今、自衛隊の在り方を問う!

急ピッチで進行する南西シフト態勢、巡航ミサイルなどの導入、際限なく拡大する軍事費、そして、隊内で吹き荒れるパワハラ……

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日米の南西シフトを暴く ~宮古島・保良ミサイル弾薬庫、石垣島ミサイル基地  建設(琉球弧の要塞化)を阻む徹底学習会~

2019年11月13日 | 書籍
 日米の南西シフトを暴く
 ~宮古島・保良ミサイル弾薬庫、石垣島ミサイル基地建設(琉球弧の要塞化)を阻む徹底学習会~


*2019年12月1日(日)開会14時(開場13時30分)
*場所 東京・中野区「なかの ZERO」 学習室4 「先島・沖縄研究会」
(中央線・総武線、中野駅南口徒歩 8 分)

*講師 小西 誠 (軍事ジャーナリスト)
*資料代 500 円

●著者新刊『要塞化する琉球弧―怖るべきミサイル戦争の実験場!』などに掲載された最新の現地資料・300 枚の図表・写真をプロジェクターで紹介、自衛隊の先島―南西諸島配備の現状を徹底解明!

●2019 年 3 月 26 日、奄美駐屯地・瀬戸内町駐屯地、宮古島駐屯地が開設。だが、宮古島保良のミサイル弾薬庫は、工事が始まったばかり、現地住民は必死にミサイル部隊配備を拒む。

●2019 年 3 月 1 日、石垣島では駐屯地工事着工、だが島の住民たちは、住民投票請求を始め、ミサイル基地建設に激しく抵抗し、基地建設を食い止めている!

●始まった宮古島・石垣島・奄美大島・与那国島、種子島――馬毛島、沖縄島など、琉球弧の「島嶼戦争」=海洋限定戦争の恐るべき実態を全国に伝えよう!

*主催「反戦平和のための軍事研究グループ」 連絡先 shakai@mail3.alpha-net.ne.jp
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする