Fitteの倉本です。

フィッテは熱き魂を持ったロードレーサー達の為の情報発信基地&「お店」です。
カテゴリーより店舗情報をご確認下さいませ。

チューブレスレディーという名のクリンチャータイヤ

2018年04月21日 00時00分05秒 | タイヤ
PVアクセスランキング にほんブログ村





HUTCHINSON FUSION 5 11STORM チューブレスレディー25Cタイヤ
235.8g
これにシーラント30g&チューブレスバルブ7.6g追加することでパンクしにくいチューブレスタイヤの出来上がり。
合計で273.4g
タイヤ寿命まで使い切ればシーラントの面倒くささは感じません。

タイヤの嵌めやすさや、パンクした時のチューブの入れやすさはクリンチャータイヤより入れやすいかも。
ただ、作業はシーラントになれないと手がベトベトになります。
乗り心地は¥15,120/1本(税込定価)のHUTCHINSON FUSION 5 チューブラータイヤに匹敵します。
乗り心地とグリップ感が最高です。



さて、普通のクリンチャータイヤはと言うと



HUTCHINSON FUSION 5 11STORM チューブタイプ25Cタイヤ
181.8g



AIR LIGHT 軽量チューブ48mm
77.6g
合計で259.4g

14gの軽量化です。
悩ましいところですね。

乗り心地(疲れにくい)とパンクのしにくさはチューブレスレディーをオススメいたしますが、シーラントの取り扱いに慣れていない方にはやはりクリンチャーかな?

チャレンジしてみたい人の為、チューブレスレディータイヤを特別価格で販売いたします!

HUTCHINSON FUSION 5 11STORM チューブレスレディー25Cタイヤ¥10,584(税込)/1本⇒¥7,560(税込)
プロテクトエア マックス120ml¥1,728(税込)⇒¥1,240
チューブレス バルブ 2本セット¥2,700(税込)⇒¥1,930
リムテープはポリプロピレン700×20あたりがおすすめです。¥972(税込)

VISION TRIMAX 30KB ホイールセットご購入の方には差額なしでHUTCHINSON FUSION 5 11STORM チューブレスレディー25Cタイヤをサービスさせていただきます。

試してみたい方は是非この機会に!



お問い合わせ先はこちらまで。

「mail_fitte.fitte.co.jp」から「」をとってメールをお送りくださいませ。

よろしかったらポチッと応援お願いいたします。m(_ _)m

この記事をはてなブックマークに追加

シーラントを入れてみました。

2018年03月15日 00時00分06秒 | タイヤ
PVアクセスランキング にほんブログ村



ぶっちゃけますよ。

安くて重くて硬いチューブになったような気がしました。

パンクリスクは避けたいところですが、これだけ乗り心地が固くなるなら練習のみシーラント入りチューブで走って本番(レース)では普通に軽くてしなやかなチューブに交換しますね。

6BARで乗ったのに固い感じがしました。



めちゃくちゃグリップが良くてしなやかなので疲れにくく&下りが速く走れる感じがするのですが、シーラントを入れるだけでこんなに変わるとは、、、。

HUTCHINSON 11 STORM GALACTIK 25c/¥10,368もするタイヤが台無しです。

びっくりです。

まあパンクせず、グリップが良いタイヤに乗れることはいいことなのですがね。

ちなみにシーラントとはパンク修理剤です。

穴があいたところを空気の流速で塞いでくれます。

なぜシーラントを入れたかって言うと、試乗用に貸出して3回もパンクしたからです。

試乗で高級ホイールが壊れたらお店をやっていけなくなりますからね。

シーラントは業務用のこれ





今日は福原大ちゃんと久しぶりに村山学園~物見山でお会い致しました。
2015年はJCRCのSクラスチャンピオンだったような気がします。
JPT(ジャパンプロツアー)で走っているのかと思ったら、今はE1だそうです。

