へお帰りなさい」の意味と知り、大感激でした。
床に和綴じの物語香合。
蓋を開けると練香が上側に飛び出て置かれているのが珍しく、物語を紡ぎ出すお仕事のご亭主にぴったりです。

阿弥陀堂釜と炉中の趣きが素敵でした。
最初はわからなかったのですが、後で電気炉とわかりびっくり!
炉灰も入っていて、まるで炭火が熾っているかのようにあかあかと美しい景色です。
唐銅薬缶が使いたくって選ばれたという山雲棚に白磁の水指がすっきりと置かれ、天板の棗と風炉先屏風が後ほど素晴らしい物語を・・・。

ご挨拶のあと、すぐに朱膳に乗せられた点心が運ばれました。
仕事がお忙しそうなご亭主は料理が苦手らしい・・・と勝手に思い込んでいたのですが、
お手づくりの点心と煮物椀、それらの一つ一つが美味しく刺激的でした。
点心、煮物椀、主菓子の珠光餅、全部手づくり・・・のようで私も頑張って作らなきゃ!と刺激を頂きました。
「珠光餅」を早速試作してみたのですが、食感が今一つ違いました・・・。

     

上賀茂神社の御神水を汲み、御自作の黒楽茶碗で点ててくださった濃茶、初めていただく濃茶「長安」は練り加減よくまろやかで美味しゅうございました。
能面や古寺瓦の干菓子など、京都や奈良の珍しいものをご用意いただき、続き薄茶ではご連客のYさま、Fさま共々和やかにお話が飛び交いました。

槍の鞘茶入(鬼丸碧山造)や粟田焼・安田氏の茶碗も印象に残っていますが、棗の物語が素敵でした。
それは源氏香がデザインされた中棗で、蓋裏にイニシャルが入っています。
結婚○○周年記念にご主人から贈られたとか(・・・う~ン!うらやましい・・・)、作者は岩淵祐二氏でした。
もう一つ、インパクトのあるユニークな茶杓の銘(「春待つ日」だったかしら?)と作者がどうしても思い出せずにいます・・・。

     

温かい手づくりのおもてなしが京都の寒さを吹き飛ばしてくれました。
Rさま、ありがとうございました! 

たまには関東地方へも出没のご様子、どうぞ暁庵の茶事にておもてなしをさせてくださいませ。
またお会いできますように・・・。  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「やぶれ庵」の茶事

2018年02月14日 | 茶会など



2月14日、バレンタインデー。
いまだ我が家の梅は咲きませんが、ようやく春の足音が聞こえて来たようですね。

「華甲のお祝いの茶会」の翌日(1月29日)淡路島へ渡りました。

ご亭主・T氏は京都在住中に親しくなった暁庵の数少ないボーイフレンドで、いつも素敵な茶事でおもてなしをしてくださいます。
母上・SK先生の喜寿をお祝いする茶事以来ですが、今回は社中Fさんとたった二人です。
ご案内に「やぶれ庵にて」とあり、どのような茶室でどのような茶事をしてくださるのか、胸がときめきました。




12時過ぎの席入りでした。
広間の待合へ入ると、鉄瓶が掛けられた箱火鉢と煙草盆が人待ち顔に置かれていました。
床の御軸は、いきいきと画かれた天神様と北野天満宮の梅の春をうたった和歌の画賛でした。

半東はなんと!SK先生、若々しくお元気そうなSK先生にお会いできて嬉しく思っていると、自ら鉄瓶の湯で福茶を入れて下さいました。
広間のすぐ横に工夫された腰掛待合があり、懐かしい煙草盆に出会いました。
京都を去る時、餞別に差し上げた吉田神社節分の福桝を煙草盆に使ってくださって、嬉しい再会です。



「やぶれ庵とはどんな庵かしら?」
勝手にいろいろ想像していましたので、心高鳴る思いで席入りしました。
そこは、二畳に隅炉が切ってあるだけの簡素な茶室です。
余計なものを持ち込んではいけない気配を感じ、壁床の「自得」と書かれた御軸が我が心を揺さぶりました。

「六十歳還暦の時に出会った御軸です。
 もう一度、初心に戻り一から始めたいと思いました・・・そして今も・・・」
SK先生のお言葉が今でも忘れられません。
厳しい中にも自らを奮い立たせ、立ち向かっていく勇気を与えてくださる「自得」でした。

