なんでもぐも = (なんでも-も)+(も+ぐ)+もぐ

専門のマシン知能に限らず、身辺で感じたこと、なんでも、なぜ、という観点から
もぐもぐ(深堀り)を試みるブログです.

ビタミンと消化酵素

2012-10-21 20:25:32 | 日記
Gooのサイトオーナから、1年前くらいに書いた記事

神経細胞の修復に効くビタミンB12

の続編を書いてみないか、と打診されました.

これがかなり読まれているようで、とても感激なのですが、実は、ビタミン
を生かすためには消化酵素の存在が前提としてあります.

ビタミンをとることは、我々の神経組織や臓器、脳などを活性化させるため
ですが、これが期待通り動くかどうかは消化酵素にかかっている、といえる
でしょう.

消化酵素とは、本来体内で生成される分子をいいます.
すべての生理機能において酵素は活躍していますが、食物の消化も然りです.

つまり、食物の消化は、食べたものを分解し、栄養素を取り出し、体内への
吸収、エネルギー消費、排出をしやすくします.

消化系を害すると栄養失調となり身体における様々な機能障害を起こします.

この消化系活動をサポートするのが消化酵素であり生命の維持に不可欠です.

リパーゼ、プロテアーゼ、トリプシン、ペプチターゼ、アミラーゼなど.

ある意味で、ビタミンサプリメントは食品でもあるので、消化酵素とうまく
併用して効果を高めたいものですね.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

EVの現状と未来の車社会とは

2012-10-21 20:07:57 | 日記
以下、電気自動車(EV)に関する記事です.

[ソウル/パリ 19日 ロイター] 米ゼネラル・モーターズ(GM)(GM.N: 株価, 企業情報, レポート)や仏ルノー(RENA.PA: 株価, 企業情報, レポート)向けに電気自動車(EV)の電池を供給する韓国のLGケム(051910.KS: 株価, 企業情報, レポート)は19日、電気自動車の販売が予想ほど伸びていないことから、ルノーとの間で協議している電池工場の共同建設計画に影響が出る可能性があるとの見方を示した。

LGケムのPeter Bahn-suk Kim最高経営責任者(CEO)は工場建設計画について「まだ何も決定されていない」と述べた。

また「自動車用電池市場は依然厳しい状況にある」とし、「EV市場に対する投資家の期待は高過ぎた」との見方を示した。

ルノーは7月、仏国内での電池開発・生産に向け、LGケムと仏CEAのエネルギー研究機関と戦略提携を結ぶ計画を発表した。

ルノーの広報担当は19日、3者が9月26日に枠組み合意に署名したことを明らかにし、「合意は仏国内での電池工場建設の下地となる」と述べた。そのうえで「協議は現在も続いている」とした。

GMの「シボレー・ボルト」や日産自動車(7201.T: 株価, ニュース, レポート)の「リーフ」など、EVの販売は予想を大幅に下回っている。

----------------------------------------------------------------------------------------------------

実は、EVが厳しくなる、との見方は、東日本大震災あたりからでてきました.

要は、原子力から火力にかわって電気代があがる懸念があったためです.
また、福島原発の事故で、欧米の原子力発電所でも、見直しの声が高まってきました.

確かに、EVは高騰するガソリン代を抑える役目で功を奏するわけですが、
その一方で、走行航続距離の問題は、解決されているとはいえません.

その意味で、現実的なのはハイブリッド車ですね.
エネマネ=ハイブリッド車だと思っている人は以外に多いようです.

現状、すべての国にハイブリッド車が適用されているわけではありませんが、
小型ハイブリッド車両の開発は、間違いなく未来の姿を示していると思われます.

トヨタは、ハイブリッド車を世界戦略車として世界普及することで、自動車業界の
マイクロソフトになるとみています.





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中国、日本経済の同時低迷化突入

2012-10-21 19:38:02 | 日記

インドネシアは経済が活況している一方、中国の経済状況は思わしくありません.

9月28日、ロイターの記事では、ゴールドマンサックスのオニール会長は、
向こう10年は、中国経済成長率は、7%に鈍化と予想しています.

さらに、沖縄県・尖閣諸島の領土所有権の問題でますます、中国経済状況が悪化
するとの見方があります.

この主な理由は、中国政府による日本に対する経済制裁を強化した場合中国国内
日本の企業は操業停止となり、現地の多くの中国人労働者が職を失う.

二つ目は、日本企業が現地で儲けた資金の一部を中国に関税として納めている
わけですが、そうした見返りがなくなってしまう.

また、最近、我々の身近でも、以前よりは品質が良くなった中国製品などが日本
国内においても売れなくなる可能性もある.

