風と僕の歩調

釣りが好きで、台所に立つ事が好きで、音楽が好きで、毎日の暮らしの中で感じたことを僕の言葉で綴ります

ニューバランスのスニーカーを購入しました!

2021年02月21日 | 独り言

実は、今年5月で60歳「還暦」を迎えます。

俺が60歳

そんな歳になるとは・・・。

身も目も60歳でしょうが、心の中は青春です

で、先月運動不足解消のため「アシックス」のランニングシューズを購入し、

日々歩いて15秒のダイエーまで走っていたのですが、一向にお腹も体重も落ちませぬ。

これはさ、靴のせいかもな?と言いがかりを付けまして。

なんと、ニューバランスのスニーカーを購入しました!

へへへ。

赤いちゃんちゃんこ代わりの赤いスニーカー。

ごめんなさい。訂正します。

「アシックス」様が悪いのではありませぬ。

スニーカーに興味を持つとスニーカーが気になって気になって仕方がなく

何かに取りつかれた様に靴屋さんを見つけては研究を始めた次第でした。

アディダスやナイキ、アシックスにプーマ、自分の足型に合わないのは、実は細く作られているナイキ。

ニューバランスも細いので、最初の紐が始まる2点に引っ掛かりの違和感があるのですが、

サイドの「N」のデザインに憧れまして、履いているうちに広がるとの店員さんの言葉を信じまして、

購入した次第です。

また、500番台のニューバランスは、デコボコとした砂利道など「オフロード」で使えるように開発されたモデル。

990番台は、舗装された平らな道を走るために開発されたモデルだそう。

さてと、「赤い靴、はいてた男の子」の気分で、走ってビール買ってきます

コメント

伊勢うどんを作ってみました!

2021年02月21日 | 日記

三重県出身のお友達から「伊勢うどん」とやらを教えて頂きました。

ナニナニ伊勢うどん?

実は初耳です。

一応、三大うどんといえば、

ひとつが香川県の「讃岐うどん」

そして、秋田県の「稲庭うどん」

あとひとつが拮抗していて、

群馬県の「水沢うどん」、長崎県の「五島うどん」、富山県の「氷見うどん」、愛知県の「きしめん」とか、

わが埼玉県も、ライバルは香川県!と、うどんの生産量が第2位にランクインされた中、

「伊勢うどん」様は、うどんのランクにも、話題にも、僕の人生の中でも、挙がってません。

一体どんなうどん様なのか、調べてみたのです。

多量のツユに浸ったものではなく、たまり醤油に鰹節やいりこ、昆布等の出汁を加えた、黒く濃厚なつゆ(タレ)を、太い麺に絡めて食べるものが主流。太い麺は長時間かけて柔らかくゆで上げられており、具やトッピングが少なく、薬味の刻みネギだけで食べることが多い。

との事。

また、江戸時代に起こった伊勢神宮への集団参詣、お蔭参り(おかげまいり)の参詣客へと供するためにうどん屋ができ、

永六輔が当地で単に「うどん」だったのを「伊勢うどん」として、メディアで紹介したことがあったとされる。

なるほど。

ここまで、耳年増になってしまったからには作って食さぬとなりませぬ

本日のお昼時、我が家のキッチンスタジアムに入り、

手始めに「温泉たまご」から取り掛かりました。

そして、キンコー醤油 本醸造 甘口「かんろ」

こちら実はもう三本目

たまり醤油と、味りん、酒、出汁で付けタレを作りまして、

出来上がったのがこちらです。

 

うまい!旨い!旨すぎる!

2玉行ってしまいました

やばい!やばい!やばすぎる!

お腹2段になってしまいました

 

コメント

昨日の地震には驚きました!

2021年02月14日 | 独り言

最近の僕は、夕食後即眠くなります。

睡眠薬でも入っているのかなぁと思うほど、眠気が襲ってくるのです。

食後、一時間もしないうちにテレビを見ながら眠くなります。

時計を見るとまだ9時

ここでもう寝るわぁと呟くと、まるでお利口さんの小学生。

小学生扱いされたくはありません。

 

おじさんが9時に寝るなんぞ、ひと頃の僕では想像も出来ない事でございます。

「おおい!今から軽く行くか!」の時間帯。

もしくは、

「まだ9時じゃん!もう一軒行こぜ!!」の時間帯なのです。

終電OK、タクシーや朝帰りもなんのその。

あの僕が一体どうしてしまったのでしょうか

9時から始まる次の番組に、眠気を我慢しながら感情移入し時の経つのを待ちます。

コマーシャルが長いと耐え切れず、ウトウトして目を開けるとずっとコマーシャル。

時計の針は15分ほど経過してます。

そして、10時になると、

「そろそろ寝る」となるのでした。

一体どうしてしまったのでしょうか。

 