12時をとっくに過ぎていたので、先に懐石が運ばれ、美味しく頂戴しました。
コクのある胡麻豆腐、小松菜入り蓮餅の食感、そしてチーズとカラスミの和え物に舌鼓です。
珍しい縁起物だというお餅の煮物椀に無病息災を願い、取り合わせの器の美を堪能させて頂きました。
斬新な器(香合の蓋物や小吸物椀)の使い方など、懐石を楽しくするヒントを頂戴し、大いに刺激を受けました。



懐石が終わり、炭手前はT氏に交代です。
茶事のご馳走の一つはお点前と言われていますが、自然体のお点前は清々しく素敵でした。
惹き込まれる様に炭手前や濃茶点前を拝見しながら、いろいろな示唆を頂戴し有難かったです。

大きなお釜が垂涎でした。
軽々と釜があげられ、「アッ」と息を飲むほど存在感のある魅力的な丸釜が現われました。
後ほど聴いた釜鳴りは、大きさからのイメージとは大違い、優しい松風でした。
隅炉の炭手前を拝見するのは初めてで興味津々。
炉に近寄ると、懐石もあり時間が経った筈なのに、炭が黒々と3本立っているではありませんか。
どんな下火の塩梅をしたのかしら・・・流石です。

戌年に因んだ優雅な香合「犬筥(いぬばこ)」が心に残っています。
手に取ると軽く、江戸時代の張子のようですが、赤絵の絵模様が美しく精巧でした。
練り香はT氏お気に入りの「玄妙」(山田松香木店)です。
香の薫りがやぶれ庵を嫋やかに包む頃、主菓子「椿餅」を頂戴して中立しました。




後座へ席入りすると、SK先生が丹精された曙椿と黒文字が竹一重切にいけられ、
水指は釣瓶(伊勢神宮古材)、茶入は古色のある紹鴎形の町棗です。
T氏の濃茶点前が静かに始まり、私もFさんも四方捌き、端整な清めの所作に引き込まれていきました。
やがて茶香が漂い、熱くよく練られた濃茶が出されました。
「最後に私もお相伴させて頂きます」
まろやかで美味しく、ご亭主T氏と一碗をともにできたのは何よりの思い出になりました。

T氏に急用が入ったようで亭主が交代となり、続いて薄茶となりました。
SK先生が趣深い三田青磁の酒会壷から薄茶を掬い、濃茶と同じ黒楽茶碗で点ててくださったのも良き思い出です。



茶杓が深く心に残りました。
真ん中に一本通った杼が全体をを引き締め、左側に続く波打つ裳裾のような景色があります。
その景色にかつて辿った四国八十八ヶ所遍路の或るシーンを思い出していました。
厳しい修行の場である土佐(高知)の海辺の遍路道、波打ち際を遍路する墨染めの僧侶の姿が目に浮かびました。
まことに「やぶれ庵」の茶事にぴったりの、趣き深い「やぶれ衣」だと・・・。



奥様にバス停まで送って頂いた時、T氏が見送りに駆けつけて
「変則の茶事でしたが、自分としてはもう精一杯のおもてなしでした・・・」
急なお仕事が入ったのに、本当にさりげなく、誠心こめておもてなししてくださったのです・・・。
私はその御心を溢れんばかりに受け取って、思わず涙が出そうになりました。 
「そうだ! 私はこのような瞬間を求めて淡路島へやって来たのだ・・・」と以前にも増して思ったのでした。

T氏、SK先生、奥様、素晴らしい3人のチームワークのおもてなしに感激し、心から感謝申し上げます。
ありがとうございました!! 
これからも細く長くお付き合いくださると嬉しいです。   

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

華甲のお祝いの茶会

2018年02月12日 | 茶会など

         冬牡丹・・・・嵐山・吉兆にて

    淡雪の灑ぐ牡丹の紅増して
         華甲の恩師慕ふごとく・・・
   

1月28日(日)、S先生の「華甲のお祝いの茶会」にお招き頂きました。

「華甲(かこう)」とは還暦のことを言うそうです。
「華」という字が6つの「十」と一つの「一」からなるので六十一歳、昔は歳は数え歳で数えていました。
「甲」は「きのえ」で十干の一番目。十干十二支が一回りして最初の「甲子(きのえね)」に帰ったことを表しています。


 待合の「鶴亀寿老人」・・・上部に鶴、下部に亀が表具の上に画かれているのが珍しい

ご案内に京都嵐山・吉兆にて・・・とあり、2日前から京都入りしました。
嵐山・吉兆は気になる存在でしたが、なかなか入る機会も勇気もなく、伺うのが楽しみでした。
嵐電「嵐山」駅で降り、雪がちらつく中Oさまと吉兆へ向かいました。
門の外で男衆の出迎えを受け玄関へ入ると、着物姿の美しい奥様が笑顔でお迎えくださり、やっと安堵しました。

