FLY to the world!! 【一口馬主・地方競馬応援記】

“一口馬主ウイング・大航行日誌”
出資する社台・サンデーを中心に、馬主ライフと競馬のあれこれ。

G1サラブレッドクラブ、2020年募集馬リスト(価格無/種牡馬別・独自分類)

2020-05-09 01:55:59 | 出資検討《社台サンデー》
さて、G1です。

今年はいいぞ!ってそのセリフ聞くの何回目やー(笑)

2009年産駒に始まったG1サラブレッドクラブ。ちょうど今年は10年目になると思います。
初年度から3年目までは約20頭の募集、金融庁の関係だとかいろいろ聞きましたがそんな中からも初年度で菊花賞2着のスカイディグニティ(大栄牧場産)が活躍、翌年度の産駒で早くも重賞を制覇(コレクターアイテム・社台F産)。
一世代挟んで(この世代もメドウヒルズとかダブルコークとかシブいのがいましたが、、)4年目にあたる2012年産からアルバートドック/タンタアレグリア(共に白老産)が登場します。2013.14が黄金世代でサングレーザー/ペルシアンナイトが追分産で初の活躍、マイルCS(ペルシアンナイト)がG1初制覇でしたね。勢いのままに前世代のジュールポレール(白老産)が5歳にしてヴィクトリアマイルを制覇。

完全にここがピークでした。2017~18年で馬主ランキング6位・生産者でも追分ファームが8位になってますが、この2年(というか昨年)大失速。
2015年産にルヴァンスレーヴ(白老産)・ウラヌスチャーム(ノーザンファーム産)が出たものの、2016年産はヴァルディゼール(ノーザンファーム)くらい。2017年産は現3歳なので何とも言えませんがクロスセル(ノーザンファーム産)くらいで、28/47頭と約6割が未勝利となっています。まあ、毎年だいたい半分程度しか勝ち上がりませんし、それは社台もサンデーも変わりません。ただ、追分産が活躍できないのと、サングレーザーあたりのピーク感が凄かったので、「そろそろアタリが出るかもしれない」という期待のまま上位の馬が過剰人気する。

ましてやなぜかソトに出した馬が走るんです。フェノーメノは仕方ない。クラブ初期だったしね、でもルックトゥワイスは?ブランネージュ(社台TC)やアルメリアブルーム(サンデーTC)は…勿体ない。

2019年産は7頭が売れ残っています。小さかったり、高すぎたり。白老もノーザンもいますが、昨年募集の上位人気(40票超え)19頭は大半が白老とノーザン。みんなわかってる。でも、なぜか期待しちゃうんです。追分が好きなんです。

なんでこんなに熱く語って、しかもひどい書き方をしているのかと言えば、



今年ほしい馬が2頭いて、どっちもG1なんだよお!!!!!(涙)


泣くほどのことか、と言われればそうですが。何故、何故なんだ神様と言いたい。
追分が大好きだったんです、なぜか。追分の馬を何世代か買ったんです。一口で。
年に1頭しか買わない私が。その3年を追分の馬に費やして…未勝利だったんですよ。
もう説明すると長くなるのでヤメますが、本当にどうしていいかわかりません。

今年の募集馬ね。。
1頭はとある牧場のTwitterで見てビビっと来てしまった馬。初めての経験でした。一目惚れ、てやつです。
もう1頭は去年から必ず検討しようと考えていた馬。まだ見てもいませんが、第一候補枠にはいっています。

それが両方G1なんです。

もちろんまだカタログも価格リストも出てませんが、2頭ともG1で出て来るとは。片っぽはせめてサンデーだろ。
父が社台・母がサンデー、ともに白老産で早来で育成しててG1で募集ってヒドくない!?まああるパターンだとは思いますが。。

ということで今年は昨年以上に厳しく冷徹に見ていきたいと思います。好きなんです、追分が。だから盲目になっちゃうんです。
走らない(可能性が高い)ことはよくわかってるんです、だからこうやって濃く濃く書いて自分を冷静にしているんです。そうしないと買っちゃうからです。

あー書いた。

すみません、ご関係者の方には平謝りします。でも、本当に今年は悩んでおります。ということでリスト分析に行きましょう。
この時点で書き始めて1時間。言葉を選び、過去の資料をほじくり返し、追分をもっと好きになってます。だってもどかしいんだよ!もう!

さ、いきましょう。(キリッ)

なんと3クラブで唯一、G1だけが牡馬多数。ほぼ同数ですが、他クラブに比べてここだけ男女雇用機会均等法が活かされています。
しかし、社台/サンデーの約半数強(63%)しかいないラインナップにも関わらず種牡馬にかなりの偏りが・・・ああ。追分っぽい。

フェノーメノは今年も1頭、昨年リストからはマクフィ・リアルインパクト・ドリームジャーニーが落選。
サンデー出身で今年クラブで産駒のヴェルトライゼンデが活躍したのに、まさかの社台募集のみのドリジャ。
今年のリストも各クラブ突っ込みどころ満載だ。

主要種牡馬(産駒5頭以上):10頭<構成比17%>ハーツクライ(5)・ドレフォン(5)★
その他種牡馬(産駒4頭まで):47頭<構成比53%>ディープ(3)・キンカメ(2)・カナロア(3)・モーリス(4)・ドゥラメンテ(3)・ダイワメジャー(2)・ハービンジャー(3)・エピファネイア(3)・シルバーステート(3)★・イスラボニータ(2)★・キタサンブラック(2)★・オルフェ(2)・ルーラー(1)・キズナ(1)・ジャスタウェイ(1)ヘニーヒューズ(1)・ミッキーアイル(1)・フェノーメノ(1)・サトノアラジン(1)★・ブラックタイド(1)・スクリーンヒーロー(1)・エイシンフラッシュ(1)・Mウォリアー(1)・Dutch Art/Pioneerof the Nile(各1)

G1サラブレッドクラブ  計57頭(牡29.メス28)★=新種牡馬
G1(関東) 計28頭(牡14.メス14) 
ディープインパクト1頭(牡1)
キングカメハメハ1頭(牡1)
ロードカナロア1頭(メス1)
ハーツクライ3頭(牡1.メス2)
ドゥラメンテ2頭(牡1.メス1)
ルーラーシップ1頭(牡1)
ハービンジャー1頭(メス1)
キズナ1頭(牡1)
エピファネイア2頭(牡1.メス1)
ジャスタウェイ2頭(牡1.メス1)
モーリス2頭(牡2)
キタサンブラック1頭(メス1)★
ドレフォン2頭(牡1.メス1)★
イスラボニータ2頭(牡1.メス1)★
サトノアラジン1頭(メス1)★
シルバーステート1頭(メス1)★
エイシンフラッシュ1頭(牡1)
フェノーメノ1頭(メス1)
ヘニーヒューズ1頭(メス1)
Dutch Art1頭(牡1)

G1(関西) 計29頭(牡15.メス14) 
ディープインパクト2頭(牡1.メス1)
キングカメハメハ1頭(牡1)
ロードカナロア2頭(牡2)
ハーツクライ2頭(牡1.メス1)
ドゥラメンテ1頭(メス1)
ダイワメジャー2頭(牡1.メス1)
ハービンジャー2頭(牡1.メス1)
エピファネイア1頭(メス1)
ジャスタウェイ1頭(メス1)
モーリス2頭(牡1.メス1)
キタサンブラック1頭(メス1)★
オルフェーヴル2頭(牡2)
ドレフォン3頭(牡1.メス2)★
ミッキーアイル1頭(牡1)
スクリーンヒーロー1頭(メス1)
ブラックタイド1頭(メス1)
シルバーステート2頭(牡1.メス1)★
マジェスティックウォリアー1頭(牡1)
Pioneerof the Nile1頭(牡1)



【G1(関東)】
1 タイムトラベリングの19/ディープインパクト (ブライアンズタイム) 牡 04/30 半兄タイムフライヤーはホープフルS(G1)勝ち。
2 エクセラントカーヴの19/キングカメハメハ (ダイワメジャー) 牡 05/03 母は京成杯AH(G3)勝ち含む6勝。近親コレクターアイテム。
3 フォーエバーモアの19/ロードカナロア (ネオユニヴァース) メス 04/03 母はクイーンC(G3)勝ち含む4勝。近親ジャスタウェイ。
4 ペイトンドーロの19/ハーツクライ (Medaglia d'Oro) 牡 02/19 母はG2勝ちやリステッド3勝含む北米6勝。
5 エレインの19/ハーツクライ (キングカメハメハ) メス 03/03 母の半兄サダムパテック・半妹ジュールポレールはともにG1勝ち。
6 イッツオンリーアクティングダッドの19/ハーツクライ (Giant's Causeway) メス 03/22 母はマッチメイカーS(G3)勝ち含む北米4勝、ほかG1で2着。
7 メーデイアの19/ドゥラメンテ (キングヘイロー) 牡 03/25 母はJBCレディスクラシック(JPN1)勝ち含む10勝。
8 バレエブランの19/ドゥラメンテ (ダンスインザダーク) メス 03/04 母の兄弟ゴールドアリュール・ゴールスキー。近親ペルシアンナイト
9 パララサルーの19/ルーラーシップ (ディープインパクト) 牡 02/01 母は紫苑S・アネモネS勝ち含む4勝。母の半弟タンタアレグリア。
10 クィーンチャームの19/ハービンジャー (キングカメハメハ) メス 04/16 母の半弟ペルシアンナイト。近親ゴールドアリュール・ゴールスキー。
11 アニマトゥールの19/キズナ (ホワイトマズル) 牡 02/11 近親ベガ・アドマイヤベガ・アドマイヤドン・ハープスター。
12 サンソヴールの19/エピファネイア (キングカメハメハ) 牡 04/17 母は園田で3連勝し、その後に中央で3勝、愛知杯(G3)では2着。
13 スペルバインドの19/エピファネイア (ゴールドアリュール) メス 04/10 母の半兄シックスセンスは皐月賞でディープインパクトの2着。
14 ビートリックスキッドの19/ジャスタウェイ (Victory Note) 牡 04/05 半姉サトノガーネットは中日新聞杯(G3)勝ち含む5勝。
15 クリッパールートの19/ジャスタウェイ (シンボリクリスエス) メス 03/24 母は3勝。近親フサイチアソート・アイアンルック。
16 アナンジュパスの19/モーリス (ディープインパクト) 牡 02/07 祖母エンゼルカロは函館3歳S勝ちを含む中央2勝・公営2勝。
17 ガーネットチャームの19/モーリス (ファルブラヴ) 牡 05/11 母の半弟ペルシアンナイト。近親ゴールドアリュール・ゴールスキー。
18 ユードントラヴミーの19/キタサンブラック (Teofilo) メス 02/19 近親にオージールールズ・アルボラーダ・イエスタデイらG1馬多数。
19 オネストリーダーリンの19/ドレフォン (Kingmambo) 牡 03/16 半姉ディアマイダーリンはクイーン賞勝ちで、芝のG2でも2着。
20 スリールドランジュの19/ドレフォン (ゼンノロブロイ) メス 04/08 近親オレハマッテルゼは高松宮記念勝ち含む9勝で種牡馬入り。
21 クリアンサスの19/イスラボニータ (Redoute's Choice) 牡 01/28 母はマーガレットS(L)勝ち。祖母フラワーパークは最優秀短距離馬
22 アラッザの19/イスラボニータ (Areion) メス 02/22 母はL勝ち含む独2勝。近親アドラーフルークは独ダービーなど独4勝
23 アコースティクスの19/サトノアラジン (Cape Cross) メス 03/08 半兄ロジユニヴァースはダービー勝ち含む5勝で最優秀3歳牡馬。
24 ブランネージュの19/シルバーステート (シンボリクリスエス) メス 01/26 母は秋華賞4着・オークス5着。近親ハットトリックは最優秀短距離馬
25 ミラグロッサの19/エイシンフラッシュ (フジキセキ) 牡 03/26 母の全兄ドリームパスポートは重賞2勝、G1・JPN1を2着3回。
26 ヌチバナの19/フェノーメノ (キングカメハメハ) メス 03/12 母の半弟ソロルはマーチS(G3)勝ち含む平地7勝、障害2勝。
27 スマイリングムーンの19/ヘニーヒューズ (フジキセキ) メス 02/02 母は4勝。近親スウィンギンスウェイはG3勝ち含む北米14勝。
28 シーティスの19/Dutch Art (Invincible Spirit) 牡 02/06 近親コンデュイットはG1を4勝で米芝牡馬チャンピオン。

