明るい乳がん生活(の、予定)

~~2006年11月告知、12月手術、明るい生活を送っていこうと決めました!愛猫うーちゃんと頑張る!~~

さらに50ccプラス。

2017-06-25 14:19:43 | 再建への道2017
金曜日に診察に行ってきました。
新館に、受付機が置かれ、受付のお姉さんのところにレジが置かれ、おかげで受け付けも支払いもめちゃスムーズになりました。

さて、入ったとたんに、まぁ、お胸を見せたわけですが、「じゃ入れよっか」と50cc即決。
いや、入れるとは思ってましたよ。
一回り程小さいんだもん。
しかも500ccまで入るやつだもん。

キューっと入れられてもそんなに不快感はありません。またパンパンにはなりましたけどね。
先生が、いろいろ計ってみると、トップまでは6センチ高。
その大きさに合うシリコンは、これとこれ、と型番を見せられました。
シリコン自体が400ccあるものと445ccあるものとの、どちらかになる模様。
型番をノートに書かされたので(「ほらほら、ちゃんと控えて」って言われたよww)少し調べようと思います。


でもって、念のために二週間後にあと45cc足すようです。
「でないと、445ccがどんな状態かわからんでしょ」
「入れりゃあいいってもんでもないっていってたじゃん」
「445cc入れておいて400ccのものにしても皮膚はちゃんと縮むから」
んー。
「いやぁ、400かぁ。未体験だわー」と先生もちょっと面白そうです。
やれやれ、私だって好きで でかいわけではないんだよ。
でも相方のこだわりが強くてさ。

ま、ぽっこりしてるよね、エキスパンダー側。(写真では向かって右)

それから、
「ごめんねー。昨日の会議で上が脂肪を一緒にこっそり入れるのはダメって言ってきてさー」
なぬっ?!
なんてこったいっ!!
「うーらぎりもーのーーーーー!!!」って先生に言っちゃったよ。

この凹みに入れたかったのよ、脂肪を!!


「上は頭が固くてさー、患者さんの身になってあげたいけど、ボクもサラリーマンだしさー」
それはそうだ。
「で、ちょっと保留ってことで」(ニュアンス的には、出来るだけ何とかしてあげたいと思ってるオーラ)

まぁ、機が熟すのを待ちましょう、という雰囲気になりました。別の日にまた35万、なんて言われた日にゃ、わたしゃ泣くよ?
せっかくお誕生日プレゼントも持って行ったのに。(まぁ、ポイントで買ったもんだからタダなんだけど)
ま、それはどうでもいいや。(笑)
取りあえず、上手くやってくれることを期待しておこう。

自費でバストアップした傷口が気になるらしくて
「これは、入れ替え時に縫いなおすことも出来るからね」とまた言われました。

ま、たしかにポコポコ膨らんでる部分があるんだけどね。

それより、ブラジャーをした時に、乳頭がブラジャーのトップより2-3センチ上にあるのよね。
それが変な感じ。
それを言ったら、「まぁ、縫い縮めたからどうしても上に上がっちゃうんだよねぇ」と言われました。
バストアップされる方、そういうことがあると知っておいてね。
日帰りでの術後、小さなドレーンが二か所あるので吸わせるためのものを主治医は夜用ナプキンと言いましたが、母乳パットがいいようです。あれならお胸にもフィットだよね。



それから、テレビでいろいろ話題になっていた小林麻央さんが亡くなられましたね。
ご家族に見守られてだったようですが、ご冥福をお祈りしたいと思います。
「子供たちのことだけが心配」と小さなお子さんを残していくことを辛がっていた乳がん友のことを思い出しました。
出来るだけ長く頑張って、良い相性の先生とお薬に出会えることが、私たちの願い。
それが「私らしく生きていく」いうことのひとつではないかと、思ったりしました。
ストレスがあっても病気になっても、上手く付き合えることが「生きていく」ことですよね。
私はそう思ってこの10年を過ごしてきました。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今週は診察日。

