FLY to the world!! 【一口馬主・地方競馬応援記】

“一口馬主ウイング・大航行日誌”
出資する社台・サンデーを中心に、馬主ライフと競馬のあれこれ。

クリルカレント、5馬身差の圧勝でBクラスへ!

2016-12-29 18:48:01 | クリルカレント
12/29現在、大井競馬場在厩。
----------
12月29日(木)大井7R・冬野特別・C1(四)組・距離1200m戦へ54kg中野騎手で出走しました。馬体重はマイナス3kgの487kg、硬めの歩様も毛艶の良さが目立っており、好気配でした。単勝は24.0倍の6番人気。レースでは五分のスタートから押していき2番手の位置を確保して、レースの流れに乗りました。道中もスムーズに追走し楽な手応えのまま4コーナーで先頭に並びかけると、直線では馬場の真ん中から伸びて後続馬を突き放し5馬身差で圧勝、通算5勝目を飾りました。勝ち時計は1分14秒3でした。
中野騎手からは「揉まれて砂を被ると止めてしまう馬だと指示されていたので、ハナを切るつもりで乗りました。スタートダッシュが速い馬ではなく焦りましたが、楽に2番手で競馬ができて乗りやすかったです。今まで負けていたのが信じられないほどの強さでしたので、上のクラスでも十分通用するでしょう。まだ3歳馬ですので来年の活躍が楽しみです。」と、月岡調教師からは「前走のレース後にショックウェーブ治療をした効果が大きく、硬さがとれて、かなり状態が良くなりました。中野騎手も馬に負担をかけないように巧く乗ってくれたと思います。次は1月中旬の大井開催を予定しています。」とのコメントがありました。
----------
【レポートの転載につき、サンデーサラブレッドクラブの許可を頂いております】

見てください!!

12/29大井7R・冬野特別(C1)レースリプレイ

クリルカレント、圧勝!!!


今日は仕事で東京大賞典もこのレースも買えなかったし見れなかったのですが、まさかまさかの圧勝!

有馬デーの勝ちも含めサンタさんから素晴らしいプレゼントを頂いた年末です^_^

降した馬たちも決して弱い馬ではなく、ここまで1戦を除き全て3着以内で前走同クラスで勝ったラヴォッコと
前々走→前走とC2→C1連勝のロイヤルオブアクア。
1.2番人気との3連単で4万馬券なので買えばよかった〜(笑)

クリルカレントは今年の10戦目でしたが、レポートによるとショックウェーブ療法が効いたようですね。
それにしてもここまで見違えるように鮮やかに勝つとは…
我々にはわからない管理の仕方があるんでしょうね。
プロの仕事、という感じがします。
「とにかく休ませてください」などとほざいてすみません。

マズマズのスタートから、道中は先頭集団の真ん中で番手を選択。4コーナー過ぎからは楽な手応えで上がってくるとムチをほとんど使わず抜け出します。

最後は中野騎手の剛腕に応えさらにひと伸び!

着差5馬身でしたが、最後は緩め気味だったので着差以上の快勝です。

しかし、、
月岡先生まだ続戦!(◎_◎;)

鬼なのか、本当にまだいけるのか。

プロのみぞ知る、いい状態なのだと信じましょう。
そして中野騎手、ありがとうございます。
見てる限り手が合いそうですが、次も乗ってくれるのでしょうか。

とにかく、嬉しい!!
超嬉しい!

連勝→重賞挑戦→連敗からの圧勝!
ワクワクドキドキさせてくれる馬です。

早くもあと2〜3週間でまた使うとのことですので、次は見にいけるかな?

今日口どりされた方々おめでとうございます。
私、愛馬の口どりまだ一度もしたことないので、来年こそは私も長いトンネルを抜けたいと思います。

しかし、繰り返しになりますが、、


嬉しい!!ー!!

クリルカレント、お疲れ様。
ありがとう!

来年も頑張ってね👍
期待しています。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


コメント (2)

ハマオリ、山元で調教しながらの年越し

2016-12-29 08:47:36 | 【引退】ハマオリ
12/28現在、山元TC在厩。
----------
現在は週1日は周回コースでハッキングキャンターを1500m、週3日は角馬場でのフラットワークに加えて坂路でハロン17秒のキャンターを1本、週2日は坂路でハロン15~17秒のキャンターを2本消化しています。順調に乗り込めており、徐々に体力もついてきました。キャンターにおろす際にやや空回りし、促すと慌てた様な走りになりますが、走り出せば問題はありません。今後もトモに力強さをつけるように調教をつけていきます。現在の馬体重は460kgです。
----------
【レポートの転載につき、サンデーサラブレッドクラブの許可を頂いております】

山元で年越しのハマオリ。

乗り込まれてますね〜!
週に坂路5本は凄いな。

キャンターにおろす際にやや空回りし、促すと慌てた様な走りになりますが、走り出せば問題はありません

って、どういう状態か(笑)
まだエンジンがかかるのに多少戸惑うんでしょうか。

しかし走り出せば良いということで、走行性能は問題ないよう。いつ戻ってくるのかわかりませんが、春には逞しくなってあっさり勝ち上がる姿が見たいですね。


期待して待ってますよ!

