明るい乳がん生活(の、予定)

〜〜2006年11月告知、12月手術、明るい生活を送っていこうと決めました!愛猫うーちゃんと頑張る!〜〜

胸のことをいろいろと考えてみる。

2016-05-22 13:27:26 | 退院10年目の雑感
いまだ、再建について悩んでいるKeikoです。

正直、しなくてもいいっちゅやあ、いいんですよね。
何故するかというと、一番は相方のたっての希望のため。
そうして、次に邪魔くさいから。
朝いちいち、偽胸をおいしょっと入れるのが邪魔くさいんですよね。

何よりも、私の判断基準というのが、最初の手術でも近かったから、なんですよね。
だから、再建手術も近いに越したことはない。

で、最近、想像してみるんです。
右胸に、インプラントが入っている感覚って、左胸とどれほど違うだろうかと。
10年近くたつと、自分で偽胸が入っている右胸を触っても自分のもの的な感覚がないでもない。

ただ、それでなくても、偽胸は長く使っていると縫い合わせしてある部分からシリコンが出てくるので
インプラントもそうなる可能性がないとは言えない。いや、きっと絶対ある。
そうなった時に、どれほどの面倒事が待っているんだろう?

そう、私の基準は、やはり邪魔くさいかどうか、なんだろうなぁ、と思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

茅乃舎のだし

2016-05-15 12:26:29 | 退院10年目の雑感
以前、リボンウォークでおまけでいただいた茅乃舎のだしにハマってます。
京都では大丸百貨店で買えるんですが、なかなかそこまで行ける状態ではないので
ネットで買ってます。

このだしが、おいしい上に手軽で便利。
超おすすめですよ。

顆粒のだしより、ちょっとお高めにはなりますが、
何より味わいが奥深いんですよねぇ。

新々主治医のブログを読んだら、私であろう患者の話が。(笑)
その内容は、いろいろと突っ込みどころ満載ではありますが、
まぁ、主治医にとって私は興味深い患者であることは間違いないようです。
次回お会いしたときには、しっかり突っ込んできたいと思ってます。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

旅立ったチーですが。

2016-05-08 10:06:29 | うちにゃん
お家で点滴をしてやったり、まぁ、あまり悔いの残らない看護ではあったかなと思います。
15年ずっと一緒に暮らしてきて、相方が呼べば夜は枕もとでちょこん(実は10キロあったのでドカンと)と寝ていました。
もういないのが夢のようです。

相方が、寂しさを忘れるためか、すぐにも荼毘にふすというので、翌日には火葬して今は骨壺になっちゃいました。

点滴をずっと打ってやっていたせいか、毛並みがすごく良くて、亡くなったことも信じられないほど重くて
(大抵のねこちゃんは食べられなくて軽くなっちゃいますよね?)4.6キロあったので、本当は揺り起こしたらまだ目を開けるんじゃないかと思ったほどです。

でもねー、もっといい方法があったかも、とも思ったりするんです。
もっと、何かしてやれることがあったかも、って。
やっぱ、悔いは残っちゃってるのかな。

このブログを始めた時、多くいたにゃんこもとうとう3匹になりました。
看取っていくことが仕事、と思って乳がん生活を出発しましたが、にゃんこたちに癒してもらうことのほうが多かったかも。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ゴールデンなウィークに突入。

2016-05-01 16:40:43 | 退院10年目の雑感
あっという間に5月になってしまってます。
ゴールデンウィークの到来ですよ。

京都は、鉄道博物館が鳴り物入りでオープンして、きっとわんさか人が押し寄せているんでしょうね。
こちらは、まぁ、いつも通りの仕事量です。

でも、このブログを始めた頃は10匹ほどいた猫たちが今では4匹。
現在、10キロあった巨大ねこチーちゃんが、闘病中です。
腎臓がまるっきりアウトで、毎日点滴に通わなくてはならないんですが、
お外大きっらい猫なので、連れて行くたびに声を絞り出して抵抗します。
体重も4.6キロに激減。
脱水症状が半端ないのです。
なので、先生に指導してもらって皮下注射で私が点滴することにしました。
滅菌してあるので、雑菌が入らないように細心の注意を払っての点滴。

きっと自分が病気にならなかったら、してなかったんじゃないかと思う。
ある意味、病気が、いろんなことをする勇気をくれたと思ってます。
しばらくは、チーちゃんと共に頑張るんです、私も。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

形成外科に行ってきました。

2016-04-24 23:50:00 | 再建への道のり2016
バタバタとしながら行ってきました、形成外科。
二回目の受診でしたが
「どうですか、再建したい決心は変わりないですか」
んんっ?
このゆるぎない決心を、変わるとでも思っていたの?んっ?

