FLY to the world!! 【一口馬主・地方競馬応援記】

“一口馬主ウイング・大航行日誌”
出資する社台・サンデーを中心に、馬主ライフと競馬のあれこれ。

天皇賞・秋

2018-10-25 16:52:04 | 競馬全般
枠順出ましたね!

1枠1番 ステファノス(牡7、栗東・藤原英) C.オドノヒュー

2枠2番 ブラックムーン(牡6、栗東・西浦) 横山典

3枠3番 ヴィブロス(牝5、栗東・友道) 福永

4枠4番 レイデオロ(牡4、美浦・藤沢和) C.ルメール
4枠5番 スワーヴリチャード(牡4、栗東・庄野) M.デムーロ

5枠6番 マカヒキ(牡5、栗東・友道) 武豊
5枠7番 アルアイン(牡4、栗東・池江) 北村友

6枠8番 ダンビュライト(牡4、栗東・音無) 戸崎
6枠9番 サングレーザー(牡4、栗東・浅見) J.モレイラ

7枠10番 キセキ(牡4、栗東・中竹) 川田
7枠11番 ミッキーロケット(牡5、栗東・音無) 和田

8枠12番 サクラアンプルール(牡7、美浦・金成) 田辺
8枠13番 アクションスター(牡8、美浦・和田勇) 大野

ヤバイ…予定通りすぎる。
どうしよう、順調過ぎると不安になりますね。

◉5.スワーヴリチャード(Mデムーロ)
○6.マカヒキ(武豊)
★1.ステファノス(オドノヒュー)
▲4.レイデオロ(ルメール)
△9.サングレーザー(モレイラ)
×10.キセキ(川田)

変わらず。キセキ追加、これで行きます!
コメント

菊花賞

2018-10-18 22:30:14 | 競馬全般
いやあ、お久しぶりです。(笑)

試験やら仕事やらで、すっかりサボってしまいました。
この間にWIN52回的中(5万と6千円…)や、愛馬の
入厩など、いろいろありましたが、、、またまとめて書きます。

さて、早いもので菊花賞!

先週はアーモンドアイが平成最後の三冠馬に輝きました。
今週はどうでしょうか。

1枠1番 アイトーン(牡3、栗東・五十嵐) 国分恭
1枠2番 グレイル(牡3、栗東・野中) 岩田

2枠3番 ブラストワンピース(牡3、美浦・大竹) 池添
2枠4番 ジェネラーレウーノ(牡3、美浦・矢野) 田辺

3枠5番 エポカドーロ(牡3、栗東・藤原英) 戸崎
3枠6番 メイショウテッコン(牡3、栗東・高橋忠) 松山

4枠7番 ユーキャンスマイル(牡3、栗東・友道) 武豊
4枠8番 カフジバンガード(牡3、栗東・松元) 幸

5枠9番 エタリオウ(牡3、栗東・友道) M.デムーロ
5枠10番 アフリカンゴールド(牡3、栗東・西園) 松若

6枠11番 コズミックフォース(牡3、美浦・国枝) 浜中
6枠12番 フィエールマン(牡3、美浦・手塚) C.ルメール

7枠13番 タイムフライヤー(牡3、栗東・松田) 和田
7枠14番 グロンディオーズ(牡3、美浦・田村) J.モレイラ
7枠15番 オウケンムーン(牡3、美浦・国枝) 北村宏

8枠16番 ステイフーリッシュ(牡3、栗東・矢作) 藤岡佑
8枠17番 シャルドネゴールド(牡3、栗東・池江) 藤岡康
8枠18番 グローリーヴェイズ(牡3、美浦・尾関) 福永

今年は「初」「メモリアル」が多い年です。
出馬表でそんな記念になるメンバーがあるでしょうか。

G1未勝利=モレイラ・国分・松若、、、さすがに
アイトーンはなあ。アフリカンゴールドとグロンディオーズは
かすかな光。。

まあ、個人的には週頭の感情に逆らわず
◎エポカドーロ
○ジェネラーレウーノ
▲タイムフライヤー
△ブラストワンピース
×ユーキャンスマイル

を中心に組みたててみます。

グレイルに悩み中。。

先週と変わって混戦模様の菊。
さあ、秋競馬が楽しみですね!
コメント

セレクトセール2018

2018-07-11 08:58:38 | 競馬全般
今週は月曜・火曜と千歳のノーザンホースパークで恒例のセレクトセールでしたね!

