港町のカフェテリア 『Sentimiento-Cinema』


献立は…  
シネマ・ポップス…ときどきイラスト

旅の友・ポップス編 (142) 『マック・ザ・ナイフ』

2017-06-28 14:54:12 | 旅の友・ポップス編

『マック・ザ・ナイフ』 エラ・フィッツジェラルド
”Mack The Knife” Ella Fitzgerald 【YOUTUBEより】


1931年制作のG・W・パプスト監督による『三文オペラ』の主題歌で、当該映画ではエルンスト・ブッシュが
『モリタート』というタイトルで唄っていました。
その後、英詩がつけられ『マック・ザ・ナイフ(匕首マッキー)』としてスタンダード・ナンバーになり、
ルイ・アームストロング、フランク・シナトラ、ボビー・ダーリンなどがレパートリーに組み入れています。
1963年制作の同名のリメイク映画でもサミー・ディヴィス・Jr が唄って話題になりました。
いずれ劣らぬ名唱ですがエラ・フィッツジェラルドも聞きごたえがあります。

関連記事
2014-09-17 映画音楽史(235)『三文オペラ』1964年公開
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旅の友・ポップス編 (141) 『恋はみずいろ』

2017-06-27 14:08:51 | 旅の友・ポップス編

『恋はみずいろ』 ヴィッキー
”L'Amour Est Bleu” Vicky Leandros 【YOUTUBEより】


『恋はみずいろ』 ポール・モーリア楽団
”L'Amour Est Bleu” Paul Mauriat 【YOUTUBEより】


ギリシャ出身の歌姫ヴィッキーのデビュー作で、1967年のユーロビジョン・ソング・コンテストの入賞曲です。
恋の色模様をテーマとしたさわやかなポップスとして日本でも大ヒット、その翌年にはポール・モーリアの
華麗な演奏で爆発的なヒットとなっています。

関連記事
2015-10-18 続・60年代ポップス変遷史 1967年『恋はみずいろ』ヴィッキー
2015-11-06 続・60年代ポップス変遷史 1968年『恋はみずいろ』ポール・モーリア楽団
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

旅の友・ポップス編 (140) 『巴里祭』

2017-06-26 12:59:28 | 旅の友・ポップス編

『巴里祭』 リス・ゴーティー
”À Paris Dans Chaque Faubourg” Lys Gauty 【YOUTUBEより】


ルネ・クレール監督による1932年制作の傑作映画『巴里祭』の主題歌で、同監督の『巴里の屋根の下』と共に
映画音楽として歴史的価値のある名曲です。
映画ではコーラスなどが使われていましたがレコードとしてはリス・ゴーティーで広く知られています。
別タイトルとしては『巴里恋しや』となっていますが、ここでは『巴里祭』としておきます。

関連記事
2014-12-29 映画音楽史(322)『巴里祭』1933年公開
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旅の友・ポップス編 (139) 『イスラエルの子守唄』

2017-06-26 12:59:28 | 旅の友・ポップス編

『イスラエルの子守唄』 カテリーナ・バレンテ
”Israeli Lullaby” Caterina Valente 【YOUTUBEより】


ジョン・マリーとハロルド・ソロモンが共同で作り上げた楽曲です。
戦争で父を失った子供に平和を願って唄い聞かせる子守歌で、
日本ではカテリーナ・ヴァレンテのレコードがリリースされています。
1963年6月頃によく聞いたのですがそれほどのヒットには至らず
各局のベストテン番組には登場しておりません。
残念ながら動画がありませんが、私の旅の友には欠かせない一曲です。
後日に動画が見当たればここに貼り付けたいと思っています。

2015-05-02 60年代ポップス変遷史1963年6月
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旅の友・ポップス編 (138) 『褐色のブルース』

2017-06-25 14:34:57 | 旅の友・ポップス編

『褐色のブルース』 アラン・ゴラゲール楽団
”Blues De Memphis” Alain Goraguer 【YOUTUBEより】


フランスのミシェル・ガストが監督した1959年制作の話題作『墓にツバをかけろ』の主題歌です。
映画としてはそれほど価値ある作品ではなかったものの、この当時の流れとなったシネ・ジャズを
数多く全編にちりばめ、中でも哀愁を帯びたこの『褐色のブルース』が一躍注目を集めました。

関連記事
2014-05-02 映画音楽史(118)『墓にツバをかけろ』1960年公開
コメント
この記事をはてなブックマークに追加