風と僕の歩調

釣りが好きで、台所に立つ事が好きで、音楽が好きで、毎日の暮らしの中で感じたことを僕の言葉で綴ります

マイクと、マイクスタンドと、譜面台と、アンプ

2018年05月06日 | 音楽の話
実は、マイクと、マイクスタンドと、譜面台とアンプを購入しました。
老人ホームのボランティアとかで、いちいちスタジオで借りるのを思えば、
いっその事買ってしまおうと音楽を愛する誰もが御用達のサウンドハウス様です。

で、先にも言いましたが今日は誰もいない
誰もいないとしめしめなのか、まるで立ち弾きステージの様でセッティング。
アンプは使わなかったけどね。



お客様に向かってイメージしながらの練習です。

邪魔とか、うるさいとか、いろいろ「とか」を言われない事は、
集中して練習できることが良くわかりました。

充実

コメント

クリスマスイブに 織田哲郎ベスト

2017年12月24日 | 音楽の話


クリスマスイブ

今年クリぼっちの僕は、飲みすぎでしょと、
咎める方もお出掛けでずっとワイン片手に、
あっボトルじゃないよ。
パソコンに向かい「織田哲郎」ベストを作り始めました。
あんなに作曲家として有名になってしまったけど、
ファーストアルバム『VOICES』が発売される前からファンだったし。
人間味溢れる共感を持てる素敵な先輩って感じ。
僕の中では哲郎様です。

今日はクリスマス。
哲郎様の

クリスマス・ソング

さて、前期、後期と分け僕ならではのベストアルバムを作ってみようと考えている次第です。
好きな曲を選択してアルバム毎に羅列するだけではなく、
僕ならではの曲順のストーリーを構築するわけです。
ワインに任せこんなストーリーかなぁ。
是非哲郎ファンの方とお話できたら良いな

前期

1.SHINE THE LIGHT
2. さよなら BABE
3. 2001年
4. SOMEBODY TO LOVE
5. パールス・アウェイク
6. いかした奴~サティスファイド?
7. ウェルカム~内的体験に見る集合的影に対する考察,イシスは死んだか?
8. ワンダフル・ナイト
9. (レッツ・ゴー・トゥ・ザ)ダウン・タウン・クラブ
10. Introduction
11. 愛をさがして
12. 海へ~(instrument)
13. ~郷愁(instrument)
14. 光と影の中で
15. 陽ざしに包まれて
16. クリスマス・ソング
17. いつまでも変わらぬ愛を
18. タイム2


後期

1. もう少しがんばってみよう。
2. 瞳閉じれば~Let’s dance~
3. TONIGHT
4. 最後の恋
5. キズナ
6. 真夜中の虹
7. 天啓 ver.3
8. FIRE OF LIFE
9. 月ノ涙
10. あなたのうた(W FACE ver.)
11. 馬鹿なんです
12. Winter Song
13. チャイナタウン・ララバイ
14. 伝言
15. 明日へ
16. 世界中の誰よりきっと

さあて、良い感じかも。
コメント (2)

伊勢正三LIVE BEST~風が聴こえる

2017年11月11日 | 音楽の話

遅ればせながら『伊勢正三LIVE BEST~風が聴こえる』購入しました。
初めて『風』と出会ったのは、中学2年。
TDKのカセットに録音したファーストアルバムを擦り切れるまで聴いていました
ポスターに囲まれたあの部屋も、友達も、そして好きだった女の子も、
今日はきっと思い出すことでしょう。

さて、挽きたてのコーヒー入れて、
タイムスリップします
コメント (2)

ドヴォルザーク『ユーモレスク』

2017年10月09日 | 音楽の話
三連休の最終日
朝風呂にのんびり浸かっていたら
ふとあのクラシックのメロディが浮かんできたのです。
ブログでも紹介した想い。
ずっと出会いえないと思っていたあの旋律

忘れないよう口ずさみながら、
身体を拭き、髪を乾かし、部屋着に着替え即ギターで爪弾き
録音してクラシック通のお友達にラインで送り付けたのです。

即返事か帰ってきました。

ドヴォルザーク『ユーモレスク』

貴女は凄い

まさに小学生の給食の時間が蘇ってきました。
この曲、マイナー調になるCメロが印象的です。
で、一人思うのですが、
バンバンが歌ったユーミンの曲
『霧雨の朝 突然に』
のサビに似ております。

なんだか今日は音楽を聞きながら物思いに耽る一日となりそうです。



コメント

オリジナル新曲作りました!

