二言瓦版

「復讐は神に所属する。」 「旧約聖書」


暇つぶしの記事、名言、珍言、コラムの批判。
株式の名言など。

疑問な組織

2016年05月31日 01時47分04秒 | ニ言瓦版
疑問だ。
東京地検特捜部は、廃止がいい。
意味のない裁判することは、あるが。
感じな、不正は、何一つ、裁判にしない。

民事の裁判か、庶民からの裁判をする組織が、本当に必要。

税金の無駄遣いは、東京地検の特捜部。
廃止がいい。




「甘利明前経済再生担当相の金銭授受問題で、東京地検特捜部が甘利氏本人から任意で事情聴取したことが30日、関係者への取材で分かった。甘利氏は都市再生機構(UR)と建設会社との道路工事をめぐる補償交渉での口利きを否定しており、特捜部は近く甘利氏と元秘書を不起訴処分にするとみられる。

 甘利氏の説明によると、元秘書は2013年8月、千葉県白井市の建設会社「薩摩興業」の総務担当だった一色武氏(62)から現金500万円を受領。UR職員と複数回面会し、補償交渉に関して話し合ったとされる。

 甘利氏も薩摩興業側から13年11月と14年2月に各50万円を受け取っていたが、今年1月の記者会見で「金額交渉などに介入したことはない」と口利きを否定。政治資金として適正に処理するよう秘書に指示したとし、特捜部に対しても同様の説明をしたとみられる。

 あっせん利得処罰法は、国会議員や秘書が権限に基づく影響力を使って口利きし、見返りに報酬を受け取ることを禁じ、違反した政治家には3年以下の懲役が科される。しかし、甘利氏側の行為について、検察内部では「権限に基づく口利きと立証し、刑事責任を問うのは困難」との見方が強まっているもようだ。」 




東京地検特捜部は、廃止が本当。
やめ検とか、検察、東京地検の特捜部で、やめ検が、一番、酷い弁護士かもしれない。

立証できるできないより、でっちあげの事件が、多いのかもしれない。
正しい、事件で、裁判にすると、出来ないのが、能力のない、人材が、多いのかもしれない。
検察は、疑問な組織ではないか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

見かけによらない

2016年05月30日 15時58分30秒 | ニ言瓦版
人は、見かけによらないのかもしれない。
この記事みると、解らない。




「「奥さん、今回は普通の生活に戻れるから。明日からまじめに生活してくださいね。旦那さんに言うか、言わないかはあなた次第だから。生活が苦しいのはわかるけど、犯罪に手をそめるのは絶対にダメだよ。みんな、苦しい中で頑張っているんだから」

 5月中旬の平日。人通りは少なく、一歩外に出れば暗闇が広がる夜9時半。北関東のある街の警察署の待合所にいる。取調室から出てきた鈴木百合さん(35歳、仮名)は、厳しい表情の警察官にそう諭された。私は身元引受人として突然本人に呼ばれ、到着して1時間後に彼女を引き渡された。「勤務先の上司」と説明した。彼女は涙目で、「ご迷惑をおかけしました」と警察官に頭を下げる。

 今から7時間前、午後2時半ごろに彼女は市内最大のショッピングモールの食品売り場で万引きをして捕まった。私の携帯に連絡があって「お久しぶりです。実は……今、万引きして捕まっちゃいました。本当にお手数なのですが、身元引受人として来てもらえないでしょうか。誰も頼れる人がいないのです。お願いします」と頼まれた。高速道路に乗り、言われた警察署に駆け付けた。東京から車で1時間半~2時間ほど、最寄り出口を降りてからは延々と田園風景が広がった。

■ 小学校のPTA役員を務める母親

 鈴木さんは2人の子供を育てるお母さんだ。典型的な田舎の地味な主婦といった風貌で、1年前から地元小学校のPTA役員を務める。日々、家事と子育て、パート、PTA活動に追われる日常を送る。誰が眺めても、窃盗という犯罪に手をそめるような女性には見えない。

 警察署を出て車に乗った。彼女は助手席に座った。5分ほど走って国道に出ると、気持ちが落ち着いたのか話し始める。

 「盗ったのは、食料品です。午前中に入院する姑のお見舞いに行って、その帰り。夕方からPTAの会合があって、ちょっと時間が空いたの。病院の近くのショッピングモールで夕飯の材料を買って帰ろうとして、そこで万引きして捕まっちゃいました」盗んだのは味噌、鮭の切り身、牛肉の細切れ、豚しゃぶ肉、キャベツ、ニンジン、玉ねぎ、豆腐、納豆、牛乳、ヨーグルト、冷凍食品、コカ・コーラゼロ2リットル、食器用洗剤だった。合計金額は4700円。所持金は6000円あった。私服の女性万引きGメンに捕まった後、所持金で支払って会計している。ショッピングモール側はすぐに警察を呼び、警察官に鈴木さんを引き渡した。