通勤の為、リックを背負っているのに、追いつかれて挨拶されてしまいました。

どんだけ弱くなっているんだ、俺。

年齢は言い訳にしたくない、というより自転車に乗っている時には歳を忘れるので、普通にお喋りしてるふうにしながら300Wで登っていました。
本当は超きつかったです。

朝比奈さんは、もっと早くて清澄坂~行ってしまいました。

5分頑張る練習をしなければ、そろそろ相手ができなくなりそうな予感。



これからも実走テストをしながら、インプレッションする時間を作っていきたいと思います。

かなりキツいので、クリックして応援の程よろしくお願い致します。m(_ _)m

この記事をはてなブックマークに追加

HUTCHINSONというタイヤメーカー

2018年02月05日 00時00分05秒 | タイヤ
PVアクセスランキング にほんブログ村



MAVICのクリンチャーやチューブレスレディータイヤをOEMで作っているのはHUTCHINSON
(MAVICのチューブラーを作っているのはTUFO)

PIRELLI P ZERO のタイヤをOEMで作てっいるのもHUTCHINSON

どちらもブランド名だけで売れそうなタイヤですが実は、、、ってな感じです。



やっとオリジナルタイヤが入荷してきました!





チューブラー工場は移転したみたいですが、グリップ力と乗り心地は最高です。
HUTCHINSON FUSION 5 チューブラー税込定価¥15,120⇒Fitte価格¥12,000
以前ホイールを買っていただいた方には、感謝の気持ちを込めて¥10,800で販売させていただいております。


私が次に好きなチューブラータイヤはコンチネンタルです。
ブチルチューブを使っているので乗り心地が硬い⇒空気抜けは少ないので遠征時には良いかも。
グリップ力は良い。

ってな感じでしょうか。

早く、HUTCHINSONのチューブレスレディータイヤとクリンチャータイヤが入荷してこないかなぁ~と今か今かと待ち遠しい今日この頃です。



よろしかったらクリックして応援の程お願い致します。m(_ _)m

この記事をはてなブックマークに追加

PIRELLI 「P ZERO」 につきまして

2017年12月23日 00時00分19秒 | タイヤ
PVアクセスランキング にほんブログ村



PIRELLIタイヤのOEM生産なぞをHUTCHINSONがやっているものですから、なかなか新しいHUTCHINSONタイヤが出てきません。
困ったもんです。

「P ZERO」の方がブランドイメージが良くて売れそうですもんね。

ちなみにMAVICのクリンチャータイヤ&チューブレスレディータイヤもHUTCHINSON製です。

困ったもんだ、、、。

自社ブランド製品を優先してもらいたいもんです。
そうしてくださいな。


ブリジストンタイヤの自転車用タイヤはIRCが作っていたりとか裏事情はいろいろあります。

つなぎにcontinentalでも買っておきましょうか。
continentalはコンチネンタルが作っています。
ブチルチューブじゃなかったらおすすめのタイヤです。
という事はコンチネンタルのクリンチャーはお勧めタイヤという事です。


HUTCHINSONさん、早く作ってください!!
宜しくお願い致します。m(_ _)m

FUSION 5 チューブラータイヤもストック分の50本がなくなってしまいました。



よろしかったらクリックして応援の程お願い致します。m(_ _)m

この記事をはてなブックマークに追加

OEM製タイヤ(追記)

2017年10月15日 00時00分05秒 | タイヤ
PVアクセスランキング にほんブログ村



MAVICのクリンチャータイヤ&チューブレスレディータイヤはHUTCHINSON製。(結構良い)
MAVICのチューブラータイヤはブチルチューブのTUFO製。(硬い)

ブリヂストンのロードタイヤはIRC製。(タイヤメーカーなのに、、、。子会社製です。ノーコメント)

