ヌルボ・イルボ    韓国文化の海へ

①韓国文学②韓国マンガ③韓国のメディア観察④韓国語の新語⑤韓国映画⑥韓国・朝鮮についての本

韓国内の映画 NAVER映画の人気順位 と 週末の興行成績 [11月25日(金)~11月27日(日)]

2016-11-29 23:42:15 | 韓国内の映画の人気ランク&興行成績
         
 25日午前4時になんとか仕事を片付け、ほとんど寝ないまま6時前家を出て羽田空港へ(アシアナ8:40発)。旅行の中身は次の記事に回しますが、その日から3連泊したソウルのホテルが乙支路4街(ウチルロサガ)のベストウェスタンプレミアホテル国都(ククト)。とても覚えられない名前ですが、行ってみると表示はホテル国都だけでした。(上左) ここは以前は国都劇場という映画館(1999年閉館.上右)で、建物の横(南側)にある碑石(右)には「1936年黄金座として開館した」とありました。ウィキペディアの説明(→コチラ)とはかなり内容が違っていますが、そこらへんは私ヌルボ、まだ検証していません。
 チェックインの時、「国都劇場の頃のものが何か残ってませんか?」と尋ねたら「残ってません」とのこと。あーそうですか。ちょっと何か残しておいてほしかったなー。
 
 23日は朝日ホールで「私たち」を観ました。小学生の女の子の微妙な友人関係と心の動きをよくとらえているなーと思いました。後のトークでユン・ガウン監督が語ったところによると、この映画のソン(主人公の女の子)より年は上だったけれど同じような経験をして、いつか映画にしようと思ってきたそうです。ただ、このような仲間はずれ外れ・陰口・告げ口等々のような要素は女の子特有のものなのかなーとも思いました。私ヌルボのような男の子の世界とはちょっと違うみたいな・・・。
 さて、このユン・ガウン監督、私ヌルボがソウルに出立した25日に発表された青龍映画賞(→コチラ)で新人監督賞を受賞しました。「私たち」の日本での一般劇場公開(来年)も決まったそうでよかったですね。

 で、その青龍映画賞の作品賞では他の有力候補作品を押しのけて「インサイダーズ/内部者たち」が受賞。主演男優賞もその主演のイ・ビョンホンでした。主演女優賞は「お嬢さん(アガシ)」キム・ミニでしたが、これは観てないのでなんとも・・・。(「哭声/コクソン」とともに来年3月に日本とのこと、楽しみです。)

 先週は「朝鮮日報」の「封切映画 ぴったり10字評」は掲載されませんでした。

         ★★★ NAVERの人気順位(11月29日現在上映中映画) ★★★

     【ネチズンによる順位】
             ※評点の後の( )は採点者数
①(1) オー・マイ・パパ(韓国)  9.83(190)
②(-) ミス・サイゴン:25周年記念公演 in ロンドン  9.79(77)
③(3) シーソー(韓国)  9.68(52)
④(2) スンジョン(従順)(韓国)  9.66(53)
⑤(-) オアシス:スーパーソニック  9.60(162)
⑥(4) おばあちゃんの遠い家(韓国)  9.46(132)
⑦(7) 自白(韓国)  9.38(2,491)
⑧(8) 学校に行く日  9.33(58)
⑨(-) 《ナショナル・シアター・ライヴ『ハムレット』》  9.31(54)
⑩(9) KING OF PRISM by PrettyRhythm(日本)  9.29(1,287)

 今回の新登場は②⑤⑨の3作品です。
 ②「ミス・サイゴン:25周年記念公演 in ロンドン」は、2014年にロンドンのプリンス・エドワード・シアターで行われた名作ミュージカルの公演。韓国題は「미스 사이공: 25주년 특별 공연」。日本公開は来年3月です。
 ⑤「オアシス:スーパーソニック」は、2009年に解散したイギリスの人気ロックバンド・オアシスをめぐるドキュメンタリー。バンドの中心的な存在だったリアム&ノエルのギャラガー兄弟を中心に、彼らの軌跡と音楽を検証します。韓国題は「슈퍼소닉」日本公開は12月24日です。
 ⑨「《ナショナル・シアター・ライヴ『ハムレット』》」は、ベネディクト・カンバーバッチ主演で行われたナショナル・シアターでの公演ですが、日本では今年1月に公開されています。韓国題は「햄릿」です。

     【記者・評論家による順位】
             ※評点の後の( )は採点者数
①(1) キャロル  8.96(13)
②(2) ヘル・オア・ハイ・ウォーター  8.10(10)
③(3) ラヴニール  8.00(6)
④(4) ベルヴィル・ランデブー  7.83(8)
⑤(5) 自白(韓国)  7.67(10)
⑥(6) ひつじ村の兄弟  7.39(9)
⑦(7) あなた自身とあなたのもの(韓国)  7.31(9)
⑧(8) 恋物語(韓国)  7.17(6)
⑨(-) オアシス:スーパーソニック  7.16(2)
⑩(9) ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅  7.13(8)

 今回の新登場は⑨「オアシス:スーパーソニック」だけです。この作品については上述しました。

         ★★★ 韓国内の映画 週末の興行成績11月25日(金)~11月27日(日) ★★★

         「ファンタスティック・ビースト~」が連続トップ。
【全体】
順位・・・・題名・・・・・・・・・・・・・・・・・・・公開日・・・・週末観客動員数・・・・累計観客動員数・・・・・累積収入・・・・上映館数
1(1)・・ファンタスティック・ビーストと・・11/16・・・・・・・・・896,047・・・・・・・・・・・3,393,997・・・・・・・・29,100・・・・・・・・1,159
       魔法使いの旅
2(12)・・兄貴(韓国) ・・・・・・・・・・・・・・・11/24 ・・・・・・・・・・804,557・・・・・・・・・・・1,037,827・・・・・・・・・8,338・・・・・・・・・・993
3(3)・・ドクター・ストレンジ ・・・・・・・・・10/26 ・・・・・・・・・・103,783・・・・・・・・・・・5,380,059・・・・・・・・46,978・・・・・・・・・・445
4(2)・・隠された時間(韓国) ・・・・・・・・11/16 ・・・・・・・・・・・43,776・・・・・・・・・・・・・489,038・・・・・・・・・3,796・・・・・・・・・・441
5(新)・・リトルメディック:体内探検隊・・11/24・・・・・・・・・30,787 ・・・・・・・・・・・・・・32,688 ・・・・・・・・・・256・・・・・・・・・・291
6(54)・・ブレア・ウィッチ・・・・・・・・・・・・11/23 ・・・・・・・・・・・25,656 ・・・・・・・・・・・・・・38,525 ・・・・・・・・・・309・・・・・・・・・・164
7(4)・・スプリット(韓国) ・・・・・・・・・・・・11/09 ・・・・・・・・・・・24,734 ・・・・・・・・・・・・・746,698・・・・・・・・・6,020・・・・・・・・・・280
8(新)・・ミス・サイゴン:25周年特集・・11/24・・・・・・・・・・・13,791・・・・・・・・・・・・・・17,347・・・・・・・・・・・333・・・・・・・・・・100
9(7)・・GAMBA ガンバと仲間たち(日本)・・11/10 ・・・・・13,380・・・・・・・・・・・・・108,656・・・・・・・・・・・819・・・・・・・・・・154
10(5)・・ラッキー(韓国) ・・・・・・・・・・・・10/13・・・・・・・・・・・・10,312・・・・・・・・・・・6,969,191・・・・・・・・10,312・・・・・・・・・・158
     ※KOFIC(韓国映画振興委員会)による。順位の( )は前週の順位。累積収入の単位は100万ウォン。

