一口馬主ゴンザレスの日記

社台・サンデー・G1・キャロットの出資馬を中心に競馬の話題あれこれ

愛馬の近況

イスラボニータ 牡6 6/7(水)山元トレセン放牧
ステファノス 牡6 6/9(金)NFしがらき放牧
トゥルーウインド 牡5 7/1(土)の福島競馬(猪苗代特別・ダ1,700)に田中勝騎手で出走予定
アプリコットベリー 牝5 7/9(日)の福島競馬(松島特別・芝2,000)に石川騎手で出走予定
ジャストコーズ セ4 6/7(水)グリーンウッド放牧
ノルナゲスト 牡3 6/25(日)の函館競馬(3歳未勝利・芝2,000)に坂井騎手で出走して4着
ソリティアリング 牝3 6/25(日)の函館競馬(3歳以上500万下・芝1,200)に坂井騎手で出走して11着
サーベラージュ 牡3 7/8(土)の函館競馬(八雲特別・芝1,800)を予定
アロマドゥルセ 牝3 6/25(日)の阪神競馬(3歳以上500万下・芝2,200)に荻野極騎手で出走して2着
タイムフライヤー 牡2 6/7(水)栗東トレセン入厩
リビングマイライフ 牝2 6/14(水)山元トレセン放牧
ブルーメンクローネ 牝2 4/26(水)NFしがらき移動
エールブラン 牡2 NF空港で育成中

アロマドゥルセ、際どく差を詰めるも2着

2017年06月25日 18時56分29秒 | アロマドゥルセ
2017/6/25 音無厩舎
----------
25日の阪神競馬ではゆっくり目のスタートから出脚がつかず後方を追走。直線は馬場の外目をしっかり伸びたが2着まで。「できるだけいいポジションで進めたかったのですが、駐立の姿勢が体を反らすような格好で、出てからもなかなか行き脚がつきませんでした。外を回らざるを得ない形になったこともありますが、直線エンジンがかかってからはすごい脚だっただけに勝ち切らなくてはならないレースでした。せっかくチャンスをいただいたのに申し訳ありません」(荻野極騎手)「できれば好位から差す競馬をしてほしかったのですが、課題のスタートがもうひとつで、後ろから運ぶ形になってしまいました。ここで決め切れなかったのは残念ですが、改めて能力の高さを感じましたし、なんとか秋に向けてメドを立てたいと思います」(音無師)なかなかエンジンがかからないのはいつものことですが、もう少しいいポジションで進められれば違っていたでしょうし、引き続きゲートは課題になりそうです。終いの脚は際立っており、力があることは間違いありませんから、次こそは最高の結果を期待したいと思います。
----------
【キャロットクラブより、公式HPの近況レポート等の転載につき、許可を受けています。】


馬体重は+2kgの426kg。放牧を経て体が増えていて欲しいなと思っていましたが、あまり増えませんでしたね。やはりパドックでは、周りと比べて非力な印象を受けましたが、それでも細すぎるという感じはなかったかな。レースでは五分のスタートから後方を追走。ただ、やはり不器用で、コーナーで置いていかれるのが難点ですね。今日も向こう正面でヒシマサルに並び掛けるところまで上昇しながら、3コーナーに入るとズルズル後退。そこでヒシマサルはスッと上がっていきましたが、アロマドゥルセは一向に加速が付かず、直線でようやくエンジンが掛かりました。そこまでのロスが痛い。エンジンが掛かってからは素晴らしい伸びを見せてくれましたが、先に抜け出したヒシマサルに及ばず2着。ただ、このメンバー相手に2着は能力の証でしょう。軽量の恩恵があったとはいえ、得意とは言えない重たい馬場の中で大したものです。今後も大事に育ててあげて、素質を開花させてあげたいですね。

2017/6/25 阪神競馬場
コメント

ノルナゲスト、ワンパンチ足りず4着

2017年06月25日 18時30分52秒 | ノルナゲスト
2017/6/25 函館競馬場
----------
6/25(日)函館・芝2000m戦に☆坂井瑠騎手で出走し4着、馬体重は466kg(-6)でした。五分のスタートから、道中は5番手の内でレースを進めました。そのままロスなく追走し、直線では馬群の中から追いだすと、ジリジリと伸び脚を見せました。しかし、前に迫るほどの脚色ではなく、3着争いに加わったところがゴールでした。騎乗した坂井騎手は「ワンパンチ足りないところがある馬なので、なるべくロスのない競馬をしようと思っていました。そのイメージ通りの競馬ができて、道中の折り合いもついていました。しかし、直線では馬群を割って伸びているものの、前には届きませんでした。よく頑張ってくれてはいるのですが……」とのこと、また矢作調教師は「このあとはNF空港へ短期放牧に出す予定です。疲れが少なければ早めに戻して、優先出走権が有効な間(4週以内)に使うことを検討します」とコメントしています。
----------
【サンデーサラブレッドクラブより、公式HPの近況レポート等の転載につき、許可を受けています。】


段々とレース内容は良くなっていますが、坂井騎手のコメント通り、ワンパンチ足りないですね。どう上手く乗っても1着は厳しいだろうという感じ。勝つためには、あと一歩の前進が必要です。1,600~1,800が良いかなと思っていましたが、今日のレースを見る限り2,000は大丈夫そう。ワンパンチを補うためには、更に距離を長くしてみても良いかもしれません。短期放牧を挟むとのことですが、また頑張って欲しいですね。

2017/6/25 函館競馬場
コメント (2)