2017-06-18 20:30:03 | 再建への道2017
バストアップしてから、そろそろ一か月。
すっかり肌の色は戻りましたよ。
切ったあたりはまだちょっと赤いけどね。
ボコボコも、ポコポコ程度になってる感じです。
でもちょっと痒いかなぁ。
あんまり刺激するのもと思って、我慢は少々しております。

今週の金曜にまた診察日がやってくるわけですが、はたして大きさを見比べて、先生の評価はどうなのか。
ここでまた、水を足すとなると、シリコン入れ替えはまた遠のきます。
だからと言って、大きさを妥協するのもイヤ。
だって何のために頑張ってバイトアップしたのー。半分、意地も入っちゃうよー。

というわけで、自分自身では、もう少し水を足すべきかな・・・という気持ちになってはいますが、皮膚との兼ね合いをまずはよく診てもらってらにしようと思ってます。透けるのは一番いやだからねー。

京都は、梅雨に入ったとはいえ、ここんところずっといいお天気です。
体調はぼちぼちかな。
みなさまも、体調には気を付けてねー。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まぁ、特に何もなく。

2017-06-11 20:59:02 | 退院11年目の雑感
過ごしてますが、最近はバイトさんたちが慣れてきてくれるので、少しばかり休憩時間も取れるようになりました。
で、何をしているかというと・・・てへっ、ほとんど寝てるかな?

多分、気候や気圧のせいもあると思うんですが、今年に入って二回も身体にメスが入ってるでしょ。
私が思うに、ちょっとばかり身体が疲れてきてるような気がするのよねぇ。

エキスパンダーの手術後、どういうわけか、気づけば2キロも体重が増えちゃって、ただ今めちゃくちゃ膝に負担がかかってます。
主治医に言ったら「それは、幸せ太りなんじゃない?」とか言いやが・・・いえいえ、仰るわけで、
いやぁ、幸せ太りはまずないね。

食生活もそんなに変わらないはずなのに、入院一週間分の食っちゃ寝がまずかったんじゃないの。
あれで太ったんじゃないの、と思っているんですが、取りあえずどう頑張ってみても体重が減りません。
あっれー。
何んとかせめて1キロ、減らして膝への負担も軽減したいと思ってます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

慌てた出血の巻。

2017-06-04 17:18:36 | 再建への道2017
この前の、バストアップ手術の後、ちょっと出血してるけど平気ー、な~んて記事を載せてたでしょ?
金曜日から数えて、すぐに止まるとふんでたの。
あらららら、いつまでも止まりません。お風呂に入っているのがまずかったのか。
何となく、傷みが出てる気がする、化膿し始めているのかも・・・。
嫌な気持ちがオンパレード。

水曜まで待って、変わらないので電話。
もう、本人はかなりビビってます。
なんてったって、日帰りのやっつけ仕事的な、バストアップだったんですもの。
傷は相変わらずぼこぼこだしさ。

何回かの電話交代ののち、「心配なら水曜診察にいらしてください、とのことです」
そう、現在、主治医は水金の午後が診察日。わかってるからそれまで我慢したのよー。

行ってみたら新館でも受け付けが出来て、「じゃ、お待ちください」とわりとすぐに診てもらえました。
「あ、なーんだー、ビビったよー、これは大丈夫、大丈夫」
まじでっ!
「T字で縫ってるでしょ、そこの部分がどうしてもこうなりやすいけど、でも範囲内だから」
そっかー、めっちゃ安心しちゃったよー。あー、主治医の言葉には力がある!
「気になるなら、軟膏出しとこうか。ゲンタシンとか」
「あ、それ縫って絆創膏してる」
「じゃいらないね。ごめんね、心配させちゃって」
先生ー。(ほろり)優しいよねー。

「あ、それでね、ボクのブログにKさんのこと書いて、お店に行ってもいいように書きたいから、文面をメールで送ってね」
あれよあれよという間に、何だか先生の思うつぼ。(笑)
まぁ、いいや。
10年前の、私の、あの周りに同病がいなかった得も言われぬ不安を、少しでも感じておられる方がいるのなら、お役にたちたい気分はいっぱいあるもの。

