暁庵の茶事クロスロード

茶事が好きです。茶事の持つ無限の可能性に魅了されて楽しんでいます。2015年2月に京都から終の棲家の横浜へ戻りました。

柳と桜の茶事に招かれて・・・その2

2017年04月18日 | 茶会など
             
                      一の坂川の柳と桜・・・茶事の後で訪れた山口市にて

(つづき)
その日は春雨が降っていました。
タクシーで白壁の町並をゆっくり通ってもらい、11時頃にご亭主Oさん宅へ到着。
待合は広い応接室兼リビング、枝垂れ桜が咲いている広い庭に面しています。
既に数人がいらしていて、まもなく全員が揃いました。
相客の皆さまとは初対面ですが、ご挨拶するとすぐに親しくなり、一座建立の心意気が生じるのが茶の湯の凄いところだと思います。
次客は萩焼作家T氏、Oさんの亡きご主人とも親しくされていた方でした。
三客Kさま、四客Tさま、詰Fさまは地元のご友人です。

テーブルに「賓主互換」と書かれた茶扇がありました。
あとで伺うと、鵬雲斎大宗匠筆、ご亭主が今日庵へ修練へ行った折に頂いた、思い出多きお品でした。
「亭主は客のことを・・客は亭主のことを・・思いつつ、互いの心を通わせる」
これぞ茶事の真髄ともいうべき憧れの境地です・・・
糸巻の煙草盆に火入の灰形が美しく調えられいます。
火入(慶入作)の深みのある緑釉に魅せられ、阿古陀形が印象に残っています。

               
                      「柳井」の地名にちなむ井戸と柳・・・柳井市湘江庵

白湯を頂き、雨なので蹲踞を使わずに室内から席入しました。
茶室は八畳、庭に面して躙り口が設けられていて、凝った天井の作りに目を見張りました。
一間の床と一間の書院が並び、床柱は桜でしょうか。
 緑花紅」(淡々斎御筆)の軸が掛けられていました。
柳の字が中央に大きく書かれ、風になびいているようにも見え、
昨日訪れた「柳井」の地名にちなむ井戸と柳の姿が目に浮かんできます。
重厚な味わいの釣釜が掛けられ、初炭が今から楽しみです。

2年ぶりでしょうか、ご亭主のOさんがお出ましになり、懐かしく挨拶を交わしました。
その瞬間に見えない絆がしっかり結ばれたように感じ、茶事にて再会できた喜びを精一杯伝えました。

               
                          椿の散華・・・山口市・龍福寺にて

初炭になり、炭斗や灰器を運ぶ美しく確かな足運び、流れるような所作を一同息を詰めて見つめます。
鎖の小あげに続いて釣り釜があげられました。
内心、とても重いのでは?と心配していたのですが、流石ですね。
釜は遠山文筒釜、加藤忠三郎造です。
初掃きで炉縁に寄り、丹精された炉中、湿し灰が撒かれ、炭が置かれていく様子など、主客の一体感が高まっていくようで、初炭の大好きなシーンです。

香が焚かれ、香合が拝見に出されました。
それは笛、篠笛でしょうか。
仕覆に乗せて持ち帰りましたが、あとで伺ってほっと胸を撫で下ろしました。

笛香合は金と黒の縞模様になっていて陶製、惺入作でした。
亡きご主人が入手され、Oさんは初使いだそうです。
「桜の下の宴に笛の音色を楽しんでいただけたら・・・」とOさん。

萩焼作家T氏のお話では、亡きご主人もお茶をされていて、なかなかの数寄者で魯山人ばりの陶芸もされる方だったとか。
そのお話を伺って、Oさんを亡きご主人がやさしく見守り、茶事の後押ししているように思ったのですが、その後も随所で応援の声が聴こえてきたのでした・・・
香は坐雲(鳩居堂)です。


        柳と桜の茶事に招かれて・・・その3へつづく    その1へ戻る

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 柳と桜の茶事に招かれて・・... | トップ | 柳と桜の茶事に招かれて・・... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。