ハレ時々ベイスターズ

横浜DeNAベイスターズの平良拳太郎投手の復活を願いながらベイスターズを応援しています。

7/31 エキシビションマッチ

2021-07-31 23:59:10 | ベイスターズ
7月の晦日はおうちでのんびり野球観戦。
オリンピックもあるし、ファームの試合もあるし、エキシビションマッチもあるしステイホームには恵まれた環境だと思う。
冷房の効いた部屋でのんびりスポーツ観戦ができている私は恵まれているのだろう。
世の中にはそうでない人もいる。
私もいずれはそうなるかもしれない。
その時は公的支援を受けたいと考えているから今は税金をしっかりと納めておきたい。
そして生活保護などを受給されるご家庭には堂々と受け取って欲しいと思う。
厳しい意見も見かけるけれど、自分がそうなる可能性ということを考えてから物は言った方が良いのではなかろうか。
私が今のんびりと暮らせているのは勿論自分の努力もあるけれど、それ以上に周囲のサポートに恵まれ且つ運が良かったというのが自分の考え。

ありがたい、と感謝しながらコロナ禍の休日をステイホームで過ごす。
といいつつ今日はお昼に&9で今永パスタを食べてきた。
ピタサンドもそうだけれどアッサリとして食べやすくてありがたい。


牧パスタはカルボナーラでガッツリだったのでサイングッズが欲しくて何度も通うのは辛かった。
最後にサイン入りのチェキが手に入った時はガッツリポーズ、じゃなくてガッツボーズだった。
今永選手のサインは当たったら嬉しいけれどそこまでの熱意はない。
牧選手が特別に欲しかったので何度も通ったが他の選手は期間中に1回、多くて2回行く程度。

&9でお食事中にお隣のハマスタで山田哲人がホームランを打っていたらしい。
やっぱり見たかったな。
この試合のチケットは当たっていなかったけれど現地観戦したかった。

仕方なくハマスタ周囲でお茶をする。
暑くてすぐに自宅に戻った。
こんな季節にハマスタでデーゲームさせるとか高校野球かよ。
東京都の高校野球は東京ドームでやっているそうで、不思議な気持ちになる。

家に帰ってからオリンピックを見つつ、届いていたグッズを開封する。


人生初のプロコレユニ。
平良投手ではなくサノスだ。
平良投手が復活した暁にはプロコレを買っても良いと思っているが今は時期ではない。
プロコレはレプリカユニのLサイズと比べて同じLサイズでも違いがあった。
まず袖がプロコレの方が短い。
そして丈が長い。
最大幅は変わらないようだけれど、レプリカは寸胴なシルエットでプロコレはしまっている。
背中にNPBロゴ、袖にノジマロゴがついているのはプロコレだ。
このロゴをつけるのにNPBにどれくらい払っているのだろうかとしばしお値段を見ながら考える。

もう一つ平良投手プロデュースTシャツも開封。
猫の肉球とお耳が可愛らしい。私好み。私も猫大好き。


なんてことをしていたら日本代表勝利。
ヨカッタヨカッタ。
続くアメリカ対韓国戦はアメリカの勝利。
これで月曜日は日本対アメリカの対戦となった。
オースティン選手もいるしワクワクする。
やはり日本が勝って欲しいかな。

夜はオリンピックではなくエキシビションマッチを見た。
楽天TVを契約したのでパリーグの主催試合が見られる。
パリーグTVと同じ放送だと思うがパリーグTVより安いのでこちらにした。
7月は2日分で800円弱だから若干高いとは思ったが楽天ポイントも使えたので良し。
8月のエキシビションマッチが終わったら契約を解除する予定。
セリーグTVも作って欲しいなぁ、といつも思う。

さて試合について。
伊藤裕季也選手が頑張っている。
彼は1軍で輝くタイプの選手なのかもしれない。
大抵の選手はファームで素晴らしい活躍をしていても1軍では結果のでないことが多いしそれが普通だと思っている。
彼のファーム成績はホームラン数こそ多いけれど目を見張るものではない。
打率は低い。
今回のエキシビションマッチは彼にとってある意味チャンスだった。
普通のシーズンであれば今の成績だと上には呼ばれない。
エキシビションマッチだから可能性のありそうな選手を沢山試せている。
その少ないチャンスで結果を出せるのはすごいことだと感心している。
エキシビション期間が終わっても1軍にいられたらいいな、と思った。
牧選手とはライバルになるがライバル関係があった方が良いのでワクワクしている。
投手に関しては大貫投手は安定していたし進藤投手もコントロールに少しばらつきはあったが0で抑えた。
三嶋投手とエスコバー投手に死角はない。砂田投手も問題ない。
野手がもっと打ってくれたら良かったな、というのが本音。
裕季也選手のようにファームからとか控え選手から後半戦のキーマンになる選手が出てきてくれたら嬉しい。
知野選手にも期待しているが若干空回りしている気がする。
元々調子が良くて上がってきたわけではなくショートを守れる選手がいないということで無理矢理抜擢されたと見ている。
当然出番はないし調子の上げようもない。
ファームで倉本選手と柴田選手が戻ってきているので早い段階で下にいくことになるかもしれないなと思った。
1軍で結果を出して欲しいけれど今の状態だと中々厳しそう。
ファームで調整した方が本人の為にもなりそうだと思っている。
ただまだエキショビションマッチは続くから何とかの爪痕を残して欲しいと願っている。

頑張れベイスターズ!今日も明日も明後日もこれからもずっと応援している!
[平良拳太郎投手復帰の道:55日目]

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ハマスタのオースティン選手 | トップ | 新潟遠征断念 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ベイスターズ」カテゴリの最新記事