看護師さんに「これは自費の一環なので、マネーフリーでお願いします」
やったー。タダだー。
ごめんね、こんなことで大騒ぎしちゃって。

今の胸の状態は、ぼこぼことはいえ、絆創膏がまずかったかも、としばらく軟膏だけを夜に縫っていたらようやく止まりました。
何となく、真っ赤ですけどね。ても うっ血はかなり解消されました。
先生が「エキスパンダー入れ替えの時に、きれいに縫い直してもいいからね」と言ってくれたけど、その言葉に甘えることになく自分でもきれいにしていく努力はしていきたいと思います。
それから、やはりバストアップして皮膚を縫い縮めた分、再建側の右胸が何となく左につられている感があります。エキスパンダーが入ってる感が、ようやく余裕が出来たかなと思っていたのに、またパンパン。凹んでいる部分がつられて痛くなる時がたまに。



で、先生のブログに「喫茶サロン」っていう内容が掲載されてから、合計三名の方が訪ねてきてくださいました。
まだまだ、これから治療の方が多いのですが、みなさん、前向きに再建もされつつあります。
昨日なんて、シリコン入れ替え中の外出で来てくださったのー。すごーい。みんな、パワフルだぁ。
私が相談に乗るなんておこがましい、こちらが元気をいっぱい頂いてる感じです。
「先生のブログ、案外見てる人がいるんだねー」という感想。それはみんなで大笑いしながらしたんだけどね。まぁ、広がっていくといいね。
また遊びに来てね、minakoちゃん、入院中のMさんとMさん。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バストアップ手術の抜糸

2017-05-28 12:50:40 | 再建への道2017
月曜日に、主治医のところへ行って参りました。
その日は、ドレーンをススっと抜いてくれました。それでおしまい。手術した時に貼ったテープかぶれのことを言ったら、軟膏を処方されました。
院外薬局でもらったら、以前かかりつけ医からやけどに効くと処方されたリンデロン。ステロイドなので気を付けてねと言われた代物。
保険処方で支払いあり。主治医には「軟膏がいらなかったらタダにできるんだけどねー」と言われたけど、まぁ必要だったので。

で、その週の金曜にまたまた病院へ。
多分するんだろうなぁ・・・、と思っていた抜糸をされました。
はさみでぷつんぷつん切っている途中、「ごめん、もう無理なんで反対側に寝なおしてくれる?」
あれまぁ、主治医は40代なのにぎっくり腰をやりかけたそう。
で、先生側に胸がないと手を伸ばさねばならず、それはもう限界、と。(笑)気を付けてねー。

内側に溶ける糸で縫ってありますが、外側は黒い糸で止めてあって、それがどうもちくちくしておりました。
切ってもらってスッキリですが、T字に縫ってある交差点部分から出血があり、「取りあえずガーゼで汚れないように止めておくねー」と貼られました。
帰ったらはずしていい、と言われたんですが、あらら、わずかに出血したままです。
もちろん、慌てません。
傷口なんだから、ちょっとぐらい平気です。
お風呂に普通に入ってから傷薬(ゲンタシン)をちょちょっと塗って絆創膏を貼っておしまい。
これでしばらく様子を見るつもり。大出血ならさすがに電話しますが、普通の切り傷からまだちょっと血が出てるみたいな感じなので。

しかし、切ったので、ぼこぼこです。
まだうっ血してる部分もあります。


やだわぁ、これ、何とかなるのかしらん。
手術痕で検索すると、この間、かかりつけ医から処方された(「先生ー、手術の後って治らないのー?」「いい薬があるよー」でもらってきた)ヒルドイドがいいように書かれてあるのでそれを塗ってます。早ければ早いほどいいらしい。
お顔に塗ると、数万円の美容液より効果があるらしい。
ただ、お顔に塗りすぎると、本来の治癒力低下で、本来持っている保湿力がなくなり皮膚が薄くなるとか。
血行促進がすごいらしく、傷口には塗れないので、血が出ている部分は避けてます。