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
コメント

2016有馬記念観戦記

2016-12-26 01:37:18 | 競馬全般
2014年の11万馬券2015年のガミリデーに続く、3回目の回顧録。

ブログ自体2014年にはじめたばかりなのでまだまだなのですが、何とか今年もプラスで終わることができました。結論から言えば8万円のプラスとなりましたが、勝ったのは有馬記念ではありません(笑)

快晴の中山競馬場。



昨年の覇者ゴールドアクターのポスターが出迎えてくれた1年ぶりの中山は朝はなかなかの寒さ。
最近は毎年カイロ常備なのですが、今日は靴に2つ、背中とお腹に2つ、脇に1つとカイロだらけで臨みました。(笑)

朝、珍しく遅刻気味に到着すると1Rを見に。
残り5分、買えたのですがあえて買わなかった。
理由として戸崎騎手騎乗のセイウンストリーム(牡・2歳)は1.1倍のグリグリ人気。
穴馬の参考にしているサイトの穴馬と絡めての購入も考えたのですが、配当妙味かないだろうと見送り。
このへんで急いで買わなくなったことは今年の回収率アップに繋がっていると思います。
(回収率重視が故に無駄撃ちはしないようにしています)

結果は戸崎騎手圧勝。2着には穴馬サイト推奨の大野騎手リオファンクが入りましたが、5番人気で馬単でも2,190円。ワイド500円を考えていましたがそれでも800円なので回収は4,000円。
久々の現地でちょっとビビりながらの馬券だったので、もしあの1Rで買っていたらワイドなどに流れてしまっていたと思います。買わなくて正解。

あ、1Rのあと中山は帰ってきた馬たちが見れるので駐馬場に行きましたが、凄い人だかり。


「戸崎騎手さすが人気あるなあ!と思ったら…」

みんな菜七子ちゃん狙いでした(笑)
24日に6勝目をあげ、今年一年本当に頑張りました^_^

そんなこんなで2R目から馬券に参戦。
って、一日中馬券の話していたら有馬記念に届かないので端折ります。

ただ、一つ特徴的だったのは、今年は最終日まで騎手のリーディングがもつれたことの影響かな。
戸崎騎手は1.2Rを連勝。対して星1つ差で追っていたルメール騎手は平場で連敗。仕方なかった部分もありますが、戸崎騎手に有力馬を最後まで回したエージェントさんの勝利でもあるでしょうね。
3日間開催だった先週、金曜日はルメール騎手が一歩リードも、土曜10.11.12+日曜1.2Rと5レース続けて圧倒的1番人気で5連勝した戸崎騎手。ほぼこれで勝負あり。
対してルメール騎手は日曜日4.5.7Rで上位人気馬に乗っていましたが2着まで。ここで勝てていれば…残念!
8R終了時点で勝ち鞍が並ぶ可能性がなくなり戸崎騎手の3年連続リーディングが決定しました。

地方から3年連続リーディングの戸崎騎手。
クラシックはチェッキーノくらいでほとんど目立つ活躍が無かったのが悔やまれます。
ストレイトガールやヤングマンパワーなど特徴のある馬が多く、騎乗機会10連対の重賞記録でしたね。

さて、有馬記念観戦記に話を戻すと、有馬記念前までは一進一退も、マイナスで推移。ホープフルステークスは1.2着ズバリも3連単で相手に絞ったMデムーロ騎手のアドマイヤウイナーが豪快に沈みました。。友人2人は見事3連単ゲット!うわー、今年も有馬記念はダメな流れだなあと思っていましたが…


レース中にも有馬記念ファン投票の結果など、随所に10Rを高める工夫が。

有馬記念だけあってたくさんの人だかり。
家族づれやJRAの狙っているUMAJOっぽい若い女子と明らかに毎週来ているようなおじさまたちが一箇所に混じる光景は今年も微笑ましくも異様ですw



結局昼からずっと内馬場にいました。
有馬記念前まで、だんだんと温かくなって来たところで屋外のベンチでゆっくり座って予想。

結果的にはこれが吉と出ます。

有馬記念の前に恒例、WIN5購入。
今週、有馬記念は固く決まる!少なくとも頭は1.11。
キタサンかサトノでいいだろうと週の後半から信じていました。穴馬が来る荒れた流れならヒモだろう。
その穴馬はヤマカツエースかデニムアンドルビーだ!
と妄想と共に…(笑)

WIN5は有馬記念を1.11に分けてそれぞれにWIN1〜4のレースには若干の強弱をつけました。
1頭固定にしたのはホープフルS。しかーし!その前にまさかの落とし穴。
1R目はフェアウェルステークス。圧倒的人気(2.0倍)レッドゲルニカ軸も、ニットウスバル(5人気)とベック(6人気)など5頭を購入。勝ったのは1人気レッドゲルニカ。あちゃ、やっちゃった!
WIN5は荒れるレースと固いレースの見極めが大事。
ここでは逆パターンやらかしてしまい、5頭押さえて1人気に勝たれるという。。
気を取り直して2R目が阪神・江坂特別。グリグリ人気のリッチーリッチー、シュタルケ騎手が直線抜け出し。
ここは2頭購入でしたが、相手は沈んでいる。ああまた1番人気かよ。。と思った瞬間!
シュタルケ騎手が何やら追いながらモタモタしている。
あれ?
幸騎手のエイシンハドソンがあれよあれよと迫ってきて並んでゴール。ん?んん??