待合の床には「鶴亀寿老人」の図(岡本豊彦筆)が掛けられています。
穏やかな鶴亀寿老人に、茶道に向き合い切磋琢磨されて還暦を迎えられた先生の若々しいお顔を重ねました。
待合で同席の皆さまとご挨拶を交わし、「御菱葩」(道喜製)を頂戴しました。
今年3回目の花びら餅でしたが、やはり道喜製は一味違いますね。味は同じでも、味噌餡が以前より少し固めになり食べやすくなったような・・・。


   大きくて美味しい!「御菱葩(花びら餅)」(道喜製)

いよいよ濃茶席、先生自ら濃茶を練ってくださいます。
席入りの直前に奥様から「お正客をお願いします」と言われて飛び上ってしまいました。
でも、ぐずぐずしていてはご迷惑をお掛けすることになるので、覚悟を決めて席入りしたものの、待合で会記をしっかり読んでおけばよかった!・・・と後悔しました。



本席の床に「千眼看不見」の御軸、裏千家9代不見斎石翁の御筆です。
読み下しは、千眼(せんがん)を持って看(み)れども見えず。
S先生から眼からだけでなく、目に見えないものをしっかりと心で見ることの大切さをお教えいただき、時にはきっと大変なご苦労もありながら、真摯に茶の道を歩んで来られた先生の御心を推察し、胸が熱くなりました。
私も先生の御心を慕いながら茶の道を後から歩んで参りたい・・・と思いました。



今でも時折いろいろなシーンが頭を横切ります。
先生のお点前を約20名の方々が固唾をのんだように見詰めていると
「濃茶なので本来はお話をしないのですが、今日はいろいろお話をしながら濃茶を差し上げたいと思います」
それで、不肖の正客はすっかり安心して、先生のお話を伺うことにし、お話の流れの中でお祝いの気持ちを代表してお伝えできれば・・・と思ったのですが、緊張して何を話したのか覚えていないのです(トホホ・・・)。

それでもお点前が進み、先ほどから気になって仕方がなかったことをお尋ねしました。
「柄杓の柄の部分が赤く塗られているように見えるのですが?・・・」
すると柄杓の柄だけでなく、茶筅の綴じ紐、茶巾が「赤備え」でした。さらに手桶水指(認得斎好)を華甲を祝う「赤色」、そんなS先生のこだわりのお話に座が「わっ!・・・」と湧きました。
未熟な正客も一座の方々も緊張から解き放たれ、一気に席が楽しくなったように思います。



天命の釜「古狸」(認得斎銘)から湯が汲まれ、心を込めて練ってくださった濃茶を頂戴いたしました。
茶碗は如心斎好の嶋台、慶入造、濃茶は銘「延年の昔」(八女・星野園詰)です。
熱くまろやかな濃茶が喉をやさしく潤し、暁庵だけでなく順次頂戴した連客様の寿命を伸ばしてくださるように思われました。

私にとって垂涎のお道具ばかりでしたが、中でも作者・不見斎の指痕を感じる黒楽茶入「玄鶴」と、御家元からお祝いに頂戴したという茶杓・銘「天眼」が心に残っています。

素敵なお道具との、一つ一つのご縁を想像し、きっと長い歳月を掛けられたことと推察されました。
そして先生と巡り会ったお道具たちの声が一斉に聴こえたように思ったのです。
「S先生、無事に華甲を迎えられ、おめでとうございます。
 S先生と巡り会え、お祝いの席に使って頂いて喜んでいます。ヨカッタ!ヨカッタ!」
またいつかお道具たちとお目に掛かれますように・・・。





窓外に降る雪や、可憐に咲く寒牡丹にみとれ、見事な敷松葉の庭に感心しながら、あこがれの吉兆で会席料理を美味しく頂戴しました。
目に美しく上品で凝った料理を堪能しましたが、それらの器も凄かったです・・・。

不束な正客ながら、お優しいS先生のお助けのもと、素敵な御連客様のお蔭にて華甲をお祝いする一座建立ができました。
今となってはとても好い思い出となり、喜んでおります。ありがとうございました!


追伸)カメラの電池ギレで写真はFさんとMさんにご協力を仰ぎました。ありがとうございます! 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加