山の天気予報

ヤマテンからのお知らせや写真投稿などを行います。

観天望気講座 番外編partⅡ

2020-11-04 18:51:52 | 観天望気

~那須連峰空見ハイキングpartⅡ~

partⅡでは、翌11日、2日目に見られた雲と当日の気象状況についてお伝えします。

ツアー出発前の判断(予想天気図などから)では、11日は台風や前線の影響は弱まるものの、東面から上部にかかる雲は取れにくく、弱い雨が降る時間もあるかも、と予想していました。

このように予想した根拠は、2つあります。

図1 11日9時の地上予想図(気象庁ホームページより・9日予想時のもの)

天気図:気象庁出典、一部渡部加工

地上天気図を見ると、那須連峰は台風の北西側にあたるため、東〜東北東の風が吹きそうです。

さて、「山では海側から風が吹くとき、その風上側で天気が崩れやすい」という原則があります(こちらの観天望気講座もご参照ください)。

今回の場合、風上側には阿武隈高地などもありますが、いずれも那須連峰より標高はかなり低く、太平洋側からの湿った空気が那須連峰に入り込んできそうです。さらに、前日ほどではないにせよ、等圧線の間隔はやや狭いため、東側に開けたところでは風がやや強まる恐れがあります。

図2 11日9時の850hPa(上空約1,500m)気温・風予想図(9日予想時のもの)

出典:山の天気予報、一部渡部加工

さらに、850hPa気温・風予想図(図2)を見ると、東北〜関東にかけて、等温線がぐっと南に曲がっている=寒気が入り込んでいることがわかります。温かい太平洋の上に冷たい空気が入ることで、海上でうね雲が発生します。その雲が北東風に乗って那須連峰にぶつかり、斜面を上昇して濃密な雲を発生させるのです。

一方、前夜の宿泊地である三斗小屋温泉はちょうど那須連峰の西面=風下側に当たりますので、下降気流場となり雲が蒸発、山麓では青空が広がる時間もあると見ていました(図3)。

図3 山の風上側、風下側で天気が異なるとき

さて、この予想は当たったのでしょうか?

写真1 三斗小屋上空の空

朝起きると、上空に青空が見えます。

青空がのぞいたのは一時的で、日中は雲が広がったり霧雨のような雨が降ったりと変わりやすい天気でした。

また、東側(那須連峰の稜線がある方角)を見ると、暗い感じの雲に覆われています。この雲が下降しながら弱まっていき、晴れ間が出たり、湿った空気が強いときは雲がかかったりと繰り返しているようでした。

さて、熊見曽根へ向かう尾根道を登っていくと、だんだん雲の中へ。そして、上部では風が吹く音も聴こえ始めます。一旦装備を整えて、稜線へたどり着くと真っ白な世界が広がっています。

写真2 稜線上は霧に覆われる

弱い雨も降ったり止んだり。風は東寄りで6〜7m/sぐらいと、行動に大きな支障はなさそう。また、時折太陽がぼんやりと雲の向こうに見えます。

写真3 霧の中から太陽がおぼろげに現れる

さて、ガスに覆われているときも良いガス、悪いガスとがあります(こちらの観天望気講座もご参照ください)。

・良いガス・・・上を見上げると、明るさがある。太陽が透けて見えることも。

・悪いガス・・・上を見ても明るさがない

今回は良いガスの特徴が見られますね。ただし、太陽が透けて見えるのは時折程度で、なかなかガスは取れそうにありません。時折小雨も降ります。事前に予想した通り、海側から風が吹き付け、山の斜面(那須連峰の東面)を上昇、雲が発生・発達しているものと思われます。となると、風向きが変わるか、風が弱まればこのガスは取れそうなのですが、残念ながら今日はまだまだ風向きは変わりそうにない、という予想。

いずれにしても、大きなリスクはなさそうですので、そのまま稜線歩きを続けます。

そしてお昼頃には、那須連峰の最高峰・三本槍岳へ到着!

