風と僕の歩調

釣りが好きで、台所に立つ事が好きで、音楽が好きで、毎日の暮らしの中で感じたことを僕の言葉で綴ります

美味しいポトフの出来上がり!

2018年09月17日 | 男の料理
ポトフをコトコトやりながら9%の「ダブルグレープフルーツ」を一気飲みしながら、
柔らかくなるのを待ちました。
夏の食前酒としてコレ気に入ってます。

で、ポトフはね。
グツグツではなくコトコトです。
焦ってな成らぬのです。

昨日のポテトサラダをつまみに待つこと60分。
出来上がったのがコチラです。



スープ感覚で美味しく頂きました。
ちゃんとジャガイモ面取りしてね。
手間は惜しみません。
で、ワインもう一杯片手にブログの更新です。

明日からまた頑張ろ
コメント

三連休最終日の独り言

2018年09月17日 | 独り言
これが普通なのか、治りが遅いのか、強烈な菌なのか、
未だものもらい野郎と共存しています。
右下の視界を遮られながらもあっちこっちのステージで歌ってきました。

去年の年明けの挫折感から一歩ずつ、
やっと楽しみながら気持ちよく歌える今日この頃です。

高い空と秋の風を感じて
今日は新曲でも作ってみようかな。

3連休最後の日まで、手を付けなかった仕事を午前中片付けて。
よおし頑張ろう

で、話変わるけど、
昨晩、ゆず胡椒味のポテトサラダを作りましてスゴ旨だったんだけど、
ジャガイモの1つが「黒色心腐」という中心が黒くなっている奴がおりました。
でね、面倒くさかったけど、先ほどレシートと駄目なじゃがいも1つ持って取り替えてもらいに行ったのさ。
そしたら買った数3個頂いてきました。
申し訳ないねダイエーさん

得した気分で、お昼はじゃがバタにしようかな。
それとも夕食は肉じゃがかなあ

さて仕事しよ。
コメント

チーズダッカルビ出来た!

2018年09月02日 | 男の料理
こんな美味しい料理は久しぶりです。
一口食べて韓国に行った気分でした。
でも出来立てのチーズダッカルビを囲んで数秒で撃沈しました。
辛すぎるとのこと。

娘も、シロクマ君も二度箸を進めて止まってしまいました
韓国着いてそうそうに日本に帰って行きました。
そんなに辛いかなぁと、その後1人で食べる羽目に。
辛いの苦手な人用に作る配慮が足りないと総攻撃を食らった次第です。



辛いの大好きな僕がヒーヒー言いながら食べたもね。
配慮が足りないお父さんです。

でもマジ美味しかった

コメント

「チーズダッカルビ 」だって!

2018年09月02日 | 男の料理
娘から、
お父さんさ、チーズだカルビって作れる?
と今朝話し掛けられました。
娘から声が掛かるなんて今日は良い日だといつもの気持ちを抑え、
「何?チーズだカルビだ?」と聞き返したのです。
牛肉とチーズの相性を想像しながら返事を待っていたところ、
知らないの?とどや顔。

友達と新大久保の韓国料理で食べて美味しかったとのこと。
友達か、彼氏か、尋ねる勇気はお父さんありません。

よっしゃ!

作ってみしょう!と、張り切って我が家のキッチンスタジアムに入りました。

今こんな感じ
辛そう。



こんな辛いの食べれるのかな

コメント

「ものもらい」になりまして

2018年09月02日 | 独り言
先日、夜中に左目がズキズキ痛み出し、
尋常ではないと思った僕は出社前、眼科へ立ち寄りました。

まだ腫れてもいないのに先生は「ものもらい」ですね、と
いとも簡単な言葉で診察を終わらせました。
何か他の怖いばい菌かも知れないからもって診て欲しかったのに・・・。

その後、先生の言う事聞いて点眼しながら一週間が経過すると、
腫れた目の中央に「ものもらい」特有の「めんちょう野郎」が登場したのです。

お前!やっと正体を現したな!