等々、いろいろな見方があります.元々、中国が消費や投資のターゲットとして
いる欧州経済が低迷し、景気減速は必死とみられていたわけですから、これは、
ダメ押しとなるでしょう.

もちろん、日本にとっても、これまで中国への投資主要国だったわけですから、
その見返りが見込めなくなる分、痛みわけの結果となることは自明的です.

昨今の市況は、中国、日本の株式市場の低迷状況を示唆しているかの如くです.

そうしたことから、中国からインドネシアやマレーシアで構成されるAsean諸国
にさらに投資の目先を移す動きが今後一層活発化してゆくと思われます.



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

投資先にインドネシアを選ぶ理由

2012-10-17 22:59:05 | 日記

日本・インドネシア:インフラ開発計画で合意-3兆4000億円規模

  10月9日(ブルームバーグ): 日本とインドネシア政府は、2020年までに首都ジャカルタでのインフラ開発計画を進めることで合意した。総事業費は3兆4000億円規模で、そのうち日本からの政府開発援助(ODA)などが1兆円程度になる見通し。経済産業省が発表した。

同国では急速な経済発展によりジャカルタでのインフラ不足が課題となっており、現地の日系企業にとっても事業展開の障害となっている。政府間でのインフラ関連の投資促進は同分野で輸出拡大を進めている建設や商社など日本企業にとっても受注拡大のチャンスとなる。

玄葉光一郎外相や枝野幸男経済産業相、インドネシアのハッタ・ラジャサ経済担当調整相らは9日午後、インフラ整備の投資促進に関する会合を都内で開催。道路や火力発電所、都市鉄道の敷設、港湾や空港拡張など20年までに完工する予定の事業45件を選定した。このうち13年末までの着工を目指す18件を早期実施事業として定めた。

深刻な交通渋滞を解消するためのジャカルタ都市高速鉄道の建設、ジャカルタに集中する物流を緩和するためのチラマヤ新国際港の整備、スカルノ・ハッタ国際空港拡張整備など5件を計画の核として、両国の官民が共同で取り組む案件として位置付けた。

この計画の策定をめぐっては、三菱商事、日立製作所、日揮、日本郵船など日本企業11社がコンソーシアムを組み、11年5月から国際協力機構(JICA)とともに調査を実施していた。

---------------------------------------------------------------------------------

日本がインドネシアを投資先として選ぶ理由は、高度経済成長のさなか日本がもっていた人口ボーナスの拡大性が背景にあります.

人口ボーナスとは、人口の動きが経済にプラスに作用することをいいます.総人口の中で生産年齢 人口(15~64歳)が増え、年少(14歳以下)と老年(65歳以上)を足した、いわゆる従属 人口が相対的に減少した状態を指します.要は、総人口に対し、働き手が多い、生産年齢人口の割合が大きいと経済が成長する傾向にあることが過去の事例から判明しています.

残念ながら少子化高齢化社会の日本は人口ボーナスの割合がインドネシアに比べてかなり低いので、今後の経済成長が厳しいと考えられています.中国も一人っ子政策のため2015年あたりから人口ボーナスが萎んできます.インドはインドネシア同様高いですが、人口ボーナスの恩恵を受けるにはまだ相当時間がかかるとみられています.

タイではなく、ベトナムでもない、インドネシアをニッチ的に投資ターゲットとする背景は以上のような理由があるというわけですね.





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新世代都市:ジャカルタ(JKT)

2012-10-14 21:35:12 | 日記
久々の投稿です.

時は、秋に変わり、一年は本当に早いといつもそう思います.

先月、ジャカルタに行きました.

毎年行っていますが、ここ数年の経済発展は目を見張るものがあります.

富裕層が増えている証拠か、BMWやAudiを多々見かけるようになりました.

世界経済のトレンドが先進国から新興国へ変わったのはリーマンショック
が起こり始めてからといわれています.

欧米の格付け会社が、インドネシアの持続的成長能力と財政的安定を評価し、
国債の格付けを引き上げたのです.

これ以来、世界中の注目を浴びて、経済成長の陰りがでている中国やインド
の分、今後の投資先がインドネシアに移る可能性がある、という調査報告も
あるくらいです.

ジャカルタに並ぶ数々の高層ビルの夜景もきれいですが、ホテルも
リーズナブルな値段でかなりリッチ気分を味わえるので、そうしたこと
も楽しみの一つです.

人々も比較的親日的で、時々、学校で日本語を習ったという子供たちに
出くわすこともあります.

日本は、元氣のないときです.インドネシアと手を組んで、双方がハッピー
となれるよう、いろいろと協力しあっていけるとよいと思います.

因みに、ジャカルタ新聞で、最新の動向がわかります.ご参考に.
http://www.jakartashimbun.com/











コメント
この記事をはてなブックマークに追加