ここでちょっと面白い光景が見られました。

画像が小さく恐縮ですが、山頂で撮影したパノラマ写真を御覧ください。

写真4 三本槍岳の山頂からのパノラマ写真

写真の左側(東側)の方はガスガス、一方、右側(西側)は青空が見えていますね。

写真の左側=海側から湿った空気が吹き付ける風上側、右側=下降流場になり、雲が蒸発して消えていく場となっているため、このような光景となっていたようです。

その後は中の大倉尾根を下り、紅葉を楽しみつつの下山となりました。

バスで少し下ると、山間部にかかっていた雲の正体がわかりました。

写真5 下山後に見た雲

これはうね雲(層積雲)と呼ばれる雲で、予想時に想定した通りの雲が出ていたことになります。

2日間、あまり天気は良くありませんでしたが、進退判断を学んだり、地上天気図などから山の天気の原則を学ぶにはもってこいの天気でした。一緒に歩いた皆様も素敵な方ばかりで、私自身、とても楽しい山歩きになりました。

文、写真:渡部均(株式会社ヤマテン)

※図、写真、文章の無断転載、転用、複写は禁じる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

観天望気講座 番外編partⅠ

2020-11-04 18:50:59 | 観天望気

~那須連峰空見ハイキングpartⅠ~

普段は猪熊が担当している観天望気講座ですが、今回は番外編ということで渡部が担当します。

今回は、10月10日〜11日にかけて那須連峰での空見ハイキングで見られた雲や天候判断について解説します。

題して「渡部均の観天望気講座」!!(そのまんまです!!)

まず、10日は現地へ向かうバスの中から雨、あめ、アメでした。そして現地に到着してもやはり、本降りの雨。お客様の顔も心なしか浮かないような...。この雨をもたらしているのは、日本の南海上にある台風や秋雨前線(図1)です。

図1 10月10日9時の地上天気図(気象庁ホームページより)

天気図:気象庁出典

この日はロープウェーを使わず、峰の茶屋駐車場から稜線上にある峰の茶屋跡まで登り、そこから茶臼岳へ往復。その後は三斗小屋温泉へ向かう行程でした。予想では、峰の茶屋付近から風がやや強まる(山頂付近では強まる可能性もあるかも?)と見ていました。

風が強まるかもしれないと予想した理由は、地上天気図の等圧線の間隔が狭いことによります。図1をご覧いただきますと、那須連峰周辺の等圧線の間隔が狭くなっていますよね?

さて、強風(平均風速10~15m/s以上)の目安となるのは「東京-名古屋間よりも等圧線の間隔が狭いとき」です。

今回の場合はどうでしょう。

図2 図1を拡大した図

天気図:気象庁出典のものを一部、渡部加工

東京-名古屋間と同じくらいで、強風となる可能性が考えられます。

また、台風の周辺では等圧線にほぼ平行に、反時計回りに風が吹きます。このことから、風向は東〜南東風と予想しました。

さて、地形図などで確認すると、茶臼岳は北東から南西に尾根が延びているため、この方向に直行する北西風と南東風がもっとも風が強まります。これは摩擦の影響がもっとも小さくなるためです。また、北西側や南東側に高い山がないことも原因です。特に、稜線上の凹んだ部分は風が集まってくるため、強風になりやすく、峰の茶屋跡や牛ヶ首、清水平などは強風帯として知られています。一方、峰の茶屋から三斗小屋温泉方面へ下ってしまえば、尾根の風下側となることや、樹林帯に入ることもあり、風の影響は小さくなります。そこで、「峰の茶屋跡での風の強さによっては茶臼岳への往復は断念する」ということを登山ガイドさんと確認しました。

さて、いよいよ登山スタート。登山口では周囲の状況を確認。雨は降っているものの、風の音は特に聞こえず、周辺の木々もザワザワしている様子はありません。ちょっと歩くとすぐに森林限界を越えますが、特に風が強そうな感じはしません。予想通り、東の方から風が吹いてきています。峰の茶屋跡まで登ると7~8m/sの風が吹いており、上部ではさらに強まることが予想されました。

予想した通りであれば山頂付近では10m/s以上の風が吹き、雨もまだまだ続く状況。このような状況下で長時間歩くことは、体温の低下(=低体温症のリスクにつながる)にも十分注意しなければなりません。ひとまず避難小屋に入り、ここで周辺の状況やお客様の様子などを見て、風は先ほどより強まっていないことから、ギリギリ登頂可能な範囲と予想して茶臼岳に登ることとしました。

念のために、避難小屋で雨具の下にフリースなどを各自着込み、お客様の服装チェックをして出発。茶臼岳の山頂付近はやはり風がやや強く、風速計では10~11m/sを記録しました。

皆さん、雨風の中、大変おつかれさまでした!