【G1(関西)】
29 ストライキングアイの19/ディープインパクト (Smart Strike) 牡 03/06 祖母は北米G1ウィナー。母の半弟アルバートドックは重賞2勝。
30 パーソナルダイアリーの19/ディープインパクト (City Zip) メス 05/08 母はデルマーオークス(G1)制覇のほか芝12Fでレコード勝ちなど
31 レッドサンの19/キングカメハメハ (Monsun) 牡 02/24 母の全弟ヴァダモスはムーランドロンシャン賞(G1)勝ち含む仏7勝
32 ビキニスタイルの19/ロードカナロア (ディープインパクト) 牡 04/22 近親タガノトネール・ヘッドライナーは、ともに重賞含む8勝の活躍。
33 マンハッタンフィズの19/ロードカナロア (サンデーサイレンス) 牡 06/03 兄姉にクレスコグランド・アプリコットフィズ・ダービーフィズ。
34 スキャットレディビーダンシングの19/ハーツクライ (Scat Daddy) 牡 04/06 近親キャッツキャリア・ノーネイネヴァーは種牡馬。
35 エスユーエフシーの19/ハーツクライ (Alzao) メス 03/03 半兄ルックトゥワイスは目黒記念(G2)をレコード勝ち含む6勝。
36 サンタエヴィータの19/ドゥラメンテ (Smart Strike) メス 03/01 母は3勝。祖母はラブレアS(G1)勝ち含む北米6勝。
37 シーフロントの19/ダイワメジャー (Le Havre) 牡 03/07 母はリステッド勝ち含む仏5勝。近親ゴービトウィーン。
38 トップライナーⅡの19/ダイワメジャー (サンダーガルチ) メス 02/22 半姉スタービリングはメイトリアークS(G1)勝ちなど北米3勝。
39 コードネームの19/ハービンジャー (サンデーサイレンス) 牡 05/25 全兄マスターコードは特別勝ち含む3勝。母の全弟ハットトリック。
40 マラムデールの19/ハービンジャー (フレンチデピュティ) メス 03/25 母は紅梅S2着、愛知杯(G3)4着。祖母フサイチエアデール。
41 リープオブフェイスの19/エピファネイア (クロフネ) メス 04/11 近親ゴールドアリュール・ゴールスキー・ペルシアンナイト。
42 トップモーションの19/ジャスタウェイ (シンボリクリスエス) メス 04/04 祖母はG3勝ち。母の半兄アドマイヤメインはダービー2着。
43 シーリーコートの19/モーリス (Distorted Humor) 牡 03/27 半兄イーデンホールは特別勝ち含む5勝、ヒヤシンスS(L)2着。
44 ウミラージの19/モーリス (Monsun) メス 03/02 半兄ウムブルフは4勝、半兄ヴォルケンクラッツは中央3勝・地方7勝
45 ヴェイルドクリスの19/キタサンブラック (シンボリクリスエス) メス 04/21 祖母ビハインドザマスクはスワンS(G2)など重賞3勝含む10勝。
46 エヴィータアルゼンティーナの19/オルフェーヴル (Candy Ride) 牡 02/25 母はラブレアS(G1)勝ち含む北米6勝。半兄ラレータ。
47 サザンフェアリーの19/オルフェーヴル (サザンヘイロー) 牡 03/14 半兄ダノンフェアリーは特別勝ち含む4勝。近親マイネルスケルツィ。
48 ヨナグッチの19/ドレフォン (Yonaguska) 牡 03/16 母はリステッド勝ち含む北米2勝、スピナウェイS(G1)3着。
49 カラフルデイズの19/ドレフォン (フジキセキ) メス 02/12 母は関東オークス勝ち。近親に種牡馬エキサイティングストーリー。
50 イチオクノホシの19/ドレフォン (ゼンノロブロイ) メス 03/13 母は阪神牝馬S(G2)・クイーンC(G3)2着、阪神JF4着。
51 ミゼリコルデの19/ミッキーアイル (ファスリエフ) 牡 05/12 半兄サトノエルドールは特別勝ち含む3勝。近親アルカセット。
52 アスペンアベニューの19/スクリーンヒーロー (トワイニング) メス 03/28 半兄エルリストンは3勝。近親レジネッタは桜花賞勝ちを含む4勝。
53 チェリーフォレストの19/ブラックタイド (サクラバクシンオー) メス 03/20 半兄ショウナンタイガは特別勝ち3勝、ファルコンS(G3)4着。
54 ビバリーヒルズの19/シルバーステート (スニッツェル) 牡 03/24 母の半兄カンパニーは天皇賞(秋)・マイルCS勝ち含む12勝。
55 メリオーラの19/シルバーステート (Starspangledbanner) メス 04/21 母は仏リステッドを2勝。近親オネビアンは仏重賞ウィナーで種牡馬。
56 ピュリティゴールドの19/マジェスティックウォリアー (ゴールドアリュール) 牡 02/10 母の半兄ハットトリックはマイルCS・香港マイル含む7勝。
57 ラナモンの19/Pioneerof the Nile (Sky Mesa) 牡 04/28 母はG2勝ち含む北米3勝。祖母は加3歳牝馬チャンピオン。
--------------------

いやあ、寄ってるね!ドレフォンに寄ってるね!
シルバーステートはわかります。クラブの馬で、1億円募集、幻の最強馬。福永騎手の「過去乗った馬で最強」発言、実際ディープ系でもトップクラスの種付頭数だし、その割に安いし。
ドレフォンも昨年のセレクトセールで2.5億円(アドマイヤセプター)というとんでもない価格が出ましたよね。いろいろ期待はあると思います。それにしても、極端だな。費用の問題もあるのかなあ。

ちょっと頭数も少ないため条件を変えてみます。

主要種牡馬(産駒3頭以上):32頭<構成比56%>ハーツクライ(5)・ドレフォン(5)★・モーリス(4)・ディープ(3)・カナロア(3)・ドゥラメンテ(3)・ハービンジャー(3)・エピファネイア(3)・シルバーステート(3)★
その他種牡馬(産駒4頭まで):25頭<構成比44%>キンカメ(2)・ダイワメジャー(2)・イスラボニータ(2)★・キタサンブラック(2)★・オルフェ(2)・ルーラー(1)・キズナ(1)・ジャスタウェイ(1)ヘニーヒューズ(1)・ミッキーアイル(1)・フェノーメノ(1)・サトノアラジン(1)★・ブラックタイド(1)・スクリーンヒーロー(1)・エイシンフラッシュ(1)・Mウォリアー(1)・Dutch Art/Pioneerof the Nile(各1)

逆に他のクラブにいないエイシンフラッシュ・フェノーメノが欲しければ自動的にG1TC一択です。

それでも社台/サンデーに似てきたのかな。。いやあ、構成比が違う。なんだろうこの勝負感、大外れか大当たりか。G1らしいぜー今年も。
捉えどころのないラインナップですが魅力がたっぷり。今年も特別入会だ。

あー、これで3クラブ分纏めましたが、

・社台  :我が道を行く、伝統のクラブ
・サンデー:勢いのままに、正統派かつ高額の巣窟。ビジネスライクなエース候補たち。
・G1   :勝負勝負!泥臭く、土臭くって感じ。

特徴出てるなあ、本当に(笑)

来週価格発表ですね。

楽しみに待ちましょう!