交わされた

今年はWIN5を頑張りますと言ってほぼ毎週買っていましたが、最後もあっけなく終了〜

シュタルケもっと追えよ!!!
ハナ差で散りました。。

なんとか気をとりなおして有馬の最終予想に。
結局頭は2頭。1キタサンと11サトノは固いだろうという予想に落ち着きました。友人とパドックを見ていての評価も2頭が抜けていました。
11を本線に、相手を広めに流します。有馬は荒れる。
特に当該年に中山好走歴のある馬と昨年の実績馬は近走が悪くても買い。あとは牝馬は無条件で買い。

11-1-4、11-1-13が本命で3連単を700円ずつ。あとは薄めに200〜300円ずつ流しました。
最後の最後でキタサン頭も気になって5,000円追加。
結果は、11サトノダイヤモンドが1キタサンブラックをゴール前で差し切った見事な勝利。サトノノブレスのサポートかあったとも思いますが、とにかく見事なルメール騎手の騎乗でした。
結局ルメール騎手はホープフル→有馬と連勝。
リーディング争いが終わって憑き物が落ちたような走りに、一流の底力を見ました。
3着は2.ゴールドアクター。
パドックでは多少入れ込んでいましたし、何より前走ジャパンカップが絞りきれずにコロンコロンしていたので
ここも評価を下げましたが…終わってみれば昨年の実績馬で今年オールカマーを勝っている。
いやーん!言った通りじゃないか!(◎_◎;)
本命のヤマカツは少し離れた4着で、入れ替わっていれば大的中なのですが、結果的にトリガミになりました

ふうー、今年もこんな結果か。
でも素晴らしいレースだったし気を取り直していこう。
まだカウントダウン→ハッピーエンド→ファイナルと3レースもあるじゃないか⁉︎

ここでふと冷静になり、3連単を振り回し気味だった当日の買い方から、年末最後の競馬だし今年の全てを出し切ろう!と思い直したのが良かったです。

カウントダウンSは締め切り5分前。
「止めようか、無駄撃ちか?」とも思えたのですが、事前予想からもここはマキシマムドパリ(3人気)をどうしても買いたかった。
この馬、ブランネージュに似ているんです。
厩舎も違うし(藤岡健一と松元茂樹)、マキシマムドパリは芦毛だし、社台系だけど本家の社台ファームだし。
何よりマキシマムドパリはグリーンの馬なので環境は全く違うんですが、戦績を見ると…
マキシマムドパリは未勝利勝ち上がりこそ2戦でしたがなかなかその後勝てず。君子蘭賞でも2着(ブランネージュは優勝)。クラシックは重賞まであと一歩。フローラSは3着(ブランは2着)、その後はオークス8着(ブランは5着)、間で500万を1つ勝ちますが秋華賞も3着(ブラン4ち)。その後惜しい連帯を繰り返し迎えた今年の函館開催。
北斗特別を3着とすると、かもめ島特別で3戦ぶりの勝利!しかも藤岡兄の手綱でした。ブランネージュは北斗特別4着から藤岡弟の手綱でかもめ島特別を勝利。
その後はご存知の通りなのですが、志半ばで今年の春引退となりました。
私としては、まるでブランネージュを見ているようでそのもどかしさがよくわかりました。
だからこのカウントダウンSでは絶対本命に。ブランネージュのぶんも走ってくれ!マキシマムドパリ!

ただ1点馬券的な流れで気になったのが幸騎手がここまで連勝してきていたこと。
そう、さっきのシュタルケ騎手リッチーリッチーを差し切ったエイシンハドソンが幸騎手でした。次のレースでも9人気のナムラアラシを1着に持ってきて馬単52,000円というトンデモ馬券を演出していました。
てことは幸騎手が勝ちきれないこともあるだろうと、ここで今年の基本に立ち返り対抗3頭との馬単マルチを500演出ずつ購入。
レースでは柴山騎手のクイーンズミラーグロが抜け出します。よし!柴山きた!あとは幸だぞ。おっ!抜けてきた、よし、差せ!差した!
結局頭は届かずでしたが10人気→3人気で17,500円の馬単に。ここで85,000円の勝ちとなり有馬記念のチョイ負けと当日の1万円マイナスを全て吹き飛ばしてくれました

こうなればあとは勢い。
流れが馬単にきていたので中山最終ハッピーエンドカップは戸崎騎手2.シルヴァーコード(1人気)と柴田善騎手5.ナンヨーアミーコ(2人気)からそれぞれ薄めに馬単マルチ。
するとデムーロ騎手の14アルティマブラッド(4人気)が勝って5.ナンヨーアミーコは2着。馬単マルチのおかげで3,210円をゲット。2頭軸の3連単を6,000円も買ってしまいマイナスでしたが、流れを作ったままいっている感じが肌感としてありました。

最終は今年最後の中央競馬、2016ファイナルステークス。
荒れた人気も連勝してきていた15エイシンバッケンで固いと感じ、同馬からのみでこちらも薄めに馬単マルチ。
エイシンバッケン藤岡弟にはブランネージュで散々やられたので、最後でここ返してくれ!と個人的な感情を込めて購入。
すると、最後の最後で拾った相手の10タガノエスプレッソ(12人気)が1着でゴール!
2着には馬群を割って最後でエイシンバッケンが凄い脚で追い込んで2着を確保!!
北村友騎手の調教から乗る姿勢に感じ入るものがあり、
また実績馬ながら初ダートで人気がなかったこともあり買ったタガノエスプレッソ。全く人気がなかったので馬単は1人気との組み合わせながら26,000円もつきました。

これにて2016年の中央競馬を終了。

終わってみれば有馬記念負けながらも80,000円プラスで一昨年以来、有馬記念デーを勝ち越して終わることができました。

振り返るとやはり有馬記念負けながらもはたと冷静になったこと、その後も考える安定した場所があったこと、
そしてじゃいさんや高橋さんの予想本を読み込んだことと信じた馬から軸馬絞って手広く流した馬単マルチ。
今年最後の競馬は、今年を象徴する勝ち方となりました。



たまたま時間がなかったのでカウントダウンをPAT購入しており、有馬も合わせても当日の勝ちが31,000円購入の108,000円戻しでプラス77,000円。
現地で25,000円購入の34,000円戻しでプラス9,000円、前日購入との相殺で土日でプラス80,000円でした。

その後は北島三郎オーナーのまつりを聞いて笑、勝った日は記念品を買っているので来年のJRAカレンダーを家用に購入して競馬場を後にしました。
(キタサンブラックのビッグタオルが欲しかったのですが売り切れさすが人気馬です)

最後はいつも通りのハンバーグをガッツリ食べて今年を締めくくり。

おっと、まだ東京大賞典がありましたね!