ソリティアリング、流れに付いて行けずブービー11着

2017年06月25日 18時19分33秒 | ソリティアリング
2017/6/25 函館競馬場
----------
6/25(日)函館・芝1200m戦に☆坂井瑠騎手で出走、馬体重は434kg(-4)でした。五分のスタートから、道中は5番手を追走しました。しかし、徐々に位置取りを下げていき、直線入口では後方まで置かれてしまいました。直線でも伸びを欠いて、勝ち馬から2秒2差の11着での入線でした。騎乗した坂井瑠星騎手からは「テンに行けるスピードは見せてくれましたが、格上で途中で息の入らない展開になって、この馬には厳しかったです。でもこの経験が次に活きてくればと思います」とのコメントがありました。また松元調教師は「もう少しやれるかと思いましたが、さすがに相手が強かったです。置いておいても次使えるかは厳しいので、6/29(木)発で栗東TCに戻す予定です。次はダートも含めて検討していきましょう」と話していました。
----------
【社台サラブレッドクラブより、公式HPの近況レポート等の転載につき、許可を受けています。】


そりゃそーなるだろ、という結果。危惧した通りの無駄使いになってしまいました。そしてまたナゾの発言。「次はダートも含めて検討」とのコメント。いやいや、ここまでの戦績からもしても、どう考えても芝でしょ。権利がないのであれば、間隔を空けて芝チャレンジして欲しいと思います。無駄にダートを使っても、残り少ない時間を浪費するだけです。うーん、どうも噛み合いませんね。

2017/6/25 函館競馬場


コメント

ツアー翌日の富良野観光

2017年06月24日 15時28分31秒 | 募集馬見学ツアー・牧場見学
恒例のツアー延泊旅行ですが、今年は初の富良野方面に向かいました。2日目のツアーを昼食後に離脱して、シャトルバスで新千歳空港へ。レンタカーを借りて15時に出発です。日曜午後は、富良野へ移動してホテルへチェックイン。宿泊したのは、フラノ寶亭留。企業の保養所として使用していた施設をホテルに改装しており、随所にその雰囲気は残っていますが、対応も丁寧ですし、館内もキレイですし、素晴らしいホテルでした。庭のラベンダーが、ちょっと時期が早くて咲いていないのが残念だったかな。

さて、月曜朝から本格的に観光スタート。ホテルを出発して、まずは富良野神社へ。お参りをして、御朱印を頂きに窓口に行ったのですが、朝早過ぎたせいか、誰も出てきてくれない!午後にまた近辺に戻ってくる予定だったので、一旦諦めて、次の目的地に向かいます。目指すは、美瑛町にある「青い池」です。十勝岳中腹を源とする硫黄沢川からアルミニウムを含んだ水が流れ、しらひげの滝の麓を流れる美瑛川の水と混ざると目に見えないコロイドが生成されているため青く見えるらしい(美瑛町観光協会HPより)。何のこっちゃ?という感じですが、ま、いわゆる自然の神秘というヤツですな。ホテルから1時間弱で到着。駐車場には、平日でもバスが数台停まっており、それなりの人がいます。駐車場から少し歩くと、段々と池が見えてきた!



おお!青い!





これは凄い!青い池なんて言っといて、どうせ実物はそんな青くないんだろ、と少しバカにしていたんですが、正真正銘、本当に青いです。



観光ルートは、池の脇の遊歩道を歩くんですが、こんな感じで人がたくさん。





500mくらいかな。遊歩道の終わりまで歩くと、しらひげの滝から流れる美瑛川が真横を流れています。



そして、青い池の案内板もありました。



さて、ジックリと青い池を楽しんだ後は、美瑛川を少し上流に行ったところにある「白ひげの滝」へ。青い池から車で5分の距離です。



滝を見下ろすように高いところに橋が架かっています。橋から滝を見下ろすことができるんですが、あまりの高さに高所恐怖症で下を見ることができず。おっかなびっくり覗き込みます。



橋から滝の反対側(下流側)は、青い池方面に流れる美瑛川が。若干、川を流れる水も青いような気がしますね。



白ひげの滝の後に次に向かったのは十勝岳。白ひげの滝から更に山を登って15分くらいかな。到着すると、防災シェルターの役割となる建物があります。十勝岳は活火山なので、噴火に備えて登山者の安全を守るための施設だそうです。何かあった時には、ここに逃げ込む訳ですな。



建物の上の展望台から十勝岳を望む。駐車場の奥が十勝岳です。



駐車場の脇から十勝岳に登ることができるようになっています。ただ、登山道のようなモノは整備されておらず、山を勝手に登るような感じ。入口から少し登ったところに望岳台の碑があったので、そこまで登ることにしました。





望岳台の碑の奥には、活火山だけあって十勝岳から煙が上がっているのが見えます。それにしても望岳台あたりからの周辺の眺めは素晴らしい。周りは一面の自然で、どこまでも抜けているような感覚です。





下に見えているのが、最初に立ち寄った防災シェルターの建物です。建物から望岳台までの距離感はこんな感じ。

ということで、十勝岳を後にして、ここからはラベンダーを見るために移動。目的地は富良野で一番有名な(私は全然知りませんでしたが…)ファーム冨田です。その途中、こんな建物を発見。





何か面白そうじゃない?ということで、ぶらり寄り道です。中は写真撮影自由。トリックアート美術館というのは初めて行きましたが、なかなか楽しめました。

これなんて絵に紙が貼ってあるみたいでしょ?全て絵なんです!



これもおじいさんの描いている紙が手前に飛び出しているように見える!



階段なんて、そのまま登って行けそう!



まあ、こんなトリックアートがたくさん展示されています。想定外に時間を使ってしまいましたが、気ままな旅なんで全然OK!