あー、G1どうしよう。(まだ言ってるww)
コメント

サンデーTC、2020年募集馬リスト(価格無/種牡馬別・独自分類)

2020-05-08 18:20:38 | 出資検討《社台サンデー》
さてさて。大本命のサンデーです。

このリストの中からまたG1ホースが出るんだろうなあ。
ていうか、今年のカナロアえぐすぎる。。質が高いとは聞いていたが。いくらになるやら。

サンデーは牡牝でややバランス。それでもメスが牡の1.2倍、仔馬の世界もオンナの子の時代ですね。
ディープ(9)・キンカメ(5)・ハーツクライ(5)に対して、カナロア(12)という「ノーザンらしい」偏り方をしています。
ダイワメジャー(3)・ハービンジャー(4)と社台よりどちらも少なめな分、クラブ出身のオルフェ(3)・ルーラー(3)。
サンデーはモーリス(7)とチカラが入りますが、クラブ出身ではドゥラメンテ(5)と社台より少なく、ついにドリジャがリストから洩れました。
新種牡馬ではドレフォン(4)と社台の1頭とは対照的な分、キタサンブラック(2)・イスラ(2)、シルバーステートとサトノアラジンは1頭ですがサンデーのみ。

主要種牡馬(産駒5頭以上):43頭<構成比47%>ディープ(9)・キンカメ(5)・カナロア(12)・ハーツクライ(5)・モーリス(7)・ドゥラメンテ(5)
その他種牡馬(産駒4頭まで):47頭<構成比53%>ダイワメジャー(3)・ハービンジャー(4)・ドレフォン(4)★・イスラボニータ(2)★・キズナ(1)・キンシャサ(3)・エピファネイア(3)・ジャスタウェイ(3)・キタサンブラック(2)★・オルフェ(3)・リオンディーズ(2)・ルーラー(3)・ヘニーヒューズ(1)・ミッキーアイル(1)・アジアエクスプレス(1)・サトノアラジン(1)★・シルバーステート(1)★・ノヴェリスト(1)・ブラックタイド(1)・Arrogate/Medaglia d'Oro/Dark Angel/American Pharoah(各1)

サンデーサラブレッドクラブ  計90頭(牡40.メス50)★=新種牡馬
サンデー(関東) 計45頭(牡17.メス28) 
ディープインパクト5頭(牡1.メス4)
ロードカナロア7頭(牡2.メス5)
ハーツクライ2頭(牡1.メス1)
ルーラーシップ1頭(牡1)
ダイワメジャー2頭(牡1.メス1)
ハービンジャー2頭(牡1.メス1)
エピファネイア1頭(メス1)
ドゥラメンテ3頭(牡1.メス2)
モーリス4頭(牡1.メス3)
ジャスタウェイ1頭(牡1)
キンシャサノキセキ1頭(メス1)
クロフネ2頭(メス2)
ドレフォン2頭(牡2)★
イスラボニータ2頭(牡1.メス1)★
シルバーステート1頭(牡1)★
ヘニーヒューズ1頭(メス1)
ミッキーアイル1頭(メス1)
リオンディーズ1頭(牡1)
アジアエクスプレス1頭(メス1)
キングカメハメハ3頭(牡1.メス2)
Arrogate1頭(牡1)
Medaglia d'Oro1頭(メス1)

サンデー(関西) 計45頭(牡23.メス22) 
ディープインパクト4頭(牡2.メス2)
ロードカナロア5頭(牡2.メス3)
ハーツクライ3頭(牡2.メス1)
ルーラーシップ2頭(メス2)
ダイワメジャー1頭(牡1)
オルフェーヴル3頭(牡1.メス2)
ハービンジャー2頭(牡1.メス1)
エピファネイア2頭(牡1.メス1)
キズナ1頭(牡1)
ドゥラメンテ2頭(牡1.メス1)
モーリス3頭(牡2.メス1)
ジャスタウェイ2頭(メス2)
キンシャサノキセキ2頭(牡2)
リアルインパクト1頭(牡1)
ノヴェリスト1頭(メス1)
キタサンブラック2頭(牡1.メス1)★
ドレフォン2頭(牡1.メス1)★
サトノアラジン1頭(メス1)★
ブラックタイド1頭(牡1)
リオンディーズ1頭(牡1)
キングカメハメハ2頭(牡1.メス1)
Dark Angel1頭(牡1)
American Pharoah1頭(メス1)


【サンデー(関東)】
101 コンドコマンドの19/ディープインパクト (Tiz Wonderful) 牡 02/20 全兄アルジャンナは毎日杯2着
102 エクセレンスⅡの19/ディープインパクト (Champs Elysees) 牡 03/13 半姉エクセランフィーユは3勝
103 サファリミスの19/ディープインパクト (Not For Sale) メス 03/24 母は亜G1勝ち
104 シユーマの19/ディープインパクト (Medicean) メス 05/09 全兄ブレステイキングはOP馬
105 ポルトフィーノの19/ロードカナロア (クロフネ) 牡 01/23 半兄ポルトドートウィユは京都新聞杯G2-2着
106 タッチングスピーチの19/ロードカナロア (ディープインパクト) 牡 03/02 初仔、母はローズS勝ち
107 ラルケットの19/ロードカナロア (ファルブラヴ) メス 01/26 全兄ステルヴィオはマイルCS勝ち
108 メジャーエンブレムの19/ロードカナロア (ダイワメジャー) メス 02/01 2番仔、母は最優秀2歳牝馬
109 ブエナビスタの19/ロードカナロア (スペシャルウィーク) メス 02/22 母は年度代表馬
110 カービングパスの19/ロードカナロア (ハービンジャー) メス 03/03 初仔、母は3勝
111 マジックタイムの19/ロードカナロア (ハーツクライ) メス 04/07 2番仔、母はダービー卿CT勝ち
112 アナアメリカーナの19/ハーツクライ (American Post) 牡 04/06 半兄メイソンジュニアはオープン馬
113 スーヴェニアギフトの19/ハーツクライ (Souvenir Copy) メス 05/07 半姉デアレガーロは京都牝馬S勝ち
114 ピュアチャプレットの19/ルーラーシップ (クロフネ) 牡 04/03 全姉リリーノーブルはオークス2着
115 キャッチータイトルの19/ダイワメジャー (オペラハウス) 牡 01/23 全姉メジャーエンブレムは最優秀2歳牝馬
116 ムーングロウの19/ダイワメジャー (Nayef) メス 04/07 近親に種牡馬メディチアン
117 レネットグルーヴの19/ハービンジャー (キングカメハメハ) 牡 02/10 母は特別勝ち含む3勝
118 シュプリームギフトの19/ハービンジャー (ディープインパクト) メス 04/25 母はUHB勝ち含む5勝
119 ローズシュクレの19/エピファネイア (スマートファルコン) メス 04/05 初仔、母は1勝
120 トゥリフォーの19/ドゥラメンテ (Frankel) 牡 01/15 初仔、母は仏G3オマール賞勝ち
121 ルミナスパレードの19/ドゥラメンテ (シンボリクリスエス) 牡 03/18 2番仔、母は4勝
122 アイムユアーズの19/ドゥラメンテ (ファルブラヴ) メス 01/28 母は重賞4勝
123 アートプリンセスの19/ドゥラメンテ (Officer) メス 04/24 半兄タップザットはUAEダービー5着
124 ローザボニータの19/モーリス (ディープインパクト) 牡 04/22 半兄ミッキーボニータは2勝
125 フーラブライドの19/モーリス (ゴールドアリュール) メス 02/07 母は重賞2勝含む6勝
126 アイスフォーリスの19/モーリス (ステイゴールド) メス 03/09 半兄カイザースクルーン、エルセンブルグともに1勝
127 バンゴールの19/モーリス (キングカメハメハ) メス 03/21 初仔、母は5勝
128 フレンチバレリーナの19/ジャスタウェイ (フレンチデピュティ) 牡 03/16 母の産駒は活躍馬多数
129 シャンデリアハウスの19/キンシャサノキセキ (ヴァーミリアン) メス 03/06 初仔、母は4勝
130 リトルアマポーラの19/クロフネ (アグネスタキオン) メス 01/19 半兄エジステンツァは平地で4勝
131 エイグレットの19/クロフネ (サンデーサイレンス) メス 02/08 母の産駒は活躍馬多数
132 アロマティコの19/ドレフォン (キングカメハメハ) 牡 02/25 半姉コパカティは2勝、母は巴賞勝ち
133 メルヴェイユドールの19/ドレフォン (フジキセキ) 牡 03/27 半兄マーヴェルズは1勝
134 ストゥデンテッサの19/イスラボニータ (High Yield) 牡 03/08 半姉アドマイヤピンクは2勝
135 アイヴォリーカラーの19/イスラボニータ (クロフネ) メス 03/22 半姉カラフルデイズは関東オークス勝ち
136 コンカランの19/シルバーステート (ジャングルポケット) 牡 04/27 半兄リュクスポケットは2勝
137 ローズマンブリッジの19/ヘニーヒューズ (ディープインパクト) メス 03/11 2番仔、母は2勝
138 ラックビーアレディトゥナイトの19/ミッキーアイル (Mr. Greeley) メス 04/15 近親メイビーは全欧2歳牝馬チャンピオン
139 インダクティの19/リオンディーズ (ハーツクライ) 牡 04/23 半兄ケイデンスコールはNHKマイルC2着
140 ブルークランズの19/アジアエクスプレス (ルーラーシップ) メス 04/25 初仔、母は3勝
141 モルガナイトの19/キングカメハメハ (アグネスデジタル) 牡 01/15 半兄ブラックスピネルは東京新聞杯勝ち
142 レーヴデトワールの19/キングカメハメハ (ゼンノロブロイ) メス 03/31 2番仔、母は紫苑S勝ち
143 ミスエーニョの19/キングカメハメハ (Pulpit) メス 04/09 半姉ミスエルテはファンタジーS勝ち
144 プレシャライジングの19/Arrogate (Henrythenavigator) 牡 04/20 近親ゼニヤッタは米年度代表馬
145 ティファニーズオナーの19/Medaglia d'Oro (Street Cry) メス 04/21 近親に種牡馬カジノドライヴ