今年は今度こそ勝ちたい武豊騎手アウォーディーにルメール騎手のノンコ、戸崎騎手のコパノリッキーと役者が揃いました。
前走チャンピオンズカップ勝ちで中央G1に上り詰めた大野騎手サウンドトゥルー、内田騎手のアポロケンタッキーに田辺騎手のモズライジン、川田騎手のカゼノコまで中央勢はどこからでも入れるメンバー。
対して地方勢は今年はメチャクチャ手薄ですがただ一頭、吉原騎手のハッピースプリントに注目です。復調しているので紐に入れたいですね!

と、なんだか今年の有馬記念回顧は馬券回顧になってしまいましたが、1年間を通じ本当に考えて工夫して壁にぶつかりながら馬券を買ってきました。
たかが馬券、されど馬券。

20年間競馬をやってきておそらく初めての年間トータルプラス。PATデータでも115%の回収率となり、今年は胸を張って年末を迎えられますね。



来年も楽しい競馬に、そして笑顔で来年の有馬記念を迎えられるように。

あ、今年の来場者は96,000人。昨年対比77.5%の大幅減だったそうです。
そりゃそうだ、3連休最終日のクリスマスだもの!
体感的にも空いてましたよね。
でも売上は449億円!(◎_◎;)107.9%の大幅増でした。
ネット購入とパークウインズなど外部への誘導、府中パブリックビューイングなどが奏功した感じです。
1レースでは世界一の売上のレース。
今年の馬券販売も103%の2.6兆円と伸びましたし、来年もこの傾向が続くといいですね。

さあ、東京大賞典で締めくくり!
今年は素晴らしい有馬記念デーでしたので、いい形で2016年を終えましょう^_^

あ、最後に。

時事ネタの有馬記念。
今年は「神ってる。君の名は?」でしたが、、

神ってるのは里見治さん、あなたでした(笑)
ずっと勝てなかったG1。自分の馬運を責めたこともあったそうですがサトノダイヤモンドの菊花賞制覇からサトノアレスで朝日杯、サトノクラウンで香港ヴァーズ、そして有馬記念までわずか2ヶ月で4勝ち!
そして1日8勝ちの記録も作った最高勝率・最高賞金騎手のルメール騎手。

この神ってるコンビが今年の主役でしたね。
来年の凱旋門賞も、古馬G1での飛躍も期待しています。そして今年も強かったキタサンブラック。圧勝のジャパンカップがベストパフォーマンスだと思いますが、天皇賞・春も有馬記念も逃げまたは先行からの自在性と2枚腰はお見事!
対抗だったシュヴァルグランも、最強の2勝馬のサウンズオブアースも、そしてさすがの貫禄ゴールドアクターも。来年もみんな楽しみにしています。
今年は引退式がありませんでしたが、マリアライトはお疲れ様でした。牝馬ながら大外枠で宝塚記念制覇、お見事でしたね。産駒が楽しみです。

さあ、飛躍の2017年へ!
以上有馬記念回顧でした。

来年の自分へ。
レース前にこれ読めよ(笑)

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ








コメント

クリスマス有馬記念に染まる新宿!

2016-12-21 19:28:17 | 競馬全般
といってもポスターだけですが。

今年は府中でのパブリックビューイングをしませんか⁈という提案。















写真の馬が外枠ばかり(笑)
これもなにかのサインなのか??

有馬記念だけにいろいろ考えてしまいますが、それもご愛嬌。

聖なる夜に🌉できるかどうか。
コメント

有馬記念、枠順確定!

2016-12-21 19:18:49 | 馬券
2016年を締めくくる大一番!

【有馬記念、枠順確定】
1.キタサンブラック
2.ゴールドアクター
3.ムスカテール
4.ヤマカツエース
5サムソンズプライド
6.サウンズオブアース
7.マルターズアポジー
8.ミッキークイーン
9.ヒットザターゲット
10.アドマイヤデウス
11.サトノダイヤモンド
12.サトノノブレス
13.デニムアンドルビー
14.シュヴァルグラン
15.アルバート
16.マリアライト


事前の予想も、今日の枠順抽選も踏まえた現時点の予想は、

◎1.キタサンブラック
○2.ゴールドアクター
▲4.ヤマカツエース
△14.シュヴァルグラン
×3.ムスカテール
×5.サムソンズプライド
×7.マルターズアポジー
×8.ミッキークイーン
×11.サトノダイヤモンド
×13.デニムアンドルビー

2.3.5.7番に注目していた抽選。
まさかの穴馬だらけに…

でもここは買います。
ゴールドアクターはこの絶好のチャンスを活かせるか?

外差しも決まる中山。
クリスマスの有馬記念。

さて…
コメント

凄すぎる!キタサンブラック5度目の1枠1番

2016-12-21 18:23:04 | 競馬全般
BSフジでの生中継。

有馬記念公開枠順抽選がありました。

残り5頭から田中将大投手が引いたサトノダイヤモンドが11番。

続いて田中将大投手が引いたキタサンブラック。

そして壇上の武豊騎手はブラックのBのボールを選んで、、1番。





凄すぎる!