ここまで、OEM製です。

「PIRELLI(ピレリ)」のタイヤはMAVICとHUTCHINSON に似ている。

なんとなくそんな事を言ってみたくなっただけです。

個人的に好きなタイヤはHUTCHINSONとcontinentalです。

どちらも使っていますが乗り心地やグリップ感はHUTCHINSONが好きです。
continentalのコンパウンドは好きです。
チューブラータイヤのブチルチューブの空気の保持率が高いので遠征にはcontinentalは便利だと思いますが、乗り心地的にはHUTCHINSONのチューブラータイヤが好きです。

****************************************************************

10/15新木場練、7時Fitteスタート、現地リアルスタート8時、9時過ぎの海側の白線ゴールで開催予定です。
6時の時点で雨が降っていたら中止です。
関係者の皆様、何卒宜しくお願い致します。

5時30分には降っていませんでしたので準備をしていたら6時30分、しっかりと雨が降ってきました。
本日の新木場練は雨天の為、中止とさせていただきます。

気分を文字色で表現してみました。



よろしかたらクリックして応援の程よろしくお願い致します。m(_ _)m

この記事をはてなブックマークに追加

重要事項のご連絡

2017年08月30日 00時00分07秒 | タイヤ
PVアクセスランキング にほんブログ村



良いホイールには、良いタイヤをお使いいただきたいとBORAのサービス用タイヤを大量に仕入れております。



軽くて乗り心地がよく、転がり抵抗も少ないので耐久性以外は非の打ち所がない良いタイヤだと思っています。

耐久性=対磨耗性&対パンク性

長距離がとっても楽チンです。

が、これは良くないだろうという表記がります。

このパッケージは問題でしょう



HUTCHINSON FUSION 5 ギャラクティック 25Cのタイヤの推奨圧は6BAR~7.7BARなのです。

全てのタイヤについて標準的なところを表記したものと思われますが、23Cと25Cでは推奨圧が変わります。
パッケージにももう少し気をつけてというか気遣って、お金をかけて欲しいところですね。
以上、重要事項説明書につきましてのご連絡でした。



よろしかったらクリックして応援の程お願い致します。m(_ _)m

この記事をはてなブックマークに追加

練習用タイヤにつきまして。

2017年06月08日 00時00分06秒 | タイヤ
PVアクセスランキング にほんブログ村


皆様のご活躍の為に、
continentalのHome Trainerタイヤは摩耗しないように作られています。
通常のタイヤよりグリップ力がありません。
3本ローラーなどでお使いの場合にはローラーのフロントタイヤは交換された方が良いと思います。
後輪で使うのは全然OKなのですが、、、。

汗を沢山かく時期になりますと車体を傾けた時にフロントが滑ります。
リアは滑っても問題ない&磨耗が少ないのでそのままで良いと思いますが、フロントは怪我防止の為に、雨天時にグリップの良いタイヤに交換されたほうが良いと思います。

3本ローラー落車の要因の一つにフロントタイヤにHome Trainer等、耐磨耗性の高いグリップ力に欠けるタイヤを使用した場合が挙げられます。

先ずは、ご参考までに。



ついでに

決戦用チューブラータイヤセール中です!



HUTCHINSON FUSION 5 チューブラー 税込定価¥15,120⇒¥10,800(税込ですが、送料は別途かかります。)
在庫限りのお試し価格です。



よろしかったらクリックして応援の程お願い致します。m(_ _)m

この記事をはてなブックマークに追加

TIME RXRS に25mmタイヤをつけてみた。

2016年11月22日 00時00分19秒 | タイヤ
一番小さいXXSサイズなので取り付くかどうか心配でしたが、ご覧のとおりです。



HUTCHINSON FUSION 5 チューブラー 取り付きました。
と言う事はZXRSにも生産年度に関係なく(後期モデルは2mmタイヤとのクリアランスが多くなっています)取り付くって事ですね。
2015年に販売されたVXRSにも取り付きました。

HUTCHINSON FUSION 5 チューブラーはCARBON COMP から進化を遂げた良いタイヤです。

ただ今9本だけ、お試しキャンペーン中です。



HUTCHINSON FUSION 5 チューブラー税込定価¥15,120⇒¥10,800(税込)結構無理しています。

是非、この機会にお試しあれ!