 今回の新登場は2・5・6・8位の4作品です。
 2位「兄貴」は、韓国のドラマ&コメディ。柔道の国家代表コ・ドゥヨン(ト・ギョンス=EXOのディオ)は試合中に不慮の事故に遭ってしまいます。その知らせを聞いた収監中の詐欺前科10犯の兄のコ・ドゥシク(チョ・ジョンソク)は、弟の保護者であることを言い訳に1年間の仮釈放を受けます。ところが、15年間1度も連絡のなかった兄が家に帰って来たものの、保護者の役割を果たすどころか弟の生活をめちゃくちゃにしてしまうことに・・・。原題は「형」です。
 5位「リトルメディック:体内探検隊」(仮)はドイツのアニメ。冒険心一杯の12歳の少年ナノは、おじいさんが悪党の教授にだまされて怪しい薬を飲み、彼に操縦されるという事実を知ります。ナノはおじいさんを救うためにドクターXを訪ね、彼の技術で体が小さくなった「ナノ」は、ガールフレンドのリリーとカプセルに乗り込んでおじいさんの体の中ヘ・・・。果たしておじいさんの体ではどのようなことが起きているのでしょうか? 韓国題「리틀메딕:몸속탐험대」を直訳して仮題にしました。日本公開はなさそう?
 6位「ブレア・ウィッチ」はアメリカのホラー。日本でも12月1日公開で諸情報が出ているので、説明等は省略します。韓国題は「블레어 위치」です。
 8位「ミス・サイゴン:25周年特集」については上述しました。

【多様性映画】
順位・・・・題名・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・公開日・・・・・週末観客動員数・・・・累計観客動員数・・・・累積収入・・・上映館数
1(1)・・GAMBA ガンバと仲間たち(日本)・・11/10 ・・・・・・・・・・13,380・・・・・・・・・・・108,656 ・・・・・・・・・・・・819 ・・・・・・・・154
2(22)・・五日物語-3つの王国と3人の女・・11/24・・・・・・・・・・・8,457 ・・・・・・・・・・・・12,393 ・・・・・・・・・・・・102 ・・・・・・・・100
3(3)・・スンジョン(従順))(韓国)・・・・・・・・・11/17・・・・・・・・・・・・・・7,668 ・・・・・・・・・・・・31,153 ・・・・・・・・・・・・226 ・・・・・・・・・77
4(35)・・オアシス:スーパーソニック・・・・・11/24 ・・・・・・・・・・・・・4,385 ・・・・・・・・・・・・・6,797・・・・・・・・・・・・・・58 ・・・・・・・・・35
5(新)・・アバウト・レイ 16歳の決断・・・・・11/24 ・・・・・・・・・・・・・4,077 ・・・・・・・・・・・・・5,353・・・・・・・・・・・・・・40 ・・・・・・・・・72

 2・4・5位の3作品が新登場です。
 2位「五日物語-3つの王国と3人の女」は、日本でも1日遅れの11月25日に公開されています。韓国題は「테일 오브 테일즈」です。
 4位<「オアシス:スーパーソニック」については上述しました。
 5位「アバウト・レイ 16歳の決断」は、16歳の女の子レイ(エル・ファニング)の「決断」をめぐる物語。その決断とは「男の子として生きる」ということ。それを受け止めきれない母親マギー(ナオミ・ワッツ)は動揺しますが・・・。ほー、理解あるおばあさんはスーザン・サランドンが演じるのか。韓国題は「어바웃 레이」。この作品、1年前に日本公開が予定されていましたがその1ヵ月前に中止が公表され今に至っていますが、再度公開の目はあるのか、不明。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

韓国内の映画 NAVER映画の人気順位 と 週末の興行成績 [11月18日(金)~11月20日(日)]

2016-11-22 23:53:23 | 韓国内の映画の人気ランク&興行成績
 11月7日以来「危路工団」「異国に生きる 日本の中のビルマ人」「チリの闘い(第1~3部) 「将軍様、あなたのために映画を撮ります」とドキュメンタリーばかり立て続けに観ています。どれも見応えがありましたが、中でも「チリの闘い」は圧倒的! よくこれだけの映像が撮られ、またピノチェトによるクーデターとそれに続く弾圧の中でよくフィルムが国外に持ち出され、編集されたものです。それにしても、政治家から庶民まで、左翼から右翼まで、マイクを向けられた人たちの何と雄弁なことか! またヌルボとしては、もし自分があの時チリの国民としてそこにいたらどう考え行動したか考えてしまいました。どの政治勢力にも(結果論だろうが)限界や弱点が見えてしまうのは年を取ったためかも・・・。「将軍様、あなたのために映画を撮ります」も、映画のような(!)ドラマチックな内容申相玉は流暢な流暢な日本語で証言しているんですね。なお、これと、(先月観た)「チョンリマ」、まだ観ていない「太陽の下で 真実の北朝鮮」といった最近の北朝鮮関係映画について、辻田真佐憲氏が書いている記事(→コチラ)があったので興味のある方はご一読を。あ、韓国関係のドキュメンタリーといえば「済州の魂たち」も観なくては。

 25日朝にはソウル行きの飛行機に乗る予定なのに、明日(11月23日)は「私たち」のチケットを購入済みだし、他にもやることがいろいろあって、ホントに行けるのかな? (仕事を持って飛行機に乗り込む自分の姿が水晶の玉に映ってる!?)
    
「朝鮮日報」11月18日掲載の「封切映画 ぴったり10字評」 (ハングル文も訳文も10字です。)
)  「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」
   最後に超大型オマケが ★★★☆


 「隠された時間」

   かほど美しく切なる信頼 ★★★


 「ジュリエッタ」

   常に彼らしいこの監督 ★★★


 「スンジョン(従順)」

    泣く人たちと共に泣く ★★☆


 「カフェ6(六弄咖啡館)」

    誰にも眩しいその瞬間 ★★☆


 「ドラゴンネスト(龍之谷:破暁奇兵)」

   中国アニメの発展恐い ★★☆


 「ジュリエッタ」(2015)は日本ではすでに11月5日公開されています。他の5作品はすべて以下の記事の中で紹介しています。

         ★★★ NAVERの人気順位(11月22日現在上映中映画) ★★★

     【ネチズンによる順位】
             ※評点の後の( )は採点者数
①(1) オー・マイ・パパ(韓国)  9.82(175)
②(-) スンジョン(従順)(韓国)  9.76(38)
③(2) シーソー(韓国)  9.74(50)
④(5) おばあちゃんの遠い家(韓国)  9.46(127)
⑤(-) Bringing Tibet Home ~故郷を引き寄せて~(韓国等)  9.39(76)
⑥(3) マルリー・ゴモンへようこそ  9.38(21)
⑦(4) 自白(韓国)  9.37(2,234)
⑧(6) 学校に行く日  9.33(58)
⑨(7) KING OF PRISM by PrettyRhythm(日本)  9.28(1,272)
⑩(8) ヨイショ! 君と走る日  9.21(14)

