北の心の開拓記  [小松正明ブログ]

 日々の暮らしの中には、きらりと輝く希望の物語があるはず。生涯学習的生き方の実践のつもりです。

暑い夏を乗り切るには

2017-07-13 23:35:03 | Weblog

 

 札幌にしてはさすがに暑い日が続きます。

 職場の冷蔵庫に入っていたアイスキャンデーを見つけて、「これ幸い」とかぶりつきましたが、食べるより先に溶け始めて、甘い汁が書類の上にポタリ。

「わー、まずい!」

 扇風機の風は温風になり、キャンデーを溶かす効果抜群でした。いやはや。


        ◆  


 晴れの日が続いているので今週は自転車通勤の毎日。一見風を受けながら疾走するのは涼しそうに思えますが、走っている最中でも信号で止まるときなどは日陰を探したくなるほどのジリジリした暑さです。

 そして目的地に到着した後には、体中から汗がどっと噴き出してきます。

 夕方帰って来る時もまだ気温が下がりきらず、家に着いたらリュックを背負う背中を中心に汗まみれ。夕食を食べる前にまずシャワーを浴びずにはいられません。

 それでもさすがは札幌です。夜になると気温も22~23℃くらいには下がるので、窓を開けていれば涼しい風が入ってきて、夜寝るときには窓を開けてはいられません。

 いくら日中は暑くても、夜はしっかりと寝られるのが東京と違うところで、体力も温存できています。

 まだ七月半ばでこの暑さというのはさすがに異常ですが、いよいよ本格的な夏の到来はすぐそこ。

 美味しい蕎麦粉を仕入れて、うまい蕎麦と、渓流の釣りで暑い夏を乗り切りましょうか。

 早く夏休み前の、大人の宿題をかたづけてしまわねば。

 来週からは道内各所への出張が続きます。
 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「嵐」が来ると吹っ飛びそう | トップ | 応接室へどうぞ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。