残り5頭までここが残っていたことも、ゴールドアクター、マリアライト、ヒットザターゲットとキタサンブラックの残りから1番。

ちなみに最後は最内と大外でゴールドアクターが2番、マリアライトは16番。

できあがっていたようなストーリー。

思わずええええっ!ってなりました。
そりゃそうですよ。

ここまで4戦4勝。

最高の枠番を引いたキタサンブラック。

怖すぎますが、これはもう買うしかないですよね。

中継でもう買ったかのような扱いにちょっとやり過ぎではないかとも思いましたが、そう言いたくもなりますわ。

まあ、まだ抽選ですからと冷静を装っていた武豊騎手もこれはしめたと思ったでしょうね。

クリスマスの有馬記念。

神ってる君の名はキタサンブラック、なのでしょうか。

週末がますます楽しみです!
コメント

クリルカレント、12/29冬野特別(C1)へ出走予定

2016-12-21 12:35:31 | クリルカレント
12/19現在、大井競馬場在厩。
----------
12月29日(木)大井7R(14時15分発走)・冬野特別・C1(四)組・距離1200m戦への出走を予定しています。
----------
【レポートの転載につき、サンデーサラブレッドクラブの許可を頂いております】

年末のC1戦に向けて、調整の続くクリルカレント。

以前も書きましたが今年は10戦、ほぼ毎月休みなく走ってくれました。

重賞まで駆け上がると思った矢先、その初重賞参戦から狂い出した歯車がいまだ噛み合っておりませんが。
今度こそやってくれるんじゃないか⁈と期待するのはこの馬のポテンシャルを信じているからです。

騎手を、、いい騎手を!!

月岡先生、よろしくお願い申し上げます。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
コメント (2)

さあ!有馬記念!!

2016-12-20 10:01:40 | 競馬全般
早いもので今年もわずか。

競馬ファンにとっては何年かに一回のクリスマス有馬記念。🎄

今年はJRAのポスターもクリスマス仕様です!

そして新宿駅でも着々とクリスマス仕様のイベントブースが立ち上がる中、デジタルサイネージでもJRAの告知。











うーむ、🤔


何かに似ている。
はっ!紅白歌合戦

とネットにも散々書かれていたようですね。
全く知りませんでした。

紅白といえば、トリは北島三郎。そして祭。

こんな簡単なサインがあるのだろうか??
本当にそれでいいのか?

しかも「国民的行事」なんて。

大谷翔平君じゃないが165kmのど真ん中ストレートです!

ひねらなくていいのかな。今年は。
キタサンブラックが勝ってモーリスと年度代表馬争い、でいいストーリーでしょうか。

そうなると、今考えてる予想とほぼ同じ。

あとはデニムアンドルビーを追加するくらいか。
うわー、やっぱり半分超えた!

有力馬で切ったのはマリアライトか。。
来るか来ないか、というよりそこまで買えない

net🐴keibaの予想オッズが
1 サトノダイヤモンド 2.6
2 キタサンブラック 2.7
3 ゴールドアクター 6.4
4 サウンズオブアース 8.0
5 シュヴァルグラン 10.6
6 マリアライト 17.3
7 ミッキークイーン 24.3
8 ヤマカツエース 29.7
9 アドマイヤデウス 36.0
10 デニムアンドルビー 49.7
11 アルバート 65.1
12 マルターズアポジー 108.1
13 サトノノブレス 135.5
14 ヒットザターゲット 279.2
15 サムソンズプライド 479.4
16 トーセンバジル 977.2
17 トウシンモンステラ 1270.4
18 ムスカテール 1303.0

上位で買わなかったのがマリアライトだけか。。

あと、マルターズアポジーが最高のデキらしく。。


うーん、、悩む!!!

今年は5番を買いたい。
忘れちゃうので言っておきますが2.3.5 5.7.2
赤枠と青枠です。

なんのこっちゃ、はレース後にご確認下さい。

さて、夢の有馬記念。
週末が待ち遠しいです!

が、その前に山積みの仕事をしようっと。。
誰だ!23日にWIN5組んだ人!(◎_◎;)
仕事に集中できないぞー(笑)

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

キタサン→
コメント

真田丸

2016-12-19 02:22:28 | 社会・時事・経済


今、見終わりました。


終わってしまった寂寥の念と、改めて凄かったこの一年を振り返り。

ただ一言。




ありがとう


素晴らしい作品でした。



違いなく自分の歴史に残る大河ドラマ。
武田信玄と独眼竜政宗、これを超える作品は出ないと思っていたものを見事ひっくり返した最高の大河と言って
過言ではありません。


大泉洋、小日向文世のご両名にはイメージを打ち破られる役者の真髄を見ました。

長澤まさみ、黒木華、松岡茉優、斉藤由貴、草笛光子、峯村リエ、吉田羊、長野里美。
素晴らしい女優陣に何度も笑い泣き。
そして特に竹内結子、鈴木京香お二人の人を魅了する才能に触れた時間でもありました。

草刈正雄さんは今でも記憶の中で生きています。

栗原秀雄さん(信尹)など真田家の人々はあげればキリがありません。

山本耕史、片岡愛之助、新井清文、小林隆さんなど豊臣家も。

近藤正臣、星野源、藤岡弘、さんの徳川家も。

高嶋政伸、山西惇さんら北条家も。

平岳大の武田家も。

そして遠藤憲一、村上信吾さんのキャラと違いすぎて見入った上杉家も、、全てが伏線となり最後に交わる。

三谷幸喜という脚本家の真髄を見ました。

演劇系の方々からドラマそのものに初出演の高木渉さんまで本当に分け隔てなく才能が発掘された作品でもありました。

個人的には秀頼役の中川大志さんに今後注目していきたいです。

終わってしまった、というより我々も含めて長い旅を終えた。

寂しいけれど安堵感のある一年、大作でした。


ありがとう真田丸。
勇気を、笑顔を。
かけがえのない時間でした。




そう、まだ最後の楽しみが残っております。

おのおの、ぬかりなく。

12/30、最後の船真田丸。
皆様お楽しみに!