 今回の新登場は②「スンジョン(従順)」だけです。これまでにも何度かあった韓国の宣教師の海外布教を扱ったドキュメンタリー&ドラマ。宣教師の父の人生を受け継いでウガンダのディンギディ村で村人と共に暮らしている女性キム・ウネ宣教師と彼女の夫ハン・ソングク宣教師、そして戦争の恐怖に震えている難民を愛し、傷ついた魂を癒しながら難民キャンプで一緒に暮らしているレバノンのキム・ヨンファ宣教師の話が盛り込まれた作品で、ウガンダとレバノンを行き来しながら1年6ヵ月間、40度を上回る猛暑の中で1日15時間も撮影して仕上げた作品とのことです。ウガンダのディンギディ村では内戦で傷を受けた人々が集まって暮らしています。キム・ウネ宣教師は、反乱軍に両親が残忍に殺害されるのを見たことがトラウマになって苦しんでいる子供たちの面倒を見ています。一方、レバノンでは、ISによる住民虐殺等の蛮行に耐えられず逃れてきた人にキム・ヨンファ宣教師が働きかけ、閉ざされた心を徐々に開いていきます・・・。私ヌルボ、どれも高い評点を得ているこれらの作品が、はたしてどれだけ(その特定の教団を越えて一般のキリスト教信者、あるいはキリスト教以外の人たちも観て、感動しているのか、そのあたりのことを知りたいのですが・・・。原題は「순종」です。

     【記者・評論家による順位】
             ※評点の後の( )は採点者数
①(1) キャロル  8.96(13)
②(2) ヘル・オア・ハイ・ウォーター  8.10(10)
③(3) ラヴニール  8.00(6)
④(4) ベルヴィル・ランデブー  7.83(8)
⑤(5) 自白(韓国)  7.67(10)
⑥(7) ひつじ村の兄弟  7.39(9)
⑦(8) あなた自身とあなたのもの(韓国)  7.31(9)
⑧(-) 恋物語(韓国)  7.17(6)
⑨(-) ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅  7.13(8)
⑩(10) ドクター・ストレンジ  7.03(7)

 今回の新登場は⑧と⑨の2作品です。
 ⑧「恋物語」は、韓国のイ・ヒョンジュ監督の長編第1作で、現在進行中の東京フィルメックスのコンペティション作品として上映されています。美術を専攻するユンジュ(イ・サンヒ)は、卒業作品の展示を準備をしている中、しきりにある女性に視線が向かうようになります。そして目が合った時に感じた温かさに心はだんだん引かれて行きます。一方、アルバイトをしながら夢を追いかけるジス(リュ・ソニョン)は、寒い冬のある日、温かく自分を見守る人に出会います。しばらくして再びその人ユンジュと会ったジスは彼女に手を差し伸べます。心がつながった2人の幸せな時ははたして永遠に続くのか・・・。同性間の細かな感情の動きを描いたこのラブ・ストーリーは、全州映画祭の韓国映画コンペ部門で最優秀賞を受賞する等の高い評価を得ています。韓国題は「연애담」です。
 ⑨「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」については後述します。

         ★★★ 韓国内の映画 週末の興行成績11月18日(金)~11月20日(日) ★★★

         「ファンタスティック・ビースト~」がトップ。日本ではいかに?
【全体】
順位・・・・題名・・・・・・・・・・・・・・・・・・・公開日・・・・週末観客動員数・・・・累計観客動員数・・・・・累積収入・・・・上映館数
1(新)・・ファンタスティック・ビーストと・・11/16・・・・・・・1,416,648・・・・・・・・・・・1,935,969・・・・・・・・16,715・・・・・・・・1,431
       魔法使いの旅
2(14)・・隠された時間(韓国) ・・・・・・・11/16 ・・・・・・・・・・208,172・・・・・・・・・・・・・358,444・・・・・・・・・2,812・・・・・・・・・・823
3(1)・・ドクター・ストレンジ ・・・・・・・・・10/26・・・・・・・・・・・193,457・・・・・・・・・・・5,191,198・・・・・・・・45,496・・・・・・・・・・540
4(2)・・スプリット(韓国) ・・・・・・・・・・・・11/09 ・・・・・・・・・・・96,841・・・・・・・・・・・・・670,971・・・・・・・・・5,445・・・・・・・・・・470
5(3)・・ラッキー(韓国) ・・・・・・・・・・・・・10/13・・・・・・・・・・・・49,531・・・・・・・・・・・6,933,613・・・・・・・・56,141・・・・・・・・・・382
6(4)・・ウィジャ:呪いの始まり・・・・・・11/09・・・・・・・・・・・・40,088・・・・・・・・・・・・・313,870・・・・・・・・・2,503・・・・・・・・・・305
7(5)・・GAMBA ガンバと仲間たち(日本)・・11/10 ・・・・・27,354・・・・・・・・・・・・・・91,968・・・・・・・・・・・696・・・・・・・・・・259
8(新)・・ハイキュー!!・・・・・・・・・・・・・・11/16・・・・・・・・・・・・16,626・・・・・・・・・・・・・・49,187・・・・・・・・・・・355・・・・・・・・・・124
       終わりと始まり(日本)
9(7)・・ムヒョン、2つの都市の物語(韓国)・・10/26・・・・・・14,518・・・・・・・・・・・・・154,266・・・・・・・・・1,216・・・・・・・・・・・95
10(41)・・カフェ6(六弄咖啡館) ・・・・11/16・・・・・・・・・・・・・11,886・・・・・・・・・・・・・・20,906・・・・・・・・・・・141・・・・・・・・・・126
     ※KOFIC(韓国映画振興委員会)による。順位の( )は前週の順位。累積収入の単位は100万ウォン。

 今回の新登場は1・2・8・10位の4作品です。
 1位「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」は、「ハリポタ」のスピンオフ作品(番外編)で、日本でも明日(11月23日)から公開されます。韓国題は「신비한 동물사전」です。
 2位「隠された時間」は、カン・ドンウォンと新人女優シン・ウンスの共演によるファンタジーラブストーリー。スリン(シン・ウンス)は母を亡くした後、継父と共にファノ島に引っ越してきて、独り空想にふけりしていましたが、やがてソンミン(カン・ドンウォン)と親しくなり、2人だけの暗号で2人だけの空間を過ごし、2人だけの思い出を積み重ねます。ある日、工場の発破現場を見に友だちと山に行きますが、そこでスリン以外の全員が行方不明になってしまいます。そして数日後、スリンの前に男性が現れ、自分はソンミンであり、隠された時間に閉じ込められてそこで大人になってしまったと話します。スリンは彼を信じますが、そのことを疑う警察や村の人々はソンミンだという男性を追い出そうとします・・・。原題は「가려진 시간」です。
 8位「ハイキュー!! 終わりと始まり」は、例によって私ヌルボの全然知らなかった日本アニメ。古舘春一の原作も・・・。「少年ジャンプ」を最後に読んだのは何年前だろう? 
韓国題は「하이큐!! 끝과 시작」です。
 10位「カフェ6(六弄咖啡館)」は、台湾の大ヒット青春恋愛映画。1996年、高校3年の親友同士の2人の男子。各々片思いの女の子がいて・・・。と思ったら1人は告白してなんと両思いに! ところが、その2人の進学した大学は遠く離れた高雄と台北。またそれぞれが抱く将来の夢にもズレが生じ始めて、次第に心も離れて行きます・・・。台湾の青春映画といえば、「あの頃、君を追いかけた」をばじめ「藍色夏恋」に「BF*GF」に、佳作がいくつもありました。「私の少女時代 Our Times」はまだ観てませんが・・・。これも期待していいのかな? なお、この作品の原作は台湾の人気作家・藤井樹の小説で、それを作家自ら監督として制作したものです。彼はあの岩井俊二監督の「Love Letter」の登場人物の名をペンネームにしたそうで、監督としては本名の呉子雲を用いています。韓国題は「카페 6」で、原題の「六弄咖啡館」の「六弄」とは6番目の路地のカフェという意味とのこと。で、日本公開は未定、なのかー。

