平倉山荘 -- BLOG --

 蔵王を歩く・滑る。日々を記す。空想上の山小屋~たいらぐらさんそう~

巻道小朝日バテ転 / 朝日連峰 古寺鉱泉〜大朝日岳往復

2018-09-23 | 山・やま・Mt.

 

 

コメント

エゾオヤマリンドウ 南蔵王コース 不忘山往復

2018-09-02 | 山・やま・Mt.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


南蔵王コース 不忘山往復

4時45分 家出発

7−11に立ち寄り菓子パンとダーツチョコを買う

坊平トイレに寄る
5時歩き始めがベストと思う おにぎり作りで節約できるだろう

5時50分 歩き始める

他に駐車の車はない
稜線は見えるが南屏風付近に雲がかかる 仙台方面は雲の下

6時45分 杉が峰通過

雨具の上着を羽織る 風が涼しい
未だ遠望にも車の駐車はない
烏帽子岳分岐で大キジを済ます
草水でパンツが濡れる カッパ下を履く 内側を靴泥で汚す

7時45分 屏風岳通過

霧が濃く見晴らしはない 雷発生が心配でラジオに電源を入れて歩く(全く心配なかった)

8時16分 南屏風岳通過

道が泥濘み滑る 前日の降水が多かったのだろう

8時45分 不忘山到着

薄霧がかかり見晴らし効かず しかし明るくなってくる
おにぎりを口にする
自宅にラインを送る

8時55分 不忘山出発

南屏風に向かって好調に登ってゆく 山用の体になってきている

9時26分 南屏風通過

仕事の電話が入る

10時00分 屏風岳通過

3人組が登ってきた 今日初めて人と会う

10時25分 芝草平通過

10時47分 杉が峰通過

11時02分 前山通過

11時32分 エコーライン車に到着

行動時間 5時間42分 まあまあのペースで歩けた

コメント

KO!orz 巻き巻き 朝日連峰・古寺鉱泉〜大朝日岳(往復)

2018-08-19 | 山・やま・Mt.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

濃霧強風の山頂・若草のアザミ花が綺麗だった 中丸山コース

2018-08-05 | 山・やま・Mt.

猛暑・酷暑の続く山形。降雨がなく渇水状態、作物への影響も出ている。低気圧が東北北部を通過する予報の中、いつものコース・中丸山から熊野岳に登ってきた。

もう1時間早く起床していれば、南蔵王・不忘往復へも行く気になったのだが、今日は中丸山コースとする。起床後の山飯作りは、出発時間を遅らせる。そして、天気予報の曇りのち雨が気になる。南蔵王コースだと、途中引き返しで不完全燃焼になるだろうという事で、中丸山コースに心を決す。

TooCottonさん駐車場から、快晴のもと気分良く歩き始まるが、間もなく上空が薄暗くなってきた。山頂からドンドン雲が降りてくる。雨のない眩しい夏を過ごしてきたせいか、厚い雲で薄暗くなった山道は心細い。

中丸山を越え、暗部で大キジを撃つ。トドマツ帯を過ぎると雲の中に突入。風も出て来て肌寒く長袖シャツを着る。薄暗い月見が原を進む。山頂石畳は濃霧強風。山頂に人影が見えた時はホッとした。熊野神社に手を合わせ娘の祈願をする。一本は中丸山まで下ってからにしようと、そぐに山頂を後にする。

月見が原で、登山口で着替えをしていたご夫婦とスライド。中丸山山頂で腰を下ろし、フジパン「ピーナツ・コッペ」を摘んでいると、単独男性が登って来た。今日の蔵王が67座目。今回は十日をかけて東北の山を巡っていると仰る。「二日前の岩木山山頂は物凄い風だったよ」と。ブナ林まで下ってくると、赤Tシャツを揃えたトレラン3人組が登って来た。蔵王温泉から熊野岳、馬の背を走り、ライザスキー場から登ってきたところ。トレラン大会のコースを走っているとの事。「今年は大会が開かれないんです。この坂が一番辛いんだ」と仰る。温泉からここまで走って来てのこの登りは、確かにきついだろう。

2週間前、このコースを歩いた後に凄い太ももの筋肉痛になった。今日は大丈夫なようだ。そろそろ朝日山行に向けて準備・計画を立てよう。

 

 

 

 

コメント

横川堰源流を訪ねる

2018-07-29 | 山・やま・Mt.

知り合いの地区会行事「横川堰水路を訪ねる」に同行させいただきました。

台風12号の影響で雨が降ったり止んだりの空模様。計画では横川堰取水口のあるナンバ沢を渡り、又ぶり沼までを向かう予定でしたが、

沢の水かさが増していたのでナンバ沢手前で引き返してきました。

この堰によって引かれた水は、市内の水田や畑の用水に利用されています。今年のように雨の降らない年は、その有り難さを特に感じます。

農業用水を、県境を越えていただいている(引いている)ということは、珍しいということを初めて知りました。

水路を作った先人の考えと労苦は大変なものだったと、改めて感じてきました。

 

 

 

 

コメント