港町のカフェテリア 『Sentimiento-Cinema』


献立は…  
シネマ・ポップス…ときどきイラスト

旅の友・ポップス編 (25) 『激しい季節』

2017-02-28 12:42:57 | 旅の友・ポップス編

『激しい季節』 サウンド・トラック
”Estate violenta” Sound-track 【YOUTUBEより】
(メインテーマは1分40秒後です)


イタリア映画の作曲家といえばカルロ・ルスティケッリ、ニーノ・ロータ、ジョヴァンニ・フスコが代表的ですが、
個人的にはこのマリオ・ナンシベーネです。あまり多くの有名な作品は残していませんが『国境は燃えている』、
鞄を持った女』、『激しい季節』は共にキラリと輝く優れた名曲です。
この三作品はともにヴァレリオ・ズルリーニの監督作品で、同監督が目指していたイタリアン・リアリズムに
ロマンティシズムを融合させた新境地の完成に彼の音楽が多大なる貢献をしいてることは否めません。

関連記事
2014-05-11 映画音楽史(125)『激しい季節』1960年公開

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旅の友・ポップス編 (24) 『いとしのパオラ』

2017-02-27 14:58:27 | 旅の友・ポップス編

『いとしのパオラ』 サルヴァトーレ・アダモ
”Dolce Paola” Salvatore Adamo 【YOUTUBEより】


私を大きく変えた思い出の一曲です。

関連記事
2015-09-02 続・60年代ポップス変遷史 1965年『いとしのパオラ』サルヴァトーレ・アダモ
2013-06-28 『すみらん』にて
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旅の友・ポップス編 (23) 『太陽はひとりぼっち』

2017-02-26 13:54:33 | 旅の友・ポップス編

『太陽はひとりぼっち』 コレット・テンピア楽団(オリジナル盤)
”L'Eclisse” Collètto Tempia 【YOUTUBEより】


『太陽はひとりぼっち』 ジョヴァンニ・フスコ楽団
”L'Eclisse” Giovanni Fusco 【YOUTUBEより】


ジョヴァンニ・フスコの会心作、日本のチャートではコレット・テンピアで独走しました。

関連記事
2014-07-11 映画音楽史(177)『太陽はひとりぼっち』 1962年公開

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旅の友・ポップス編 (22) 『恋心』

2017-02-25 11:47:34 | 旅の友・ポップス編

『恋心』 エンリコ・マシアス
”L'amour, C'est Pour Rien” Enrico Macias 【YOUTUBEより】


フレンチ・ポップスの新星エンリコ・マシアス、衝撃のデビュー曲です。

関連記事
2015-08-01 続・60年代ポップス変遷史 1965年『恋心』エンリコ・マシアス
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旅の友・ポップス編 (21) 『ある晴れた朝突然に』

2017-02-24 15:37:34 | 旅の友・ポップス編

『ある晴れた朝突然に』 オリジナル・サウンド・トラック
”Par Un Beau Matin Dete” Original Sound-track 【ニコニコ動画より】



映画の出来には落胆しましたが、映画音楽としては史上に残る名曲となりました。

関連記事
2014-10-02 映画音楽史(248)『ある晴れた朝突然に』1965年公開

コメント
この記事をはてなブックマークに追加