それで、現在の主治医が二転三転しての、今の現状を話してみた。
ただ、その主治医はインプラントのみで、私としては悩んでいることも。
自家再建するにしてもエキスパンダーを入れた方がいいと主治医から提案されたけどそうなの?
「それは、その方がいいとも言える」
んんっ?
何か、前回お会いした時のイメージと違うなぁ。
先生、転勤はどうなった?
「それは微妙なんだよね・・・」
私の方が微妙だわっ!!

どうも自家再建するとなると十数時間かかるし、そのためにマンパワーをどうするかの問題点もあるし、決定してから半年ぐらいの準備期間が必要、とのこと。
まぁ、それは新々主治医もかなり言ってて「タイムイズマネーだよ」と言われたわ。(笑)

「今さら急ぐこともないし、じっくり考えたら」
だって、先生に手術してもらいたいと思ってたんだよ?
んんっ?何かイメージが・・・。 

まぁ、迷ってしまっている私の気持ちも伝わっちゃったんだな。
新々主治医はその後もメールをくれて、金額のことも患者さんに寄り添って出来るだけ負担を減らすように努力するよと言ってきてくれてたしね。ま、自分で『こういうことまで考える僕ってすごくいい医者でしょ(笑)』みたいなよけいな一言もあったんだけどさ。(笑)

いずれにしても、今すぐに入院ということも出来ない状況(人手がまた減って仕事が増えちゃった)なので、もうしばらく考えてみようかと思ってます。
何より、熱望している相方の希望もよくよく聞いてみて、あとは私が人工物(インプラント)を入れる覚悟とそれと付き合う覚悟が出来るかどうかかなと思ってます。

形成外科で聞いたら、やはり人工物なので10年持つかどうか、のようなの。
ということは、またその時に手術を受けないとダメなことになるし、そのリスクを今度は主治医とよく話し合ってこよう(三か月後だけど)と思ったのでした。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

九州のみなさんにお見舞い申し上げます

2016-04-17 09:32:06 | 退院10年目の雑感
まさかの、連日の、ビックリな報道。
九州の方たちこそが、本当に信じられない思いだと思います。
最初の報道の時、「明かりもついてます、停電してません、大丈夫なようです」と映し出された映像にアナウンスが入って、震度7なのにそんなことがあるんだーと軽い気持ちでした。
それが、どんどん変わっていって、とんでもないことに。

九州にいるお友達とはツイッターなんかでタイムリーにお話ししたので安心していたのもつかの間。
そういえばこちらでの震災の時も、すっごく揺れたけどこんなものかなと思ってその日に働いていたのですが、テレビで長田がとんでもないことになっていると刻一刻報告されていったことは、信じられなくて、信じたくなくて、今でもその映像を思い出すと涙が出てきます。
東北の津波の時もそうでした。いまだに涙が出てきます。

ましてや、今現在、体験しておられる九州の方の悲しみ、不安、恐れを思うと、察するどころではありません。
きっと、何か力になれると信じて、寄り添えていけたらなぁと思います。





私の方と言えば、取りあえずは仕事をしつつ、再建のめどを何とか見出せたらなと思ってます。
20日に日赤の先生との対峙なので、新々主治医に(質問があったら三か月後の診察だけじゃなくて病院に来てもいいし、僕のホームページからメールしてくれてもいいと言われていたので)気になることをメールしてみました。
日赤の先生にしていただくにしても、新々主治医にしていただくにしても、疑問を持ったままではダメだなと思って。

でも、なんと、先生のブログを後から見たら、学会で九州に行っておられたの!
福岡だから無事に帰ってきてるだろうなとは思ったけど、ちょっと観光、なんてしていたら・・・そういうこともありうるかも・・・と心配してました。
でも、今日メールチェックしてたらちゃんと返事が返っていたので安心。

脂肪注入(もちろん保険外で自費)の話を聞いたんだけど、一回30-40万だって!!
しかも、生着率を高めるなら(脂肪なので流れてなくなってしまう危険あり)小分けして入れた方がいいらしい。
一体、何回入れるのっ?!しかもおいくらになっちゃうのっ?!