 「最初は2000円までだったら、ちゃんと買おうと思っていたの。でも、広い売り場を回っているうちに、これも、これもってなっちゃって4000円以上の物をカゴに入れちゃった。とっさにもう、盗っちゃおうって思った。それでもっと必要な物ないかなって、いろいろカゴに入れて、そのまま駐車場に行こうとした。売り場を出たところで、女性に腕をつかまれて『忘れていることがありますよね?』って言われました」

■ レジに向かわずにカートのまま外へ

 犯行を決めたのは、カゴに入れた食料品が3000円を超えてからという。周りを見回して、出入り口を確認。市内で最も広い食料品売り場である。出入り口はレジ奥だけでなく、両サイドにあった。レジから最も遠い出入り口から、カートを引き、そのまま外に出て駐車場へと向かった。食料品を車に積んで、そのまま帰れるはずだった。

 「最初は牛乳と鮭の切り身だけ買うつもりだった。買い物しているうちに次のパートの休みは3日後になっちゃうと思って、仕事のある日は買物に行く時間がない。だから3日分の食料は欲しいなって。3000円超えちゃって。どうせ万引きするなら、旦那のお弁当のおかずと思って冷凍食品も入れた。4700円はちょっと高い。今月、本当に厳しくなっちゃいました」

 彼女は真っ暗な田園風景を眺めながら、そうため息をついた。

 鈴木さんは、結婚11年目。旦那は中小企業に勤めるサラリーマン、2人の小学生の男の子の母親だ。夫婦げんかはしたことがない、仲はいい。結婚する24歳まで地元の会社でОLだった。結婚を機に旦那の実家で暮らすようになり、27歳のとき長男出産で退職、31歳で次男を出産する。5年前から地元の野菜即売所で、時給750円でパートを始めている。

 突然、電話がかかってきたが、私と鈴木さんは友人ではないし、たいした関係ではない。彼女は5年前「女性の貧困」を取材しているとき、たまたま出会った地方の専業主婦で、当時、家計の赤字が重なって、ノンバンクから140万円の借金をしたことでパニックに陥っていた。

 当時、2人の子供は小さく、時間的な制約があり、140万円という負債をパートと家計のやり繰りで捻出するのは不可能と嘆いていた。クルマのローンの返済日が1週間後に迫り、真っ青な表情の彼女に「私、どうすればいいでしょうか?」と迫られた。「旦那に借金のことを話し、一緒に返済すれば」と答えたが、彼女は勢いよくクビを振った。ノンバンクで借金をしたことに大きな罪悪感があり、「旦那には絶対に言えない」と繰り返し言っていた。私は冗談半分で「熟女風俗は単価が高いし、時間の融通が利く」と伝えた。そうするとその日のうちに血眼になってインターネットで高額求人を探し、彼女は風俗店ではなく、素人熟女AVに出演してしまった。その後、旦那に秘密のまま、目先のおカネに困ってAV出演を数回繰り返す。結局、AV出演で得たおカネは、3本出演で10万円程度だった。

 カメラの前で裸になって、目先の支払いを切り抜けながら弁護士に依頼して債務整理をする。「弁護士先生に利子を止めてもらって、なんとか返済します」とメッセージをもらったところで、連絡は途絶えた。そして5年後、今日の万引き事件だ。彼女の小さな人間関係の中で、万引きがバレても問題なかったのは、たまたま電話番号を知る私しかいなかった、という事情だった。

 「5年前はもうノンバンクでおカネを借りることができなくなって、月末の車のローンが間近だった。延滞しちゃうと、ディーラーに旦那の車がとられちゃう。そう焦って。結局、AVに出ちゃった。AVでなんとか目先のおカネを作って、姑に子供を見てもらうことにして地元の野菜即売所のバイトを始めました。債務整理で借金が80万円くらいに減って、毎月3万円の返済。それは、旦那にバレないでなんとかなりました」

