☆yukarinの映画鑑賞日記α☆

映画とLIVEのミーハー感想とたまにお出かけ日記♪
最近はゆる~く更新。

ドラマW「盗まれた顔 ~ミアタリ捜査班~」

2019年02月08日 | ドラマ

2019/01/05~2019/02/02放送 WOWOW
監督:武正晴
出演:玉木宏、内田理央、町田啓太、中村ゆり、山崎樹範、和田聰宏、渋川清彦、丸山智己、伊藤歩

STORY:警視庁刑事部捜査共助課に所属する白戸崇正は、指名手配犯の顔を記憶して捜索する「見当たり捜査員」。白戸は部下の安藤香苗と谷遼平と共に、群衆の中から指名手配犯を捜し続けるある日、中国人の王龍李を見つけ逮捕する...


芥川賞受賞作家・羽田圭介の同名小説をWOWOWにて連続ドラマ化。
指名手配犯の顔写真を貼った顔手帳を持ち、目視で顔を覚えて手配犯を探し出す警視庁刑事部捜査共助課所属の「見当たり捜査員」が不可解な事件の真相に迫る物語。

WOWOW契約中なので見ました。全5回。
原作者がテレビで見当たり捜査員の特集番組を見たことで執筆されたそうですが、見当たり捜査員という名前は今回初めて知りました。
何百人、いや何千人もの手配犯の顔と名前を覚えて街中で見つけるお仕事は大変な仕事ですね。顔認証とか電子機器も発達してるけど、やはり人間の眼が確かなのだろうか....

一見、地味なお話だけど、各話、手配犯を見つけチーム連携で逮捕するシーンはなかなかスリリング。一歩間違えたら怪我をするし命にも関わることも...。それと同時進行で、主人公の上司で4年前に焼死したはずの須波が現れ謎が謎呼ぶ展開が面白い。

実際にもそこらへんを歩いてるんだと思うと悪いことはできないよぇ。あまりにも顔を覚えすぎて困ることも...そのへんも絵描かれてます。ドラマでは3人一チームで、ひとりが見つけたらもうひとりが逆方向から手配犯を確認し合図をして3人目が逮捕するという連携技。逆に捜査員も顔を覚えられちゃうと仕事し辛いだろから確実に逮捕しないとだね。

私は人の顔を覚えるのが苦手なので絶対に無理。だから俳優さんも見たことあるーで終わってしまうのよね。でも声は覚えてるので声で○○さん!と記憶してます 笑。


コメント   この記事についてブログを書く
« 「メリー・ポピンズ(1964)」.. | トップ | 「ファースト・マン」 »

コメントを投稿

ドラマ」カテゴリの最新記事