そう思った次第ですが、先生からのメールで
「人生は中道が大切、ぼちぼちが肝要です。脂肪注入も後から考えてみては」と言われました。
早急に何もかも一気に、と焦ってたかも。(笑)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

またまた急展開。

2016-04-10 10:11:30 | 再建への道のり2016
先日、ボトックス治療に行ってきました。
なんと、その先生は京都の果てに異動になったとかで・・・

悲しいことにその病院で治療してもらうのはこれが最後。

でも、他の先生に打ってもらうのもなんだし(笑)
結構親身になってくれた先生が、治療続行したそうだったし
「ボクは水曜日は必ず京大病院にいるから」という言葉に食いついて
「じゃ、何かあったら水曜日に京大病院に行きます!」と約束しました。
医学生で今回が8回生らしいので、若手中の若手だったんだな。

「少し多めに打てるよ」の言葉にも食いついて
「お願いしまーす」ってやってもらったら
翌日からとんでもないことに。
眼が腫れぼったくて、いうことをききません。
仕事で忙しいこともあいあまって、疲れがさらにドドッと来てる感じ。

ここ数日でだんだん落ち着いてきた感じ。
もうしばらく、目の方は様子見です。



そうして、この間の金曜日が診察日だったんです。乳がんの。
なななななななな〜んと、予約受付のお姉さんが書類を打ち出しながら
「申し訳ないですけど、また先生が変わりました」
えーっ、また違う先生?
まぁ、前回のやる気ナッシングの先生を適当にあしらおうと思っていた矢先なので
微妙ではありましたが、お会いしました。

なんと、今回の先生は、油がまさに今乗ってるって感じの熱血漢。
お会いした途端に、手ぐすねを引くかのように
「何か聞きたいことはありますか」とまず言われ
戸惑う私に
「僕からはお話しすることがたくさんあります」と言われた。

更に戸惑う私に
・自分は形成外科医と乳腺外科医のダブルライセンスを持っていること
・前回、日赤に行かれたようだが、インプラントなら僕が手術できること
・タイムイズマネーなので、強要はできないけど、インプラントはいいよー
な〜んてことを、マシンガントークで語ってくださいました。
術例を見せるってUSBをパソコンに挿されたんだけど調子が悪くて読み込まなくて残念そうでした。(笑)

「ネットで、『ドクター松』って検索して」と言われたのでじっくり先生のホームページを読みましたよ。
実際、私の希望は自己再建であって、出来ればそうしたいんだけど
ちょっと気持ちが揺らいでます。

だって、すぐ近くで手術出来るんだよ?(まぁ、インプラントなんだけど)
でもって、早くて二泊三日って言われたんだよ?(自己再建は一か月)
あーっ、悩む。

そうしてフルツロンのことも言われました。
なんでこんなに長く飲んでるの、意味ないよって。 
あっちゃー。
実は、フルツロンをやめるって言おうとしてたんだけど、よくよく考えると再建後にやっぱ飲んでおきたいやと思ったら後の祭りなので
しばらくストックしておこうと思ってたんだよね。
「お守り的に飲みたいのはわかるんだけど、日赤の先生に叱られたって言うのはさすがだなー」なんて
ドクター松はおっしゃるの。
ずっと抗ガン治療してる身体になっちゃってるじゃん、という意味がいまいちストンと落ちてこなかったので
次回は先生とその話をしてこよう。
「取りあえずは、前回通りお薬は出すよ。でも、出来るだけ少なくしていく方向でやっていこうね」みたいに言われました。

「自己再建でするにしても、エキスパンダーを入れて皮膚を伸ばしたら切り取る皮膚が少なくなるから
そういう意味でもお手伝いするよ」と優しい先生。
ね、ちょっと悩むでしょ。

「今まではガン治療を頑張ってきたけれど、これからは再建のことを考えて頑張ろう」って
熱く語ってくれた先生。
前の(一回しかお会いしてないけど)先生よりうんと頼もしい。

