明るい乳がん生活(の、予定)

~~2006年11月告知、12月手術、明るい生活を送っていこうと決めました!愛猫うーちゃんと頑張る!~~

祇園祭のメインイベント

2016-07-24 16:45:49 | 退院10年目の雑感
本日は、後祭りの山鉾巡行でした。
昨日が宵山。
年々、人が多いところに行くのが億劫になってきて、結局テレビで見てただけとなりました。
生中継されると、涼しいところで悠々と見られるからそれでいいや、と思っちゃう。

でも、昨日は久しぶりに映画を見てきましたよ。
大好きな「アリスインワンダーランド」です。
実は、ちっこい頃からのアリス好きで、特にジョン・テニエルの挿絵のあるアリスが好きなのです。
いつか、イギリスのアリスショップに行ってみたいわ。
なーんて話を相方にしたら、じゃあ頑張って仕事してお金を貯めていつか行かなくちゃねとつぶやいてました。

さて、外反母趾がひどくなりつつあると思えるので、運動靴生活を始めました。
でもネット検索すると外反母趾はパンプスとかの靴のせいではなく歩き方のせいと書かれてあったりします。
で、そろそろ真剣にストレッチなどを始めてみようかなと思ってみたり。
ただ、邪魔くさがりなので続くかどうかが難点。
以前書いてた爪のクエン酸塗りは続いているんですけどね。
爪を上に撥ねて巻爪防止も頑張ってます。三か月したら立派な真っ直ぐ爪になってるといいなぁ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぼちぼち勉強中

2016-07-17 19:20:50 | 再建への道のり2016
先日の、主治医との話し合いを経て、ただ今インプラントについて勉強中です。
といっても、ネット検索でほかの方のブログを読んだりしている程度なんですけれど。(笑)

まだまだ疑問に思うことがあとからあとから出てきて、再建も奥深いです。
先生がドヤ顔で言った、健側の下垂修正手術代15万円、15万でも高ーい、とちょっと思っていたら
美容整形だったら100万ほどもするのね。
あららら、だったわ。奥深くてわけがわかんなくなってます。(笑)

何よりも、相方のためにと思って予定しているこの再建。
今一度、彼の希望をよくよく確認してみました。
そうしたら、出来たら健側のボリウムは残してほしいっぽい。
私は、美容整形での手術方法を見てみたら乳輪に沿って脂肪を取り除いたりするようなので
現在のEカップをDカップに下げられたら、インプラント側も小さくなって、肩こりも減るかも♡なんて思っていたのでちょっと残念。

どうやら、インプラントで仰向けに寝るというのは、イメージはペットボトルを胸に乗っけて寝る感じらしいのですが、
時々偽胸をしたまま寝ること(休憩途中の仮眠です)があった時は、気にもならなかった。
だから、鈍感な私は、案外大丈夫かも、と主治医に健側ボリウムを基本にしてほしいと提案してみるつもり。

それから、10年ほど前の乳がん手術で、前日に当時の主治医に「再建はする予定?」と聞かれた時
「私はいいんだけど、ダンナがして欲しがってるんですよねー」と軽く言ったら
「じゃ、再建予定、っと」と記入していたの。
あれって何がどうなって、と思っていたのですが、どうやら
乳がん手術をする外科医は、出来るだけがん細胞を取り除くために術側の内側を剥ぐように薄く切る方がいいけれど
再建手術をする形成外科医の希望は、再建をよりきれいにするために術側の内側を厚めに残してほしいようです。
私は再建したいと言ったので、再建しやすいように切ってくれていたのかなと思っていたけれど、多分そういう問題だったのではないかと思われます。
いやぁ、奥深いわー。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