【サンデー(関西)】
146 ラヴズオンリーミーの19/ディープインパクト (Storm Cat) 牡 02/14 母はリアルスティールとラヴズオンリーユー2頭のG1馬を輩出
147 トータルヒートの19/ディープインパクト (Street Cry) 牡 03/04 2番仔。母はJ特別勝ち含む5勝
148 カヴァートラブの19/ディープインパクト (Azamour) メス 02/21 2番仔。母は愛オークス、オペラ賞勝ち
149 ステファニーズキトゥンの19/ディープインパクト (Kitten's Joy) メス 02/24 母はBCジュヴェナイルフィリーズターフを含む米G1を5勝
150 リビアーモの19/ロードカナロア (アドマイヤベガ) 牡 02/25 母はオーロCなど6勝。サクラバクシンオーの母系
151 マネーキャントバイミーラヴの19/ロードカナロア (Pivotal) 牡 04/04 半兄ミッキーロケットは宝塚記念勝ち
152 パストフォリアの19/ロードカナロア (シンボリクリスエス) メス 01/26 母は特別勝ち含む4勝、近親のコディーノは朝日杯2着、皐月賞3着
153 マンデラの19/ロードカナロア (Acatenango) メス 02/27 半兄ワールドプレミアは菊花賞勝ち、半兄ワールドエースは種牡馬
154 ジェンティルドンナの19/ロードカナロア (ディープインパクト) メス 05/10 母はJRA顕彰馬、牝馬三冠を含むG1を7勝
155 ベルスリーブの19/ハーツクライ (シンボリクリスエス) 牡 03/29 半兄ベルラップは京都2歳Sを含む3勝
156 ドバイマジェスティの19/ハーツクライ (Essence of Dubai) 牡 04/02 半兄アルアインは皐月賞と大阪杯に勝って種牡馬入り
157 リリウムの19/ハーツクライ (クロフネ) メス 02/07 半姉アイスフォーリスは3勝、半兄バレリオは4勝
158 アンブロワーズの19/ルーラーシップ (フレンチデピュティ) メス 03/27 半兄テオドールは特別勝ち含む5勝
159 タンザナイトの19/ルーラーシップ (サンデーサイレンス) メス 05/03 全兄ダンビュライトはアメリカJCC、京都記念を含む4勝
160 フラーテイシャスミスの19/ダイワメジャー (Mr. Greeley) 牡 05/07 半兄ベストウォーリアはマイルCS南部杯、プロキオンSともに連覇
161 スウィートハースの19/オルフェーヴル (Touch Gold) 牡 02/15 母の姉は北米G1馬。半姉ラテュロスはアルテミスS、ローズSで3着
162 アイルビーバウンドの19/オルフェーヴル (タニノギムレット) 牡 03/15 半兄パフォーマプロミスは天皇賞(春)3着、G2を2勝
163 ライラックスアンドレースの19/オルフェーヴル (Flower Alley) メス 04/06 全姉ラッキーライラックは大阪杯、エリザベス女王杯勝ち
164 ディオジェーヌの19/ハービンジャー (ディープインパクト) 牡 04/05 3番仔。母は芝中距離で3勝
165 キャットコインの19/ハービンジャー (ステイゴールド) メス 03/13 2番仔。母はクイーンC勝ち
166 アメジストリングの19/エピファネイア (フジキセキ) 牡 03/08 母は4勝でクイーンS3着、半姉ウラヌスチャームは中山牝馬S2着
167 サングレアルの19/エピファネイア (ゼンノロブロイ) メス 04/26 3番仔。母はフローラS勝ち、近親にブエナビスタ
168 ヴィンテージドールの19/キズナ (ホワイトマズル) 牡 05/04 2番仔。母は3勝、近親に京都2歳S勝ちのクラージュゲリエ
169 エピックラヴの19/ドゥラメンテ (Dansili) 牡 01/23 半兄ミッキーブリランテはシンザン記念3着
170 ベルアリュールⅡの19/ドゥラメンテ (Numerous) メス 02/06 半姉アドマイヤリードはヴィクトリマイル勝ち
171 サブトゥエンティの19/モーリス (キングカメハメハ) 牡 02/16 2番仔。祖母はクイーンC勝ちのライラプス
172 カデナダムールの19/モーリス (ディープインパクト) 牡 03/12 初仔。近親リアルスティール、ラヴズオンリーユー
173 エルゴレアの19/モーリス (ゼンノロブロイ) メス 02/23 2番仔。近親ネオウィズダムは特別勝ち含む5勝
174 バラダセールの19/ジャスタウェイ (Not For Sale) メス 02/08 半兄サトノフラッグはディープインパクト記念勝ち
175 アルーリングライフの19/ジャスタウェイ (フレンチデピュティ) メス 02/26 母は4勝。近親アルーリングボイスはファンタジーS、小倉2歳S勝ち
176 クラーベセクレタの19/キンシャサノキセキ (ワイルドラッシュ) 牡 02/10 母はNAR3歳最優秀牝馬
177 サンタフェチーフの19/キンシャサノキセキ (Wiesenpfad) 牡 02/22 近親のサリオスは朝日杯フューチュリティS勝ち、皐月賞2着
178 マトリョーシカの19/リアルインパクト (クロフネ) 牡 03/09 2番仔。母は3勝、祖母アイスドールは6勝
179 ローズバドの19/ノヴェリスト (サンデーサイレンス) メス 04/08 半兄ローズキングダムはジャパンC勝ち
180 コナブリュワーズの19/キタサンブラック (キングカメハメハ) 牡 03/04 母は特別勝ち含む4勝。近親テオドール5勝、ロシュフォール4勝
181 アメリの19/キタサンブラック (Distorted Humor) メス 03/08 3番仔。祖母は米年度代表馬アゼリ。半兄プライムフェイズは3戦2勝
182 インナーアージの19/ドレフォン (ディープインパクト) 牡 03/03 母は4勝。近親にJRA最優秀3歳牝馬のミッキークイーン
183 スマイルシャワーの19/ドレフォン (シンボリクリスエス) メス 04/11 2番仔。母は3勝、近親フルーキーはチャレンジCを含む7勝
184 シーディドアラバイの19/サトノアラジン (ジャングルポケット) メス 05/05 近親ロッカフラベイビーは4勝。サクラバクシンオーの母系
185 ピクシーホロウの19/ブラックタイド (キングヘイロー) 牡 05/15 母はJRA3勝。近親に阪神牝馬S勝ちのクイーンズバーン
186 クレアドールの19/リオンディーズ (ハーツクライ) 牡 03/10 2番仔。近親スリープレスナイトはスプリンターズSを含む9勝
187 アナスタシアブルーの19/キングカメハメハ (ファルブラヴ) 牡 04/12 祖母ライラプスはクイーンC勝ち
188 ローザブランカの19/キングカメハメハ (クロフネ) メス 01/18 半姉ロサグラウカ4勝。近親ローズキングダムはジャパンC勝ち
189 外)マッドアバウトユーの19/Dark Angel (Indian Ridge) 牡 03/29 母は愛1000ギニー2着
190 外)シャンパンルームの19/American Pharoah (Broken Vow) メス 02/24 初仔。母はBCジュヴェナイルフィリーズ勝ち
--------

東西でもかなり偏りが。関東にはキタサンブラック0・オルフェ0、逆にカナロア7.モーリス4、ビジネスライクです。
壮大なヒッカケの可能性があるとわかっていてもゼニヤッタの近親で父アロゲートとか買っちゃうよね~。

関西は満遍なく、って感じですがこのラインナップに割って入ってきたブラックタイドって…この母、去年はシルク募集ですよね。サンデー募集の初仔ヴィディアがこの前勝ちましたけど。謎です。
キズナも関西1頭のみ、母オーナーの馬、初仔で…いやあこれも意味深。

あと、細かいですけどキンカメがリストの最後になってるのも気になります。読み解いていくといろいろ今年は掲示板が深読み合戦になりそうな(笑)

初見の印象は、「価格差の大きいラインナップになりそう」です。40万くらいもある程度いそうだけど、100万オーバー連発しそう。特にカナロア、牝馬で150万とかありそうです。。※昨年カナロアの最高額は125万(ポルトフィーノ)
コロナのさなか、みんな買えるのかな?いやー買えるな、みんなこの趣味が大好きな人ばっかだからw

社台・サンデー通じてクロフネも関東で2頭のみ。これも気になるなあ。

現時点でまさかのサンデー2019年募集は残り2口。昨年も熾烈な争奪戦が展開されただけに今年も人気・不人気ハッキリしそうです。
そうか、昨年は社台がフェノーメノ・サンデーはディープブリランテ産駒が最上位の人気だったんですね。

今年、どっちもいない。。

苛烈なるかな、種牡馬の世界。

それでも、この中に必ず活躍馬がいるわけで、今年も目を皿のようにしてこの90頭を見なければなりません!
コメント

社台TC、2020年募集馬リスト(価格無/種牡馬別・独自分類)

2020-05-08 18:15:06 | 出資検討《社台サンデー》
さあ、始まりましたね!お祭りです(笑)

社台・サンデー・G1各クラブからいよいよ2020年募集(価格無)が掲載されました。
個人のまとめ・分析として掲載しておきます。
 
まずは社台。メスが牡の1.4倍という牝馬に偏ったラインナップになりました。
ディープ(9)・キンカメ(8)・カナロア(6)・ハーツクライ(5)という4大巨頭と共に、新種牡馬ではクラブ出身のイスラボニータが5頭と注目されていますね。
安定のダイワメジャー(6)・また盛り返してきた感のあるハービンジャー(6)の2頭も。新種牡馬ではキタサンブラック(2)・ドレフォン(1)と少なめ。
昨年のモーリス・ドゥラメンテ旋風に比べると寂しいかな。ドゥラメンテは今年も6頭。

主要種牡馬(産駒5頭以上):45頭<構成比50%>ディープ(9)・キンカメ(8)・カナロア(6)・ハーツクライ(5)・ダイワメジャー(6)・ハービンジャー(6)・イスラボニータ(5)★
その他種牡馬(産駒4頭まで):45頭<構成比50%>キズナ(2)・エピファネイア(3)・ジャスタウェイ(4)・モーリス(3)・キタサンブラック(2)★・オルフェ(2)・トーセンラー(2)・グランデッツァ(2)・スクリーンヒーロー(2)・ローエングリン(2)・ルーラー(1)・ヘニーヒューズ(1)・Mウォリアー(1)・キンシャサ(1)・ノヴェリスト(1)・ドリジャ(1)・Nathaniel/Postponed/Frankel/Golden Horn/Dark Angel/Gun Runner/Carpe Diem(各1)