よろしかったら、クリックして応援の程お願い致します。m(_ _)m

この記事をはてなブックマークに追加

カンパ&フルクラムにおすすめのクリンチャータイヤ

2016年11月01日 00時00分07秒 | タイヤ
BORAのクリンチャーとかの決戦用タイヤって25Cじゃないといけないので難しいですよね。
軽量性とグリップ力
転がり抵抗が少ないタイヤ

おすすめは



HUTCHISON FUSION 5 GALACTIK 25C ¥10,368(税込)/1本

何がネックかって、お値段ですよね。

試す気が起きない値段なら、おすすめだけに「そこ」は頑張りましょう!

1本¥7,480でいかがでしょうか?

コンパウンドは良いし、実際にそこそこ軽いし。


187.6g(カタログ値205g)

自転車と自分の体重を足して空気圧を考えてくださいませ。


(自転車の装備重量+自分の装備重量)÷10= O.O BAR
表記とは違いますがカーボンクリンチャーは上限8BARで考えてください。

HUTCHISON FUSION 5 GALACTIK 25C 1本¥7,480(税込)約28%OFFです!
12本限りです。
ご入り用の方は以下までご連絡ください。

mail_fitte@fitte.co.jp



よろしかったら、クリックして応援の程お願い致します。m(_ _)m

この記事をはてなブックマークに追加

世のため人のため?

2016年10月29日 00時00分06秒 | タイヤ
自分のため?

①メーカーさんが値段を決める。

②輸入元さんが世界標準価格で自国の販売価格を決める。

③販売店がそのまま販売したり、ちょっとお買い得にしたりして、販売する。

Fitteが参加できるのは③の部分のみ。

さて、HUTCHINSON CARBON COMP がラスト1本になりましたのでお知らせさせていただきます。
こちらは無理を言って最後の最後に200本程作っていただきました最後の1本です。


700×23しか入らないフレームをお持ちの方の為にと考えて在庫を切らさないようにと考えておりました。
でも、悲しいかな最後の1本となってしまいました。
¥9,800/1本(税込)です。



自分の TIME VXRS にはこの25mmが入る事がわかったのでこちらを買っておきました。


HUTCHINSON FUSION 5 チューブラーです。

①と②の部分はFitteごとき実力ではいじれません。

③の部分で頑張るしかないのです。

と言う事で、HUTCHINSON 乗り換えキャンペーン実施いたします!!!

①と②の部分はいじれないので定価は¥15,120(税込)です。

流石に1.5倍はちょっとアレなので③の部分で頑張ってみました。

HUTCHINSON FUSION 5 チューブラー 乗り換えキャンペーン
¥15,120⇒¥10,800/1本(税込)
③限界価格なので送料は別途かかります。
でも、このお値段ならお得でしょ。
HUTCHINSON CARBON COMP の正常進化版ですよ。



世のため人のため?と頑張っていると喜んで下さる方がいるので、その「ありがとうございます!」が自分に跳ね返ってきます。
と言う事で「自分の為」にもなるのです。



よろしかったら、クリックして応援の程お願い致します。m(_ _)m

この記事をはてなブックマークに追加

HUTCHINSON その③

2016年10月19日 00時00分06秒 | タイヤ
時代は移り変わる。

スライドする瞬間





移り変わるかもしれないが、基本的なことは一緒。
石油メジャーのTOTAL(トータルではなくトタル)の資本グループにあるので、ゴム林(森林OR山)を資本力で抑えているのかと思いきやゴム林はHUTCHINSON独自に専業農家?と契約しているとの事。

自動車レースのformula 1 = F1 等は林から抑えることが大事だと聞いていた。

契約農園OR契約農家って大切ですよね。



HUTCHINSON のタイヤが高めなのはそのせいなのですね。

納得。

ロードにしか興味がないから色々と突っ込んで聞いてみました。

今後の予想とか。

タイヤはディスクブレーキになり求められる性能が変わっていくであろう事。

リムブレーキの時代が終わり、リムに熱を持たない事によりより太くなるであろうが重量増にはならないであろうとの事。

具体的にはロードも28Cが主流になるのではないか?
濡れた路面での落車が少なくなるのではないか?

