埼京さん^^いらっしゃ~い

地域密着度№1を目指す農耕型経営の不動産二代目社長の日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

不動産クラブ2月役員会

2018年02月21日 09時01分54秒 | 日記

本年2回目の役員会は串揚げ紀ノ川で開催された

2月20日(火)夜
2018年1月より青年会議所埼玉不動産クラブ第26代の会長を拝命し、昨年度より準備してきた数々の例会事業を推し進めているところ。今月は7日に2018年度初の総会・例会・新年会を開催し、年度予算も無事審議可決され、次なる運動に向けてスタートしたところとなる。早め早めの手を打つべく集まっていただいた役員の方々にお知恵をお借りしながら、埼玉不動産クラブメンバーの皆様に交流の場をつくり、更なる事業発展の機会としていただけるよう尽力していきたい。明日へと続く。


会議後にはそのまま串揚げを堪能しつつ懇親会と相成った。
コメント

お土産

2018年02月20日 16時38分48秒 | 日記

おやつにパクつく中村女子

2月20日(火)
経営者でマブダチの北康信君(イタリアンレストランなど4店舗を経営する傍らヨーロッパ野菜の普及など幅広い活動をしている)がアズーリ(武蔵浦和の店舗でさいたま市随一のレストラン)に向かう途中にお土産を持ってきてくれた。どこかに行ってきたお土産ではなく、浦和駅に美味しそうに並んでいた、という理由でわざわざ買ってきてくれたのである。

味も中身も様々な可愛らしいクレープ。机にならべてみる…。


この時の女子たちの嬉しそうな笑顔を普段から振りまいてくれたらワタクシヒジョウニウレシイデス。

明日へと続く。


お好みの味をゲットしたヤス課長。ダイエットへの道は遠い…。
コメント

津島神社参拝

2018年02月19日 23時53分43秒 | 日記

津島神社で無事参拝を済ませお札をいただいた辻睦励会の一行

2月17日(土)~18日(日)
辻の中心地にある辻熊野神社には津島神社のお札が入っている。毎年恒例ながら昨年初参加のわたくしは、本年2度目の参拝に同行した。辻を代表して祭礼及び辻の安全と豊作(今は田畑はほぼないが)を祈っての参拝は、どこか誇らしげである。辻睦励会の面々とのよなよな続く語らいと酒を酌み交わしながら懇親を深めることのできるこの機会に、十二分につながりを持ち、辻に住み暮らす人々のために、祭礼まで力を出していきたいと思う次第。明日へと続く…。


朝5時半にJR京浜東北線『南浦和』駅に集合


前日のロータリー事業後の懇親会とさらなる深夜ラーメンが効いて全く機能していない胃袋にドスンと思い朝弁であった…。


ここが津島神社の鳥居。津島神社は由緒正しき神社である。


中村会長と中村直前幹事長


暇つぶしに近くの池へ向かった同級生の坂本君と背の高い小川君


津島駅前。祭りの際は多くの人でにぎわうらしいが何もない日はかなり閑散としている。


翌日は朝6時に起床し、早めのチェックアウト。フラワー庭園を鑑賞後、名古屋美術館で最終日になっていたシャガール展を堪能したわたくし。暇があれば芸術にふれたいお年頃であった…。
コメント

埼玉不動産クラブ2月総会・例会・新年会

2018年02月07日 13時47分34秒 | 日記

青年会議所埼玉不動産クラブ2018年度2月新年会後の全体記念撮影

昨年いろいろあったが無事に25周年を迎え、本年気持ち新たに不動産クラブの会長を拝命した。この日は年当初の大事な総会と例会、そして新年会を開催した次第である。昨年、公益社団法人日本青年会議所第66回全国大会埼玉中央大会を開催して、全国各地から賞賛の声をいただき、私自身も長年の招致活動から開催年度に至るまで長きにわたる大会へ携わったことにより、全国各地の同業他社の方々とのネットワークを築くことができた。その全国大会を通じて、埼玉から日本を元気にできる位置におり、さらに日本経済の根幹をなす不動産業界にいる私たちには、もっと社会に貢献し自らの仕事や事業を通じて、地域をより良くしていく使命があると考えている。

埼玉の不動産業者の皆さんが、これまで培ったネットワークをフルに活用できる橋渡し役をし、仕事につながる、または事業のヒントにつながるような場の提供をしていきます。第26代会長の役目を全うし、さらなる地域経済をよりよくする活動をしていく所存。明日へと続く。

コメント

柴田28歳(?)誕生日

2018年02月06日 20時03分19秒 | 日記

永遠の28歳が誕生日を迎えた

2月6日(火)
柴田女子が誕生日を迎えた。おめでとう!。近頃ではすっかり恒例となったハッピーバースデーソングを唱和して、社内はなごやかな雰囲気に包まれた。太いローソクと細いローソクと3本ずつ、気を効かせて用意したつもりであったが、『永遠の28歳』ということでまだまだ修行の足りない自分を痛感した次第。来年はまた太いローソク2本と細いローソク8本でお祝いすることを約束します。明日へと続く。
コメント