で、診察時の話に戻るんだけれど、とっても患者同士の交流をさせたそうな先生に、病院に行く前にやっつけ仕事的にチラシを作って持っていきました。
私も、10年前にここで手術した時、同病で話を分かち合える人と巡り合えなくて(病室で友人を作ろうと思っていたので)焦ったもんなぁ。
そういう意味で、お役に少しでも立てることができれば、とは思っていたの。
患者会にまで発展させられるかどうかは別として、診察時に出会ったら「こんにちはー」ぐらい言えるようなフレンドリーな仲間になれたらいいなぁ。

正直、同病でわかってもらえる「あるある」話なんかをできたら嬉しいよねぇ。先生への不満とか、攻略方法とか、相談出来たらいいよねぇ。

で、またまた話が変わりますが、どう見ても大きさはエキスパンダー側が小さいんですが、一か月は置いて落ち着いてからの診断になるらしく
「じゃ、先生、一か月後に診察」と言ったら
「えっ、一か月後にまた来てくれるの?」
いや、来るでしょうよ。来なくちゃいけないでしょうよ。

やっぱり、大きさ違うの、わかるかなぁ。
一か月後の予約を入れてもらいました。
今回の抜糸は、「自費手術の抜糸なんで、ダダにしてあげて」と先生が看護師さんに言ってくれました。
タダより怖いものはないけどねー。(笑)

「左胸の強打だけはしないでね」
バイトさんたちとぶつかったりしたらヤバいかも。(笑)左胸にプロテクターでも入れておこうかと思う今日この頃です。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

バストアップ顛末記

2017-05-21 10:47:01 | 再建への道2017
金曜日に、バストアップの手術をする予定だったのだけど、なんと、その三日前の深夜、のどの痛みで起きた。
(あっ、やばーっ。これって風邪の兆候じゃん)

翌日にはすっかり痛くなって、かかりつけ医のとこに飛び込んだ。
「先生ーっ。明後日、局部麻酔の手術するのっ」
「のど、真っ赤じゃん。じゃ、取りあえず、漢方とトローチ出しとくか」

御察しのとおり、マシにはなるけどダメだ。
治んない。
意を決して、主治医に電話。
「先生は院外治療に出ていて、お昼には戻ります」
だーっ。

再トライで昼過ぎに電話。
担当部署の看護士さんに事情を説明して
(熱は計ったら36.2だったけど、咳が出てきて、風邪の初期症状)を言ったら
「じゃ、あとからお電話しますね」
待ちました。
鳴った電話に飛びついたら
「ご心配なら先生が直接お話しするって仰ってますが」
ご心配です。
超ご心配です。

出てきた先生は「ちょっとぐらい熱があっても大丈夫だよー」
渋る私に
「でもさ、せっかくお仕事のメンバーを組んで来るんでしょ。じゃさ、明日会った時に様子を見てみたら?」

その言葉を信じて翌日、約束通りに8時40分に行きました。
行った途端に処置室で腕に名札をつけられ、二階の手術室の階に連れていかれ、手術着に着替えさせられて、
担当看護師さんたちの自己紹介が始まり、手術着を着こんでいる主治医と遭遇。

えっ、手術する気満々じゃん。
話し合うって言うのは、どこにいったのよぉ。
「はいっ、ここに寝てね」
「先生、私、めちゃくちゃ咳するかも」
「いいよーっ。どんどん咳して」
動いてもいいのかっ?

用意をされ、「ちくっとするけど、麻酔するからねー」
結局、予定通りの手術に。
局部麻酔なので、「おしゃべりしながら出来るよー」
そうですね。じゃ、おしゃべりでもしてましょうか。
先生から、病院の患者会を発足させようという提案までありましたよ。
私は、以前から相方にも店をサロンにしてもいいよと言われていたので、そんな感じでまずはゆっくり始めてみるのもいいかなぁと思ったり。

で、一時間強で手術は終わったんですが、終わってビックリ。
なんと、胸に小さなドレーンがついてる。
縫わないって聞いてたのに、チョキチョキ音がするから「何してるの?」と聞いたら「縫ってる」と言われちゃうし。




昨日撮った写真なので、かなり痛々しい写真になってますが、白いとこ、ドレーンです。3センチほど突き出てます。
で、そこから体液が出てきます。
先生曰く「ガーゼでもいいんだけど、ナプキンを当てとくといいらしいよ」
処置はめっちゃ分厚くガーゼを当てられました。