【多様性映画】
順位・・・・題名・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・公開日・・・・・週末観客動員数・・・・累計観客動員数・・・・累積収入・・・上映館数
1(30)・・スンジョン(従順))(韓国)・・・・・・・・11/17・・・・・・・・・・・・・8,811 ・・・・・・・・・・・・15,998・・・・・・・・・・・・・116 ・・・・・・・・103
2(1)・・世界から猫が消えたなら(日本)・・11/09・・・・・・・・・・・・・4,213 ・・・・・・・・・・・・65,728・・・・・・・・・・・・・467 ・・・・・・・・・93
3(16)・・恋物語(韓国)・・・・・・・・・・・・・・・・・11/17 ・・・・・・・・・・・・・4,066 ・・・・・・・・・・・・・6,595・・・・・・・・・・・・・・56 ・・・・・・・・・36
4(新)・・ドラゴンフォース(日本・中国)・・・11/17 ・・・・・・・・・・・・・3,641 ・・・・・・・・・・・・・4,357・・・・・・・・・・・・・・34 ・・・・・・・・144
5(新)・・ドラゴンネスト(龍之谷:破暁奇兵)・・11/17・・・・・・・・・・3,627 ・・・・・・・・・・・・・5,428・・・・・・・・・・・・・・43 ・・・・・・・・102

 2位以外の4作品すべてが新登場です。
 1位「スンジョン(従順))」と、3位<「恋物語」については上述しました。
 4位「ドラゴンフォース」は、日本・中国合作の3Dアニメで、日本では2013年に公開された・・・とのことですが、これもヌルボは全然知りませんでした。韓国題は「드래곤포스 극장판」です。
 5位「ドラゴンネスト(龍之谷:破暁奇兵)」は、オンラインアクションRPGDragon Nestを題材とした中国の3Dアニメで、2014年カンヌ映画祭にも招待された作品。黒い山の中で眠っていたブラックドラゴンが目を覚ますと、アルテラの地に嵐が吹き始めます。ランバートたち平和騎士団はブラックドラゴンの力の源泉である宝石を破壊するため困難な旅に出ますが・・・。韓国題は「드래곤 네스트: 평화 기사단 VS 블랙 드래곤」。日本公開はなさそう(?)ですが、このアニメ、なんと中国サイトで丸ごと見られるとは! 字幕付き・・・って中国語ですけど。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

[韓国語の新語(?)]IU(アイユー)のCF「チャミスル、コル!」のコルとは? (+「国民の妹」、焼酎のCM等)

2016-11-18 16:30:52 | 韓国語あれこれ
 11月7日韓国文化院に韓国のドキュメンタリー映画「危路工団」を観に行ったら、本編上映前にCM映像が映されました。それがYouTubeにあったので貼っておきます。


 チャミスルのCMですが、IU(アイユー)がギターを弾きながら歌っています。
 このIUの最後の決めのセリフ、韓国語の中級レベルまでの学習者の人はどのくらいわかるでしょうか?

 「チャミスル、コル!(참이슬 콜!)」と言ってますね。このコル、日本人の(=私ヌルボの)耳にはだかだかだか、それともだかだかだか、よくわかりませんけど・・・。

 たとえば上記골~컬の6つで辞書を引いてみても、これはというピッタリの訳語は載っていません。
 私ヌルボがこの言葉を知ったのは、たしかチュ・ホミンの漫画「無限動力」(2013年ドラマ化)で見たのが最初だから2009年です。(→関連記事。)

 結論を言うと、この言葉の元は英語のcall(コール)で、ポーカーの用語に由来するとのことです。コルではなくコールと言ってくれれば日本人にはわかりやすいんですけどね。(笑) その漫画では、(記憶は不鮮明ですが)仲間の1人が「〇〇買って来るけど、欲しい人いる?」とか「明日一緒に〇〇に行かない?」と提案した時に「はあい!」とその話に乗るよ、という時の言葉。
 提案する側が「콜(コール)?(どう?)」と言えば「콜(コール)!(いいね、乗った!)」というふうに用いられます。
 →コチラの2011年の記事では「もうすっかり定番化している流行語」とあるので、新語といってももうほとんど定着している言葉といってよさそうですね。ただ、その記事には「主に10代や20代の若い人たちが使う表現なので30代過ぎた人が言うと逆に周りの人たちに引かれる可能性も」とあるので、要注意かも・・・。

 しかし、こうした辞書には載っていない新語(韓国語では新造語(신조어)の場合、韓国で生活していないとなかなかわからないですね。このコルは上記のように漫画でたまたま知ることとなりましたが、ヌルボが知らない新語はすでに定着したものでも3ケタはありそうです。
 ※ネット上の韓国語新語集としては→コチラや→コチラ、それから→コチラ等があって、たまに見たりはしていますが・・・。

 ところで、この記事の見出しでふつうにチャミスルとかfont size="3">IUとか書きましたが、はたしてふつうの日本人の間でどれくらい知られているのでしょうか? ヌルボは全然見当がつきません。チャミスルはヌルボの周りの同年配の韓国オタクの間ではずぅーっと以前からおなじみの韓国焼酎ですが、IU(アイユー)は皆さん知っているのかどうか? 1993年生まれの女性歌手で、「ドリームハイ」(2011年)とか、今年8月から始まった「月の恋人-歩歩驚心:麗」といったTVドラマにも出演しているので、韓国ドラマやKPOPファンのオバサマ、オネエサマ方にはチャミスルよりも知られているのでは?(よくわからない。) そうそう、<国民の妹>とも言われたりしてますね。

 <国民の妹>と言えば、オジサン仲間の間ではもしかしたらムン・グニョンキム・ヨナで止まっているかもしれませんが、その次がこのIUです。あ、それから映画「建築学概論」でいっぺんに人気が沸騰したスジ(1994年生まれ)も<国民の妹>になっちゃってます。
 そしてこのスジ、焼酎のシェア№1のチャミスル(真露)に次ぐ第2位のチョウムチョロム(ロッテ酒類)のCMをちょうど今やっていて、IU<国民の妹>対決を繰り広げています。その動画は→コチラなのですが、それとは別に「チョウムチョロム、モデルはなぜスジになったのか?」というちょっと興味を引かれる動画があったので、ソチラの方を貼っておきます。



 それにしても私ヌルボ、この頃フツーの日本人が何を知っていて何を知らないかがますます見当がつかなくなってきました。
 先月、久しぶりに中学生・高校生たちと話をして、たとえば彼らに北朝鮮帰国事業だの日本人妻だのの説明をするのがかなり大変だということを痛感しました。フォークルの「イムジン河」は知らないことを念頭において「君たちのおじいさんやおばあさんはきっとフォーククルセダーズというグループが歌った「イムジン河」というフォークソングを知ってるはず」云々と言ったらフォークソングって何ですか?」・・・と、これは私ヌルボも想定外でした。「昭和は遠くなりにけり」です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