私も参戦…と言いたいところですがネットで見てましたw

購買総額179億3200万円(前年比103%)
落札率89.7%
平均4311万円/頭(前年4268万円/頭)

セレクトセール2018 購買者トップ10
1.ダノックス 11億6900万円
2.サトミホースカンパニー 10億1600万円
3.金子真人HD 9億800万円
4.小笹芳央 7億8700万円
5.野田みづき 7億4000万円
セレクトセール2018 購買者トップ10
6.近藤利一 5億3100万円
7.KTレーシング 4億7800万円
8.廣崎利洋HD 4億3100万円
9.トニー倶楽部 3億7000万円
10.DMM.com 3億2000万円

セレクトセール2018 販売者トップ10
1.ノーザンレーシング 55億2400万円(落札率100%)
2.ノーザンファーム 45億8300万円(落札率100%)
3.社台ファーム 37億6800万円(落札率93.4%)
4.レイクヴィラファーム 6億700万円(落札率100%)
5.千代田牧場 4億2950万円(落札率93.8%)
6.追分ファーム 3億5700万円(落札率100%)
7.三嶋牧場 2億4600万円(落札率75%)
8.タイヘイ牧場 2億3900万円(落札率90%)
9.岡田スタッド 2億700万円(落札率80%)
10.下河辺牧場 1億6200万円(落札率66.7%)

セレクトセール2018 種牡馬トップ10
1.ディープインパクト 38億1900万円(1億1911万円/頭)
2.ハーツクライ 17億8400万円(6862万円/頭)
3.キングカメハメハ 13億6200万円(8513万円/頭)
4.ロードカナロア 9億8600万円(4482万円/頭)
5.ドゥラメンテ 8億5700万円(4511万円/頭)
6.オルフェーヴル 7億8900万円(4153万円/頭)
7.ジャスタウェイ 6億9000万円(3833万円/頭)
8.ルーラーシップ 6億3700万円(3981万円/頭)
9.ブラックタイド 6億700万円(5518万円/頭)
10.ダイワメジャー 5億6500万円(2974万円/頭)

【馬・写・道さんTwitterより】

頭数は増えていませんのでますます高額化が進みましたね。

何気にノーザンレーシングとノーザンファームを合わせて100億円をサラッと売っている。。
売却率100%が今の人気を表しています。
ノーザンの馬が出て来た時と他で手の上がり方が違ってましたもんね。

追分ファームも売却率100%でした。

社台ファームは売却率もですが、とにかく反応の悪さが目立ちました。数年でこんなに差がつくとは…

個人馬主の方は常連組と新興勢力のDMMさんなど今年も賑やかで里見さんなんか、この春調子悪かったけど関係なく買っていきますね笑

種牡馬ではディープはもちろんですが、ハーツクライが高くて驚きました。

もうカナロアは定番化したイメージ。やっぱり似た子が多いです。注目のドゥラメンテですが、モーリスと共に1億超えも出てましたし評価されてますね。でも思ったより価格は高騰しないイメージだったです。

ディープとブラックタイドのお母さん、ウインドインハーヘアの偉大さが改めてわかるセールでもありました。

セレクトセールの結果は来年の一口の指標。特にドゥラメンテは1年目のカナロアくらいで出てくる可能性があります。
個人的に次のディープはドゥラメンテと睨んでいますので、来年の一口の募集ではドゥラメンテ産駒にいきたいと密かに企んでいます。

セレクトセールは意外な種牡馬が人気になったり、面白みもあるのですがやはりわかるのは社台系とそれ以外の差ですね。
小さな牧場の馬が比較的高値になると思わず「よっしゃ!」と喜んでしまいました。こういうところからキタサンブラックみたいな馬が出ると嬉しいんですけどね。

会社で仕事中も、移動の最中もセレクトセールの中継を見ていてとっても幸せな気分になる2日間でした。お祭りですねw

いつか参戦できるように、そしてその馬での口取りを夢見て頑張りましょう!


【JBHAより】
今年は最高額2億9,000万円でした。
父ディープインパクト
母リアアントニア(母父Rockport Harber)
落札者:サトミホースカンパニー

高額馬もそうでない馬も、無事に競走馬になってターフを駆け巡る日を楽しみにしています。
コメント

ターフィーw

2018-06-30 01:01:36 | 競馬全般


【netkeiba.comより】

ガチャピンか!!

模範騎乗で飛越とか。
ていうか馬が馬に乗っている…

視界の悪い中乗馬するなんて…技術と発想に拍手👏ですね!
コメント

和田騎手とオペラオーと日本代表🇯🇵

2018-06-24 23:13:32 | 競馬全般
宝塚記念。

和田竜二騎手のゴールシーン、そしてインタビュー感動しましたね〜!

