ソニー労働組合仙台支部ブログ

ソニーは被災地復興に全力を尽くせ!!
退職強要や契約解除など正規・有期・派遣問わず、お困りごとはぜひご相談ください。

・「せんだい」No.63-03 コロナ便乗・黒字リストラのデクセリアルズ / 面談6回・退職拒否者の転勤に助言指導 2021.5.13

2021年05月13日 | 日記

コロナ危機から雇用と暮らし、権利を守ろう!

コロナ便乗・黒字リストラのデクセリアルズ面談6回・退職拒否者の転勤に助言指導

  コロナ禍でも増収増益のデクセリアルズ。昨年行われた「特別早期転身支援制度」による退職勧奨面談。退職を拒否すると面談を繰り返し、あげくは転勤命令。 当事者の申し出に、宮城労働局は今年2月に同社に対し文書で助言指導を行いました。その中で、宮城労働局長は、申出人の①栃木事業所転勤命令の取り下げ、②家族状況に配慮して労働条件の低下なく多賀城での現行業務継続…の主張に鑑み、 精査と話合い解決を同社社長に助言しています。

  ソニー労組仙台支部は当事者とともにデクセリアルズと3回の団体交渉を行いましたが、会社は退職強要面談の事実の告発に誠実に向き合おうとせず、第3回団交(4月28日)では転勤命令の保留解除と現地着任に言及し、話し合い解決を求める行政指導を無視する態度を示してきました。

拒否しても退職勧奨面談6回、募集期間終了翌月に転勤、家族と相談に叱責

  デクセリアルズは昨年8 月28 日に「特別早期転身支援制度の実施」を発表し面談を開始。以降、ソニー労組仙台支部には退職強要に関する労働相談が寄せられました。

  ある相談者は、募集期限の11 月末まで6回も面談が行われ、当初から一貫して退職拒否の意思を表明しても 「転身支援制度を勧めることを皆で話し合って決めた」  「意に沿わない仕事になる」  「外の会社の仕事を考えて」など退職勧奨が繰り返されました。募集期間が終了した翌12 月の面談では、栃木事業所への転勤が打診され、家族への相談などを切り出すと叱責され、翌年1月に転勤命令が内示されました。

労働局が法令に基づき話し合い解決を助言

  宮城労働局に相談すると、 同局は早期退職と栃木転勤に係る面談を端緒とする紛争と認定。 個別労働紛争の解決の促進に関する法律に基づき、2月9日付け文書(右)に関連法令や裁判例などの資料を添えて、申出人の主張に鑑み、精査のうえ話合で解決するようデクセリアルズに助言しました。

退職強要・報復転勤は許されない

  デクセリアルズは行政指導の後、条件緩和を提案するも転勤取り下げは拒否してきました。 ソニー労組仙台支部は団交での解決を目指して、これまで3回の団交を行ってきました。団交では、問題の端緒となった退職勧奨面談は退職強要、また、転勤命令は退職拒否への報復の疑いが強いことから、事実関係の解明と面談者の出席を求めました。しかし、会社は面談者の出席拒否と伝聞による一方的な説明に終始し、納得できる説明には至っていません。

  会社の発展を目指し、誠実に責任感をもって業務に取り組んでいるなかでの繰り返し面談。 退職を拒否するや仕事を取り上げられて転勤。家族などへの相談を切り出すと叱責。人としての尊厳を傷つける転勤命令に納得できるでしょうか

行政指導を遵守し、不当な転勤命令は撤回せよ

  デクセリアルズは「誠心誠意、真摯であれ」を企業理念とし、社会から信頼される企業であり続けるため、 企業倫理と法令遵守に根ざした事業活動を行うなど基本方針を掲げています。

  行政指導を受けながら団交での合意形成の努力を怠り、一方的に転勤を強行するとなれば、自ら掲げる基本方針に反し、社会から信頼される企業としての存続も問われます。 企業理念、基本方針の立場に立ち、 不当性が客観視される転勤命令は撤回し、一連の退職勧奨・配転面談に当事者が納得できる説明と、団交での合意形成に努力を続けるべきです。

退職強要とは

  ことさらに多数回、長期にわたる退職勧奨は、いたずらに被勧奨者の不安感を増し、不当に退職を強要する結果となる可能性が高く、退職勧奨は、被勧奨者の家族の状況、名誉感情等に十分配慮すべきであり、勧奨者の数、優遇措置の有無等を総合的に勘案し、全体として被勧奨者の自由意思を妨げられる状況であった場合には、 当該退職勧奨は違法な権利侵害となる。  (最高裁第一小法廷、1980年7月10日判決)

 

 

コメント

・2021春闘/春闘要求提出&アンケート結果(両面)2021-03-09

2021年03月09日 | 日記

.

.

コメント

春闘アンケートにご協力ください !

