北の心の開拓記  [小松正明ブログ]

 日々の暮らしの中には、きらりと輝く希望の物語があるはず。そんな話で日常に明るさを今は最北のマチ稚内からお届け中です。

道路の傷みの分かる人になってほしいなあ

2016-07-25 22:53:49 | Weblog

 わが舗装協会の会員企業は全道各地にいるのですが、地域ごとに集まって札幌からの情報提供と地域における現状の情報共有・意見交換をする「地区懇談会」が始まりました。
 今年は全道四カ所で開催しますが今日はその初日を旭川で開催。

 札幌を中心にして収集した情報を提供して、逆に現場で仕事をしている各企業からの現場の意見をもらうことはお互いに今後の参考になることでしょう。


 先日東京へ行って中央要望をしてきたということも情報提供しました。

 その資料の中に、道路の維持管理がおろそかになると道路はどんな状態になるのか、という劣化状況の写真資料をつけていました。

 今日の懇談会の中で、「この資料にあるような視点を多くの人に持ってもらいたいですね。このままだと、道路というのはこんな風に傷んでいるのが当たり前だ、と思うような人が増えてしまうのではないでしょうか」という意見がありました。


 道路は夏の暑さでアスファルトが柔らかくなるものです。そんなときに重たい車が何台も走ると柔らかくなったアスファルトが沈んでしまいます。これが「わだち掘れ」。
 自転車に乗る人に言わせると、雨の時はこの窪みに水がたまり、さらにそこに尖った石などが流れ込んでくると、走った時にその石のせいでパンクすることがあるそうです。また自動車の運転時もハンドルを取られることに繋がります。


  【わだち掘れ】


 次は「パッチング」。これは修理の仕方なのですが、わだち掘れのように低くなったところにアスファルトを敷き詰めること。部分補修なので、その前後でがたつきを生じます。道路にツギを当てるようなものですが、それでは走っているときのガタガタが収まりませんね。


  【パッチング】


 次が「亀甲クラック」。これはアスファルトの下に砕石を敷き詰めて締め固めたはずの路盤部分も傷んだ時に生じる症状です。こうなるともうアスファルト部分だけを直しても同じところがすぐに傷んできます。こうなるまえの早めの修繕が必要なのです。


   【亀甲クラック】


 さらにアスファルトの下の路盤に水がしみて道路の下の支えが失われるとポッカリと道路に穴が空きます。これが「ポットホール」。こうなったところに自動車のタイヤがはまるとパンクしたりしますし、自転車だったらさらに危険なことになるでしょう。これも穴をふさぐだけではまた穴が空きかねません。


  【ポットホール】

 

 
 道路に並行に同じような感覚でひび割れ(クラック)を生じることがあります。これが「温度応力クラック」と呼ばれる損傷です。これは冬に道路が冷えることでアスファルトが収縮して割れてしまう症状で、北海道の冬の寒さゆえの道路の傷み。
 割れたところを放っておくとそこに草が生えたりもします。北海道の道路は暑くもなれば寒くもなる環境で痛みやすいという厳しい気象条件なのです。


  【応力横断クラック】


 最後はひび割れや縁石との隙間に雑草が生える「雑草侵入」。舗装の痛みとはまた毛色が違いますが、隙間を放っておくとどんどん植物が侵入してさらに痛みが増します。


  【雑草侵入】 

 

        ◆  

 

 こんな道路の症状を見かけたらそれは道路が傷んでいる証拠です。本当はすぐにでも修繕をしてあげたいのですが、残念ながら予算がそれには足りないのが現状。

 しかし修理が必要な個所は黙っていても治ることはありません。どんどん積み残しがたまってゆくと、このままでは北海道はどこを走ってもガタガタ道ということになりかねないと、関係者は皆心配をしています。

 作ったものをちゃんと管理する。壊れたら修繕する。そういうことがちゃんとできる社会であってほしいものです。

 北海道を走っていて「道路がひどいなあ」という思うことはありませんか?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自作のサイクルスタンドを作ってみました

2016-07-24 22:47:19 | Weblog

 自転車通勤を始めて一か月。

 自転車を盗まれると困るので家では玄関の中に自転車を入れていたのですが、これが妻にすこぶる評判が悪い。

「自転車があると玄関狭いのよねー…」とずっと引け目とプレッシャーを感じておりました。

 これはなんとかしてサイクルスタンドを手に入れて自転車を壁などにつるすような工夫をしなくてはなりません。

 市販のサイクルスタンドだと、ミノウラという会社のものがよくできているのですがお値段もよろしいようで。

 ネットで「サイクルスタンド」「自作」などと検索するといろいろなアイディアを持って作られた様々な作品が出てくるので、これを眺めて参考にしながら、得意のDIYの腕を振るって自作をしてみることにしました。

