toko ブログ

一眼レフでの撮影の記録です♪

新年あけましておめでとうございます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ブログお引越しのお知らせ

2018-01-07 21:58:12 | 日記

ブログを引っ越ししました。
これからも引き続きよろしくお願いします

新しいブログはこちらです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

出雲空港 撮影

2018-01-04 17:38:52 | 日記

飛行機が頭上を通過する伊丹空港、
滑走路の延長線上に夕日が沈む熊本空港など
航空写真家によって、全国的に有名となった空港
があります

伊丹空港と熊本空港の特徴を両方もっていて、
なおかつ飛行機までの距離がやたら近い空港が
あります




それが出雲空港です
空港周辺は平地が続き、
滑走のすぐ横は田んぼと民家です






滑走路は東西に向いており(RWY07 RWY25)
両方ともに滑走路エンドぎりぎりで撮影ができます。
小型機でも、近くで見られるので、迫力があります。
こちらは西側(RWY07エンド)から。




こちらは、東側(RWY25エンド)。
宍道湖を横断して着陸機が来ます。


捻りが見られるのも


徐々に機影が大きくなり


爆音と風で怖さを感じるほどです


唾を吐いたら届きそうな距離。
たまりませんね~




離陸はとてもゆっくり動いているように
感じます。




13:30~15:00までは離発着が無くなるので、
コーヒー豆を買いに車で20分で「STRINGS COFFEE ROASTER」へ
ここはお勧めです。


空港、カメラ、コーヒー。
最高の組み合わせです


ターミナルも小さく、滑走路の両脇はフェンス1枚
隔てて即、道路なので、


小型機でも大きく見えます
(320mmで撮影)


こちらは、名古屋から着陸のフジドリーム。




B767などの大きな機体が来ると
羽が滑走路からはみ出てるかと思う程です。


ターミナルも小さいので
空港からもはみ出そうに感じます。




そして、夕暮れ。








雲があり滑走路と沈む夕日が重なる所は
見られませんでしたが、
夕焼けって綺麗ですね






夜は暗いので、限られた撮影しかできません。
これで、この日は終了

朝早くから夜までいるのに
1日はあっと言う間です。
しかしカメラの性能が上がったので、
綺麗に撮影できるので楽しみです




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

飛行機 レジ番号

2017-12-07 19:19:19 | 日記

飛行機にはレジ番号といって、1機ごとに決められた
機体記号があり(車のナンバーみたいなものです。)
国籍や所有者、機種が登録されています。
レジ番号がかぶる事は無く。
もちろん世界で1機です。
レジ番号を収集する人達がいる事を知り、
やってみる事にしました。


この飛行機は「JA08MC」
JAは日本の事です。


こちらは「JA711J」


「B」は中国です。
「B-2294」なら中国南方航空の
エアバスA319だという事がわかります。


これまで、写真に収めたレジ番号は一覧にしています。
1年間で確認できている機種で346機。
広島空港、松山空港、伊丹空港、高松空港で同じ機種と出会っていた
って事もわかりました。

以上、マニアックな話しでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ライザップ 骨盤サポートベルト

2017-12-02 19:49:59 | 日記





廿日市のゆめタウンに行ってきました。
目的は、ライザップのお店。

私は、右膝の前十字靭帯再建手術、骨盤骨折以外に、腰痛と坐骨神経痛
とも長い付き合いがあります。

くしゃみをすると激痛が走ったり、
夜中にお尻の激痛で目が覚めたり、
高速バスから下車する時、膝が固まってて、
年配のマダムに「若いのに大変ね」と言われたり、
体はボロボロです。

このベルトを開発した人とお会いする機会があり、
「このベルトしてたら坐骨神経痛は治るよ~」と
言われた事があったので、購入する事にしました。


これが骨盤サポートベルト
(白い女性の体のマネキンは付きません。)


なかなか独特な形状です。
どんな感じかと言うと、
上のベルトは骨盤の上部とへそ回りをサポートして、
下のベルトはお尻を丸ごとサポートする感じです。


普通の腰痛ベルトと同様の圧迫感
はありますが、
腰痛は感じません。
これはビックリ。
直立のままくしゃみができます。

骨盤を下から両手で誰かに
支えてもらってる感じです。
超~楽。

いやぁ~健康って素晴らしいですね。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ツーリング ジーンズストリート 瀬戸大橋 工場夜景

