駅前糸脈

町医者をしながら世の中最前線の動きを感知、駅前から所見を発信。

21世紀の斎戒沐浴

2018年01月16日 | 小考

     

  相撲のことも将棋のことも 暴かれるトランプのことも外交に飛び回る安倍首相のことも書く気がしない。がめ煮に例えれば九州の人に怒られる、何でも放り込んである白日の闇鍋というか、玉石混交といってもほとんど瓦礫ばかりの情報に、21世紀の斎戒沐浴は溢れる情報から身を清め、本当に大切な問題と知識が身に入って来るようにすることかもしれないと感じている。

 必ずしも、静寂や黙考が必要でもないだろう。人と落ち着いて挨拶以上の話をする、肩を触れる、握手をする、匂いに感ずる、目をきちんと合わせる・・といった行為は、今の時代一つの精神身体的斎戒沐浴ではないか思う。勿論、テレビラジオインターネットを離れた自然の中で静かに過ごす時間が持つことができれば、雑音が消えてゆくだろう。

 何だか妙な事を考えた。忙しくて心が疲れているのかもしれない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一つでは間違える

2018年01月15日 | 小考

   昨日は珍しく朝日読売毎日の三紙に目を通してみた。五十年前と違って、新聞の個性がはっきりしてきているようだ。そうすると、これは朝日に対して多く強いのだが、ネット上に特定の新聞への誹謗中傷とも思える意見を反射的に書き込む一群の人達が出てきている。たぶん、以前からそうし衝動を持つ人達が居たのだろうと思う。ところで、例えば四月一日などに記事内容を総取っ替えで新聞を出してみたらと思う。読売の内容の朝日を呼んで誹謗する人達の考えに変化があるかもしれない。

 日本は朝日読売毎日日経といった質の高い全国紙を持ち、しかも欧米に比べれば圧倒的に多い購買数がある。これは凄いことのはずなのだが、民度はもう一つに思われる?。中々、毎日複数紙に目を通すことは時間的にも経済的にも難しいことだとは思うが、単一紙が席巻していないことはきわめて重要と感じる。この頃は活字離れと言われ学生さんたちは新聞を読まなくなったかもしれないが、せめて日曜版くらい複数紙に目を通して欲しいと、活字世代は考える。色々が大切、できるだけ広い視野をというのは、先輩医師から教わったことだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人口減少と社会保障の行方

2018年01月14日 | 小考

  人口減少に関する山崎史郎さんの中公新書を読んだ。これからの25年避けられない人口減少社会が待っている。何とかなるだろう、誰かが何とかしてくるだろうなどというのは論外だが、いたずらに心配したり反射的に政府を非難するのは建設的ではない。勿論、批判されるべき所はいくつかあり、国民は眼を光らせていなければならないのだが、この問題に自らが力と知恵を出す用意がなければ、単なる悪口に終わる。

  山崎さんの本を読むと、戦後の早い時期から政府は日本の人口動態に関心を持ち、きちんとした計画を立てていたのが分かる。まあ予測は難しいし、正直に書いてあるがいくつかの失策もあり、ここに来て対応に遅れやずれが生じて喫緊性が増している。

  いづれにしても、この本を読むと問題は極めて難しいこと、政府官僚はきちんと考えてきていたことがわかる。そして気付かなければならないのは地方自治体や草の根的な個人の発意と行動で人口減少が生む社会現象に立ち向かっている動きがあるということだ。

  この一冊だけでは不十分ではあるが、人口減少の抱える問題の広がりと難しさを教えてくれる本だ。そして、社会保障というものが、社会を支えているということも教えてくれる。生活保護をどう捉えているか、その意味価値は何か、自らに問い直させてくれた。誰しも、どこかけしからんという気持ちを持つことがあると思うが、社会の成り立ちに思い至らなければならないだろう。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

森繁久彌の場合

2018年01月13日 | 世界

 