ここまでが前説でして、

 

昨晩、深~い眠りの中、例の「ウィウィウィ 地震がきます」が聞こえてきました。

あの音は一体 何方が作曲したのでしょうか。

地震より怯えました

 

 

 

 

 

 

コメント

冷たい雨の日の週末に

2021年01月24日 | 日記

雪が降る、降ると大げさに予報されるとよく外れます。

でも、本当に寒さ慣れしていないボクにしてみると、

外に出るのも億劫になりコタツに入って「猫」状態。

今日も旨いもの作って猫状態で過ごそうと心に決めていたのです。

 

話しは変わるけど、1月20日下の娘が家を出て一人暮らしを始めました。

お父さんにしてみたら一大事

悲しみが心を覆っていたのです。

ところが、

「あれがない!」

「これどうすんの?」

「お風呂のお湯のはり方が分からない!」

「火は中火?弱火?」と、

思いもしないほど、そばにいる時よりラインの会話が増えまして

買ったばかりの自転車がパンクしてるとか、

買ったばかりの電子レンジが接触不良だとか、

前途多難なスタートに、

お父さんは寒い寒い本日早朝、娘が出勤した後部屋に入りまして、

言いようによっては、一人暮らしの女の子の部屋におじさんが入りまして、

取り替えてもらった電子レンジが届くのを待ちました。

そして、昨晩作った「豚バラと大根の煮物」を冷蔵庫に忍ばせ、

置手紙を置いて任務完了!

折角、ぬくぬくコタツの中で過ごそうと思っていたのにね。

でも頼られているお父さんの心の中はポカポカです

 

コメント

三連休 初日の独り言

2021年01月09日 | 日記

お正月休みで肥えた体を引きずって何とか初週を乗り切りました。

東京都の二千人を超える感染者の報道にビビりながら、

緊急事態宣言が出ても、変化のない通勤でした。

朝夕の電車の混み具合は緊急事態では無さそうで、

声高な「宣言」だけが遠い彼方へ消えていった模様です。

やはりマスクを外して食事が一番の感染環境だとか。

もし自分が掛かったら重症患者になるやも知れません。

そんなコロナに怯えながらも、

最近一番の悩みはこの肥えた体と鳩腹です

今日から心を入れ替えて、早起きをして、

もとい、目は早くから覚めるので、

寒空の中、ウォーキングをしてきました。

 

買ったばかりのウォーキングシューズは、すこぶる快調で、

ウォーキングからランニングへ

帰ってきて朝食の美味しいこと!

2杯お替りしてしまいましたとさ

鳩腹継続中です

 

コメント

明日から仕事です

2021年01月04日 | 日記

正月休みが終わろうとしています。

いつもの如く、この日の、この時間辺りから、

何となくじわじわと心を覆う嫌な感覚。

まるで重力に心を押さえつけられるというか、

お笑いのテレビ観ていても全然笑えないというか、

録ったドラマを観ていても全然感情移入できないというか。

「というか」に心を押しつぶされそうになりながら、

果たして一年のスタートを有意義に過ごせたのか回想しています。

 

こんなの飲んだり、

 

こんなのや、

こんなのを、毎日3食喰い続け、昼寝、夕寝を繰り返し「鳩腹」超増幅しました。

で、とても危機感を感じたので、昨日「ジョギングシューズ」を買いました。

そしておろしたての靴を履いて歩いて30秒のダイエーまでジョギングしてビールを買いに行きました。

さてと、今からまたジョギングシューズ履いて走ってビール買ってきます。

 

コメント

1月2日の独り言

2021年01月02日 | 日記

恒例の箱根駅伝の往路を斜め観しながら

ギターの弦を張り替えました。

毎度のことですが、張り替える寸前につま弾くと

「まだまだ良い音、奏でてるじゃん」と勿体ない症候群にかられながら、

意を決して弦を緩めます。

 