先日、北海道での自由行動日にオペラオーのお墓詣りに行ってきたばかりでした。





余計にジーンときたな。

そうか、オペラオーが背中を押してくれたのか。良かった、たくさんのコメントがネットに上がっていて「馬券外れたけど感動した」というコメントが多かったですね。

あ、行かれる方は是非!
白馬牧場さん
自由に見れる感じです。
入り口入って車停めてすぐです。

サッカー日本代表🇯🇵が時事ネタかと思ってキセキとパフォーマプロミスを買っていた私をお許しください。
(パフォーマプロミスの出資者の方は残念だったと思いますが、個人的には宝塚出れるだけで羨ましい…)

今年の春競馬が終わりましたが、個人的にはとても良いシーズンでした。

藤岡祐介騎手の初G1制覇、福永騎手の悲願のダービー制覇、そして今日。

ミルコ・デムーロ騎手とルメール騎手が活躍していてG1は二人を買っていればいい!というくらいの時期もありましたが、やはり日本人騎手の活躍はとても嬉しいものです。

特にオペラオーをリアルタイムで観ていた者として、今日のインタビューは涙が頬を伝いました。

あと、ワーザー!
アンカツさんが「ここに来るくらいだからこれは狙っとる」と言ってましたがその通り。
27kgの馬体変動で2着するとは…ストライドの伸びヤバかったですもんね。香港で乗っていたとはいえ、ボウマン騎手はやっぱり上手いです。
某予想家が「外国馬は2,200mは買い」スノーフェアリーもそうですし、最後に外国馬が勝ったJCも中山2,200mでした。

井崎先生が東スポで「ノーブルマースハンパない枠」と言ってましたが、またバカなこと言ってるなーと笑って見ていてレース終わって青ざめましたw

と、いろいろな時事ネタにも絡めつつ今から日本代表🇯🇵の試合ですね。セネガル戦🇸🇳

やっぱりサッカー⚽️のワールドカップは特別だなあといつも思います。とりとめもない話でしたが、ここのところ感動する話や出来事が多いなぁ。歳とったのか笑

さあ、ガンバレー❗️ニッポン🇯🇵

そして皆さんの馬たちも夏競馬、活躍できるといいですね。私のリトミカメンテとパラレルキャリアも入厩の声のかかる夏になるといいと思います。^_^
コメント

テイエムオペラオー、死亡

2018-05-21 10:11:04 | 競馬全般
オペラオーが死んだ。

ついでに言うとスエヒロコマンダーも死んだ。
この前はスペシャルウィークも。

自分の青春を彩った馬たちが亡くなっていくことにとても違和感があります。
馬の寿命は約20〜30年。
先に死ぬのは仕方ない。

でも、とても物悲しくそしてもうそんなに時代は流れたか⁈という気持ちになります。

テイエムオペラオーは大好きな馬でした。
地味な血統と、2,000万円以下のソコソコの値段ながら18億円を稼いだその強さと、そして若干21歳の和田竜二騎手を背に駆け抜けた疾走感と。

オペラオー、私は皐月賞が一番印象に残っています。凄い脚で差してきた。
その後のオペラオーが中団から前目の王道の競馬で勝ち続けたのに比べて、まだ若い馬と騎手が取った戦法は、今見ても若く清々しい挑戦の輝きが満ちています。
(晩年は差し気味に戻り、たぶんとても万能な馬だったのだと思います)

ナリタトップロードとアドマイヤベガと競ったクラシック。まさかの菊花賞後ステイヤーズステークスから有馬で3着。
あのグラスワンダーとスペシャルウィークの伝説の有馬記念でした。

翌年は8戦全勝。
京都記念→阪神大賞典→天皇賞春→宝塚記念→京都大賞典→天皇賞秋→ジャパンカップ→有馬記念。
当時、「こんな記録、また見る日が来るだろうか」と有馬が終わった後言った記憶があります。

翌年はその言葉通り敗れ始めましたが、
・5度のG1で2着のメイショウドトウが宝塚記念
・新型デュアルホース(芝ダート兼用)の天才、アグネスデジタルが天皇賞秋
・新星ダービー馬ジャングルポケットがジャパンカップ
・引退レースではマンハッタンカフェがアメリカンボスとの「アメリカ馬券」の有馬記念
と引退レースまで幾多の名馬が誕生する瞬間は、王者オペラオーを破ってのものでした。

この時代にはステイゴールドもいて、他にもアグネスフライトやトゥザヴィクトリー、エアシャカール、セイウンスカイ、マンハッタンカフェなどいろいろなメンバーとの戦いを繰り返してました。
路線は違いましたが、クロフネやイーグルカフェなど今思うと豪華?な時代だったと思います。

私はユーセイトップランが好きでした。ホットシークレットとかアメリカンボスとかダイワテキサスとか脇役もいて、ジャパンカップではファンタスティックライトにもオペラオーは先着しましたね。
絶対王者として君臨したオペラオー、そこに挑む者たち。そして超える壁。

あー青春!!

