★私のクラシック音楽館(MCM)★ クラシック音楽研究者  蔵 志津久            

クラシック音楽のCD/DVDによる名曲・名盤の紹介および最新コンサート情報/新刊書のブログ

◇クラシック音楽◇新譜DVD情報

2017-04-25 11:59:12 | 新譜DVD情報

 

<新譜DVD情報>

 

~ベルリン・フィルの夏の野外コンサート 2016 イン レーロース(ノルウェー)~

グリーグ:抒情組曲~第5番「山の夕べ」(管弦楽版)

メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲ホ短調
ビャーネ・ブルースタ(1895-1978):「お伽噺組曲」~ヴェスレフリク(アンコール)

ベートーヴェン:交響曲第3番変ホ長調「英雄」

ヴァイオリン:ヴィルデ・フラング

指揮:サー・サイモン・ラトル
 
管弦楽:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

録音:2016年5月1日ノルウェー、レーロース教会(ライヴ録音)

DVD:キングインターナショナル(EURO ARTS) KKC-9179

 ベルリン・フィルの創立記念日である5月1日に毎年行われている、ベルリン・フィルの夏の野外コンサート。美しい建物や街で行われるコンサートは、多くの音楽ファンに支持されている。2016年はノルウェーにあるレーロース鉱山都市で開催された。ヴァイオリンのヴィルデ・フラング (1986年生れ) は、ノルウェー、オスロ出身。10歳でノルウェー放送交響楽団と共演しデビュー。12歳の時にマリス・ヤンソンス指揮オスロ・フィルハーモニー管弦楽団と共演。2011年に初来日している。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◇クラシック音楽◇コンサート情報

2017-04-24 10:33:07 | コンサート情報

 

<コンサート情報>

 

~軽井沢大賀ホール 2017春の音楽祭  岩崎宏美 with 国府弘子  ピアノ・ソングス~

曲目:聖母たちのララバイ
    思秋期
    すみれ色の涙
    ロマンス
    童謡・洋楽カバー曲、ほか

ヴォーカル:岩崎宏美

ピアノ: 国府弘子

会場:軽井沢大賀ホール

日時:2017年4月30日(日) 午後3時30分

 二人の聖母(マドンナ)が贈る、歌とピアノによるヒットナンバーの数々。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◇クラシック音楽◇新譜CD情報

2017-04-21 11:00:12 | 新譜CD情報

 

<新譜CD情報>

 

~若手打楽器奏者のホープ 悪原 至の独奏者として初のアルバム~

悪原 至

ダニエル・アレハンドロ・アルマダ:リンデ
ネボーシャ・ヨハン・ジヴコヴィッチ:ジェネラリー・スポークン・イット・イズ・ナッシング・バット・リズム
ヤニス・クセナキス:ルボンa・b
新実徳英:マリンバのために II
フィリップ・ユレル:ループス II
ヤニス・クセナキス:プサッファ
トマシュ・ゴリンスキー:ルミノシティ I・II

打楽器:悪原 至

録音:2016年6月1日~3日、三芳町文化会館(コピスみよし)

 若手打楽器奏者のホープ、悪原 至による打楽器ソロのための作品集。独奏者としては初のアルバムとなる。悪原 至は、国立音楽大学を矢田部賞受賞し卒業後、同大学院修士課程修了。同時に最優秀賞受賞。第23回「日本クラシック音楽コンクール」打楽器部門において11年ぶりとなる第1位グランプリ受賞。第16回「KOBE国際音楽コンクール」最優秀賞受賞を含め、国内4つのコンクールで第1位を受賞。第11回「チェジュ国際金管打楽器コンクール」ファイナリスト。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◇クラシック音楽◇コンサート情報

2017-04-20 11:30:44 | コンサート情報

 

<コンサート情報>

 

~紀尾井ホール リニューアル・オープニング~

ストラヴィンスキー:ニ調の協奏曲(バーゼル協奏曲)
バッハ:二本のヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調 BWV1043
ハイドン:十字架上のイエス・キリストの最後の七つの言葉 Hob.XX/1A

指揮・第1ソロVn:ライナー・ホーネック(紀尾井ホール室内管弦楽団首席指揮者)

第2ソロVn:千々岩英一

管弦楽:紀尾井ホール室内管弦楽団

会場:紀尾井ホール

日時:2017年4月21日(金) 午後7時/22日(土) 午後2時

 ライナー・ホーネック(指揮、ヴァイオリン)は、1961年オーストリアのネンツィング生まれ。ウィーン国立音楽大学に学ぶ。1981年ウィーン国立歌劇場管弦楽団/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団に第一ヴァイオリン奏者として入団、1984年には同歌劇場管のコンサートマスターに、1992年にはウィーン・フィルのコンサートマスターに就任。室内楽にも意欲的に取り組み、1989〜1999年ウィーン・ヴィルトゥオーゼンの創立メンバー、1982〜2004年ウィーン弦楽ゾリステンのリーダーとして活躍、2000年以降は、アンサンブル・ウィーン、ウィーン・ベルリン室内管弦楽団でも活発な活動を行っている。近年は指揮者としても活躍。2017年4月より紀尾井ホール室内管弦楽団首席指揮者に就任。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◇クラシック音楽◇新刊情報

2017-04-18 07:50:53 | 新刊情報

 

<新刊情報>

 

書名:クラシックコンサートをつくる~有名ホールでは体験できないクラシックコンサートとは~

著者:平井 満、渡辺 和

発行:水曜社

 人々がバブルに翻弄されていた時代、華やかさとは正反対の手法でクラシック音楽の命脈を保ってきた人々がいる。高いレベルの演奏を手頃な料金で成立させる企画力、音楽ホールもピアノも無い中での運営など、地域に根ざしたクラシックコンサートをつくってきた団体を紹介し、新時代の地方の文化事業のあり方を提言する。
 

 

 

書名:ビートルズ原論~ロックンロールからロックへ~

著者:根木正孝

発行:水曜社

 1960 年代という時代から分析する、新しい「ビートルズの教科書」 。


 ◇

 
書名:バロック音楽を考える~Rethinking Baroque Music~

著者:佐藤 望

発行:音楽之友社

 過去の音楽をただ知識として受け入れるのではなく、一人一人が、自分自身と音楽との関わりを歴史的脈絡を通じて考えるための新しい音楽史が登場。全体は通史の形を取らず、重要なトピック「現代の音楽史観とは」「バロック時代・バロック音楽とは」「楽器の技術と音楽の変化の関係」「多声の組織化と鍵盤楽器の関係」「宗教と音楽の関係」「ジェンダー論の観点から見たバロック音楽」「中世的な音楽史観の浸透と変化」を扱う7章からなる。
 

 
書名:演奏と時代 指揮者篇

著者:吉井亜彦

発行:春秋社

 「名盤鑑定百科」シリーズでお馴染みの著者による名曲名盤の篩「指揮者篇」。時代の流れとともにコンダクターシップはどのように変遷してきたか。巨匠時代の采配ぶり(ライナー&セル)から今日の精緻なアンサンブル志向まで、指揮者とオーケストラの協働と聴衆に与える影響関係を、突出した指揮者13人の活躍を通して綴る。CD案内付き。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加