ここからは、ファーム冨田へ移動。途中、ジェットコースターの路を通りましたが、確かに凄いけど、めっちゃスピードが出るのでアッという間ですな(笑)

その後、日の出公園のラベンダー園に寄ってみましたが、まだラベンダー開花前。時期的に少し早いみたいで、7月には満開になるそうですが、6月はダメだ~。



花、ゼロ。

はい、退散。

ファーム冨田へ向かいます。



こちらはさすがに規模が大きいだけあって、一部、ラベンダーが咲いていました。ちょっとだけですが、やっぱりキレイ。でも、もっと壮大なスケールを期待していたこともあって、正直拍子抜けの感(笑)きっと一面満開になったら素晴らしい眺めなんでしょう。





それにしても、私は全然知りませんでしたが、ファーム冨田は凄いですね。規模的にも大きいですし、大勢の観光客を呼び込むキャパがあります。これも驚いたのですが、花を見るのはタダなんですね。畑の横にある建物で、メロンの切り売りをしていたり、アイスがあったり、スイーツがあったり、そちらでお金を落としていく訳です。施設内は外国人観光客が一杯で、みーんな何か食べていました。もちろん私もメロンパンアイスを買ってしまいました。ファーム富田の狙い通りです(笑)

ということで、ファーム冨田を後にして、改めて富良野神社へ。今度は御朱印を頂くことができました。



改めて富良野神社に立ち寄った後は、すぐ横にあるフラノマルシェへ。地元のモノを物色するために寄ったのですが、目論見通りにアスパラをゲット。午後だったのでほぼ売れてしまっていましたが、少しだけでも残っていて良かった!その後は、富良野市内でお勧めのスープカレー屋さんに行ったのですが、何とお休み。不定休のお店なのに、ちょうどcloseに当たるなんて…。ということで、そのまま千歳空港へ。途中のパーキングで遅いお昼を食べて帰りましたとさ。一日パンパンに予定を詰め込みましたが、カレー屋さんがお休みだった以外は満足デス(笑)

ということで、今年のツアー翌日の延泊旅行でした。これまでに札幌市内、定山渓、小樽、ニセコ余市、登別、十勝帯広、日高方面、電車で函館、そして今回の富良野と、延泊旅行で千歳周辺は大概行きました。さて、来年はどこにしようか。まだ行ったことのない方面を探したいと思います。旭川かなぁ。
コメント (4)

アロマドゥルセ、5枠5番(3歳以上500万下)

2017年06月24日 10時48分23秒 | アロマドゥルセ
明日の阪神7R(13:25)、3歳以上500万下(芝2,200)に出走するアロマドゥルセの枠順が確定しました。5枠5番、荻野極騎手での出走です。

1 1 スズカロング 牡3 53.0kg 岩田康誠 橋田満
2 2 インザサイレンス 牡4 54.0kg ▲森裕太朗 佐藤正雄
3 3 テーオーフォルテ 牡3 53.0kg 浜中俊 藤岡健一
4 4 マルカブリスク 牡4 57.0kg 和田竜二 今野貞一
5 5 アロマドゥルセ 牝3 49.0kg △荻野極 音無秀孝
6 6 ウインカートゥーン 牡4 57.0kg C.ルメール 西園正都
6 7 ナムラマル 牡3 53.0kg 福永祐一 目野哲也
7 8 ヴァーサトル 牡5 57.0kg 松山弘平 安達昭夫
7 9 ヘイムダル 牡5 57.0kg 川須栄彦 宮徹
8 10 ヒシマサル 牡3 53.0kg 武豊 角田晃一
8 11 ダノンケンリュウ 牡3 52.0kg ☆加藤祥太 音無秀孝

4月の京都で素晴らしい内容で勝ち上がってくれたアロマドゥルセですが、短期放牧を経て2ヶ月ぶりの出走となります。細くなった馬体も戻っていると思いますし、追い切りでも好時計で動きましたし、状態面の不安はありません。心配なのは、明日の馬場状態ですかね。宝塚記念デーの明日の阪神は、雨予報となっています。時間帯によっては激しく降ることもあるみたい。小さいアロマドゥルセにとっては、馬場悪化はマイナス材料です。前走を見ても、パンパンの良馬場でディープインパクト譲りの瞬発力を生かすレースが持ち味。パワータイプではないですし、良さが出ない可能性があります。ただ、前々走は重馬場でもそれなりに終いの脚を使ってくれましたし、こなせない訳ではないと思います。明日は古馬混合戦の3歳牝馬+減量騎手で49kgですし、軽量の恩恵でスイスイ、なんてシーンを期待したいものです。ただ、相手関係が分厚い。ヒシマサル、 ナムラマル 、テーオーフォルテの3歳牡馬は強力ですし、古馬も現級勝ちの実績あるウインカートゥーン、ヴァーサトルとかなり揃いました。それでも、素質的にはここでも上位と思っています。さて、どこまでやれるか。若手No.1のキワムを背に頑張って欲しいです。
コメント

ソリティアリング、8枠11番(3歳以上500万下)

2017年06月24日 10時33分39秒 | ソリティアリング
明日の函館8R(13:35)、3歳以上500万下(芝1,200)に出走するソリティアリングの枠順が確定しました。8枠11番、坂井瑠星騎手での出走です。

1 1 キーウエスト 牝4 54.0kg ☆木幡初也 上原博之
2 2 ショウナンアヴィド 4 57.0kg 蛯名正義 須貝尚介
3 3 イアペトス 牡5 57.0kg 松岡正海 武市康男
4 4 フェアラフィネ 牝5 55.0kg 吉田隼人 森田直行
5 5 ムーンドロップ 牡6 57.0kg 横山和生 小野次郎
5 6 ケルベロス 牡4 57.0kg 中井裕二 大江原哲
6 7 ティーエスバラ 牡5 57.0kg 菱田裕二 岩元市三
6 8 ゼセル 牡3 54.0kg 柴山雄一 鈴木孝志
7 9 サウンドドゥイット 牡5 57.0kg 丸山元気 吉田直弘
7 10 オトコギマサムネ 牡6 57.0kg 荻野琢真 寺島良
8 11 ソリティアリング 牝3 51.0kg ☆坂井瑠星 松元茂樹
8 12 ポルボローネ 牝5 53.0kg △井上敏樹 作田誠二

こちらも連闘での出走ですが、未勝利ながら格上挑戦の500万です。うーん、どう考えても厳しいでしょ。想定が7頭しかいなかったからと言って、ここを使うという選択肢は理解できません。未勝利が終わった後で500万に格上で出走するというケースはありますが、この時期になぜ?せっかく前走で見所あるレースをしてくれたのに、できればシッカリと間隔を空けて使って欲しかったです。未勝利終了まで時間が迫る中、無駄打ちにならなければ良いのですが。まあ、仕方ない。我々は見守るのみです。前走のように前々で運んで、どこまで頑張れるかですね。
コメント