コメント

シュペトレーゼの15、調教動画を公開!

2016-12-15 08:55:20 | ムーランナヴァン
2016/12/2 NF早来
----------
11月26日から屋内坂路での調教を開始しました。現在は周回コースでのキャンター1800mをベースに、週1日は屋内坂路でハロン18秒のキャンターを1本消化しています。若駒ですが、物見などせずに集中して走っています。重心を低くして沈むようなフォームからは闘争心の強さがうかがえます。背中がよく、騎乗者にも「乗りやすい」と好評です。小柄なタイプですが、ここにきて全体的にフックラとし、また筋肉の量が増えたことにより、馬体重の増加が顕著です。気性面ではまだ幼さが残っているため、テンションが上がりやすいようですが、基本的には扱いやすいタイプです。現在の馬体重は432kgです。
----------
【レポートの転載につき、サンデーサラブレッドクラブの許可を頂いております】

2週間気づきませんでした。。
レポートと動画が公開されていました。
レポートメールが来ない設定になっていた。

会員歴6年目、ツアー参加からもうすぐ10年目。
お恥ずかしい限りです。

さて、肝心の中身ですが個人的には「素晴らしい」の一言。

柔らかな身のこなしとやはり自分的には理想のサラブレッドの顔つき。意思を宿す瞳。

多分親バカの贔屓目なのだと思いますが…w
でもうつむいた顔つきがディープに似ている!











前が勝っている感じは相変わらずですが、成長に伴いトモがパンとしてきてくれたら、というかもう少しボリューミーになってくれたら。

一つだけ気になるのは何度も言っていますが距離適性がマイル前後だと思われる割に長い胴。
逆にこれでお父さんみたいに中距離まで行けるのでしょうか?

父エイシンフラッシュ、母シュペトレーゼ(母父ディープインパクト)

初物づくしでどんな馬になるのか全くわかりませんが、
ディープ産駒は買えないけどBMSディープはこれから来る!先物買いです笑

というか、久々に直感的な強い馬なんじゃないか?という閃きを感じるタイプです。

馬体重増加が顕著、といいつつもまだ430キロ台ですから440〜450キロ台でデビューしたいので一度460台まで持っていきたいと思うのですが…

ディープ産駒だからこれでいいのかな?
お母さんのシュペトレーゼは436キロでデビューし、最後の未勝利戦は450キロ台でしたが440キロが中心でした。

そのお父さんのディープインパクトはご存知の通り
454キロでのデビューでしたがダービー時点で448。その後は442キロ前後で、最後のJC→有馬記念連勝の時には436キロと非常に小柄でした。
成長しながら小さくなっていくという過程を辿ったディープなので、シュペトレーゼの15もこれでいいのかも?

お父さんのエイシンフラッシュは496キロでデビューしてダービー制覇とあの伝説の下馬敬礼天皇賞(秋)時は共に486キロでした。

本馬シュペトレーゼの15は現時点ではディープ側の血が強いのかもしれません。





↑11/24NF早来

ちなみにディープインパクトの写真をいろいろ見ていて競走馬のふるさと案内所の写真で驚くべき1枚を発見しました。


【競走馬のふるさと案内所さんの画像を転記】

仔馬の頃から調教中でも前の馬の泥が飛んで来ると真横にスライドするように飛んで、有名な調教パートナーだった伊津野貴子さんを驚かせたと書いてあります。
以前、凱旋門賞馬のトレヴにみる柔軟性という記事でも書きましたが、このクラスは時にとんでもない動きをします。

話が逸れましたが、シュペトレーゼの15も柔らかな身のこなしがどこまで伸びていくか⁈馬体重以上に気になるところ。

また、早来でどこまで潜在能力が引き出されるか、楽しみですね。

期待されながらきょうだいで唯一の未勝利に終わった母のため。
ダービー馬として記憶に残る馬だった父エイシンフラッシュの代表産駒となるため。
そして母父ディープインパクトの新たな伝説の幕開けのため。

大活躍を期待しております!!

まずは無事にデビューまでいきましょう。
早来の皆様、よろしくお願い申し上げます。


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
コメント

クリルカレント、年末に今年10戦目!

2016-12-15 08:42:44 | クリルカレント
12/9現在、大井競馬場在厩。
----------
12月29日(木)大井7R(14時15分発走予定)・冬野特別・C1(四)組・距離1200m戦への出走を予定しています。
----------
【レポートの転載につき、サンデーサラブレッドクラブの許可を頂いております】

いやあ、地方競馬って凄いなあ。
今年10戦目のC1戦に出走予定のクリルカレント。

前走の写真見てもギリギリに映るのですがまだ使うと。





今年は2月から使い出して連戦連帯。
しかし6月に初重賞の優駿スプリントを使ってからおかしくなり瀬川騎手を背に惨敗を繰り返しました。
前走は門別での勝利以来となる藤井勘一騎手を背に番手で進めて6着(8人気)。

すっかり凡走のイメージが定着してしまいましたが本来こんな馬ではないはずです。

2月から休みなく出走を続けている姿に頭も下がりますが、こんな繰り返しで結果が出るのか?と思うのは中央の感覚なのか??誰か教えてw

ともあれ、騎手も含めせっかく年末開催に使うので今度こそ久々の美酒を。

幸い(?)私は仕事で行けませんので、勝てるはずだ!笑

私の出資馬唯一の現役となってしまったクリルカレント。まだ3歳ですし、頑張って欲しいと思います。

そして次こそきちんとしたお休みがもらえるといいなあ。

応援しています!!