---------
社台サラブレッドクラブ  計90頭(牡37.メス53)★=新種牡馬
社台(関東) 計40頭(牡17.メス23) 
ディープ5頭(牡1.メス4)
キンカメ3頭(牡1.メス2)
カナロア2頭(牡1.メス1)
ハーツクライ2頭(牡1.メス2)
ハービンジャー4頭(牡2.メス2)
ダイワメジャー2頭(牡1.メス1)
ドゥラメンテ2頭(牡1.メス1)
キズナ1頭(牡1)
エピファネイア1頭(メス1)
ジャスタウェイ2頭(牡1.メス1)
モーリス2頭(牡1.メス1)
キタサンブラック1頭(牡1)★
オルフェーヴル1頭(メス1)
イスラボニータ2頭(牡1.メス1)★
ノヴェリスト1頭(メス1)
ドリームジャーニー1頭(牡1)
ローエングリン1頭(牡1)
ヘニーヒューズ1頭(牡1)
マジェスティックウォリアー1頭(メス1)
トーセンラー1頭(メス1)
グランデッツァ1頭(メス1)
Nathaniel1頭(牡1)
Postponed1頭(メス1)

社台(関西) 計50頭(牡20.メス30) 
ディープ4頭(牡2.メス2)
キンカメ5頭(牡2.メス3)
カナロア4頭(牡1.メス3)
ハーツクライ3頭(牡1.メス2)
ハービンジャー2頭(牡1.メス1)
ダイワメジャー4頭(牡3.メス1)
ドゥラメンテ4頭(牡1.メス3)
キズナ1頭(メス1)
ルーラーシップ1頭(メス1)
エピファネイア2頭(牡1.メス1)
ジャスタウェイ2頭(牡1.メス1)
モーリス1頭(メス1)
キタサンブラック1頭(牡1)★
オルフェーヴル1頭(メス1)
スクリーンヒーロー2頭(牡1.メス1)
イスラボニータ3頭(牡2.メス1)★
ドレフォン1頭(メス1)★
キンシャサノキセキ1頭(メス1)
ローエングリン1頭(メス1)
トーセンラー1頭(牡1)
グランデッツァ1頭(牡1)
Frankel(メス1)
Golden Horn(メス1)
Dark Angel(メス1)
Gun Runner(メス1)
Carpe Diem(牡1)

【社台(関東)】
1 スターシップトラッフルズの19/ディープインパクト (Ghostzapper) 牡 02/21 母は北米でG1勝ちを含む14勝
2 ゴールデンドックエーの19/ディープインパクト (Unusual Heat) メス 01/24 全兄アルバートドックは重賞2勝を含む5勝
3 フィオドラの19/ディープインパクト (Lord of England) メス 01/25 母はG1独オークス勝ち馬
4 カラライナの19/ディープインパクト (Curlin) メス 02/06 母はエイコーンSなど、北米G1を3勝
5 シアードラマの19/ディープインパクト (Burning Roma) メス 04/14 母は北米でG13勝を含む7勝
6 ドバウィハイツの19/キングカメハメハ (Dubawi) 牡 04/28 全姉リバティハイツはフィリーズレビュー勝ち
7 オメガハートランドの19/キングカメハメハ (アグネスタキオン) メス 01/24 母はフラワーC勝ちを含む3勝
8 セコンドピアットの19/キングカメハメハ (ハーツクライ) メス 05/18 半姉トロワゼトワルは京成杯AH勝ちを含む5勝
9 ダリシアの19/ロードカナロア (Acatenango) 牡 05/19 半兄アニマルキングダムは米3歳牡馬チャンピオン
10 イタリアンレッドの19/ロードカナロア (ネオユニヴァース) メス 05/13 母は重賞3勝を含む8勝
11 アクアリングの19/ハーツクライ (Anabaa) 牡 04/05 半姉クイーンズリングはG1エリザベス女王杯勝ち馬
12 ソラリアの19/ハーツクライ (Scat Daddy) メス 04/19 半姉カレンブーケドールはG1で2着3回
13 ティックルゴールドの19/ハービンジャー (ステイゴールド) 牡 01/21 母の妹はJBCレディスクラシック勝ち馬
14 セレブリティモデルの19/ハービンジャー (キングカメハメハ) 牡 03/05 近親にはG1・3勝のマンハッタンカフェ
15 マスクオフの19/ハービンジャー (ディープインパクト) メス 03/18 祖母ビハインドザマスクは重賞3勝
16 セウアズールの19/ハービンジャー (ディープインパクト) メス 03/29 母は4勝、うち1戦はレコード勝ち
17 ラルナデミエルの19/ダイワメジャー (Monsun) 牡 01/23 母は北米重賞勝ち馬
18 アーリーアメリカンの19/ダイワメジャー (El Corredor) メス 05/12 半兄イーグルフェザーは特別戦2勝を含む5勝
19 ルーヴインペリアルの19/ドゥラメンテ (Giant's Causeway) 牡 04/16 母の兄弟には仏重賞勝ち馬多数
20 サザンスターズの19/ドゥラメンテ (Smart Strike) メス 02/27 母の妹はクラブ出身のオークス馬、ソウルスターリング
21 レニーズゴットジップの19/キズナ (City Zip) 牡 03/02 母はG2・サンタイネスSなど北米重賞2勝
22 ロマンシングジェムの19/エピファネイア (アグネスタキオン) メス 05/11 おじには重賞連対多数のフィエロ
23 ライカートの19/ジャスタウェイ (スウェプトオーヴァーボード) 牡 04/16 祖母ウェディングバンドは北米5勝
24 ギャビーズゴールデンギャルの19/ジャスタウェイ (Medaglia d'Oro) メス 05/27 母は北米G1・2勝
25 クインリーグレイスの19/モーリス (スペシャルウィーク) 牡 05/23 祖母クイーンモードは仏G1・ヴェルメイユ賞勝ち馬
26 コロンバスサークルの19/モーリス (ホワイトマズル) メス 03/18 半姉レッドジェノヴァは5勝、エリザベス女王杯4着
27 パールサイドの19/キタサンブラック (Alhaarth) 牡 02/12 母はスペイン2歳牝馬チャンピオン
28 ワーキングプライドの19/オルフェーヴル (ハービンジャー) メス 02/06 母は特別戦3勝を含む4勝
29 ロリポップガールの19/イスラボニータ (Trempolino) 牡 04/29 半兄エレクトロポップは特別勝ち含む5勝
30 フリアアステカの19/イスラボニータ (Zensational) メス 02/28 母はアルゼンチンG1勝ち馬
31 ブルックデイルの19/ノヴェリスト (キングカメハメハ) メス 03/02 母は特別戦3勝を含む4勝
32 クィーンアマポーラの19/ドリームジャーニー (キングカメハメハ) 牡 02/13 祖母リトルアマポーラはJRA最優秀3歳牝馬
33 アンナミルトの19/ストロングリターン (マンハッタンカフェ) 牡 04/27 母は特別戦2勝を含む5勝
34 ダノンフローラの19/ローエングリン (アグネスタキオン) 牡 04/18 母のきょうだいには重賞2勝のダイワマッジョーレ
35 アーバンレジェンドの19/ヘニーヒューズ (アグネスタキオン) 牡 04/29 祖母パーソナルレジェンドは北米で重賞勝ちを含む6勝
36 オメガインベガスの19/マジェスティックウォリアー (スペシャルウィーク) メス 03/14 母の弟アメリカズカップはきさらぎ賞勝ち
37 ホットレッグスの19/トーセンラー (Galileo) メス 03/16 祖母アクセラレイションは仏重賞勝ち馬
38 ソーシャライツの19/グランデッツァ (ジャングルポケット) メス 03/13 初仔、近親にはマンハッタンカフェやダービーフィズなど
39 外)サウンドオブフリーダムの19/Nathaniel (Duke of Marmalade) 牡 02/21 母は伊G1・リディアテシオ賞勝ち馬
40 ターフドンナの19/Postponed (Doyen) メス 02/22 母はG1独オークス勝ち馬

