元・副会長のCinema Days

映画の感想文を中心に、好き勝手なことを語っていきます。

「トゥルー・グリット」

2011-03-25 06:33:46 | 映画の感想(た行)

 (原題:TRUE GRIT )新星ヘイリー・スタインフェルドの存在感に圧倒される一編だ。父親の仇を討つため、連邦保安官コグバーンと共に遙かなる西部の荒野を行く14歳のマティに扮した彼女は、コグバーン役のジェフ・ブリッジスや彼らに同行するテキサス・レンジャー役のマット・デイモン、敵役のジョシュ・ブローリンといったベテラン俳優たちを相手に一歩も引かない演技の確かさを見せる。

 何があってもへこたれない精神力と、海千山千の荒くれどもと五分に渡り合うタフ・ネゴシエーターぶり。この年齢にして一家を支える使命感を持ち、自分が何をやるべきなのかを熟知している。そんな凛とした佇まいと清潔感は、コグバーン達はもとより悪い奴らも一目を置くほどの存在の大きさを醸し出す。そんなヒロイン像を見事にスクリーン上に創造したスタインフェルドを起用した時点で、本作の成功は約束されたようなものだろう。

 元ネタのジョン・ウェインがアカデミー賞を獲得した「勇気ある追跡」(1969年作)は観ていないが、この映画単体で見てもかなり出来は良い。リメイクしたのがコーエン兄弟というのは少し意外だが、いつもの一種“病的な”シチュエーションがないことを別にすれば、追いつめられた人間が開き直っていくというプロセスにコーエン兄弟の今までの作品に通じるものはある。強がってはいても弱さを隠せない西部の男達の描写も“毎度お馴染み”といった具合だ。

 ただし、今回は製作総指揮のスティーヴン・スピルバークの持ち味も強く出ていると思う。キビキビとしたドラマ運びや、広がりのある映像空間の創出にそれを感じる。特に、終盤に映し出される満天の星空をバックに馬を走らせるシークエンスなど、多分に作り物めいてはいるが目覚ましい美しさと魅力に溢れている。おそらくは、スピルバーグの参加が広範囲な支持を集めるのに貢献したのだろう。

 映画のラストには大人になったマティを登場させる。少女時代に体験した西部での冒険のあとにも、彼女には人生の苦難が待っていた。それにしっかりと対峙して生きたマティこそが真の勇気(トゥルー・グリット)の持ち主であると、高らかに宣言しているようだ。

 カーター・バーウェルの音楽、ロジャー・ディーキンスのカメラ、共に言うこと無し。惜しくもオスカーは逃したが、受賞作の「英国王のスピーチ」よりはずっと好きな作品だ。本年度のアメリカ映画のひとつの収穫である。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« DACを聴き比べてみた。 | トップ | 「ディープ・カバー」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む