今週はダービー。
オペラオーは残念ながら種牡馬としては2頭の重賞ホースを出すにとどまりましたが、今年も誕生する2018年のダービー馬を。そしてこれからの馬たちの活躍を天国で見守ってほしいと思います。
ちなみにその時代、友人がダービーで◎シンコウカリドで玉砕していた記憶があります笑(私はクロフネとルゼルで散りました…)

オペラオーおつかれさま。ステイゴールドと「あの京都大賞典ホンマは俺が勝ってたんやで!」とか昔話でもゆっくりしてください。笑

僕たちはあなたの強さにシビれました。
地味な血統なんて関係ない、強さは正義。
若い騎手でも関係ない、信頼は勇気。
今だから告白しますが、何度も何度も「もう二度と同じことはないだろう」とメイショウドトウとの馬連は一度も買わなかった先見の明のない自分をお許しください。
そしてあなたにオトコにしてもらった和田騎手が奮起して、あなたの背中以来のG1制覇をする瞬間を見ていてくださいね。

昨日も東京最終Rにあなたの子供が走っていました。(丹沢S・テイエムコンドル・戸崎騎手・9着)
まだ残る子どもたちを応援します。
父のパワーが!と期待して馬単買いましたが…w

オペラオーの時代。
まさにそう言える2年間を創り出した名馬。
あの頃競馬を純粋に大好きな時代でした。
もちろん今も大好きですが、何も知らない学生時代。大学の授業の最中も毎日Gallop(当時はgallop)教科書の下に隠して読んでいた時代をまさにど真ん中を駆け抜けていった馬たちのチャンピオンがオペラオーでした。

素晴らしい時代と、思い出をありがとう。

王者の賛歌。
テイエムオペラオー、安らかに。
合掌。
コメント

ドバイデー、89頭から選抜された馬たち

2018-03-07 00:02:04 | 競馬全般
詳しく知ることはありませんでしたが、ドバイにはみんな登録してるんだなぁ。

ヨシオやシュウジ、アキトクレッセントも登録。

こちら

この中から数頭か選抜されて受託しています。

シーマクラシック:レイデオロ、モズカッチャン、サトノクラウン

ドバイターフ:ヴィブロス、クロコスミア、リアルスティール、ディアドラ、ネオリアリズム

ゴールデンシャヒーン:ディオスコリダー、マテラスカイ

UAEダービー:ルッジェーロ

ワールドカップ:アウォーディー

いやあシーマクラシックとターフはすごいメンバー。

選ばれる過程を経ての出走!
全馬応援しましょう📣

コメント

武兄弟

2018-03-05 11:57:10 | 競馬全般
土曜1R、武兄弟はお見事です。


新規開業の武幸四郎厩舎に転厩してきたグアン(未勝利)を、兄武豊騎手を背に初出走で初勝利!

武幸四郎さんは騎手時代にも初出走初勝利。
重賞もオースミタイクーンで初出走初勝利。

素晴らしい!というか持っている!というか。

1番人気でしたがみんな心のどこかで「そんなまさかできすぎた話が。」と思っていたはず。
蓋を開けたら歴史に残る勝利となりました。

兄武豊騎手は、足を上げてもらう時もまだまだと思ったとのことですが、きっと嬉しかったに違いない。

武幸四郎調教師も、ここ1年間は藤沢和雄厩舎で見習い調教師してたんですね!