 サイクルスタンドとはつまり自転車をスペースに余裕があれば床においてもよいのですが、まず最初の条件としてそれは無理。壁に沿って高いところに引っ掛けるようにして、空中をうまく使うことにします。

 次に設置する場所は車庫の中を想定。車庫の中で車の邪魔にならないように置きたいのですが、車庫は鉄筋コンクリートでできているので簡単に壁に穴をあけるわけには行きません。なにか考えましょう。

 そしてイメージのもう一つのヒントは先日ボランティア参加した「ニセコクラシックロードレース」の会場での木製スタンド。タイヤを固定するのではなくサドルの部分をひっかけるタイプのスタンドで、最近では道の駅などの施設でもこの手のスタンドをよく見かけます。


【ニセコで見かけたサイクルスタンド。木製の単純な仕様です』

 これらのヒントでサイクルスタンドを作ってみることにします。


          ◆ 


 いろいろあるネット上の情報から、今回は突っ張り棒に引っ掛けるようにして作ろうとプランを立てました。

 DIYではいつもお世話になるホームセンターの"スーパービバホーム"へ行ってまずは突っ張り棒(2,100mm~3,900mm)を購入。本体は約3,700円ですが、これに天井の突っ張り先端部分をより面積の大きいもの(1,029円)を買い足して突っ張り棒はOK。

 店内をいろいろと物色していると、この突っ張り棒の太さとイレクターが同じような太さに見えたので、イレクターのパーツが使えるかどうかをお店の方に確認。

 すると両方の直径を図って、「あー、残念ですが、イレクターが28mmでこの突っ張り棒は29mmでほんの少しですが直径が違いますねえ」とのこと。

 それでもいろいろと眺めているうちになんとか使えそうな気がしたので、イレクターから直角に張り出す部材を固定するパーツと300mmのイレクター一本を購入。

 基本はこれで良いのですがこれらを補強するパーツを一応念のために購入して、総額6千円ほどの買い物です。

 
          ◆   

 いよいよ車庫の中で設置です。天井高3080mmのところに突っ張り棒を壁ぎりぎりに据えて本体を回すことで突っ張り度合いが高まってがっちりと動かなくなります。

 これにイレクターの横棒300mmの部材を取り付けて、これは六角レンチでボルト締。微妙に直径が合わないのですがなんとかなりました。そしてただこれだけで壁近くから横に引っ掛ける棒ができてサイクルスタンドの完成です。

 自転車を持ってきてサドルを引っ掛けると、おお、思いのほかうまく固定されています。

 車を車庫に入れてもドアなどにも引っかかりません。これだけでも大丈夫そうですが、今後は少しだけ補強のための処理をするつもりでいます。

 自転車愛好家の中には飾られた自転車を見るのも趣味のうちという人もいるようですが私はそこまではいきません。まあまずは玄関で邪魔にされていたことの解消にはなったので良しとしましょう。

 自転車を持っている皆さん、自転車はどうやって保管していますか?

 案外置くところに困っていませんか?サイクルスタンド、お薦めです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

役に立つ男になれ

2016-07-23 22:58:16 | Weblog

 東京で暮らしている娘が、友達の結婚式に出席するために帰札。良い機会だということで家の敷地でバーベキューをして楽しみました。

 夜も更けてくると暗くなってきましたが、家の壁についている防犯灯が点灯すれば明るいだろうと予想していました。ところが座っている場所がセンサーが感知する範囲から少しだけ遠くて、一定時間が経つと自動的に消えてしまいます。

 ちょうどそろそろ孫が食べるのにも飽きて周りで自転車を乗り回してチョロチョロし始めていたので、「おい、ユースケ、その明かりのそばまで行って明かりをつけてくれ」とミッションを与えました。

 すると孫は嬉しそうにして、電気が消えるたびに喜々としてセンサー近くを自転車で通って明かりを灯します。

 周りの大人たちからは「助かるなあ、役に立つ男だぞ!」と持ち上げる声が多く上がります。

「『私に任せていただければ社会を明るく致します』ってか? 社会を明るくする役に立つ男なら…よし、次の選挙に出てもらうかな(笑)」

 孫には過分な期待はしないけれど、世の人の役に立つ男にはなって欲しいものです。 
 心がけ一つで未来を切り開け。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ポケモンGOは良いけれど、失うものも多そうとちょっと心配