 鈴木さんと会うのは、今日で3度目だ。本当に地味でまじめな田舎女性で、風俗はもちろん、万引きをするようなイメージはない。熟女AVや風俗の仕事は、私が伝えたことで初めて知ったようだった。「さすがにカラダを売る選択はありえない、リスクが高すぎる」と言ったが、目先の数万円の支払いのために決断してしまった。

 学生時代は道をそれるような経験はない。初めての恋人は19歳のときに専門学校の同級生。2人目が社会人になって知り合った現在の旦那だ。経験2人で結婚して、AV出演以外に、浮気や遊びは1度もしたことがない。男性経験の3人目はAV撮影現場で登場した男優だ。

■ 食費しか切り詰める出費がなかった

 「本当に生活は苦しいです。ギリギリです。万引きしちゃったのは、食費しか切り詰めるものがなかったから」

 ため息をつきながら、そう言う。旦那の実家暮らしで家賃はなく、世帯収入は県の平均に近い。旦那は年収400万円、彼女はパートで年収80万円程度を稼ぐ。世帯収入480万円は決して貧困ではなく、一般的な家庭といえる。

 「おかしくなったのは3年前、義父ががんになって入院してから。胃がんが再発して、抗がん剤治療をしたのでおカネがかかりました。病院から毎月13万円くらいの請求があって、しばらくしてから高額医療費の制度で3万円くらいが戻ってくるみたいな感じ。結局、義父が亡くなって、その後すぐに義母もがんになって。今、義母は入院中で抗がん剤治療をしています」

 旦那は手取り月24万円、彼女のパート代は月7万円。夫婦で31万円の収入がある。支出は義母と2人の子供を含めた5人分の保険料4万5000円、光熱費2万2000円、食費3万円、旦那の小遣い2万円、ガソリン代2万円、2人の子供の塾代2万5000円、携帯代2万円、旦那のクルマのローン4万7000円、それに毎月10万円以上の医療費。」





人の行動、人格は、解らない。
考えさせられる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日の命日は、初代貴乃花。映像は、いい。知らない人は、知らない。知っている人は、語られる大関