主に下りの安全性&スピードを意識した方向の改良になっていくと思うとの事でした。

オートバイや車に比べて異常に高い空気圧も5.5BAR~6BAR位になっていくのではないか?(@チューブレス)
そして、チューブレスレディも6BAR~6.5BARになっていくとの推測。

クリンチャーについては3年のスパンで低圧になるように変わって行くであろうという事でした。


ORBEAさんは言っていました。
完成車メーカーとしては全体の重量表記の為、28Cが使えるフレームを作っていきながらも25Cを採用することが多いのではないか?

チューブラータイヤはあまり変わらなそう。

プロのレースでの主流はディスクブレーキになっても80%以上はチューブラータイヤであろうとの事でした。

HUTCHINSONさんの話の中での疑問点は「リムに熱を持たない事により、より太くなるであろうが重量増にはならないであろうとの事。」
という部分。
CARBON COMP(23)⇒FUSION 5(25c)で5%軽量化されたと言っていましたが、個体差はあるもののFitteで計ったところ全てにおいてCARBON COMP の最高に重いものとFUSION 5 の最軽量の物を比べてもCARBON COMP の方が軽かったのです。
HUTCHINSON CARBON COMP 700×23の重量は263.4g~273.0g
HUTCHINSON FUSION 5 700X25チューブラーの重量は277.6g~289.6g
手作業で作られているので個体差はありますが、太くなっても軽くはならないですよね。
「大して重くならない」と言うのが正確な表現かと思います。

乗り心地が良くなるのと下りでの絶対の安心感が増える事には「賛成」です。

HUTCHINSON CARBON COMP 700×23 ¥9,800/1本(税込)ちょうど良い感じで熟れてます。

欲しい方はmail_fitte@fitte.co.JPまでご連絡くださいませ。
(細いタイヤしかはまらないフレームをお持ちのお客様方お急ぎください)



売り切れてしまったら、HUTCHINSON FUSION 5 700X25チューブラーへの乗り換えキャンペーンを開始いたします。
と言ってもHUTCHINSON CARBON COMPよりは高いです。



明日はディスクブレーキになっていくロードの流れについて、書きたいと思います。
実際には書いて良いのかどうかわからないけれども一度は書きます。
削除しなくてはならない事があるかもしれません。

宜しかったら、クリックして応援のほどお願い致します。m(_ _)m

この記事をはてなブックマークに追加

HUTCHINSON CARBON COMP その②

2016年10月18日 00時00分19秒 | タイヤ
タイヤについて勉強してきました。


ヒラム・ハッチンソンさんが起こしたフランス製タイヤ。

アメリカから移住してきたので「H」を発音しないフランス語読みのユッチンソンではなくハッチンソンが正しい読み方だそうです。

1849年にGOOD YEAR を共同で起こしてからの枝分かれ的なメーカーだったって事が新鮮でした。

ランス・アームストロングの強烈なイメージが残っていたので同じアメリカだったっていう事に更に興味深く、、、。

現在は石油メジャーのTOTAL(トータルではなくトタル)の資本グループにあり全体の2%の売上にあたる燃焼年商5000億円の会社だそうです。

って、そんな事はどうでもよく、本当に聞きたい事を聞いてきました。



都市伝説その①
ランス・アームストロングは倉庫にタイヤを寝かせていたと言われているが本当か?

本当だったそうです。

なぜそんな事をするのか?



都市伝説その②
プロは今でも予備のチューブラータイヤは寝かせている。

本当だそうです。

ダイレクト・エナジーに供給するプロ用タイヤはHUTCHINSONで6ヶ月間寝かせているそうです。

なぜそんな事をするのか?