2016-07-22 23:45:45 | Weblog

 

 ポケモンGOが日本でも配信開始になったそうで、テレビのニュースではその話題で持ちきりです。

 スマホを使ってまずはポケストップという場所でポケモンを捕まえるモンスターボールをゲット。

 無料でもゲットできるのですが、課金をすることでいろいろなアイテムが手っ取り早く入手することも可能。「欲しい」というファンが多くいるということはなんでもビジネスになるんですね。

 捕まえたモンスターを進化させたり、卵をかえしたりトレーナーとしてモンスターのレベルを上げるということが基本的な育成ゲームですが、他のプレイヤーとチームを組んでバトルをすることも可能。

 ポケモンを探すことが宝探しのようなワクワク感があったり、仲間と情報交換をして楽しむことで配信された地域では大人気を博しているようです。

 これってマクドナルドが素早くコラボすることを発表。マクドナルドのお店委がポケモンを鍛えるジムになったりモンスターボールをゲットできるポケストップになるんだとか。

 つまりはレアなポケモンの出現やアイテム供給との連携で、使いようによっては人の流れを変えることができたり、それを頼りにするビジネスの種にもなるわけで、結構すごいビジネスベースが登場したってことでもあります。

 これを使えば過疎地の観光地に人が流れたりするのでしょうか。ビジネスとして誘導はできるかもしれないけれど、やっぱり本来の土地柄を生かすという趣旨とは異なりますよね。

 
 それにこれだけ社会現象になると、弊害も報道されるようになってきていて、歩きスマホでの事故やウィルスや詐欺などの犯罪への口も開いていることでしょう。

 幸い自分はこういうことにもう興味を持たずに済む歳になっているので助かりました。しかし、多くの若者は熱くなって熱狂し時間やお金を費やしたりするのでしょうか。

「ネットの安全なリテラシーを学んだほうがいいよ。人生の時間は有限だよ。本を読んだほうがいいよ」などと言ったところで年寄りの戯言としか聞かれないかもしれませんが、危なさと勿体なさを感じずにはいられません。

 
        ◆   

 
 知人に高校生になった息子にスマホを持たせているという人がいて、その使われ方が心配でたまらないようす。

「勉強の時は電源を切れ、と言っているんだけれど、LINEをオンにしているとすぐに友達から連絡が来て気が散っているように見えるんです」と悩ましげ。

「おまけに、電源を切れというと、『そんなに俺が信用できないのか』とふてくされたりする。どうしたもんでしょう」

 そういわれたときは、「私が親としてお前を信用するかどうかじゃなくて、お前が私に信用させるような行動をすべきなんだ」と言ってはどうでしょう。

 こちらに玉を持たされてどうこたえるか悩むよりも、「どうやったらお前は親に信用してもらえると思うんだ?」と相手に玉を投げかけましょう。そして不十分だったら「そんなんじゃだめだ」と言い続けられるので良い手じゃないでしょうか。

 通信技術を使ったゲームや情報機器が身近になるほど、子供との関係や家庭内をうまくまとめることが大変になりそうですね。

 
 「人間の本質として大切なことは何か」という人間学を身に着けてからでないと情報機器は持たせない、というくらいの規制が必要に思うのは私だけでしょうかねえ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京での要望活動をしてきました。東京は蒸しますなあ

2016-07-21 23:58:46 | Weblog

 雨降る東京で補正予算などの要望活動を行ってきました。

 元々は、北海道建設業協会とわが北海道舗装事業協会外関係二団体で中央要望に行こうと計画していたのですが、急きょ北海道の高橋はるみ知事が上京し道経連や道商連などと緊急中央要請を行うにあたり、合同で行うこととなり大集団での要望活動となりました。

 朝一番で自民党北海道選出議員さんたちの朝会に出席し、まずは高橋知事、高橋道経連会長、岩田北海道建設業協会会長などから要望の趣旨を説明。

 その後に、舗装三団体として独自の要望書を用意して、道路の維持管理費が減少している現状を伝えたうえで、平成29年度当初予算における道路関係事業費の確保や平成28年度補正予算を使途を限定せずに編成すること、併せて道路建設業者の経営の安定化などについて要望を伝えました。

