ゆ~たん音楽堂

ドキドキ&ハートフルな音楽と仲間を探して
東奔西走!
音楽ディレクター ゆ~たんの日常。

【重版が決定しました@合唱指揮者という生き方】

2019年07月30日 13時27分40秒 | Daily Life
6月10日に発売となりました清水敬一さんの著書
『合唱指揮者という生き方〜私が見た「折々の美景」』の
重版(二刷)が決定いたしました。

多くの皆さんに手に取っていただき心より御礼申し上げます。

発売後、あちらこちらの書店を歩きましたが、
多くの音楽書売場で平積みとなった愛しきこの本を
ニヤニヤにながら眺めておりました(笑)。

編集に関わらせていただいた一人として本当にうれしく思います。

どうぞ引き続きよろしくお願いします。
コメント

【大阪芸術大学 前期の授業終わりました】

2019年07月25日 15時28分10秒 | Daily Life
実は学生はこれから試験とかいろいろあるのですが(!)、
とりあえず僕の前期の授業は終わりました(笑)。

かなり楽しい4ヵ月でした。

写真は音楽教育コース3年生の4名。
今年も少数精鋭でがんばります。

例年、ちょうど今くらいから実習の準備にとりかかります。

学年末の「発表」は例年と異なり
学内のホールでの発表ではなく、大学を飛び出して
介護福祉施設、幼稚園でのふたつの発表(コンサート)を
予定しているようです。

僕にとっても、この授業では初めての試みなので、とても楽しみです。

夏休みの間もいろいろ試行錯誤して、
後期にはいい準備が始められることを期待しています。

では、また9月に。
がんばれ〜!!
コメント

【木管五重奏コンサート@池袋 ジュンク堂書店】

2019年07月24日 16時41分01秒 | Daily Life
ジュンク堂書店池袋本店×東京音楽大学指揮専攻による
共同企画 第9弾は木管五重奏によるコンサートでした。

今回も満員のお客様をお迎えして大盛況にて
無事に終了することができました。
ありがとうございました。

出演は梅澤瑞紀さん(フルート)、白石怜那さん(オーボエ)、
髙松真紀さん(クラリネット)、田邊彩乃さん(ファゴット)、
古茂田安紗さん(ホルン)。

全員4年生による演奏でした。

コンサートは「童謡メドレー」から始まり、
「サウンドミュージック・メドレー」や
タファネル作曲の「木管五重奏曲」など、
とても個性的でバラエティに富んだ選曲によって、
お客様にもお楽しみいただけたと思います。

今回、特にグループ名などはなかったようですが、
この5人で演奏するのが楽しくて仕方ない様子が
聞いている私たちにも充分伝わってきました。

ぜひ、これからも切磋琢磨しながら
いいパフォーマンスを目指していって欲しいなと思いました。

尚、当日のMCは指揮科2年の中篠はるかさんでした。
お疲れさまでした。

どうぞ引き続き、この企画をよろしくお願い致します。


次回、第10弾は8月30日(金)の午後3時から、
クラリネット5重奏 Lampiのコンサートを
ジュンク書店池袋本店9F ギャラリースペースにて開催致します。

どうぞお楽しみに!!
コメント

【ジュンク堂書店池袋本店×東京音楽大学指揮専攻 共同企画 vol.9】

2019年07月17日 15時38分49秒 | Daily Life
★今度の日曜日の午後です!!

ご案内が遅れてすみません。

池袋・ジュンク堂書店と東京音楽大学指揮科との共同企画による
コンサートシリーズの第9弾は7月21日(日)の午後2時から、
ジュンク堂書店9階ギャラリースペースにて開催されます。

今回は木管五重奏。フルート、オーボエ、クラリネット、
ファゴット、ホルンによるアンサンブルです。

出演は以下のメンバー、全員東京音楽大学の4年生です。
◎梅澤瑞紀(フルート)
◎白石怜那(オーボエ)
◎髙松真紀(クラリネット)
◎田邊彩乃(ファゴット)
◎古茂田安紗(ホルン)

14:00開演、入場無料(予約不要)ですので
お気軽にいらして下さい。

まだまだスカッと晴れない毎日ですが、
ぜひ、ご来場いただき楽しくお過ごしいただければ嬉しいです。

どうぞよろしくお願い致します。
コメント

【あなたを幸せにしたいんだ@山本太郎さん】

2019年07月12日 23時57分06秒 | Daily Life
*写真は去年の冬、上野に鈴木邦男さんの演説を聞きに行った際、一緒に撮ってもらったもの。けっして知り合いではない。残念ながら(笑)。

山本太郎さんの存在を知ったのは2002年に公開された梁石日さん原作の映画『夜を賭けて』 (金守珍監督)。太郎さんはこの映画で主人公 金義夫役を演じたのだが、その圧倒的な存在感はしばらく僕の身体のどこかに突き刺さったままだった。それからの俳優活動を追っかけることもなくいたが、太郎さんは3.11の後、反原発を訴え運動を開始し、2013年には国会議員となった。それからの言動はできる限り追っかけてきたが、市民の一人ひとりに寄り添うその本気度は年を追うごとに強固になってきたように思う。そして今年の参議院選挙、ついに太郎さんの政治理念を実現するために「れいわ新選組」が立ち上げられた。候補者には元東電社員、コンビニオーナー、創価学会会員、難病ALS患者、また大学教授までいる。見事に人選だ。残念ながら山本太郎さんをはじめとする「れいわ新選組」の候補者の主張は主要メディアでは取り上げられることはないらしい。でも、ネットにはたくさんの動画がアップされていて、彼らの主張を見聞きすることができる。今、僕には太郎さんの言葉一つひとつが突き刺さってくる。選挙まではどこかで直接、彼らの言葉を直接浴びに出かけたいと考えている。

コメント