こんな気持ちでいられたら

今の自分に目を向けて、怒らず、笑顔を絶やさずに。プラス思考で前向きに。自分の力を信じて、謙虚に誠実に生きていこう。

私の教養指数

2017年02月26日 | 読書・映画

村上春樹の数年ぶりの新作小説、騎士団長殺し、を読み始めた。

字が小さくて、老眼が始まっている私には読み進めるのが少々辛いのだが、やはり読めば楽しく、時間はかかるだろうが読破できるだろう。

ブログのアップはないわ、本も読んでいないわで、なんだか私の教養指数が限りなくゼロに近づいているように思う。

原因はある程度わかっているが、逆に言えば、教養などなくても大丈夫だということになる。

面白いことは、ブログの順位とかそんなのも今はなんとも思わなくなっている。不思議なものだ。一応、ブログ村とかのバナーは張っているけれど、それはこんきもを読んでくださっている方へのお知らせであって、そこに載っている私の順位を上げるためのものではない。

今の職場での毎日は、目が回るようで落ち着いて何かを考えるということはできないでいる。これは、流されているだけなのかもしれないが、これはこれでいいのかもしれない。

 

  先週、講演にて

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

笑顔で

2017年02月21日 | こんきも

昨日は春の嵐で電車のダイヤが大幅に乱れてつまらないことを書き連ねてしまった。

年度末となって、片付けなくてはいけない仕事が山積みで少しイライラしていることも自覚する。

こんな気分で仕事をしていたら周りの人に迷惑をかけてしまう。いつも笑顔を絶やさずに仕事したい。





今日の夜明けは美しかった。

 ニッコリ

 

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春の嵐で大混乱

2017年02月20日 | 通勤

春二番?が吹いて、東海道線も横須賀線もダイヤが大混乱。頼みの綱の京急線まで遅れてしまって迂回しようもなくなった。

遠距離通勤はこういう時に困る。帰らなければいいのだけど、それもどうかと。

大地震がきたら、さすがに帰れないな。でも、どうしよう・・・。

 

  日一日

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

調子にのるな

2017年02月18日 | こんきも

調子にのるなといっても、どこかの政治家のことではなく、自分自身のこと。
最近、ブログを書くことが極端に減ってしまったからか自分のことをよく考えることがなくなったようだ。
ただでさえ、傲慢不遜な人間がそういうことをやめたらどうなるか。恐ろしいことだ。
そうはいってもあれこれいろいろあって、人間上手に生きて行くのは難しい。





だからせめて、今の自分を過信せず、
常に謙虚に、
他人のことは馬鹿にせず、
いつも笑顔でいたいものだ。

  あと、お酒にも注意しよう

 

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

偶数月の第1水曜日はCPC

2017年02月02日 | 病理のこと、医療のこと
私の勤め先の病院では偶数月の第1水曜日に病理解剖症例の検討を臨床医と病理医とで行うCPC(臨床病理カンファレンス)が開かれる。この病院に来てから十カ月、私が担当させてもらうのは一昨日で五度目となった。
今勤めている病院は一般市中病院なのだけど、専門病院勤めの長かった私には、ありふれた病気も勉強し直さなくてはいけないことが多い。癌取扱い規約は版を重ね、行なうべき染色は増えた。このままでは井の中の蛙だと、専門病院を辞め、五十の手習いよろしく、私が最も尊敬する病理医のところに押しかけ、仕事を通じて指導してもらった。昔取った杵柄と言えるかわからないが、そこそこの診断はできるようになった。だけど、肝心の病理解剖はまだまだだった。

人体病理に関する全ての知識を動員して行う病理解剖は、病理医の仕事としては最難関の業務。全身の諸臓器に亡くなるまでに起こった変化を丹念に調べ、それらの所見を総合して診断する。ほんの少しの見落としや誤った解釈が、臨床診断との齟齬を生み出す。一昨日の症例でも、死因について解釈の難しいところがあり、上司の助けを仰ぐこととなった。私が思いつかなかったような解釈を与えてくれたおかげで、収拾がつかなくなりそうだったディスカッションもなんとか収めることができた。

CPCが終わった後、上司に「ありがとうございました。それにしても解剖の診断というのは本当に大変ですね」とこぼしたら、「当たり前だよ、僕だって報告書を書くのはいつも本当に苦労しているんだ」と返された。レジェンドといわれるような病理医であってもそうこぼしてしまうほど、病理解剖の報告書を作成するのは難しい。

病理解剖に対する考え方というのはいろいろあって、存在意義について否定的なことを言う人は多い。検査の延長のように考える臨床医は少なくない。だが一昨日のCPCでもいろんなことがわかり、臨床医も病理医も患者さんから学ばせてもらったことがたくさんあった。病理解剖は物理的、経済的そして何より精神的に行うことが難しいが、その存在意義は揺るぎないものだと、改めて感じる。