2017-10-10 19:34:34 | 日記




ツーリングにいい季節となりました。
カメラと三脚、防寒着を載せていざ出発
岡山へ行きました。


まずはバイク乗りの聖地ナップス(バイク用品店)へ
バイクだらけの駐車場っていい眺めです


バイクも色々な種類があります。
みんな同じだと思うんですが、
自分のバイクが一番カッコいいと思っています




店内は欲しいものが盛りだくさん。


次は、食後のコーヒーを求めて、


こちらへ、いい雰囲気の店です。
店内はというと、


定休日


途中、休憩を挟みながら
気を取り直して
「ジーンズストリート」へ


入口の大きな目印。








この一帯がジーンズショップが並んでいます。
ジーンズから洋服、小物まで、品質の良さが
伺える物ばかりです。


UNION BROS


JEANZOO


RIVETS


JAPAN BLUE JEANS


桃太郎JEANS


他にも、お店が多数ありました


このソフトクリームはジーンズを
イメージして藍色で色付けをしているとの事






このマンホールも数か所に設置されていました。
お洒落






ようやくコーヒーが飲めました。
ブレンドなのが残念ですが、
エアロプレスの美味しいコーヒーでした。




そして夕方、瀬戸大橋へ。
グーグルマップで恐らく行けるかな?
って所が、見事に撮影できるスペース
でした。


この先は崖。当然、柵も無い所です。
高所恐怖症には刺激的な場所です。




この太陽の位置から考えて、
夕日と橋が絡む写真が撮れそうです。


いいタイミングで電車が来てくれたら、
夕日、瀬戸大橋、電車、車を絡められる
んですが、
まぁ世の中そんな上手くいくはずが........
.........
.........


あった


電車内の乗客の手の仕草まで見えます。

いやぁ~実にラッキーでした。
直射日光に照らされ汗ダクになり
蚊に全身をくまなく刺されたかいが
ありました






この日ラストは、工場夜景


水島工場地帯の夜景です
全国的にも有名な夜景スポットです。






この写真はシャッタースピード4秒で
300枚分撮影して、あとから合成したものです。
星の軌跡。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

美術館に行きました。

2017-10-02 18:21:09 | 日記




奥田元宋・小由女美術館に行ってきました。


遠藤湖舟写真展 「天空の美、地上の美」

月・星・太陽から草花・水面の映り込み等を
とても綺麗に写している写真が多く
気になってたので行ってみました。




大きく展示しているので迫力が凄いです。
とにかく綺麗ですね。


月の前を通過する飛行機のライトを入れている写真です。
飛行機好きなら飛行機は写し止めて、飛行機を見せる
ので、飛行機好きにはできない撮りかたです。




雲の形とか構図のバランスとか
同じように撮っても、なかなか
これほどきれいに撮影できません。


奥はモニターに映像が映し出されていました。


次は、波に映る反射を撮影しているものです。






絵みたに見えますが、写真ですからね、
こんな風に撮ってみたいです。


ここは全てアクリルパネルに印刷していました。


木の質感を生かした斬新な作りです。
鮮やかな朱色が自然との調和を演出いしています。
.....って、これは女子トイレですね。




最後のコーナーは広島で撮影しているものでした。


厳島神社もこう撮れないんですよね。
着眼点というかセンスというか、
いい写真を撮られますね。


田んぼも、こう撮れないですね。
つい、引きの画で撮ってしまいます。
ここまで、寄ってみようと考えも
しませんでした。




そうゆう事なんですね~


美術館内のいたる所で、
今回の展示を観られる工夫
がされていました。






これは、美術館の外です。
星や月に興味があるだけに
この写真は心に響くもがあります。




見せ方が上手いですね。

こうして、私は、新たな発見と刺激を
受けて、写真撮影の意欲を再認識し、
新たな被写体を求める決心をしました。

バカの一つ覚えのように空港、空港ではだめですよ。
何が飛行機ですか
何が航空無線ですか
.......
.......
.......
.......



と言ったものの、空港が気になり、
夕方から、無線機持って
行っちゃいました



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白バイ安全運転協議会

2017-09-25 17:41:35 | 日記


白バイの競技会に行きました。


場所は広島県運転免許センター。
参加ではなく、観戦です。
内容は、白バイのスラローム競技です。




お客さんも結構来ていました。






競技内容は数名のグループ毎にスラロームのタイムを競います。
(それにしても、お巡りさんの目を黒塗りするのって
 何か変な感じです)




攻めっぷりが凄い!