インターンシップ開催

2018年02月06日 12時39分53秒 | 日記

初のインターンシップに応援(?)にきた駒井洋平君(映像制作を主とする企画会社(株)光洋の代用取締役)

2月5日(月)
会社始まって以来初めてとなる、来年卒業する学生を対象としたインターンシップを開催した。

インターンシップといっても一日だけ、しかも朝10時~夕方4時までである。実質的に業務を体験してもらうまでにはいかず、やはり基本的には一方通行が多いのも事実。そうはいっても、グループワークができるほど人数が多いわけでもないので、一先ずはできる限り時間を有効に使うため、多くの人と接する時間をつくり、様々な仕事の場面に立ち会ってもらうことが必要と考えスケジューリングしてみたわけである。社員にも手伝ってもらい、その日一日の動きに合わせて実際の仕事現場を見て回ってもらった。

ちょうど金融機関の担当者が来店していたため、営業担当者もつれて皆でランチ。外部の方にも協力してもらいながら無事一日が終わる…とその前に駒井君から電話が…。近くまで来たのでとのことなので、もちろん快く立ち寄ってもらった。同じ経営者仲間が加わって、仕事をするということについてお互いの価値観を共有し、新しく社会人になる若者に未来に託したい思いを熱く伝えたのであった…。明日へと続く。

コメント

与野駅ボンティガーで夜な夜な打合せ

2018年02月03日 12時30分10秒 | 日記

深夜にあつまった明治天皇御親祭150年奉祝会の面々と氷川神社の権禰宜(右)

2月2日(金)
夜10時に急遽集まった氷川神社の事業を手掛ける面々と遠藤権禰宜。奉祝会側でどうしても3月末に最後のシンポジウム事業を行いたいとする声があがるなか、時間も限られていて、仕事的にも他の事業的にも無理があるため担当委員長の役をお断りすることとしたわけである。明日へと続く。

コメント

メーカーズデティナー

2018年01月30日 09時09分08秒 | 日記

北君の誘いを受けて生産者から生の声を聴きながらのディナーを妻と共に楽しませていただいた

1月29日(月)
賀詞交歓会の会場を早々に後にし、少し遅れて伊勢丹7階レストラン街へ。この日は、マブダチ経営者北君のお誘いを受けてメーカーズディナーに出席。アズーリクラシコ伊勢丹店でイタリア・シチリアよりテッレ・ネーレ社 マルコ・デ・グラツィア氏を迎えてのワインとシチリア料理を楽しむ会であった。

いつも近くにソムリエ友達がいるおかげで、全くワインのことが分からない私であるが、どうもテッレ・ネーレ社の持つ畑にはプレフィロキセラ130年以上前の古木があり、当日はそのブドウから出来た希少なワインも頂いた次第なのである。

マルコ・デ・グラツィア氏は、銘醸地バローロを世界的に有名にした立役者の一人。マルコ氏の説明を直接聞きながらワインを楽しめることはとても貴重なチャンスだったらしい。確かにワインも料理もすばらしかったしお値打ち価格でした。おかげで妻と久しぶりのデート気分を味わうことができた一夜となった…。明日へと続く。





コメント

飯田茜の誕生日

2018年01月26日 19時57分27秒 | 日記

一昨年に新生社会人となってまだ初々しい飯田社員

1月26日(金)
この日は飯田女子の誕生日である。誠におめでとうございます。本年初となるハッピーバースデーソングがこだました埼京ホームは和やかな雰囲気に包まれた。若い!新生社会人と2年目となり、近頃少しずつではあるが、頼りがいが出てきた感がある。自ら進んで物事に取り組み、どんどんチャレンジして失敗を沢山して、より豊かな人生を歩んでいって欲しいと。本当におめでとう!明日へと続く。


コメント

IM実行委員会エンタメリハ

2018年01月25日 11時34分23秒 | 日記

インターシティミーティング実行委員会で采配を振るう積田優第2グループ実行委員長

1月24日(水)
会社は定休日ながら、全く休みが取れないでいる私は、この日も昼からトレーニングに励み、すかさず高たんぱくランチを堪能した後には、美容院でうたた寝しながら頭髪を整え、そして夕刻からはインターシティミーティング実行委員会に前田秀副実行委員長の代わりに出席したわけである。もうすでにオブザーバーという肩書が外れてしまい、いつの間にか実行委員会の仲間入りを果たしてしたっま感のある私は、実行委員長として采配を振るう積田優君の無茶ぶりを受けながら力強く邁進しているのであった…。

3週間後に迫ったIMの主にエンタメリハが行われた。一流クラブ三流クラブ格付け王者決定戦なるもの。皆が楽しめるようにご奉仕の連続となるわけであった。明日へと続く。








コメント