仲良くなって、いろいろと勉強できればいいな。
取りあえずは今月の20日に日赤に行ってくるので、鬼が出るか蛇が出るかみたいな気持ちになってます。(笑)
はたして、自己再建になるのか(日赤の先生が残留してるかどうか)、逆転ホームラン的にインプラントになるのか、
まだ謎です。
ちなみに、先生のホームページには幹細胞を取り出した脂肪のことも書いてあってインプラントプラス脂肪なんて方法もあるみたい、じっくり話し合わねば・・・と
思った私です。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

来週に再度ボトックス治療。

2016-03-20 09:06:10 | 退院10年目の雑感
以前、眼瞼痙攣の治療でボトックスを打ち、かなり効果が実感できてました。
このままでいいかなー、と思ったところで過重労働がのしかかってきて、
このままではヤバい、もう一回打っておこう、と先々週の火曜に手配の電話をしたのですが
受付嬢の手配ミス(というか、眼科に連絡してなかった)でボトックスの菌が発注されておらず
結局、先生の都合で来週に打つことになってしまいました。

あの「必ず金曜に来てくださいね」という受付女子の言葉は何だったのか、
ちょっとムッとしてしまいました。
忙しいから時間短縮のためにタクシー飛ばしていったんだよね。
タクシー代、返して。(笑)
あ、でも、診察代は無料でした。

おまけにその先生は、やっぱり出向先が変わってしまうので
この先ボトックス治療できるかどうかも不明。
出来たら、今度の一回で終了する予定なんですけど。(私的に)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ご無沙汰しておりますー。

2016-03-13 12:26:00 | 退院10年目の雑感
ブログ更新もおろそかになるほど、すっごく忙しいです。
ブッチバイトが一名発生して、その穴埋めにおおわらわ。

そういえば、ちょっと前に、元主治医に出会ったんです。
うちの店に来てくれてね、思わず話し込んじゃいましたよ。

「再建しようととうとう決心したのに、いなくなっちゃってるんだもんっ!!」
文句を言う私に
「いやぁ、本当はさ、3月までいる予定だったんだけどさー」
じゃあ、なんでこんなことになってるのっ!?
「手を挙げたやつがいてさー(現主治医)、で もう来なくていいってことになって」
「いなくなった日、患者さんたちがひそひそ噂話してたよー」

積もる話は山ほどある。
で、一番気になるフルツロンの話をして
「どうしたらいいのー」困惑している私に
「うーーーん、まぁ、確かに普通は2−3年だわなぁ。だって抗がん剤だもんなー」
いやいやいやいやいや、これを決定したのは私とアナタでしょ。

「再建するのに感染症って言われるんなら・・・うーん、これを機に止めたら?」
えっ、まじですか。まぁそうしようかなとは思ってたけどまじですか。

ぼそっと
「まぁ、これが効いてたってこともあるかもしれないけどね」
いやぁぁぁぁ〜、もう迷わすようなこと、やめてよーっ。

で、結局、4月に行く診察日に現主治医に
「フルツロン、やめます」宣言をしてこようかなと思ってます。
もったいないので、今残っているのは飲み続けてやるんだけどね。

あ、元主治医に、傷口のきれいさを形成の先生に褒められたって話を言うのを忘れてたわ。
ありがと♡って言うのも。(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

介護にかかわるということ。

2016-02-14 11:44:43 | 退院10年目の雑感
実家の母がショートスティの難民になりそうです。

私が引き取れたらどんなにいいだろうと思う時もあるけれど、
実際問題、不可能です。
屋根裏部屋の、介護不可能な、ねこ部屋に暮らしているんですもの。

で、ケアマネさんや現在居るショートスティ先に助けられながら
何とかやってます。

こういう時にふと、自分の介護の時はどうなるんだろう、と思います。
これから先、相方や相方の姉たちを介護して看取る予定ですが
自分は、まぁ、なるようになって、気ままにあまり周りに迷惑をかけないようにそっと儚くなれたらいいなぁとかは思うんですけどね。(笑)

で、最終的には
「なるようになる♡」
「なるようにするしかない♡」
頑張れる時に頑張って、頑張れない時には周りに助けてもらおう、あんまり無理しなくてもいいはず。
と、思ってます。

先々、いろんなことがあるけれど、
適度に回避や違う道を模索しながら、克服できるといいなぁ。
で、今の母の、初体験・未知介護を体験していって、今後の他の介護に(相方と姉たちね、笑)活かしていけたらいいなと思ってます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加