 補正予算は現在もまだ議論や調整が進んでいる最中ですが、議論の行く末に注目していきたいと思います。


        ◆   


 今日の東京は朝から午後までずっと小雨の降る天気で、気温こそ26℃くらいと涼しかったはずなのですが、湿度が高く少し動くと全身が汗まみれになりどうにも不快な一日でした。

 東京での必須アイテムは「扇子」です。エアコンがかかっていても風が弱くては一向に汗が引かないのですが、扇子でパタパタと仰ぐととりあえずは体を冷やすことができます。

 どこへ行ってもとにかくすぐに汗の出る東京でしたが、飛行機で新千歳空港に降り立った途端に外の空気全体がエアコンのようで生き返る思いでした。

 東京では一緒に行った人たちと「どうしてみんな東京なんかで苦しい天気の中で物価も高く何もかも遠いような環境で過ごしているんでしょうね」という会話をしていました。

 できれば仕事をもって地方で暮らしてみてはいかがでしょうか。北海道暮らしも試してみてほしいなあ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エネルギーもほとんどが生体維持のために使われる

2016-07-20 23:46:39 | Weblog

 夕方から久しぶりの東京出張。考えてみれば半年ぶりかな。

 今日の東京はうだるほどの暑さもなく東京にしては涼しかったようですが、札幌から行った身にはこのどよんとした空気は不快そのものでした。

 東京に住む娘と連絡を取り合って、新宿でちょっと一杯。娘の最近のマイブームはビールだそうで、それに対して私はビールを飲むとお腹の調子が悪くなるので梅酒のソーダ割を注文。

「どうみてもお父さんにビールを出して私に梅酒だよね」と笑う娘。まあこういう親子もあるでしょう。


       ◆ 

 明日は霞が関や北海道選出の国会議員さんたちに対して、補正予算に関する緊急の要望をするために上京してきました。
 
 総額十兆円などと威勢の良い言葉が新聞紙上を賑わせていますが、総額は総額としてどういうテーマで何に使うような補正予算になるのか、ということが具体的な関心事。

 さらに言えば、地域で遅れているインフラストックの老朽化対策や、未来の日本への投資として新しい道路ネットワークなどへの建設費用が認めらるのでしょうか。

 新幹線開業の前倒しなども、未来への投資としてはキャッチーな話題ですが、見出しになるような話題性のある分野だけでは困ります。

 それも良いけど現実には地方で進む施設の老朽化対策こそ待ったなしで、今年やらなければそれは来年に積み残されて、積み残しは増える一方。気が付いた時には手遅れなんてことにならないように願いたいところです。

 そもそも作ったものを維持管理するというのは資産を持つ者の務めのはず。わが体だって、日々食べ物を食べるのは、新しい筋肉や運動能力を得るためだけではなくて、今の体と健康を維持するためにかなりの割合が使われています。

 成人男性が一日に必要とするカロリー数は2000kcalと言われますが、私でも生体を維持するために1500kcalを必要とします。それが現状を維持するのに必要な栄養の割合。

 現状を維持することは、携わっていない人にはあまり感じられませんが、実際は大変な動的平衡の結果です。

 汚れれば拭く、埃がたまれば取り除く、壊れれば修繕する…。そういう崩れてゆこうとする力に対して元通りにしようという力を与えて、ようやく者は変わらない形に見えるということです。

 さて、明日の陳情では誰に会えるでしょうか。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

道の駅で無料のWi-Fiが使えるようになっているらしい

2016-07-19 22:58:53 | Weblog

 開発局の道路技術者の方の話をしていて、話題が道の駅のことになりました。

「そういえば道の駅と言えば小松さんがなんといってもお詳しいと思っていますが…」「いやいやー、そんなことあるよ」
「なんすかそれ。えー、とにかくですね、最近道の駅で無線のWiーFiが設置されているという話をご存知でしたか?」

「えー?知らないなあ、ショックだ」「やっぱり。小松さんでも知らないとなると、ほかの方は…だめだ、スマホ持っている方じゃないと話題についていけませんよね(笑)」


 最近の道の駅は、単なるトイレ休憩と地域の産物の物販施設というよりは、観光振興のための基地としての役割が期待されるようになりました。

 もちろん従来の休憩機能の延長として防災拠点施設としての役割にも注目が集まっています。いずれにしても多機能な施設としてますます役割が重要になっています。

 そして観光振興という観点では、特に海外からのインバウンド観光客は撮影した写真をすぐにでもネットにアップして故郷の友人知人たちに情報を知らせることがあたりまえ。

 それはタダで観光宣伝をしてくれているようなものなのでとてもありがたいのですが、自国外でのネット利用料金はまともに契約するととても高くつくために、それが海外客の不満の一つなのでした。