2017年09月10日 | 音楽の話
今日も池袋で歌ってきました。
先週歩き過ぎたのか腰が痛くて靴下とパンツを履くのも一苦労。
重いギターを持って池袋と老人ホームのお袋の前で歌ってきました。
これぞ慰問活動です。

先週は、知り合った若手ミュージシャンに紹介してもらい、
仕事の帰りに大塚の「Welcome back」という素敵なライブハウスに参加、
こちら参加者の写真です。
僕はどこでしょうか



で、何十年振りにオリジナル2曲完成させました。
凄い良い曲作ろうって思いが強く一歩踏み出せなかったのだけど、
湧いてくる詩とメロディーに委ね作り始めた次第です。

何だかとても楽しみ!
ギター再開して第二フェーズ開幕です
頑張ろっと

コメント

池袋FI5VE 翔美 ワンマンLIVE「Smile!Smile!Smile! for you ♡ Round 2」

2017年06月25日 | 音楽の話
実は、笹沼さんのチェロコンサートの後、
池袋FI5VEで、夜は「翔美 ワンマンLIVE」に行って来ました。
ライブのダブルヘッダーなのです。

この方、池袋FI5VEのオープンマイクでご一緒させて頂いてて、
今回第二回目のワンマンライブ。
とにかく笑顔の素敵なアイドルさんです。




おじさんは鼻の下伸ばして聴き入ったんだけど、
でも言っておくけど追っかけではないからね

「歌」に対する直向きな姿勢が、
ステージパフォーマンスに繋がるのだとしみじみ勉強させて頂きました。

7/19にメジャーデビューされるとか。
今後のご活躍を蔭ながら祈っております

コメント

笹沼樹 チェロコンサート

2017年06月25日 | 音楽の話
昨日、学習院大学 百周年記念会館にて
生涯学習講座「学習院さくらアカデミー」の開校を記念した特別公演で
笹沼樹さんのチェロコンサートに行って来ました。


笹沼さんは 学習院大学を卒業した22歳のチェリスト
長身で容姿端麗の魅力あるお方でした。
妬みっぽく表現すると、
背高いし、カッコいいし、チェロの天童だし。
僕は、背低いし、恰好悪いし、おじさんだし、アコーステックギター3年目だし。
いつもの脱線です。

選曲も馴染みのある曲ばかり。


抑揚のある素晴らしいチェロの音色でした。
おじさんは癒されて来たよ。
で、びっくりしたのが、
天皇皇后両陛下がご鑑賞されていました。

生まれて初めてお目にかかりました。
こういう時、拝見するとか 拝謁するとかの表現なのかね。
テレビでも報道されていました。


チェロの音色と学習院の木々を照らした初夏の日差しに包まれ、
穏やかな気持ちとなりました。
コメント (2)

「還暦祝いライブ」に行って来ました!

2017年06月18日 | 音楽の話
昨晩、音楽を通じて知り合った人生少し先を歩いていらっしゃる方の
「還暦祝いライブ」に行って来ました。
ご家族、ご親戚、会社、音楽仲間と「宮内家ライブハウス」は熱気で包まれ、
その輪の中にいられた喜びを味わいました。

人柄なのでしょう。
素晴らしいミュージシャン達がが駆けつけ熱く歌う姿に酔いしれました。
最後は奥様のピアノを伴奏に歌う姿に妬みを感じるほど

こんなシーンに出会うと、
ギター始めて良かったとつくづく思います。

自分もあと4年。
あの方の背中を追い走り抜けないとね
コメント

Which One Of Us Is Me 『カフェ グルスカ』

2017年06月03日 | 音楽の話
Which One Of Us Is Me 『カフェ グルスカ』1984年の作品です。


Jay Gruska 【ジェイ・グルスカ】

レコードは持っていました。
カセットテープに録音して、レコパルの付録のカセットケースの背表紙に
『Jay Gruska Which One Of Us Is Me』と書き込んで、
車の中でいつも聴いていた20代。

銀座山野楽器で再会したのです。
思わずCDを手に取りレジまで走りました。
まるで昔の恋人に出会ったようなドキドキ感。

メロウでポップ TOTO、エアプレイを彷彿させる
ジェイ・グルスカの名盤セカンド・アルバムなのです。

徐々にビートが高まる
Take A Number

ジェイ・グルスカ独特のメロディとアレンジ
Tattoo

このイントロも最高です。
The Motion

この曲聴きながらドライブした西伊豆の景色を思いだしました。
今の季節にとても良く合う一枚です。

コメント (2)

歌手 森恵さん

2017年04月15日 | 音楽の話


明日老人ホームで歌う予定の「知床旅情」のリズムをYouTubeで確認してたら、
「森恵」さんという歌手に出会いました。

歌が上手い!
お顔も綺麗で可愛らしいし、気が付けば一時間以上YouTubeを彷徨い聴き入っておりました。
その後、ウィキペディアで人物像と略歴を調べまして、
おじさんは一目惚れしてしまいました
タイプです

で、広島県福山市出身でストリートライブでインディーズから注目を集め、
メジャーデビューされたとか。
それもギルドのアコースティックギター弾き語りです。
ギルドはとても重量があるボディで女性が立ち弾きには不向きなのに、
威風堂々と弾きこなされていました。

「うちは~」って広島弁で話すのかな。
今度ライブ行こうかな
コメント