 コツコツとでも前に進む


にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬の出口が見えてきた

2017年01月27日 | こんきも
昨晩、勤め先の病院を出たら南風が吹いていた。都心はどの建物も冷えているので街全体が冷たくなっている。昼間はポカポカ陽気だったようだけど1日で一気に暖かくはならなかったみたいだ。けれど、南風に吹かれながら歩いていたら、心だけは少し暖かくなった。

鎌倉に帰ったら路面が少し濡れていた。夜空には星がのぞいていたけれど、小一時間ほど前にお湿りがあったようだ。うちに帰ると玄関先でカエルが出迎えてくれた。少し早いような気がしたけど、この陽気を春と間違えたのだろう。

今朝は9度。氷点下だった昨日の朝より10度以上も高い。南風が運んできた雲に朝日が美しく映えていた。春の兆しのおかげで、寒さのトンネルの出口が見えた。寒さで相当参っていたが、なんとかこの冬も乗り切ることができそうだ。

 
この春もいろんなことがありそうで


にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

かけない

2017年01月22日 | こんきも

去年の10月あたりから、パッタリと書けなくなった。

理由はいろいろと思いつく。とくに、都心に通うようになって写真を撮ることができなくなったのは大きいように思う。都心というのは緑がほとんどなくて本当につまらないところだ。これでは身も心も枯れてしまう。

それはさておき、あの頃、毎日毎日よくも考えることがあったものだ。かといって、今、何も考えていないわけではない。

このまま休眠ブログにしてしまうのももったいない。どうしたものか。

  一度まとめてみようか 

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ  

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

世界はさて、どうなるのだろう⁉︎

2017年01月13日 | こんきも

アメリカの次期大統領の一言一言に世界中が一喜一憂している。私もなんとなく気になる。

国の内外を問わず、彼に好かれたら大丈夫、好かれるようにしよう、これまでトップを走ってきた大企業が次々とその膝元にひれ伏そうとしている。今後その数はどんどん増えていくだろう。

来週からは本当の大統領になって、世界に君臨していくのだがどうなるのだろう?どうなるのだ、ドナルノダ、ドナルド。など下らない言葉が思い浮かぶぐらいになんとなくつまらない人だ。

アメリカからしたら、世界の面倒をみてやるのは馬鹿馬鹿しいというとなのだろう。世界中の富を集めておいて、今さらそんな言い草もなかろうにと思うけど、それほどの余裕がなくなってきたということなのだろう。
あれだけの事業をやっている人なのだから、ずいぶん頭が良い人で、全ての言動は計算尽くのものだろう。けどアメリカという会社を任されたのではなくて、あくまでも世界の一員たる国家を任されたという自覚は持っていてほしい。
我々は勝った、私は大統領になる。というのが、権力を手に入れたことから出た傲慢でないことを祈りたい。

  さて、さて 

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ  

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

寒の入り

2017年01月05日 | こんきも

今日は小寒、寒の入り。暦どおりにいきなり寒くなるのは不思議なものだ。

正月は近所を歩き回っただけだったが、それなりに過ごすことができた。ただ、今年もまた、駅伝を見逃してしまった。例年2日は年始回りをするので、応援をしに行くのであれば3日となる。「ああ、もう小田原か?」などと思いながら、年賀状の仕分けをしているといつの間にか戸塚を過ぎている。で、残念ながら今年もそうなってしまった。



鶴岡八幡宮でひいたおみくじに、病気をすると経過があまり思わしくないとあった。若い頃はそのように書いてあってもさほど気にはならなかったが、この歳になると病気はなんでもありだ。命に関わる病気を思い浮かべたらきりがない。新年早々なんだかなあ、と少し気分が沈むのだが仕方がない。健康管理をしっかりやっていくしか手はない。


仕事始めではやっと上手く挨拶ができるようになってきたように思う。きちっと最後まで言えると、なかなか気分が良いし。相手も喜んでくれるように思う。

最近、ブログの更新頻度が極端に少なくなってしまったけど、細々とでも、こんな風に続けてはいこうと思う。
少々おそくなりましたが、

 
新年あけましておめでとうございます
本年もよろしくお願いいたします

 

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ 

 

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

ひどめの風邪

2016年12月28日 | こんきも

先週末、忘年会の帰りに雨に当たったのが悪かったのか、風邪をひいてしまった。一昨日から昨日にかけては平熱より1度以上熱が上がってきつかったけど、今朝はほぼ平熱まで戻っていた。
今回、私がかかった風邪の症状は、鼻水に始まり、半日ほどで関節痛、もう半日で熱発、頭痛そして咽頭痛。

 

それでも、クリスマスには家族に約束していたビュッシュドノエルを4年ぶりに作った。クリームの冷ましをはしょって、少し失敗したが、なんとか食べることはできた。

熱は治まって、やっとブログも書けるようになったものの、鼻水、喉の痛みはまだまだだ。とくに喉の痛みは乾燥した空気のせいもあって、なかなか治りそうにない。このまま年末年始休暇に入ってしっかり治して、年明けは体調万全で仕事に臨みたい。 

残すところ、あと少し 

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加