 公共のWi-Fiはそういう意味で、通信料を公共が負担することで観光振興につなげられる良いサービスです。国交省ではそこに注目をして道の駅を積極的に観光情報発信基地として活用する方向に舵を切ったようです。

「それって公共だからパスワードもないちょっと危険なネット環境じゃないの?」と訊くと、「いえいえ、利用に一定の制限はありますが、パスワードがあって安全に努めています。今度道の駅を使うことがあったらぜひ使ってみてください」

 
 この週末に道の駅はいくつか利用しましたが、一向に気が付きませんでした。ポスターなんかちゃんと貼ってあるんでしょうか。

 全道的にみるともう整備されているところと、整備が来年になるところがあるようですが、それはネットでご確認ください。

 今度の移動の時は使ってみようっと。


【道の駅SPOT整備状況】
 http://www.hkd.mlit.go.jp/zigyoka/z_doro/station/michinoekispot/index.html#

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

豊富温泉に川島旅館がリニューアルオープン~心の宿になるといいね

2016-07-18 22:33:16 | Weblog

 今回の道北旅行の最後の目的は、豊富温泉で友人夫婦が経営する旅館のお披露目パーティに参加することでした。

 豊富温泉と言えば、かつては稚内の奥座敷の温泉旅館街でした。しかし今では世界でも珍しいアトピー性皮膚炎に効果がある"油"成分の石油の香りがする泉質の湯治温泉として知られるようになりました。

 そんな温泉街に、かつては古い老舗の温泉旅館として多くの客を迎えた川島旅館。しかしいつかアットホームは良いけれど、今日の宿泊客のニーズにはなかなか応えきれない現状も目立ち始めていました。

 それをここの三代目の若夫婦がリニューアルして、いよいよ完成したのが露店風呂付温泉旅館としての新生「川島旅館」です。

 日曜日は地元の人たちやプランニング、建設などに携わった関係者、さらには友人・知人なども交えたオープニングパーティが開催され、私ら夫婦は宿泊客としてお宿に泊めていただきました。

 新しい湯治ニーズや宿泊トレンドなどを考えて、一人用の個室を増やしたほか、露天風呂を新設。

 アトピーを患う皆さんは、水道水ですら体に良くないですし、食の面でもタンパク質系は注意が必要。そんなきめ細かいニーズを施設で受け止めたり、ご主人である板長が素材を厳選したヘルシー料理でもてなしてくれる温泉旅館に変わりました。

 建物は現代建築っぽくなって、玄関すぐの吹き抜け空間は宿泊客の集いのスペース。階段下はなんと子供たちのお遊び冒険空間になっていたりして遊び心も満点。

 またかつての旅館で使われたレトロな部材が姿かたちを変えて建物の中にちりばめられていて宝探しのような感覚もありますよ。

        ◆   

 さて、そんじょそこらの温泉とは全く違う泉質の豊富温泉ですが、初日の我々が入ってみると熱くて熱くて昭和の我慢おやじになりそうな感じ。
 
 後から聞いたら、「すみません。水道で埋めると肌に悪いのでボイラーで温度調整をするんですがまだ微調整がしきれなくて。横にある温度の低い源泉槽の水で埋めてもらえばよかったんですが」とのこと。
 
 まあ友人は良くも悪くも実験台であり、改善のための初期不良除去役です(笑)。

 この日は古くからの友人が集まってきたり、名前だけ聞いていても会うのが初めてという方も大勢いて、ここを核にしてまた新たな人間関係が広がりました。

 新しい知人の一人は、「実は目の前の川ももう少し上流へ行けば20センチくらいのヤマベがずいぶん釣れるんですよ」という耳寄り情報を教えてくれました。

 何度もその横を車で走らせていながらとうとう竿を入れないまま離れてしまった稚内。そういう情報を待っていました。

 道北の新たな拠点がまた一つ。どうぞ一度お越しになってみてください。


 稚内北星学園大学全面協力による
【川島温泉スペシャルムービーあります】
 http://kawashimaryokan.co.jp/special-movie
 
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

道北釣行二日目~ホームグランドは徳志別川

2016-07-17 22:15:15 | Weblog

 道北の釣行二日目。日曜日は私にとってヤマベ釣りのホームグラウンドである枝幸町歌登の徳志別川へとやってきました。

 稚内にいたときは、稚内に近いところでのポイントで釣りを楽しんでいたのですが、今日は美深川から入ったので、これまでにないほど上流域へと上がってみました。

 川沿いの道を走ってみると、入渓ポイントと思しき場所には必ず車が止まっていて先行者がおりなかなか入ることができません。

 ようやくある場所で先行していた餌釣りの一行が車周りでたむろしているところに遭遇。「これからですか?」「いや、上がるところ」「そうですか、じゃあ後にやらせてもらっていいですか?」「どうぞどうぞ」

