日々是好日 とっつあんの雑記帳

とっつあんが徒然なるまま”ほっこりと暖かく誰もがうなずけるちょっとした幸せを感じる”話題を発信していきます。

高槻のええとこ(^^♪高槻 まちかど遺産(平成29年度)No3「高槻城の石垣石を転用したレンガアーチ橋」

2018年05月22日 14時23分22秒 | 三島地区の文化財
明治6年(1873)に着工された京阪間の鉄道(現JR京都線)は、線路下を横切る道や水路を通すため、イギリス人技師指導の下、いくつものレンガアーチ橋が造られました。アーチ橋の入口や土台には、破却した高槻城の石垣石が転用されています。一部の石には、築城時に切り出した際の台形の痕跡(矢穴痕:やあなあと)がみられます。 . . . 本文を読む
コメント

初夏の花(^^♪濃い青紫色の小さな花が桔梗によく似ていて、上品で美しい花「キキョウソウ(桔梗草)」

2018年05月21日 13時52分16秒 | 歳時記
春の野の花が咲き終わる晩春から夏草でおおわれる前の日当たりのよい草地など、花が小さくてもよく目立つ所に生えることから「人当たりがいい」ときているのでしょう。また上品で美しい花の姿が「優しい愛」に。 . . . 本文を読む
コメント

高槻のええとこ(^^♪高槻 まちかど遺産(平成29年度)No2「能因法師墳・花の井への道標」

2018年05月20日 14時26分42秒 | 三島地区の文化財
平安時代の歌人・能因法師は、古曽部に居を構えて和歌を詠み生涯を終えたとされます。右手の石碑は、その墓と伝わるの能因法師噴を案内する道標で、幕末の元治元年(1864)に古い石碑を再建したものです。 . . . 本文を読む
コメント

初夏に輝く花(^^♪お星さまキラキラ金銀砂子 星型の黄色い花「コモチマンネングサ(子持万年草) 」

2018年05月19日 14時11分58秒 | 歳時記
「コモチマンネングサ(子持万年草)」は、ベンケイソウ科マンネングサ属の多年草(越年草)で、星型の黄色い花を茎の先端に沢山咲かせます。 . . . 本文を読む
コメント (2)

平野のええとこ(^^♪閻魔さんの日 大阪平野の長宝寺の「秘仏本尊御開扉」

2018年05月18日 15時34分33秒 | 歳時記
『閻魔さんの日』の宝印授与は、平成27年3月6日付けで大阪市無形民俗文化財に指定されています。 . . . 本文を読む
コメント

初夏に花開く(^^♪「蕃」は外国、「茉莉(マーリー)華」は中国語で、ジャスミン 「蕃茉莉 (ばんまつり)」

2018年05月17日 17時41分38秒 | 歳時記
花言葉は、「幸運」、「熱心」、「恋 の訪れ」、「移り気」です。 . . . 本文を読む
コメント

高槻のええとこ(^^♪高槻 まちかど遺産(平成29年度)No1「上宮天満宮参道の灯籠と狛犬、石段上の鳥居」

2018年05月16日 14時39分27秒 | 三島地区の文化財
奥の大燈籠は江戸中期の寛延3年(1750)、芥川村や富田村の氏子によって建立されました。狛犬は幕末の文久2年(1862)の建立。高槻城下をはじめ、河辺郡・能勢郡・鳥飼村・出口村など旧摂津・河内国内の高槻藩領や預地の人々も寄進したことが東側の狛犬から分かります。 . . . 本文を読む
コメント

茨木のええとこ(^^♪市の花であるバラ そのバラのいい香りにつつまれた「若園公園バラ園」

2018年05月15日 13時43分59秒 | 歳時記
世界中で最も愛されているバラですから、そのバラの花言葉もあらゆる花のなかでその数がもっとも多く、その総数は60を超えるといわれています。また、そのほとんどが恋愛と愛情の表現であることからも、花多しといえどもバラほど世界の人々に愛されている花はありません。まさに「花の女王」といえるでしょう . . . 本文を読む
コメント

春から初夏に咲く(^^♪逆境にあるものを激励する言葉に、”カモミールの苗床のごとく、踏まれるたびに成長せよ”とか 「カモミール」の花

2018年05月14日 16時01分52秒 | 歳時記
カモミールは別名カモマイルとかカミツレと言い、キク科の耐寒性一年草(ジャーマンカモミール)または多年草(ローマンカモミール)です。甘くリンゴのような香りと可憐な花で楽しませてくれます。 . . . 本文を読む
コメント

旬の味覚を…(^^♪北海道産の柔らかくて甘い、美味しい極太の「アスパラガス」

2018年05月13日 14時02分49秒 | 歳時記
日本へは江戸時代後半に観賞用として伝来。そして明治時代初期の北海道開拓にともなって食用の種子を導入しました。ただし本格的に栽培されるようになったのは1923年(大正12年)以降といわれます。当初はホワイトアスパラガスがメインでほとんどが缶詰にされていましたが、昭和40年代以降はグリーンアスパラガスが好まれるようになり、ホワイトアスパラガスは減少しました。 . . . 本文を読む
コメント