2021年01月11日 | 日記

2001春闘アンケートにご協力をお願いします。 

クリック ↓

アンケートには派遣の方から、「減産で契約終了となるが次の仕事の見通しがつかず不安で眠れない」との声が寄せられています。
2009年にも大規模な派遣切り、非正規切りが強行されましたが、ソニー労組仙台支部に加入した派遣や非正規の仲間は納得できる解決を勝ち取りました。
ソニー労組仙台支部は、働くひとり一人の雇用と暮らし、権利を守るため、地域共闘の労働組合や民主団体など多くの仲間と力をあわせて活動しています。

雇止め・解雇、退職強要など、お困りごとはぜひご相談ください。

(恐縮ですが下記アドレスをコピペしてメールください)

sendai@so-union.org

 

 

 

 

コメント

・21春闘/コロナで大変だから声を上げよう 大幅賃上げ要求しよう ! 雇用守ろう ! 2020.12.24

2020年12月24日 | 日記

コメント

・“コロナ便乗”人員削減「大黒字なのに切り捨てか」ソニー(しんぶん赤旗記事2020.12.19)

2020年12月19日 | 日記

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik20/2020-12-19/2020121901_01_1.html

コメント

・身の回りの改善要求書を各社に提出 2020.12.14

2020年12月18日 | 日記

アンケートへのご協力ありがとうございました。

ソニー労組仙台支部はハガキやWEBアンケートを実施し、寄せられた要求や意見をもとに要求書を作成して各社に提出しました。

仙台TECには全33項目、SSMMには全28項目の要求を掲げました。

共通する項目が多くありますが、以下に主な内容を紹介します。

仙台TEC

1.雇用に関する要求
・仙台TEC内で働く再雇用社員について、希望者全員65歳以上継続雇用とすること。
・新型コロナ危機により雇用情勢が悪化する中、仙台TEC内で働く派遣社員について、十分な教育訓練と技術の取得を補償するためにも3カ月の細切れ契約を改め、最低でも1年の更新制とすること。また、希望に応じて派遣先会社への正規登用を促進し、経験者採用募集などを周知すること。
・障がい者雇用について、法定雇用率が2021年3月1日から0.1%引き上げられることを踏まえ、SSMM、SSMS各社が雇用率2.3%を超えるよう拡大し、それぞれの雇用率を開示すること。
・コロナ危機を打開し、新規事業を開拓するためにも、デクセリアルズ㈱との関係について、防災や安全衛生にとどまらず、基礎研究や商品開発、事業開拓についても連携すること。
・退職強要はもとより、退職強要につながるあらゆる施策を行わないこと
・コロナ危機を打開するためにも、東日本大震災で仙台TECから移管した材料開発など研究開発の機能と体制を震災前の水準に戻すこと

2.労働条件の改善要求
・出社制限に加えて残業規制の徹底により、過密労働、持ち帰り残業、サービス残業になるとの声が上がっていることから、感染症拡大防止と労働者の健康に配慮しながら必要な残業を認め、過度の残業規制を行わないこと。
・終業時刻から次の始業時刻までの間に最低連続11時間の休憩を与える、勤務間インターバル規制を設けること
・半日休暇が使いづらいとの声が多いことから、1時間単位で使用できる有給休暇を育児・介護に限定することなく拡充すること。

3.安全で衛生的で快適な職場環境の形成に関する要求
・在宅勤務中心の職場で適切な業務指示が行われず「コロナうつ」等の不安の声が上がっていることから、適切なメンタルヘルスケアと職場マネジメントに対する指導を徹底し、その内容を明らかにすること。
・出社制限の長期化より製造現場などで過重労働と疲労の声が上がっていることから、新型コロナ感染拡大防止の徹底とともに、職場の過密化の偏りをなくして仙台TEC全体で人員配置の適正化をはかること。
・いじめ、嫌がらせ、パワハラやモラハラなどハラスメント根絶に向けて、ハラスメント講習会にモラハラを追加するなど、より実効的な施策を明らかにし、実施すこと。
・第3駐車場を全面舗装すること。
・社員駐車場の利用について、通勤距離基準を緩和し、コロナ感染拡大対策の他、雨天時での臨時使用なども認めること。
・構内に設置する自動販売機について、派遣社員も含めて多様な社員の希望に応じてメーカーや商品の種類を増やすこと。
・社員証更新に伴う写真提出について、写真館など外部で撮影した場合、費用は会社で負担し社員に費用負担させないこと

SSMM

1. 雇用に関する要求
・再雇用社員について、希望者全員65歳以上継続雇用とすること。
・ 新型コロナ危機により雇用情勢が悪化する中、貴社で働く派遣社員について、十分な教育訓練と技術の取得を補償するためにも3カ月の細切れ契約を改め、最低でも1年の更新制とすること。また、希望に応じて派遣先会社への正規登用を促進し、経験者採用募集などを周知すること。
・新型コロナウイルス感染拡大に伴う経済危機の下、誰もが貴社で安心して、意欲をもって、遣り甲斐をもって働き続けることができるよう、貴社の将来ビジョンを明らかにし、従業員との交流や議論を深める取り組みを行うこと。