2016年05月30日 15時08分26秒 | 今日の命日
五月30日は、誰の命日

1574年5月30日
シャルル9世 (Charles IX)
【王族】 〔フランス〕
1640年5月30日
ペーテル=ルーベンス (Peter Paul Rubens)
【画家】 〔フランドル〕
1744年5月30日
アレキサンダー=ポープ (Alexander Pope)
【詩人】 〔イギリス〕
1745年5月30日
ヨハン=クルムス (Johann Adam Kulmus)
【医学者】 〔ドイツ〕
1770年5月30日
フランソワ=ブーシェ (Francois Boucher)
【画家】 〔フランス〕
1778年5月30日
ヴォルテール (Voltaire)
【啓蒙思想家】 〔フランス〕
1882年5月30日
ウィリアム=バートン=ロジャース (William Barton Rogers)
【地質学者】 〔アメリカ〕
1901年5月30日
ビクトール=ドント (Victor d'Hondt)
【法律家】 〔ベルギー〕
1911年5月30日
ミルトン=ブラッドリー (Milton Bradley)
【玩具デザイナー】 〔アメリカ〕
1912年5月30日
ウィルバー=ライト (Wilbur Wright)
【発明家】 〔アメリカ〕
1925年5月30日
アルベルト=モッセ (Albert Mosse)
【法学者】 〔ドイツ〕
1934年5月30日
東郷 平八郎 (とうごう・へいはちろう)
【軍人】 〔日本(鹿児島県)〕
1937年5月30日
アーサー=ジョージ=パーキン (Arthur George Perkin)
【化学者】 〔イギリス〕
1938年5月30日
有元 史郎 (ありもと・しろう)
【教育者、政治家】 〔日本(広島県)〕
1946年5月30日
ルイス=スローティン (Louis Alexander Slotin)
【物理学者】 〔カナダ〕
1950年5月30日
三遊亭 歌笑 〈3代目〉 (さんゆうてい・かしょう)
【落語家】 〔日本(東京都)〕
1956年5月30日
カール=ノイベルグ (Carl Neuberg)
【化学者】 〔ドイツ→ドイツ〕
1960年5月30日
ボリス=パステルナーク (Boris Pasternak)
【作家】 〔ロシア(旧・ソ連)〕
1964年5月30日
レオ=シラード (Leo Szilard)
【物理学者】 〔ハンガリー→アメリカ〕
1976年5月30日
淵田 美津雄 (ふちだ・みつお)
【軍人】 〔日本(奈良県)〕
1977年5月30日
ポール=デスモンド (Paul Desmond)
【ミュージシャン】 〔アメリカ〕
1978年5月30日
片山 哲 (かたやま・てつ)
【政治家】 〔日本(和歌山県)〕 ※元・総理大臣
1978年5月30日
新関 八洲太郎 (にいぜき・やすたろう)
【経営者】 〔日本(埼玉県)〕 ※三井物産 元社長
1980年5月30日
天津 乙女 (あまつ・おとめ)
【女優】 〔日本(東京都)〕
1981年5月30日
北野 隆春 (きたの・たかはる)
【経営者】 〔日本(山梨県)〕 ※スタンレー電気 創業者・元社長
1981年5月30日
中村 忠雄 (なかむら・ただお)
【政治家】 〔日本(茨城県)〕
1981年5月30日
柳井 隆雄 (やない・たかお)
【脚本家】 〔日本(広島県)〕
1985年5月30日
今里 広記 (いまざと・ひろき)
【経営者】 〔日本(長崎県)〕 ※日本精工 元社長
1986年5月30日
森永 貞一郎 (もりなが・ていいちろう)
【大蔵官僚】 〔日本(宮崎県)〕
1987年5月30日
結束 信二 (けっそく・しんじ)
【脚本家】 〔日本(東京都)〕
1989年5月30日
田淵 行男 (たぶち・ゆきお)
【写真家】 〔日本(鳥取県)〕
1992年5月30日
井上 光晴 (いのうえ・みつはる)
【作家】 〔日本(旧・中国)〕
1992年5月30日
カール=カルステンス (Karl Carstens)
【政治家】 〔ドイツ〕
1994年5月30日
真田 重蔵 (さなだ・じゅうぞう)
【野球】 〔日本(和歌山県)〕
1995年5月30日
アーサー=M=ヤング (Arthur Middleton Young)
【航空技術者】 〔アメリカ〕
2000年5月30日
池 真理子 (いけ・まりこ)
【歌手】 〔日本(京都府)〕
2000年5月30日
井上 大輔 (いのうえ・だいすけ)
【ミュージシャン、作曲家】 〔日本(東京都)〕 元《ブルーコメッツ》
2000年5月30日
保立 旻 (ほたて・あきら)
【政治家】 〔日本(京都府)〕
2003年5月30日
望月 稔 (もちづき・みのる)
【武道家】 〔日本(静岡県)〕
2005年5月30日
貴ノ花 利彰 (たかのはな・としあき)
【相撲】 〔日本(青森県)〕
2006年5月30日
今村 昌平 (いまむら・しょうへい)
【映画監督】 〔日本(東京都)〕
2006年5月30日
本多 貫一 (ほんだ・かんいち)
【政治家】 〔日本(愛知県)〕
2006年5月30日
丸田 芳郎 (まるた・よしお)
【経営者】 〔日本(長野県)〕 ※花王 元社長・元会長
2008年5月30日
内田 勝 (うちだ・まさる)
【編集者】 〔日本(北海道)〕
2008年5月30日
ボリス=シャハリン (Boris Anfiyanovich Shakhlin)
【体操】 〔ロシア(旧・ソ連)〕
2009年5月30日
エフライム=カツィール (Ephraim Katzir)
【生物物理学者、政治家】 〔ロシア→イスラエル〕
2010年5月30日
青木 半治 (あおき・はんじ)
【スポーツ指導者】 〔日本(千葉県)〕
2011年5月30日
ルー=グルーン (Louis M. “Lou” Groen)
【経営者】 〔アメリカ〕
2012年5月30日
ジャック=トゥィマン (John Kennedy “Jack” Twyman)
【バスケットボール】 〔アメリカ〕
2012年5月30日
アンドリュー=ハクスリー (Andrew Fielding Huxley)
【医学者(生理学)】 〔イギリス〕
2013年5月30日
清水 慎次郎 (しみず・しんじろう)
【経営者】 〔日本(東京都)〕 ※三井物産 元社長
2014年5月30日
粕谷 一希 (かすや・かずき)
【評論家、編集者】 〔日本(東京都)〕


いろいろな亡くなった人が多い。



有名な人は。
東郷 平八郎氏も、日本海海戦。
三笠。
今村 昌平氏、井上 大輔氏も、そうだが。

でも、


一番は、貴ノ花 利彰氏だ。
北の湖と一戦。
いい。
https://www.youtube.com/watch?v=fj5aOWx-GFY

北の富士と貴乃花の一戦。
面白かった。庇いて、初めてする。
必死な戦いは、面白かった。
https://www.youtube.com/watch?v=nxMDXwUCjig