韓国内の映画 NAVER映画の人気順位 と 週末の興行成績 [11月11日(金)~11月13日(日)]

2016-11-15 23:19:16 | 韓国内の映画の人気ランク&興行成績
 この1週間で観た映画は「異国に生きる 日本の中のビルマ人」だけです。土井敏邦監督による2012年のドキュメンタリーですが、ナヌムの家のハルモニたちを撮った「“記憶“と生きる」同様声高に叫ぶ感じではなく、淡々と日常生活に重きを置いて撮っている点がいいですね。

 韓国関係では、近所の横浜シネマリンで「済州の魂たち」、シネマ・ジャック&ベティで「将軍様、あなたのために映画を撮ります」が目下上映中で、これはぜひ観に行かなければ・・・。ジャック&ベティでは来月には「弁護人」もやるし、また韓国映画以外でもこの2館の上映予定作のいろいろ楽しみです。

 ぼちぼち映画祭シーズンになってきました。昨年高飛車な方針が自ら墓穴を掘ることになってしまった(→参照)大鐘賞ですが、今年は1月遅れで12月27日世宗大学校コンベンションホールで開催とか。しかし中継TV局等それ以外のことは未発表のまま。まだ昨年の混乱が尾を引いているようです。
 11月7日発表された青龍映画賞の作品賞にノミネートされたのは次の5作品。「哭声」「インサイダーズ/内部者たち」「東柱」「密偵」「釜山行き」「アガシ」。これは興味深いですね。男優賞・女優賞等その他の部門については→コチラの記事参照。また、10月発表の韓国映画評論家協会賞では「密偵」が最優秀作品賞を受賞しています。授賞式は11月7日催されました。(→コチラ。)
    
「朝鮮日報」11月11日掲載の「封切映画 ぴったり10字評」 (ハングル文も訳文も10字です。)
 「あなた自身とあなたのもの」
  感謝! 君が君であること ★★★
 「世界から猫が消えたなら」
  大切な事は変わらない ★★☆
 「オー・マイ・パパ」
  愛のために貧しくなる ★★☆
 「ビューティフル・レディーズ」
  深く辛い条理の深淵 ★★☆
 「シーソー」
  共に歩く時見える世界 ★★☆
 「スクウィーズ」
  超無邪気な賭けゴルフ ★★
 「ビューティフル・レディーズ」(仮)はソフィー・マルソー主演のフランス映画で、3人の女囚を中心とした犯罪ドラマ。日本公開は未定か? 「スクウィーズ」(仮)はアメリカのコメディ&ドラマ。ゴルフのトッププロを夢見る青年と、偶然ゴルフ場で出会った賭博師が100万ドルを賭けてゴルフ対決・・・しかしこれに無法者がからんでややこしいことに・・・。日本公開は未定のようです。「シーソー」先週の記事で紹介しました。他の3作品はすべて下の記事中で紹介しています。

         ★★★ NAVERの人気順位(11月15日現在上映中映画) ★★★

     【ネチズンによる順位】
             ※評点の後の( )は採点者数
①(-) オー・マイ・パパ(韓国)  9.89(153)
②(-) シーソー(韓国)  9.77(22)
③(1) マルリー・ゴモンへようこそ  9.39(18)
④(5) 自白(韓国)  9.37(2,182)
⑤(3) おばあちゃんの遠い家(韓国)  9.37(123)
⑥(7) 学校に行く日  9.32(56)
⑦(9) KING OF PRISM by PrettyRhythm(日本)  9.30(1,256)
⑧(- ) ヨイショ! 君と走る日  9.15(13)
⑨(-) オーヴェという男  9.14(1,328)
⑩(-)ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK‐The Touring Years  9.10(196)

 今回の新登場は①と⑧の2作品です。
 ①「オー・マイ・パパ」は、アメリカ人の神父アウロシオ・シュワルツ(1932~90.韓国名ソ・ジェゴン)についてのドキュメンタリー。彼は1957年に韓国に赴任して以来、朝鮮戦争後の貧しかった釜山に定着し、孤児や浮浪児や貧しい家の子供たちの施設として少年の家を開き、彼らの親代わりとなって面倒を見た人物で、1975年には韓国の国民勲章<冬柏(トンベク)章>を受章しました。その後はフィリピンでも貧しい子供たちのために尽力し、マグサイサイ章を受章しています。1990年フィリピンの<少女の家>で逝去し、昨年ローマ教会から<尊者>に列せられました。原題は「오 마이 파파」です。
 ⑧「ヨイショ! 君と走る日」は、昨年の<インディアン・フィルム・フェスティバル>で上映されたインド(ヒンディー語)の愛情コメディ。北インドの小さな町で小さなカセットテープ店を営む家の息子プレームは、父親に頭が上がらず、進級試験には失敗し落ち込むばかり。大好きな歌手クマール・サーヌーの歌のオリジナルカセット集を作ることだけが心の慰めです。そんなある日、父親の命令で見合いすることになったその相手サンディヤは教員免許を持っているちょっと(以上に)おデブな女性。それでもあれよあれよという間に結婚。しかし自由に生きたいという夢を絶たれた上、美しい女性と結婚できなかった不満を露骨に示すことから、結婚生活はたちまち行き詰まり、サンディヤは実家に戻ってついには離婚裁判に。両家の努力等でようやく事態が解決された2人は何も考えず「妻を背負って走る」大会に出場することになります・・・。韓国題は「아내 업고 달리기」です。日本での一般公開はなさそう? 観た人あちの感想を読むとなかなか好評なんだけど・・・。

     【記者・評論家による順位】
             ※評点の後の( )は採点者数
①(1) キャロル  8.96(13)
②(2) ヘル・オア・ハイ・ウォーター  8.10(10)
③(3) ラヴニール  8.00(6)
④(4) ベルヴィル・ランデブー  7.83(8)
⑤(6) 自白(韓国)  7.67(10)
⑥(8) 密偵(韓国)  7.50(12)
⑦(10) ひつじ村の兄弟  7.39(9)
⑧(-) あなた自身とあなたのもの(韓国)  7.31(9)
⑨(-) BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント  7.08(6)
⑩(-) ドクター・ストレンジ  7.03(7)

 ⑧「あなた自身とあなたのもの」だけが今回の新登場です。ホン・サンス監督の新作。ネチズンの評点(7.24)より専門家の評点の方が高いのはこの監督ならでは。画家のヨンス(キム・ジュヒョク)は、母が危篤という日、恋人のミンジョン(イ・ユヨン)からある男と酒を飲んでひどいケンカをしたという話を聞きます。そのことで2人は口論になり、ミンジョンは当分会わないことにしましょうと出て行ってしまいます。翌日からヨンスは彼女を探してあちこちを回りますが会えないまま。その間、近所ではミンジョン(or似た女性?)が行き来し、何人かの男たちにも会っています。ヨンスはミンジョンを探してさまよいつつ自分と戦い続け、それが世界で戦うことと同じではないかと思い、彼女もまた・・・等々のストーリーは、この監督の場合どうでもよさそう?(笑) 韓国題は「당신자신과 당신의 것」です。

         ★★★ 韓国内の映画 週末の興行成績11月11日(金)~11月13日(日) ★★★

         「ドクター・ストレンジ」が3週連続トップ
【全体】
順位・・・・題名・・・・・・・・・・・・・・・・・・・公開日・・・・週末観客動員数・・・・累計観客動員数・・・・・累積収入・・・・上映館数
1(1)・・ドクター・ストレンジ ・・・・・・・・・10/26・・・・・・・・・・・548,511・・・・・・・・・・・4,825,574・・・・・・・・42,518・・・・・・・・・・951
2(18)・・スプリット(韓国) ・・・・・・・・・・・11/09 ・・・・・・・・・・336,802・・・・・・・・・・・・・439,425・・・・・・・・・3,629・・・・・・・・・・702
3(2)・・ラッキー(韓国) ・・・・・・・・・・・・・10/13・・・・・・・・・・・245,324・・・・・・・・・・・6,804,656・・・・・・・・55,153・・・・・・・・・・669
4(新)・・ウィジャ:呪いの始まり・・・・・11/09・・・・・・・・・・・162,146・・・・・・・・・・・・・210,984・・・・・・・・・1,722・・・・・・・・・・467
5(33)・・GAMBA ガンバと仲間たち(日本)・・11/10 ・・・・49,813・・・・・・・・・・・・・・56,949・・・・・・・・・・・437・・・・・・・・・・400
6(26)・・世界から猫が消えたなら(日本)・・11/09 ・・・・・・33,194・・・・・・・・・・・・・・48,436・・・・・・・・・・・332・・・・・・・・・・175
7(6)・・ムヒョン、2つの都市の物語(韓国)・・10/26・・・・・・27,757・・・・・・・・・・・・・123,286・・・・・・・・・・・973・・・・・・・・・・136
8(5)・・手裏剣戦隊ニンニンジャー ・・11/03 ・・・・・・・・・・・16,048・・・・・・・・・・・・・・60,786・・・・・・・・・・・476・・・・・・・・・・254
       VSトッキュウジャー THE MOVIE 忍者・イン・ワンダーランド(日本)
9(8)・・きみに読む物語・・・・・・・・2004/11/26・・・・・・・・・・・15,202 ・・・・・・・・・・・・591,338 ・・・・・・・・・4,119・・・・・・・・・・112
10(4)・・ヘル・オア・ハイ・ウォーター・・11/03 ・・・・・・・・・・・7,058・・・・・・・・・・・・・・74,630・・・・・・・・・・・584・・・・・・・・・・127
     ※KOFIC(韓国映画振興委員会)による。順位の( )は前週の順位。累積収入の単位は100万ウォン。

 今回も全体的に数字は停滞気味。「ラッキー」は700万人に届く感じですね。
 今回の新登場は2・4・5・6位の4作品。これで日本映画が3作品ランクイン。珍しいかも。
 2位「スプリット」は、韓国のドラマ。過去ボーリング界の伝説と呼ばれていたチョルジョン(ユ・ジテ)でしたが、、不運の事故ですべてを失ってからは昼は偽の石油販売員、夜は賭けボーリングの選手として働いています。そんなある日、自分の世界に閉じこもっているもののボーリングには天才的な能力を持つヨンフン(イ・ダウィッ)に偶然出会い、2人はパートナーになります。そしてチョルジョンの助力者で、賭博ブローカーの女性ヒジン(イ・ジョンヒョン)の指揮の下、大きな賭博の勝負を始めるのですが・・・。原題は「스플릿」です。
 4位「ウィジャ:呪いの始まり」は、アメリカのホラーで、2014年に公開された「ウィジャ」(日本未公開)の前日譚。ウィジャ(Ouija)とは何かと思ったら心霊術で用いる仕掛け版というか、コックリさんのようなものだとか。1965年のロサンゼルス。2人の娘を抱えて夫に先立たれた女性が自宅でその文字盤ウィジャを使って心霊相談を始めます。ところが、やがてウィジャは強力な悪霊をひきつけ、下の娘にとり憑いて 家族に恐怖をもたらします・・・。韓国題は「로스트 인 더스트」。日本公開はなさそうな・・・。
 5位「GAMBA ガンバと仲間たち」は、斎藤惇夫の名作児童小説「冒険者たち ガンバと十五ひきの仲間」3Dアニメ化作品なのですが、私ヌルボは観てないので、コメントはパスということで・・・。韓国題は「감바의 대모험」です。
については上述しました。
 6位「世界から猫が消えたなら」、これも観てないんですよねー。「余命あとわずかとなった・・・」という内容紹介を見ただけで関心が遠のく感じで・・・。まあ韓国もとっくにネコ愛好国になっているので、タイトルだけでも集客力はあるでしょうね。韓国題は「세상에서 고양이가 사라진다면」です。

【多様性映画】
順位・・・・題名・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・公開日・・・・・・・・週末観客動員数・・・・累計観客動員数・・・・累積収入・・・上映館数
1(6)・・世界から猫が消えたなら(日本)・・11/09 ・・・・・・・・・・33,194 ・・・・・・・・・・・・48,438・・・・・・・・・・・・・332 ・・・・・・・・175
2(15)・・あなた自身とあなたのもの(韓国)・・11/10・・・・・・・・・4,324 ・・・・・・・・・・・・・7,243 ・・・・・・・・・・・・・57・・・・・・・・・175
3(1)・・すれ違いのダイアリーズ・・・・・・11/02・・・・・・・・・・・・・・5,055 ・・・・・・・・・・・・68,157・・・・・・・・・・・・・476 ・・・・・・・・115
4(新)・・ラスト、コーション・・・・・・・2007/11/08・・・・・・・・・・・・・・4,744・・・・・・・・・・1,921,142・・・・・・・・・・12,630 ・・・・・・・・119
5(2)・・暗い日曜日・・・・・・・・・・・・・2000/10/21 ・・・・・・・・・・・・・3,003 ・・・・・・・・・・・・19,835・・・・・・・・・・・・・158 ・・・・・・・・・56

 1・2・4位の3作品が新登場です。
 1位「世界から猫が消えたなら」と、2位<「あなた自身とあなたのもの」については上述しました。
 4位「ラスト、コーション」は、話題を呼んだ中国映画の再上映。主演のタンウェイは「レイトオータム」に出演した縁で韓国のキム・テヨン監督と結婚したこともあって、韓国で知名度の高い中国人の代表格になっています。韓国題は「색, 계」です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

韓国内の映画 NAVER映画の人気順位 と 週末の興行成績 [11月4日(金)~11月6日(日)]

2016-11-09 07:45:48 | 韓国内の映画の人気ランク&興行成績
 <新大久保映画祭>」で観た2作品の最初は11月3日の「風吹く良き日」。なぜか「風が吹く良い日」になってましたが。20年くらい前、5年前に続き3回目ですが、いい作品は何度観てもいいし、またその度に新発見があります。また今回は何よりも上映後李長鎬(イ・ジャンホ)監督のトークを間近で聞けたのがよかった! 1980年というかなり昔の作品なので、監督さんもかなりのお年かなとなんとなく思っていたら1945年生まれの71歳で元気そのもの。日本の文化・風俗に親しんでいた最後の世代とのことで、映画界に残る日本語のこととか、監督デビュー作(「星たちの故郷」)のヒットの後の大麻事件による4年の空白期間中にいろんな本を読だこと、他の監督作品を観てリアリティがないと思ったこと、全斗煥までの軍事政権の時代の検閲のこと等々、多岐にわたって興味深い話が聞けました。全斗煥時代に女性作家の朴婉緒(パク・ワンソ)が敢然と作品の部分削除等に反対の声をあげてその要求を貫き通したということは初めて知りました。終わってから前の道で車で乗り込んだ監督にお辞儀をしたら降りてきて握手して下さいましたが、こういう時に限っていつも持ち歩いているデジカメを持ってきていなかったのが残念。
 もう1つ7日に韓国文化院で観たのが「危路工団」。1970年代の九老の縫製工場で働く女性労働者から、現代の飛行機の客室乗務員やソウル市の120茶山(タサン)コールセンターの担当職員、あるいはベトナムやカンボジアに進出しているアパレル関係の韓国企業で働く現地の労働者といった過去40年の女性労働者たちの労働実態とその闘いを、それらに関わった多くの人の証言や過去の映像を織り込んで構成していて、強く訴えるものがある優れた作品でした。今回だけでなく、もっと多くの人が観られる機会があればいいのですが・・・。