  女優のカトリーヌドヌーブさんらフランス女流芸術家や作家100名が連名でルモンドにしつこい女性ハントや不器用な口説きは犯罪ではないとする書簡を公開したと毎日の金言に書いてあった。いかにもフランスらしいとも言えるが、私は大人というか公平とさえ思った。私もやられたと告発された男の三割は犯罪、四割はけしからんから犯罪の間、三割は微妙で武骨や稚拙だったのではと思う。男の私でも絶対許せないと思うのはパワハラが絡んだセクハラと暴力が絡んだセクハラだ。この二つはアウトだ。

 とにかく男と女の関係は微妙ですれ違いも多いようだが、巡り合った相思相愛も多いし、馬には乗ってみよ、人には添ってみよで相思相愛になった夫婦も結構おられるだろう。暴く告白は当然としてもこれが、副作用を生まなければよいがとも思う。

  今は亡き森繁の場合はどうも口説かれたことがあるのがむしろ勲章のようで、単なるご挨拶としか思えないのに?私もと告白される女優が数多く居る。こういうのを何と言えばいいのだろうか。もう残っていないだろうが、森繁の爪の垢などという商品が出れば売れそうだ。

  しかし、森繁が生きていたらアルコールや薬物を使って悪さをする奴は男の屑だと鉄槌を下すだろう。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

分相応、今は昔

2018年01月12日 | 世の中

              

 皆さんは分相応にという言葉をどう捉えられておられるだろうか。その人の身分や能力にふさわしくと辞書には書いてある。まあ身分は不正確なこともあるだろうが能力は有りの儘だろう。昔と違って、謙遜に自らを捉え慎ましく生きようとする人は減っているような感じがする。

 血圧を測るのに上着が厚いと支障がある、診察するにも診察しにくい。診察室の前に大きな文字で上着を脱いでお待ちくださいと書いてあるのに、上着を脱がないで入って来る人が結構居る。そういう人の中には看護師の指示にハイと直ぐ脱がず、あれそうか、そうだっけなどと言いながら、立ち上がりぬっくりと時間を取らせる患者さんが居られる。空いている時ならともかく何十人と後がつかえていると嬉しくない。

 正月休みや夏休みの日程は一ヶ月半前から何カ所かに掲示している。それでも休み前になるといつからだと頻繁に電話で問い合わせがあり、受付をがっかりさせる。

 診察を受けるというのがどういうことか考えていない、この前どうだったかも憶えていないのだ。掲示を見ても頭に入れていない。それなのに、訴えることは人並み以上で、テレビで見たら物忘れは随分良くなるようだし、尿漏れもピタッと治るそうだが、あんまり良くならないなどとちゃんと勉強して一生懸命やっている医者をがっかりさせるようなことを言われる。

 普段なら大して気にならないのだが毎日100人110人の患者が押し寄せ、クタクタの老医には気になる、否気に障る。

 言うまいと思えど、知識もなく考えない人達を煽っているのは週刊誌をはじめとするマスコミの論調で、残念ながら無批判にそれに乗りそれを鵜呑みにする人達が数多い。昔は知識や思慮に不足はあってもという気がする、優れた人はそれに答えようとした、とまあ大袈裟な?結論を導いてしまった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「大日本史」から昭和史を窺い知る

2018年01月11日 | 
  •  

 

 連休、風邪でごろごろしていたので本を少し読むことが出来た。その一冊に「大日本史」山内昌之・佐藤優共著 文春文庫がある。対談形式で読みやすく、短い時間で読むことが出来た。山内昌之氏は二三度テレビでお見かけしたことがあるが、歴史に造詣が深い柔軟な紳士な学者という感じがした。ご存じ佐藤優氏は驚くべき数の著書を生み続けている化け物のような、否本当に化け物かも知れない考え物言う知識人だ。

 自分は日本史に詳しくない、世界史だって大して詳しくないが、殊に昭和史は全く知らないと言ってもよいくらいだ。二十五歳から五十五歳くらいまでは殆ど医学書しか読まなかった。五十半ばから、多少あれこれ他分野の本を読むようになったのだが、理解できても記憶に残らないという現象を体験することとなった。最近は理解力も落ちている。