面白い相撲は、いい。
真剣勝負は、立ち合いではなく。
四つに組んでから。

初代貴乃花は、いい力士である。
今日は、命日か。

名試合、相撲の原点ではなく、才能あるのは、
努力しているのだ。
まわしに、ダンベル付けて、すり足と、四股が。
魁傑氏の言葉は、すれば、部屋で、見ていると、
誰でも、真似るが、見習うことだ。

なぜ、日本人の横綱ができないが、
稽古の仕方が、解らないのかもしれない。

遊んでいる暇は、ない、稽古かもしれない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昨日のお姉の声は、よかった。

2016年05月30日 07時07分04秒 | ニ言瓦版
寂しいんことだ。
何かの声が、聴けないのは、時代の節目かもしれない。
お姉の声。



「フジテレビ系の人気アニメ「ちびまる子ちゃん」(日・後6時)の「2代目お姉ちゃん」役に、声優の豊嶋真千子(44)が務めることが決まったことを受け、狩野雄太プロデューサーが選考理由についてコメントした。

 「豊嶋さんの声は、お姉ちゃんらしい明るさと強さ、そしてまる子を包み込む温かさを感じられ、イメージにぴったりでしたのでスタッフの創意で2代目お姉ちゃんを豊嶋さんに決めさせていただきました。これからは豊嶋さんならではの新しいお姉ちゃんを演じていただけると期待しております」

 番組開始から「お姉ちゃん」役を務めた水谷優子さんが17日に乳がんのために亡くなり、この日、水谷さんが生前に収録した最終回が放送された。6月5日放送分から“豊嶋お姉ちゃん”がデビューする。」


来週から、別のお姉の声だろう。

五月29日は、いろいろ、死んだ人のお姉の声は、よかった。
ちびまる子と、写生の場面、姉妹の喧嘩、そして、姉妹の人間差が、
見える、姉妹、兄弟は、喧嘩しても、最後は、永遠の支援者だろう。
親より、厳しい、親しい人格の育成の教師かもしれない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あるのか、飲酒だろう。

2016年05月30日 04時03分53秒 | ニ言瓦版
こんな事、あるのか。
酒の飲み過ぎたろう。
ダムの中に、落ちるは、運転のミスというより、
飲酒ではないか。





「29日午後、大阪・河内長野市のダム湖に建設会社の従業員6人が乗ったワゴン車が転落し、5人が死亡、1人が意識不明の重体になっています。6人は、会社の同僚とバーベキューをした帰りだったということで、警察は運転を誤って転落したとみて調べています。
29日午後2時半すぎ、大阪・河内長野市郊外の滝畑ダムの湖にかかる夕月橋の入り口付近で、6人が乗ったワゴン車が対向車線にはみ出したあと、金属製のフェンスを突き破り、およそ10メートル下の湖に転落しました。
警察によりますと、この事故で、50代から60代の男性5人が心肺停止の状態で病院に運ばれましたが、いずれも死亡が確認されました。また、20代の男性が意識不明の重体になっています。
6人はいずれも、大阪・天王寺区の建設会社「シバタ工業」の従業員で、死亡した5人のうち2人は、中野照夫さん(51)と山内一人さん(64)と確認されました。6人は、会社の同僚およそ20人でバーベキューをしたあと、車4台で帰る途中で、転落したワゴン車は先頭を走っていたということです。
建設会社の社長はNHKの取材に対し、「午前9時ごろから、ダム湖の近くでバーベキューをしていた。車を運転する人は酒を飲まないようにあらかじめ決めていた」と話しています。
警察が、死亡したほかの3人の身元の確認を進めるとともに、ワゴン車が運転を誤って転落したとみて調べています。
滝畑ダムは、大阪府が、昭和57年に治水などのために建設した多目的ダムで、周辺には、キャンプなどが楽しめる場所が整備されています。」



こんな、場所で、バーベキューも、疑問なこと。
家族で、行いならばいいが。

こんなところで、宴会するより、旅館、ホテルで、宴会、飲み会のが、まだ、死ななかった。
人生は、経費節約か、会社の同僚と、会うも、いいが、
明日から、仕事に、ならない。


人生は、会社の同僚と、バーベキューで、死出の旅は、惨めだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加