【社台(関西)】
41 ワイルドウインドの19/ディープインパクト (Danehill Dancer) 牡 02/05 近親リアルスティールはドバイターフ勝ち
42 コンテスティッドの19/ディープインパクト (Ghostzapper) 牡 05/15 全兄ギベオンは中日新聞杯勝ち
43 ソーマジックの19/ディープインパクト (シンボリクリスエス) メス 02/21 全姉マジックキャッスルは重賞2着2回
44 カウアイレーンの19/ディープインパクト (キングカメハメハ) メス 03/27 半兄ステイフーリッシュは京都新聞杯勝ち
45 キャンディネバダの19/キングカメハメハ (Pure Prize) 牡 03/11 母はアルゼンチンで芝とダートのG1を勝利
46 マルセリーナの19/キングカメハメハ (ディープインパクト) 牡 04/20 母は桜花賞馬。半兄ラストドラフトは京成杯勝ち
47 コンテッサトゥーレの19/キングカメハメハ (ディープインパクト) メス 02/10 初仔、母は桜花賞3着
48 オレンジティアラの19/キングカメハメハ (サクラバクシンオー) メス 02/13 近親オレンジピールはチューリップ賞など重賞3勝
49 コイウタの19/キングカメハメハ (フジキセキ) メス 04/08 母はヴィクトリアマイル勝ちを含む5勝
50 サプレザの19/ロードカナロア (Sahm) 牡 02/11 半兄サトノインプレッサは毎日杯勝ち
51 ダイワスカーレットの19/ロードカナロア (アグネスタキオン) メス 03/14 母は最優秀3歳牝馬、最優秀父内国産馬
52 マドモアゼルドパリの19/ロードカナロア (サンデーサイレンス) メス 04/01 半姉マキシマムドパリは重賞2勝
53 ベイトゥベイの19/ロードカナロア (Sligo Bay) メス 05/16 半兄スワーヴアラミスはマーチS勝ち
54 シルヴァーカップの19/ハーツクライ (Almutawakel) 牡 03/02 半兄ルッジェーロは特別勝ち含む4勝
55 トップデサイルの19/ハーツクライ (Congrats) メス 02/16 母はBCジュヴェナイルフィリーズ2着
56 エッグドロップの19/ハーツクライ (Alphabet Soup) メス 03/23 母はG1・メイトリアークSなど米重賞を3勝
57 ダンスアミーガの19/ハービンジャー (サクラバクシンオー) 牡 02/17 母は特別勝ち含む5勝。ターコイズS2着
58 コートシャルマンの19/ハービンジャー (ハーツクライ) メス 03/06 初仔、母の兄ストロングリターンは安田記念勝ち馬
59 マジェスティッククオリティの19/ダイワメジャー (Quality Road) 牡 02/15 初仔、母は米G2で2着
60 モスコーバーニングの19/ダイワメジャー (Moscow Ballet) 牡 02/17 半兄サウンドバーニングは特別勝ち含む4勝
61 ラブームの19/ダイワメジャー (Monsun) 牡 03/04 半姉オーマイダーリンはシンザン記念4着
62 スキアの19/ダイワメジャー (Motivator) メス 03/14 半兄ヴァンドギャルドは4勝。読売マイラーズC3着
63 ナミダガキラリの19/ドゥラメンテ (Fusaichi Pegasus) 牡 04/02 半兄ワイプティアーズは特別勝ち含む4勝
64 ベストロケーションの19/ドゥラメンテ (クロフネ) メス 02/02 半兄ベストアクターは阪急杯勝ち
65 ミッドナイトフラッシュの19/ドゥラメンテ (Anabaa Blue) メス 02/16 半姉エイムトゥプリーズは仏G3勝ち。近親にエイシンフラッシュ
66 ヴァリディオルの19/ドゥラメンテ (Dynaformer) メス 05/01 母は独重賞勝ち。半姉アンドラステは活躍中
67 ノーブルステラの19/キズナ (Monsun) メス 02/20 半姉ノーブルジュエリーはOP洛陽Sなど6勝
68 ウイングレットの19/ルーラーシップ (タイキシャトル) メス 02/16 母は中山牝馬Sで重賞勝ち、兄姉は堅実な活躍
69 ラントゥザリードの19/エピファネイア (タニノギムレット) 牡 04/28 母の兄スクリーンヒーローはジャパンC勝ち馬
70 フレジェールの19/エピファネイア (アグネスタキオン) メス 02/11 祖母スキーパラダイスはムーランドロンシャン賞勝ち馬
71 アイアムルビーの19/ジャスタウェイ (Saint Liam) 牡 03/14 母は4勝を挙げOPでも活躍
72 リリーアメリカの19/ジャスタウェイ (American Post) メス 04/16 近親リスグラシューは年度代表馬、最優秀古牝馬(2回)
73 グレナディーンの19/モーリス (スペシャルウィーク) メス 05/01 母は特別勝ち含む3勝、近親ヒシアトラスは平安S勝ちなど10勝
74 ジュエラーの19/キタサンブラック (ヴィクトワールピサ) 牡 03/25 母は桜花賞勝ち馬
75 カトマンブルーの19/オルフェーヴル (Bluegrass Cat) メス 03/04 母は北米ダートG2と芝G3勝ちを含む5勝
76 ボルドグザグの19/スクリーンヒーロー (Layman) 牡 03/23 母は仏G3勝ち
77 ファンタジックアイの19/スクリーンヒーロー (ネオユニヴァース) メス 02/08 母の兄にハイアーゲーム、ダイワマッジョーレ
78 サマーナイトシティの19/イスラボニータ (エリシオ) 牡 02/21 半兄サダムパテック、半姉ジュールポレールはG1勝ち馬
79 フィジオクラートの19/イスラボニータ (Doctor Dino) 牡 02/21 母は仏オークス2着
80 サンダーカップの19/イスラボニータ (サンダーガルチ) メス 05/21 半姉ラブリーマリアはケンタッキーオークスなど米G1を2勝
81 リーサルヒートの19/ドレフォン (Unusual Heat) メス 01/20 母はハリウッドオークスなど米重賞を2勝
82 グランディフローラの19/キンシャサノキセキ (メイショウサムソン) メス 03/23 近親エクセラントカーヴは京成杯オータムH勝ち
83 オメガセニョリーナの19/ローエングリン (アグネスタキオン) メス 04/15 半姉シオミチクレバは3歳春までに2勝を挙げて現役で活躍中
84 マチカネハヤテの19/トーセンラー (サクラバクシンオー) 牡 04/26 半姉レッドアネモスは3勝を挙げてオープンで活躍中
85 リベルタンゴの19/グランデッツァ (Smart Strike) 牡 03/05 祖母オジャグワは亜古牝馬チャンピオン
86 外)スタセリタの19/Frankel (Monsun) メス 03/30 全姉ソウルスターリングは最優秀2歳牝馬、最優秀3歳牝馬
87 ラクレソニエールの19/Golden Horn (Le Havre) 牡 04/05 母は仏オークス、仏1000ギニー勝ち馬
88 ピースバーグの19/Dark Angel (Sageburg) メス 02/01 母はサンドリンガム賞など仏重賞2勝
89 ジュリエットシアトルの19/Gun Runner (Seattle Fitz) メス 01/17 母は亜1000ギニー大賞典勝ち
90 外)ダンスウィズキトゥンの19/Carpe Diem (Kitten's Joy) 牡 02/07 近親ディヴィシデロは米G1を2勝
--------

フランケルはスタセリタ。ソウルスターリングの全妹です。熱い、熱すぎる。ソウルS持ってた会員さんで瞬殺ですね、絶対買えなそう。。
相変わらず社台はこの状況でもクラブの馬を大事にする。こういうところが良いところですね。
ハーツ・イスラは当然ですが、グランデッツァ・ローエングリン2頭。そんな中でトーセンラー2頭と、キラリと光るドリジャが素敵です。キンシャサもルーラーもいる。なかなか面白い。

持ち込みが今年も多いですね。。昨年は8頭(Frankel/American Pharoah(2)/Le Havre/Pioneerof the Nile/Kingman/Gleneagles/Karakontie(募集中止))、Le Havreの40アブソリュートレディが大人気で物議を醸しました。

昨年は5頭が募集中止になりました。それぞれ父はキンシャサ/マクフィ/ハービンジャー/モーリス/Karakontieでした。

今年は中止が少ないといいなあ。
今日の時点で2019年の売れ残りは1頭(エンタイトルド・385kgのストロングリターン産駒)。今年も渋く安定して売れそうです。

社台に出資する、って決めたら心は楽なのになあ。と思いつつサンデーの分析に向かいます。
コメント

2歳馬カタログ2020、ソングラインが出た!

2020-05-07 05:08:00 | ソングライン
グリーンチャンネルの水曜馬スペ!2歳馬カタログ2020にソングラインが出てました。

友人から教えてもらい、録画してあった番組を見ましたが…一瞬でした笑
坂路上がっていくところ。
叔母はジューヌエコールです、とのこと。

まあ、出るだけ良いですよ。
もう入厩してるんだしね。

まだ見てないけど赤本とかにも載ったのかなぁ。

まあ、とにかく元気にデビュー出来れば嬉しいですね。





コメント

リトミカメンテ、昇級初戦は届かず2着。

2020-05-07 04:57:00 | リトミカメンテ
2020年05月06日 栗東TC在厩
---
レース後変わりありません。近日中にNFしがらきに放牧予定です。

2020年05月02日 栗東TC在厩
---
5月2日(土)福島11R・福島放送賞(芝1800m)に55kg吉田隼騎手で出走して、勝ち馬から2馬身半差の2着、馬体重は前走からプラス4kgの456kgでした。ゲート入りを嫌がりましたが、スッとスタートして中団につけました。直線では先に抜け出した勝ち馬を追いかけるも届きませんでした。なお、ゲート再審査となり、3週間の出走停止を受けています。
高野調教師は「ゲートの入れ方が難しい馬で、今回は嫌がってしまいました。それでもレースは頑張って走れていたと思います。いったん放牧に出してひと息入れます」と話しています。

【レポートの転載につき、サンデーサラブレッドクラブの許可を頂いております】

うーむ、残念。
ぶっちゃけ勝つんじゃないかと思ってました。

4番人気でしたけど、リトミカメンテとラストヌードル(フィエールマンの下)とカヌメラビーチ(グローリーヴェイズの下)が最大の敵で、なんだよ天皇賞の前日に去年の天皇賞の再現か!
リトミカメンテが勝ってその2頭が軸でヒモにベテラン勢で馬券も楽勝だぜ!

なんて考えてましたが…そんなに甘い訳ない笑

2勝クラスの先輩、カフジジュピターにまんまとやられてしまいました。
川又騎手、神騎乗は俺の馬の時にお願いしやす…

リトミカメンテはちょっと控えすぎたかなぁ。
福島マイスターの吉田隼人騎手に、実況でも「福島巧者です」と紹介される謎の関西馬リトミカメンテ。
個人的には勝って全くおかしくないと思ってましたけど。

外からの進出虚しく、届かず2着。

ラストヌードルは3着、カヌメラビーチはビリでした…

馬券も大敗。

まあ、高野先生のコメントの通りゲートにかなり戸惑ってしまいました。ていうか手間取った。

ステイゴールド 系の気性の強さがまた出てきましたね…

一昨年のGWに見たあの人を寄せ付けないリトミカメンテが帰ってきた笑

ずっときちんとレース出来てたから忘れてましたね。

まあ、この強さがある限り大丈夫でしょう。
近々、きっと勝ち上がれると確信しました。ずっと福島競馬場ならいいのに!

いったん休養、次は6月かな?
勝手な予測ですが函館狙いじゃないかと思いますね。

早速初日に最終レースで1,800の牝馬定量戦があります。

リトミカメンテには2勝クラスもアッサリ突き抜けてもらいたい。

まずは無事の復帰を期待しましょう。

↓5/2福島競馬場(福島放送賞/2着)










コメント

社台/サンデー/G1 2020年募集スケジュール

2020-05-07 04:36:00 | 出資検討《社台サンデー》
さてさて、GWも終わりました。

こんなに閑散としていて、まさかの帰省もしないGWになるとは思いもよりませんでした。

おかげで?いろいろと考える時間ができたから、良かった面と競馬をし続けたので10万円を超える損失が出たのはトレードオフ(バランス合ってるか?笑)

さあ、そんな中今年のスケジュールが正式に出ました。

5月8日(金) 募集馬リスト(価格なし)
5月13日(水) 募集馬リスト(価格あり)
5月22日(金) 募集馬リスト発送 ※「ご請求とお支払い金額のご案内」に同封
6月4日(木) 募集馬入厩予定厩舎
6月5日(金) 募集馬カタログPDFファイル
6月8日(月) 募集馬カタログ発送(募集馬DVD同梱)
6月10日(水) 募集馬測尺
6月24日(水) 第1次募集締め切り(郵送)
6月25日(木) 第1次募集締め切り(ホームページ)

【HPの転載につき、社台/サンデー/G1サラブレッドクラブの許可を頂いております】

明後日から早くも動き出し!
既に募集予定馬はPDFで配布されてますが毎年ココからは落ちる馬がいます。

5/8の募集馬リストがある意味初めてのちゃんとしたリストに。

価格発表まで5日置いているのは、ネット上含めて価格の最終判断?