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
コメント

スポニチ有馬記念特集号

2016-12-15 08:09:58 | 競馬全般
2016年が始まったと思っていたらもう終わり。
歳を重ねると本当に一年があっという間です。
心理学的にこの理由って解明されてるのかな?
子供の頃に比べて同じことを毎日繰り返していくので、日々の記憶が特別なことだけになるのかも。

さて、競馬も今週と来週でラスト。
まさかの有馬記念が来週です!
この前ジャパンカップだったのに。
ていうかついこの前天皇賞だったのに!

冬になり寒くなって、クリスマスツリーが煌めき、いよいよ有馬の季節だなあと感じますが、
それよりも一番感じるのは有馬記念特集号。
(競馬ファンだけですね笑)

今年も300円か、高いな。。と思いつつ気がついたら買っていました。w習性に近いです。

新聞なので紙面を全部写すことはできませんが、
相変わらずタイトルが秀逸。



神ってる 君の名は。」?




今年のワードからサイン馬券を探してしまいますが
トランプ絡みのミッキークイーンくらいか。

あとは個人的にアウトジェネラルへの敬意を込めて
アドマイヤドン産駒2頭は買います。

今年は個人馬主の年でした。
最後もサブちゃんで決まりでいいでしょう。
エルコンドルパサーの時のように論争になるとは思いますが、モーリスとキタサンブラックが3勝ずつで年度代表馬争いという構図かな。

あとは大活躍だったサトノの里見オーナーと、シュヴァルグラン佐々木オーナー。

ということで、

【有馬記念超先取り予想】

◎キタサンブラック
◯シュヴァルグラン
▲サトノダイヤモンド
△サウンズオブアース
△ゴールドアクター
×アドマイヤデウス
×アルバート
×サトノノブレス
×ミッキークイーン
×ヤマカツエース

有馬の法則として、
・時事ネタ馬券
・中山適性
・1頭は穴が飛んでくる
法則か?笑
ただの感想みたいですが、20年有馬記念をほぼ現地観戦している感想としてレース終わった後に納得する上記の3原則。

神ってるのは8勝男ルメールか、30周年武豊か。
シュヴァルグランは福永騎手休み明けで人気落ちれば適性は高いので。

×から絞れと言われればアルバートとヤマカツエース。

最後に微笑む女神は誰に?
さて、今年は?

楽しみに!
その前に朝日杯。
◎はレッドアンシェル
◯アメリカズカップでマンカフェ1.2を期待します。
ミスエルテは強いですが人気しすぎなので▲まで。

さあ、あと2週間。
今年も最後まで競馬を楽しみましょう!

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
コメント

ハマオリ、徐々にペースアップ。

2016-12-14 22:50:44 | 【引退】ハマオリ
12/14現在、山元TC在厩。
----------
この中間から騎乗運動を再開しています。現在は週1日はトレッドミルの運動、週2日は周回コースでハッキングキャンターを1500m、週1日はフラットワークに加えて、坂路でハロン17秒のキャンターを1本、週2日はハロン16~17秒のキャンターを2本消化しています。乗り役からは「背中の感触は良い」との声があがっています。ただ、トモをはじめとして、馬体は全体的に緩さを残しています。しっかりと動けるように、調教を施していきます。現在の馬体重は459kgです。
----------
【レポートの転載につき、サンデーサラブレッドクラブの許可を頂いております】

デビューを前にゲート試験に3回失敗、現在山元で調整の続くハマオリです。

17秒のキャンター1本、16〜17秒のキャンター2本ということで徐々にですがピッチが上がって来ているようです。

背中の感触については、もともと伸びやかな筋肉にツアーの時から注目され私よりも馬体の観れる方々の絶賛の
もと出資を決めた馬です。
やはりな、という感じでしょうか。
というかあの方々は本当に凄いなあと改めて感心します。

まだまだ馬体が緩いようなので、入厩できるのは年明け、1月後半とかでしょうか?

それまでにキッチリ整え、勝ち上がりを達成してほしいものです。

私自身も現役がクリルカレント1頭ということで現在3頭になってしまった出資馬たちには一つ一つ、怪我なくしっかりと走ってもらいたいなあと願うばかり。

山元での年越しとなることが確定的なハマオリにも、来年が良い年となることを切に願っています。


↑11/18 山元TC



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
コメント

ハマオリ、騎乗訓練開始

2016-12-05 16:39:48 | 【引退】ハマオリ
11/28現在、山元TC在厩。
----------
現在はトレッドミルの運動を行っています。軽めの運動にとどめて、トモの回復を促しています。来週もしくは再来週あたりから騎乗運動を開始いたします。現在の馬体重は453kgです。
----------
【レポートの転載につき、サンデーサラブレッドクラブの許可を頂いております】

すいません、これ先週のレポートです(笑)
先日親友から「お前のブログは本当に不定期更新だなあ」と言われましたがw、すいませんそれが持ち味でして。

さて、ブランネージュに続き大将格のアウトジェネラルまで引退してしまった私には今の唯一の現役馬が南関東で奮戦しているクリルカレント。
そして期待の星がこのハマオリです。