トップの先生のもと学ぶことが多かったでしょうし、今の師匠は藤沢和雄と言うだけあって様々な学びがありそう。

なかなかないかもしれませんが、今年のクラブ募集馬で武幸四郎厩舎だったらどうするかな。

クラブの馬は厩舎か大事なので、今の様子を見てるとやっぱり預けたい厩舎の一つです。
今後の活躍、そしてどんな騎手や馬主とどんな関係を作って行くのか。

兄武豊騎手に負けず劣らず、個性的で魅力的なキャラクターの武幸四郎調教師。

二人の活躍をこれからも楽しみにしています。

初出走・初勝利、おめでとう🎉ございました。

コメント

角居勝彦厩舎、解散。

2018-01-11 12:30:11 | 競馬全般
衝撃のニュースが飛び込んできました。

2021年の2月で解散、とのこと。

詳細はネットニュースなどでも報じられている通りです。


というニュースを記事にしようとして1/6に上げ忘れました…

しかし、これは2018年早々大変だ。

このニュースを見て思ったことが、
「これならブリオレットに出資すべきだったか…」

かつての愛馬、ブランネージュの半妹にして今話題のロードカナロア産駒。
藤岡厩舎のブランネージュ(一口35万円)から倍増の一口70万円でG1レーシングから募集されました。

私も悩みに悩んで…やはりこの馬でこの額は出せないと判断。この年はエイシンフラッシュ産駒のムーランナヴァンに出資しました。

当時、馬の出来がいいので厩舎を変えたとのコメントがあり、実際昨秋のツアーで見たブリオレットはいい雰囲気になってましたね。
過去は変えられませんから、、ブリオレットの活躍を願うばかりです。

角居厩舎では2021年の2月解散を決めているようですので、2017年産駒が最後のクラシック。
著書で「それでもダービーは特別だ」と書いていた角居先生。最後のダービー馬がクラブのラインナップに含まれているんじゃないか?という勘ぐりが出そうですね。。

そもそも、来年募集に角居厩舎の文字があるか?すら若干怪しい。ブリオレット(2016年)世代ですら5歳で転厩になってしまいますから、来年募集の世代はクラシック後に4歳で厩舎を強制的に変更されます。

その後いい厩舎に入れれば良いですが、保証もないしね。

ということで、ニュースそのものも残念でしたが角居先生がご家族のため決めたことですから尊重するしかありません。

そして来年の6月にはこのことが大きく影響をしそうですね。

個人的に厩舎はとても重視しています。
トップトレーナーの角居先生引退までに、中内田、木村、池添学先生など若手から頭一つ抜け出す存在が出てきてくれることを願うばかりです。

衝撃から始まった2018年、今年の競馬界はいろいろありそうな予感がします。
コメント

7日で2重賞制覇‼️

2017-12-28 20:19:50 | 競馬全般
あ、僕のことじゃないです。

友人です。

あまりの奇跡的な出来事に記録として書いておきます。

12/23(土)阪神カップ・G2 イスラボニータ

12/28(木)ホープフルステークス・G1 タイムフライヤー


今日友人がG1を勝ちました。
あまりにアッサリ勝ったのと、彼はクラシック皐月賞も勝っているのでG1だ!やったー‼️という
想いはもちろんありつつ初めての時の興奮は少し抑えめ。

それより、『マジか!』と。

友人の誘いでこの一口の世界に入りました。
重賞制覇は地方でしたが私も経験しています。

が、、●まごろうさんとか●り●り君とかのような100頭レベルの一口ならいざ知らず、まして400口ならまだある程度頭数いるかと思うのですが、

イスラボニータもタイムフライヤーも40口。
イスラボニータは第2希望、タイムフライヤーはキャンセル募集。

おいおい、帰り道気をつけろよ!
と言いたくなる奇跡の勝利。

おい、ちょ、待てよ!とキムタク風に言いたくなります。

サトノの里見オーナーやキタサンブラックの北島オーナーのように数十年勝てなくて、勝ち始めたらポンポン!ということが本当にあるんだなあ。

ましてイスラが引退した週に2歳馬がG1制覇なんで出来過ぎです。

皐月賞とホープフル、中山芝2,000mに愛されてますな。




最後に一言いいですか?

『羨ましい〜〜〜〜〜〜〜‼️‼️」

でも、彼は本当に競馬を愛しているし日本各地に見に行くし、10勝していて口どりしたことない私とは熱意と行動と研究心が違うのです。
きっと、競馬の神様からの🏇クリスマス🎄とお年玉なんだろうな。

おめでとう🎉
本当に嬉しいです。


自分も精進します。





で、もう一回いいですか?

『でも、羨ましいぞ〜〜〜〜〜〜〜‼️‼️‼️』

以上です(笑)
コメント

社台スタリオンステーション、HP開設!

2017-12-27 14:20:46 | 競馬全般
日本最高の種牡馬の繋養先である、社台スタリオンステーション。

ディープインパクト・キングカメハメハの2大種牡馬に加え、
ハーツクライ・ダイワメジャー・クロフネという上位種牡馬、
そしてオルフェーヴル・ドゥラメンテ・ロードカナロアなど注目の新世代も繋養されています。

今年はキタサンブラック・イスラボニータ・ロゴタイプがスタッドイン。

そんな競馬生産界注目の社台スタリオンステーションの公式HPができました!