NHKマイルでルフトシュトロームが勝ったらキンシャサが値上がりするとか笑

5/13に価格が発表されていろいろと考えて…6/4の厩舎発表で一気に動く。
微妙なり価格帯狙いたい私には厩舎がとっても大切です。
そこからは怒涛の展開で、翌6/5にはカタログのPDFが、6/10前後にずっしりと重いカタログたちが届くことでしょうよ。

今年も歓喜する予定です!

あー来ちゃったよこの季節。
あーまた眠れないこの季節。
あー堪らないんだこの季節。

すみません、変態です。

だって楽しいんだよ!
今年はツアーが無いから残念ですが、代替提案がクラブからあるそうです。

YouTubeでの会員限定ライブか動画配信じゃ無いかと睨んでますが…
北海道に行きたいよぅ。

とりあえず、狙いたい馬がかなり絞れている2020年ですが一度心を落ち着けて。

さあ、始まります‼️
コメント

ルフトシュトロームとヴェルトライゼンデ

2020-05-07 04:18:00 | 出資検討《社台サンデー》
今週末はNHKマイルC。

桜花賞2着と強さを見せたレシステンシア。
朝日杯でサリオスの2着、前走完勝のタイセイビジョン。
無敗で迎えるサトノインプレッサ。

レシステンシアとタイセイビジョンがノーザンファーム。
サトノは社台ファーム。

この3頭が1.2.3番人気だと思いますが、私の本命はルフトシュトローム(サンデーTC/ノーザンファーム)。

そう、2018年のクラブドラフトでも大人気だったハワイアンウインドの17です。

クラブドラフト(募集)最終結果を見るとサンデーの4位(109票)。
全体でも7位かな。

80万円と手頃な価格に堀厩舎。
キンシャサがどうか?という話もありましたがフジキセキの血がほしい人たちにも人気でした。

自分のツアー記録でも◎これは凄い!と書いているのでまあ見る目はあったな(笑)

ちなみにこの時の募集では1位になったマンデラの17と迷ってスピードリッパーの17へ。
そう、エストロですね。

ちなみに迷ったマンデラはヴェルトライゼンデ。
そしてハワイアンウインドがルフトシュトローム。

うーむ、行けたらいくべきだったのか!?

多分抽選落ちですね、実績200万じゃあね。

ヴェルトライゼンデとルフトシュトローム。

他の人気馬と違ったのはなんだろう?
厩舎力かな。

今年も募集が始まりますが、やっぱり厩舎は要素として外せませんね。
あとは血統です。

ヴェルトライゼンデはドリームジャーニー、ルフトシュトロームはキンシャサノキセキ。

父のマニアックさに気後れしないで勝負できるか、もポイントですね。

初期のキンカメやクロフネもそうですが、今年の募集では
・ポテンシャルが高かったが発揮できなかったり
・展開のアヤなどでG1で取りこぼしがあったり
・とにかく「もっと強かったはず!」
という過小評価されている父を狙いたいかなぁ。

イスラボニータやシルバーステート。
既に走ってますがエピファネイアやキズナ。

ラブリーデイあたりは能力出し切ってあの結果だと感じるし、サトノアラジンは展開に恵まれて(重馬場適性)の実績。

むしろ、既に大人気ですがドゥラメンテは該当種牡馬だな。あとはリオンディーズか。

まあ、今年はこの辺から選んで勝負したいです。

予算は100万円。
1〜2頭。

今年も楽しみな募集になりそうです。



コメント

リトミカメンテ、本日福島メインに登場!

2020-05-02 08:40:00 | リトミカメンテ
2020年04月30日 栗東TC在厩
---
5月2日(土)福島11R・福島放送賞(芝1800m)に55kg吉田隼騎手で出走が確定しています。このレースは15頭立てになりました。吉田隼騎手が連続で騎乗できますので、福島放送賞への出走を決めました。

2020年04月29日 栗東TC在厩
---
5月2日(土)福島・福島放送賞(芝1800m)に55kg吉田隼騎手に出走を予定しています。想定では福島放送賞はフルゲートちょうどの16頭が出走意思を表明しています。4月29日(水)は吉田隼騎手が跨って、坂路コースで52.5-38.8-25.9-13.0の時計をマークしました。高野調教師は「前走後から状態は良くなっています。昇級戦となる今回も力は発揮できそうです」と話しています。※勝った条件である福島戦を選択しました。

2020年04月27日 栗東TC在厩
---
5月2日(土)福島・福島放送賞(芝1800m)と、5月3日(日)京都・糺の森特別(芝1800m牝馬限定)に特別登録があります。福島放送賞はフルゲート16頭に対して19頭、糺の森特別はフルゲートに満たない14頭の出走表明があります。

【レポートの転載につき、サンデーサラブレッドクラブの許可を頂いております】

京都と福島、2択だったリトミカメンテですが前走同様福島へ。


本当に頭が下がります。
昨年も8戦、今年も2戦目です。
使うとなったら中3週でも関西→福島を連続して使えるタフさがこの馬のウリですね!

さて、レースですが…

フィエールマンの弟がいるじゃないか!?
しかも同じ父オルフェかぁ。

あとはグローリーヴェイズの弟も。
こっちはカナロアか。

まあ、そんなこと言ったらシベリアンタイガー、カフジジュピター、ハギノカエラなんかもうメインにいる馬ですからね。
(シベリアンタイガーは障害で2勝)

ついにリトミカメンテもここまで来たか。

勝ってほしいなあ。

壁は高いだろうけど。

今日は気合入れて応援します📣❣️

コメント

コロナの世界⁉️映画「コンテイジョン」

2020-04-25 08:36:00 | 社会・時事・経済
2011年の映画が話題ですね。

当時、怖くて見なかったのですがコロナ禍の現代をほぼ正確に予言しているということで、かつ好きな監督(ソダーバーグ)と女優(ケイト・ウィンスレットとジュード・ロウ)が出てるので見ました。

ホラーじゃないんで怖くはないです。

ただ、、
https://youtu.be/DPCrPqqiSqA






鳥肌です


いや、ホント。
これヤバイ。

もちろん現代を表してますし、ラストの伏線の巻取りというか原因の件も。

それより何より、その後の世界がもしこの映画のとおりなら…

我々これからずっと違う世界に生きていかなくてはなりません。

世界観がひっくり返る映画。🎬

是非、多くの方に見てほしいと思います。
コロナ、甘くないなぁ。
コメント

ソングライン、ノーザンファーム天栄に放牧

2020-04-25 08:23:00 | ソングライン

2020年04月24日NF天栄在厩
---
本日4月24日(金)NF天栄に放牧しました。

2020年04月22日 美浦TC在厩
---
本日(水)坂路コースで追われ、569-137の時計でした。林調教師は「本日坂路コースで追ってからNF天栄に放牧することにしました。美浦TCで1本追って牧場に戻すと、牧場では動きがピリッとして、調教がスムーズに進む効果があります。本日は15-14程度を想定していましたが、時計が少し早くなりました。動きはキビキビとして良いですね。テンションが若干高いところがありますが、それほど影響はなさそうです。今週末にNF天栄に放牧予定です」と話しています。

【レポートの転載につき、サンデーサラブレッドクラブの許可を頂いております】

予定通り天栄に出されたソングライン。

へー、天栄に行く前に追うとピリッとするんですね。
さすが東大卒の林徹先生(しつこいw)

まあ、効果のほどは今後わかってくるとしても
・クラブでも1番組に近い入厩
・アッサリとゲート試験合格
・放牧前に坂路追い
・天栄に戻す

これを4月でこなしてしまったソングライン。
驚きしかありません‼️

毎年今頃は「まだ調子上がってこないなぁ」と。
かなり順調だったエストロの昨年4月レポートですらノーザンファーム空港牧場で坂路を16〜17秒キャンターです。

かたや今年のソングラインはもう13秒台で「いやあ、早すぎちゃったスね」と笑

凄いなあ。
このペースだと6月デビューが現実味を帯びて来ます。

そしたら東京競馬場かなぁ。
現地で応援を…無観客じゃありませんように🙏

もうね、コロナさんお願い🥺

収まってください

愛馬のデビューを目の前で見たいです。
口どりしたいです。

今年は経済を回すため2頭くらい馬を買いますから!
秋のツアーに行って、そこでも馬買いますから!
(違うか。)

ホントに期待のソングライン。
目の前で見れる日も、ですが何より予定通りに順調に。

早いデビューをお待ちしてます‼️

コメント

無観客ダービー

2020-04-25 08:10:00 | 競馬全般
76年ぶりだそうですね。


私は毎年現地で参戦‼️
この素晴らしい成績を収めて来ました。
自分のブログで書いているだけでも下記の通り。(青字がリンク)

ここ5年は確実に毎年見てますね。現地で。

2019年(ロジャーバローズ)馬券はオケラ
ヴェロックス推しでした…
2018年(ワグネリアン)馬券はオケラ
ブラストワンピース推しでした…
2017年(レイデオロ)馬券は±ゼロ
アドミラブル推しでした…
2016年(マカヒキ)馬券はオケラ
ディーマジェスティ推しでした…
2015年(ドゥラメンテ )馬券タテメ収支+
リアルスティール推しでした…

「いやいや近年になるほど記事ないじゃん」
とか
「馬券負けすぎじゃないか?」
とか
「軸馬、綺麗に外しすぎだろた」
などクレームは受け付けません笑笑


俺は、ダービーが好きだ‼️‼️‼️🏇


毎年行ってるんですよ(記事ないけど)
楽しみにしてるんですよ(馬券当たらないけど)
友達との年に2回しかない楽しみな楽しみなお出かけなんですよ!(軸馬来ないけど)

コロナさん、頼みますよ。
もう、やめてもらえませんかね。。

競馬を本格的にやり始めた1997年から遡って、多分ですけど全部現地で見てます。
(ネオとエイシンフラッシュの年が微妙?)