15 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
トゥルー・グリット  監督/ジョエル&イーサン・コーエン (西京極 紫の館)
【出演】  ジェフ・ブリッジス  マット・デイモン  ヘイリー・スタインフェルド 【ストーリー】 マティ・ロスは、育ちがよく信念の強い14歳の少女。ある日、彼女の父親が、雇い人のチェイニーに無残にも撃ち殺された。マティは父親の形見の銃を譲り受け、ためらわず...
トゥルー・グリット (映画的・絵画的・音楽的)
 『トゥルー・グリット』をTOHOシネマズ六本木で見てきました。 (1)ことさらな西部劇ファンでもなく、またコーエン兄弟の作品に通じているわけでもないため、本作品についての事前の情報など何もなしに、ただ『ヒア アフター』のマット・デイモンが出演しているというの...
『トゥルー・グリット』 (京の昼寝~♪)
    □作品オフィシャルサイト 「トゥルー・グリット」□監督・脚本 ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン □原作 チャールズ・ポーティス □キャスト ジェフ・ブリッジス、マット・デイモン、ジョシュ・ブローリン、ヘイリー・スタインフェル...
トゥルー・グリット がらがらへ~びがやってきた~! (労組書記長社労士のブログ)
【=17 -3-】 木曜日、仕事の一貫で大阪府池田市内をママチャリ乗って一日中爆走、さっきマピオンキョリ測でポチポチと走行距離を大雑把に計ってみたら、なんと30?くらいを走っていた。 途中雨は降るし、ポータルナビゲーションのバッテリーは切れるし、せっかく登り切っ...
トゥルー・グリット (だらだら無気力ブログ)
69年のジョン・ウェイン主演西部劇「勇気ある追跡」の原作ともなった チャールズ・ポーティスの同名小説を、「ファーゴ」「ノーカントリー」の コーエン兄弟が「クレイジー・ハート」のジェフ・ブリッジスを主演に 迎えて再映画化。 父を殺した犯人への復讐を誓い、2人...
『トゥルー・グリット』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 トゥルー・グリット 』 (2010)  監  督 :ジョエル・コーエン、イーサン・コーエンキャスト :ジェフ・ブリッジズ、マット・デイモン、ジョシュ・ブローリン、ヘイリー・スタインフェルド、バリ...
監督ジョエル&イーサン・コーエン兄弟 「トゥルー・グリット」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
えぇ~~西部劇なんか観たのは何年ぶりだろうか? 確か学生時代にサム・ペキンパー監督の「ワイルド・バンチ」と「ビリー・ザ・キッド 21歳の生涯」の2本立てを文芸座で観て以来かも(^。^:) そんな私でもジョン・ウェインと言えば西部劇で有名な名優と言われてる...
■映画『トゥルー・グリット』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
でっぷりと膨らんだお腹をさらけ出し、いぎたなく眠りこけたりしてしまうジェフ・ブリッジスの演技がなんとも素晴らしい、ジョエル&イーサン・コーエン兄弟の最新作『トゥルー・グリット』。 ジェフ・ブリッジス演じる酔いどれ保安官、コグバーンだけじゃなく、頑なで...
映画「トゥルー・グリット」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「トゥルー・グリット」観に行ってきました。アメリカ西部開拓時代を舞台に、14歳の少女が2人の男と共に父親の仇を追う復讐劇を描いた、1969年公開の西部劇映画「勇気あ...
[映画『トゥルー・グリット』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆すっかり、王道の物語を撮れるようになったコーエン兄弟監督作である。  かつての、ジョン・ウェイン主演西部劇のオリジナル原作を映画化したとのこと。  ・・・父親を殺された娘が、保安官を雇い、インディアン居留地に逃亡した犯人を追う。  犯人には多くの前科...
映画『トゥルー・グリット』を観て (kintyre's Diary 新館)
11-27.トゥルー・グリット■原題:True Grit■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:110分■字幕:松崎広幸■鑑賞日:4月2日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)■料金:1,800円スタッフ・キャスト(役名)□監督・脚色・製作:ジョエル・コーエン、...
『トゥルー・グリット』 | 少女の不幸は復讐の旅からはじまった。 (23:30の雑記帳)
この物語は一見すると「大人たちの手を借りながらも、 最後には立派に父親の敵を討つ、けなげな14歳の少女の物語」 のように見えるし、事実、表面上はそうなんですけれど、 内 ...
トゥルー・グリット (as soon as)
劇中にも何度か出てくる真の勇気 正しいと信じるものを貫き行動する 死の谷を歩こうともわたしは恐れない この少女、マティの鉄の意志 これは、掲げる正義が正しいかどうかということよりも 正し...
「トゥルー・グリット」(TRUE GRIT) (シネマ・ワンダーランド)
「ノー・カントリー」「バーン・アスター・リーディング」などの作品で知られる米監督ジョエル&イーサン・コ^エンがメガホンを執った西部劇「トゥルー・グリット」(原題=真の勇気、2010年、米、110分、パラマウント映画配給)。この映画は、ジョン・ウエイン及...
トゥルー・グリット (True Grit) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ジョエル・コーエン/イーサン・コーエン 主演 ジェフ・ブリッジス 2010年 アメリカ映画 110分 西部劇 採点★★★ 批評家やマニアの受けはすこぶる良いコーエン兄弟。何かしらの映画祭で話題になりますよねぇ。「映画祭向けに作ってんじゃないのか?」って思...