こちら

クラブHPで案内されていますので早速見ましたが…

さすが社台!
か、カッコイイ!!!



種牡馬のラインナップは垂涎の一言ですね。



おなじみ日本最高の種牡馬ディープインパクト
種付け料は2018年、なななんと4,000万円!



そして新種牡馬イスラボニータ・キタサンブラックが早くも記載。





今年はそれ以外にもロゴタイプと北米チャンピオンスプリンター(BCスプリント勝ち)のドレフォンも。



施設の見学案内などもありステキなページになっています。

我々は毎年ツアーで種牡馬展示を見ていますので
バスで訪れていますが、広大な敷地に放牧される
キラ星のごとき名馬たちは一見の価値。

是非、このページをキッカケに社台スタリオンステーションを訪れてみてはいかがでしょうか。

しっかし、改めて社台って凄いな…
コメント

競走馬の歌(ありがとうキタサンブラック・歌詞つき)

2017-12-27 13:42:39 | 競馬全般
有馬記念で披露された北島三郎さんの新曲、

『ありがとうキタサンブラック』🎶

収益金を引退馬の対応に当てるという話題性も相まって、ネットでもザワザワしております。



↑レコチョクではシングル250円、サビ108円

何故かiTunesでは見つけられませんでした…

北の海を越えて、日本中を巻き込む話題となった
国内競馬賞金王のキタサンブラック。
その姿に北島三郎オーナーが函館から身一つで出てきて
紅白歌合戦のトリを務める大歌手になった自身の経歴と重ね合わせて感動の歌にしたとのこと。

有馬記念当日には特製ムービーも披露され、
紅白歌合戦か!!というド演歌の渋さに驚き
またその歌の良さが染みてジーンとしたものです。

是非、皆さんもご購入を(笑)


さて、調べていてわかったのがディープインパクトの歌もあるんですね!

競馬の有名な歌は増沢末夫元騎手・調教師の
「さらばハイセイコー」ですが、このディープの歌「飛べディープインパクト」はテーマソングのようです。

全てが入ったこんなCDが販売💿されています。


↑オリコンサイト

年末年始のお休みに、競馬の歌いかがでしょうか。

【ありがとうキタサンブラック】--
歌/北島三郎

逢えてよかった 雪国で
俺はお前に ひと目惚れ
黒く潤んだ その瞳
今日の別れは つらくても
キタサンブラック
キタサンブラック
ありがとう
飾る歴史と この絆

負けてなるかと 嘶いて(いなないて)
汗にまみれて 駆け抜ける
あの日 あの時 ふるさとの
北の海峡 越えてきた
キタサンブラック
キタサンブラック
ありがとう
ゆれるたて髪 勇ましく

忘れないよと 呼ぶ声が
泣いて見送る 人もいる
厚い情けと 優しさに
未来(あす)の幸せ 祈りたい
キタサンブラック
キタサンブラック
ありがとう
俺の大事な宝物

さらばブラック ありがとう
---

思い入れの強さ、馬への愛に溢れていますね。
競馬って素晴らしい🏇

キタサンブラック、ありがとう。
社台SSの種牡馬展示でまた会いましょう。

産駒走るといいなあ。

先日有終の美となった友人の愛馬イスラボニータとの新種牡馬対決が楽しみです^_^


コメント

新設G1ホープフルS、枠順確定

2017-12-26 16:30:14 | 競馬全般
波乱の匂いですね…

1枠1番 リュヌルージュ(牝2、栗東・斉藤崇) 北村宏
1枠2番 トーセンクリーガー(牡2、美浦・小野) 横山和

2枠3番 ウォーターパルフェ(牡2、栗東・田所) 酒井
2枠4番 ロードアクシス(牡2、栗東・奥村豊) 三浦

3枠5番 トライン(牡2、栗東・浜田) 北村友
3枠6番 マイハートビート(牡2、栗東・高橋忠) 津村

4枠7番 タイムフライヤー(牡2、栗東・松田) C.デムーロ
4枠8番 シャルルマーニュ(牡2、栗東・清水久) 戸崎

5枠9番 サンリヴァル(牡2、栗東・藤岡) 田辺
5枠10番 ルーカス(牡2、美浦・堀) M.デムーロ

6枠11番 フラットレー(牡2、美浦・藤沢和) C.ルメール
6枠12番 ジュンヴァルロ(牡2、栗東・友道) 藤岡康

7枠13番 ステイフーリッシュ(牡2、栗東・矢作) 中谷
7枠14番 ワークアンドラブ(牡2、栗東・田所) 内田

8枠15番 ジャンダルム(牡2、栗東・池江) 武豊
8枠16番 シャフトオブライト(牡2、栗東・北出) 松田
8枠17番 ナスノシンフォニー(牝2、美浦・武井) 吉田隼