女性の参加も多かったです。










まぁ~よくこんなバイクを操りますね~
個人によって、技術に差があるのがわかりました。
やたら攻めてる方から、無難にこなしてる方まで。






競技の合間にはデモ走行が行われました。
これは、手放しで旋回を続けている所。
その技術の高さに逃げても無駄だという
事がよくわかります。


また、会場では、白バイやパトカーの展示乗車や、


パトカーの試乗も行われていました。
走行中は、サイレンのスイッチを
好きなだけ押せたそうです。




おっ!覆面パトカー。
ナンバー必見です。


このナンバーを覚えていれば
何かと..............
................
................
画像処理した後でしたね、残念


競技終了後は、全員でのドリル走行


両サイドから走り、すれ違う。
ぶつからないのがさすがです。






画像では分かりにくいですが、
これは、両サイドから向かい合って走り
スラローム走行をしています。
こっち向いてる人は画面左サイドからスタート
お尻向けている人は画面右サイドからスタート
互いにすれ違っていくんですが、
こんな説明でわかりますかね?


日々の訓練の賜物ですね。
皆さんも交通安全に気を付けましょう。

追伸
一度白バイ運転してみたいですね

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

岡山空港 撮影

2017-09-12 18:10:36 | 日記

いつかは行こうと思っていた岡山空港に行ってきました。






まずは、滑走路西側(RWY07)の小高い空きスペース。
数名の飛行機好きがいました。




まぁ~地方空港は本数の少なさとボーボーの雑草がどこも共通点です。
個人的に草刈り道具を常備しときたいくらいです。

ここで無線から
「clear to land run way 07」(滑走路07側からの着陸を許可します。)
と聞こえました。

岡山空港では、西側からの着陸は稀らしく
車でダッシュで移動。




押さえておきたいポイントなので、
間に合ってよかったです。


次は第4駐車場へ、ここが最も飛行機に近づける場所でした。
見学者用のスペースがあり、見学者のみ駐車可能という、素晴らしい
配慮のされたスペースです。






ここでは、航空無線を聞いている人、カップル、友人同士、親子
等が見学していました。


飛行機が並走して飛行しています。
(実際は高度差1000m)


おっ!シンクロ飛行


次は、滑走路の東側(RWY25)にあるスポーツ広場へ、






テニスコートや野球場があったり、


遊具のある公園がありました。






滑走路を見下ろす位置
にあるので、フェンスを完全にクリアできる場所です。

遊具で遊ぶ子ども達と飛行機をからめられる。最高の写真
がとれると思いスタンバイ。


飛行機の音が聞こえ、いよいよシャッターチャンスを迎える
と思った時、


飛行機を見ていたお父さん達が一斉に「飛行機が来たよ~。」
「ありゃ~787じゃがん。」
この号令と共に子どもは一斉に遊具から降りて、滑走路側へ、


本当はもっと人が多くいたんですけどね、残念!





パイロットが手を振ってくれます。




787は離陸時に主翼が大きくたわみます。
この瞬間がたまらんですな~

夕方からは、滑走路の東エンド側(RWY25)へ。




ここも人の気配のない草ボーボーの所です。


やっぱり頭上を通過するポイントってテンションが上がります。




いい感じで夕焼け空になりました。
空が焼けるという表現がぴったりな色です。


夜は光量が足らないので、
夕方の限られた時間が勝負です。




流し撮りで2機撮影してこの日は終了。

帰りに気づいたのですが、ここは照明もなく、
人もいないので、超不気味です。
真っ暗な中、何度も後ろを振り向きながら、
車へと戻りました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

セントレアに行って、エビふりゃ~たべるだがや

2017-08-28 20:54:52 | 日記


日曜日、いつものように朝起きて
スマホで航空機の情報アプリを見ると、なんと4時間後に
とある機体がセントレアに着陸する事がわかりました。
以前から一度はお目にかかりたいと思っていた機種です。