ノルナゲスト、7枠10番(3歳未勝利)

2017年06月24日 10時10分24秒 | ノルナゲスト
明日の函館6R(12:35)、3歳未勝利(芝2,000)に出走するノルナゲストの枠順が確定しました。7枠10番、坂井瑠星騎手での出走です。

1 1 ルックアットミー 牝3 52.0kg △井上敏樹 高橋義博
2 2 コンフォルツァ 牡3 56.0kg 蛯名正義 国枝栄
3 3 メイプルストロング 牡3 56.0kg 柴山雄一 高市圭二
4 4 アモーレ 牝3 53.0kg ☆鮫島克駿 矢野英一
5 5 カフジブレイブ 牡3 56.0kg 藤岡佑介 松元茂樹
5 6 コスモヴァーズ 牡3 56.0kg 丹内祐次 森田直行
6 7 シンデン 牡3 56.0kg 木幡初広 牧光二
6 8 シルクドレス 牝3 54.0kg 丸山元気 黒岩陽一
7 9 アフロディーテ 牝3 51.0kg ▲横山武史 寺島良
7 10 ノルナゲスト 牡3 55.0kg ☆坂井瑠星 矢作芳人
8 11 セイウンニジョーズ 牡3 56.0kg 四位洋文 木原一良
8 12 パムッカレ 牡3 56.0kg 中井裕二 尾形和幸

急転直下の連闘で、当初から今週使うことを予定していた訳ではないことは明らかです。想定6頭というのを見て、心替わりして使うことにしたんでしょう。同じことを考えて連闘で使う馬が出てきて、最終的には12頭立てになった模様です。先週の競馬ではインを追走して、最後まで脚を使ってくれましたし、過去4戦では一番の内容でした。レース内容に少しずつ進境が見られるので、今回も更なる前進を期待したいと思います。スムーズに追走して、最後どこまで前に迫れるか。メンバーレベルは高くないので、勝ち負けに加わることができれば。
コメント

2017社台ツアー

2017年06月23日 23時48分41秒 | 募集馬見学ツアー・牧場見学
初めてツアーに参加してから今年で11年目になりますが、年々写真を撮る枚数が減っています。昔は候補になる馬はもちろん、良血馬や話題の馬など、撮りまくっていたのですが、段々とそういうのが面倒になってきます。それよりも、候補馬をゆっくり見ること、そして、時間が余ったら疲労と腰痛を癒すためにのんびりすること、そんな風にツアー時間を過ごしているので、写真は二の次になってしまいます。ということで、以前のような怒涛の写真ラッシュはありませんが、撮った馬だけ。



と言いつつ、ツアー風景から(笑)

今年のツアーは快晴!本当に素晴らしい天気に恵まれました。11年も参加していると、土砂降りのツアーも経験したことがありますが、やっぱり晴れが良いよね。

社台ステージでの周回展示から、いよいよツアースタートです。



恒例のゲート練習も。





はい、ここまで馬の写真ナシ(笑)そろそろ行きます。


【25】イマーキュレイトキャットの16(牡ヴィクトワールピサ)
カタログが届いた時に、社台で真っ先に目が留まったのがこの馬でした。バランス良く纏まった馬体に、品のある雰囲気。やっぱりミエスクの牝系の影響かしら。DVDでは左前の振り出し方が気になりましたが、実際に歩かせてもらうと、それほど気にしなくても良いと感じました。あとは背腰にボリュームが出てくれば更に良くなると思います。


【112】アートプリンセスの16(牝ハーツクライ)
パワー全開のハーツ牝馬。見学者もそれなりに多かったですね。




【168】レーヴディソールの16(牝ロードカナロア)
この馬は事前チェックではリストに挙げていなかったんですが、周回展示を見て惹かれてチェック。背が小さいのが気になりますが、歩様に見所アリ。走りそうな気がします。そして何よりカワイイのがセールスポイントかも(笑)


【121】アイスフォーリスの16(牡ルーラーシップ)
初仔にして馬格に問題ナシ。後肢の踏み込みも力強く好印象ですが、前肢に一抹の不安。候補の馬でしたが、周回展示では、前を歩く馬があまりに素晴らしく霞んでしまった。


【110】ソベラニアの16(牡ハーツクライ)
アイスフォーリスの前を歩いていたのがこの馬。DVDでも一際目立つ歩様だったが、周回展示会場に入ってきて最初の半周で目が釘付けになった。柔らかさ、何より後肢の可動域が素晴らしい。これほどに地面を長い時間捉えている動きは滅多にないと思う。個人的に思い出したのは、タイプは全然違うけど、高松宮記念のエアロヴェロシティのパドック。なかなか地面を捉えて離さない動きは飛びぬけて凄さを感じさせた。5月生まれで筋肉が付いてきたらどんな馬になるんだろうか。厩舎込みでもの凄い馬になるかも。




【52】ラブームの16(牝ハーツクライ)
候補の1頭。動きの滑らかさに加え、前肢のガニ股もハーツクライ産駒らしさとしてポジティブに解釈。あっ、2枚目はちょうど見学している時に現れたY先生です(笑)

ちなみに、第一希望で応募したインダクティ、第二希望で応募したアルテリテは、2日目最後のNF牡馬ステージでお隣さんだったんですが、この頃には腰の疲労がピークで、サッと見学して、あとは隅っこで知り合いと駄弁りながら腰を休めていたので、写真はありません。腰痛持ちには立ちっぱなしの見学はなかなか厳しいデス。
コメント