 助かったー。程よいところで入渓ができます。

「釣れました?」「いやあ、いない」「またまたー」「嘘でない。見るかい?」

 そういって腰に下げたバックから取り出した袋には十数センチほどのヤマベが20匹くらいでしょうか。

「釣れても大きいのがいないよ」「そうですか、でも頑張ってみます」「お宅らは餌釣りじゃないの?」「いえ、フライです」「そうかい、今もマーカーにはビシビシ来てたからフライには来ると思うよ」

 餌釣りとフライの差こそあれ、まあ同じ釣り人同士の心のふれあいです。


    ◆    

 
 川へ降り立ってアント(蟻)のフライを投げ入れると、確かにビシビシ魚信が返ってきます。川底からフライめがけてロケットのように飛び上がるちびヤマベ。

 体は数センチと小さい魚が多いのですが、狙いが外れて水の上でもんどりうってまた川の中へ帰ってゆく様子は実にかわいいものです。

 数だけだったら私のほうが釣っているのですが、こと大物になるとどうも妻のほうに軍配が上がります。

(この辺には大きいのがいそうだな)と思ったところを取っておいて妻に「そこへ入れてみたらいいよ」と言うと、数回振ったところでみごとに20センチを超えるヤマベをヒット。やっぱり今日も竿頭は妻でした。

 釣りの最後にはイワナも出てきて楽しい時間を〆てくれました。

 いつでも優しく迎えてくれる徳志別川。本当にいい川です。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

道北釣行初日~岩尾内ダムの天塩川

2016-07-16 23:45:45 | Weblog

 

 この連休、日曜の夜に豊富温泉までいくことになったので、ぷらぷらと道北地域で釣りをしながら北上することにしました。

 土曜日は、旭川市の北にある士別市の岩尾内ダムへ向かいました。高速道路で愛別ICまで向かいそこからは道道を北上です。

 岩尾内ダムによる淡水で岩尾内湖ができています。ここへは何本も川が流れ込んでいて、どの川も良い釣りができると評判です。

 今日はここに流れ込む天塩川の本流に入っての釣り。天塩川は下流へ行くと川幅の広い大河ですが、ダムの上流ともなると川筋は川幅10メートルほどのほどよい川になっています。

 なかなか魚信もないままにポイントを探りながら上流へと向かうと、瀬から淵に向かって流れ込みのある溜まりがありました。

 いかにも魚のいそうな雰囲気が漂っていて、フライを放り込んでみると案の定ピシッと反応がありました。

 何度かフライを入れてみる中で、20センチあまりのイワナをゲット。いい感じです。

 
 自分は何匹化釣れたので、まだ釣れていない妻を呼んで「この辺りにいるからその木の根元辺りに入れてみたら」とポイントを譲ってあげました。

 妻がやってきて何度かトライしていると、ガツンと強い引きが。

「きた!」 結構暴れる魚を引き寄せてランディングに成功。なんと30のニジマス。このあたりのニジマスは放流したものではなくて天然で増えているものなので貴重です。

 結局この日の竿頭は妻のニジマスでしたが、私もイワナに遊んでもらえて満足の釣りでした。

 岩尾内ダムの湖畔にはキャンプ場もあって人気だそう。ダムの下流も大物のニジマスがいるそうです。夏休みに何日か過ごして川ごとに攻めるなんて楽しいでしょうね。

      ◆ 


 この日は美深の道の駅で車中泊に及んだのですが、隣にいた千葉から来たというキャンピングカーのおじさんとお話ができました。

「北海道は数年ぶりだけど今回は七月初めから八月末まで二か月くらいいます」というそのおじさん。やはり釣りをしながら旅をするのが楽しいと言います。

「北海道は川で釣りをするのがタダなんですよね。うれしいですよね」と改めて北海道での釣りを絶賛していました。

 北海道に住んでいて釣りをしないなんてもったいないんですよ。今日はよい釣りでした。
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加