☆yukarinの映画鑑賞日記α☆

映画とLIVEのミーハー感想とたまにお出かけ日記♪
おかげさまで13周年!

「ブラック・クランズマン」

2019年03月24日 | ★★★++

【BLACKKKLANSMAN】 2019/03/22公開 アメリカ 128分
監督:スパイク・リー
出演:ジョン・デヴィッド・ワシントン、アダム・ドライヴァー、ローラ・ハリアー、トファー・グレイス、コーリー・ホーキンズ、ライアン・エッゴールド、ヤスペル・ペーコネン、アシュリー・アトキンソン、ポール・ウォルター・ハウザー

STORY:1970年代前半のアメリカ。コロラド州のコロラドスプリングス警察署初の黒人刑事となったロン・ストールワースは、過激な白人至上主義の秘密結社KKKのメンバー募集の新聞広告を見つけるや自ら電話を掛け、支部代表相手にまんまと黒人差別主義者の白人男性と思い込ませることに成功する。そしていざ面接の段になると、ロンは同僚の白人刑事フリップ・ジマーマンに白羽の矢を立てる。こうして黒人のロンと白人のフリップがコンビを組み、前代未聞の潜入捜査が開始されるのだったが... (allcinemaより)

 

1970年代にあった実話をもとに、コロラドスプリングス警察署初の黒人刑事となったロン・ストールワースと相棒のユダヤ人刑事が、白人至上主義団体“KKK(クー・クラックス・クラン)”に対して行った大胆不敵な潜入捜査の行方を描く。監督は『ドゥ・ザ・ライト・シング』『マルコムX』のスパイク・リー。第91回アカデミー賞では「脚色賞」を獲得。


黒人がKKKのメンバー募集に応募するなんて前代未聞。それが実際の話というからびっくり。電話なら相手の肌の色なんてわからないもんね。でも白人と黒人で話し方が違うらしいが....

黒人刑事が電話でのやりとり、実際に合うのは白人刑事という二人三脚。でも潜入するほうがドキドキもんだよね。しかもユダヤ人となれば...。あの団体は黒人だけでなくユダヤ人もだめとは...しかもホロコーストはでっち上げ発言には驚く。原作ではユダヤ人刑事ではないみたいだけど、設定を変えたことでロンとフェリックスの距離が縮まったところは『グリーンブック』を思わせるかな。

複雑な問題を描いているけれど、ロンの軽快さと団体らが騙されてる面白さが堅苦しくなく観られる。話をしただけで白人か黒人かわかるって言ってても騙されてんじゃん...て 笑。そうかと思えばシリアスな場面もあり...とても複雑な問題ということも考えさせられる作品。ラストの実際の映像は衝撃的。

鑑賞日:2018/03/23

『映画(お出かけ)』 ジャンルのランキング
コメント (10)   この記事についてブログを書く
« 「バンブルビー」 | トップ | リニューアルされた »

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (ituka)
2019-03-27 22:07:06
お父さんとはまったく違う息子さんのキャラクター(笑)
息子のキャラクターがずっとツボでした。
序盤の事務処理作業のシーンとラストの実際の映像だけでこの映画は十分だったかもしれません(笑)
意外と真面目 (ノルウェーまだ~む)
2019-03-28 00:20:39
yukarinさん☆
私もロンのキャラクターにすっかり騙されて、もっとブラックユーモアたっぷりの痛快コメディと思って観ていました。
最後のニュース映像では胃がずしりと重くなり、まじめな社会派映画だったのだと気づきましたyo
itukaさんへ (yukarin)
2019-03-28 15:28:11
そうそう書き忘れてましたがデンゼルさんの息子さんなんですよね。
まったくお父さんとは違うキャラでびっくりですが。
最初と最後を観ればあとは寝ててOK?? 笑
ノルウェーまだ~むさんへ (yukarin)
2019-03-28 15:30:27
本編はわりと楽しめる感じでしたが、最後の実際の映像を観たら何とも言えない気持ちになりました。
社会派映画だったんですよね。
でもロンのキャラのおかげで重くならずに観られたのはよかったと思います。
こんばんわ (にゃむばなな)
2019-03-31 00:51:13
こんな嘘みたいな話が実話というのも驚きでしたが、この主役を務めた軽い感じのジョン・デイヴィット・ワシントンがデンゼル・ワシントンの息子ということにも驚きですよ。
堅物イメージの父親からもこんな軽いノリなイメージの息子が生まれるんですね。
いや、単に息子の演技が達者なだけかもですけど。
でっちあげ発言 (kossy)
2019-03-31 18:42:20
最近、高須クリニックの院長が「ホロコーストはなかった」発言をしているらしいですね。この映画は見てないはず(笑)
日本人の中にも差別やら歴修正主義が蔓延してきてるので、こうした映画がばかな人たちを啓蒙してくれることを願ってます。
にゃむばななさんへ (yukarin)
2019-04-04 11:41:28
実話というのにもおどろきですよね。
デンゼル・ワシントンの息子にも驚きです。
あのパパの息子とは思えない(役柄とはいえ)ので、知らなかったらわからないと思います。
パパとは違う方向の役者さんのほうがいいのかもしれませんね。
kossyさんへ (yukarin)
2019-04-04 11:43:35
えーそんなことを言ってるんですか?
最近の日本人は昔とは変わってきてますしね....
とはいえ、こういう作品は作れないでしょうけど💧
yukarin★ (mig)
2019-04-11 13:25:52
ユダヤ人が乗り込むなんてほんと自殺行為だよね。電話担当の方は楽だけどさーとか、入会前なんて慎重に調べるし後つけられたらすぐ殺されるでしょとか色々ツッコミだくなったんだけど肝心の底が実話ではなかったとか正直白けたけどまぁベース実話ってこととアダムドライバーとデンゼルさんの息子の軽さがよかったので良しとした 笑 (上から)
migさんへ (yukarin)
2019-04-17 15:49:10
たくさんコメントありがとうー!
ユダヤ人の設定だから余計にドキドキしたけれど。
実話とはいえ映画だから脚色はしかたないと思うのでツッコミどころは良しとして、アダムとデンゼル息子のコンビは面白かったよねー。

コメントを投稿

★★★++」カテゴリの最新記事