 三か月に一度診察日

2016-07-10 10:46:54 | 再建への道のり2016
とうとうやってまいりました、主治医との対峙タイム。

会うなり「おっ」(再建希望の患者さんだねー、というお顔)と言われて
「どうだったの?日赤」
そうなのよ、いまいち日赤の先生の情熱が感じられなくて、ちょっとショックを受けたのよ。
「うーーーん。私ね、よくよく考えると、なんでこの病院にしたかと言うと近かったからなのよね。
それで再建をしてくれるんなら、たとえインプラントでも自己再建でも、ここでしてくれるならどちらでもよかったんじゃないかという結論に達したの。だから、もうインプラントでもいいかなと思ってるの」
「そういうと思ったよー」(まじで?!笑)
「だって、自分で言うのもなんだけど、ここの理事長にめっちゃ期待されてて、有望株なんだよ。
ここで再建の新しい形を築いちゃう気持ちすらあるよ、ここで骨をうずめる覚悟なんだー」
あんまり主治医がコロコロ変わるのは嫌なので、それはよかった。(ちょっと棒読み、笑)

それで、疑問に思うことをさらに聞いてみた。

Q:インプラントの持ちって10年らしいけど、その辺はどうなの?
A:それは、場合に寄るよね。一概にはいえないけど、10年以上大丈夫だよ。ただ、何があるかはわかんないからね。普通にしてたら大丈夫。

Q:健側の乳頭で作るって言ってたけど、日赤では大きな乳頭の人でないと出来ないっていわれたけど?
A:そんなことないよ。そんなこというなんて素人なんじゃないの?(笑)出来るから。でも山を作って乳頭にすることもできるよ。(それはヤダ、へっこむのは避けたいの。芯がないとへこむじゃん?)いやいや、その辺はまた相談しようよ。

Q:もう一度、入院日程と金額をおおよそ聞いておきたい
A:エキスパンダーを入れる手術が一週間。これはドレーンがいるからね、時間がかかる。費用は10-15万かな。
それから数回水を足す。(五回ぐらい?)うんまぁ、そんなもん。エキスパンダーの上の方に金属が入っててね、そこに注射を差して水を足すんだ。時間は診察する程度の感じかな。皮膚の伸び方によって入れられる回数は変わる。よく伸びたらたくさん入れられるしね。
本番の入れ替えは二泊三日かな。費用は10万ほど。個室にするか大部屋かで変わるよね。保険適用だからね。
健側の胸の下垂修正する場合は、理事長と掛け合って15万で出来ることになったよ。
デコルテなんかの部分を修正するために脂肪注入するなら一回30万ほどかかると思って。でもまぁ、一緒に少し入れるぐらいなら何とか考えるよ。

再度、胸を見せてというので見せたら「アナタの場合は下垂修正した方がいいと思うよー」と言われた。
私の再建費用は50万予定だったのでちょっとオーバー気味。

そうして今後の診察方針の話。
「フルツロンは要らないと思うなー。日赤の先生とも話したらそう言われたんでしょ」
だけどね、だけどね。
「10年、しっかり飲んでそれでやめることにする!」ゆるぎない決心だわよ。
元主治医の「まぁ、これが効いていた・・・と言えないこともないかもねー」という小さな呟きは耳にいまだに残ってる。
9年以上をともにした元主治医なんだもの。

「だいたいね、再発してるなら、フルツロンを今飲んでても再発してるよ」
言いたいことはわかってる。
フルツロンの効き目は2-3年、それ以上飲んでいても意味はないってやつでしょ。
でも、もしかしたら私とはめちゃくちゃ相性がよくって、それのお陰があったかもしんないじゃん。
10年を節目として考えた方がすっきりするし、今やめるのは気持ち的にも嫌なんだもん。

「アリミデックスは飲むほうがいいと思うけどね」
・・・飲んでますよ?
「先生、それ、もう飲んでる。これは15年飲もうと思ってる」
「あれっ?あ、そうか。うんうん、15年飲むことはいいことだよ」
ノルバ・アリミデックス、これも早10年飲んでるわよねー。

で、この12月でとうとう10年になるので、そこでフルツロンは中止、アリミデックスは続行、一月にPET検査と血液検査、の予定を言い渡す。(笑)
どちらにしろ、再建手術時には抗がん剤治療は出来ないらしいので、12月で止めてから再建をする、という合意に至りました。
私の予定では1月か2月ぐらいに出来たらいいなと思い始めてます。