来年デビューを控えるシュペトレーゼの15(父エイシンフラッシュ)も含め、全て牝馬というラインナップになりました。

そんな中、まさかの入厩→ゲート試験連続不合格→放牧
となってしまったハマオリ。現在は山元TCでトモの回復を待っています。

最初放牧の話が出た時にははっ?てなりました。
が、まあ万全でないデビューをしても勝ち上がれないと意味がないので今回はぐっと堪えて我慢ですね。

この放牧から再調整がハマオリをさらに成長させてくれるも願っています。
山元TCの皆さまも、大和田厩舎の皆さまにもハマオリのことよろしくお願い申し上げます。ポテンシャルのある馬だと信じています。その開花を、楽しみにしています。

強くなって、帰って来いよ〜♪

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
コメント

幸せな手紙(アウトジェネラル、引退後は教養センター訓練馬へ!)

2016-12-05 08:26:45 | 【引退】アウトジェネラル
もうレポートの欄は「引退馬」になってしまったアウトジェネラルですが、今日嬉しいお知らせが届きました。



サンデーサラブレッドクラブからのお手紙です。

これによると、アウトジェネラルの功績を讃えると共に
「引退後は、栃木県那須塩原市にある地方競馬教養センターで訓練馬となることが決まりました
」とのことでした。

そっか、やっぱり種馬にはなれなかったな。。
という寂寥の念と共に、ああ良かったこれで無事に第二の人生を送ってもらえる確証ができた。ととてもホッとした気持ちです。

アウトジェネラルはJRAでいう皐月賞のような南関東クラシックの第一弾、羽田盃(S1)を制し賞金では1億近く稼いだ馬ですが、通算31戦5勝。
古馬になってからの勝ち鞍は金盃(S2)のみとすごーく頑張ったけど一流じゃないよね⁈と言われてしまう戦績でした。(個人的には胸張って「凄え馬だったんだぞ!」って子どもたちに言ってますが(笑)

引退記事にも書きましたが、血統も砂の王道血統とはいえ
父アドマイヤドン・母アウトオブザウィム(母父カネヒキリ)というバリバリの砂血統。
まして活躍馬が父と母父以外では兄バクシンテイオー程度ですから、たとえ種牡馬になっても10〜30万円程度の種付け料になることは否めません。
そう考えると社台スタリオンどころか先日見せて頂いた各牧場にいる馬たちだって選びに選ばれた各馬だということがよくわかります。

社台スタリオンがスタンダードになっている社台系会員からすると種付け50万円とか何やねん?とか思っていた失礼な時期もあったのですが、今となっては若気の至りで恥ずかしい限りです。

話は逸れましたが、とにかく種牡馬になるというのは本当に一握り。
芦毛かすごい綺麗な栗毛金髪とかだと競馬場の誘導馬というのもありますし、デルタブルースのように海外と国内でG1獲得していればノーザンホースパークでの乗馬という道もあるのですが、南関東クラシック1つでは一般の競馬ファンも大半は知らないですしね。
(前にツアーで吉川先生に話した時にも「そうなんだ⁈すごいね、知らないけど(笑)」と言われましたw)
そうなれば知名度のない馬を養う牧場もないわけで、ひっそり話題になっている引退馬牧場とか、、でもそれも限られた馬で、正直なかなか厳しい未来も想像していました。
とにかくそんな状況の中、行方知れずになるのだけが怖かった。同期のライバルジェネラルグラントは、なんと会員さんのお一人が個人的に引き取ることになったという夢のような良い話がありましたが、私も引き取れないですしね(笑)

そして今日、この通知を頂き本当に安心しました。
那須塩原市にある地方競馬教養センターは、30万平方メートルの広大な敷地の中で地方競馬の騎手を目指す訓練生と調教師・調教師補佐・厩務員などを目指す方々の為の施設。
地方競馬騎手の多くがここから育ち、教官にも佐々木竹見・桑島孝春元騎手といった凄腕もいらっしゃる地方競馬を目指す人々の登竜門。
訓練生の一日を見ると、毎日の寝ワラの世話から実際に乗馬しての訓練や模擬レースまで若い訓練生が一生懸命馬に接する様子が伺えます。
想像ですが、こういった環境でしたら大切に扱ってもらえるでしょうし、少なくとも環境的な不満は全くないといっていいでしょう。

この話をしたところ、息子が「そうか、残念だけどアウトジェネラルに乗った中から未来のスーパースターが出るかもしれないね!」と喜んでおりました。

その言葉を聞いて不覚にも目頭が熱くなりましたが、そう、アウトジェネラルには未来がひらけたのです。本当に良かったです。

施設見学もあるそうで、牧場で募集していた時から一度も会えていなかった(競馬場に行く度に口どりできなかった)本馬に、今度こそ会えるかもしれません。

まあ訓練センターなのでわかりませんが、もし会えたら一言「ありがとうございました」と伝えたい。
期待されて生まれてきて、期待を超える活躍をして、
また未来の期待を文字通り背中に乗せていくことになるアウトジェネラルに、心からエールを送りたいです。

まさか訓練センターの方はこのブログを見ていないと思いますが(笑)、もしみていたら見学お願いします!!

本当に幸せな手紙でした。

私も今週一週間、また仕事を頑張ろうと思います。

改めて、お疲れ様でした。アウトジェネラル。
良かった、本当に良かったね。
これから未来のスーパースターを育てるべく第二の人生を那須で幸せに暮らして下さい。

本当に本当に、ありがとう。
そして、次も頑張れよ!!
コメント