★私のクラシック音楽館(MCM)★ クラシック音楽研究者  蔵 志津久            

クラシック音楽のCD/DVDによる名曲・名盤の紹介および最新コンサート情報/新刊書のブログ

◇クラシック音楽◇新譜CD情報

2017-05-26 11:30:33 | 新譜CD情報

 

<新譜CD情報>

 

イザベル・ファウスト2

<CD1>

モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第1番 変ロ長調K207
         ロンド 変ロ長調K269(261a)
         ヴァイオリン協奏曲第2番 ニ長調 K211
         ヴァイオリン協奏曲第3番ト長調K216 a

<CD2>

モーツァルト:ロンド ハ長調 K373
         ヴァイオリン協奏曲第4番 ニ長調 K218
         アダージョ ホ長調 K261
         ヴァイオリン協奏曲第5番 イ長調 K219

           (カデンツァはすべてファウストの依頼によるアンドレアス・シュタイアー作)

ヴァイオリン:イザベル・ファウスト

指揮:ジョヴァンニ・アントニーニ

古楽アンサンブル:イル・ジャルディーノ・アルモニコ

録音:2015年3月21-23日、2016年2月4-8日、テルデックス・スタジオ(ベルリン)

CD:キングインターナショナル(HARMONIAMUNDI) KKC-5691/92

 ヴァイオリンのイザベル・ファウスト(1972生まれ)はドイツ出身。1987年「レオポルド・モーツァルト・コンクール」優勝。1993年「パガニーニ国際ヴァイオリン・コンクール」優勝。現在、世界で最も注目されているヴァイオリニストの一人。このCDでは、ストラディヴァリウス「スリーピング・ビューティ」(ガット弦使用)で演奏している。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◇クラシック音楽◇コンサート情報

2017-05-25 08:40:27 | コンサート情報

 

<コンサート情報>

 

~95歳の現役ヴァイオリニスト イヴリー・ギトリス ヴァイオリンリサイタル~

クライスラー:愛の悲しみ
        美しきロスマリン
マスネ:タイスの瞑想曲
パラディス:シシリエンヌ
ブラームス:スケルツォ

ヴァイオリン:イヴリー・ギトリス

ピアノ:イタマール・ゴラン

会場:紀尾井ホール

日時:2017年5月27日(土) 午後7時

 「日本に着くと、自分の家に帰ってきたような気が毎回する」と言う、今年95歳を迎える親日家の現役ヴァイオリニスト イヴリー・ギトリス。今回の公演ではピアノが久しぶりに代わり、ギトリスが15歳の時から知っているというイタマール・ゴラン。巨匠イヴリー・ギトリスがクライスラー、マスネ、パラディス、ブラームスを弾く一夜。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◇クラシック音楽◇コンサート情報

2017-05-22 10:31:33 | コンサート情報

 

<コンサート情報>

 

~フィンランド・タンペレ・フィルハーモニー管弦楽団 日本ツアー大阪公演~

 シベリウス:交響詩「フィンランディア」
        ヴァイオリン協奏曲
        交響曲 第2番

ヴァイオリン:堀米ゆず子

指揮:サントゥ=マティアス・ロウヴァリ(タンペレ・フィル芸術監督・首席指揮者)

管弦楽:フィンランド・タンペレ・フィルハーモニー管弦楽団

会場:ザ・シンフォニーホール

日時:2017年5月25日(木)  午後7時

 指揮のサントゥ=マティアス・ロウヴァリ(1985年生れ)は、フィンランド出身。シベリウス音楽院で学ぶ。2013年タンペレ・フィルハーモニー管弦楽団の芸術監督と首席指揮者に就任。2017年エーテボリ交響楽団の芸術監督・首席指揮者に就任。初来日は2012年。

 タンペレ・フィルハーモニー管弦楽団は創立87年を誇るスカンジナヴィア半島の主要なオーケストラのひとつ。1990年には、優れたコンサート・ホールであり、また会議場でもあるタンペレ・ホールが完成。2013年8月、前任者のハンヌ・リントゥからフィンランド人指揮者のサントゥ=マティアス・ロゥヴァリが芸術監督に就任。

 ヴァイオリンの堀米ゆず子(1957年)は、東京都出身。桐朋学園大学音楽学部を卒業。1980年日本人として初めてエリザベート王妃国際音楽コンクールで優勝。以後ベルギーを本拠として国際的な活動を行っている。ブリュッセル王立音楽院客員教授。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◇クラシック音楽◇新譜CD情報

2017-05-19 10:58:33 | 新譜CD情報

 

<新譜CD情報>

 

~フランスのコントラルト歌手ナタリー・シュトゥッツマンのシューベルト:三大歌曲集~

ナタリー・シュトゥッツマン

<Disc1>歌曲集「冬の旅」(全曲)
<Disc2>歌曲集「美しき水車小屋の娘」(全曲)
<Disc3>歌曲集「白鳥の歌」(全曲)

コントラルト:ナタリー・シュトゥッツマン

ピアノ:インゲル・ゼーダーグレン

CD:ワーナー・ミュージック・ジャパン WPCS-13650~2

 ナタリー・シュトゥッツマン(1965年生れ)は、フランスのコントラルト歌手。ナンシー音楽院、パリ・オペラ座の付属学校で学ぶ。1983年~1987年ハンス・ホッターの下でドイツ・リート等を学ぶ。1988年「ベルテルスマン国際声楽コンクール」で優勝。以後、国際的に活動を始めた。2008年から指揮者としても活動を開始。2009年には「オルフェオ55」という古楽系室内管弦楽団を創設して指揮者を務めている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◇クラシック音楽◇コンサート情報

2017-05-18 07:52:49 | コンサート情報

 

<コンサート情報>

 

~デビュー20周年記念 森麻季ソプラノ・リサイタル~

グノー:歌劇「ファウスト」より“宝石の歌”
マスカーニ:アヴェ・マリア
久石 譲:Stand Alone(NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」メインテーマ)
菅野よう子:花は咲く(NHK「明日へ」東日本大震災復興支援ソング)
プッチーニ:歌劇「ジャンニ・スキッキ」より“私のお父さん”   ほか

ソプラノ:森 麻季

ピアノ:山岸茂人

会場:ルネこだいら 大ホール(東京都小平市)

日時:2017年5月21日(日) 午後3時

 ソプラノの森 麻季(1970年生れ)は、東京都出身。東京藝術大学音楽学部声楽科を経て、同大学院独唱専攻を修了。在学中に安宅賞受賞。文化庁派遣芸術家在学研修員としてミラノのヴェルディ国立音楽院に留学。また、ミュンヘン国立音楽大学大学院を修了。第26回「イタリア声楽コンコルソ」優勝、ミラノ大賞受賞。1998年「カマイオーレ国際コンクール」オペラ部門と歌曲部門で優勝。日本人として初めてワシントン・ナショナル・オペラに出演、「ワシントン・アワード」受賞。2000年度「出光音楽賞」受賞。2001年度「ホテルオークラ音楽賞」受賞。古典から現代まで幅広いレパートリーを誇り、類稀なる技術に裏打ちされた透明感のある美声と深い音楽性は各方面から絶賛されている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加