ゆ~たん音楽堂

ドキドキ&ハートフルな音楽と仲間を探して
東奔西走!
音楽ディレクター ゆ~たんの日常。

インターン生 M.Nの日記(その3)

2018年09月25日 04時50分49秒 | Daily Life
9/21(金)

インターンシップも早3日目。
本日は「ONTA」と呼ばれる、学校などで使われる
合唱パート別練習用CDのレコーディング風景を見学させていただいた。

私にも合唱の経験があるので少しだけわかるのだが、
合唱は楽譜に忠実、かつ最大限に言葉を立てて歌わなければならない。
言葉を立てるといっても、全ての単語を同じように発音してしまうと、
かえって聞き取りづらくなってしまう。語感を損なわずに歌うというのは、
とても難しいことである。

本日録音した曲のうち、2曲は谷川俊太郎さんが、
もう1曲は森山直太朗さんが作詞を手がけている。

谷川俊太郎さんの詩は言葉遊びが多い。
そして誰も思いつかないような、
奇想天外の単語が飛び出してきたりする。
だが何より素晴らしいのは、どんな言葉が出てきたとしても
”目の前に情景が思い浮かぶ”という点である。
今回録音したのは「春に」「信じる」の2曲で、
こちらは合唱では定番の楽曲だ。私が合唱部の頃にも練習したことがある。

一方、森山直太朗さんの詩は相反する単語が出てくることが多い。
今回録音した「花の名前」も、春夏秋冬であったり、
”百年前の約束”と”百年前の幻”など対義語に感じられる言葉が出てくる。
そのうえ楽曲自体も「花々の呼び名は知っているけれど、
本当の名前は誰も知らない」という内容なので、
歌詞全体が反対言葉のようになっている。

合唱曲は遊び心のある歌詞が多い(と私は思う)。
だからこそ、楽曲のイメージを保ったまま遊び心を出すのは、
歌詞を相当頭に入れ込んでいないとできない。
そして各パートの流れはそのままに、
複数人と息を合わせなければならないので、
合唱というジャンルに於いてどれほど練習が重要であるかを考えさせられる。

この日レコーディングが行われたのは、
各楽曲のソプラノパートであった。
レコーディングブースの中心には1本の
コンデンサーマイクロフォンが立てられており、
その四方を囲むように譜面台が置かれていた。
てっきり収録は1人ずつ行われるものだとばかり思っていたので、
パートを担当する全員が同時に歌って録音すると知って驚いた。

収録中は1回録音を行う毎に指導がなされていた。ブ
レス位置や言葉の発音を他パートと同じになるよう調整したり、
どの言葉のどの音を膨らませるかなど、
具体的なイメージを確かめてから次のテイクに臨んでいらした。
録音回数は1フレーズにつきおよそ4、5本(スペア含む)。
皆さんの透き通る歌声が、マイクを通ってこちら側にも聞こえてきた。
美声を生で聴くことができて耳が幸せな1日だった。

収録後は、録音に立ち会った全員が集まり音源チェックが行われた。
一音一音の細かなニュアンスの違いまで入念にチェックし、
音源のベースが完成していった。
私もその場にお邪魔させてもらい、
音源がどんどんより良いものに変わっていく瞬間を聞いていたのだが、
ひたすら皆さんの熱量に圧倒され続けた。
そして、やはり合唱は人の心を一つにする素晴らしいものだとも思った。
このとき音源について気になった部分があり、思い切って尋ねてみたところ、
なんと皆さんは私の意見を反映してくださった。
少しでもお役に立てたのだと思うと本当に嬉しかった。
今までの私ならなかなか言い出せなかったと思うが、
今回のインターンシップを通じて、
私の中に確かな変化が訪れているようだ。
コメント

インターン生 M.Nの日記(その2)