そんな思い入れのある自分の歴史。
そんな思い入れのあるレース。

競馬人にとっては最高峰のレース。

ダービー馬のオーナーになるのは一国の宰相になるより難しいとまで言われたレース。

今年はデアリングタクトも参戦検討してるし、皐月賞マッチレースのコントレイルとサリオスも伏兵も、個人的にはサトノフラッグも🚩楽しみだったのに。

あー、泣ける。

ダービー行けないんだって。

毎年お正月にダービーと社台ツアーと有馬記念だけはカレンダーに入れてるのに。

そのうちの2つがもうなくなっちゃったよー。



今は世界が耐える時。
仕方ないのはわかってます。

でも、悔しい!

ダービー行けないんだって。
ありえない。

コロナのバカーーーーーー‼️

今年はTVで応援します📣

コメント

届かなかったアタマ

2020-04-25 07:30:00 | 競馬全般
今年もフローラSがやって来ました。

個人的に、毎年思い出すのは2014年。
そう、愛馬ブランネージュがサングレアルに差されて2着に敗れたフローラS。




アタマ差だったと思います。

正直にゴール100m前まで勝ったと思ってました。
人生であんなに転んだことない、というくらい何もないTVの前でホントにコントのようにズッコケたのを今でも忘れません。

そうか、6年経つか。

本当に一口始めて2世代目であと少し!というJRA重賞制覇。

あの時のアタマ差に、今もまだ届いていません。
(NARはS1勝ち)

うーむ…

活躍馬の定義は難しいのですが、やはり一つの目安として重賞ホースでしょう。

ブランネージュはこの後もクラシックを戦い、その後2勝をあげました。
でもこの時勝ったサングレアルの評価と記録。サングレアルもその後そんなに活躍できたとも言えませんが、やはり重賞ウィナー。

あぁ、、憧れるなぁ。

重賞。

先々週はノルマンディで馬仲間のデアリングタクトが優勝。

そこまでのクラスでなくていいから、重賞勝ってみたいなぁ。

今年もまたあの記憶を握りしめてフローラSを迎えます。

今年も馬は出せませんでした。
いつか、このレースにもリベンジしたい。

届かなかったアタマ差の、その先へ。


ということで、今週も馬券を頑張ります(なんでやねん!)。

フローラSは特に頑張ります。

レッドとスカイのエアグルーヴ系が1.2番人気で、ノーザンファームの運動会な今回。

でも敢えて、
04シャンドフルール(ノースヒルズ)
06ウィスパリンホープ(タイヘイ牧場)
からの穴ノーザン。
07ホウオウピースフル(ノーザンF)
09ヴォリアーモ(ノーザンF/サンデーTC)

で行ってみたいですね!

さあ、今週も競馬を楽しむぞー🏇




コメント

リトミカメンテ、GWにもう一走!

2020-04-25 07:07:00 | リトミカメンテ

2020年04月22日
---
栗東TC この中間も順調で、4月22日(水)は坂路コースで追い切られ、半マイル58.5-43.3-28.6-14.1の時計を馬なりでマークしました。5月2日(土)福島・福島放送賞(芝1800m)か、5月3日(祝・日)京都・糺の森特別(牝・芝1800m)への出走を目指すことになり、福島放送賞は前走同様に吉田隼騎手が騎乗できますので、福島放送賞が有力になっています。高野調教師は「今日の追い切りは吉田隼騎手が騎乗し、一杯にはしていませんが感触は良かったですね」と話していました。

【レポートの転載につき、サンデーサラブレッドクラブの許可を頂いております】

おーやっとエンジンがかかってきたぞリトミカメンテ。

続戦です!

前走は鮮やかな勝ちっぷりでやっと1勝クラスを卒業したリトミカメンテ。

次はどうする?と思ったらまた福島ですw
福島マイスター吉田隼人騎手とのコンビも続行で、早々に追い切りにも乗ってもらえてやる気満点💯ですね‼️

しかし、本当に凄いなあと思います。
次走が11戦目ですが、5回目の福島競馬場。

毎度毎度栗東から大変ですよ、実際。



8時間9分!ノンストップで!
686kmもあります…片道。
歩くと6日かかります🚶‍♀️

リトミカメンテはたった一つの勝ちを求めて、往復1,300kmもの行程を頑張るわけです。
世界中の人にとってどーーでもいいかもしれませんが笑

でも我々にとってはこれだけでも応援したいわけです📣

片道3.5時間でも飽きてしまいます。
まあ、私はクルマ好きですしこの時は買ったばかりの2台目のスポーツカーを運転して親子でご機嫌だったので笑笑
なんとかやり切れました。

でも、その倍以上の道のりを4歳の牝馬が。

うー、リトミカメンテ頑張ってくれ。
応援するぞ、俺は‼️

ということで次走はゴールデンウィーク。
今年はゴールデンじゃないし、ステイホーム週間ですがおうちで観戦してTVの前で叫びます。

ハヤトーー‼️
絶叫の準備はできてます笑

楽しみですね。

4/11 福島競馬場 桑折特別(1着)




コメント

パラレルキャリア、初のスプリント戦は5着

2020-04-21 20:19:00 | パラレルキャリア

2020年04月19日 美浦TC
---
4月19日(日)福島10R・医王寺特別(芝1200m)に西村淳也騎手55kgで出走し、馬体重は430kg(-10)kgでした。レースでは、五分のスタートを切ると、控えて中団馬群のなかで脚をためていきました。3,4コーナーでは悪い馬場にノメるようなところもありましたが、直線に入って懸命に追うと、馬場の真ん中からジワジワ伸びてきて、最後は先に抜け出した勝ち馬に1.0秒届かなかったものの、3着馬とはハナ、クビの僅差5着と掲示板を確保してくれました。
加藤調教師は「うまく1200mの距離でも対応してくれたと思います。ただ道中は道悪のなか、走りずらそうにしていましたので良馬場ならもっと切れる脚を使えていたかもしれませんね。輸送競馬で馬体も減らしていましたし、この馬場で最後まで脚を使ってくれましたので、トレセンに戻ってからの状態をしっかり確認してから、今後の予定を決めたいと思います」と話していました。

【レポートの転載につき、社台サラブレッドクラブの許可を頂いております】

ここまでの5戦でマイルしか使っていなかったパラレルキャリア。
初のスプリント戦は5着。

馬場の状態踏まえればまあ上出来でしょうかね。
(馬券めっちゃ買ってしまいましたが…)

西村騎手がどうの、というよりもこの馬らしい戦いの一端は見せられたかな。
個人的にはもう少し前目でも良かった気がしますが。

やっぱりパラレルキャリアにはキレるレースをしてほしい。良馬場で、広いコースで、できれば左回りで思いっきり。

東京開催でミルコで大外一気を期待して次を待ちます。

不慣れな環境で掲示板、おそらくこのクラスは突破できるでしょう。

目指せ!重賞です!!
コメント

パラレルキャリア、4/19(日)福島10R医王寺特別に出走!

2020-04-17 07:39:00 | パラレルキャリア
2020年04月16日 美浦TC在厩
---
今週4月19日(日)福島10R・医王寺特別(芝1200m)に西村淳也騎手55kgで出走が確定しています。このレースは、16頭立てになりました。

2020年04月15日 美浦TC在厩
---
今週4月19日(日)福島10R・医王寺特別(芝1200m)に西村淳也騎手55kgで出走を予定しています。フルゲート16頭のところに出走表明馬はちょうど16頭です。ここを目標に順調に調整されており、きょう15日(水)はウッドチップコースで馬なりで調整されて、5F70.4-54.7-40.3-12.2秒の時計をマークしています。余力を残しながら終いまで集中して走れていたのは良い傾向で、距離短縮での変わり身を期待しています。

2020年04月12日 美浦TC在厩
---
4月19日(日)福島10R・医王寺特別(芝1200m)に特別登録をおこなっています。フルゲート16頭のところに、本馬を含めて27頭の登録があります。
4月12日(日)は坂路コース2本目、60.0-45.0-30.1-14.8秒の調整です。

2020年04月08日 美浦TC在厩
---
来週4月19日(日)福島10R・医王寺特別(芝1200m)に西村淳也騎手で出走を予定しています。きょう8日(水)はウッドチップコースで単走の追い切りを行い、5F68.1-52.9-39.4-13.0秒の時計をマークしています。道中の折り合いもよく、スムーズな走りを見せていました。状態は確実に上向いおり、来週は良い状態で出走できそうです。

2020年04月01日 美浦TC在厩
---
4月19日(日)福島・医王寺特別(芝1200m)に西村淳也騎手で出走を目指しています。この中間も順調に追い切りを重ねており、きょう1日(水)はウッドチップコースで併せて追い切り、5F68.0-53.0-39.2-13.4秒の時計をマークしています。前半はやや行きたがる部分があったぶん、終いは少し甘くなりましたが、しっかり追い切っているぶんこれで上向いてくるはずです。

【レポートの転載につき、社台サラブレッドクラブの許可を頂いております】

出資馬唯一の社台TC持ち馬、パラレルキャリア。

昨年夏のラスト未勝利から約半年。

個人的にはやっと勝つ番がやってきたと睨んでいます。
(私が睨んでいるだけですが笑笑)

今回はミルコではなく西村(淳)騎手。
調教は西村太一騎手が乗ってます。。


西村淳也騎手、モテモテでして。
今週土日で20鞍乗るんですよね。
まあ、岩田親子の次につけて今年も22勝ちしてます。

2年目にも関わらず凱旋門賞月にフリーで武者修行にフランス行って1ヶ月空けて
それでも55勝なんで、結果すごいと思います。

デビュー:新人賞
2年目:55勝
3年目:現在22勝(11位)

今年も60勝以上できるかな?
昨年リトミカメンテにも1勝クラスで乗ってくれて2着。(一昨年は未勝利で8着)

あんまりズバッと持ってくるというより前での捌きが上手いイメージなので
パラレルキャリアをどこの位置で競馬させるかな?

福島に合うか?も含めていろいろ未知数ですが、きっちり差し切って欲しいなと思います。

ずっとマイルを使ってきたパラレルキャリア初のスプリント戦、さあ!楽しみです!
コメント