 「大日本史」の太平洋戦争への流れを、やはりそうかと苦い思いを持って読んだ。昭和の初めに起きた間違い(日本の国土は荒廃し亡くなった人だけで300万に近いのだから間違いと言えると思う、侵略された国側では間違いは済まないだろう)がどうして起きたかというと防げなかったからだと読んだ。

 国の方針がなんとも奇妙というか不思議な決まり方で、決まってしまうのを読むと、どこか今に似ている気がしてくる。物事を先まで深く考えず、目先のことの可否で突っ走り、方針に反対あるいは疑問を呈する人物勢力を、暴力と思考停止視野狭窄の託宣を持ち出すことで排除してしまう人達が居た。そういう人達は必ずしも高位の役職ではなく、異様な圧力特異な才覚で上位の人を動かし操ったようだ。高官の中には結果がどうなるかよりも保身に走る人物も多く、誰が決めたか何でそうなったかの責任は宙に浮いてしまい、反省見直しがうやむやになってしまう。

 日本人は歴史に学ばない悪弊があると山内さんは指摘しておられる。

 一体、敵愾心旺盛で暴力的権謀術数的自己中路線に取り憑かれる精神はどこから生まれてくるのだろうと不思議な気がした。国民栄誉賞の羽生さんも井山さんも決して一手しか考えないで指したり打ったりすることはない、何十手も先を読んでどうなるかを見極めている。そういう熟慮する人を国民栄誉賞に選んだのだから、よく考え先まで読んで結果を予測することの大切さを政治家はご存じのはず、国民全体のためにどうぞよろしくと申し上げたい。

 戦えば北はなくなるという言葉は、小野寺大臣は誠実な発言と思われているかもしれないが、戦略的で不正確な表現だと思う。何十万の人が命を奪われ、何百万もの人が困窮し国土は汚染されることになる。その中には日本人も日本の国土も含まれるのは確実なわけで、決してすっと消えてなくなる訳ではない、広島や長崎の惨事が再現されると表現して欲しい。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

インフルエンザ襲来

2018年01月10日 | 診療

 

   昨日は病み上がりのところに百人以上の患者さんが来院され、いささかというかかなり草臥れた。いつもより二時間ほど早く就寝したので、今朝はだいぶん元気も出て、何とかやれそうだ。

 初診のインフルエンザの人は何にも言わないけれど、なじみの患者さんには「忙しくて、大変ですねえ」と声をかけてくれるやさしい人がいる。中には「お客さんたくさんで、ほくほくですねえ」などと、いつもならともかく、疲れている身にはちっとも嬉しくない言葉をかけてくれる患者さんもいた。どちらの患者さんも、忙しいのがわかっているから、細かい訴えはせずすっと帰ってくれるのでありがたい。

  インフルエンザは流行が少し遅れたせいか?、AとBとが半々だ。従来教科書的にはBの方が軽いようなことを言われていたが、どうもそうでもない感じで、症状からAとBを鑑別するのは難しい。ただほとんど100%、家族や同僚と同じ型に罹患しているので、感染源がわかる。インフルエンザの検査は状況証拠で省くこともあるが、抗インフルエンザ薬を投与しないことは特殊な事情がない限りなく、厚生省の必要と認めた時にという暗に抑制的な指導には従っていない。1日でも早く楽になれればその方が良いし(一日早く解熱することが証明されている)、患者さんも希望されるからだ。流布した患者さんの常識に抗う治療をするのは難しい。総合的には医療費を軽減薬し剤耐性を減らす意味での薬の使用抑制はした方が良井のだろうが、個別には楽を選ぶのが人間の性だ。抗インフルエンザ薬投与は風邪への抗生剤投与と異なり、無意味ではないので使うのが実情だ。

 今日は昨日ほどは混まないことを祈っているが、はて?。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

体調を崩す

2018年01月09日 | 身辺記

   