チューニングをしながら、12位に到着した精彩のない青学の走りを見届けた後、

暫しギターと戯れていると・・・。

正月早々凄いメロディーが浮かんできたのです。

これは凄い

浮かぶメロディーを追いかけるようにコードを見つけAメロが完成しました。

幸先の良いスタートです。

でも、この後、歌詞とBメロ&サビで迷走します。

そしていくつもの迷曲が迷宮入りするのです。

さてと、明日の復路を予想しながら、出来立てのAメロを口ずさみながら

今夜のディナーに取り掛かります

コメント

元日に決意表明です。

2021年01月01日 | 日記

2021年が明けました。

約二か月ぶりの更新です。

この間、約10年続いたブログも

「もうこまで頑張ってきたからもうやめても良いかなぁ」とか、

「書く意欲が無くなってきたなぁ」とか、

継続することに「更新しなかった罪悪感」が無くなってきたなあとか、

いろいろ「とか」が頭を巡りブログから遠のいた気持ちの中、

暮れに一本の電話が掛かってきました。

 

12月初旬に関係各所に喪中はがきを出した後、

しばらくして、何人からお香典が届きました。

面識ない方もいて、父の知り合いだろうと早々に香典返しをしたのです。

その中の一人の方からのお電話でした。

ご丁寧にお礼をされたあと、父との思い出話をされました。

父の元会社の引退された仲間で、

約40年前、広島に向かう単身赴任の父を見送った東京駅のホームにいらっしゃったとの事。

当時の僕をご存じの方でした。

暫し故人の思い出話に花が咲いたあと、

最近は更新されていないけど「ブログ」楽しみにしていますよ。

と、仰いました。

父は、会社の同僚、部下に息子が面白いこと書いてると宣伝していたのだそうです。

思わずこみ上げるものがありました。

何だかね、

心入れ替えて2021年のスタート、ゆっくりだけど継続します。

本年もよろしくお願いいたします。

 

コメント

文化の日の独り言

2020年11月03日 | 独り言

先週父が安らかに眠りにつきました。

無事、喪主を務め上げやっと落ち着いたところ。

8月後半から慌ただしかった仕事も峠を越え、

ライブにも参加、久しぶりに熱唱した次の早朝でした。

仕事もひと段落して、ご褒美に歌も歌わせてもらい、

待っていてもらったようなタイミングです。

感傷的な思いより、

今までありがとう。

お袋のところ行けて良かったね!

感謝の気持ちで心満たされています。

 

さてと、これから自身の第四楽章の人生も楽しんで行かないとね

 

コメント

親父の容態がさ・・。

2020年09月21日 | 独り言

一か月近くご無沙汰していました。

いろいろありまして、いろいろ考えました。

 

その日、熱を纏った空気が漂う夕暮れ時、老人ホームから親父を救急車で運ぶとの連絡がありました。

得意先とのアポを取り止め搬送先の病院に辿り着いたのです。

診断は「慢性硬膜下血腫」

人生4回目の頭蓋骨に穴を空け血を抜く手術が即行われました。

脳梗塞ではなく硬膜下血腫は血を抜けば治るので、

安心して入院手続きとコロナ禍での面会の心得を聞き、日付が変わるころ病院を後にしたのです。

それから一か月、未だに意識が戻りません。

搬送された総合病院では、寝たきりの治療しない患者をそのまま入院することができない為、

受け入れ先の病院を見つけてもらい転院。

ソーシャルワーカーさんと高額医療制度、身体障碍者の申請の時期、老人ホームの解約等バタバタしまして、

会社を休むとその反動で仕事が大変なことになり、老体に鞭打って頑張ってきた次第です。

ある御仁がFacebookもブログも呟かないから「どうしたの?」と連絡いただき我に返りました。

疲れたよ・・・。

 

お医者さんから、カテーテル静脈点滴や胃瘻の説明を受けまして、改めて母親の時と一緒だなと思いました。

うちの両親は「ピンピンコロリ」ではなく、ゆっくり、ゆっくり命の灯が消えていくタイプなのかも知れません。

倒れる前の、たどたどしい父との会話を思い出すと、ほとんど記憶が薄れている様子でした。

命を全うするとは、

この世に生まれ、親から学び、人と出会い、感性を磨き、知識を得て、人格を形成し、

山あり谷ありの人生を歩んだ後、

命の灯と同じくして、すべての記憶も消えてしまうのかも知れません。

これはさ、沈思黙考するにとても切ない気持ちになります。

 

永六輔さんの名言の中に、

本人の記憶が無くなっても、残された人たちの心に残り、

そして残された人の記憶も無くなった時、「二度目の死」が訪れるとありました。

 

 

 

 

コメント (2)