しかーし、ドレーンがつくんなら事前に行っておいてほしかったよなぁ。後から見たら二か所もドレーンがニョキっと出てたよ。

先生が最初に言ったところが黒のとこ。実際のものは私が書いたピンクのとこ。
こんな風に縫われてます。

すぐ立ち上がることもできたし、そんなに痛いこともないんだけど(抗生物質を処方され、ロキソニンも勝手に飲んでます)
「えーと、今度はいつ来るんだっけ?」
「来週の金耀ね」
「・・・うーーーん。来週の月曜に来れる?」
「えっ、月曜は乳腺外来ないよ?」
「ボクはいるから、大丈夫、三時に来れる?」
ちょっとバイトさんたちを思い出して「大丈夫だと思う。でも、前みたいに予約入ってないとか、嫌だよ?」
「はいっ、ちゃんと予約入れました。じゃ、月曜見せに来てね。お風呂は・・・今日はやめとこっか」
手術前に相方が、先生が何と言っても入っちゃだめだと言ってたので、まぁ入る気はないんだけど。
「後はー、まぁ入っても・・・いいかなぁ・・・」
えっ、ドレーン入ってるじゃん。
「わかった、わかった、じゃ、月曜までシャワーだけにしとく」
他の注意点は、取りあえず、術側の胸を強打しないでね、うつぶせにならないでね、でした。

当分は接骨院にも行けそうにありません。
意識して寝ると、つい、アマノジャクなので、うづふせになりたい欲望に駆られます。(笑)
乳がんになってから、姪っ子にやった生理用品を買う日が来るとは。
でも、おりものシートで試してみたら、やはりだだ漏れなので、仕方なく夜用のぷっといのを購入。
現在、ブラの間に挟み込んで血の混じった体液を吸わせてます。

明日にはまた病院です。



アンダーはある程度、上に上がった気がします。
入れ替え時にまた修正するようですが、日にち薬でマシになってくから、とも。
自分で撮ったので、向かって右がエキスパンダー、左が健側です。

今回、16万ほど自由診療で払ったわけですが、「まぁ、それは入れ替え時に脂肪を入れること込って考えてね」と言われたので、よっしゃとちょっぴり思いました。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

三か月に一回の診察日。

2017-05-14 10:30:33 | 退院11年目の雑感
行ってきました。
メールで、バストアップの日を決めたのに、すっかり忘れている先生。
診療室を二つ駆使して、患者さんを精力的にこなしてます。少し、心の中で(それで大丈夫なのかっ)とつぶやいてしまいました。

さて、バストアップの手術は来週の金曜にするのですが
「あ、あれはね、チャチャッと出来るから別に予約しておかなくても大丈夫なの」
まじかっ。
まぁ、自己負担(15万プラス税)だし、何とかなるって言ってるんだから大丈夫なんだろう。(多分、笑)


でも、局部麻酔で、その上結構切るんじゃないの?
「先生、注意点は?」
「うーーん。特にないけど・・・気合を持ってきてくれたら、かな?」
いや、気合が必要なのはアナタ様では。
「や、それは先生が持ってないとねっ」
「うん、そっかー」
おいおいおいおい。(笑)

「術後にすぐ働くよ?」
「いいよーっ」
「ブラとかどうすんの、縫うんでしょ?」
「いやぁ、ガーゼ当てる、みたいな?」
まじっ?
「でも、あんまり締め付ける感じのブラじゃない方がいいかも」
「(以前に入院日に突然、買って来いって言った、←結構恨んでる)マンモバンドは?」
「いやー、あれはいらないよー」
もう絶対持っていこうと思って、ブラジャー二種とマンモバンドとタオルは、こっちに帰ってきてから用意しました。

いっつも突然なんだもん。
忙しいのはわかってるんだけど、いろいろやりたくっていろんな人を同時に担当してるってのもわかってるんだけど、
私自身は私が唯一無二、だからねぇ。