ソリティアリング、連闘で格上挑戦

2017年06月23日 17時23分08秒 | ソリティアリング
2017/6/22 函館競馬場
----------
当初は本日(木)発で栗東TCへと帰厩する予定でしたが、今週の出走想定を見たところ、6/25(日)函館8R・芝1200m戦(500万下)は、フルゲート16頭に満たない7頭と少頭数に留まっていました。予定を変更して同レースに連闘・格上挑戦することになり、☆坂井瑠騎手で出走が確定しました。このレースは最終的に12頭立てとなりました。
----------
【社台サラブレッドクラブより、公式HPの近況レポート等の転載につき、許可を受けています。】


いやいやいや、さすがに無茶でしょう。未勝利で上位に来れない馬を500万で使うというのは、どう考えても厳しいです。前走は9着ながらテンのスピードを見せてくれましたし、上手に使えば未勝利は何とかなるかもしれませんが、こういうムダ使いをすると勝ち上がりが遠のくだけのような気がします。どんな意図で使うんだろう。ちょっと疑問符の付くレース選択ですね。
コメント

ノルナゲスト、連闘で日曜函館戦へ出走

2017年06月23日 17時14分37秒 | ノルナゲスト
2017/6/22 函館競馬場
----------
前走後の疲れはほとんど感じられず、今週の想定を見たところ、6/25(日)函館6R・芝2000m戦は6頭の少頭数に留まっていました。予定を変更して同レースへ連闘することになり、☆坂井瑠騎手で出走が確定しました。最終的にこのレースは12頭立てとなっています。
----------
【サンデーサラブレッドクラブより、公式HPの近況レポート等の転載につき、許可を受けています。】


何と連闘で使うとは思いませんでした。せっかく先週の競馬で5着と権利を確保したんだし、適度な間隔を空けて適条件を使えば良いのに、少頭数だからと慌てて連闘というのは、行き当たりばったり感が否めません。昨日のレポートでは、「中2週くらいで続戦します」、と言っていたのに…。ともあれ、決まったからには応援するのみ。頑張って欲しいです。前走は見所がありましので、更に前進してくれることを期待します。
コメント (2)

アプリコットベリー、7/9(日)福島戦へ

2017年06月23日 17時03分53秒 | アプリコットベリー
2017/6/22 大久保厩舎
----------
21日は軽めの調整を行いました。22日は栗東CWコースで追い切りました。「コンスタントに使ってきているのでNFしがらきでも慎重に状態を確認してもらっていましたが、思いのほかダメージが少なくて順調に乗り込めていましたので、先週帰厩させました。今のところ福島の2000m戦を目標にしていくつもりで、鞍上は関東の石川騎手で調整しています。今朝はCWコースで併せて追い切り、終い強めに追ってラスト12秒0といい伸び脚を見せてくれました。小柄な馬ということを忘れてしまうぐらい大きなフットワークで、2週前としては十分すぎる内容でしたよ」(大久保師)7月9日の福島競馬(松島特別・芝2000m)に石川騎手で出走を予定しています。
----------
【キャロットクラブより、公式HPの近況レポート等の転載につき、許可を受けています。】


先週土曜に帰厩しており、その後も順調に調整が進んでいます。コンスタントに使っているものの、疲れなく短期の放牧で戻ってくることができましたし、本当にタフになりましたね。次走は福島遠征となりますが、今のアプリコットベリーなら大丈夫でしょう。ローカルの適性も高い馬ですし、中央場所でバリバリ走っている現状からも期待できると思います。夏競馬のうちに1,000万クラスを勝ちたいなぁ。
コメント

社台サンデー2017、一次募集申し込み

2017年06月22日 17時56分43秒 | 出資検討-社台サンデーG1
第一希望 165:インダクティの16(牡)
 父ロードカナロア
 母インダクティ(ハーツクライ)



2016年2月11日生まれ
体高 149.0 胸囲 166.0 管囲 21.0 体重 403
2番仔(母8歳時の産駒)

今年は本当に悩みました。最終候補は、募集番号順に、52ラブーム(牝ハーツクライ)、110ソベラニア(牡ハーツクライ)、121アイスフォーリス(牡ルーラーシップ)、165インダクティ(牡ロードカナロア)、168レーヴディソール(牝ロードカナロア)、この5頭。この中で、まずはソベラニアを断念。目を見張る素晴らしい歩様ですが、トモから脛に掛けてのラインが気になるのと、人気を考慮しても当選の可能性は極めて低いのは明らかであるためです。残った4頭の中では、アイスフォーリスが最有力かなと考えていました。カタログからツアーを通して安定して良く見える馬なのですが、何となくシックリ来ないような感覚があり、最終的には候補から外しました。ここからはもう悩み過ぎて泥沼状態。昨夜から今朝に掛けて思考回路がグチャグチャ。結局、今年の第一希望は、ロードカナロア産駒の牡馬インダクティをチョイスしました。悩んだら牡馬優先と言うものありますし、馬体、歩様、厩舎、全てが噛み合っているように感じました。問題は人気。中間でもそれなりの票を集めており、最終では60票超まで伸びると思いますが、実績的にボーダーにギリギリ届くかなと読みました。何とかなるだろう、何とかなってくれという感じです。

第二希望 154:アルテリテの16(牡)
 父ハーツクライ
 母アルテリテ(Literato)



2016年2月1日生まれ
体高 154.5 胸囲 167.5 管囲 20.5 体重 385
初仔(母6歳時の産駒)

実は、今朝ネットで申し込んだ当初は、第二希望はラブームにしていました。ただ、ラブームは第二希望まで回る可能性は高いですが、第一で30票以上埋まること必至で、第二の確率は相当に低いはず。そんなことを考えていたお昼頃、ふと心変わりして、初めて申し込みの変更というものをやりました。変更したのはアルテリテ。アメリカG1馬の母の初仔で、繁殖としてのポテンシャルが未知な反面、可能性を秘めています。初仔にしては馬格もまずまず。馬体、歩様共に水準以上で、突き抜けるような爆発力はなくとも、総合点が高いタイプだと思います。ハーツクライ牡馬、栗毛、鼻筋の白い大きな流星、庄野厩舎、ということで、スワーヴリチャードのイメージかな。第二で狙っている人が多いでしょうし、どうなるか分かりませんが、当たればラッキーという感じです。