(※なお、当日の天気図を見てみると、予想時よりは等圧線の間隔がやや広くなっていました。このため強風とまではならなかったようです)

さて今回、茶臼岳へ登頂できそうと判断した理由は、下記の点にありました。

・峰の茶屋跡で強風にあおられるような風(12~13m/s以上)であれば厳しいが、そこまでではなかった

・お客様は全員、ここまでの足取りはしっかりしていて、特に体力を消耗している様子や、寒さで震えているといった様子がなかった

・低体温症を防ぐためにはエネルギー補給も重要(体温を上げる効果がある)で、行動食を元気に食べるだけの力も残っている

・峰の茶屋跡から山頂まで往復で1時間未満と、比較的短い行程であること。

・アタック前に避難小屋で雨風を避けて休憩を取れて、しっかり準備を整えられる余裕があったこと。

このように、気象遭難を防ぐためには事前の予想だけでなく、現場での判断も重要です。実際にどの程度風が強いのか、雨や雪の様子はどうか、自分だけでなく同行者も含め体調は…等を慎重に見極め、最終的に進退の判断をする必要があるのです。

今回、生憎の天気ではありましたが、どういう場所で、どのように進退判断を考えるべきか、という意味では絶好の機会でもありました。参加者にとっても、そして私自身にとっても非常に良い勉強となる1日だったと思います。

すっかりヌレネズミとなった我々ですが、三斗小屋温泉で体の芯まで温まることができました。極楽極楽!

天気は生憎でしたが、紅葉はきれいでしたよ!

文、写真:渡部均(株式会社ヤマテン)

※図、写真、文章の無断転載、転用、複写は禁じる。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

猪熊隆之の観天望気講座165

2020-10-30 14:07:30 | 観天望気

上高地で見られた雲 ~冬型が弱まるときの天気変化~

先日、上高地で見られた雲についての紹介です。これからの季節、「冬型の気圧配置」(以下、冬型)と呼ばれる気圧配置の日が増えていきます。冬型は、中国大陸に高気圧、千島列島やサハリン、三陸沖に低気圧というように、日本から見て西に高気圧、東に低気圧がある気圧配置です。等圧線(天気図に書かれている等しい気圧を結んだ線)が日本列島で縦縞模様になり、そのようなとき、日本海側では雨や雪、太平洋側では晴れという天気になります。しかしながら、同じ冬型でも山で多くの雪が降る「山雪型」と、平野部で多くの雪が降る「里雪型」がある他、等圧線の向きや間隔、上空の寒気の強さなどによって、天気が大きく異なってきます。

今回は、冬型が次第に弱まり、上空の寒気が抜けていくときに見られた雲について解説します。

写真1 雪の舞う朝を迎えた上高地(河童橋にて)

前日午後から降っていた雨が朝起きると雪に変わっていました。上高地では初雪になりましたし、稜線では吹雪の荒れた天気となっていました。

なぜこのような天気になったのでしょうか?まずは天気図で見ていきましょう。

図1 写真1を撮影した日(25日)の午前9時の地上天気図(気象庁ホームページより)

天気図を見ると、サハリン付近に低気圧、中国大陸東岸に高気圧があり、冬型になっています。また、等圧線が北から南に引かれているタイプの冬型(図2)ではなく、北西から南東方向に走っているため、北風というよりは西寄りの風になり、北アルプスでは降雪が多くなるタイプの冬型になります。