内枠有利の中山で、人気しそうなところでは07タイムフライヤーが最内。

現時点で1人気想定のジャンダルムが15、フラットレーが11、ルーカスが10番に。

個人的にはステイフーリッシュを穴に、だったのが13番。大穴でナスノシンフォニーを狙っていたのですが大外になりました…

これは何を意味するのか?
01〜06番の中でトライン以外全部2桁人気になりそう。

外で決まるか?

あるいは…軸馬選びが大事なレースになりそうです。有馬の反省が活かせるかな?

初の平日G1たのしみにしましょう!

コメント

有馬記念デー

2017-12-25 20:07:42 | 競馬全般
昨日は中山競馬場で一日中競馬三昧!

朝から快晴で最高の競馬日和でした。

昨日はナッキーボックス(+ i)。
20年近く応募してくれた友人が初めて当選を勝ち取り初の室内有馬観戦でしたが…





これ、最高‼️

毎年有馬はクソ寒いので靴の中までカイロしていくんですけど、今年は全く不要。
むしろ昼に食べたカレーが🍛辛すぎて全員上着を脱ぐ始末。

ビールは売り子さんが来てくれるし、ラウンジもあるし、画面でデータ分析しながらできるし。
そしてなにより空いている!!!!



↑これ、レースの途中です。
開門前ではありません。

リアルに全員席があるので当たり前ですが全く並ばない。

トイレも、そして何より馬券売り場もガラガラです。

こんな恵まれた環境の中なのでさぞかし豪快に馬券も当てた…と言いたいところですが、




外れ馬券の束が…

朝は2Rから参戦して3.4Rを連続的中🎯
波にのるかと思われましたが…
データが不振。特に中山得意のはずの戸崎騎手での外しが多かった。
あとは200勝が見えたルメール騎手も単勝が1倍台ばかり。嫌えばくるし、買うと来ないし(笑)
やはり競馬は軸馬選びだなあと痛感した一日。
その際たる例が有馬記念でした。

有馬記念はパドックでキタサンがそこそこに見えました。シュヴァルグランとクイーンズリングはよく見えた。

しかし我々軸はスワーヴリチャード。
強さ的にはキタサンかスワーヴが頭でゴールするイメージができていました。


【当日予想】
◎14 スワーヴリチャード
◯10 シュヴァルグラン
▲01 ヤマカツエース
△02キタサンブラック
×03クイーンズリング
×05 トーセンビクトリー
×06 サトノクロニクル
×07 シャケトラ
×08 レインボーライン
×11 ルージュバック
×13 ミッキークイーン


という評価でした。
最後なのでパドックを生でも上から見ました。
キタサンが雰囲気あるな、と思いましたが…

そして結果は大団円。終わってみれば61秒でキッチリ自分のレースをやりきったキタサンブラックの完勝。

2-14-ヒモしか持っていなかった馬券は大轟沈。
頭14-で馬単、3連単ゴージャスに買い込んでましたので、手も足も出ず。

JRAの広告まで祭!と書かれていましたので素直に従えば良かったですね…トホホ。

阪神最終までやって少し取り返しましたが、時すでに遅し(笑)師走の風が冷たい有馬記念でした。

ディープの引退の時もおんなじことやったなあ。
逆にジェンティルドンナの時は取れたので、やはり引退する馬は買うべきですね。
(そういえばストレイトガールにも引退レースでやられたな…進歩がないw)

キタサンブラックのお別れ式典が夕方からありました。
北島三郎オーナーの想いの詰まったインタビューに胸が熱くなりましたね!
まつりの大合唱とともに、新曲「ありがとうキタサンブラック」が披露されました♪


(よく見えないので席のモニターで見てました)