2018年09月22日 23時25分35秒 | Daily Life
インターンシップ2日目。本日は、打ち合わせ2本に参加させて頂いた。

1本目は事務所にて行われた「音職ドットコム」の打ち合わせにお邪魔した。
まず、会議が始まってから著作権に関する問答がなされ、
私は内容を理解しようと必死に頭を働かせた。
大学で著作権についての授業も受講していたが、
著作権は非常に複雑なもので未だにわからないことも多く、
会話を追いかけるので精一杯だった。

続いてCDの規格に関する話になり、
初めてCDの円盤自体に種類があることを知った。
全く知らない単語ばかり飛び交っていて、
私は戸惑いを隠せなかった。
思い切って皆さんに尋ねてみると、CDはどんな種類であっても
原盤の規格を守りつつ付加価値を加えており、
その付加価値の違いから名称が異なるのだという。
今までそのような話を聞ける機会がなかったので、
教えて頂いた瞬間、思わず感嘆の声が漏れてしまった。

続いて2本目は、東京書籍さんと共同で手がけている
HP「音楽専門館」についてのミーティングに同席させて頂いた。
こちらの会議では、メモに書かれていた内容に限らず、
音楽に関する多角的な情報の交換がなされていた。

SNSを活用した音楽情報の発信について、
老人ホームと音楽の関係性、様々な場所での合唱プログラムについて、
各企画の進行状況の報告及び内容などなど。
どのお話も非常に興味深く、特に「ダークダックス」の音楽性、
そして当時の歴史的背景との関連性は、
現代にも繋がっている要素が感じられた。

お話してくださった東京書籍の菅原さまはとても博識で、
音楽に限らずありとあらゆるジャンルの事柄に精通していらした。
こちらには書ききれないほどいろんな話をしてくださったのだが、
最終的にそのどれもが音や音楽の話になっていって、
音楽の形というのは決して一つではないのだと改めて実感した。
と同時に、音楽業界の広さを今一度目の当たりにした。

本日はわからない単語や気になったことを質問し、
聞いているだけでは知り得なかった知識を沢山知ることができた。
明日以降も疑問に思ったことはどんどんお聞きして、
自分の中にある知識の引き出しを増やしていけるよう頑張りたい。
コメント

インターン生 M.N の日記 (その1)

2018年09月22日 23時19分04秒 | Daily Life
インターンシップ初日。私はドキドキしながら野方駅に降り立った。

このドキドキは緊張と、これからどのような現場が待っているのか、
そしてどのような経験をさせて頂けるのかという期待から来るものであった。
野方駅というのは以前、舞台音響講座を受けたときにも
来たことのある場所だったので、
私にとっては「音」に関する様々な経験・知識に縁のある場所でもある。

この日は、音楽教材のピアノ音源レコーディングに同席させていただいた。
外部のレコーディングスタジオに立ち入ったのは初めてのことだったので、
思わず機材に目が釘付けになった。
中には大学の授業で触ったことのある機材もあり、
実際のレコーディングで使用されているのを見て感動を覚えた。

このとき録音室ではパッチベイ、マイクプリアンプ、Protoolsの
インターフェイスなどを経由して録音がなされていた。
大学でProtoolsを使用しているので、実際に目の前で音源が
録音・編集されていく様子は興味深く、身を乗り出してしまうほどだった。

マイキングについても「ピアノは打楽器なので叩くところを狙う」というのは
知識として知っていたのだが、
どのようにセッティングするかは全く想像できていなかった。
この目でマイクの立て方を見ることができて大変勉強になった。
今後ピアノの音を拾う場面があったら、
進んでマイキング作業を手伝わせて頂こうと思う。

また、録音の際に驚いたのは、同じモチーフが続く場合でも
全てレコーディングしていたことである。
近年は同じフレーズが続くと、コピー&ペーストで編集している場合も少なくないと
耳にしたことがあったので、全曲丸々録音するということに驚きを隠せなかった。
と同時に「音楽」というものの本来の形、その鱗片を目の当たりにしたように感じた。
今後レコーディングに携わる機会があったら、
私も一曲一曲を丁寧に録音していきたい。