だから、会計時に
会計のお姉さんから「血液検査が入ってるんですが、先生から聞いておられませんか」
聞いてないよ~。
まったく、段取りが悪いったら。
先生に問い合わせてもらって、ようやく言わなかったけど必要とのことです、ということで血液検査も受けました。
当日、急に検査してなーいにならなくてよかったよ。ふぅ。

というわけで、来週は、「Keiko、バストアップする」の巻になります。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

やっぱり疲れた、ゴールデンウィーク。

2017-05-07 13:36:32 | 退院11年目の雑感
久々に、忙しい思いをしました。
まぁ、4日の一日だけなんですけどね。
他の日はいつもとあんまり変わらなかったかなー。
本日に至っては、ヒマヒマです。

今週は、三か月に一回の診察日が金曜にあります。
心して、いろいろと聞いてこようと思ってます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゴールデンウィーク

2017-04-30 13:25:45 | 退院11年目の雑感
いよいよゴールデンなウィークに突入ですね。
私は、当然仕事でして、変わらない毎日です。

お風呂から上がったら、ボディミルクを塗っているんですが、その時に再建側の胸も動かないかなとかるーく廻してみたりしています。
インプラントに決めたけれど、目指すは自己再建と変わらない柔らかさ!
無理はしない程度に、いろいろとしていけるといいなぁと思ってます。

そうそう、悩んでいた、外反母趾。
ぼちぼちいい方向でマシになってます。
週一で通っている接骨院の先生の中に、スポーツ整体が出来る先生がいて、その先生の話によるとたくさんある足の骨を少しずつ全部矯正していかないとなぁっという感じらしいのですが、足首の下部分が異様に固いそうです。
おまけに、アキレス腱が倍にふくれてるって。(笑)何が何だかの状態なので、(細かい部分は鍼を打った方がいいって言われる)自分で出来ることを少しずつと思い直しました。
何もかも一気は無理~。

で、ただ今、fitfitというブランドの靴に全部変えました。
外反母趾に優しいと謳っているだけに、履きつづけていると足の形がいい感じになってきています。
もちろん、それだけに頼らず、お風呂に入ったら足をマッサージ。
上がってきたら、前にやっていたように、爪を上にはねたり、クエン酸の代わりに軟膏を塗ってみたり。

これから本格的なゴールデンウィークに入りますので、体調に気をつけながら頑張りたいと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いろいろと他の方のブログを参考に調べてます。

2017-04-23 15:52:53 | 再建への道2017
五月までにはかなりの時間があるので、バストアップの方法を再度調べてたりします。
皮膚をカットするので、やはり傷口が残るらしい。
まじかっ。

でもね、やっぱり加齢による垂れ具合は、いなめない。
パンと張った新しくできる予定のインプラントの胸の高さとあまりに違い過ぎるのは自分的には不本意。


傷が残るとして、それをいかに目立たせないようできるかを、今度主治医に出会ったら相談しようと思ってます。
で、再建側の傷もすごいでしょ。これは、治すためのテープがあるらしいので、再建後に試してみようと思ってます。


というか、何より気になっているのが再建側のリンパかくせいした後のへこみです。

この写真でわかるかなー。
べこんと大きな穴があいてるんですよ。
で、そこに出来たら脂肪を入れてほしい。
主治医に、お試しで再建時にちょちょちょっと入れてくれないかなー。
なんて、考えてます。

350CC入ったエキスパンダーは、金属部分は固いですが、胸の下側は少し落ち着いてきて
押さえたら、へこむ余裕が出てきました。柔らかい、とは程遠いのですが、パンパンからほわほわに変わってきています。
寝相が多分あまりよろしくなくて、動いてる際にエキスパンダー側が抑えられた状態になったりしているのがいいのかなと思ったりしています。
再建された方のブログを読むと、再建後にインプラント側をマッサージしないといけないとあって、邪魔くさーいと思っている私は、何とかそれを回避するインプラントを選べないものかと、それも主治医においおい相談する予定です。

はたして、バストアップしてまだ水を足すかどうかが未知なのですが、最後に入れてから半年後にしか入れ替えは出来ないので
早めに処理したいと思ってます。




 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加