この3年間の競馬界を代表したキタサンブラック。この馬格からどんな子がでるか、本当に楽しみです。

我々に夢と希望をありがとう!
馬券は当てられなくてごめんなさいね。
だって毎回人気しすぎなのよ。

ということで、心は暖かく懐は寒くなりつつ、嬉しい楽しい時間でした。

やっぱり競馬は素晴らしい🏇
最高の冬の一日でした。

また来年‼️

追記)当たりそうな馬券という記事を素直に見て買った方、おめでとうございます🎊
普通に当たってますね(笑)
自分の感覚にもっと自信を持たなくてはいけませんね。

いろいろありましたが、早くも年末!
今年はホープフルもまだまだ東京大賞典もありますから変な感じですが、少しでも長く競馬が年内見れるのは幸せの極み。

そして、キタサンブラックという名馬の走る姿を生で見れたこの3年間、また歴史の目撃者となれたこと感謝ですね。

本当にお疲れ様でした。

♪キタサンブラック〜キタサンブラック〜ありがとう。
コメント

さあ!有馬記念‼️

2017-12-20 08:40:37 | 競馬全般
おやおやおや…ブログ書くのが一月くらいぶりかもしれません。

また、、失礼しました(笑)
今年何度目でしょうか。また徹夜です。
先日から「まんが道」を読み返してまして、漫画家並みのスケジュールだなぁと自分の時間に感心してました。

まあ、まんが道読んでる時間あればブログ書けよというお叱りはごもっともですが、気分と仕事が落ち着かないと書けなくて。

ということで(どういうこと?)有馬記念です!







渋谷の街も随分と有馬の広告が増えました!

今年の広告は緑ですね。
HOT HORIDAYのテーマカラーだからですね。

緑枠の馬が…(笑)
明日を待ちましょう。

さて、本当に年の瀬が早い!
歳をとるとさらに加速していくというのを20代の頃は馬鹿にして聞いていましたが、最近身にしみてわかります。
「1年があっという間」という表現は的確でこの前年明けだった気がするわけです。

でも、人生も競馬も確実に時間が流れており今年もいろんなことがありました。
個人的には起業して2年目で人を雇い、新しい出会いと仕事が年明けに連発で入り今までやれてこれています。
様々な方や家族、そして友人に感謝する一年でした。

競馬界では新設G1の大阪杯をキタサンブラックが制覇し、今年もドバイで日本馬が勝ち、3歳馬が台頭し思い起こせば賑やかな一年でした。
そうそう、私は2年目でWIN5初的中🎯なんてのもありましたね。
ちなみに馬券は半年間当たらず来ましたが阪神JFでついに連敗ストップ!しかしトリガミ(笑)

相変わらずのへっぽこぶりですが、試行錯誤を続けています。あー今年はNHKマイルでリエノテソーロだ!と言って買わなくて当たるという競馬あるあるをやってしまいました。

♪あるある言いたい〜競馬あるある言いたい〜
「買わないと来る、買うと来ない。」
©️RG

そんなこんなで(だからどんなだよw)有馬記念です‼️

今年はフルゲート割れしてますがなかなか面白いメンバー。

有馬記念といえば一年の最終決戦にして今年の総決算。
今年からホープフルSができていろいろ微妙ですが、世界一の馬券売上を誇る有馬記念が、
やはり我々競馬人の年末、今年の関ヶ原であることには変わりはありません。

有馬記念といえば世相。

今年の漢字は北。
当然キタサンブラックと北島三郎オーナーは必須ですね。ここを最後に引退、社台SSで種牡馬入りするキタサンブラック。
サクラバクシンオーの血の可能性と父ブラックタイドの種牡馬としての価値を数百倍に高めたと言って過言ではなく、ここ数年の競馬界の中心でした。

北と言えば有馬記念ではルージュバックには北村宏司騎手。
そう、菊花賞では北村騎手だったこと、皆さん忘れていませんか?

そして北といえば北海道。
北海道産の馬…全部じゃねーか(笑)

北といえばノーザン。
ノーザンファーム産の馬は…
・カレンミロティック
・サトノクラウン
・サトノクロニクル
・シャケトラ
・シュヴァルグラン
・スワーヴリチャード
・トーセンビクトリー
・ミッキークイーン
・ルージュバック
・レインボーライン
なんと10頭!(@_@)

北を解読するにはあと数日かかりそうです。
個人的にはキタサン-ルージュバックは買いたいかな。

有馬記念といえば、同年中山で好走した馬が激走するイメージ。

マツリダゴッホとかアドマイヤモナークとか。
このあたり、別途紐解いていきたいと思います。今年の有馬はなんとしても当てたい。
そしてただ当てるのではなく快勝したい。

やっとブログあげられるくらい落ち着いたところなので、これから日曜日まで楽しみながらアップしていきたいと思います。

さあ!有馬記念‼️
コメント