ナビによると今、出発すれば着陸
15分前に到着するとの事。
広島から名古屋まで行って15分しか
余裕がない。本当に間に合うか不安です。


迷う事2分。家を飛び出しました。
突然の移動の時の新幹線って本当にありがたいです。
事前の予約もいらないし、本数多いし。


新幹線内で、無線の周波数を設定。準備はバッチリです。


名古屋駅到着後、即、乗り換えです




セントレア到着後、他には目もくれず展望デッキへ。
展望デッキは周囲を海に囲まれているので、見晴しもよかったです。
ナビ通り15分前に到着


来た来た
シャッターに指をかけて、
タイミングを待つこの興奮がたまりません。




これが目当ての機体、「ドリームリフター」
名古屋で組み立てた
ボーイングの最新旅客機の部品を
アメリカの工場へ運ぶ専用の輸送機です。


世界に4機しかなく、日本では、
セントレアでのみ見られる機体です。
輸送機なので、胴体がデカい作りです。






セントレアの中では、飛行機の写真を提示していたり




24時間テレビのライブをしていたり、コスプレの撮影をいたる所で行っていたり、
都市部の空港は遊べるところが多いからうらやましいです。
カメラマンも多くいました。女性の割合の多さにビックリです。
また、航空無線聞いている人はごく少数。これは、成田空港や広島空港と違う点です。




一段落したんで、他の飛行機を撮影します。


海が背景になるのも魅力です。




撮りたい構図、撮りたい明るさ、撮りたい色あい等
以前より、思い通りにカメラを操作できるように
なったので、今が楽しいときです。


韓国からB777‐300が来ました。


さすが‐300。胴体が長すぎてフレームアウト


決して、荷物を投げないのも
日本の素晴らしさですね


なにげなく、アプリを確認すると、
おや?ドリームリフターが表示
されています。
ドリームリフターは着陸した次の日に飛び立つらしいのですが、




荷物の搬入が始まり
(荷物の大きさに驚きです。)


この日は、運よく夕方にタキシングが始まり。
(初めて来て、1日で着陸と離陸まで撮影できるなんて、感無量


離陸していきました。
いや~感動。
今回は、着陸時間が昼だった事。その日の朝に気づけた事。離陸まで見届けられた事
とってもラッキーでした。



最終の新幹線の時間から逆算して、時間の許す限り
撮影を続行です。
これは、シルエットで表現


こちらは、夕日をバックに撮影


面白い雲だったので、広角レンズで撮影


名古屋駅到着後、即、乗り換えです




帰りも待ち時間なしで電車に乗り込み
帰路へ、鉄道網の発達とネット情報の発達
のお陰で念願を果たせた日曜日でした
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

呉の夏祭り 海上花火大会

2017-08-01 18:21:03 | 日記

前回の尾道での花火撮影が面白かったので、
今回は呉へ行きました


昼頃呉入り。コーヒーハンター川島氏の
お店「ミカフェート」で時間を潰し


海上自衛隊の敷地内で「呉サマーフェスタ」をしていたので
行ってみる事にしました




規模は小さめですが、 いろんなブースが出ていて、
ステージではライブをしていたり自衛隊うちわを
配っていたり




運よく上陸用舟艇の乗船ができました。


隊員に見送られて出発




タンカーを通り過ぎ(う~んデカい)


護衛艦「かが」に接近して、
船の説明をしてくれました
護衛艦という名称ですが、
ヘリ空母ですよね。
(とにかくデカい)


こんなに近くで見られるのは
最高ですね


こちらは、ご存じ「くにさき」
呉は最高の海上自衛隊の港ですね。
いや~本当にラッキーでした。
もう帰ってもいいくらい満足です


で、花火を撮るためアレイからすこじま公園へ。
目の保養に幾度となく訪れている所です。
2時間前に到着したのに、このカメラマンの数、
爆笑です


すべての艦船で同時に旭日旗の収納を
行っていました。
周囲が厳粛な雰囲気に包まれ、
儀式が進みます。


全ての艦船で照明が点灯された頃には
ますます人が増えてきました


撮影は尾道の花火まつりの経験が生きて、
落ち着いて撮影できました。


潜水艦の背後で花火って最高の景色です


もう少し潜水艦を明るく撮影したら良かった
んですが、これは次回への反省点です。
終了後は道路が大渋滞する事もなく
普通に帰れました

さぁ、次回はどこへ行きましょうかね




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おのみち住吉花火まつり

2017-07-31 18:46:41 | 日記


プロの写真家の方が主催の撮影会に参加しました。
スキー仲間のゆーみんの紹介で、今回の企画を知り、
花火撮影をした事ないんですけど、またとない絶好の機会なので
参加させてもらいました。


左からがんちゃん、あきちゃん、嫁。
毎年、この花火まつりの時には、我らが「桂馬」から、かき氷や飲み物、
かまぼこを屋台で販売しているそうです。
私は、いざ集合場所の千光寺公園へ。