そう強がってみても視界の左下にそいつが居座っておりまして
そんな「めんちょう野郎」と共存しながら、
ここ三回ほどライブで歌ってきました。

いつまで残念なおじさんが続くのだろう



コメント

今晩のほんのおつまみ「鮪のブツとアボカド和え」

2018年08月19日 | 男の料理
老化防止の森のバター。
最近、硬すぎたり、切ると茶色に変色してたり、
一度失敗するとドツボにハマってます。
茶色野郎は、ビニール袋入れてレシート持ってサンダル履いて交換して貰いに行きます。

久しぶりに良い塩梅のを見つけてきました。



焼酎水割りをグビリとやりながら、我が家の居酒屋開店です。
コメント

次女が二十歳になりました!

2018年08月19日 | 独り言
あんな小さかった女の子が、
家に一番後にやって来た女の子が、
二十歳を迎えました。

昨晩初めて、氷のいっぱい入ったグラスに「ほろ酔い気分」を注いでやりグラスを合わせました。
なんだか不思議な気分です。

あんな小さかった女の子は、少し経つと頬を染めていました。
君の肝臓はお父さんに似なかったんだね。

宴が終わった後も、
暫し君の事を考えました。

「癒してくれてありがとう」

お礼を言うのはお父さんの方だよ。




コメント

鯵のなめろうです。

2018年08月13日 | 男の料理
暑い日が続きます。
そして、ゲリラ豪雨は恐ろしい力で地面を叩き付けます。
人間が豊かな生活を求め続けた皺寄せか、
ここにきて自然が牙をむき始めました。

これからの夏は運動禁止、外出禁止令とかあるかもね。

昨日は歌い終わり、どうも力が入らず早々で切り上げてきました。
徹夜釣りの後遺症です。

でもね。
釣り上げた鯵が残っていたのでビール片手にトントントン。



出来上がった後は、冷酒に持ち替えて頂きました。

また釣り行こっと
コメント

「鯵の南蛮漬け」と「自家製しめ鯖」の完成です。

2018年08月12日 | 男の料理
昨晩は、帰って来て少し横になったのにも関わらず、
夢遊病者のように62匹捌いて、玉ねぎ切って人参切って、キュウリ千切りにして、
「鯵の南蛮漬け」を完成させました。


程よい酸味が疲れた身体を癒してくれます。
柔らかな身の食感も残し絶妙な揚げ加減

で、小鯵、豆鯵の中に少し大きめな鯖君が居りました。
君は鯵ではなかったのね。
たたきにしようと企んでいたのに急遽「しめ鯖」に変更です。



これがまた旨い!
噛めば噛むほど新鮮な鯖の風味が広がります。
日本酒をグビリ。

釣り行って良かった。
ボウズじゃなくて良かったと感慨深く至福の時間を過ごしました。

でもね。
若い頃は一晩寝なくてもへっちゃらだったのにね。
なんだか今日も眠い・・・。
歳相応の行動をしないといかんと反省しながら、
竿からギターに持ち替えて今から歌ってきます。
コメント

富津新港で鯵の夜釣り!

2018年08月11日 | 釣りのお話
昨日、昼飯のうどんを啜っている時に思い立ちました。
うどんに乗っかった鶏天にかぶり付きながら、
釣り仲間にラインを送信。
原文ママ
僕 「鯵行かない?」
仲間「いつ?」
僕 「今晩、アクアラインで長浦」
仲間「アクアラインで釣れるのかよ」
獏 「アクアライン通ってだよ!」
仲間「長浦釣れるのかよ」
僕 「釣れないと思う・・・でも行こう」
仲間「分かった」

と、うどんを食い終わるうちに成立したのです。

ここの所このコンビはボウズばかり、
千葉県の長浦港も、最近釣果が上がらず
学習能力もないまま同じ轍を踏み続けていたのです。
ですから、往路で弾む若かりし頃の気持ちもなく、
またボウズで帰る疲れ果てた思いが覆っておりました。

地元埼玉で餌を買える時間ではなく、
調べると24時間営業の釣具屋は、市原と富津にしか無いことが分かったのです。
おいおい餌がないとボウズにもなれません。

敢え無く長浦港での釣行を断念。
「富津新港」にハンドルを切りました。

それがね。
神様に導かれた釣果と相成ったのです。

どうよ



鯵62匹

久しぶりに入れ食いを味わいました。

さあて、今から「なめろう」と、「南蛮漬け」作ろっと



コメント