この日一日を通して、私にできたのは譜面番号の照らし合わせ、
マイクケーブルの一部作業のみだったので、
これから先もっと積極性に動いていきたい。
また、少しでも疑問に思ったことはどんどん質問させて頂こうと思う。
コメント

インターン生 K.Oの日記 (最終回)

2017年10月07日 12時08分09秒 | Daily Life
今日は朝事務所に行くと、
来月発行のあんさんぶるの最終確認が行われていました。

最終確認だったので、表紙や中の写真が掲載されていて
前回私が見たものより冊子に近づいていました。
写真があるのとないのではこんなにも印象が変わるのかと思いました。

このようにいろんな人が何度も確認のために
読み返してひと月分が完成するのだと思うと
雑誌をきちんと読みたいと思います。

午後は少し時間があったので、
事務所近くを散策しました。

事務所が神保町にあるので古本屋がたくさんあります。

昔ながらの古本屋さんに入るのに
少し勇気がいると思いますが、
中には見たことのないような本や書物があって
面白かったので勇気を出して入ってよかったです。

本の他にも書物のようなものが
売られているお店もあり探検している気分でした。

驚いたのは、昔公開された映画や
舞台のパンフレットが売られていたことです。

映画は洋画のパンフレットが多く、
誰もがタイトルや内容を知るようなものが大半でした。
舞台も有名なものが多く、
ブロードウェイ版のパンフレットもあり
一緒に行った仲間と読み入ってしまいました。

学校からも神保町は比較的近いので
また時間を見つけて行ってみたいです。

そのあと東京FM局さんへ行って、
ラジオの収録を見学しました。

そして今日でインターンが終わってしまいました。

朝早くから夜遅くまで
本当に色々なところへ行くことができました。

そして生の現場を体験することができて、
想像以上に大変な世界だと思いました。

でも、この世界で働きたいと強く思いました。

今の私にはまだまだ遠い世界ですが、
残り1年半でもっとたくさん吸収して
その世界に入っていきたいと思いました。

ユージンプランニングの皆様、
短い間でしたが大変お世話になりました。
ありがとうございました。
コメント

インターン生 T.Sの日記 (最終回)

2017年10月07日 12時03分22秒 | Daily Life
インターン最終日。

今日はインターン最終日。

この2週間を振り返ってみると、
実にたくさんの経験や学びがあった。

イベントやレコーディングの手伝い、
企画の作り方や著作権について、
またラジオ収録の見学や様々な企画に対しての
会議に参加させていただけるなど。

普通に生活していれば
絶対に出来ないような経験をさせていただいた。

そしてこの2週間で自分がいかに未熟で、
つめが甘いのかを痛感させられた。

例えば、話し方や文章の書き方一つにしても
伝える相手に分かりやすく簡潔にまとめ、
だがしっかりと意図を明確にしていた。

社会に出れば当たり前のことなのかもしれないが、
これが意識していてもなかなかできるものではなかった。

これにはインターン中に注意されたことの一つなのだが、
日々メモをとり、本や新聞を読むことが
大切なのではないかと感じた。

そして、このインターン中もっとも心に響いたのは、
「考える」ことをやめてはいけないということ。
考えが考えを呼び、例え答えが見つからなかったとしても
考えることこそが人を成長させ、新たな道や物を創り出す。

これはどんな仕事に就こうが何をして生きようが
1番重要なことだと思った。

このことを踏まえて自分が日々、
どれだけ考えるのを諦めてしまっていることが
あるのかをもう一度見つめ直し、
これからは何事をするにも
この言葉を胸に生きていきたいと思う。

そしてもちろんそれだけでなく、
この2週間で学んだ全てのことを
これからの人生で大いに役立てていけるように
精進していきたいと思う。

最後に、このインターン中ご教授していただいた皆様。
本当に数え切れないほど多くの経験と
学びをありがとうございました。
コメント