尾道は坂の町。
急な登りが続きますハーハー


ちょっと登れば大汗をハァーハァーかきますハァー


ハァー登ったかと思えばハァーハァー下りハァー坂ハァーハァー


ヒ―ヒ― ようやくヒ― 山頂ヒ― ヒ― に到ヒ―ヒ―




撮影ポイントはこんな感じ(素晴らしい)




蚊に食われながら
悪戦苦闘
とにかく花火が明るくなりすぎるので、
微調整に追われました。

終始、親切丁寧に教えていただきました
ありがとうございます。
とっても楽しかったです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イベント参加

2017-07-18 20:19:22 | 日記

航空写真家 チャーリー古庄さんのトーク&撮影
イベントに行ってきました
しかも無料って参加しない手はありません

チャーリー古庄さんは知る人ぞ知る超有名航空写真家で、
最も多くの航空会社の飛行機に乗った
事でギネス記録を持っており、
テレビにもちょくちょく出演されている方です






場所は香川県の高松空港


写真にハマってちょうど1年。
今回で高松空港に来るのは3度目です


まずは、定番の花と絡めた飛行機を撮影




花、飛行機、街


夏の雲




そして滑走路端。
この距離とエンジンの爆音、

↓こんな感じです↓
着陸の動画




ほんとたまりません


そして本題へ、
今回のイベント会場は
「さぬきこどもの国」。


3度目にして初めて館内に
入りましたが、超充実した
子供向け施設です


遊具が多数


実機のエンジンがあり


所狭しと、展示物が鎮座しています。

チャーリー古庄さんのトークショーの内容は
館内のプラネタリウムの巨大スクリーンで
写真とともに様々な秘話を語ってくれました。

1泊4日で海外へ撮影に行くとか、
空港で撮影してたら、銃を向けられたとか、
とにかく多方面な話しはスケールがデカかったです。
これだけでも十分は内容なのですが.........








時間を空けて、次は屋外展示されているYS-11
と日暮れを絡めての撮影会です。
参加者も20名くらいでしたかね。




ちなみに、YS-11は機内にも入れて、
撮影も可能です
コックピットのアナログ感も
今では、貴重です。


逐一、チャーリー古庄さんの撮影された画像を見せてもらい、
自分の撮影した画像と見比べ、アドバイスを
もらう。
う~ん最高です

アドバイスの内容はもったいなくてブログでは
書きませんが、
自分の間違えに気づかさせてもらえました




同じ時間ですが、カメラの設定次第で
こうも、変わった表現ができる事など
色々、教えてもらいました。

チャーリー古庄さんは、色の表現の仕方が
すご過ぎです。

さらに発売前のカメラを使用されており(eos6D mark2)
、面白い話を聞かせてもらえました。

おそらくこの日、一番多くレンズを交換して、
一番多く撮影されていたのが、チャーリー古庄さん
ではないでしょうか、
これがプロと素人の差でしょうかね



最後は、流し撮りでみんなで飛行機を撮影して終了。


記念撮影もパシャリ
この写真、家宝にします。

チャーリー古庄さんはとってもいい人でした
さらに、さぬきこどもの国の職員が、輪をかけていい人達で
した施設も充実して、人も良く撮影ポイントも豊富。
楽しいイベントもあって、
最高じゃないですか

いや~人生って楽し~もんですね~



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

前回、投稿のおまけ

2017-05-31 23:00:18 | 日記

せっかく写真を撮ったのでアップします。

日曜日に美保基地の航空祭を見て
月曜日はまじめに仕事をして、晩には
香川県入りして車泊
火曜日の午前中、高松空港へ行きました。





車内で飲むスペシャリティーコーヒー
は格別です


高松空港は花が綺麗な空港です。






ひとまず撮影。


写真にはありませんが、
「さぬきこどもの国」という公園だけあって
子ども向けの遊具が多数。




電車のディスプレイもあり、(電車内に入れます)


引退したYS-11までディスプレイしてあります。(土日祝日は機内に入れるようです。)