都市伝説その③
プロ用と一般用は同じタイヤではない。

本当だそうです。

実は同じタイヤなんだけれども製造後、寝かせる期間が違うそうです。
例えばPRO TOUR と FUSION 5 チューブラーについては一般販売用は寝かせる時間が少し短く2ヶ月だそうです。
つまり買ってから4ヶ月寝かせれば、本当のプロ用と同じになるとの事です。

寝かせる、寝かせるって言いますが何の為なのでしょうか?

キュアリングの為です。
キュアリングすると丁度、美味しい感じになるそうです。

キュアリングは光の当たらない場所で、ダンボールに入れて高温多湿にならないように行えば良いそうです。

で1~2年ぐらいは全く問題がないそうです。

ビニール袋ではダメだそうです。

勉強になりました!!!

あっ、そういえば、、、。

ちょうど美味しい感じになった、HUTCHINSON CARBON COMP があと20本くらいあります。
Fitteでキュアリングしておきました。
¥9,800/1本(税込)です。
欲しい方は以下までメール下さいませ。

mail_fitte@fitte.co.jp

メールへの返信はしばらくお時間がかかります。
御容赦下さいませ。
お問い合わせにはご面倒でも、ご住所を郵便番号から、ご連絡先お電話番号&お名前をフルネームで頂戴致しますよう宜しくお願い致します。
文字化け対応、その他、主に「トラブル回避の時短の為」ですのでご理解とご協力の程宜しくお願いいたします。



明日も勉強してきた事が書けますように宜しかったら、クリックして応援の程お願い致します。m(_ _)m

この記事をはてなブックマークに追加

CARBON COMP ラストです.

2016年07月24日 00時00分07秒 | タイヤ
言わずと知れた HUTCHINSON の名作



謳い文句としては「ランス・アームストロング」の走りを支え続けたタイヤでした。

「ランス」さんのした事はいけない事ですが、彼はその「タイヤ」に惚れ込んでずっと使っていました。

消えゆく23mm

台頭する25mm

23mm:25mm、今は決戦用タイヤ4:6位の割合で売れているそうです。

既に、23mmは終わったのでしょうか?
入らないフレームもあるというのに、、、。

23mm決戦用タイヤ、HUTCHINSON CARBON COMP 50本、最後の最後に買い込んでおきました。
実測は個体差はありますが概ね21.7mmです。

無くなったら終わりです。

軽くて、グリップも良く、しなやかなタイヤです。
ラテックスチューブ仕様なので1日2BARは抜けます。
乗車前に必ず、空気を入れてください。
メーカー推奨圧8BARです。

¥9,800/1本(税込)

良いものは残して欲しいなぁ~。



よろしかったらクリックして応援の程お願い致します。m(_ _)m

この記事をはてなブックマークに追加

HUTCHINSON FUSION 5 チューブラー

2016年05月02日 00時00分03秒 | タイヤ
チョットだけ、追記をしようかと。

チューブにつきましては、空気のヌケ具合から間違いなくラテックスチューブを採用しているのではないかと思います。
やはり24時間で2bar位はヌケます。

想像が確信に変わりました。

ツール・ド・塩山のコースは長時間サイクリングなので明らかに後半の下りの方が乗り心地が良くなっていました。
つまりは空気圧が下がったっていう事です。

想像から走行前に8bar弱入れていました。

(フルコース)十里木~奥多摩周遊道路~風張峠~奥多摩湖~今川峠~丹波山~落合キャンプ場~柳沢峠~塩山折り返し(甲州市)往復180km 累積標高4890m

このコース走ってみるとわかるのですが近年「柳沢峠~塩山」は路面改修が行われてとても綺麗な路面になっています。

路面が悪いのは復路の「柳沢峠~奥多摩湖」「奥多摩周遊道路終わり~十里木」部分。

この部分を7bar位で走っていたと思われます。

そんなこんなでの好印象であったと思います。

走りは700×23Cのクリンチャーよりは軽く、700×23のCARBON COMP よりチョットだけ重い感じ。

HUTCHINSON FUSION 3 700×23Cのクリンチャーの6barより、HUTCHINSON FUSION 5 チューブラーの8bar弱の方が乗り心地が良い感じ。