 久しぶりの雨で道路は濡れた歩道をとぼとぼと歩いて出勤してきた。土曜日から微熱と頭痛があり倦怠感が強く、一昨日は八度台の熱が出て二日間ほとんど寝ていた。数年に一度、体調を崩す。幸いインフルエンザではなかったので、今日は何とか働けると出てきた。とんでもない連休ではあったのだが、どういう訳か体調を崩すのはいつも週末で、自分の病気で医院を休診にしたことはない、不思議だ。気が張っていると病気が表に出ないのかもしれない。

 熱があって寝ていると子供の時母親が慈しんで看病してくれ有難かったのを思い出す。病気になると病気の辛さを思い出し、風邪の患者さんにももう少し優しくしてあげねばと思う。

 風邪というのは実は多種多様なビールスが引き起こす病気で、ほとんどが合併症を起こさなければある期間で自然に軽快する。そのため感染力の強いウイルスや重症化しやすいウイルス以外は特に精査しないで風邪として、対照的に治療し経過を見る。今回の体調不良も経過から風邪だと自己診断しているが、慎重に経過を診たい。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

さ迷う成人の日

2018年01月06日 | 小考

 

 今朝は電車が遅れた。年に一二回ある、やむを得ない。

 今年は8日が成人の日らしい。来年は14日らしい。私が知らないだけだと思うが、どうも成人の日の決め方がよく分からない。年末年始に休みが集中すると中々普段のペースに戻れず、いいことばかりでない。

 ところでなぜ投票権を18歳にしたのだろう。投票権は成人の証という気がする。18歳で成人式をすると高校生が混じるので不都合とか19歳だと数字が悪いとか、ご都合の便宜的な理由と思う。いつも議論が深まらず、数で押し切られてしまう。個別の案件では議員数とは国民の意見は異なることも結構あるはずなのだが、口数が多いと人数が多いように見えるらしい。

 尤も成人といっても、大人らしい大人が減ってしまった。どうもこれは日本だけでなく、きちんと成熟した大人が減ってきているような気がする。科学技術の進歩に人間が付いてゆけない世の中になって、人間の成熟が妨げられているのかもしれない。真っ当な大人らしい大人をきちんと見極め評価しないと間違いが起きる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一流ホテルの条件?

2018年01月05日 | 小験

             

 今朝は二三度の違いだと思うが昨日ほどの冷え込みはなく、いつものようにのんびりと駅まで歩けた。曇っているので放射冷却が少なかったせいだろう。毎年そうなのだが、仕事始めの4日はさほど患者さんは多くなく、今日からが本格的な始業で数日は五割増しの混雑が予想される。

 暮れに東京の一流とされるホテルに泊まった。朝食はブッフェにしたのだが、卵料理はどうぞご注文をというので半熟のゆで卵を頼んだ。出てきたのはこれでもかというほどのハードボイルド、これは何だとフロアのギャルソンを呼びつけた。申し訳ありませんとやり直したのだが、二回目の台詞がこんどは大丈夫と思いますが、開けてみないとわかりませんとは何とも情けない。結果は黄身は半熟だが白身は固く私好みではなかった。

 確かに半熟は難しいかもしれないが、一流ホテルのコックにできないはずはない。茹で時間を指定すればよかったかもしれない。三分半という白身も半熟の微妙なところが好みなのだ。大振りなら四分。ボイルド、ツーフォーのオーダーで通じるホテルもあった。

 内科臨床医にとっての風邪と同じで卵料理は実は奥が深く、そう簡単なものではないと知っているが、朝食がホテルにとってどんなに重要なものかがわかっていないようでは、とても五つ星は差し上げられない。帝国ホテルの村上シェフの下には半熟卵が茹でられないようなドジなコックはいなかっただろう。建て直して急に一流扱いになったホテルの地力が露呈していると申し上げたい。

 病院も然り、隅々まで行き届いているかどうかにレベルというか格が現れる。もう一つ、図体が大きければ格上というのは違う、むしろ下手に大きくなると締まりがなくなる恐れが出てくる。高々茹で卵だが、お値段だけが一流と言われないようにと書いておこう。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加