港町のカフェテリア 『Sentimiento-Cinema』


献立は…  
シネマ・ポップス…ときどきイラスト

『星空のブルース』 ベルト・ケンプフェルト楽団

2016-11-05 14:06:14 | 名曲セレクション

”Wonderland By Night” Bert Kaempfert Orchestra



この曲は1959年にドイツのクラウス・ギュンター・ノイマンが作曲。映画主題歌『真夜中のブルース』で脚光を浴びていた
ベルト・ケンプフェルト楽団の演奏で1960年の1月には3週連続で全米No.1に輝くミリオン・ヒットとなりました。
【今週のベスト・テン】では、1960年5月第5週に登場し10月第3週までの21週連続でランクイン(最高4位)しています。
また、大沢牧子がパーソナリティーを務めていた【P盤アワー】のテーマ曲としても有名でした。

↓はベルト・ケンプフェルト楽団の『星空のブルース』 YOUTUBEより




歌唱としては米国のアニタ・ブライアントもリリースしていますがこちらはあまり知られた存在ではないようです。

”Wonderland By Night” Anita Bryant

英詩はリンカーン・チェイスによるものです。

Stars hung suspended
Above a floating yellow moon
Two hearts were blended
While angels sang a lover's tune
And so we kissed
Not knowing if our heats could pay the price
But heaven welcomed us to paradise
Blessing our love

↓はアニタ・ブライアントの『星空のブルース』 YOUTUBEより


『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ロマンティカ』 トニー・... | トップ | 『淋しくって』 ブレンダ・リー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。