図2 北アルプスで降雪が少なかったり、天気が良くなるタイプの冬型

ところが、午前7時頃になると、上高地上空でも青空が広がっていき、午前8時頃には穂高連峰も新雪をまとった姿を見せてくれました。それは上空の寒気が抜けていったことと関係があります。

図3 25日午前6時の700hPa(高度約3,000m付近)の気温と風予想図

図4 25日正午の700hPa(高度約3,000m付近)の気温と風予想図

図3と図4を比べてみると、図3(午前6時)の上空3,000m付近の気温は穂高連峰付近でマイナス3℃前後で、マイナス6℃以下の寒気がすぐ北に迫っています。それに対し、図4(正午)になると、マイナス3℃と0℃の間になり、マイナス6℃線は新潟県~宮城県付近に北上しています。このように、冬型のときに寒気が抜けていくと、天気が回復することが多くなります。

写真2 新雪をまとった穂高連峰

しかしながら、14時過ぎまでは左側にある雲はずっとかかった状態でした。この雲があるため、河童橋付近からは畳岩の頭より北側の穂高連峰は見えましたが、写真2、3のように大正池方面に歩いた場所からは、穂高連峰が半分隠れるような状況です。

写真3

そこで、どうしてこの雲が取れにくいかを考えていきましょう。この日は上空を西風が吹いていましたので、日本海からの湿った空気は、穂高連峰の岐阜県側から入り、穂高連峰で上昇して雲を作りました。それが山を越えて下降すると、蒸発して明神岳側(東側)では晴れています。この日は、3,000m付近に安定した空気の層がありました。安定層があると、空気はそれより上に上がることが難しくなります。穂高連峰でも畳岩の頭から北東側は3,000mを優に超えていきますので、雲は安定層を越えられず、その上の乾いた空気に覆われて晴れています。それに対して、天狗岳より南西側では3,000mに満たない高さ(図5参照)なので、雲が山を越えていきます。そのため、写真3のように雲がかかってしまうのです。

図5 穂高連峰付近の地図(電子国土 https://maps.gsi.go.jp/ より)

冬型の気圧配置が次第に弱まっていくと、安定層の高さが低くなっていきます。そうすると、乾燥した空気も上から下に降りてきますので、北アルプスでは標高が高い場所や、その風下側から天気が回復していきます。標高が低い西穂山荘付近では飛騨側からの雲の通り道にもあたるため、天気の回復が槍ヶ岳や奥穂高岳よりも遅れる傾向にあります。

文、写真:猪熊隆之(株式会社ヤマテン)

※図、写真、文章の無断転載、転用、複写は禁じる。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヤマテン「今週末のおすすめ山域」のサイト表示につきまして

2020-10-29 18:09:08 | おしらせ

山の天気予報会員各位

平素より「山の天気予報」をご利用いただき、まことにありがとうございます。

このたび、「山の天気予報2021リニューアル」計画の一環として、毎週木曜日にメールでのみ配信していました「今週末のおすすめ山域」情報をサイト内でも閲覧できるようにしました。
毎週木曜日11時30分頃から翌金曜日12時までの間、山頂の天気予報ページの雨雲レーダー画像の下に「今週末のおすすめ山域」のリンクが表示されます。こちらをクリックしますと、該当する山域のおすすめ山域情報を閲覧できます。
週末の山行計画にぜひ、お役立てください。

株式会社ヤマテン
システム開発担当

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エベレスト登頂50周年記念フォーラム(web講演会)のご案内

2020-10-27 18:03:55 | おしらせ

日本山岳会ではエベレスト日本人登頂50周年を記念して「連続WEB講演会」を行っています。

第2回目となる11月5日(木)は、「エベレスト気候変動」と題しまして、ヤマテンの猪熊が出演いたします(飯田肇氏と猪熊2人による講演となります)。

20時開始予定で、Zoomを使用したインターネット上のセミナーとなりますので、地方にお住いの方もぜひ、ご参加ください。

 

詳細は下記URLをご確認ください。

https://jac1.or.jp/event-list/event-guide/202010239151.html

皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

 

山の天気予報  講習会係

コメント
この記事をはてなブックマークに追加