それから、全く別の話なんだけど、外反母趾になりつつあって悩んでたのね。
特に親指の爪が小指側に曲がってきてて、ヤバい。
だから主治医が形成外科医なのでそれも相談しようかなと思っていたんだけど、あるサイトを見つけたの。
現在、この方法で治そうかなと思ってます。
サイトは 陥入爪、爪肉芽の悩み相談
かなり痛々しい写真も載っているので、怖がりの方は要注意です。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今月は診察がありまーす。

2016-07-03 14:09:20 | 再建への道のり2016
相変わらずバタバタしているので、ブログもさぼりがちです。
来週は診察日なので、言いたいことをいっぱい書きだして、新主治医に理解してもらう予定。

どうしようかな、と思っている再建は、取りあえずインプラントの方向で考えようかなと思っているのですが
その決め手は何よりも時間があまりとられない、ということ。
それは手術時間についても期間についても、そうして何より通院について時間をとられないんですよね。
多分、10年前に同時再建できるよ、インプラントだけど、と言われていたら迷わずインプラントにしていたと思う。
再建の願いは、私より相方が強かったから。(笑)
先日も話し合ってみたら、かなり本人より相方が見た目を気にしてるっぽい。(笑)

ここんとこずっと悩んでいたフルツロン問題は取りあえず10年経つまで飲むよ!と言ってこようと思う。
確かに爪にダメージが来ているんだけど(爪の長さは3分の2になってると思う、どんどん割れて短くなってます)まぁそれぐらいならいいかというのが私の見解。
シリカ水が爪に良いらしいので、飲んでみようかなと思ってます。

眼の方は、そろそろボトックスが切れかけているのかなと思えるけれど、もう少しイケるかも。
最近週一で通っているマッサージ(手もみ30分で500円!)がそこそこ効いているのかもしれません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりにお会いできてうれしかった。

2016-06-19 09:23:47 | 退院10年目の雑感
ミルクさんの訃報の記事を書いた後、
ミルクさんとの出会いを作ってくださったピュア姉さんが会いに来てくださいました。
ふうままちゃんと三人で、思い出話に花が咲きましたよ。
これはきっとミルクさんが引き合わせてくれたんだわね、という話になりました。 

そういえばこんなことがあったよねー、って今さらになって思い出すことがいっぱい。
これもガン友とお会いすればこそ出来ること。

上の写真のバンドエイドは、ピュア姉さんからいただいたもの。
ニャンコ好きのピュア姉さんならではだよねー。
実はこのバンドエイドのことは知っていて私も買おうかどうしようか悩んでたの。
だから嬉しかったわー。
しばらく眺めて、そのうち貼ってみるつもり。 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

旅立ったお友達のこと。

2016-06-12 17:25:33 | 退院10年目の雑感
二週間ブログ記事をお休みしちゃいましたー。
本当は何だか書く気が失せちゃったのね。

それは本当に突然の知らせでした。
だって、そのお友達から年賀状も頂いてて、すんごくお元気そうだったし。
「残念なお知らせ」が届いて、じわじわ気持ちが凹んだのよね。

最初のオフ会から、いろんな方と繋がっていって
そのうち何人かの方たちの旅立ちも聞いてきたけれど
年賀状をやり取りしてるお友達は初めてのことだったからなぁ。

ご冥福をお祈りするとともに、
ミルクさん、ちょっとゆっくり天国で過ごしてねと思う。

最近また芸能人の方の乳がんの話とかも聞くようになりましたよね。
これで検診に行かれる方が増えるといいですね。

私の10年目を、新しい主治医と
再建のことも相談するけれど
再度、治療のことをもっと奥深く考えていこうと思いました。
自分のことだもの、真剣に向き合うのは自分しかいないのだもの。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