24.2mmのリム幅が関係しているとは思います。

どちらも、BORA ONE で試してみました。



諸事情によりホイールにつきまして明日に先延ばしさせていただきます。
クリックして応援の程、宜しくお願いいたします。

この記事をはてなブックマークに追加

HUTCHINSON CARBON COMP

2016年05月01日 00時00分06秒 | タイヤ
HUTCHINSON CARBON COMP 700×23と言う触れ込みですが横幅は実際のところ21.9mm(8bar)です。



これが軽さと乗り心地の絶妙なバランスを持っているんですね。

しなやかなラテックスチューブが変形しながら振動を吸収してくれるし、変形するからこそしっかりと路面を掴んでくれる感じがして安心感も抜群!

昔のフレームにもハマるし、生産終了が残念でならない!

まだまだ、Fitteにはたくさん在庫がございます。

¥9,800/1本(この際、税込にさせていただきます!)

ラテックスチューブなので1日2bar位抜けますので走行前に必ずairチェックをお願いいたします。

****************************************************************

さて、HUTCHINSON CARBON COMPがなくなってから、自分のタイヤを何にしようかなと考えていたのでは遅すぎなので沢山買い込んでおくと同時に、新製品テスト!

HUTCHINSON FUSION 5 チューブラー



これが、700×25と言う触れ込みながら実際には横幅は24.2mm(8bar)
2015年以降の新BORAシリーズにはぴったりと収まるんですね。



新BORAシリーズのリム幅は24.2mm

タイヤサイズと全く同じじゃん!

カンパニョーロ と HUTCHINSON

共同開発ですか?



ありえない話じゃない。

2WAY-FITと言うカンパニョーロチューブレスホイール発売時にはチューブレスタイヤはHUTCHINSON製が指定されていました。



そこで慣れ親しんだ新品のBORA ONE 35 にHUTCHINSON FUSION 5 チューブラーを貼り付けて「ツール・ド・塩山」にてテスト!

一般道を走る時って狙ったライン通りに走れるわけじゃないですか。

車が横を通過する時に路肩の避けられない小石や路面の継ぎ接ぎの上を止むを得ず通過しないとならないじゃないですか。

そんな時ですよ。

しなやかなラテックスチューブが変形して一度「小石」を包み込んでから、その後、弾いてくれる。
700×23の時にはいきなり弾いていた感じ。

路面の継ぎ接ぎの振動はより吸収してくれるし、より変形するからこそ、よりしっかりと路面を掴んでくれる感じがして安心感も更に抜群!
変形するから転がりが悪いっていう事はない。

コーナーに入りながら、前走者との関係で少しブレーキを当て効きさせないとならない場面なんかでも+2.3mmの安心感(10%増し)

これ、ありだわ。

個体差はあるが
HUTCHINSON CARBON COMP 700×23の重量は263.4g~273.0g
HUTCHINSON FUSION 5 チューブラーの重量は277.6g~289.6g

製品誤差の中で大体15gの差×2本=30g

この安心感、路面の清掃が完璧にできない公道レースにおいては30gは問題ない!
フレームにハマるなら使うべきだ!
と思いました。

ヒルクライムなどは細くて軽いほうが良いと思うし、穴の開いていない綺麗な路面のサーキットレース等では700×25は必要ないと思うので、HUTCHINSON FUSION 5 チューブラーの700×23&21バージョンを作って欲しいなぁ~。
と思いました。

HUTCHINSONさん、ポディウムさん、よろしくお願いいたします。



明日はホイールに付きまして書こうと思っております。
クリックして応援の程よろしくお願い致します。m(_ _)m

この記事をはてなブックマークに追加