2. 労働条件の改善要求
・「働き方改革」を踏まえた労働時間の短縮を図るともに、生活が困窮する労働者について副業を認めること。
・貴社において、安全で働きやすい環境を確保し、ゆとりと豊かさを実現するために、交替勤務をはじめ全ての職場において適切に人員を配置し、気兼ねなく有給休暇が取得できる体制にすること。
・ 昼夜交替勤務制度について、労働者の疲労回復と健康確保を第一に、夜勤連続の回避を維持し、3日連続休も取れる勤務パターンに見直すること。見直しが難しい場合でも、3日連続休が取れる運用を行うこと。
・昼夜交替勤務で働く労働者全員に対して、負担に報いるためにも月額1万円の連操勤務手当を支給すること。
・昼夜交替勤務で働く労働者全員に対して、負担に報いるためにも交替勤務手当として昼勤1回1,500円、夜勤1回7.000円を支給すること。
・昼夜交替勤務者が残業や早出、明けや休日で出勤することがなく、有給休暇も取得しやすいよう、ゆとりのある十分な人員を配置して、労働者の健康促進をはかること。

3.安全で衛生的で快適な職場環境の形成に関する要求
・ 旧豊里サイトから仙台TECへの自家用車通勤者の通勤補助手当について、現行の片道50km以上の基準を緩和し、長距離通勤に配慮した運用を行うこと。
・ 旧豊里サイトと仙台TECの間の通勤バスについて、朝の便の増設や車種の適正化など、利用者の声を誠実に聞いて利便性と快適さを上げること。
・ 製造部署ではメール確認等で使用する共有パソコンが少ないので、共有パソコンを増やすこと。

デクセリアルズ

1. 雇用に関する要求
・ 誰もが貴社多賀城事業所で安心して、意欲をもって、遣り甲斐をもって働き続けることができるよう、多賀城における中長期の事業拡大、開発推進など将来ビジョンを明らかにすること。
・再雇用者について希望者全員65歳以上継続雇用とすること。
・ ソニー㈱仙台TECに対して、防災や安全衛生にとどまらず、基礎研究や商品開発、事業開拓についても連携すること。
・ 退職拒否者に対する繰り返し面談など退職強要はもとより、退職強要につながるあらゆる施策を行わないこと。

2. 転勤・異動・配属等に関する要求
・すべての労働者が、本人の専門性を活かした納得できる業務に就労できるようにすること。また、そのために誠実かつ信頼できる話合いの場を適宜設けること。
・ 新規事業を拡大し、主体的かつ積極的に職務が遂行できるよう、配属や職務分担について、本人の希望が反映できる柔軟かつ信頼性の高い人事施策を行うこと。
・ 転勤者について、多賀城への帰還を促進すること。

3. 労働条件の改善要求
・終業時刻から次の始業時刻までの問に最低連続11時間の休憩を与える、勤務間インターバル規制を設けること。
・ 基準内労働時間を1日7時間45分に短縮すること。
・ 年間25日の傷病休暇を新設すること。
・ 帰省手当を月4回分に拡充すること。

4. 安全で衛生的で快適な職場環境の形成に関する要求
・ 新型コロナ危機の下、いじめ、嫌がらせ、パワハラやモラハラなどハラスメント根絶のための施策を明らかにすること。
・ すべての社員が技術と仕事に誇りをもち、一丸となって働けるよう、社員と経営層の交流と議論を深める具体的な施策を示すこと。

以上

コメント

・「せんだい」No-63-2 コロナ危機から雇用と暮らしを守ろう!コロナ便乗リストラにストップ!働くみんなの要求アンケートにご協力を!2020.11.12

2020年11月12日 | 日記

ソニー労組には、SSMM、SPPS、NSF-Eなどソニー国内関連会社、デクセリアルズで働く労働者(正社員、有期社員、統括を除く管理職の方)も加入できます。是非、ご意見・ご要望・ご相談をお寄せください。 E-mail:soudan-sendai@so-union.org (随時)

コメント

・「せんだい」No.63-01 高年齢者雇用安定法が改正.意欲のある高年齢者の安定雇用.65歳以上継続雇用の早期実現を要求_20201015

2020年10月15日 | 日記

コメント

・「せんだい」2020春闘/コロナで大変だからこそ大幅賃上げを! 雇用と暮らしに内部留保を還元せよ! 2020.4.3

2020年04月04日 | 日記

コメント

・2020春闘回答 身勝手なベアなし賃下げ回答.一時金も昨年比0.2カ月減.業績見通しは過去最高とほぼ同等

2020年03月29日 | 日記

コメント