胸のことをいろいろと考えてみる。

2016-05-22 13:27:26 | 退院10年目の雑感
いまだ、再建について悩んでいるKeikoです。

正直、しなくてもいいっちゅやあ、いいんですよね。
何故するかというと、一番は相方のたっての希望のため。
そうして、次に邪魔くさいから。
朝いちいち、偽胸をおいしょっと入れるのが邪魔くさいんですよね。

何よりも、私の判断基準というのが、最初の手術でも近かったから、なんですよね。
だから、再建手術も近いに越したことはない。

で、最近、想像してみるんです。
右胸に、インプラントが入っている感覚って、左胸とどれほど違うだろうかと。
10年近くたつと、自分で偽胸が入っている右胸を触っても自分のもの的な感覚がないでもない。

ただ、それでなくても、偽胸は長く使っていると縫い合わせしてある部分からシリコンが出てくるので
インプラントもそうなる可能性がないとは言えない。いや、きっと絶対ある。
そうなった時に、どれほどの面倒事が待っているんだろう?

そう、私の基準は、やはり邪魔くさいかどうか、なんだろうなぁ、と思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

茅乃舎のだし

2016-05-15 12:26:29 | 退院10年目の雑感
以前、リボンウォークでおまけでいただいた茅乃舎のだしにハマってます。
京都では大丸百貨店で買えるんですが、なかなかそこまで行ける状態ではないので
ネットで買ってます。

このだしが、おいしい上に手軽で便利。
超おすすめですよ。

顆粒のだしより、ちょっとお高めにはなりますが、
何より味わいが奥深いんですよねぇ。

新々主治医のブログを読んだら、私であろう患者の話が。(笑)
その内容は、いろいろと突っ込みどころ満載ではありますが、
まぁ、主治医にとって私は興味深い患者であることは間違いないようです。
次回お会いしたときには、しっかり突っ込んできたいと思ってます。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

旅立ったチーですが。

2016-05-08 10:06:29 | うちにゃん
お家で点滴をしてやったり、まぁ、あまり悔いの残らない看護ではあったかなと思います。
15年ずっと一緒に暮らしてきて、相方が呼べば夜は枕もとでちょこん(実は10キロあったのでドカンと)と寝ていました。
もういないのが夢のようです。

相方が、寂しさを忘れるためか、すぐにも荼毘にふすというので、翌日には火葬して今は骨壺になっちゃいました。

点滴をずっと打ってやっていたせいか、毛並みがすごく良くて、亡くなったことも信じられないほど重くて
(大抵のねこちゃんは食べられなくて軽くなっちゃいますよね?)4.6キロあったので、本当は揺り起こしたらまだ目を開けるんじゃないかと思ったほどです。

でもねー、もっといい方法があったかも、とも思ったりするんです。
もっと、何かしてやれることがあったかも、って。
やっぱ、悔いは残っちゃってるのかな。

このブログを始めた時、多くいたにゃんこもとうとう3匹になりました。
看取っていくことが仕事、と思って乳がん生活を出発しましたが、にゃんこたちに癒してもらうことのほうが多かったかも。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ゴールデンなウィークに突入。

2016-05-01 16:40:43 | 退院10年目の雑感
あっという間に5月になってしまってます。
ゴールデンウィークの到来ですよ。

京都は、鉄道博物館が鳴り物入りでオープンして、きっとわんさか人が押し寄せているんでしょうね。
こちらは、まぁ、いつも通りの仕事量です。

でも、このブログを始めた頃は10匹ほどいた猫たちが今では4匹。
現在、10キロあった巨大ねこチーちゃんが、闘病中です。
腎臓がまるっきりアウトで、毎日点滴に通わなくてはならないんですが、
お外大きっらい猫なので、連れて行くたびに声を絞り出して抵抗します。
体重も4.6キロに激減。
脱水症状が半端ないのです。
なので、先生に指導してもらって皮下注射で私が点滴することにしました。
滅菌してあるので、雑菌が入らないように細心の注意を払っての点滴。

きっと自分が病気にならなかったら、してなかったんじゃないかと思う。
ある意味、病気が、いろんなことをする勇気をくれたと思ってます。
しばらくは、チーちゃんと共に頑張るんです、私も。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加