ということで、今年は悩みに悩み、もはや自分でもどこに着地するのか分からず、最後に辿り着いたのがこの2頭でした。正解かどうかなんて全然分かりませんが、もう考え過ぎて、これ以上は考えたくない(笑)あとは静かに結果を待ちたいと思います。
コメント (18)

社台サンデー2017、最終人気上位中間発表(6/21)

2017年06月21日 22時12分22秒 | 出資検討-社台サンデーG1
今年の募集もいよいよ佳境。投函締切は本日まで、インターネット申し込みは明日15時までと迫りました。最終人気上位中間発表(開票率:社台サンデー48%・G1 59%)を残しておきたいと思います。今年は検討が難航しており、今夜これから最終検討です。そろそろ決断の時ですね。

【社台】

◆第1希望で40口を超える状況(17口以上)の募集馬

3 スタセリタの16 ディープインパクトメス 65
25 イマーキュレイトキャットの16 ヴィクトワールピサ牡 36
53 エアトゥーレの16 オルフェーヴル牡 35
50 ゴールデンドックエーの16 ハーツクライ牡 33
75 ラルシュドールの16 ハービンジャー牡 31
22 マルセリーナの16 ノヴェリスト牡 25
67 ヴァルパライソの16 ノヴェリスト牡 23
1 リリーオブザヴァレーの16 ディープインパクト牡 22
77 アルティマトゥーレの16 ハービンジャーメス 20
13 デルモニコキャットの16 オルフェーヴル牡 19
62 マドモアゼルドパリの16 ロードカナロアメス 17

◆第1~第3希望の総数順。申込み総数が15口以上で、第2希望、第3希望の票数が多くなりそうな募集馬

3 スタセリタの16 ディープインパクトメス 75 65 5 5
53 エアトゥーレの16 オルフェーヴル牡 70 35 22 13
67 ヴァルパライソの16 ノヴェリスト牡 64 23 26 15
75 ラルシュドールの16 ハービンジャー牡 58 31 10 17
25 イマーキュレイトキャットの16 ヴィクトワールピサ牡 52 36 11 5
52 ラブームの16 ハーツクライメス 49 15 20 14
13 デルモニコキャットの16 オルフェーヴル牡 47 19 14 14
50 ゴールデンドックエーの16 ハーツクライ牡 46 33 9 4
77 アルティマトゥーレの16 ハービンジャーメス 45 20 11 14
74 グァンタナメラの16 ハービンジャー牡 44 12 15 17
55 ヴァリディオルの16 オルフェーヴルメス 43 16 19 8
33 ダンスファンタジアの16 シンボリクリスエスメス 42 16 19 7
78 ワールドリープレジャーの16 ゴールドアリュールメス 42 15 15 12
22 マルセリーナの16 ノヴェリスト牡 41 25 5 11
81 テイラーバートンの16 スクリーンヒーロー牡 40 14 18 8
40 イングリッドの16 エンパイアメーカー牡 38 10 20 8
62 マドモアゼルドパリの16 ロードカナロアメス 38 17 15 6
92 サンダーカップの16 Majesticperfection 牡 35 6 17 12
66 ヘヴンリークルーズの16 ジャスタウェイ牡 33 7 11 15
69 ステレオタイプの16 ノヴェリストメス 32 11 12 9
91 スターシップトラッフルズの16 Tapit 牡 32 8 12 12
48 アカンサスの16 キングカメハメハ牡 30 7 16 7
57 ギャビーズゴールデンギャルの16 オルフェーヴルメス 30 8 13 9
1 リリーオブザヴァレーの16 ディープインパクト牡 29 22 4 3
47 ダンスインザムードの16 キングカメハメハ牡 29 16 11 2
72 アイアムラヴィングの16 ヴィクトワールピサメス 29 8 8 13
88 フレンチビキニの16 スウェプトオーヴァーボードメス 29 6 15 8
4 ソーマジックの16 ディープインパクトメス 28 11 14 3
23 エクセラントカーヴの16 ノヴェリストメス 28 10 10 8
44 クリアンサスの16 ディープインパクトメス 27 9 10 8
19 シングライクバードの16 ジャスタウェイメス 26 8 9 9
20 ベストロケーションの16 ジャスタウェイメス 26 10 8 8
56 タイユドゲップの16 オルフェーヴルメス 26 13 9 4
59 ブーケフレグランスの16 ロードカナロア牡 26 4 11 11
45 ヴェルダの16 ディープインパクトメス 25 10 7 8
34 ロマンシングジェムの16 エイシンフラッシュメス2 3 7 10 6
61 ミッドタウンレディの16 ロードカナロアメス 23 7 8 8
82 ギミーシェルターの16 ローエングリン牡 23 5 11 7
85 タッチザピークの16 タートルボウル牡 23 6 11 6
5 ザグレースの16 キングカメハメハ牡 22 8 7 7
16 グッドチョイスの16 ロードカナロアメス2 2 7 8 7
68 アプリコットフィズの16 ノヴェリスト牡 22 4 10 8
9 ベイトゥベイの16 ハーツクライ牡 21 1 12 8
73 アクアリングの16 ヴィクトワールピサメス 21 6 9 6
10 ローズキャサリンの16 ハーツクライメス 20 10 2 8
15 ポルカマズルカの16 ロードカナロアメス2 0 4 10 6
31 シナノネージュの16 シンボリクリスエスメス 20 3 9 8
39 ムーンレディの16 ワークフォース牡 20 3 11 6
64 ラントゥザリードの16 ルーラーシップメス 20 6 5 9
79 パイタの16 エイシンフラッシュ牡 20 5 3 12
38 デリケートアーチの16 クロフネメス 19 3 6 10
46 ブルーミングアレーの16 ディープインパクトメス 18 2 9 7
12 ラルナデミエルの16 オルフェーヴル牡 17 4 5 8
30 シーキングマイラブの16 ゴールドアリュール牡 17 1 5 11
60 エリンコートの16 ロードカナロア牡 17 3 5 9
80 ゴールデンムーンの16 キンシャサノキセキ牡 17 7 4 6
87 メモリアルサマーの16 ヨハネスブルグメス 16 2 6 8
8 セコンドピアットの16 キングカメハメハメス 15 5 5 5
32 シュペリユールの16 シンボリクリスエスメス 15 4 4 7