高松空港にくるのは2回目。
前回、滑走路エンド側にある。小高い丘
を目指すも、蜂に遭遇し断念しました。


今回は、そのリベンジです。
ここは、誘導灯を見下ろせる
位置にある丘です。




手の届きそうな位置を
着陸機がかすめて行きます。


爆音と飛行機の排気で
体が飛んでいかないか心配に
なりました。




自衛隊のヘリがローパスして行きました。





午後からはポンコツの私の体を
治療してもらうため、空港から40分の
病院へ

病院に行くついでの空港なのか
空港に行くついでの病院なのか・・・・・・・


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

美保基地航空祭 2017

2017-05-31 21:32:48 | 日記





鳥取県にある美保基地航空祭へ行ってきました。

ここの航空祭では、自衛隊の輸送機の展示飛行が見れます。
最新のC-2が見れる絶好のイベントです。
さらにブルーインパルスの離陸前の儀式が真近で
見られる事もグッドです。


基地内では、グッズショップや屋台が多数出展




普段、隊員の方が備品を購入する売店へ直行
個人的にはここだけで、1日過ごせます。


「弾帯止め」
使い方はわかりませんが、隊員が普段使用する物と思うと
テンションが上がります。


次に展示されている航空機を見て回ります。こちらはC-1輸送機






「NO STEP」ではなく「のるな」の注意書きが、さすが自衛隊




C-2はとにかくデカい。


ほかにも車両等の展示がありました。




写真撮影


展示飛行はC-1とC-2の飛行からでした。
輸送機とは思えない機敏な動き




こちらは、物資の投下


自衛隊の空挺団による降下


F-2



被写体が小さいのとスピードが速いのと
動きがクイックすぎて、撮影に必死になりました。
普段旅客機ばかり撮影しているので、その差に
ビックリです。


こんなレンズをお持ちの方も。
本物のバズーカよりバズーカですね。


こちらはC-2
この機種は鳥取の美保基地のみに
配備されている新機種です。






先代のC-1が小型にみえるくらい
C-2は大きな輸送機です。


そしてブルーインパルス。




開始前は結構リラックスした感じで
記念撮影なんかもしていました。


開始とともに緊張感が走ります。




パイロットと隊員が手信号で
機体のチャックをしています。


タキシングが始まります。
















いつもの如く航空無線を聞いていましたが、
ブルーインパルスのパイロットって、相当激しい
操縦をしているのに、終始、呼吸が乱れる事なく
指示を出していました。
さすが自衛隊!

ブルーインパルスの飛行が終了して、
スキー仲間の、とっしーさんとつ◯のさんと合流。
楽しい1日でした。


「また来てごしない」

私「いや~、がいな航空祭だじぇ~」
嫁「そげかや?」
私「そげだがん。ほんに思っちょうじぇ。
  また一緒に行くだわい。」


コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

報告です。

2017-05-15 19:00:07 | 日記

報告遅れましたが、
2016年の春をもって全てのライダー活動を終了しました。
POWERS 、MOMENT、AIRJAM HIROSHIMAには多大な
サポートをしていただき、ライダーとしてスキーを
していないと、経験できない事を多く経験させていただ
きました。

POWERSは不可能を可能にしてくれるお店です。
MOMENTは私が探していた理想のスキー板そのものでした。
AIRJAMは広島周辺のそうそうたるスノーボードのライダー
との接点を作ってくれた、最高の練習施設でした。
これまでの活動で、少しでもPRや発展に協力できていたら幸いです。

活動を辞める理由は手術や怪我が重なり、これまでのような
パフォーマンスが発揮できなくなったからです。
現在の回復状況はパークを軽く流す程度ならなんとかで
きるのですが、スキー場に行っても、今までできていた技が
できないのはとても辛いものです。

パウダーや滑りの方向でスキーを続ける事も考えましたが、
私にとっては、スキー=「飛び」なので、ハイシーズンの
立派なパークを横目にパークに入らず滑るだけで我慢するのは、
拷問に等しく耐えられないので、スキー自体も辞める事にしました。

スキーを通じて出会った方々で2度とお会いできない方もいらっしゃる
と思い、これまでのお礼を言いたく、今回ブログでこの事を書くことに
しました。
小学生から、70代の方まで、住んでいる所も職業もバラバラなのに、スキー
、スノーボードという共通のスポーツを通じて知り合う事ができた事は本当に
素晴らしい事だと思います。
皆さんと出会えた事が私の最高の財産です。
本当に、ありがとうございました。

皆さんは末永くスキー、スノーボードライフをエンジョイしてくださいね。








追伸
・写真撮影が必要な時はいつでも誘ってください。
・入院するならマツダ病院がお勧めです。看護師も医者も最高です。
 素晴らしい入院生活が待っています。
・このブログは辞めません。引き続きよろしくお願いします。

                                以上



コメント
この記事をはてなブックマークに追加