 11月12日(土)シネマカリテで「弁護人」の上映がスタート。韓国で2013~14年に大ヒットした作品ですが、初日の12日には主演のソン・ガンホが来るとのことで場所を武蔵野館に移して特別上映。料金も特別で2000円に設定されてましたが、昨日チケットのネット販売はあっという間に売り切れ。混乱もあった? まあ予想通りというか・・・。私ヌルボは他に予定もあってパスしましたが。この「弁護人」は盧武鉉元大統領の弁護士時代の逸話がモチーフになっているそうですが、盧武鉉といえば今韓国で「ムヒョン、2つの都市の物語」という彼のドキュメンタリーが上映されていて、→コチラの記事によると例の朴槿恵大統領退陣要求が高まる中、話題となって多くの観客を集めているそうです。

 私ヌルボが韓国で観た数少ない映画の1つ「ドンジュ(東柱)」が12月4日(日)立教大学で上映されます。映画以外にもいろいろあり。詳しくは→コチラ。一般劇場公開はあるのかな?
 そして12月7日(水)には神田外語大学で「愛を歌う花(原題=解語花)」上映。これも上映前に講演等が予定されています。詳細は→コチラ。この作品は来年1月7日からシネマート新宿等で公開されますね。

 韓国映画以外では、まず期待を裏切られることのないインド映画の期待作「PK」はいつ観にいけるのかな・・・?

 「朝鮮日報」の「封切映画 ぴったり10字評」は先週掲載されませんでした。

         ★★★ NAVERの人気順位(11月8日現在上映中映画) ★★★

     【ネチズンによる順位】
             ※評点の後の( )は採点者数
①(-) マルリー・ゴモンへようこそ  9.50(12)
②(3) フィドルスティックス  9.50(10)
③(2) おばあちゃんの遠い家(韓国)  9.47(120)
④(5) Bringing Tibet Home ~故郷を引き寄せて~(韓国等)  9.39(76)
⑤(4) 自白(韓国)  9.38(2,096)
⑦(1) 学校に行く日  9.34(53)
⑧(-) 手裏剣戦隊ニンニンジャーVSトッキュウジャー THE MOVIE  9.31(296)
       忍者・インワンダーランド(日本)
⑨(8) KING OF PRISM by PrettyRhythm(日本)  9.30(1,249)
⑩(-) どのように別れるか(韓国)  9,27(11)

 今回の新登場は、①⑧⑩の3作品です。
 ①「マルリー・ゴモンへようこそ」(仮)は、フランスの田舎の村に医師としてやってきたコンゴ出身の男性&妻と子供たちと、村の人々とのコミュニケーションを描いた、実話に基づく物語。1975年、医師の資格を手にしたばかりのコンゴ出身のセヨロは、フランスの市民権を得るために、フランス北部の無医村マリゴーモンの医師になることを決心します。そこはパリから300kmも離れた辺鄙な所。市長は黒人のセヨルには絶対村の住民に歓迎されないだろうと思いとどまるよう話しますが、彼はやめるどころかアフリカの家族まで呼び入れて未来を夢見ます。セヨルと家族は期待して当地に来ますが、驚いたことにそこは故郷コンゴよりも遅れた村で彼らは大失望。その上悪いことに、黒人を初めて見た村の人々は、彼らを虫でも見るように警戒心丸出し。その後、そんな関係性がだんだん変わっていくというあたりは予定調和的かもしれませんが・・・。この作品については竹下節子さんがご自身のブログ記事(→コチラ)で詳しく書いていらっしゃいます。「多分日本で公開されそうもない映画だろう」とのことですが、なぜ韓国では公開されることになったのでしょうね? (日本に比べればフランス映画への注目度が高いような気もします。) 韓国題は「아프리칸 닥터(アフリカン・ドクター)」です。
 ⑧「手裏剣戦隊ニンニンジャーVSトッキュウジャー THE MOVIE 忍者・イン・ワンダーランド」は、およそ40年にわたってTV放映されている<スーパー戦隊シリーズ>の第39作、といっても、私ヌルボ、このジャンルも全然疎いからなー。男の子でも家族にいる人ならそれなりに知ってるのかな? 韓国題は「극장판 파워레인저: 닌자포스 VS 트레인포스 닌자 인 원더랜드です。(韓国題も長いな。)
 ⑩「どのように別れるか」は、よくあるロマンス+難病モノかと思ったらそうではなくて・・・。寿司職人の下で寿司シェフの道を歩むナビ(ソ・ジュニョン)は、ある日、猫と暮らしている旅行雑誌記者のイジョン(パク・ギュリ.←KARA)と出会います。ところがナビの目を引いたのはイジョンよりも猫のヤンマ。ナビには猫の魂と会話することができる秘密の能力があったのです。ヤンマにはマ・ジャンスン(イ・ヨンナン)という中年女性の霊が入り込んでおり、彼女もまた特別な事情を抱えていました。やがて取材のために家を空けなければならないイジョンに代わってヤンマの面倒を見ているうちに、ナビとイジョンは恋人同士になり、幸福な日々がずっと続くかと思われたそんな時、突然ヤンマが癌を患っているということを知らされます・・・。と、難病になるのは猫とは・・・。猫ブームはもうすっかり定着したようですね。「ナビ(나비.チョウチョ)」も猫につけられる定番の名前だし。(なぜ??) 「ヤンマ(얌마)」の方は知りませんでしたが、相手を優しく呼ぶ慶尚道方言とか。原題は「어떻게 헤어질까」です。

     【記者・評論家による順位】
             ※評点の後の( )は採点者数
①(1) キャロル  8.96(13)
②(-) ヘル・オア・ハイ・ウォーター  8.10(10)
③(2) ラヴニール  8.00(6)
④(3) ベルヴィル・ランデブー  7.83(8)
⑤(4) ハドソン川の奇跡  7.75(8)
⑥(5) 自白(韓国)  7.67(10)
⑦(6) 私たち(韓国)  7.66(14)
⑧(7) 密偵(韓国)  7.50(12)
⑨(-) BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント  7.45(5)
⑩(-) ひつじ村の兄弟  7.39(9)

 ②と⑩の2作品が新登場です。
 ②「ヘル・オア・ハイ・ウォーター」については後述します。
 ⑩「ひつじ村の兄弟」は、日本では昨年12月に公開されたアイスランド映画。。韓国題は「램스」です。