【サンデー】

◆第1希望で40口を超える状況(17口以上)の募集馬

175 グルヴェイグの16 ハービンジャー牡 99
180 デュアルストーリーの16 ゴールドアリュール牡 68
107 ハッピーパスの16 キングカメハメハ牡 61
171 モルガナイトの16 ルーラーシップメス 53
135 ロッシェノワールの16 ブラックタイド牡 50
120 サンデースマイルⅡの16 ロードカナロアメス 49
113 ポルトフィーノの16 オルフェーヴル牡 48
158 アナスタシアブルーの16 オルフェーヴル牡 48
146 エクセレンスⅡの16 Frankel メス 47
183 ダークサファイアの16 キンシャサノキセキ牡 41
110 ソベラニアの16 ハーツクライ牡 40
159 ミュージカルウェイの16 オルフェーヴルメス 40
173 アイルビーバウンドの16 ジャスタウェイ牡 40
142 パラダイスコーブの16 ドリームジャーニー牡 39
162 カルマートの16 オルフェーヴルメス 38
106 ミスエーニョの16 ディープインパクトメス 36
169 ミクロコスモスの16 ルーラーシップ牡 36
184 アガルタの16 ブラックタイドメス 36
109 マジックストームの16 ハーツクライ牡 35
167 ドナウブルーの16 ロードカナロアメス 34
168 レーヴディソールの16 ロードカナロアメス 33
114 ウェイクミーアップの16 オルフェーヴル牡 32
121 アイスフォーリスの16 ルーラーシップ牡 31
164 マトゥラーの16 ロードカナロア牡 31
178 アドマイヤセプターの16 ハービンジャーメス 31
165 インダクティの16 ロードカナロア牡 30
117 ガーネットチャームの16 ロードカナロア牡 29
190 パッシフローラの16 ダンカーク牡 28
153 ブエナビスタの16 キングカメハメハメス 26
185 ローズバドの16 ワークフォース牡 25
123 キストゥヘヴンの16 ルーラーシップメス 24
152 ジェンティルドンナの16 キングカメハメハメス 24
166 クッカーニャの16 ロードカナロアメス 24
149 オーサムフェザーの16 ディープインパクトメス 22
151 シーズアタイガーの16 ディープインパクトメス 22
155 キラーグレイシスの16 ハーツクライメス 22
112 アートプリンセスの16 ハーツクライメス 20
119 チャーチクワイアの16 ロードカナロアメス 20
129 ラシンティランテの16 ノヴェリスト牡 18
192 クロノロジストの16 バゴメス 18
157 スウィートハースの16 オルフェーヴル牡 17

◆第1~第3希望の総数順。申込み総数が15口以上で、第2希望、第3希望の票数が多くなりそうな募集馬

175 グルヴェイグの16 ハービンジャー牡 127 99 17 11
180 デュアルストーリーの16 ゴールドアリュール牡 89 68 16 5
113 ポルトフィーノの16 オルフェーヴル牡 88 48 31 9
107 ハッピーパスの16 キングカメハメハ牡 83 61 15 7
158 アナスタシアブルーの16 オルフェーヴル牡 81 48 18 15
135 ロッシェノワールの16 ブラックタイド牡 78 50 12 16
146 エクセレンスⅡの16 Frankel メス 77 47 21 9
173 アイルビーバウンドの16 ジャスタウェイ牡 73 40 24 9
120 サンデースマイルⅡの16 ロードカナロアメス 71 49 15 7
171 モルガナイトの16 ルーラーシップメス 67 53 5 9
184 アガルタの16 ブラックタイドメス 63 36 19 8
183 ダークサファイアの16 キンシャサノキセキ牡 62 41 13 8
117 ガーネットチャームの16 ロードカナロア牡 61 29 22 10
129 ラシンティランテの16 ノヴェリスト牡 61 18 24 19
142 パラダイスコーブの16 ドリームジャーニー牡 61 39 16 6
159 ミュージカルウェイの16 オルフェーヴルメス 61 40 10 11
164 マトゥラーの16 ロードカナロア牡 60 31 20 9
167 ドナウブルーの16 ロードカナロアメス 59 34 12 13
110 ソベラニアの16 ハーツクライ牡 58 40 11 7
162 カルマートの16 オルフェーヴルメス 58 38 12 8
168 レーヴディソールの16 ロードカナロアメス 57 33 9 15
114 ウェイクミーアップの16 オルフェーヴル牡 56 32 9 15
178 アドマイヤセプターの16 ハービンジャーメス 56 31 14 11
169 ミクロコスモスの16 ルーラーシップ牡 55 36 10 9
192 クロノロジストの16 バゴメス 55 18 25 12
165 インダクティの16 ロードカナロア牡 53 30 15 8
182 タンザナイトの16 エイシンフラッシュメス 52 12 25 15
134 スーヴェニアギフトの16 スクリーンヒーローメス 51 12 30 9
172 シュプリームギフトの16 ルーラーシップメス 51 13 26 12
106 ミスエーニョの16 ディープインパクトメス 49 36 8 5
121 アイスフォーリスの16 ルーラーシップ牡 48 31 11 6
119 チャーチクワイアの16 ロードカナロアメス 47 20 19 8
155 キラーグレイシスの16 ハーツクライメス 47 22 18 7
185 ローズバドの16 ワークフォース牡 47 25 7 15
190 パッシフローラの16 ダンカーク牡 47 28 8 11
133 ラテアートの16 キンシャサノキセキ牡 45 12 20 13
174 ハイリリーの16 ノヴェリスト牡 45 11 21 13
157 スウィートハースの16 オルフェーヴル牡 44 17 21 6
153 ブエナビスタの16 キングカメハメハメス 43 26 11 6
154 アルテリテの16 ハーツクライ牡 43 6 27 10
123 キストゥヘヴンの16 ルーラーシップメス 41 24 8 9
166 クッカーニャの16 ロードカナロアメス 41 24 12 5
109 マジックストームの16 ハーツクライ牡 40 35 3 2
179 アロマティコの16 ハービンジャーメス 40 14 12 14
118 フォルクローレの16 ロードカナロアメス 39 15 18 6
122 スカーレットレディの16 ルーラーシップ牡 39 7 17 15
138 グリューネヴォッヘの16 ヘニーヒューズ牡 39 11 13 15
176 デグラーティアの16 ハービンジャー牡 38 15 15 8
116 ローマンエンプレスの16 ロードカナロア牡 36 6 18 12
151 シーズアタイガーの16 ディープインパクトメス 36 22 9 5
177 アンブロワーズの16 ハービンジャー牡 36 9 18 9
101 ライラックスアンドレースの16 ディープインパクト牡 35 14 15 6
112 アートプリンセスの16 ハーツクライメス 35 20 11 4
140 ロージーチャームの16 クロフネ牡 34 10 12 12
163 ラタフィアの16 ダイワメジャー牡 34 13 13 8
170 インクレセントの16 ルーラーシップ牡 33 6 17 10
152 ジェンティルドンナの16 キングカメハメハメス 32 24 7 1
128 ストラスペイの16 ジャスタウェイメス 31 11 16 4
193 マチカネホレルナヨの16 ヴァーミリアン牡 31 6 11 14