         ★★★ 韓国内の映画 週末の興行成績11月4日(金)~11月6日(日) ★★★

         「ドクター・ストレンジ」が前週に続きトップ
【全体】
順位・・・・題名・・・・・・・・・・・・・・・・・・・公開日・・・・週末観客動員数・・・・累計観客動員数・・・・・累積収入・・・・上映館数
1(1)・・ドクター・ストレンジ ・・・・・・・・・10/26・・・・・・・・・1,002,204・・・・・・・・・・・3,966,578・・・・・・・・34,769・・・・・・・・1,213
2(2)・・ラッキー(韓国) ・・・・・・・・・・・・・10/13 ・・・・・・・・・・450,923・・・・・・・・・・・6,384,000・・・・・・・・51,764・・・・・・・・・・848
3(3)・・ひとりかくれんぼ(韓国) ・・・・・10/26 ・・・・・・・・・・・48,275・・・・・・・・・・・・・273,028・・・・・・・・・2,142・・・・・・・・・・354
4(新)・・ヘル・オア・ハイ・ウォーター・・11/03 ・・・・・・・・・・38,333・・・・・・・・・・・・・・48,498 ・・・・・・・・・・389・・・・・・・・・・354
5(新)・・手裏剣戦隊ニンニンジャー ・・11/03 ・・・・・・・・・・38,098・・・・・・・・・・・・・・41,116 ・・・・・・・・・・322・・・・・・・・・・406
       VSトッキュウジャー THE MOVIE 忍者・イン・ワンダーランド(日本)
6(8)・・ムヒョン、2つの都市の物語(韓国)・・10/26・・・・・・35,613・・・・・・・・・・・・・・70,317・・・・・・・・・・・557・・・・・・・・・・101
7(31)・・すれ違いのダイアリーズ ・・・・10/26 ・・・・・・・・・・30,827・・・・・・・・・・・・・・51,344・・・・・・・・・・・346・・・・・・・・・・163
8(5)・・きみに読む物語・・・・・・・・2004/11/26・・・・・・・・・・・24,363 ・・・・・・・・・・・・562,368 ・・・・・・・・・3,876・・・・・・・・・・125
9(新)・・人魚姫:新しい冒険の始まり・・11/03 ・・・・・・・・・20,917・・・・・・・・・・・・・・22,465・・・・・・・・・・・176・・・・・・・・・・262
10(4)・・インフェルノ・・・・・・・・・・・・・・・・10/19 ・・・・・・・・・・・19,792・・・・・・・・・・・・・675,250・・・・・・・・・5,547・・・・・・・・・・174
     ※KOFIC(韓国映画振興委員会)による。順位の( )は前週の順位。累積収入の単位は100万ウォン。

 全体的に数字が伸びない中、「ラッキー」は600万人を超えてまだ余力がありそう。
 今回の新登場は4・5・7・9位の4作品です。
 4位「ヘル・オア・ハイ・ウォーター」は、アメリカの犯罪ドラマ。銀行ローンの返済に窮したハワード兄弟=兄のタナー(ベン・フォスター)と弟のトビー(クリス・パイン)は、自分たちの母が遺した唯一の財産である農場の所有権さえ差し押さえられるという危機に直面します。そこで彼らが選んだ手段はその銀行をターゲットにした強盗。首尾く成功した彼らはその後も支店を次々に狙い続けます。ところが、当然のように彼らを追う保安官の追跡網が迫ってきます・・・。すでに観た方のブログ記事(→コチラ)によると「骨太な人間ドラマと兄弟愛、そして現代アメリカが抱える問題をうまく絡め、エンターテインメント作品としても社会派としても、まるで抜かりのないほぼ完璧な作品」の上「笑える場面も多い」とのことで「これは2016年どころではなく、生涯のベストに入るなぁ」と大絶賛してます。となるとぜひ観てみたい! 日本公開は未定のようですが、→コチラの記事によると「ハドソン川の奇跡」や「沈黙-サイレンス-」等とともにアカデミー賞候補になりそうだとか。原題の「Hell or High Water」は「たとえ火の中水の中」といった意味。韓国題は「로스트 인 더스트」です。
 5位「手裏剣戦隊ニンニンジャーVSトッキュウジャー THE MOVIE 忍者・イン・ワンダーランド」については上述しました。
 7位「すれ違いのダイアリーズ」は、日本ではすでに今年5月に公開されています。韓国題は「선생님의 일기」。
 9位「人魚姫:新しい冒険の始まり」は中国のアニメ。海軍提督であるお父さんの船に乗っていたソフィーは、嵐の中で海に落ちてしまいます。彼女を助けてあげようとする人魚姫を人間を信じていない海の神は引き留めますが、姫はソフィーを連れてて人々の世界に一緒に出て、ソフィーは無事にお父さんのもとへ。しかし海賊たちの陰謀で人魚姫姫とソフィーは、再び危機に陥ります・・・。絵柄を見ると、やっぱりキャラクターは「アナ雪」みたいだし、ネチズンの感想も「技術的に古くて、子供はだませても大人の目にはアラが目立つ」との感想がいくつも。原題は「인어공주:새로운 모험의 시작」。日本公開はなさそう、でしょう。

【多様性映画】
順位・・・・題名・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・公開日・・・・・・・・週末観客動員数・・・・累計観客動員数・・・・累積収入・・・上映館数
1(10)・・すれ違いのダイアリーズ・・・・・11/02・・・・・・・・・・・・・・30,827 ・・・・・・・・・・・・51,344・・・・・・・・・・・・・346 ・・・・・・・・163
2(新)・・暗い日曜日・・・・・・・・・・・・2000/10/21・・・・・・・・・・・・・・・8,179 ・・・・・・・・・・・・10,926・・・・・・・・・・・・・・89 ・・・・・・・・128
3(1)・・自白(韓国) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・10/13 ・・・・・・・・・・・・・・・4,343 ・・・・・・・・・・・119,613 ・・・・・・・・・・・・937 ・・・・・・・・・45
4(26)・・2回目の二十歳(韓国・イタリア) ・・11/03・・・・・・・・・・・・4,324・・・・・・・・・・・・・・7,243 ・・・・・・・・・・・・・57・・・・・・・・・175
5(新)・・シーソー(韓国)・・・・・・・・・・・・・・11/10 ・・・・・・・・・・・・・・・1,260・・・・・・・・・・・・・・1,884 ・・・・・・・・・・・・・16・・・・・・・・・・・4

 今回は3位以外の4作品すべてが新登場です。
 1位「すれ違いのダイアリーズ」については上述しました。
 2位「暗い日曜日」は、1999年のドイツ・ハンガリー合作作品の再上映。韓国題は「글루미 선데이」です。
 4位「2回目の二十歳」は、韓国・イタリア合作のロマンス。2回目の20歳だと笑っていた40歳のミナ(イ・テラン)の前に現れた男性は初恋の相手ミング(キム・スンウ)。一目惚れして熱く愛し合い、すれ違いの末に別れた2人は、再会して1週間の秋のイタリアを共に旅することになります。はたして「私たちはまだ恋人同士なのか?」・・・。原題は「두 번째 스물」です。
 5位「シーソー」は、韓国のドキュメンタリー。イ・ドンウは、ある日自分の網膜を寄贈するという人の連絡を受けます。体を動かすことさえ困難な、ただ目だけ見ることができるその人イム・ジェシンと出会ったイ・ドンウは、自分に残った目をあげるという彼と済州島への旅行を計画します。家庭を持ち、愛すべき娘の父親でもある2人はこうしてお互いに親しくなり、それぞれの足りない点が満たされていくのを感じます。原題は「시소」です。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加