【G1】

◆第1希望で40口を超える状況(17口以上)の募集馬

29 スキッフルの16 オルフェーヴル 牡 107
12 レクレドールの16 ハービンジャー メス 74
37 レジネッタの16 ノヴェリスト メス 70
24 タンタスエルテの16 ハーツクライ 牡 62
36 ニンフⅡの16 ジャスタウェイ メス 35
11 ミリオンウィッシーズの16 ヴィクトワールピサ メス 27
25 トップモーションの16 ハーツクライ 牡 23

◆第1~第3希望の申込み総数(総数で40口を超える見込みの募集馬のみ)

29 スキッフルの16 オルフェーヴル 牡 116 107 6 3
37 レジネッタの16 ノヴェリスト メス 94 70 16 8
12 レクレドールの16 ハービンジャー メス 91 74 12 5
24 タンタスエルテの16 ハーツクライ 牡 69 62 6 1
36 ニンフⅡの16 ジャスタウェイ メス 54 35 11 8
41 ラバヤデールの16 シンボリクリスエス 牡 49 18 22 9
25 トップモーションの16 ハーツクライ 牡 45 23 14 8
4 ディラローシェの16 オルフェーヴル 牡 39 17 20 2
9 プラージュの16 ノヴェリスト 牡 38 21 13 4
38 アルアマーナの16 ハービンジャー 牡 37 19 12 6
13 ダイナズクラブの16 ゴールドアリュール 牡 34 10 15 9
11 ミリオンウィッシーズの16 ヴィクトワールピサ メス 33 27 6 0
34 アイスドールの16 ロードカナロア メス 28 13 13 2
26 サマーナイトシティの16 ハーツクライ メス 25 9 11 5
28 セレスティアルキャットの16 ハーツクライ メス 23 4 11 8
16 ストレートラブの16 クロフネ 牡 22 4 7 11
33 ラリーズンの16 ロードカナロア 牡 21 2 8 11
コメント

トゥルーウインド、来週の復帰戦へ順調

2017年06月21日 17時58分54秒 | トゥルーウインド
2017/6/21 美浦TC
----------
この中間も変わりなく順調で、当初の目標どおり来週7月1日(土)福島・猪苗代特別(ダート1700m)に田中勝春騎手で出走を予定しています。きょう21日(水)はウッドチップコースにて5Fから69.1-54.7-40.0-12.9秒の時計を馬なりでマークしました。
----------
【社台サラブレッドクラブより、公式HPの近況レポート等の転載につき、許可を受けています。】


今日も田中先生が自ら追い切りに跨り、CWコースでまずまずの時計をマークしています。帰厩後も順調ですし、レースまでにシッカリと仕上がりそうですね。来週の復帰戦が楽しみです。
コメント

アロマドゥルセ、キワムで今週の阪神戦へ

2017年06月21日 17時07分19秒 | アロマドゥルセ
2017/6/21 音無厩舎
----------
21日は栗東坂路で追い切りました(52秒7-38秒7-25秒6-13秒1)。「今朝も坂路で併せて追い切っています。相手を追走する形から最後は大きく先着ととてもいい動きを見せてくれました。体重の軽い松若が乗っていたとはいえ、雨で重くなった馬場にしては時計も出ていますし、いい最終調整ができたと思います。何よりここまで調教を積んできてもあまり馬体が減らないんのがいいですし、このあたりは徐々に成長してきているのかなと感じるところです。ゲートだけは心配ですが、逆に言えばゲートさえ五分に出てくれればチャンスは十分あると思います。予定していた松若が騎乗停止になってしまったため、今回は荻野極に依頼したのですが、2キロ減の49キロで出られるというのもプラスになってくれるのではないでしょうか」(音無師)25日の阪神競馬(3歳上500万下・芝2200m)に荻野極騎手で出走を予定しています。
----------
【キャロットクラブより、公式HPの近況レポート等の転載につき、許可を受けています。】


松若騎手の騎乗停止で、51kgで乗ることができる騎手の中で誰になるんだろうと思っていましたが、キワムに決まりました。最高でしょ!彼は相当上手いと思いますし、若手の中ではピカイチです。確かにポカもありますが、減量込みで49kgとなれば裸同然。悪天候による馬場悪化が心配ですが、良いレースを見せてくれると思います。秋に向けて、ここで2勝目を!期待しています。
コメント